生命延長血液検査の極度の販売

蟹座のワクチンおよび免疫療法

免疫組織の状態に影響を与える要因

年齢。 癌が年配で共通の(Holmes FF等1991年)間、免疫の強さは年齢と次第に低下し、年配者(Ginaldi L等1999年の免疫療法の巧妙な使用のための問題を提起できる; Pawelec G等 2002年)。 免疫の状態の年齢関連の低下は免疫組織の自然な特徴であるが、また食事療法(Lesourd B等1999年)のような生活様式の要因によって加重される。 従って、免疫機能を後押しする栄養の補足は若い大人のより年配の癌患者のさらに重大さがあるかもしれない。

腫瘍誘発および外科準のImmunosuppression。 2つのタイプのimmunosuppressionは免疫療法の功を奏する結果に影響を与える: 腫瘍およびそれからのimmunosuppressionは外科と腫瘍を取除くために関連付けた。 癌細胞によってimmunosuppressive要因の生産による腫瘍誘発のimmunosuppressionは腫瘍固まり(Morton DL 1978年)の外科取り外しによって克服され、こうして免疫細胞が免疫療法によりよく答えることができる環境を作成する。 但し、特定の麻酔薬および鎮痛剤の薬剤の外科そして準の使用のプロセスはまた再度使用されるあらゆる免疫療法の有効性を減らす免疫細胞機能を、湿らせる(Vallejo R等2003年)。 immunosuppressionを最小にするために麻酔および鎮痛性の薬剤が注意深く選ばれることが、そして患者が外科のために栄養および免疫の状態(Vallejo等2002年)をことを最大限に活用することによって準備すること推薦される。

栄養の状態。 癌細胞による免疫があ抑制の(immunosuppressive)代理店の生産は癌の免疫療法(Junker U等1996年に重要な障害を示す; Sarris AH等 1999年)。 親炎症性cytokinesおよび反応酸素種の余分な生産は不利な免疫療法の結果および癌の進行に終って免疫組織を、損なうかもしれない。

従って免疫療法(Malmberg KJ等2002年)のために患者を準備するのに、主免疫細胞の機能を改善する栄養の補足は免疫療法の効力に影響を与え、また使用できる。

癌の免疫療法の効力の重要な役割を担う免疫細胞の機能の栄養物の影響は確立している(カルダーPC等2002b; Chandra RK 1999年)。 癌患者の調査は栄養の補足が癌および外科によって減る免疫療法の処置(Malmberg KJ等2002年)により敏感である正常なレベルことをへ免疫の状態を元通りにすることの役割を担うことができることを示す。