生命延長スキン ケアの販売

蟹座のワクチンおよび免疫療法

蟹座ワクチン

化学療法および放射線療法と対照をなして、癌ワクチンはあらゆる深刻な副作用と関連付けられない。 蟹座ワクチンはおよび免疫組織に抗原特定の反腫瘍の応答(Sprent J等2001年、2002年)を取付け、増幅する機能がある。 これらの活動は化学療法か放射線療法によって作り出すことができない。 免疫組織が特定の抗原のために特定のT細胞を発生させればこの抗原はボディに残り、その抗原からの第2脅威の場合に、免疫反応は最初のものより大いに速く取付けられることを覚えている「メモリ セル」のグループ(Sprent J等2001年、2002年)。

癌ワクチンの安全を査定する段階Iの臨床調査はワクチン接種の場所で穏やかなインフルエンザそっくりの徴候のレポート、苛立ち関連付けられるべきそれらをおよび疲労(Carr等2003年の外の毒性無しで示した; Soiffer R等2003年; Woodson EM等 2004年)。

予防癌ワクチンは 頚部および肝臓癌(Bhopale GM等2004年を含むすべての癌の場合の20%までと、関連付けられる慢性のウイルス、細菌の、および寄生伝染によって引き起こされる癌を防ぐことの手段として開発されている; エレーラLA等 2005年)。

治療上の癌ワクチン。 ほとんどの癌ワクチンは既存の癌を扱うようによりもむしろそれを防ぐために意図されていること治療上、である(Dalgleish AG 2004年; Hellstrom KE等 2003年)。 癌患者は最初に腫瘍のほとんどを取除くために外科を経る。 従ってワクチン接種はそれから残り癌を取り除くことができる特定の免疫反応を発生させるために引き受けられ再発(Hellstrom KE等2003年を防ぐ; Hodge JW 1996年; Reinartz S等 2004年) そして患者の赦免または存続の期間を拡張する。

治療上の癌ワクチンが医院で使用される方法は表3.で要約される。

段階1

蟹座の診断

段階2

入手しやすい腫瘍を取除く外科

段階3

ワクチン接種

段階4

忍耐強い監視

表3: 医院の治療上の癌ワクチンの使用

蟹座ワクチンがいかに働くか

免疫組織は腫瘍の細胞に対して特定および無指定応答が可能である。 但し、巧妙な癌ワクチンは免疫組織を腫瘍特定の方法で主として機能するように刺激しなければならない。

巧妙な癌ワクチンは免疫細胞に腫瘍の抗原を示し、CD4 (別名助手のT細胞)およびCD8 T細胞を活動化させる(別名細胞毒素またはキラーT細胞)。 CD8 T細胞はメッセンジャー(cytokines)を作り出すためにCD4 T細胞は樹木状の細胞および大食細胞(Grohmann U等1998年)によって間接的にその倍力CD8 (キラー) T細胞の活動(Seder RA等1994年)活動化させるが、活動化されるようになり、直接腫瘍の細胞(Janewayカリフォルニア、ジュニア等1994年を)殺す。

b細胞は人間の腫瘍(Disis ML等1994年に抗体を作り出す免疫細胞である; Sorokine I等 1991年)。 よい抗体の応答を発生させる蟹座の免疫療法は患者(フーバーHCのジュニア等1993年のためのよりよい臨床結果を作り出す; Mittelman等 1994年)。

免疫組織にまたNK細胞および大食細胞(Klein E等1993年を含む癌ワクチンによって行為に、刺激することができる無指定用具の範囲がある; Mantovani等 1992年)。

タイプの蟹座ワクチン

治療上の癌ワクチンは2つの主要な部門に分類される:

  • 全細胞ワクチン: 自己(autologous)、提供者(allogenic)、または樹木状の細胞
  • 総合的な蛋白質の抗原(溶けるワクチン)。

全細胞ワクチンの 使用は癌患者に与えられたワクチンとして全腫瘍の細胞を不活性にした。 これらの不活性にされた腫瘍の細胞に患者の免疫細胞が反腫瘍の免疫反応を発生させ、外科の後で主張する癌細胞を攻撃することによって答える異常な腫瘍蛋白質の範囲がある。 全腫瘍を使用してワクチンとして細胞はほとんどが未知に残るさまざまな主抗原を識別しなければならない問題を除去する。

自己対供給の(Allogenic対Autologous)ワクチン。 全細胞ワクチンで使用される腫瘍の細胞はから外科の間に取除かれた後患者の専有物(自己かautologous)腫瘍(Lahn M等1997年)得ることができる。 また、これらの腫瘍の細胞は同じ癌のタイプ(Chan AD等1998年)ともう一人の個人から(供給かallogenic)取除かれる腫瘍のサンプルから得ることができる。

樹木状の細胞ワクチン。 樹木状の細胞は腫瘍の細胞(抗原)からの蛋白質を取る指そっくりの細胞または侵入の有機体(細菌、ウイルスおよび寄生虫)、およびプロセスでしたりおよび若いリンパ球(Avigan D 1999年にそれらを示す; Hajek R等 2000年)、免疫反応(Bodey B等2004年を始める; Vieweg J等 2005年)。

癌患者(Hajek R等2000年から取られる血液サンプルから準備される樹木状の細胞に基づく癌ワクチン; Tjoa BA等 2000年)、前立腺癌(マーフィーG等1996年)、大腸癌(陳W等2000年)、非小さい細胞の肺癌(Hirschowitz EA等2004年)、乳癌(アランCP等2004年)、およびB細胞癌(Adema GJ等2005年を扱うのに使用されていた; Ragde H等2004年; Reichardt VL等 2004年)。 樹木状の細胞は腫瘍の細胞(lysate)とである段階IVの患者(Escobar等2005年)の有効な反メラノーマの免除の誘発で部分的に有効脈打った。 樹木状の細胞癌ワクチンは人間で安全、よく容認されて。

総合的な蛋白質の抗原は 腫瘍によって表示される異常な蛋白質の大量生産された総合的な版でこれらの抗原(Schulz M等1991年)を表示するボディの細胞を破壊することができる免疫反応を発生できる。 このタイプのワクチン接種は免疫組織のブスター(アジェバント)または他のメッセンジャーを持つ患者に更に免疫組織の活動(Schulz M等1991年)を高めるために与えられる。 免疫細胞の機能を調整する樹木状の細胞は車として頻繁に使用される免疫組織(劉KJ等2004年)にこれらの総合的な蛋白質を渡すために。

異なったタイプの蟹座ワクチンを使用して臨床調査

メラノーマ。 メラノーマは多分癌ワクチンの研究の中央焦点の癌である。

総合的な蛋白質。 メラノーマのための腫瘍の抗原がチロシナーゼ、MART-1 (A)別名Melan、gp100 (MAGEの遺伝子家族(Gaugler B等1994年のJager E等1996年)、およびプロダクトを含んでいると同時に識別された蛋白質; ヴァンDer BP等 1991年)。 これらの蛋白質はメラノーマの細胞に独特でが、従ってメラノーマの細胞および呼ばれたメラノーマ準の抗原(Jager E等1996年)によって過剰生産される正常なボディ蛋白質である。

MART-1、チロシナーゼおよびgp100総合的な蛋白質から成っていたワクチンが首尾よくメラノーマの患者に種痘するのに使用され、すべての患者(Jager E等1996年)の客観的な腫瘍退化を引き起こした。 他のメラノーマ癌ワクチンにより総合的なMAGE蛋白質を使用し、何人かの患者(Marchand M等1999年で完全な腫瘍退化を引き起こすために注意された; Weber JS等 1999年)。

ガングリオシド(GM2、GM3、GD2およびGD3)。 ガングリオシドはすべての腫瘍によって異常に表示されるか、または過剰生産される細胞の表面の分子である。 それらは広がりへの腫瘍の高められた能力につながる、または転移させなさい(Bitton RJ等2002年; Fredman P等 2003年)および悪い臨床結果(Hakomori S 2001年)に。 従って、それらはワクチン発生させた免疫反応のためのターゲットを表す。 実際に、実験室育てられたメラノーマの細胞から準備された浄化されたガングリオシドとのワクチン接種はそれらがメラノーマの患者(Tai T等1985年)の免疫反応を発生させることができたことを示した。

別の臨床調査はGM3、GD3、GM2およびGD2を含んでいる混合物を持つメラノーマの患者のワクチン接種が(後皮、リンパ節および他の転移を取除く外科)高められた無病の存続(Portoukalian J等1991年)と関連付けられた強い免疫反応を発生させたことを示した。 ガングリオシド癌ワクチンの巧妙な使用は腫瘍(リビングストンPO等1994年)のほとんどを取除くためにGM2ワクチンの続く外科と扱われた段階IIIのメラノーマの患者の改善された存続によって支えられる。

熱衝撃蛋白質(HSPs)。 熱衝撃蛋白質は蛋白質のアセンブリそして終局のローディングを導くのでボディ(Przepiorka D等1998年を守る免疫細胞に表示される外的な構造に細胞の内で、準備される分子付き添いとして知られている豊富な細胞蛋白質である; Ren W等 2004年)。 従って腫瘍の細胞からの衝撃蛋白質を含み、その特定の腫瘍のタイプのための腫瘍の抗原の完全なサンプルをメラノーマおよび腎臓の細胞の癌腫(Hoos等2003年のための癌ワクチンを基盤として証明した有効、特に熱しなさい; 黄XF等2003年; Oki Y等 2004年)。

段階IIIの試験は熱衝撃蛋白質(gp96)を使用して段階IVのメラノーマを持つ300人の患者-患者の自身の腫瘍から行われた(最初の4週の間および隔週その後一度毎週与えられる)得られたペプチッド複合体と。 皮およびリンパ節の病気の患者は制御グループ(Srivastava PK 2006年) 383日と比較された626日の推定中間数を存続させた。

非Hodgkin'sリンパ腫。 他のワクチンのアプローチは(例えば、反idiotype)非Hodgkin'sリンパ腫(Bendandi M 2004年の処置の臨床利点を示した; キャスパーCB等1997年; ロドリゲスCM等 2004年) そして多発性骨髄腫の処置(Titzer S等2000年)のために査定されている。

、胸膵臓、肺、大腸および卵巣癌。 Carcinoembryonic抗原(CEA)。 CEAは胎児開発の間にだけ細胞によって普通作り出される糖蛋白質(砂糖のグループに付す蛋白質)である。 但し、それはすべての人間癌(黄EH等2002年のほぼ50%大きく過剰生産される; マーシャルJ 2003年; Ullenhag GJ等 2004年)、コロン、胸直腸、卵巣を含んで、肺、膵臓、および消化器癌(マーシャルJ 2003年; モールスMA等 1999年)。 実際に従って、CEAは癌患者からの血液サンプルで検出することができ、癌療法および進行(マーシャルJ 2003年)を監視するのに使用されている。

樹木状の細胞に荷を積まれ、癌ワクチンとして(CD4およびCD8)病気安定(Berinstein NL 2002年と関連付けられた反腫瘍の応答を発生させた使用されたCEAは; 劉KJ等2004年; Ueda Y等 2004年)。 癌患者の免疫組織に分娩されたCEAは(poxvirusによって)扱われた患者(Berinstein NL 2002年)の37%までの病気安定をもたらした。 vacciniaのウイルスを使用して開発されるCEAベースのワクチン(ALVAC-CEA)はまた人間で安全、特定の反腫瘍の免疫反応(マーシャルJ 2003年)を発生させることができるために示されていた。

胸および卵巣癌。 Sialyl TN (STn)。 Sialyl TNは複数のタイプの胸、卵巣、大腸、胃、および膵臓癌の細胞(Holmberg LA等2004年)を含む癌細胞によって、過剰生産される炭水化物である。 その結果、この腫瘍準の抗原はこれらの癌の治療上のワクチンのためのよい候補者である。

カナダの会社(Biomira Inc.)が開発するTheratope®と呼ばれるsialyl TNベースの癌ワクチンは胸および卵巣癌の患者(Holmberg LA等2000年、2001年)の処置で有能である。 臨床設定では、このワクチンは安全で、再発(より長い赦免の期間)または死(Holmberg LA等2000年、2001年)の減らされた危険と関連付けられた。

免疫療法の応答を高めること

免疫組織のためのブスター。 ワクチンとして使用される腫瘍の細胞は頻繁に直接免疫細胞(Dranoff G等1997年を活動化させるinterleukin2およびgranulocyteの大食細胞のコロニー要因刺激(GM-CSF)のようなメッセンジャーを作り出し、分泌するために処理される; Osanto S等2000年; Sallusto F等 1994年)。 臨床設定では免疫組織を示された抗原(ハリスJE等2000年により敏感にさせるために、ワクチンは頻繁に免疫組織のブスター(アジェバント)によって、バチルスCalmette-Guerin (BCG)および解毒のような、管理される; Knutson KL 2002年; Sondak VK等 2003年)。

臨床試験(III)段階の蟹座ワクチン

いろいろな候補者癌ワクチンは早くで約束を示した(段階IおよびII)臨床調査(マーフィーG等1996年; Weber JS等 1999年)。 但し、最も失敗するこの成功を赦免検査するより大きい段階IIIの調査に翻訳するために(または病気安定)の期間のワクチン誘発の免疫反応の影響を患者によって、そして全面的な存続で楽しんだ。 前はまた無病の存続か進行なしの存続(カウフマンのHL 2005年)と言われる。 その結果釣り合った査定を処置の選択として癌ワクチンの作った場合、段階IIIの調査に達したワクチンに焦点を合わせることは重要である。 肺癌を除いて、治療上の癌ワクチンはすべての主要な癌のタイプのための段階IIIの臨床調査に進歩した。

腎臓の細胞の癌腫。 腎臓の細胞の癌腫のための癌ワクチンはautologous (自己寄付された)癌細胞およびlysatesを使用してテストされてしまった(癌細胞準備される) (Doehn C等2003年の破壊によってセット段階IIIに最近; Jocham D等 2004年)。 この調査は外科(Jocham D等2004年)の後でautologous腫瘍の細胞ワクチンと(月に一度皮の6つの注入)種痘した558人の腎臓の細胞の癌腫の患者を含んだ。 フォローアップの70かの数か月後で、種痘された患者の進行なしの存続は非種痘された患者(Jocham D等2004年)の59.3%と比較された67.8%だった。 これらの結果は大きくない腎臓の細胞の癌腫の場合の外科(腎臓の取り外し)の後でこの腎臓の細胞の癌腫ワクチンの使用をより2.5 cm (Jocham D等2004年)支える。

メラノーマ。 複数のタイプのメラノーマのための癌ワクチンはガングリオシドおよび全細胞(allogenicおよびautologous)ベースのワクチン(Hsueh EC等1998年を含む段階IIIの臨床査定に、進歩した; Knutson KL 2002年; Sondak VK等 2003年)。

全細胞のメラノーマ ワクチン(CancerVax/Canvaxin)は段階III臨床試験で935人の種痘された患者(外科の後で)および667人の非種痘された患者(Hsueh EC等1998年の結果の比較によってテストされた; Morton DL等 2002年)。 種痘された患者の5年の全面的な存続は患者(Morton DL等2002年)の非種痘されたグループ37%と比較された49%だった。

Melacineのallogenic (供給の)腫瘍の細胞から準備されるまた段階IIIの臨床評価(Sondak VK等2003年にメラノーマ癌ワクチンは進歩した; Sosman JA等 2003年)。 このワクチンは免疫学のブスターを持つ患者に与えられ、存続の利点(Sondak VK等2003年)を持つ相談するために種痘された患者示されていた。

メラノーマの処置のために開発され、アジェバントと管理されたガングリオシド ベースのワクチンは最初にメラノーマの細胞(Knutson KL 2002年)を取り除くことができる抗体を引き起こすために示されていた。 但し、段階IIIの調査のこのワクチンの評価は高線量のインターフェロン療法の標準的な処置が再発なしの存続および全面的な存続(Kirkwood JM等2001年)に関連してよりよい結果を発生させたので、幾分つまらない結果を生んだ。

結腸癌。 段階IIIの臨床調査に進歩した大腸癌のための蟹座ワクチンはCEA蛋白質および全細胞のautologous (自己)腫瘍の細胞(ハナMG、Jr.等2001年の使用に焦点を合わせた; ハリスJE等2000年; フォンMM 2005年)。 アジェバント(免疫のブスター)としてBCGを伴って使用されるautologous腫瘍の細胞ワクチンは412段階の調査でIIおよびIII腫瘍(ハリスJE等2000年)のほとんどを取除くために外科を経た大腸の癌患者テストされた。 ワクチン接種はこの処置を受け取った患者無病の存続および全面的な存続(ハリスJE等2000年)でおよび外科が利点を示した4週後与えられた。

乳癌。 ワクチン接種のTheratope®は(Biomira Inc.著製造された)、腫瘍準の抗原sialyl TNに基づいて1000人のmetastatic乳癌患者(Holmberg LA等2004年の大きい段階IIIの調査で、現在評価されている; イブラヒムNK等 2003年)。 この調査からの調査結果はまだ出版されることを持っている。

: Biomira Inc.の薬品会社は、患者を扱わない。 但し、政府公認臨床試験が進行中であるBiomiraワクチンをおよびヨーロッパは北アメリカのさまざまな癌医院で医者に提供する。 ワクチンは現在かかわるワクチン接種の調査にこれらの代理店との広範な経験があり、医者にだけ提供される。 、ext.呼出し1-877-234-0444 Biomiraの医療情報の助手に話すため。 500.

前立腺癌。 Provenge®の前立腺癌のための樹木状の細胞に基づくワクチンは米企業Dendreon (RiniのBI 2002年)によって段階IIIの臨床調査で、評価されている。 このワクチンは総合的な前立腺癌の細胞蛋白質(組換え蛋白質の抗原)に患者の樹木状の細胞に(実験室で育つ)荷を積み、ワクチンとして管理することを含む。 臨床調査はこのワクチンはホルモン独立した前立腺癌(Schellhammer PF等2005年)を持つ患者で活動があることを示した。 段階IIIの高度の前立腺癌を持つ人のこのワクチンによって改善される存続が調査することを最近の媒体のレポート(NewsRX.com)は示した; 但し、これらの結果は科学文献でまだ出版されていない。

血の(Hematological)癌。 国立癌研究所は小嚢のリンパ腫の患者に与えられるidiotypeベースのワクチンを使用して現在それらが化学療法(Kwak LW 2003年)を経た後大きい段階IIIの臨床調査を監督している。