生命延長スキン ケアの販売

蟹座のワクチンおよび免疫療法

免疫組織および蟹座

ずっと癌細胞を検出し、殺すことで免疫組織の役割を示す証拠は利用できるしばらくの間(リチャードソンMA等1999年; Wiemann B等1994年; Hellstrom IE等1968年; オリバーRT等1989年; Penn I 1986年1988年; Vose BM等 1985年)。 成長の免疫療法でこの知識が癌細胞を妨害する免疫組織の自然な容量をささえるのに使用されていた。

免疫組織はいかに癌細胞を検出するか。

癌細胞は表面の異常な蛋白質(抗原)を表示し、免疫組織はこれらの蛋白質(Knuth等1991年のために癌細胞を検出し、破壊できる; Naftzger C等 1991年)。 (抗原は免疫組織が特定の免疫反応を作る物質である。)

免疫組織に癌の開発に抵抗する生得の機能がある; 但し、ほとんどの場合、免疫組織は免疫の検出を避けるのに腫瘍の細胞が使用する一連の洗練された作戦が原因で失敗する。 これらの作戦は免疫細胞の活動的な資格剥奪に腫瘍の細胞を、隠すようにimmunosuppressive代理人(非常線Cardo C等1991年として知られている、免疫組織の応答を下げる腫瘍作り出された代理店によって設計されている方法から及ぶ; Junker U等1996年; Pantel K等1991年; Ranges GE等1987年; Sarris AH等1999年; Staveley-O'Carroll K等 1998年)。 従って、巧妙な癌の免疫療法への前提条件は癌への免疫組織の自然な抵抗を後押しする作戦の実施である。

責任がある免疫組織の細胞知られているものがに特定の免除(Brodsky FM等1991年としてT細胞およびb細胞(リンパ球)はである; Janewayカリフォルニアのジュニア等1994年; Levine TP等 1991年)。 対照によって、他の免疫細胞は細菌および寄生虫(Klein E等1993年によって(例えば、好酸球、自然なキラー(NK)細胞および大食細胞)伝染への無指定応答を発生させる; Mantovani等 1992年)。 T細胞およびb細胞は感染させた細胞(Brodsky FM等1991年を識別する特定のマーカーを検出するときだけ答える; Janewayカリフォルニアのジュニア等1994年; Levine TP等 1991年)。

蟹座制御に於いての免疫組織のための役割

癌の開発の妨害に於いての免疫組織の役割は個々の臨床場合のレポートによって最初に支えられた。 細菌感染に同時に苦しんでいた何人かの癌患者は彼らの腫瘍(リチャードソンMA等1999年の退化があったことにニューヨークの外科医、注意されるウィリアムの黒魚による19世紀末草分け的な功績; Wiemann B等 1994年)。 彼は細菌感染をことを戦うことを試みることで患者の免疫組織が非常に活動化されるようになったこと、そしてこれがそれらに腫瘍への抵抗を与えたことを結論を出した。 黒魚は後で「黒魚毒素呼ばれた粗野なワクチン接種の準備を作った」と殺された細菌から成っていた。 黒魚の患者の何人か完全な腫瘍退化を楽しむ間、応答は幾分変わり、彼の仕事は最初に懐疑的に見なされた(リチャードソンMA等1999年; Wiemann B等 1994年)。

但し、最近の研究は制御癌の成長に於いての免疫組織の役割を文書化する科学的な証拠のかなりボディを作り出した。 例えば、癌は弱められた免疫組織(オリバーRT等1992年を持つ個人により頻繁に起こる; Penn I 1986年、 1988年)。 さらに免疫組織が癌(オリバーRT等1989年)を戦える自然にこと、ある種の癌は再度概念に重量を加える自発退化を、経る。 なお、癌患者は頻繁に再度免疫組織が腫瘍の細胞を検出し、(Hellstrom IE等1968年)特定の応答また特定のT細胞を含む、またはTのリンパ球(Itoh K等1988年をことができる取付けることを示す血で抗原に結合する循環する特定の抗体(蛋白質)を、持っている; Muul LM等1987年; Vose BM等 1985年)。

腫瘍によってはなぜ免疫の検出が脱出するか。

通常の状況で、すべての細胞は表面の蛋白質の区分を表示する。 ウイルスか細菌の代理店との伝染に、これらの外国蛋白質(Brodsky FM等1991年からの表面のサンプル区分の細胞の表示; Janewayカリフォルニアのジュニア等1994年; Levine TP等 1991年)。 外国の侵略者のためのボディを巡回するT細胞およびb細胞は表面のこれらの外国蛋白質を表示する細胞を追求し、破壊する。 これらの蛋白質は抗原、特定の免疫反応か活動を刺激できる物質と呼ばれる。

癌では、腫瘍の細胞はまたそれはもはや正常で、健康な細胞ではないこと免疫組織に信号を送ることができる表面の異常な蛋白質のサンプルを表示する。 これらの蛋白質から区分どちらかの蛋白質は癌細胞でまたは細胞を感染させ、赤旗として癌行為を引き起こし、そしてT細胞およびb細胞(Wang RF 1999年)の注意を引き付けるウイルスか細菌蛋白質から過剰生産した。 従って腫瘍の細胞はによって避け免疫の検出を表面の蛋白質の区分(抗原)を表示しないことを免疫細胞(非常線Cardo C等1991年から事実上、隠れる; Pantel K等 1991年)。

積極的な場合では、腫瘍の細胞はまた免疫細胞の活動(Junker U等1996年を減らす代理店の作成によって免疫の検出を避けることができる; Ranges GE等1987年; Sarris AH等1999年; Staveley-O'Carroll K等 1998年)。 また、免疫組織は腫瘍への最初の免疫反応がそれを完全に拒絶するか、または制御して十分でなければ腫瘍の急成長に対処できないかもしれない。 癌細胞を検出し、殺す免疫組織の生まれつきの能力にもかかわらずたいていの場合免疫組織は腫瘍の成長を制御しない。 免疫療法の目的はとりわけ殺害の癌細胞(Knuth等1991年の手段として腫瘍の抗原を目標とすることである; Naftzger C等 1991年)。 表1は臨床調査で免疫反応を刺激するある腫瘍の抗原(物質)にその形態を癌ワクチンの基礎示したものだ。

表1: 腫瘍の抗原は臨床開発のワクチンの基礎を形作る

腫瘍の抗原

蟹座

Carcinoembryonic抗原(CEA)

コロン、胸、膵臓肺

前立腺特定の抗原(PSA)

前立腺

チロシナーゼ蛋白質

メラノーマ

人間のpapillomavirusのnucleoproteins

頚部

これまでのところ学んだ何を

  • 免疫組織に癌細胞を検出し、殺す生まれつきの能力がある; 但し、有能な免疫組織の前で成長する腫瘍は腫瘍の破壊そして取り外しを避けるために複雑な免疫があ回避の作戦を展開させる。
  • すべての腫瘍が自然に免疫組織に警告し、細胞の表面の抗原の損失か適用範囲による免疫反応を取付けるためにプログラムされない。
  • 免疫療法の目的は反腫瘍の効果を患者の免疫組織の活発化または自然な物質との忍耐強い補足によって作り出し、こうして最終的に癌を破壊することである。
  • 治療上の癌ワクチンが確立された癌を制御する方法として免疫組織を後押しするのに使用されている。 予防癌ワクチンが癌をもたらすために知られている病原菌に対して人々に種痘するのに使用されている。
  • 外科は頻繁に育つか、または広がる主張の腫瘍の細胞を除去するべきであるワクチン接種取除くために行われるか癌の免疫療法の前に腫瘍のほとんどを。
  • 各々の個々、免疫組織の状態のために癌ワクチン療法の成功に影響を与えるキー ファクタはある。
  • 免疫療法を経ることを準備している癌患者は栄養の補足の十分な栄養物そして使用によって最適の免疫組織機能を保障するべきである。