生命延長血液検査の極度の販売

蟹座の外科

外科は癌細胞の付着を高める

外科が転移の危険性を高める1つのメカニズムは癌細胞の付着(Dowdall 2002年)を高めることによって行う。 第一次腫瘍から壊れる癌細胞は遠い器官の転移を形作る機能を後押しするのに付着を利用する。 これらの癌細胞は一緒に群生し、拡大し、育つことができるコロニーを形作れる必要がある。 単一の癌細胞がmetastatic腫瘍を形作ることはまずない。 癌細胞は(癌細胞の表面にある)一緒に群生する機能を促進するのに付着の分子、galectin-3のような、使用する(Raz 1987年)。 血流で循環する癌細胞はまた血管(Yu 2007年)のライニングに掛け金を降ろすためにgalectin-3表面の付着の分子を利用する。 血管の壁への循環の腫瘍の細胞(CTCs)の付着は転移のプロセスのための必要なステップである。 血管の壁に付着できない癌細胞はちょうど転移の形成のできない血の流れを通ってさまよい続ける。 最終的に、血流で循環する白血球はCTCsを目標とし、破壊する。 CTCsが血管の壁に首尾よく結合し、地階の膜を通して方法を掘り進めば新しいmetastatic癌(Raz 1987年)を形作るために、それらは器官に付着するのにそれからgalectin-3付着の分子を利用する。

戦いの癌細胞の付着

研究は癌の外科が腫瘍の細胞粘着を高めることを示した。 外科状態をまねた1つの実験では血管の壁への癌細胞の結合が250%、外科状態-- (10 Kate 2004年)にさらされなかった癌細胞と比較されて増加したことを、科学者は報告した。 変更された柑橘類のペクチン(MCP)と呼ばれる自然な補足は癌細胞の付着の外科誘発の増加の中和を助けることができる。 柑橘類のペクチンのタイプの食餌療法は腸に繊維吸収されない。 但し、変更された柑橘類のペクチンは血に吸収され、抗癌性の効果を出すことができるように変わった。 変更された柑橘類のペクチンはそれにより癌細胞が一緒に付き、集り(Nangia-Makker 2002年)を形作ることを防ぐ癌細胞の表面のgalectin-3付着の分子に不良部分によって癌細胞の付着を、禁じる。 変更された柑橘類のペクチンはまた血管のライニングに掛け金を降ろすことから循環の腫瘍の細胞を禁じることができる。 これはペクチンが95%によって血管のライニングにgalectin-3の付着を妨げた柑橘類を変更した実験によって示された。 変更された柑橘類のペクチンはまた血管の壁(Nangia-Makker 2002年)に大幅に乳癌の細胞の付着を減らした。

1つの調査では、ラットは前立腺癌の細胞と注入された。 1つグループは他は(制御グループ)が変更された柑橘類のペクチンを受け取った。 肺転移は変更された柑橘類のペクチンのグループの50%で対制御グループの93%注意された。 さらにもっと顕著変更された柑橘類のペクチンのグループにmetastaticコロニーのサイズの89%の減少が制御グループ(Pienta 1995年)と比較されたあったことだった。 同じような実験では、ペクチンが非常に経験した変更された柑橘類に与えられたメラノーマの癌細胞と注入されるマウス制御グループ(Platt 1992年)と比較される肺転移のより90%の減少。

人間の試験では、再発前立腺癌を持つ10人は変更された柑橘類のペクチンの14.4のgの日刊新聞を受け取った。 1年後で、癌の進行のかなりの改善は前立腺特定の抗原(PSA)のレベル(推測2003年)のレート減少によって定められるように注意された。 これはさまざまなタイプの前立腺癌を持つ49人が4週間周期のための変更された柑橘類のペクチンを与えられた調査に先行していた。 2つの処置周期の後で、人の22%は彼らの病気の安定を経験するか、または生活環境基準を改善した; 12%は24週間以上安定している残った。 調査の著者は「MCPずっと高度の固体腫瘍を持つ患者のための臨床利点および生命質に関する肯定的な影響が特に」はあるようであることを結論を出した(Azemar 2007年)。

一般にTagamet®として知られているシメチジンは、胸焼けを軽減するのに歴史的に使用される薬剤である。 科学的な証拠の成長するボディはシメチジンがまた有効な抗癌性の活動を所有していることを明らかにした。 シメチジンは血管(Platt 1992年)を並べる細胞の表面の付着力の(癌細胞は掛け金を降ろす)分子によって呼ばれるE-selectinの表現の妨害によって癌細胞の付着を禁じる。 E-selectinの表現を防ぐことによって、シメチジンはかなり血管の壁への癌細胞の付着の能力を限る。

シメチジンの潜在的な抗癌性の効果を支える調査では64人の結腸癌の患者は1年間シメチジン(1日あたりの800 mg)の有無にかかわらず化学療法を受け取った。 シメチジンのグループのための10年の残存率は制御グループのための49.8%対ほぼ90%だった。 制御グループ(松本2002年)の23%と比較されたシメチジンと扱われた結腸癌のより積極的な形態を持つそれらの患者のために、10年の存続はそれらの85%だった。 調査の著者は「、これらの結果は大腸の癌患者に対するシメチジンの有利な効果の下にあるメカニズムを提案した管のendothelial [血管のライニング]細胞のE-selectinの表現を妨げ、癌細胞の付着を禁じることによって推定上一緒に取られて」。ことを結論を出した これらの調査結果は大腸の癌患者との別の調査によって外科の時にちょうど7日間与えられたシメチジンが59%から93% (アダムス1994年)まで3年の残存率を高めたか支えられた。

外科の前に少なくとも5日を取られる変更された柑橘類のペクチンの14gおよびシメチジンの800mgのこの組合せの養生法は1年間またはより長いmetastatic危険を減らすために続かれるかもしれない。