生命延長血液検査の極度の販売

乳癌

蟹座の特別な明示

Pagetのニップルの病気

Pagetの病気はニップルのまれな、ゆっくり成長癌である。 Pagetの病気は通常そのままか侵略的な癌と関連付けられる。 Pagetのニップルの病気の最も大きい問題の1つは徴候が無害ようであることである。 病気の検出、診断および処置の不運な遅れをもたらす皮の発火または伝染であることを頻繁に考える。 Pagetの病気の徴候は直らないニップルのニップルまたは傷からの耐久性がある赤み、むずむずさせること、にじみ出ること、外皮で包むこと、および流動排出を含んでいる。 通常、1つのニップルだけ影響を受けている。 病気のための処置そして予想は根本的な癌のタイプそして範囲と直接関連している。

炎症性乳癌(IBC)

炎症性乳癌(IBC)は通常マンモグラムか超音波によって検出されない侵略的な乳癌のまれで、積極的な形態である。 IBCは通常限られた固体腫瘍としてよりもむしろ巣かシートで育ち、明らかな固まり無しで胸中拡散にである場合もある。 癌細胞はリンパ節介入に終って皮の下でリンパ系をちょうど、詰らせる。 前のマンモグラムと比較される増加された胸密度は疑った考慮されるべきである。

容赦なく、薬用によって変化しないおよび短いある一定の時間にわたる胸のサイズの軟膏、引き込み平らになる、増加、ニップルまたは排出クリーム状になる耐久性がある傷あとのようである何が、但し、IBCの主要な徴候は胸の膨張、発火、ピンク、赤であり、またはオレンジ(peauのd'orange)の皮と、胸の皮の隆起部分および厚くされた区域、むずむずさせるの区域接触に暖かい胸(pruritus)、ではないし、実際のところ循環胸の苦痛同じような質の暗闇によって着色される区域(紅斑)、時々一定するまたは刺すであるかもしれないまたは 脇の下のまたは鎖骨の上の膨張したリンパ節。 これらの徴候の多数以来胸の伝染、医者を頻繁にただ扱う伝染として炎症性乳癌をまねなさい。 徴候が後抗生疑われた「伝染」のための処置それからしかである診断される炎症性乳癌改良しなかった時。

IBCに再発および非常に悪い予想の非常に危険度が高いのがある。 それは乳癌の最も致命的な形態である。 徴候が早く確認されること存続の可能性を改善することは即時の診断および処置に終って重要、である。 化学療法は通常診断の幾日の内に始まる。 処置なしで、炎症性乳癌を持つ個人のための5年の存続のチャンスは非常に粗末である。 処置によって、患者の約50%は5年診断の後の住んでいる。