生命延長スキン ケアの販売

乳癌

胸の解剖学

胸は脂肪(脂肪組織)および胸のティッシュで結合組織、神経、静脈および動脈と共に主に、構成される。 胸のティッシュは乳腺として知られている複雑なネットワークである。 乳腺の中では、脂肪組織で分かれている15-20の丸い突出部またはコンパートメントがある。 各丸い突出部の中ではlobulesと呼ばれる複数のより小さいコンパートメントはある。

Lobulesは結合組織で埋め込まれてある気胞と名づけられるミルク分泌腺のgrapelike集りで構成される。 紡錘型の細胞は収縮がニップルの方にミルクの推進を助けるmyoepithelial細胞を囲む気胞を呼んだ。 各胸(Spratt等1995年)の内で含まれている約百万台のlobulesがある。 lobulesはますますより大きい管に(ブドウの茎と同じように)一緒に結合される小さい管によって接続される。 各胸の中では5つそして10のductalシステム、ニップルの自身の開始とのそれぞれの間にある。

ニップルを囲むことは乳輪と呼ばれる皮の暗く影で覆われた円である。 乳輪は変更されたsebaceous (オイル)腺を含んでいるので荒いようである。 これらの腺は母乳で育てることの間にニップルに油を差すために液体の少量を分泌する。

すべての乳癌の、約80%は乳房の(lactiferous)管に約20%はlobules (IOM 1997年)で起こるが、起きる。 理解するべき最も重要な区別の1つは侵略的な乳癌と上皮内癌の違いである。