生命延長血液検査の極度の販売

補足の代わりとなる蟹座療法

慣習的な癌治療からの悪影響を妨害するための自然な作戦

慣習的な処置の否定的な副作用の一部を妨害すると知られている栄養の補足はこれらの栄養素に加えて表2.で、刺鍼術、呼吸の練習、マッサージ療法を含んで物理的および心理要約され、またこれらの否定的な副作用(Fellowes D等2004年を改善するアロマセラピーできる; 金SD等2005年; サミュエルズN 2002年)。 より多くの情報に関しては、蟹座の外科、蟹座の 化学療法および 蟹座の放射線療法の 章を参照しなさい。 そして

表2: 慣習的な癌治療の否定的な副作用を軽減すると知られている栄養の補足

 

蟹座の処置関連の悪影響

栄養の補足

参照

下痢、ニューロパシー、中心の複雑化、mucositis

グルタミン

(ダニエーレB等2001年; Savarese DM等 2003年)

Mucositisの線維症、心血管の複雑化

酸化防止剤

(Borek C 2004年; Wattanapitayakul SK等 2005年)

Mucositisの貧血症、心血管の複雑化

Melatonin

(Majsterek I等2005年; アーメドHH等2005年; Balli E等 2004年)

放射線誘発の細胞傷害

ビタミンA

(Levitsky J等2003年; Vorotnikova E等 2004年)。

ニューロパシー(神経の損傷)

ビタミンE

(Argyriou AA等2005年; Pace等 2003年)

悪心および嘔吐

ショウガ

(Boon H等2004年; Sharma SS等1998年; Manusirivithaya S等 2004年)。

Nephrotoxicity (腎臓の損傷)

Silibinin

(Bokemeyer C等1996年)

下痢

草の治療

(Mori K等2003年; Taixiang W等 2005年)

中心の損傷

CoQ10

(Portakal O等2000年; Bandy B等1990年; Iarussi D等 1994年)。