生命延長ばねのクリアランス セール

補足の代わりとなる蟹座療法

免疫組織を高めること

CAM療法の範囲は癌患者の免疫機能を後押しするために示されていた。 これらは下記のものを含んでいる:

発酵させた麦芽。 Neutropenia、好中球として知られている白血球の低い数字によって特徴付けられる条件は患者を伝染(Mego M等2005年)に危険なほどに敏感残す化学療法の複雑化である。 慣習的な処置の間の発酵させた麦芽のエキスとの補足はneutropenia (Garami M等2004年)の発生を減らす。

ニンニクの 補足はNK細胞およびリンパ球(ハッセンZM等2003年の機能の改善によって癌患者(Patya M等2004年)の免疫機能を後押しする; Patya M等2004年; Tang Z等 1997年)。

echinacea、 朝鮮人参およびastragalusのような漢方薬は免疫組織を増強し、癌患者(ブロックKI等2003年に有利かもしれない; Suh SO等 2002年)。 実際に、赤い朝鮮人参は外科(Suh SO等2002年)の後で化学療法を経ている胃の癌患者の免疫組織を後押しする。 赤い朝鮮人参を取っている患者はあり主題(39%)を5年(Suh SO等2002年)に非補うよりかなりより高く全面的な存続(76%)が。

きのこのエキスは 化学療法(Ahn WS等2004年)を経ている婦人科の癌患者のNK細胞の活動を高める。 ganopoly (1800 mg、12週間食事の前の3回の日刊新聞の)後押しされたNK細胞として知られているGanodermaのlucidumの多糖類のエキスは高度段階の癌患者(高Y等2003年)で番号が付いている。

高度の68人の患者のランダム化された、二重盲目の、偽薬制御の調査(段階IIIかIV)非小さい細胞の肺癌、きのこCoriolusから-隔離される多糖類のペプチッド( PSP) ( 340 mgの4週間3回の日刊新聞)かなり血の白血球および好中球の計算、血清IgGおよびIgMを改善しversicolor、体脂肪のパーセントは制御グループ(Tsang KW等2003年)と比較した。

場合の一連のさまざまな癌(大抵段階II-IV)を持つ8人の患者では、maitakeのきのこ(Grifolaのfrondosa)のMD一部分および全maitakeの粉の組合せは36人の癌患者の23の肯定応答で起因した。 蟹座退化か重要な徴候の改善は乳癌患者の69%、肺癌の患者の63%、および肝臓癌の患者の58%で観察された。 調査は10%以下から白血病、胃癌および脳腫瘍の患者の改善20%見つけた。 さらに、maitakeが化学療法に加えて取られたときに、免疫があ有能な細胞の活動は1.2回から1.4回単独で化学療法と比較された高められた(Kodama N等2002年)。

Immunonutrition。 腫瘍固まりを取除くために頻繁に回復を遅らせるそれらを伝染(Ates E等2004年)に傷つきやすい残し、外科の後で外科を苦しむ落ち込んだ免疫組織に経る患者は。 栄養物の異なった形態は外科(Ates E等2004年の後で免疫組織の援助を癌患者の回復後押しするように設計した; ブラーガM等2002年; Song JX等 2002年)。 例えば、脂肪酸を含んでいる患者によって管理される栄養素に(胃への栄養管の援助と直接)免疫細胞数(Ates E等2004年)のより急速な回復がある。 アルギニンおよびオメガ3の脂肪酸と富んだ口頭補足は免疫の回復を改善し、感染率(ブラーガM等2002年を減らした; Song JX等 2002年)。

Melatoninは 免疫の規定する活動のホルモンである。 ほとんどの癌患者にmelatonin (Bartsch C等1999年)の低水準がある。 Melatoninの補足は(日10 mg)いろいろな癌に、胃、腎臓を含んで、前立腺および明白な悪影響(Neri B等1998年)なしで膀胱癌、苦しんでいる患者の免疫機能を改善する。 臨床調査は20 mgの日補足が2主な反腫瘍のメッセンジャー、interleukin2およびinterleukin12 (Lissoni P 2000年、2002年)ことをによって運転される免除を高めることによって癌患者の免疫機能を、主に改善できることを示すmelatoninの価値を支える。

Probiotic細菌。 neutropenia (低い好中球の計算)の癌患者が熱のような伝染の徴候を表わすとき、neutropeniaの状態は熱病のneutropenia (Mego M等2005年)と言われる。 腸のライニングを通した細菌の動きは熱病のneutropenia (Mego M等2005年)に部分的に責任がある。 興味深いことに、科学者は友好的なprobiotic細菌が付いている腸を(競争によって)熱病のneutropeniaもたらす細菌(Mego M等2005年)からの伝染を減らした植民地化することがことを示した。

弛緩の技術。 多分予想通り、臨床調査は今ユーモアおよび笑い声がNK細胞(ベネットMP等2003年の高められた数によって特徴付けられる免疫組織に対する肯定的な効果をもたらすことを示してしまった; Berk LS等2001年; Christie W等2005年; Takahashi K等 2001年)。

弛緩をまた促進するように設計されているマッサージおよび黙想のような他の技術は癌患者(ヘルナンデスReif M等2004年2005年の免疫組織機能を改善する; Hidderley M等 2004年)。 実際、マッサージ療法プログラムに加わっている乳癌患者はNK細胞およびリンパ球(ヘルナンデスReif M等2004年、2005年)の数を高めた。

ビタミンE。 高線量の(750 mg)ビタミンEとの短期補足は高度の大腸癌(Malmberg KJ等2002年)を持つ患者のリンパ球の数そして活動を両方高める。 さらに、化学療法の間のビタミンEとの補足は化学療法(Branda RF等2004年)と関連付けられる白血球(neutropenia)の損失を減らす。