生命延長スキン ケアの販売

補足の代わりとなる蟹座療法

蟹座への後押しの抵抗のための自然な作戦

蟹座の開発および進行の防止

癌の開発そして進行を防ぐと知られている自然な作戦は下記のものを含んでいる:

カルシウム。 以上1000の大腸の癌患者を含む臨床調査ではカルシウム補足はコロンのポリプ(Shaukat等2005年)の再発の危険を減らした。 他の調査はカルシウム補足が一般に初めの大腸癌を開発する危険を減らすことを示す(A 2005年に等あふれなさい; Sandler RS 2005年)。 カルシウムのこの有利な効果は食餌療法の源および栄養の補足両方から得られたカルシウムのために注意された(A 2005年に等あふれなさい)。

カロチノイド。 臨床調査はリコピンと補って、トマトおよびトマト ベースのプロダクトで豊富であるカロチノイドが前立腺(キャンベルJK等2004年の癌から、保護できることが分った; Jian L等2005年; Kucuk O等 2002年)、コロン(Nair S等2001年)、膵臓(Nkondjock等2005年)、卵巣(Huncharek M等2001年)、胸(Toniolo P等2001年)、およびぼうこう(Schabath MB等2004年)。

臨床栄養物のアメリカ ジャーナルに従って、広いスペクトルのコロンの保護を追求している個人はまた彼らの食事療法(Slattery ML等2000年)のルテイン(別のタイプのカロチノイド)に豊富な食糧を含めるべきである。 これらはほうれんそう、ブロッコリー、レタス、トマト、オレンジ、にんじん、セロリおよび緑を含んでいる。

スパイスのウコンから得られるクルクミンに予防および治療上の抗癌性の特性(Aggarwal BB等2003年がある; Sharma RA等 2004年)。

クルクミンは前立腺(Dorai T等2000年の癌の成長を停止できる; Dorai T等 2004年)、コロン(Narayan S 2004年)、および胸(Inano H等2000年)。

大腸の癌患者の段階Iの臨床調査では、3.6グラムまでの日線量のクルクミンはある臨床マーカーを改良し、あらゆる毒性(Sharma RA等2004年)と関連付けられなかった。 臨床調査は10グラムまでの日線量のクルクミンが人間(Aggarwal BB等2003年)で悪影響をもたらさなかったことを示した。

ニンニクは 長く抗癌性の特性(Das S 2002年があるために知られてしまった; Khanum F等 2004年) 癌もたらす代理店(Das S 2002年)の機能を破壊する機能が原因で。

ニンニクの消費は胃のそれらを含む癌の範囲を、コロン開発する危険を、乳腺、頚部(Khanum F等2004年下げる; Sengupta等 2004年)および前立腺(Hsing AW等2002年)。 セレニウムを伴って取られるニンニク得られたallitridumは胃癌(李H等2004年)の開発から保護する。

他のいろいろなニンニクのエキスに、老化させたニンニクのエキスを含んで、allicinおよびajoene、癌予防および治療上の機能(Oommen S等2004年の範囲がある; 田中S等2004年; Xu B等 2004年)。

緑および紅茶。 カテキンにおよびtheaflavinsの緑および紅茶で見つけられる混合物に抗癌性の特性(ヤンCS等2005年)がある。

臨床調査は5つまたは多くを消費して緑茶の日を減らし乳癌を開発する危険を、乳癌の生存者(Seely D等2005年)の再発の危険を減らすのを助けるかもしれないすくうことを示した。

緑茶の消費はまたかなり卵巣癌の患者(チャンM等2004年)の存続を改善し、肺、胸および前立腺(ボンネルの氏等2005年の癌を開発する危険を減らす; 眠りMX等 2005年)。

そのような物は日本の研究者が防ぐこと、日本の人口の癌の手始めを遅らせるための緑茶の消費に基づいて、作戦を開発することを試みている、また癌の生存者(Fujiki H 2005年)の再発の危険をであること癌を減らすことの緑茶の潜在性を示すデータの強さ。

葉酸。 葉酸のサプリメントの使用、かfolateを含んでいる果物と野菜で豊富な食事療法の採用は大腸癌を開発する減らされた危険と、特に関連付けられる(マルチネーゼME等2004年; Strohle等 2005年) そして肺癌(センH等2003年)。 葉酸の十分な取入口はまた葉酸がDNAの損傷に対して守り、遺伝子の安定性(Strohle等2005年)を促進するので乳癌(チャンSM 2004年)から保護すると考えられる。

Melatonin。 夜時間の間に松果体によって作り出されるホルモンのmelatoninに抗癌性の特性(Anisimov VN 2003年がある; Sainz RM等 2005年)。

化学療法の間のmelatonin (夜20 mg)の使用は肺癌の患者(Lissoni P等2003年)の存続そして生活環境基準を改善する。 Melatoninはまた前立腺および乳癌の細胞(Sainz RM等2005年の潜在成長力を減らす; Shiu SY等 2003年)。

癌予防の代理店としてそれ以上の証拠の支持のmelatoninの役割は目覚め、睡眠周期(Anisimov VN 2003年)の中断によるmelatoninの低レベルがある他の人および夜勤の労働者で乳癌の高い危険を示す調査から来る。 興味深いことに、一般により高いmelatoninのレベルがある盲目の人々は癌(Coleman MP等1992年のより低い率がある; Feychting M等 1998年)。

セレニウムの 補足に肺、大腸、食道、および前立腺癌(Mark SD等2000年)の発生の減少で癌予防の特性(櫛GF、Jr. 2005年)がある、特に。 実際に、低いセレニウムのレベルは4と5重に前立腺癌(Brooks JD等2001年)を開発する危険で増加するために関連付けられる。 より高いセレニウムのレベルは前立腺癌(Brooks JD等2001年)の減らされた危険と関連付けられる。 セレニウムのレベルが年齢と低下するので、セレニウムの補足は年配の人(Brooks JD等2001年)に特定の利点であるかもしれない。

但し、癌を防ぐことのセレニウムの補足の利点はある臨床調査が皮(クラークLC等1996年)の基底およびsquamous細胞癌腫に対して保護で非効果的であるために補足を示したので癌特定のようである。 実際に、セレニウムの補足はsquamous細胞癌腫(Duffield-Lillico AJ等2003b)の危険性を高めるかもしれない。

癌予防の潜在性に加えて、セレニウムの補足は慣習的な化学療法による治療(Vadgama JV等2000年)の有効性を高め、放射線療法(Hehr T等1997年)を経ている患者のための生活環境基準を改善するかもしれない。

Silymarinのマリア アザミのエキスは前立腺癌の細胞に対して、抗癌性の特性を示し、前立腺癌(Singh RP等2004年を防ぎ、扱うことに有用かもしれない; 気力Searles PR等 2005年)。

retinoids として知られているビタミンAの派生物は皮、胸および肺(Clarke N等2004年のそれらを含むさまざまな癌の開発から、保護する; Khera P等 2005年)。 肝臓癌の生存者の12か月間総合的なビタミンAとの食餌療法の補足はこの癌(Takai K等2005年)の再発を防いだ。 癌を激しいpromyelocytic白血病(Clarke N等2004年)を治すのに防ぐことに加えて、ビタミンAの派生物が使用されていた。

ビタミンC。 長期人間の調査は他の酸化防止剤と共に使用されたとき、ビタミンCのサプリメントが癌(Hercberg S等2004年)を開発する危険を減らすことができることを示した。 同じような結果は前立腺(マイヤーF等2005年)および肺(Mooney LA等2005年の癌のために見つけられた; ライトME等 2004年)。

ビタミンD。 適当な太陽の露出により皮でビタミンDの統合を引き起こす。 この微量栄養は癌防止(Holick MF 2004年の役割を担うために知られている; Kimlin MG等 2004年)。 実際に、さかのぼる医学文献は50年以上規則的な太陽の露出がある特定のタイプの癌(Ainsleigh HG 1993年)からの死亡率の相当な減少と関連付けられること断言する。 ある日焼け止めこと米国の30,000の癌の死を毎年防ぐには穏健派の太陽の露出がなしの、ビタミンDの生産を刺激するしかし十分に傷つけない十分皮できたと推定されている(Ainsleigh HG 1993年)。 太陽の最も有害な光線は10 AMと3 p.m.、最も大きいwatchfulnessを要求する時間の間に起こる。

不十分なビタミンDのレベルは胸、コロンおよび前立腺癌(陳TC等2003年を開発する高められた危険と特に関連付けられる; Studzinski GP等 1995年)。 太陽の露出によって得られる増加されたビタミンDのレベルは非Hodgkin'sリンパ腫(ヒューズAM等2004年)の減らされた危険と関連付けられる。 ビタミンDにより骨はカルシウムを解放する、極端に高いカルシウム レベル(hypercalcemia)にこうして導く場合がある; 但し、科学者は自然なビタミンD (deltanoids)の総合的な版をその欠乏この不利な副作用(Agoston ES等2006年開発している; Guyton KZ等 2003年)。

ビタミンE。 臨床調査は特にセレニウムの補足(Helzlsouer KJ等2000年ことをを伴って使用されたときビタミンEが前立腺および肺癌の危険を減らすことができることを示した; Woodson K等 1999年)。 ビタミンEの規則的な、長期(10年に)使用は膀胱癌(Jacobs EJ等2002年)からの死の危険を減らす。 同様に、長くより3年間ビタミンEの補足の使用はわずかに乳癌の生存者(Fleischauer等2003年)間の再発の危険を減らす。

さらに、動物実験はビタミンEは結腸癌およびメラノーマ(Barnett KT等2002年に対して活動があるかもしれないことを示す; Malafa MP等2002b; Malafa MP等2002a)。

より大きい臨床調査は現在進行中更に前立腺癌(Fleshner N等2005年に対してビタミンEの保護役割を査定するためにである; Lippman SM等 2005年)。

ビタミンKは 実験室および動物実験で抗癌性の特性(Lamson DW等2003年)があるために示されていた。 小さい臨床調査からの結果はビタミンKがウイルスの肝硬変の女性を保護するかもしれないことを病気(Habu D等2004年)の開発からの肝臓癌のための知られていた危険率、示す。