生命延長スキン ケアの販売

補足の代わりとなる蟹座療法

癌患者の栄養物: 慣習的な処置の間のサプリメント/酸化防止剤の使用

次のセクションでは、私達は、サプリメントが臨床結果および長期存続に影響を及ぼす短期利点だけ提示に対してことを示す出版された調査からの主調査結果を要約する:

  1. 臨床調査からの有望な結果は化学療法による治療の間の酸化防止剤の使用が処置を妥協しないことを示した。 肺癌の患者のこの調査では、ビタミンCとの補足、ビタミンEおよびベータ カロチンは化学療法(Pathak AK等2005年)の有効性と干渉しなかった。 実際、酸化防止剤を取った化学療法の受け手は単独で化学療法を受け取った人よりよい回答比率そして全面的な存続があった; 但し、これらの相違は統計的な重大さ(Drisko JA等2003年に達しなかった; Pathak AK等 2005年)。
  2. 第一次腫瘍を取除くために外科を経た60年齢にわたる非小さい細胞の肺癌の患者の調査では医者は非使用者とビタミンのユーザーの存続を比較し、葉酸の取入口の表示器として血のfolateのレベルを測定した。 非使用者の平均存続はビタミンのユーザーのための41か月と比較されたたった11か月だった; すなわち、非使用者がの長く存続する補足のユーザーほぼ4倍。 より高い血のfolateを持つ患者はまた改善した長期存続(Jatoi等1998年)を水平になる。 研究者がより大きく忍耐強いサンプルとのそれ以上の調査、および結果一貫してショーを行なったこの調査を行なったメイヨー・クリニックは存続を改善し、使用する非小さい細胞の肺癌の患者の生活環境基準はビタミンおよび鉱物補う(Jatoi等2005a; Jatoi等2005b)。
  3. 別の調査は過渡的な細胞の膀胱癌の患者のグループを検査した。 1つグループはビタミンの推薦された日当(RDA)とBCG (結核ワクチン)の免疫があ増加療法を与えられた。 第2 BCG扱われたグループ(巨大線量のグループ)はビタミンCのビタミンA、2000年のmg、ビタミンEの400のIU、ビタミンB6の100 mg、および亜鉛の90 mgの40,000のIUとRDAを受け取った。 5年後で、癌の再発率は低潜在的能力RDAのビタミンを受け取った、巨大線量のグループたった41%だったグループ91%。 この調査では、ビタミンの大きい線量は癌の再発(Lamm DL等1994年)の55%減少で起因した。
  4. Uvealメラノーマは目(Tallberg T等2000年)のアイリスに起こるメラノーマのまれな形態である。 uvealメラノーマを持つ9人の任意危険度が高い患者は彼らの第一次腫瘍を根絶する標準的な慣習的な療法があった。 患者は葉酸、跡の鉱物、アミノ酸および脂肪酸から成っている栄養の補足の養生法にそれから置かれた。 フォローアップの80かの数か月後で、9人の患者のどれもこれらの補足を受け取らなかった患者の同じようなグループと比較された再発病気を経験しなかった。 これらの危険度が高い患者の100%ほぼ7年後に病気がなかったこと与えられて、結果は癌患者(Tallberg T等2000年)に栄養の補足の潜在的な価値のそれ以上の証拠を提供する。
  5. 乳癌患者の調査は酸化防止剤を使用している患者が再発に苦しむか、または彼らの癌(Fleischauer等2003年)がもとで死んでがまずないことを示した。
  6. 葉酸(Kreienberg R 1998年)を伴って管理されたときに5フルオロウラシル(5-FU)の有効性、乳癌を扱うのに使用された化学療法の代理店は改善された。 5-FUはコロン、レバーおよび膵臓癌でまた一般的ですが、効力(Christopoulou A 2004年)の高度を示さなかった。 metastatic大腸の癌腫の患者のランダム化された試験は単独で管理された5-FUのそして葉酸を伴う効果を比較した。 単独で5-FUを受け取っているグループと比較されて葉酸と5-FUを受け取っている患者は76%全面的な腫瘍の減少を経験した。 葉酸と5-FUを受け取っている単独で5-FUを受け取っているグループにグループの存続はより大きかった47%。 この化学療法の薬剤の養生法への葉酸の付加は改善された治療上のプロフィールおよびかなり延長された生存期間(Loffler TM等1992年)に起因した。 これらの結果は下の表1で要約される。

表1: 5-FU化学療法の有効性に対する葉酸の効果

5-FU

葉酸および5-FU

相違

完全か部分的な赦免

9%

16%

7%

腫瘍の成長の阻止

20%

60%

40%

進行

71%

24%

47%

  1. 高度の癌患者は伝染および病気の進行(キャンベルMJ等2005年)への高められた感受性に多分貢献する彼らの免疫容量の欠陥の範囲を表わす。 12の調査はビタミンEとの補足が免疫機能を高めることができるかどうか定めるように努めた大腸の癌患者を進めた。 患者はビタミンE 2週の750 mgの毎日の線量を(<1200 IU始まる)化学療法または放射線療法から介在前の受け取った。 高められた白血球(リンパ球)に導かれるビタミンEとの短期補足は数える(CD4: 免疫組織が癌細胞(Malmberg KJ等2002年)を破壊することができるように要求されるCD8比率)およびinterleukin2およびIFNガンマを作り出すリンパ球の機能高められる。

上記されたすべての調査(および多くの他)同時に慣習的な治療を経ている癌患者のためのサプリメントの利点を示す間、ある調査は利点を示すか、または栄養の補足(Lesperance ML等2002年)の取得からの混合された効果を示さなかった。 1つの調査では、葉酸の補足のハイ レベルは好中球(タイプの白血球)のより大きい減少と関連付けられた; 但し、同じ調査は化学療法によって引き起こされた低い好中球のレベルがビタミンEの補足(Branda RF等2004年)によって改良できることを示した。 証拠の優位は慣習的な癌治療(コケRW 2006年)の酸化防止剤の使用を支える。 但し、癌患者は慣習的な癌治療および栄養の腫瘍学両方で経験される医者に相談するように助言される。

規定の酸化防止剤対自然な酸化防止剤

癌患者のための食餌療法の補足の支持者は慣習的な療法の前および最中で多数の高線量の酸化防止剤を含んでいる補足の使用が腫瘍の応答および減少した正常なティッシュの毒性をことを高めることによって処置の効力を改善することができることを論争する。 慣習的な療法は停止を引き起こすには十分に厳しい場合もある処置の間に毒性を作り出す。 従ってサプリメントが正常な細胞に毒性を減らすことができたらまたは慣習的な療法、これに腫瘍の細胞の応答を表す管理癌(コケRW 2006年)のための現在の作戦上の重要な改善を高めなさい。

評論家は自由根本的な損傷(D'Andrea GM 2005年による死から癌細胞を保護するので酸化防止補足が慣習的な自由根本的発生癌療法と使用されるべきではないことを論争する; Labriola D等 1999年)。 但し、処方薬として利用できる総合的な酸化防止剤は慣習的な処置と関連付けられる毒性を減らす。 例えば、amifostine、アミノ酸のシステイン(Mehta MP 1998年の総合的な版; Schwartz GN等 1998年)、腫瘍学者によって有効性(Mehta MP 1998年を妥協しないで慣習的な処置の毒性を減らすために規定される; Spencer等 2005年)。 Mesnaの処方薬として利用できる別の総合的な酸化防止剤は他では泌尿器(Olver I等2005年)を損なう抗癌性の薬剤のifosfamideの効力を改善する。 規定されるこれらはランダム化される多数癌患者(Antman K等1993年の管理された臨床試験で総合的な酸化防止剤調査された; Komaki R等 2002年)。

自然発生する酸化防止剤および酵素は頻繁に健康な呼出しを自由根本的な損傷に対して無防備に去る積極的な療法を経ている癌患者に尽きている。 従って酸化防止剤との補足がボディに外国何かを(それらが総合的でなかったら)論争されてもよい加えないが、代りに処置(理髪師MD 2001年の結果として失われた自然な物質を取り替えることが、; ブラウンTT等 2003年)。 正常な酸化防止レベルを補充することは化学療法および放射線療法(Mehta MP 1998年と関連付けられる不利な副作用を減らす; Olver I等 2005年)、実際に忍耐強い結果(Fleischauer等2003年を改善し; Malmberg KJ等2002年; 公園CH 1988年; Prasad KN等 1996年)。 これらのより多くの情報のために参照する蟹座の放射線療法および蟹座の化学療法 の章を 調査したり 、喜ぶ