生命延長血液検査の極度の販売

血のテストの議定書

若々しい血液検査の読書を達成する重要性

医者が患者の血液検査の結果を見直すとき、最大の関心事は正常な実験室の参照範囲の外で下る結果である。 問題は標準的な参照範囲が通常健康を維持するために必要となる最適のレベルよりもむしろ「平均」人口を代表することである。 ほとんどの標準的な参照範囲が十分に健康上の問題を検出するか、または適切な療法を個別に規定するために余りにも広い今ようである。 これは深刻な医学の無秩序と患者を扱うためにこれらの参照範囲が頼るとき言うことができる。

傷が付いた参照範囲の例は使用される血液検査で甲状腺剤の状態を査定するのに見ることができる。 長年論争は甲状腺剤の不足を診断する最もよい方法に激怒する。 ほとんどの慣習的な医者は甲状腺剤の血液検査に代わりとなる医者が甲状腺剤の不足の印そして徴候を捜す一方頼る。 イギリス医学ジャーナル尖頭アーチの2002 8月3日、問題の 記事は 甲状腺剤の不足を診断し、扱うことの標準的な参照範囲の使用に関する慣習的な医学の知恵に挑戦した。 研究者に従って、甲状腺剤の血液検査との問題は甲状腺ホルモンの最適のレベルが特定の個人(ダヤン2002年)にべきであるもの反映しない不良な参照範囲であるかもしれない。

甲状腺のホルモンの出力を定めるのに使用される標準的な血液検査が甲状腺剤刺激的なホルモン(TSH)テストである。 甲状腺ホルモンの不足が起こるとき、脳下垂体はより多くのホルモンを作り出すために甲状腺に信号を送るようにTSHを解放する。

TSHのレベルが「正常範囲にあるとき」、医者は通常甲状腺が十分な甲状腺ホルモンを分泌していると仮定する。 しかし尖頭アーチの記事の著者が 上げた質問はTSHのための現在の参照範囲が最適の甲状腺ホルモンの状態を反映するかどうかだった。

多くの実験室によって使用されるTSHの参照範囲は0.35-5.50 µIU/mL (1ミリリットルあたりマイクロ国際単位)である。 より高いTSHのレベルは(脳下垂体が血の甲状腺ホルモンの低水準を補う過剰シグナリングTSHであるので)甲状腺ホルモンの不足を示す。 以上5.50 µIU/mL警報の読書甲状腺ホルモン療法が保証されるかもしれないという可能性および甲状腺問題への医者。

悩みは読んでいるほとんどの医者がTSHの読書を5.50 0.35正常であるために低く解釈するほどTSHの参照範囲が広いことである。 しかし0.35と5.50の違いは15.7折目、大きい価値の範囲最適また更に正常な甲状腺剤機能を示すにはずっと余りにもである。

TSHのレベルについての出版された調査結果の検討は大きい読書が不十分な甲状腺ホルモンの出力に関してより2.0健康上の問題を示すかもしれないことを明らかにする。 1つの調査はTSHの個人が非常により評価すること2.0を持っている重要な甲状腺剤の不足を臨床的に開発する高められた危険を示した次の20年(Vanderpump 1995年)の間に。 他の調査はTSHが非常により評価すること1.9を示す甲状腺(Hak 2000年)の自己免疫疾患の危険を示す。

より衝撃的な調査はTSHがpostmenopausal女性(Hak 2000年)の非常により4.0の増加を心臓病の可能性評価することを示した。 別の調査は甲状腺ホルモンの管理が2.0-4.0のTSHの範囲を持つ患者のコレステロールを下げたが、示したりTSHの価値が0.2-1.9の範囲(Michalopoulou 1998年)にあった患者でコレステロール低下効果をことをもたらさなかった。 1.99かそれ以下でTSHのレベルが正常な甲状腺ホルモンの状態を示す一方高いコレステロールを持つ人々で、2.0というTSHの値かより大きい甲状腺剤の不足がコレステロールの超過生産を引き起こしている被告人によりであることを示すことができることをまた示した。

医者は定期的にきちんと彼らの甲状腺剤の状態を評価しないで患者に薬剤をコレステロール下げることを規定する。 これまでに示される証拠に基づいてそれは甲状腺剤の不足を医者のための意味を成すかもしれない(コレステロール低下に依頼する前により1.9)は大きいTSHの価値に調査する薬剤を入れる基づいて。

心理的な福利を評価する調査では減損は「正常な」TSHの参照範囲(スケトウダラ2001年)の内にそれにもかかわらずあった甲状腺剤の異常の患者で見つけられた。

示される尖頭アーチの調査 著者「出現の疫学的なデータ2.0の上のTSHの集中が悪影響と(mU/L – 1リットルあたりmilliunit)」。は関連付けられるかもしれないことを提案し始める

著者は前に出版された調査に基づいてTSHの血液検査からの結果を解釈するとき指導を提供する図表を準備した。 あなたのTSHの価値が実際に意味するものの理解に有用かもしれない図表からの3つのハイライトはここにある:

  • TSHは非常により2.0評価する: 甲状腺剤の不足の高められた20年の危険および甲状腺剤誘発の自己免疫の攻撃(Vanderpump 1995年)の高められた危険
  • TSHは非常により4.0評価する: 心臓病(Hak 2000年)のより大きい危険
  • 2.0と4.0間のTSHの価値: コレステロール値はチロキシン(T4)療法(Michalopoulou 1998年)に応じて低下する

これらの陰謀的な調査結果にもかかわらず、 尖頭アーチの 著者は0.2-5.5の代りに定義するためにより多くの調査が必要提案された0.2-2.0と最適TSHの範囲をだったことを示した(µIU/mL)。 : これらの最適の参照範囲はµIU/mLに今表現される、従ってこの疫学的なデータに従う理想的な範囲は0.35-2.1 µIU/mLである。

不況、心臓病、コレストロールが高い、慢性の疲労、悪い精神性能、またはの多くのあれば他の徴候は甲状腺剤の不足と関連付けた、「あなたの医者に参照範囲」に挑み、別の甲状腺剤の取り替え療法を試みるように頼みたいと思う場合もある。