生命延長ばねのクリアランス セール

概要

女性のホルモン補充療法
更新済: 08/26/2004

概要

[慢性の肝炎の患者のインターフェロン、glycyrrhizinの組合せ療法の有効性]。

Abe Y、Ueda T、Kato T、等。

日本Rinsho。 7月1994日; 52(7):1817-22.

SNMC (動的機器がglycyrrhizin (licoriceから得られるサポニン)である日本のレバー機能を改善するのにより強いNeominophagen C)が、利用されていた。 インターフェロン(IFN)の有効性を査定するためには、のSNMCの組合せ療法単独でIFN療法に答えなかった患者、私達はIFNの管理の後の12週にCAH 2Bの組織学を用いる28人の患者を調査する。 15人の患者は単独でIFNを絶えず受け取った(グループA)、および13人の患者はSNMC (B)その後12週のIFNを間グループ受け取った。 血清ALTのレベルの標準化はグループAの33.3%で観察され、血清HVCのRNAのグループB. Disappearanceの64.3%にグループAの13.3%およびグループB.の38.5%はあった。 しかしこれらのデータは統計的に重要ではなかった。 組織学的な改善はKnodelのHAIのスコアによってグループAおよびB間で重要、ではなかったが、組織学的な等級(ヨーロッパの分類)の逆転はグループB.でより頻繁に注意された。 IFN療法によって悪化させるposttransfusionの肝炎のタイプCの例は報告される。 HLAのクラスIの抗原はIFNの管理の後にレバー ティッシュに強く表現された。 この場合、細胞免除のpotentiationはexacerbationの原因であると考えられ、IFNのSNMCの組合せ療法はレバー機能の改善に有用だった

premenstrual張力シンドロームの病因学の栄養要因。

アブラハムGE。

J Reprod Med。 7月1983日; 28(7):446-64.

premenstrual徴候の複合体は4人の小群に厳しい形態への穏健派の多くの女性の経験分けることができる。 1つのシンドロームおよび神経質な張力がよくみられる症状の1である以上あるので、言葉のpremenstrual張力シンドローム(PMTS)は使用される。 共通小群、PMT-Aは時々自己、家族および社会にとって有害な行動様式に表現されるpremenstrual心配、過敏症および神経質な張力から、成っている。 高い血のエストロゲンおよび低いプロゲステロンはこの小群で観察された。 200-800のmg /dayの線量のビタミンB6の管理は血のエストロゲンを減らしたり、二重盲目の条件の下で改善された徴候のプロゲステロンそして結果を高める。 この小群の女性は過剰乳製品および精製された砂糖を消費し、プロゲステロンはそれらの価値であるかもしれない。 二番目の最も共通小群、PMT-Hは水および塩の保持、腹部のbloating、mastalgiaおよび体重増加の徴候と、関連付けられる。 PMT-Hの厳しい形態は高い血清のアルドステロンと関連付けられる。 高い適量のビタミンB6はdiuresisおよび臨床改善のアルドステロンそして結果を抑制する。 ビタミンEは胸の徴候を助ける。 Methylxanthinesおよびニコチンは省略される3 gm/dayに限られるべきで、ナトリウム。 PMT-Cは動悸、疲労、気絶の綴り、頭痛および時々振動に先行している精製された砂糖を食べることの菓子、高められた食欲および楽しみのためのpremenstrual渇望によって特徴付けられる。 PMT-Cの患者は炭水化物の許容および低い赤細胞のマグネシウムを増加した。 十分なマグネシウムの取り替えは改良されたブドウ糖負荷試験および減らされたPMT-Cの徴候で起因する。 プロスタグランジンPGE1の不足はまたPMT-Cにかかわるかもしれない。 PMT-Dは自殺がこの小群で最も頻繁であるので最も少なく共通最も危ないが。 徴候は不況、回収、不眠症、健忘性および混乱である。 10人のPMT-Dの患者で中間の血のエストロゲンはmidluteal段階の間の低く、高く中間の血のプロゲステロン常態よりだった。 高い副腎の男性ホルモンは何人かのhirsute PMT-Dの患者で観察される。 正常な血のプロゲステロンおよびエストロゲンを持つ2人のPMT-Dの患者は毛のティッシュおよび慢性の鉛の中毒で高い鉛のレベルがあった。 この小群は徴候が厳しいとき注意深い治療を必要とする。 療法は評価の結果に従って個性化されるべきである

確立された骨粗しょう症および長期安全のipriflavoneの効力。

Agnusdei D、Bufalino L。

CalcifのティッシュInt。 1997; 61のSuppl 1: S23-S27.

Ipriflavone (i.p。)、イソフラボンの派生物は骨粗しょう症の防止そして処置のために複数の国で、現在使用される。 最近、149人の年配者は2イタリア語で、流行する脊椎のひびのosteoporotic女性(65-79年)、多中心、二重盲目の、2年の調査登録された。 女性は任意にどちらかの口頭i.pを受け取るために割振られた。 (食事の200 mg T.I.D)または1部のg口頭カルシウム日刊新聞と一致の偽薬。 百の11の主題は2年の処置の期間を完了した。 absorptiometry i.pの後で二重光子によって測定された前腕の骨のミネラル密度(BMD)の顕著な増加は(DPA)、得られた。 処置。 偽薬を受け取っている女性はカルシウム補足による処置の期間の間に限られた骨の損失だけ、おそらく示した; 但し、重要な間処置の相違は両方の調査で得られた。 尿のヒドロキシプロリンは骨の回転率の減少を提案しているi.pの。-扱われた患者でかなり減った。 制御主題と比較されたi.pの。-扱われた女性の事件の脊椎のひびの減少は観察された。 骨痛および移動性の重要な改善はまた調査の1つで指摘された。 これまでに、2769人の患者はi.pと。、合計イタリア、日本およびハンガリーで行われ、長期安全性評価のために見直される60の臨床調査の3132の患者/年のための、扱われた。 ipriflavone扱われた患者(14.5%)の不利な反作用の発生は偽薬(16.1%)を受け取る主題で観察されたそれに類似していた。 副作用は主に胃腸だった。 少数の患者は実験室変数のリバーシブルの修正を示した。 上記の調査からのデータはi.pのその長期処置を示す。 金庫はして考慮されように骨密度を増加し、多分確立された骨粗しょう症の年配の患者のひびを防ぐかもしれない

postmenopausal背骨の骨の損失の防止のためのipriflavoneの二重盲目の、偽薬制御の試験。

Agnusdei D、Crepaldi G、Isaia G、等。

CalcifのティッシュInt。 8月1997日; 61(2):142-7.

脊椎の骨密度(VBD)の百人の九十八人のpostmenopausal女性は(50-65年老化する) 6つのイタリアの中心で正常な、年齢一致させた、postmenopausal主題のための平均の下の1つのSD登録され、134は2年間の処置を完了した。 すべての主題は口頭ipriflavone (200 mg t.i.d。)または一致の偽薬との2年の処置に二重盲目の、平行グループの設計に従って任意に、割振られた。 すべての患者はまた炭酸カルシウムとして1 gの口頭毎日カルシウム補足を受け取った。 骨の転換のVBDそしてマーカーはベースラインおよび6か月毎にに測定された。 hematological変数と共にレバーおよび腎臓機能の完全な日常分析は処置の期間の終わりの前にそしてに測定された。 有効なcompletersの分析は1年後に+1.4の平均パーセントの変更を持つipriflavone扱われた女性でVBDの顕著な増加、および処置の期間の終わりに+1%を示した(P < 0.05)。 偽薬のグループは2年間の処置後にVBDの重要な減少を示した(P < 0.05)。 処置間の相違は重要だった(P < 0.01)。 分析を扱う意思はipriflavone扱われた女性の変更無しで偽薬のグループのVBDの重要な減少を、確認した。 骨格アルプスはipriflavone扱われた女性でかなり減った(P < 0.05)。 血清BGPおよび尿HOP/Crは骨の回転率に対する抑制的な効果を提案しているipriflavone扱われた女性のだけ重要な減少を示した。 2つの処置のグループの同じような範囲に起こる不利な反作用、主に胃腸。 残りのタブレットによって査定される患者の承諾の評価は、薬剤の取入口の80%以上ipriflavoneか偽薬と扱われる患者の92.5%そして92.8%の2年後に明らかにされてそれぞれ数える。 この調査はipriflavoneが低い骨の固まりを持つpostmenopausal女性の骨の損失を防ぐことができることを示す

postmenopausal骨粗しょう症の処置のIpriflavone: ランダム化された管理された試験。

Alexandersen P、Toussaint A、Christiansen C、等。

JAMA. 3月2001日21日; 285(11):1482-8.

文脈: postmenopausal骨の損失の防止のためのipriflavoneの効力そして安全のデータは矛盾している。 目的: postmenopausal骨の損失の防止に対する口頭ipriflavoneの効果を調査し、postmenopausal osteoporotic女性のipriflavoneの長期処置の安全プロフィールを査定するため。 設計および設定: ベルギーの4つの中心で、1994年8月からの1998年7月にデンマークおよびイタリア行なわれる将来の、ランダム化された、二重盲目、偽薬制御の、4年の調査。 関係者: より少しにより0.86 g/cm (2)の骨のミネラル密度(BMDs)の45から75老化する400人の74人のpostmenopausal白人女性年。 介在: 患者は任意にipriflavone、200 mg 1日あたりの3回(n = 234)、または偽薬を受け取るために割り当てられた(n = 240); すべてはカルシウムの500 mg/dを受け取った。 主要な結果は測定する: 効力は含まれた脊柱、ヒップを測定し、骨の再吸収(クレアチニンを修正されるクレアチニンおよび尿のCrossLaps [Osteometerバイオテクノロジー、Herlev、デンマーク]を修正される)の前腕BMDそして生化学的なマーカーは尿のヒドロキシプロリン、6か月毎に査定した。 実験室の安全処置および不利なでき事は3か月毎に記録された。 結果: 、処置の36かの数か月後に意思に御馳走分析に基づいて、ipriflavoneのための腰神経脊柱のBMDのベースラインからの年次パーセントの変化対0.8%対偽薬(0.1% [95%の信頼区間(CI)、-7.9%から8.1%] [95% CI、-9.1%から10.7%]; 測定されたグループの間で他の場所の何れかのP =.14は)、またはかなり異ならなかった。 生化学的なマーカーの応答はグループ間でまた類似していた(例えば、なぜならクレアチニン、20.67 mg/g [95% CI、19.41-21.92 mg/g修正される]対20.13 mg/g [95% CI、18.85-21.41 mg/g]をヒドロキシプロリン; P =.96); クレアチニンを、268 mg/mol (95% CI、254-282 mg/mol)対268 mg/mol (95% CI、249-288 mg/mol)修正される尿のCrossLaps; P =.81。 新しい脊椎のひびの女性の数は同一だったまたはほぼそう2グループでまったくポイントを時間を計りなさい。 女性で(500/microL (0.5 x 10(9) /L])かなり減ったリンパ球の集中はipriflavoneと扱った。 ipriflavoneのグループの31人の女性(13.2%)は29がipriflavoneの処置の間にそれを開発した潜在性のlymphocytopeniaを開発した。 これらの、29の15 (52%)および2年までに29の22は(81%) 1年までに自発的に回復した。 結論: 私達のデータはipriflavoneが骨の損失を防がないし、骨の新陳代謝の生化学的なマーカーに影響を与えないことを示す。 さらに、ipriflavoneは女性の重要な数のlymphocytopeniaを引き起こす

項目プロゲステロンのクリームはエストロゲン刺激されたendometriumに対するantiproliferative効果をもたらす。

Anasti JNLHBWKJ。

Obstet Gynecol。 2001年; (97 (4、Suppl。 1)): S10.

正常な主題のestradiolの主な酸化biotransformationsの食餌療法蛋白質および炭水化物の影響。

アンダーソンKEのΚ A、Conneyああ、等。

J Clin Endocrinol Metab。 7月1984日; 59(1):103-7.

食餌療法蛋白質は、炭水化物の代わりにされたときまたは脂肪質、チトクロームの人間のP 450依存した薬剤の酸化率を高めることができる。 内生エストロゲン、また薬剤はまたチトクロームP-450および肝臓の小胞体の他の酵素によって、新陳代謝する。 従って、それは興味食事療法の変化がエストロゲンのための主要な新陳代謝の細道を変えることができる放射方法によって査定されるようにかどうか定めるだった。 8つの正常な人はのための高い炭水化物の食事療法(70%および蛋白質として炭水化物としてカロリーの10%)に先行している高蛋白食事療法(44%、および2週間炭水化物として蛋白質としてカロリーの35%)に付加的な2週与えられた。 2つの食事療法の脂肪質および総合エネルギーの内容は等しかった。 [解放された内生エストロゲンの2ヒドロキシル化の生体内の測定の3H2Oとして測定された2-3H] estradiolのパーセントの酸化は高い炭水化物の食餌療法の期間の間により高蛋白の食餌療法の期間の間にすべての8人で大きかった(44 +/- 3%および33 +/- 3%は、それぞれ、+/- SE、Pより少なくより0.005意味する)。 それに対して、[16アルファ3Hの] estradiolを使用して測定されるようにエストロゲンの16アルファ ヒドロキシル化は、かなり変わらなかった。 私達の調査結果は食餌療法の部品が人間のestradiolの酸化を変えることができること、そして2ことを示す-およびエストロゲンのための16アルファhydroxylasesは別の取締管理の下にある。 エストロゲンの新陳代謝の特定の栄養素の影響はこれらのホルモンが臨床表現の役割を担うかもしれない病気のための潜在的な重大さがあるかもしれない

アテローム性動脈硬化に対する大豆のイソフラボンの効果: 潜在的なメカニズム。

アンソニーMS、Clarkson TB、ウィリアムスJK。

AM J Clin Nutr。 12月1998日; 68 (6つのSuppl): 1390S-3S.

冠状心臓病率が大豆の消費が共通である西欧諸国のより日本でより低いことが長く確認されてしまった。 実験調査では、アテローム性動脈硬化は動物蛋白質とのそれらの与えられた食事療法と比較された大豆蛋白を含んでいる食事療法を与えられた動物で減った。 最近、証拠の複数のラインはより低い脂質の集中がアルコールによって摘出可能であることことを大豆蛋白の部品提案した(例えば、イソフラボンのgenisteinおよびdaidzein)。 私達は最近心循環器疾患および危険率に対する大豆蛋白の相対的な効果を対大豆のアルコール摘出可能な部品評価した。 若い男性およびメスのcynomolgus猿は(カゼイン)タンパク源としてどちらかの1)カゼイン ラクトアルブミンを、2)イソフラボンが得られたアルコール(SPI-)だった、または3)イソフラボンそのままな大豆蛋白(SPI+)に与えられた大豆蛋白の隔離集団含んでいた食事療法。 SPI+のグループはLDLのコレステロールおよびHDLのコレステロールで重要な改善があった。 HDLのコレステロールだけカゼインのグループと比較されたSPI-のグループの男性でかなり改良された。 カゼインのグループにほとんどのアテローム性動脈硬化があった、SPI+のグループは最少があり、SPI-のグループは中間でしたが、カゼインのグループとかなり異ならなかった。 大豆のイソフラボンがアテローム性動脈硬化を防ぐかもしれない潜在的なメカニズムは平滑筋細胞に対する血しょう脂質の集中、酸化防止効果、antiproliferativeおよびantimigratory効果、血栓の形成に対する効果、および正常な管の反応の維持に対する有利な効果を含んでいる

女性のラットのレバー微粒体による16アルファhydroxyestroneの生体外の統合: 乳癌の病因学に於いてのその可能な役割。

芸術CJ、Wilmer JW、de Bie、等。

JのステロイドBiochem。 1990年の8月28日; 36(6):527-31.

女性のラットの緊張(Sprague-Dawley、Wistarおよびフィッシャー)からのレバー ホモジュネートは分類された無標号のestroneの前でNADPHの再生媒体で孵化した。 オスのラットおよびメスのマウスから隔離されたレバー微粒体は肯定的な制御として使用された。 それ使用された実験条件はの下の高性能液体クロマトグラフィーそしてペーパー クロマトグラフィーを使用して、メスのラットからのレバー ホモジュネートが16アルファhydroxyestroneのようなさまざまな代謝物質にestroneを変えられたことが分られた。 テスト物質として16アルファhydroxyesteroneとの突然変異誘発性の試金(エームズ テスト)では、テストされた制御価値に関連して5つの緊張の2つの緊張は(TA98およびTA1538) his+のrevertantsの数の2 3折目の増加を示した。 Estroneにより使用されたテストで突然変異原を引き起こさなかった。 メスのラットが16アルファhydroxyestronを生体外で総合できることが完了される。 この混合物はあるかどうか乳癌のための危険率は明白でなく残る

エストロゲンの新陳代謝およびlaryngeal papillomatosis: 食餌療法の防止のパイロット・スタディ。

Auborn K、Abramson AのBradlowのHL、等。

抗癌性Res。 11月1998日; 18 (6B): 4569-73。

証拠はエストロゲンの新陳代謝に再発呼吸のpapillomatosis (RRP)の病因に於いての役割があることある。 この病気にpapillomavirusの病因学があり、悪性になる重要な傾向の再発良性腫瘍によって特徴付けられる。 私達は酵素つな免疫学的検定を使用してRRPの患者の尿のエストロゲンの代謝物質を測定するためにエストロゲンの全身の変形を測定し、RRPの厳格、papillomasの平均成長率の測定へのこれらの比率を比較した。 私達の結果はC-16によってアルファ ヒドロキシル化されるエストロゲンへのC-2の比率とRRPの厳格間の反対関係を示す。 パイロット・スタディでは、患者はC 2ヒドロキシル化を引き起こすためにcruciferous野菜を消費した。 患者のこのグループでは、比率の増加はRRPの改善に関連した。 比率はこれらの患者のサブセットで変わらなかったし、彼らのRRPは改良しなかった。 それにもかかわらず、比率はRRPの厳格に関連した

自然な、外科月経閉止期の生理学的な面。

Bachmann G。

J Reprod Med。 3月2001日; 46 (3つのSuppl): 307-15。

卵巣切除術によって、月経閉止期によって関連付けられる生理学的な変更はすぐにそして女性の生活環境基準の重大な影響によって起こる。 自然にmenopausal女性では、卵巣のホルモンの生合成はエストロゲンおよび男性ホルモンの低速の循環のレベルを提供する。 外科的にmenopausal女性では、エストロゲンおよび男性ホルモンのレベルはかなり減る。 補足のエストロゲンが所定である外科的にmenopausal女性では、性ホルモンの結合のグロブリンのレベルは周辺転換に起因する男性ホルモンおよび残りのエストロゲンの減らされた生物学的利用能に終って、劇的に増加する。 このペーパーは細胞レベルでエストロゲンおよび男性ホルモンの自然な、外科月経閉止期そして効果と関連付けられる生理学的な変更を見直す。 それは内生ホルモンとvasomotor不安定、性機能障害および尿の複雑化を含む生理学的な変更に、起因する月経閉止期の徴候に対するホルモンの取り替えの効果を記述する。 それはまた生理学的な徴候に対するエストロゲン/男性ホルモン療法の効果に演説する

月経閉止期でcotherapy男性ホルモン: 展開は挑戦寄与し。

Bachmann GA。

AM J Obstet Gynecol。 3月1999日; 180 (3つのPt 2): S308-S311.

エストロゲンおよび男性ホルモンのホルモン性の効果は20世紀の初めに最初に調査された。 menopausal徴候を改善するために20年代に最初に、示されていた減らす骨粗しょう症の発生を、持っている血しょう脂質のプロフィールの有利な影響を総合されたエストロゲン、おそらくischemic心循環器疾患を減らし、多分認知を改善する。 さらに、回顧調査はpostmenopausal療法のこの形態を受け取らないそれらと比較されるエストロゲン取り替え療法を受け取っている女性間のアルツハイマー病の減らされた発生を見つけた。 男性ホルモンは1936年以来の医学文献にMocquotおよびMoricardがpostmenopausal女性のvasomotor徴候を取り除く使用を記述したときに、約書かれた。 40年代および50年代の間に多数のレポートはpostmenopausal女性のための福利、エネルギー準位、リビドーおよび生活環境基準の全面的な感じを改善するためのエストロゲン男性ホルモンの組合せ療法の有効性を記述する文献で書かれていた。 最近の調査はまた骨粗しょう症の防止に貢献し、総コレステロール、トリグリセリド、低密度脂蛋白質のコレステロールおよび高密度脂蛋白質のコレステロールの血清のレベルを減らすためにエストロゲン男性ホルモン療法を示した。 履歴データ両方ともおよび展開データはpostmenopausal女性のエストロゲン男性ホルモンの取り替え療法の使用のそれ以上の評価を支える

乳癌の月経そして予想の間の外科のタイミング。

BadweのRA、Mittra I、Havaldar R。

J Biosci。 3月2000日; 25(1):113-20.

小嚢およびluteal操作可能な乳癌の月経、行われる外科即ちの差動効果に矛盾した報告がおよび予想の2段階の間にある。 出版された証拠の統計的なメタ分析は操作がluteal段階の間に行われる15+/-4%の適度な存続の利点を提案する。 この区域のそれ以上の研究は乳癌の自然史を理解するために新しい道を提供するかもしれない。 これらの調査からの回転は長期予後の決定の外科の時に起こるでき事の重要性の理解であるかもしれない

筋肉内のターミナルのmedroxyprogesterone対乳癌患者のpostmenopausal熱いフラッシュの制御のための口頭megestrol: ランダム化された調査。

Bertelli G、Venturini M、Del Mastro L、等。

アンOncol。 6月2002日; 13(6):883-8.

背景: 熱いフラッシュは特にtamoxifenと扱われたときpostmenopausal乳癌患者で頻繁である。 エストロゲン取り替え療法は熱いフラッシュのための最も有効な処置であるが、使用は乳癌の生存者で論争の的になる。 プロゲスチンはこの設定の熱いフラッシュの制御のためのよい代わりを提供するかもしれない; 特に、口頭megestrolのアセテートはずっとランダム化された、偽薬制御臨床試験の証明された有効である。 更にこれらの結果を改善することの目標によって、私達はターミナルの乳癌の歴史によってpostmenopausal患者の熱いフラッシュの制御のための筋肉内の(i.m。) medroxyprogesteroneのアセテート(MPA)によって口頭megestrolのアセテートを比較するランダム化された調査を設計した。 患者および方法: 71人のpostmenopausal患者はi.mを受け取るためにランダム化された。 幾日1、14および28、または6週間毎日口頭megestrolのアセテート40 mgのターミナルMPA 500 mgの注入。 患者は日刊新聞を彼らの熱いフラッシュの数そして厳格記録した; 応答はようにa >か熱いフラッシュの数そして厳格の=50%の減少定義された。 結果: 週6で、熱いフラッシュは2つのプロゲスチン間の重要な相違なしで患者の全グループで86%、平均すると減った。 応答はMPAかmegestrolを受け取っている患者の75そして67%によってそれぞれ得られた(P = 0.5)。 応答機はi.mとかなりよりよかった応答の維持を査定するために(それ以上の処置なしで)続かれた。 MPA: このグループでは、応答機の89%はまだmegestrolのグループで45%と比較された週24に利点を示した(P = 0.03)。 結論: 私達の調査はそれにi.mの短い周期を示す。 ターミナルMPAの注入は口頭megestrolのエストロゲン取り替え療法か延長された管理に代わりを提供する乳癌の歴史を患者のpostmenopausal熱いフラッシュからの重要な、長続きがする救助に与える

マウスのEstradiol 16のアルファ ヒドロキシル化はネズミ科の乳房の腫瘍ウイルスの乳房の腫瘍の発生そして存在に関連する: 人間の乳癌のホルモン性の病因学のための可能なモデル。

BradlowのHL、Hershcopf RJ、Martucci CP、等。

Proc国民のAcad Sci米国。 9月1985日; 82(18):6295-9.

このレポートでは、私達はestradiol 16のアルファ ヒドロキシル化と乳房の腫瘍の発生間の関係の私達の調査結果を記述する。 2間の近い相関関係は腫瘍の、RIIIおよびC3Hのような、そして低くC57BLのような癌の低い発生の緊張の高い発生の緊張で、上がる16ヒドロキシル化と示された。 反作用の範囲は公然の乳房の腫瘍の年齢か存在によって非常に再生可能、変化しない。 estradiol 16のアルファ ヒドロキシラーゼの遺産の調査はautosomal支配的のとして受継がれ、estradiolの2ヒドロキシラーゼまたは男性ホルモンおよびプロゲスチン16のアルファhydroxylasesに関連しないことを示した。 さらに、反作用は著しくネズミ科の乳房の腫瘍ウイルスの存在によって高められ、ウイルスがない時減少するために示されていた。 これらの調査は遺伝学、ホルモン性要因およびネズミ科の乳房の腫瘍ウイルス、乳房のtumorigenesisの3つのキー ファクタ間の関係を確立する

16 alpha/2-hydroxyestroneの比率に対する殺虫剤の効果: 乳癌の危険の生物的マーカー。

BradlowのHL、デービスDL、林G、等。

健康Perspectを囲みなさい。 10月1995日; 103のSuppl 7:147-50。

Xenobioticエストロゲンはそれにより乳癌の危険に影響を与えるかもしれないestrogenic活動の外的な混合物である。 このペーパーはxenoエストロゲンが乳癌の開発に影響を与えるかもしれないメカニズムを記述する。 Estradiolの新陳代謝はC-2およびC-16アルファで2つの相互独立的な場所の1つでヒドロキシル化によって進む。 カテコールの細道は胸の細胞増殖を禁じる弱くestrogenic 2-hydroxyestrone (2-OHE1)をもたらす。 それに対して、代わりとなる細道はgenotoxic 16アルファhydroxyestroneを(16アルファOHE1)、胸の細胞の成長、増加不定期DNAの統合およびがん遺伝子およびウイルスの表現を高める、もたらしたりおよび投錨独立した成長を高める。 16アルファOHE1の相対的な形成を対(ER+) MCF-7細胞のとりわけtritiated estradiolからの2-OHE1測定する放射試金を使用して、私達は比率の知られていた齧歯動物の発癌物質7,12-dimethylbenz [a]アントラセン(DMBA)とDDTとの処置の後で処置の後で、atrazine、ガンマ ベンゼンhexachloride、kepone、同一平面上のPCBs、エンドスルファンIおよびII、リノールおよびeicosapentenoic酸およびインドール3 carbinol (I3C)観察された16アルファOHE1/2 OHE1の比率を比較した。 これらの殺虫剤はDMBAの後で観察されるそれらと対等でかより大きい価値にかなり16アルファOHE1/2 OHE1の代謝物質の比率を高める。 それに対して、antitumor代理店I3Cは2-OHE1形成を高め、unexposed制御細胞で見つけられるそれらの1/3であるそれらの1/10thはDMBA扱われた細胞で見つけた比率をもたらし。 従って16アルファOHE1/2 OHE1の比率は乳癌の危険にマーカーを提供するかもしれない。 点の尿で測定することができるこの比率の試金は乳癌の危険に関していろいろ生体外および生体内の調査のために有用証明するかもしれない

インドール3 carbinol。 乳癌の防止への目新しい取り組み方。

BradlowのHL、Sepkovic DW、Telang NT、等。

アンN Y Acad Sci。 9月1995日30日; 768:180-200.

結果はことを私達が影響を2の範囲深く調査したproriskの方向の発癌物質すべて、がん遺伝子および腫瘍準のウイルス-および16アルファ ヒドロキシル化示す。 高められた癌の危険性の減少2ヒドロキシル化および増加16のアルファ ヒドロキシル化と関連付けられる食餌療法および生物的応答すべて。 P450-1A1を引き起こすためにPAHsが報告されるが非常に私達は2ヒドロキシル化を減らすとそれらが見つけた。 最後に、齧歯動物の乳房の腫瘍および人間のlaryngeal papillomasの再発のchemopreventionの2ヒドロキシル化結果を引き起こすインドール3 carbinolを使用して。 またHPVのこれらの調査に関連はCIN相関的な制御主題を持つ女性で観察されるC-2/C-16アルファ代謝物質の比率の減少である。 最も厳しい形態を持つ女性、CIN3 (図23)の最も大きい減少は観察された。 これらの調査結果はより詳しい調査の下にある

2-hydroxyestrone: 「よい」エストロゲン。

BradlowのHL、Telang NT、Sepkovic DW、等。

J Endocrinol。 9月1996日; 150のSuppl: S259-S265.

乳癌に於いての2-hydroxyestrone (2-OHE1)の役割の問題は発癌性またはanticarcinogenicであるかどうかについてかなり論争のずっと主題である。 以下に説明される拡大のデータベースは2-OHE1がanticarcinogenicであるという結論に最も一貫している。 2ヒドロキシル化が高められたあらゆる実験モデルでは、腫瘍に対する保護は達成された。 同様に2ヒドロキシル化が減ったときに、癌の危険性の増加は観察された。 より劇的に、インドール3 carbinol (I3C)との2ヒドロキシル化のlaryngeal papillomasの誘導の場合には患者がこの混合物で豊富な13Cか野菜に取り続ける腫瘍の成長の阻止でその時に起因してしまった

Reutersの健康の新聞発表: テストステロン パッチは女性の性機能障害を助ける。

Braunstein G、(ヒマラヤスギ シナイの医療センターUoCLA。

Reutersの健康の新聞発表。 1999年; 6月1999日16日。

premenopausal女性の月経に対するイソフラボンでが豊富な大豆蛋白の食事療法の生物学的作用。

Cassidy A、Bingham S、Setchell KD。

AM J Clin Nutr。 9月1994日; 60(3):333-40.

ホルモン性の状態の大豆蛋白規則的なovulatory周期を持つ6人のpremenopausal女性でおよび月経の規則を含んでいる食事療法の影響は検査された。 1 moの間かなり毎日与えられた大豆蛋白(45のmgのイソフラボンを含んでいる60 g)は(P < 0.01)小嚢段階の長さを増加したりおよび/または月経を遅らせた。 luteinizingホルモンおよび小胞刺激的なホルモンのMidcycleのサージは大豆蛋白との食餌療法の介在の間にかなり抑制された。 小嚢段階およびコレステロールの集中で高められた血しょうestradiolの集中は9.6%を減らした。 同じような応答はtamoxifen、乳癌のための危険度が高いで女性の予防する代理店として臨床試験を経るantiestrogenと起こる。 これらの効果は部分的なエストロゲンのアゴニスト/反対者としてするイソフラボンのクラスのnonsteroidalエストロゲンが原因であると推定される。 大豆蛋白への応答は乳癌のための危険率に関して可能性としては有利で、一部には日本および中国の女性の高い大豆の取入口との乳癌そして相関関係の低い発生を説明するかもしれない

dehydroepiandrosteroneの取り替えはpostmenopausal女性で結合するTリンパ球のインシュリンを高める。

Casson PR、Faquin LC、Stentz FB、等。

Fertil Steril。 5月1995日; 63(5):1027-31.

目的: 口頭微小体のDHEAの3週の生物学的利用能を示し、インシュリンの感受性、細胞の索引および脂蛋白質のプロフィールで引き起こされる変更を輪郭を描くため。 設計: 口頭微小体のDHEa (50 mg/d)は将来の11人のpostmenopausal女性への3週間の処置で、偽薬制御、ランダム化されて、盲目にされて、interarmの流出のクロスオーバーの試験管理された。 線量(23時間)の血清DHEAの後で、DHEASは、T、コルチソルのレベル、ようにだった絶食の脂蛋白質、口頭ブドウ糖負荷試験(OGTT)、Tリンパ球のインシュリンの結合および低下測定され、および尿のコラーゲンの架橋結合。 細胞の変更は流体静力学に重量を量ることによって定められた。 結果: Dehydroepiandrosteroneの硫酸塩、DHEA、Tおよび自由なTは処置の2つまでの時のpremenopausalレベルを増加した。 絶食のトリグリセリドは低下した; コラーゲンの架橋結合または細胞の索引の変更は注意されなかった。 口頭ブドウ糖負荷試験変数は、DHEAと高められたTリンパ球の両方インシュリンの結合および低下変わらなかった。 結論: 口頭DHEAの1日あたりの50ミリグラムはsuprahysiologic男性ホルモンのレベルを与える; 25 mg/dはより適切かもしれない。 Dehydroepiandrosteroneはティッシュのインシュリンの感受性を高め、血清トリグリセリドを下げた。 理論的根拠はこの男性ホルモンをpostmenopausal取り替え療法に与えられる

postmenopausal女性で顔にしわが寄ること。 状態およびホルモン補充療法を煙らす効果。

Castelo-Branco C、Figueras F、マルチネーゼde Osaba MJ、等。

Maturitas。 5月1998日20日; 29(1):75-86.

背景: 老化する皮は喫煙者により頻繁にあるがホルモン補充療法が良いしわが寄ることの重要な改善を作り出すかもしれないという証拠がある。 但し、保護要因の複合効果の調査は、HRTおよび有害な要因のような、煙ることのような、まれである。 目的: 主題が(パック年)たばこを吸うことをとた一方でのでpostmenopausalしわが寄る女性タバコの包みの煙る状態と平均数間の関係を、と美顔術他方ではで定め喫煙者および禁煙家に於いてのしわの防止に於いてのホルモン補充療法の役割を評価するため。 方法: すべての主題はバルセロナで地方病院医院Iの私達の月経閉止期医院から募集され、3グループの1つに煙る状態に従って置かれた: 215人の生涯に禁煙家、306人の前の喫煙者および209人の現在の喫煙者。 煙る状態、パック年およびホルモンの取り替えは直接質問によって査定された。 顔のしわのスコアは標準化された視覚査定によって推定された。 結果: 生涯に禁煙家のためのそれと比較された現在の喫煙者のために適当厳しいしわが寄る相対的な危険は2.57だった(信頼区間: 1.83-3.06; P < 0.0005)。 パック年は顔のしわと肯定的に関連していた。 生涯にHRTを受け取っている禁煙家は決してHRTを受け取ったあらないことは禁煙家より低い顔のしわのスコアを生涯に持っていた。 HRTは、一般に、現在の喫煙者の顔のしわのスコアを変更しなかった。 結論: 私達の結果は顔のしわの危険が喫煙者でより大きいこと、そしてHRTがこの危険を減少しないことを提案する

estradiolのpercutaneous管理および人間胸の上皮細胞のプロゲステロンの影響は生体内で循環する。

チャンKJ、リーTT、リナレスCruz G、等。

Fertil Steril。 4月1995日; 63(4):785-91.

目的: 正常な人間胸の上皮細胞周期に対するE2およびPの効果を生体内で調査するため。 設計: 二重盲目の、ランダム化された調査。 E2およびPの偽薬、E2、P、か含んでいる胸の外科に先行する10から13日の間に、ゲルの胸への項目適用毎日組合せを。 患者: 固まりの取り外しのための胸の外科を経ている40人のpremenopausal女性。 主要な結果は測定する。 mitosesおよび定量分析をimmunostaining増殖の細胞の核抗原のカウントによって正常な胸のティッシュ区域で評価されるE2およびP.の上皮細胞の血しょうおよび胸のティッシュの集中周期。 結果: 高められたE2集中は上皮細胞の循環の数を高める。 高められたPの集中はかなり上皮細胞の循環の数を減らす。 結論: 10から13日間Pへの露出は正常な胸の上皮細胞のE2誘発拡散を生体内で減らす

コーカサス地方の女性の16alpha-hydroxyestroneへの尿2-hydroxyestroneの比率のの中人の可変性。

陳Z、Zheng W、借金の催促をするLM、等。

ステロイド。 12月1999日; 64(12):856-9.

16alpha-hydroxyestrone (16alpha-OHE1)への尿2-hydroxyestrone (2-OHE1)の比率は乳癌の危険のための潜在的なbiomarkerとして提案された。 私達は老化した10人の健康なコーカサス地方の女性23-58年のこのbiomarkerのの中人の可変性を評価した。 各調査の関係者は8週の平均に夜通しの絶食の朝の尿サンプルを週に一度提供するように頼まれた。 これらの尿サンプルは2-OHE1および16alpha-OHE1のためにImmunaCare Corporationから購入された競争の酵素の免疫学的検定のキットの使用によって試金された。 調査の期間にわたる尿2-OHE1/16alpha-OHE1のための変化の係数は13.7から私達の調査の関係者の59.6%まで(平均、33.3%)及んだ。 単一の尿サンプルの尿2-OHE1/16alpha-OHE1比率および0.85の中間の相関係数の同じ女性からの8週間の調査の期間にわたる平均比率のレベル間によい相関関係が、あった。 これらの結果はほとんどの女性のための16alpha-OHE1比率への2-OHE1のの中人の変化が穏健派であり、単一の尿サンプルのこの比率のレベルが、一般に、井戸を2ヶ月の期間にわたるこのbiomarkerのレベル適度に反映することを示した

periおよびpostmenopausal女性のCEE3の将来の二重盲目の調査: 骨の損失および脂蛋白質の脂質に対する効果。

チェンGJ、劉JL、チャンQ、等。

Chin Med J (イギリス)。 11月1992日; 105(11):929-33.

将来の二重盲目の調査は136人の女性で0.5骨の損失および脂蛋白質の脂質に対する長時間作用性のエストリオルの派生物Nylestriol (CEE3)の効果を示すためにから21年ので月経閉止期(YSM)遂行された。 彼らはCEE3または偽薬の2 mgで口頭で2週毎に管理された。 1年間の薬物を終えた90人の主題の間で、49 CEE3をおよび41偽薬は受け取った。 結果は次のとおりだった: 1. 絶食の尿の血清のアルプス、Ca/CrおよびHop/Crは3か月に減った(P < 0.05); 2. 前腕の骨密度の月経閉止期関連の減少は抑制された; 3. LDL-CはTCおよびTGの重要な変更無しで6か月に(P < 0.05)、高められた3月およびHDL-Cで減った; 4. 副作用は穏やかだった。 そのままな子宮とのそれらの1/3に偵察があり、もう1/3にCEE3療法の12か月の終わりにmedroxyprogesteroneのアセテートの付加の後で適当な回収の出血があった。 この調査はCEE3がpostmenopausal女性の骨粗しょう症および脂蛋白質の脂質の無秩序を防ぐために有効、受諾可能であることを示す。 長期適用はそれ以上の調査を待つ

胸およびendometrial癌の防止のためのPhytochemicals。

Cline JMのヒューズのCL、Jr。

蟹座の御馳走Res。 1998; 94:107-34.

phytochemicalsは胸およびendometrial癌の発生を減らすという証拠があるが相互作用の基本的なメカニズムそして戦略的な開発を探検するために、多くの観察はされる現象のおよび多くの仕事の必要性ただである。 tumorigenesisの過程において異なった場所のphytochemical行為の多様性は設計されているmultiagent作戦の開発を異なった代理店の補足の効果を最大にするように結局もたらすかもしれない。 癌のchemopreventionへの可能な関連性のいくつかの効果は免疫反応に対するphytochemicalsの効果を含むこの検討から、除かれた; tumorigenesisに対する深遠な効果をもたらす食餌療法の制限の質問、; 比較的低いメチオニンは腫瘍の成長[151]に必要なpolyaminesの統合を限るかもしれない大豆のようなあるphytochemicalsで水平になる、; そして植物プロダクトでより高く食事療法する事実は通常脂肪組織のestradiolの統合のためのより少ない潜在性のより細い個人の脂肪そして結果でより低い。 また、生体外の突然変異誘発をもっぱら取扱う多くの調査は除かれた

再: 健康な女性のエストロゲンの新陳代謝の民族の相違。

CokerのAL、クレーンMM、Sticca RP、等。

Jの国民の蟹座Inst。 1月1997日1日; 89(1):89-90.

エストロゲンおよびプロゲスチンの使用およびpostmenopausal女性の乳癌の危険。

Colditz GA、Hankinson SEのハンターDJ、等。

NイギリスJ Med。 6月1995日15日; 332(24):1589-93.

背景。 postmenopausal女性の乳癌の危険に対するエストロゲン療法へプロゲスチンを加える効果は論争の的になる。 方法。 ホルモンの使用とpostmenopausal女性の乳癌の危険間の関係の量を示すためには、私達は1992年に看護婦の健康の調査の関係者の私達のフォローアップを拡張した。 女性は2年毎に彼女達のmenopausal状態の情報、エストロゲンおよびプロゲスチンの準備の使用、および乳癌の診断を更新するためにアンケートを完了するために頼まれた。 フォローアップの725,550人年の間に、私達は1935最近診断された侵略的な乳癌の場合を文書化した。 結果。 乳癌の危険は現在単独でエストロゲンを使用していた女性間でかなり高められた(相対的な危険1.32; 95%信頼区間1.14への 1.54) またはプロゲスチン(相対的な危険1.41とエストロゲン; 95%信頼区間1.15への 1.74)、決してホルモンを使用したあらないことはpostmenopausal女性と比較して。 現在5から9年間そのような療法を持っていた1.46の乳癌の調節された相対的な危険を(95%信頼区間、1.22から合計10のそうしたまたはより多くの年(相対的な危険1.46のためにホルモンを使用してそれら現在ように、1.74)使用したホルモンを取っている女性; 95%信頼区間1.20への 1.76)。 5のまたはより多くの年間のpostmenopausalホルモン療法と関連付けられる乳癌の高められた危険老女(女性60から64の歳1.71間でより大きかったの相対的な危険; 95%信頼区間1.34への 2.18)。 乳癌による死の相対的な危険は5の取ったまたはより多くの年間エストロゲンをだった女性間の1.45 (95%信頼区間、1.01から2.09)。 結論。 エストロゲン療法へのプロゲスチンの付加はpostmenopausal女性間の乳癌の危険を減らさない。 ホルモンを取る老女間の乳癌の危険の相当な増加は危険と利点間のトレードオフが注意深く査定されるべきであることを提案する

外科の月経のタイミングおよび第一次腫瘍のエストロゲンの受容器/プロゲステロンの受容器の状態に関連するpremenopausal胸の癌腫の患者の存続。

たる製造人LSのGillettのセリウム、Patel NK、等。

蟹座。 11月1999日15日; 86(10):2053-8.

背景: 彼らの月経の小嚢段階の間に腫瘍の切除を経るPremenopausal胸の癌腫の患者は腫瘍が月経の他の段階に消費税を課されるそれらよりかなり悪い予想があるかもしれない。 方法: 結果は月経内の外科のタイミングおよびimmunohistochemistryによって定められるように第一次腫瘍のエストロゲンの受容器(ER)およびプロゲステロンの受容器(PR)の状態に関連して操作可能な胸の癌腫の一連のpremenopausal女性112人で定められた。 結果: 周期の早く、luteal段階の外科を経たERの肯定的な腫瘍を持つそれらの患者はERの否定的な腫瘍(キー正方形テスト= 15.56を持つ女性よりかなりよい存続があった; P < 0.001)。 これはまたPRの状態(キー正方形テスト= 「18.21にあてはまた; 」P < 0.001)。 小嚢段階の外科の後で、腫瘍の受容器の状態は全面的な存続に対する効果をもたらさなかった。 幾日に消費税を課された最もよい予想の患者はER/PRの肯定的な腫瘍を0-2および13-32持っていたが、彼女達の月経のluteal段階の間に取除かれたERまたはPRの否定的な腫瘍を持つそれらの女性は腫瘍が小嚢段階の間に取除かれた患者よりよくやっていいた。 結論: 肯定的なER/PRおよび月経のluteal段階の間に扱われた否定的な腫瘍両方を持つ患者のためのよりよい残存率があった。 これは周囲のperitumoral正常なティッシュで機能するプロゲステロンの結果であることができそれにより拘束衣の効果を出し、第一次癌腫の結合を改善する。 周期の小嚢段階の無競争のエストロゲンはより多くの腫瘍のemboliがmicrometastasesを脱出し、首尾よく確立することを可能にするかもしれない

プロゲステロンの不足の歴史の女性の乳癌の発生。

Cowan LD、Gordis L、Tonascia JA、等。

AM J Epidemiol。 8月1981日; 114(2):209-17.

不本意に遅らせられた最初生れの連合および乳癌の危険の性質を調査するためには、1945-1965からの不妊のために評価され、扱われた1083人の白人女性は1978年4月によって彼女達の乳癌の発生を確認するように将来続かれた。 これらの女性は2グループ、内生プロゲステロンの不足(PD)とのグループおよびnonhormonalの原因(NH)とのそれらに不妊の原因に関して分類された。 PDの女性はNHのグループであった5.4時間が女性と比較されるpremenopausal乳癌の危険分かれる。 この余分な危険はmenarcheか月経閉止期の経口避妊薬の使用の歴史、温和な胸の病気の歴史で年齢の2グループ間の相違によって説明されか、または生れを最初は老化させることができなかった。 PDのグループの女性はまたNHのグループと比較されたすべての悪性新生物からの死の十倍の増加を経験した。 postmenopausal乳癌の発生は2グループの間でかなり異ならなかった

女性の性の無秩序の男性ホルモンの臨床使用。

デービスのSR。

Jの性結婚のTher。 7月1998日; 24(3):153-63.

性の健康は全面的な健康および福利の重要な部品である。 多数の要因ははっきり個人の性別に影響を及ぼす; 但し、女性の減少された性別を心理社会的な要因の責任にする西部の社会に一般的な傾向がある。 性のステロイド ホルモンは女性および人の性機能の重要な決定要因であり、男性ホルモンが女性の性別の重要な役割を担うことそこに一致を高めている。 女性の男性ホルモンのレベルは自発の月経閉止期にそれに続く僅かな変化との生殖年の間に、大幅に低下する。 男性ホルモンの不足を経験している女性の共通の不平は性欲の損失であり、複数の調査は外因性のテストステロンと扱われるpostmenopausal女性の性別のいくつかの変数で今改善を示してしまった

ホルモン補充療法および乳癌: 問題を再び訪問すること。

DeGregorio MW、Taras TL。

J AM Pharm Assoc (洗浄)。 11月1998日; 38(6):738-44.

目的: 利点についての現在の考えおよびpostmenopausal女性のエストロゲンそしてホルモン補充療法(ERT/HRT)の危険を査定するため。 データ・ソース: HRT、ERTおよび選択的なエストロゲンの受容器の変調器(SERMs)の文献のさまざまなテキストによって、補われるMEDLINEの調査: tamoxifen、toremifeneおよびraloxifene。 データ統合: HRTは主に月経閉止期と関連付けられるvasomotor徴候に苦しんでいる女性で生活環境基準を改善するために使用される。 HRTは心循環器疾患、骨粗しょう症およびアルツハイマー病を防ぐためのpostmenopausal女性で有利である。 臨床試験のメタ分析の検討はERT/HRTを使用したあることがERT/HRTの常にユーザー(患者)は乳癌の高められた危険がなかった、現在のユーザーにERTの持続期間の増加する危険を報告していてある調査が高められた危険が、あったことを示した。 ERTへの関係はプロゲスチンの間での線量か付加見つけられなかったし、乳癌の危険を高めた。 HRTと関連付けられた全面的な乳癌の死亡率は現在のユーザーで減った。 一般に、HRTは家系歴なしでそれらと比較される病気の家系歴の女性の乳癌の危険性を高めない。 可能性としては乳癌を防ぐことができる新しいHRTの作戦は今開発されている。 SERMsのtamoxifenおよびtoremifeneは骨および血清の脂質に対する肯定的な臨床効果をもたらすようである; 彼らは乳癌のchemopreventive代理店として使用のために現在調査されている。 Raloxifene、骨粗しょう症の防止に使用する新しいSERMはHRTを容認できない女性のための代わりである。 残念ながら、これらのSERMSは反estrogenic効果をもたらし、こうして熱いフラッシュおよび腟の乾燥のようなvasomotor悪影響を引き起こす。 さらに、SERMsは心臓病から保護しないし、骨粗しょう症を、またしないHRTを防がない。 結論: 現在、SERMsはERT/HRTの肯定的な効果が乳癌の可能性としては高められた危険を上回るかもしれないように、第一線HRTにならない。 ERT/HRTしかし悪影響に欠けていることのそれに類似したpharmacodynamicプロフィールの新しい代理店の開発はpostmenopausal女性のために非常に有利である

性腺刺激ホルモンに対するCimicifugaのracemosaからのエキスの効果はmenopausal女性およびovariectomizedラットで解放する。

Duker EM、Kopanski L、Jarry H、等。

Planta Med。 10月1991日; 57(5):420-4.

RemifeminはCimicifugaのracemosa (C.r。)の根茎のethanolicエキスで、climacteric熱いフラッシュを取り除くのに使用されている。 現在の調査でmenopausal女性のLHおよびFSHの分泌に対するこの準備の効果は調査された。 8週の処置の後で、LHしかしないFSHのレベルはCimicifugaのエキスを受け取っている患者でかなり減った。 更にこの植物のエキスのendocrinologically活動的な原則を特徴付けるため、C.rの親脂性のエキス。 セファデックス クロマトグラフィーに準備され、服従させた。 得られた一部分はovariectomized (ovxの)ラットのLHの分泌を減らし、エストロゲンの受容器の結合場所のためにベータestradiol 17と生体外で競う機能のためにテストされた。 3つのタイプのendocrinologically活動的な混合物は得られた: (1)エストロゲンの受容器のための配位子ではなかったが、抑制する要素は慢性の処置の後のLH解放を、(2)エストロゲンの受容器に結合し、またLH解放を抑制するエストロゲンの受容器のためのしかしLH解放の効果のない配位子である(3)混合するおよび要素。 それはことC.rのLHの抑制の効果完了される。 menopausal女性およびovxのラットで観察されるエキスは少なくとも3つの共働作用して機能の混合物によって引き起こされる

乳癌(Ann.の変えられたエストロゲンの新陳代謝の予想価値。 Surg。 Oncol。 Suppl. Abstr。)。 、外科腫瘍学の社会第53年次蟹座のシンポジウムで示される、ニュー・オーリンズ、ルイジアナ、2000年3月16-19日。

Du Pont EKTMCVDSATSRDCACC。

2000年; 2000年3月16-19日

phytoestrogenのgenisteinは短期ovariectomizedラットの骨の損失を減らす。

Fanti P、Monier-Faugere MC、Geng Z、等。

Osteoporos Int。 1998; 8(3):274-81.

ひびと骨粗しょう症の発生は東洋および西部のコーカサス地方の女性の間で異なる。 これは、phytoestrogensの食餌療法取入口のdissimilaritiesを含む栄養要因によって、一部には、少なくとも決まるかもしれない。 この可能性を調査するため、2ヶ月のメスのラットはovariectomized (OVX)またはにせ物作動させて(にせ物)、カゼイン ベースの食事療法に与えられて、subcutaneous genistein (GEN)が付いている注入された日刊新聞、最も豊富のおよびベスト特徴付け、phytoestrogen、か車(Veh)を殺した外科の後の21日をだった。 予想通り、ovariectomyは骨のミネラル密度(BMD)の損失と子宮の萎縮で起因した。 但し、グラムの体重(b.w。)ごとのGEN 5マイクログラムのの管理はOVXのBMD (189 +/- GEN/g 5マイクログラムののOVXの2 mg/cm2のovariectomy誘発の損失をおよび192 +/- 2 b.w改善した。 1日あたり; p < 0.05)。 グラムの体重ごとの1マイクログラムGENはBMDの損失に影響を与えなかったし、5マイクログラムおよびグラムの体重ごとのGEN 25マイクログラムのの効果は統計的に異なっていなかった。 減らされた子宮の萎縮(21%の減少)の方の傾向は線量25マイクログラムのとGENの、ない1マイクログラムおよび線量5マイクログラムのと注意された。 2 x 2 factorial設計の別の実験はGENがovariectomy誘発の骨の損失を改善するメカニズムを明瞭にするために行なわれた。 histomorphometryこの実験ではovariectomy (7.6 +/-にせ物Vehの総骨の容積の0.7%対3.3 +/- OVX-Vehの後でtrabecular骨の容積の劇的な減少をの0.2%示した; p < 0.01) そして1日(3.3 +/- OVX-Vehの総骨の容積の0.2%対5.2 +/- OVX-GENあたりの1グラムあたりGEN 5マイクログラムのとの0.4%注入されるOVXのラットのより少ない骨の損失; p < 0.01)。 GENの管理はティッシュの容積ごとのより高い骨の形成率と高頻度の骨の周囲ごとのosteoblastsの方の傾向と関連付けられた。 骨の再吸収の変数はGEN.によって影響されなかった。 deoxypyridinolineの血清のosteocalcinそして尿の排泄物の集中は確証の結果を提供した。 proinflammatory cytokinesの生産がpostmenopausal骨粗しょう症の病因に密接にかかわるので、腫瘍の壊死の要因アルファ(TNFのアルファ)のlipopolysaccharide誘発の生体外の生産に対するGENの効果は同じ4つのラットのグループからのmonocytic細胞でテストされた。 TNFのアルファの生産はにせ物Vehのラットと比較してOVX-Vehで著しく上がったが、これはOVXのラットのGENによって妨げられた。 この調査は骨の再吸収の抑制のよりもむしろ骨の形成の刺激によって決まるのでGENがtrabecularおよび密集した骨の損失を後ovariectomy減らした、そしてことこの保護効果がエストロゲンのそれと異なることを示す。 子宮の萎縮のGENの行為の欠乏はこのGENの線量が非estrogenicメカニズムによってターゲット ティッシュに影響を与えるという可能性を支える。 cytokineの生産の調節は骨に対するGENの効果にかかわるかもしれない

16アルファhydroxyestroneの生物的特性: エストロゲンの生理学およびpathophysiologyの含意。

Fishman J、Martucci C。

J Clin Endocrinol Metab。 1980年の9月; 51(3):611-5.

肝硬変の人および16アルファhydroxyestroneの余分な形成の全身性エリテマトーデスの結果を用いる主題のestradiolの新陳代謝。 この代謝物質の生物活動の検査はそれが有効なuterotropic代理店であること、そして人間の性のホルモン結合のグロブリンのための最低の類縁を表わすことを示した。 これらの生物的特徴はこれらの病気の病理学そして病因学に反映されるかもしれない物質へのhyperestrongenic応答に一貫している、

エストロゲンの代謝物質の比率ようにホルモン的に関連乳癌の危険(会議の概要)のbiomarkers。

Fleisher MSDBHL。

Clin Chem。 1996年; (42:): S261.

Estradiolおよびプロゲステロンは人間胸の上皮細胞の拡散を調整する。

Foidart JM、Colin C、Denoo X、等。

Fertil Steril。 5月1998日; 69(5):963-9.

目的: 正常な人間胸の上皮細胞の拡散に対するestradiolおよびプロゲステロンの効果を生体内で調査するため。 設計: 二重盲目のランダム化された調査。 配置: gynecologyと大学病院の細胞生物学の部門。 患者: >30 mIU/mLの未処理の月経閉止期および文書化された血しょうFSHレベルおよびestradiolのレベルを持つ40人のpostmenopausal女性の

[Transdermal取り替えのホルモン療法: 傾向か利点か。]。

Foidart JM、Desreux J、Pintiaux A、等。

Rev. Medリエージュ。 4月1998日; 53(4):208-11.

この検討はtransdermalホルモン補充療法の臨床実用性を記述する。 管理のこのルートはhypertriglyceridemiaの女性で、高血圧のpostmenopausal女性で、胆汁またはレバー無秩序の高められた危険が煙らすか、またはある減らされたブドウ糖の許容を表示するまたはthrombotic無秩序の危険がある状態にある女性で特に重要である人のための女性で。 「最初道の効果」の回避はエストロゲンのtransdermal適用によって保障され、おそらくステロイドの管理のこのルートの優越性を説明する

プロゲステロンは成長を禁じ、乳癌の細胞のapoptosisを引き起こす: Bcl-2およびp53に対する反対の効果。

Formby BのワイリーのTS。

アンClinの実験室Sci。 11月1998日; 28(6):360-9.

プロゲステロンは正常な胸の上皮細胞の拡散、また乳癌の細胞を生体外で生体内で禁じる。 しかしこの阻止の生物的メカニズムは定められることを残る。 私達は乳癌の細胞ラインのプロゲステロンのantiproliferative活動がapoptosisを引き起こす機能が原因であるという可能性を探検した。 遺伝的のp53およびbcl-2制御以来apoptoticプロセス、私達はこれらの遺伝子がプロゲステロン誘発のapoptosisにかかわることができるかどうか調査した。 私達は72時間10のmicroMのプロゲステロンへの露出の後でT47-Dの乳癌の細胞との細胞増殖の最高の90%阻止を見つけた。 制御プロゲステロンの受容器の否定的なMDA-231癌細胞はプロゲステロンのこれら二つの集中に無理解だった。 10のmicroMのプロゲステロンへの露出の24時間後で、T47-Dの乳癌の細胞のcytofluorometric分析は壊死の印なしで43%経たapoptosisを示した。 10のmicroMのプロゲステロンへの露出の72時間後で、細胞の48% apoptosisを経、40% 「漏れやすい」膜を示した。 未処理の癌細胞はapoptosisを経なかった。 apoptosisを証明する証拠はまたoligonucleosomal片の倍数に核DNAの分裂によって示された。 1つのmicroMまたは10のmicroMのプロゲステロンへの露出の24時間後で、bcl-2のT47-Dの癌細胞による表現は調整され、p53のそれは半定量的なRT-PCRの分析によって検出されるように調整された。 これらの結果は妊娠の第3学期の間に見られるそれに類似した集中でそのプロゲステロンを表わした少なくとも2つの乳癌の細胞ラインに対する強いantiproliferative効果を示す。 ApoptosisはT47-Dの乳癌の細胞を表現するプロゲステロンの受容器で引き起こされた

トロンビンの抑制剤としてglycyrrhizinの同一証明。

Francischetti IM、Monteiro RQ、ギマランイスJA、等。

Biochem Biophys Res Commun。 6月1997日9日; 235(1):259-63.

Glycyrrhizin (GL)、Glycyrrhizaのglabraから隔離された新しいトロンビンの抑制剤として炎症抑制の混合物は識別された: (a)それは血しょうrecalcificationおよびトロンビンおよびフィブリノゲンの凝固時間を延長し、(b)トロンビン誘発、ないコラーゲン、PAF-またはconvulxin誘発の血小板の集合を禁じた。 一方では、GLはS-2238にトロンビンのamidolytic活動を妨げなかった。 なお、dansylトロンビンの蛍光性の放出強度はGLの結合に増加した。 さらに、GLはS-2238のトロンビン触媒作用を及ぼされた加水分解の抑制剤としてhirudinを転置した。 私達のデータはGLが酵素の陰イオンの結合のexosite 1.との相互作用によって反トロンビンの行為を出せるトロンビン(植物から隔離される最初の1)の選択的な抑制剤であるという証拠を提供する。 SLe (X)に結合するselectinを禁じることsialylのルイスXの(SLe [X]) mimetic混合のできるのとしてpharmacophoric調査によって識別されるGL。 但し、SLe (トロンビンと相互作用の欠乏を示し、両方の分子を区別するX)はトロンビンの凝固の活動に影響を与えなかった。 GLの炎症抑制の効果が有効な反トロンビンの行為が原因であるかもしれないことが提案される

運動選手の全面的な、地方体脂肪、エストロゲンの新陳代謝および排卵の磁気共鳴イメージ投射は制御と比較した。

Frischに関して、雪RCのジョンソンのLA、等。

J Clin Endocrinol Metab。 8月1993日; 77(2):471-7.

ボディずっと構成の変更を持つ運動選手のmenstrual機能障害の連合はボディずっとfatnessのほとんどの推定が間接であるので、論争の的になる。 磁気共鳴イメージ投射を使用して、私達は第5胸部の椎骨からの上部の腿のそして11のnonathletic制御のそれと比較された17人の運動選手(13人の女性の漕ぎ手および4人のランナー)の4つの他の解剖陸標の大腿部の脂肪に特定の容積上のscそして内部脂肪の量を示した。 磁気共鳴イメージ投射データはまた運動選手および制御のために尿のpregnanediolのglucuronideの試金によって定められたとnonpotent代謝物質へのestradiol、放射分析によって評価された2-hydroxyestroneの2ヒドロキシル化の範囲に関連して分析されたovulatory状態。 私達は漕ぎ手の体重が制御のそれらよりかなり重く、ランナーが制御と異ならなかったが1)相対的の運動選手の絶対体脂肪の価値かなり6つの地方場所のそれぞれでおよび全面的な制御のそれらよりより少し(P < 0.05)だったことが分り、; 2) 内部脂肪へのscの脂肪の比率は運動選手はかなりより少なく脂肪質があったのに、両方の運動選手および制御間の80%:20%だった; 3) estradiolの2ヒドロキシル化の範囲は総脂肪とscの脂肪とパーセントとしての総容積として全面的なパーセントとしての総容積として(P = 「0.004)」そして地方脂肪質のターミナルのそれぞれでかなり(P = 「0.005)」逆に関連していた; 4) menstrual無秩序の運動選手はかなりscを減らし、内部脂肪質の全面的制御とまったく地方場所比較し、; そして5) ovulatory漕ぎ手の小群は制御と比較された椎骨のlumbar 4、sacral 1のレベルでscの脂肪が制御のそれと比較されたこれらの場所で減った一方内部脂肪の減少の明白な増加か欠乏が、およびsacral 4あった。 scおよび内部脂肪両方の地方脂肪質の沈殿物の変更は減らされた全面的なfatnessに加えて運動選手のmenstrual機能障害にかかわるかもしれない。 よく訓練された運動選手の体重および体格指数はボディ構成の紛らわしい索引である場合もある

外科月経閉止期に於いての男性ホルモンの役割。

Gelfand MM。

AM J Obstet Gynecol。 3月1999日; 180 (3つのPt 2): S325-S327.

彼女の卵巣および子宮を取除いてもらった患者のために外科月経閉止期の激しい手始めは即時のpostoperative期間の間に最大の関心事である。 現時点でホルモン補充療法の開始は月経閉止期の突然の手始めに起因するほとんどの徴候を除去する。 従って患者は彼女の生殖腺ホルモンの損失からの生理学的な変更によって引き起こされる加えられた重荷なしで彼女の操作からの副作用を取扱うことができる。 マギル大学の月経閉止期医院で外科月経閉止期(両側のあるsalpingo卵巣切除術との総腹部の子宮摘出術)を経るほとんどの患者は回復室のエストロゲン男性ホルモンの取り替え療法を受け取る。 これは診断が子宮の癌ではないし、他の深刻なcontraindicationsがホルモン補充療法へなければ起こる。 Vasomotorフラッシュはエストロゲン男性ホルモンの取り替え療法とほとんど完全に除去される。 さらに、この養生法の男性ホルモンの部品は同化特性のために高められた治療の効果を提供する。 6かの数か月後で私達はエストロゲン男性ホルモンの取り替え療法が続くべきであるか、または療法がエストロゲン取り替え療法だけに変わるべきであるかどうか論議する。 性欲およびarousal、福利およびエネルギー準位は男性ホルモンの付加によって高められる。 穏やかなhirsutismのような副作用は関連する線量で、線量の減少によって容易に管理することができる。 エストロゲン男性ホルモンの取り替え療法の処置は指針が続かれ、患者が満足すれば不明確に続くかもしれない

ipriflavoneの効果--自然なイソフラボンの総合的な派生物--月経閉止期の後の初期の骨の固まりの損失。

Gennari C、Agnusdei D、Crepaldi G、等。

月経閉止期。 1998; 5(1):9-15.

目的: 私達はipriflavoneの経口投与、自然発生するイソフラボンの総合的な派生物が、月経閉止期の直後起こる骨の損失を防ぐことができるかどうか調査した。 設計: 低い脊椎の骨密度のとpostmenopausal年齢の五十六人の女性はより少しより5年任意にipriflavone、200 mg毎日3回または偽薬を受け取るために割振られた。 すべての主題はまた1,000 mg元素カルシウム日刊新聞を受け取った。 結果: 脊椎の骨密度はカルシウムだけ(4.9 +/- 1.1%、SEM、p = 0.001)取っている女性の2年後に低下したがipriflavoneを受け取るそれらで変わらなかった(- 0.4 +/- 1.1%、n.s。)。 重要な(p = 0.010)間処置の相違は年1および年両方2.に立証された。 調査の終わりに、尿のヒドロキシプロリン/クレアチニンの排泄物はベースラインで相違と比べてipriflavoneのグループのより制御グループで高くなかった。 ipriflavoneおよび5取得偽薬を取っている5人の患者は胃腸不快か他の不利な反作用を経験した、1つそして4つの主題ただ、それぞれ、調査を中断しなければならなかった。 結論: Ipriflavoneは早い月経閉止期に続く急速な骨の損失を防ぐ。 この効果は骨の回転率の減少と関連付けられる

endometrial癌の危険の大豆および繊維の消費の連合。

グッドマンMT、Wilkens LR、Hankin JH、等。

AM J Epidemiol。 8月1997日15日; 146(4):294-306.

著者は食餌療法の大豆、繊維の役割を検査するためにハワイの多民族の人口の中の場合制御の調査を行ないendometrial癌の危険の食糧そして栄養素を関連付けた。 1985年と1993の間で診断されたEndometrial癌の箱は(n = 332)ハワイの腫瘍の登録の急速報告システムを通した州(日本語、コーカサス地方、原産のハワイ語、フィリピン人および中国人)のの5人の主要な民族グループから識別された。 人口抑制はオアフ メスの居住者のリストから(n = 511)任意に選ばれ、年齢(+/-2.5年)および民族性の場合に一致した。 すべての主題は250の食品に含んでいた食事療法の歴史のアンケートを使用してインタビューされた。 endometrial癌のための非食餌療法の危険率は無競争のエストロゲンの経口避妊薬、排卵促進剤の使用、使用、糖尿病の歴史または高血圧および高いQueteletの索引(kg/cm2)を使用してnulliparityを、決して含んでいなかった。 脂肪からの、しかしない他の源からのエネルギー取入口はendometrial癌の危険と、肯定的に関連付けられた。 著者はまたエネルギー取入口のための調節の後でendometrial癌のための確率の比率の脂肪質取入口の肯定的で、単調な関係を見つけた。 繊維の消費、しかしない澱粉はエネルギー取入口および他のconfoundersのための調節の後で危険と、逆に関連していた。 確率の比率の同じような反対の勾配は粗野な繊維、非澱粉の多糖類および食餌療法繊維のために得られた。 繊維の源は、穀物および野菜およびフルーツ繊維を含んで消費の最も高い四分位数の女性のための危険の29-46%減少と、関連付けられた。 傾向が強くなかったが、ビタミンAおよび多分ビタミンC、しかしないビタミンEはまたendometrial癌と、逆に関連付けられた。 大豆プロダクトおよび他のマメ科植物の高い消費はendometrial癌(傾向のためのp = 0.01の減らされた危険と関連付けられた; 確率の比率=最も高く大豆の取入口の最も低い四分位数と比較されるのための0.46、95%の信頼区間0.26-0.83)。 危険の同じような減少は全穀物、野菜、フルーツおよび海藻のようなphytoestrogensの他の源の高められた消費のために見つけられた。 民族特定の分析は一般にこれらの結果に一貫していた。 観察された食餌療法連合は危険に対する大豆およびマメ科植物の効果が決して妊娠していないか、または決して無競争のエストロゲンを使用したあらないことは女性に限られたが他の危険率の主として独立したようである。 これらのデータは植物ベースの食事療法マメ科植物(特に大豆)、全穀類、野菜およびフルーツの低く繊維の脂肪からのカロリーで、高く、および金持ちがendometrial癌の危険を減らすことを提案する。 これらの食餌療法連合はアジアの国の子宮癌の減らされた率が米国のそれらと比較した一部には説明するかもしれない

postmenopausal女性のendometriumに対する口頭エストリオルの効果。

Granberg S、Eurenius K、Lindgren R、等。

Maturitas。 6月2002日25日; 42(2):149-56.

目的: postmenopausal女性のendometriumに対する口頭エストリオルのタブレットの長期効果をTVおよび組織学によって調査するため。 方法: これは横断面の平行グループ、125が口頭エストリオルと扱われ、116が未処理制御の241人のpostmenopausal女性の多中心の試験だった。 Pipelleのバイオプシーを使用してEndometrial組織学や膨張およびcurettage (D&C)は取られた、endometrial厚さはtransvaginal超音波(TV)を用いて査定され、endometrial厚さ間の関係および組織学は計算された。 結果: 2グループ間の統計的に重要な相違はendometrial組織学で見つけられなかった。 そこに制御グループ(2.9%)と比較して口頭エストリオルのグループ(14.0%)のより多くのポリプ見つけられた。 口頭エストリオルのグループの中間のendometrial厚さは制御グループ2.4 mmの平均と比較された3.0 mmだった: P=0.01. 結論: 臨床的に関連した相違は長期口頭エストリオル療法および未処理制御のpostmenopausal女性のendometriumの状態(組織学によってとTVの間で査定される)見つけられなかった。 この試験は口頭エストリオルのタブレットとの維持の処置のendometrial安全を支える。 但し、重要な療法が与えられなければpostmenopausal女性のendometrialポリプとTVが有用な器械診断のためのの、より関連付けられるかもしれない統計的に印が、ある

postmenopausal女性の尿のエストロゲンの代謝物質に対する亜麻仁の消費の効果。

Haggans CJ、Hutchins AMのOlsonのBA、等。

Nutrの蟹座。 1999; 33(2):188-95.

亜麻仁、植物のlignansの最も豊富な知られていた源は、動物および細胞の調査のchemoprotective効果をもたらすために示されていた。 効果の一部は内生ホルモンの生産および新陳代謝の影響によって仲介されるかもしれない。 エストロゲンの新陳代謝の2つの競争の細道は2ヒドロキシル化され、16アルファ ヒドロキシル化された代謝物質の生産を含む。 これらの代謝物質の生物活動の提案された相違のために、2つの細道のバランスは乳癌の危険のためにbiomarkerとして使用された。 私達はpostmenopausal女性の尿のエストロゲンの代謝物質の排泄物に対する亜麻仁の消費の効果を検査した。 28人のpostmenopausal女性はランダム化されたクロスオーバー設計の3 7週間の供給期間の間調査された。 供給期間の間に、主題は地上の亜麻仁(0、5、か10 g/day)と通常の食事療法を消費した。 エストロゲンの代謝物質の2-hydroxyestrogen (2-OHEstrogen)および16アルファhydroxyestrone (16アルファOHE1)、また比率、2/16アルファOHE1の尿の排泄物は酵素の免疫学的検定によって、測定された。 亜麻仁の補足はかなり尿2-OHEstrogen排泄物(p < 0.0005)および線形の用量反応の方法の尿の2/16のアルファOHE1の比率を(p < 0.05)高めた。 尿の16アルファOHE1の排泄物に重要な相違がなかった。 これらの結果は亜麻仁がpostmenopausal女性のchemoprotective効果をもたらすかもしれないことを提案する

尿Nつながれたtelopeptideに対するipriflavone含んでいる補足の効果はpostmenopausal女性で水平になる。

Halpnerの広告、Kellermann G、Ahlgrimm MJ、等。

Jレディース健康GendはMedを基づかせていた。 11月2000日; 9(9):995-8.

骨粗しょう症は私達の老齢人口へ重要な健康の心配である。 私達はpostmenopausal女性で骨の故障の尿のマーカーのipriflavone、カルシウムおよびビタミンDを含んでいるサプリメントの試験偽薬制御の試験の結果をここで報告する。 現在ホルモン補充療法を受け取っていない7人のpostmenopausal女性は3か月間ipriflavone含んでいる補足か偽薬受け取った。 偽薬を受け取っているグループのこのマーカーの増加が観察された一方尿Nつながれたtelopeptides、補足を受け取るそれらの29%低下する骨の故障のマーカー。 唾液ホルモンの測定の変更は観察されなかった。 私達のサンプルの大きさが小さかった、私達が知る限りではが、これはipriflavone含んでいるプロダクトの消費の結果としてNつながれたtelopeptideのレベルの変更を示す最初のレポートである。 私達の調査結果は骨の損失の進行の遅延でipriflavoneの実用性を示す確認し、測定Nつながれたtelopeptidesが治療上の効力を査定する役に立つツールであるかもしれないことを提案する他の研究者のそれらを

女性への特別な興味のハーブ。

丈夫なML。

J AM Pharm Assoc (洗浄)。 3月2000日; 40(2):234-42.

目的: 女性の共通の条件を扱うのに伝統的に使用されていた特定の草の薬物の効力そして安全を見直すため。 データ・ソース: もっと厳格に管理された調査に重点を置いて現在の文献。 データ統合: 従来の治療システムで漢方薬が長くpremenstrualシンドローム(PMS)およびmenopausal徴候のような女性に特別な関心の状態を、扱うのに使用されてしまった。 特定のphytomedicinesのために、月見草オイル、黒いcohoshの根のエキス、東のquaiおよび上品な木の果実を含んで、科学的な調査は行為のpharmacologically活動的な要素、メカニズム、および臨床価値を明瞭にしている。 結論: 利用できる証拠に基づいて、月見草オイルおよび上品な木の果実はPMSの何人かの患者のための適度な処置の代わりであるかもしれない。 東のquaiは繁文の多数ハーブの方式で使用されたときPMSのための効力があるかもしれない。 menopausal徴候の救助のために、東の黒いcohoshの根のエキスにおよびquaiによい安全プロフィールがあるが、黒のcohoshだけこの徴候のための効力を示した。 妊娠および授乳期の間の安全データは、特にまだ多くの草の薬物のために、主として欠けていて、使用法および適量のための推薦は変わる。 女性の健康状態のための草プロダクトを推薦したい薬剤師は適切な使用および安全についての彼らの自身の意見を形作るために科学文献を評価する必要がある

大豆および実験癌: 動物実験。

Hawrylewicz EJ、Zapata JJ、ブレアWH。

J Nutr。 3月1995日; 125 (3つのSuppl): 698S-708S.

報告する大豆蛋白の食事療法の消費はラットのさまざまな腫瘍の成長を禁じることを調査は見直される。 抑制的な効果はphytoestrogens (genisteinおよびdiadzein)または大豆蛋白プロダクトのプロテイン キナーゼの抑制剤に帰因した。 最近の調査は大豆蛋白プロダクトの付加的な要因がまたtumorigenesisの阻止に貢献するかもしれないこと必須アミノ酸のメチオニンの即ち不足を示す。 第一次rhabdomyosarcomaの腫瘍の肺へのMetastatic成長は大豆蛋白の食事療法の供給によって禁じられた。 効果は食事療法のメチオニンの強化によって逆転した。 発癌物質誘発の乳房の腫瘍の開発は大豆蛋白の隔離集団の食事療法に与えられ、メチオニン補われた食事療法と逆転したラットの昇進段階の間に禁じられた。 付加的な調査は食事療法がカゼインから大豆蛋白の隔離集団に変わったときに第一次乳房の腫瘍の切除の後で、付加的な腫瘍の成長が禁じられたことを示した。 乳房の腫瘍の病理組織学的な評価は大豆蛋白のグループのより温和なfibroadenomasそしてより低級な腺癌を明らかにした。 発癌物質の管理の前に(生後7週で)、ラットの乳房の上皮のオルニチンのカルボキシル基分解酵素の活動そしてポリアミンの集中は大豆蛋白のグループでかなりより低かった。 これらのデータは大豆蛋白質与えられたグループの乳房の上皮性の成長に対する抑制的な効果を提案する

エストリオル: 安全および効力。

ヘッドKA。

Altern MedのRev. 4月1998日; 3(2):101-13.

慣習的なホルモン補充療法はある特定の利点を提供する間、重要な危険なしではない。 エストリオルはより強いエストロゲンと関連付けられる危険なしで保護の一部を提供するためにあった。 状態によって、エストリオルはエストロゲンに対するagonisticまたは反対の効果を出すかもしれない。 エストリオルは月経閉止期の制御の徴候で有効、熱いフラッシュ、不眠症の腟の乾燥を含んでですことを、そして尿路感染症に度々行くようである。 骨密度維持の効果の研究の結果はずっと日本の調査から来ていて最も有望な結果が矛盾している。 ずっと心臓危険率に対するエストリオルの効果はまた幾分曖味である; 但し、慣習的なエストロゲンの規定とは違って、それは高血圧に貢献しないようではない。 エストリオルがestroneかestradiolより大いに安全ようであるが大量服用の継続使用は胸およびendometrialティッシュ両方に対するstimulatory効果をもたらすかもしれない

premenopausal女性の血管内皮細胞増殖因子--乳癌の外科の最もよい時間の表示器か。

Heer K、Kumar H、Speirs V、等。

Br Jの蟹座。 11月1998日; 78(9):1203-7.

乳癌を持つpremenopausal患者の外科のタイミングは議論を呼び続ける。 Angiogenesisは腫瘍の成長のために必要であり、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)は最も有効なangiogenic cytokinesの1つである。 私達は月経に関連するVEGFの調査が外科介在のこの問題の理解を更に助けることができるかどうか定めることを向けた。 14人のpremenopausal女性は経口避妊薬丸薬の3人の後menopausal女性、女性および単一の男性の主題と共に、募集された。 8つそして11のサンプル間で、1つの月経に(5つの制御の1か月に)一人当たり取られ、性ホルモンおよびVEGF165のために分析された。 血清VEGFはluteal段階にかなりより低く、すべての14人のpremenopausal女性でプロゲステロンとの重要で否定的な相関関係を示した。 VEGFの相互サンプル変化は制御で注意されなかった。 1つの主題からの周期の両方の段階からの血清はMCF-7乳癌の細胞に加えられた; 上澄みのVEGFの表現はluteal段階の血清が加えられた細胞でより低かった。 luteal段階の有効なangiogenic cytokineの低下はその段階のmicrometastasisの確立のための可能な減らされた潜在性を提案する。 VEGFのこの落下はプロゲステロンの効果であるかもしれ、未来の調査の焦点べきである

骨の固まりの減少は老化および月経閉止期と関連付けた。

Heersche JNのふいごCG、Ishida Y。

J Prosthetの凹み。 1月1998日; 79(1):14-6.

人間の骨組は年齢30まで骨をおよそ集める、そのあとで骨は次第に失われる。 エストロゲン取り替え療法はpostmenopausal骨の損失を防ぐが、単独でエストロゲンの不足が骨の固まりの減少に責任があることは確実ではない。 プロゲステロンの不足はまた要因であることができ卵巣の機能障害と関連付けられるpostmenopausal骨の損失を防ぐためにプロゲステロンの取り替え療法は示されていた。 この記事はプロゲステロンが調整の骨の形成の重要な役割を担い、現在のことをosteoprogenitorの細胞の数そして一種に基づいてインプラント療法の成功か失敗の予測の未来の調査のための方向を提案すること知られているものが年齢および性の機能として骨の改造および骨の損失について、論議する調査からの証拠を見直すラットで

尿の2/16のアルファhydroxyestroneの比率: 血清の乳癌の危険のインシュリンそっくりの成長因子結合蛋白質3そして潜在的なbiomarkerとの相関関係。

Ho GH、ルオXW、Ji CY、等。

アンAcad Medシンガポール。 3月1998日; 27(2):294-9.

estradiolの新陳代謝は広がった生物的特性の代謝物質をもたらす2つの相互独立的なhydroxylative細道によって起こる。 16アルファhydroxyestrone (16アルファOHE1)が有効なエストロゲンの間、2-hydroxyestrone (2OHE1)は反estrogenicである。 16アルファOHE1 (2/16のアルファOHE1の比率)への2OHE1の比率は純生体内のestrogenic活動を表す。 この調査では、私達は尿の2/16のアルファOHE1の比率がこの比率に影響を及ぼす要因および乳癌の危険の予言者であることができるかどうか定めるように努めた。 変数は診断、menopausal状態、同等、経口避妊薬の使用、体格指数、インシュリンそっくりの成長の要因私(IGF-I)、IGFの結合蛋白質(ビット/秒)および乳癌の存在の血清のレベルで含まれた年齢を分析した。 血清および尿は夜通しの速いのの後で65人の乳癌患者および36の制御から集められた。 尿のエストロゲンの代謝物質は酵素の免疫学的検定によってIGF-I、BP-1およびBP-3の血清のレベルがimmunoradiometric試金によって定められる間、測定された。 16のアルファOHE1レベルが癌患者でより高い(P < 0.01)間、2OHE1レベルおよび2/16アルファOHE1の比率はかなりより低かった(P < 0.05)。 多数の線形回帰分析は尿の代謝物質のレベルが同等および胸の癌腫によって影響を及ぼされたことを示した。 2/16のアルファOHE1の比率は血清BP-3のレベルに肯定的に関連した(P = 「0.03)」。 多数の記号論理学退化によって、2/16のアルファOHE1の比率は乳癌の予言する最も重要な要因だった。 より高い2/16アルファOHE1の比率の女性のための確率の比率は0.10だった(0.03-0.38、95%の信頼区間)。 結論として、尿のestradiolの代謝物質のプロフィールは乳癌患者で明瞭に変わった。 さらに、BP-3はestradiolの代謝物質が乳癌の進行に影響を及ぼす潜在的なメカニズムであるかもしれない。 乳房の上皮細胞のneoplastic変形を始めるために16アルファOHE1が示されていたので2/16のアルファOHE1の比率は乳癌の高められた危険のbiomarkerとして役立つかもしれない

postmenopausal日本の女性の骨の新陳代謝に対する大豆蛋白の効果。

Horiuchi T、Onouchi T、Takahashi M、等。

Osteoporos Int。 2000; 11(8):721-4.

私達は骨のミネラル密度に対する大豆蛋白質の取入口および85人のpostmenopausal日本の女性の生化学的なマーカーの効果の横断面調査を行なった。 正常な腰神経脊柱の骨のミネラル密度(L2-4 BMD)の主題を含む骨粗しょう症の単位を、訪問しているアンケートによってpostmenopausal日本の女性の食事療法の栄養素は調査され、計算された毎日エネルギー、蛋白質、大豆蛋白およびカルシウム取入口は得られた。 L2-4 BMDはabsorptiometry二重エネルギー骨の再吸収のマーカーとして骨の形成マーカーとして血清のアルカリ ホスファターゼ(アルプス)のおよび血清のそのままなosteocalcin (IOC)および尿のpyridinoline (UPYR)および尿のdeoxypyridinoline (UDPYR)できていたX線とおよび試金測定された。 大豆蛋白の取入口はL2-4 BMD (r = 0.23、p = 0.038)およびUDPYRのためのZスコアとかなり関連付けられた(r = -0.23、p = 0.034)。 段階的な多数の回帰分析は大豆蛋白の取入口がL2-4 BMD (ベータ= 0.225、p = 0.04)および4つの栄養要因間のUDPYRのためのZスコアとかなり(ベータ= -0.08、p = 0.03)関連付けられることを示した。 これらの結果は高い大豆蛋白の取入口が骨の再吸収のより高い骨ミネラル密度そして低レベルと関連付けられるが、それ以上の調査は必要原因の動的メカニズムを確認するためにであることを提案する

[人間の乳癌のエストロゲンの代謝物質の生物学的作用]。

Imoto S。

日本Geka Gakkai Zasshi。 5月1992日; 93(5):505-17.

人間の乳癌のエストロゲンの新陳代謝を調査するため、estradiol 2 -および16のアルファ ヒドロキシラーゼ(2、16アルファOHase)の活動は人間胸のティッシュのmicrosomal一部分で逆段階の高性能液体クロマトグラフィーの使用によって定められた。 細胞増殖に対するエストロゲンの代謝物質の効果はまた2つの人間の乳癌の細胞ラインを用いることによって検査された。 2-OHase活動は癌性およびnoncancerousティッシュで検出されたが、癌性ティッシュの価値はnoncancerousティッシュ(pより少しより0.05)のそれよりかなり低かった。 リンパ節転移のない患者は転移(0.05 pよりより少なくより少なくより0.1)とのそれらより比較的高い活動を示した。 16アルファOHaseの活動はあったが、癌性ティッシュの23%だけで見つけた。 それらの中で、活動はERの肯定的な癌性ティッシュの52%で現在、しかしERの陰性でほとんど不在物でありではなかった。 成長ERの肯定的な細胞ライン、MCF-7は2-hydroxyestroneと、抑制され、16アルファhydroxyestroneと刺激された。 16アルファhydroxyestroneと刺激された細胞増殖はtamoxifenの付加、estradiolの強い反対者によって禁じられなかった。 2代謝物質はERの否定的な細胞ライン、MDA-MB-231の成長に対する効果をもたらさなかった。 これらの結果はエストロゲンの代謝物質が内生規定する要因として人間の乳癌の細胞の拡散に影響を及ぼし、未来の内分泌療法のために考慮されるべきであることを提案する

月経閉止期の後でエストロゲンを取ったnondemented老女の認識機能。

Jacobs DM、独特の味MX、厳格なY、等。

神経学。 2月1998日; 50(2):368-73.

健康な老女の認識機能に対するエストロゲンの取り替えの効果の調査は全く異種の結果をもたらした。 私達はエストロゲンの使用の歴史と大きいコミュニティ ベースの調査に加わっている727人の女性の認識テスト性能間の関係を評価した。 関係者は2.5年の平均のために縦方向に続かれた。 エストロゲンの使用歴史はベースラインで得られた。 記憶、言語および概要の推論の共通テストはベースラインとフォローアップで管理された。 結果はエストロゲンの取り替えを使用した女性がベースラインで認識テストで非使用者よりかなり高く記録した、ことばによる記憶の彼らの性能はわずかにそのうちに改良したことを示し。 認知に対するエストロゲンの効果は年齢、教育、民族性およびAPOEの遺伝子型の独立者だった。 結果はエストロゲン取り替え療法がnondemented postmenopausal女性の認識機能の維持を助けるかもしれないことを提案する

尿のエストロゲンの代謝物質および乳癌: 場合制御の調査。

KabatのGC、チャンCJ、Sparano JA、等。

蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 7月1997日; 6(7):505-9.

予備調査は2-hydroxyestroneがない一方エストロゲンの代謝物質16のアルファhydroxyestroneが乳癌と関連付けられることを提案する。 但し、この関係を評価し、乳癌のための確立された危険率を取る疫学の研究は注意して欠けている。 この調査の目的は尿のエストロゲンの代謝物質(2-hydroxyestroneおよび16アルファhydroxyestrone)と乳癌が付いている個々の代謝物質の比率の連合を検査することだった。 点の尿サンプル、小史および臨床データは定期的なマンモグラムのための乳癌の場合(n = 42)と病院に来るか、または自由な乳癌検査に出席している女性から集められた(n = 64)。 2-Hydroxyestroneおよび16アルファhydroxyestroneは酵素の免疫学的検定およびエストロゲンの代謝物質の比率(EMRによって測定された; 2-hydroxyestrone: 16アルファhydroxyestroneは)計算された。 場合および制御は年齢(制御の点では類似していたのための言い分の平均年齢、54.2の+/- 10.4年対53.8の+/- 15.1年、; P = 0.9) そして人口統計。 中間EMRは乳癌のオーバーオール(1.67 +/- 1.72 +/- 0.66によって対0.80関連付けられなかった; P = 0.7)。 但し、postmenopausal女性に、中間EMRは制御(1.41 +/- 1.81 +/- 0.71と対0.73比較された場合でかなりより低かった; P = 0.05)。 postmenopausal女性間の最も高いのに関連するEMRの中間および最も低いtertilesのための多変数の調節された確率の比率は9.73 (95%の信頼区間、1.27-74.84)および32.74 (95%の信頼区間、3.36-319.09)、それぞれだった。 傾向のためのテストは非常に重要だった(P = 0.003)。 個々の代謝物質の分析は16アルファhydroxyestroneが強い危険率だったことを示した。 EMRは年齢、競争/民族性の一貫した連合を示さなかったり、乳癌の生れか、同等か、体格指数か、家系歴か、煙るか、またはアルコール取入口を最初は老化させない。 これらのデータはEMRの強い、反対連合およびpostmenopausal女性の乳癌が付いている16アルファhydroxyestroneの強く肯定的な連合を提案する。 より大きい調査は必要これらの結果を確認し、EMRと乳癌が付いている、menopausal状態および臨床要因への注意のと知られていた乳癌の危険率のための調節を用いる個々の代謝物質の関係を査定するためにである

女性および月経閉止期: 確信、態度および行動。 北アメリカの月経閉止期の社会1997の月経閉止期の調査。

Kaufert P、Boggs PP、Ettinger B、等。

月経閉止期。 1998; 5(4):197-202.

目的: この調査の組織の主な目的はの方の、月経閉止期関連した情報北アメリカの月経閉止期の社会(NAMS)の教育代表団と文書の女性の知識にの、そして態度を集めることだった。 設計: 6月7月の間に1997年、ギャラップ構成は45-60年齢米国から女性の任意に指定サンプルとの750回の電話インタビューを行なった。 女性は月経閉止期の彼女達の資料源についてなぜホルモン療法を使用し、自然なか医学のでき事かとして月経閉止期の方の彼女達の態度健康のどんな変更を月経閉止期の結果として予想したか、尋ねられた。 結果: 女性は本当らしい不況および過敏症が心臓病より月経閉止期と関連付けられるが、少数だけメモリ損失かアルツハイマー病に増加する脆弱性と月経閉止期を関連付けることを信じるために。 月経閉止期の物理的な徴候の救助はと同時にホルモン療法を頻繁に始めるための理由より骨粗しょう症(15%に関連して25%)から保護するために、または打撃か心臓発作(10%)を防ぐために、またはアルツハイマー病(2%)を開発する危険を減らすために述べられた。 月経閉止期の女性の情報の単一の主要なもとは医療専門家(49%)だった。 既にmenopausalだったまたはmenstrual変更を経験すること態度を表現した女性の大半は中立(42%)または陽性(36%)だった月経閉止期の方に。 結論: 他が「自然な」平均が管理される自然な転移としてそれを見る一方治療を要求する病状としてそれを見ている女性は月経閉止期、いくつかでの彼女達の意見分けられる。 女性に、最新情報は正確を与えておよび医療サービス提供者とmenopausal女性間のコミュニケーションを高めてNAMSのための挑戦に残る

フラボンによる人間のエストロゲンのシンセターゼ(aromatase)の阻止。

Kellis JT、Jr.、Vickery LE。

科学。 9月1984日7日; 225(4666):1032-4.

複数の自然発生し、総合的なフラボンは人間の胎盤があり、卵巣の微粒体によって触媒作用を及ぼされたエストロゲンにアンドロステンジオンおよびテストステロンの芳香族化を禁じると見つけられた。 これらのフラボンは(減少した潜在的能力の順で) 7,8-benzoflavone、chrysin、アピゲニン、フラボン、フラバノンおよびケルセチンを含んでいる; 5,6-benzoflavoneは抑制的ではなかった。 7,8-Benzoflavoneおよびchrysinは基質の変位を表したaromataseのチトクロームP-450の有効な競争の抑制剤そして引き起こされた分光変更だった。 フラボンはそれによりある特定のmonooxygenasesの相互作用のステロイドとこうして競い、ステロイド ホルモンの新陳代謝を変えるかもしれない

2 -および尿の16アルファhydroxyestroneの同時quantitationのためのMonoclonal抗体ベースの酵素の免疫学的検定。

Klug TLのBradlowのHL、Sepkovic DW。

ステロイド。 11月1994日; 59(11):648-55.

エストロゲンの新陳代謝の変化は婦人科癌および全身性エリテマトーデスのような病気の病因学の重要な要因として関係した。 estradiolの主要な代謝物質はエストロゲンの反対者およびアゴニストの活動のプロダクトをもたらすC-2かC-16アルファ位置でそれぞれヒドロキシル化する。 これらの競争の細道間のバランスを定める敏感な、特定のimmunodiagnostic試金はエストロゲン関連の病気の管理のための定期的なbiomarkerとして役立つかもしれない。 私達は2-hydroxyesteroneに高い類縁の生成、特定のネズミ科のモノクローナル抗体および高性能の融合の議定書によって16アルファhydroxyestroneをここに記述する。 これらの抗体によって、私達は2 -およびunextracted尿の16アルファhydroxyestroneの同時quantitationのための急速で、簡単な酵素の免疫学的検定(EIA)のキットを開発した。 最初の確認の調査はことを尿の代謝物質2確立し、-価値とEIAの相互的関係によってよく見つけられた16のアルファhydroxyestroneの集中はガスのクロマトグラフィー固まりの分光学によって見つけた。 EIAのキットとの予備調査は入った尿サンプルからの代謝物質の総回復を見つけた。 EIAは2-hydroxyestroneおよび16アルファhydroxyestroneのための変化および現在のEIAのキットが付いている16アルファhydroxyestroneへの2-hydroxyesteroneの比率の相互および内部試金係数一貫して9%よりより少しだった。 ESTRAMET 2/16と示されるこのキットはエストロゲン関連の病気の研究のための重要な新しいツールを提供するかもしれない

卵巣癌のMenopausalホルモン補充療法そして危険。

レースJV、Jr.のミンクPJ、Lubin JH、等。

JAMA. 7月2002日17日; 288(3):334-41.

文脈: menopausalホルモン補充療法と卵巣癌間の連合は明白でない。 目的: エストロゲンだけ、エストロゲン プロゲスチンだけを使用してホルモン補充療法が、またはエストロゲンおよびエストロゲン プロゲスチンだけ両方卵巣癌の危険を高めるかどうか定めるため。 設計: 乳癌の検出のデモンストレーション・プロジェクト、全国的な乳癌のスクリーニング計画の前の関係者の1979-1998年のグループ調査。 配置: 29の米国の臨床中心。 関係者: 44人の241人のpostmenopausal女性(フォローアップ、56.6年の開始の平均年齢)の合計。 主要な結果の測定: 事件の卵巣癌。 結果: 私達はフォローアップの間に卵巣癌を開発した329人の女性を識別した。 年齢ができるように、月経閉止期のタイプ調節された時間依存の分析ではおよび経口避妊薬の使用、使用はのエストロゲンだけ卵巣癌(率の比率[RR]とかなり、1.6関連付けられた; 95%の信頼区間[CI]、1.2-2.0)。 エストロゲンだけ使用の増加する持続期間は卵巣癌とかなり関連付けられた: 10のためのRRsに19年および20のまたはより多くの年は1.8 (95% CI、1.1-3.0)および3.2 (95% CI、1.7-5.7)、それぞれだった(傾向のためのPの価値

climacteric不平の患者のエストリオルの琥珀酸塩の処置の5年の前向き研究の結果。

Lauritzen C。

Horm Metab Res。 11月1987日; 19(11):579-84.

前向き研究911で患者は口頭エストリオルの琥珀酸塩と5年(M = 2.2)または合計2007年の処置年一定期間に渡って扱われた(Synapause、1日あたりの2-12 mg)。 処置はすべての典型的なclimacteric不平とエストロゲンの不足によって引き起こされたatrophic生殖の変更の取り外しで非常に有効だった。 主観的な副作用は処置については実用的な重要性なしではほとんど見られなかったし。 目的は、重要な副作用少数だけだった: thrombophlebitisの1表面的なphlebo血栓症、2つの箱、portioのvaginalisの子宮の1の上皮内癌および2つの乳房癌は見られた。 癌腫に処置への原因関係がおそらくなかった。 Embolies、心筋梗塞、cerebrovascularおよびレバー胆汁のぼうこうの複雑化は処置の間に起こらなかった。 子宮出血の率は低かった。 すべての複雑化の発生はエストリオルの琥珀酸塩によって高められなかった; しかし予想以上に低かった。 Endometrialおよび卵巣癌は見られなかった。 エストリオルの琥珀酸塩は重要な副作用を出さないclimacteric不平に対してそれに応じて非常に有効な、よく容認された準備である。 それは1つの線量で日与えられたときそれがendometriumを増殖しないこと驚くべきである。 従ってエストリオルの琥珀酸塩は子宮出血がありより長くたいと思わないpostclimacteric女性の処置のために支持されるべきエストロゲンとして特徴付けることができる。(250ワードで省略される概要)

月経閉止期についてのあなたの博士May Not Tell何。

リーJ。

1996年; (v)

[そのままなadnexaとの子宮摘出術の後の卵巣の不十分の明示の処置の臨床およびendocrinologic調査]。

Lehmann-Willenbrock E、Riedel HH。

Zentralbl Gynakol。 1988; 110(10):611-8.

60はすべてに少なくとも1つのそのままな卵巣があり、まだclimacteric徴候の不平を言われた40歳以下4つの等しいグループにランダム化された配分の後でcimicifugaのracemosaからのエストリオル、活用されたエストロゲン、エストロゲンgestagenの順次療法またはエキスと患者を扱われたhysterectomized。 療法はまた生殖器の栄養の無秩序が含まれていた、そしてまた血清FSHによる4、8、12のそして24週後に管理されていたおよび- LHの測定変更されたKupperman索引の。 しかしすべてのグループでは、変更されたKupperman索引はかなりより低く、性腺刺激ホルモンの平行減少統計的に確認できなかったなった。 療法の成功に関するグループ間に重要な相違がなかった

エストリオルの反乳房のcarinogenic活動の臨床および実験面。

レモンHM。

前部Horm Res。 1977; 5:155-73.

600の断続的な注入--subcutaneously 7,12-dimethylbenz (a)アントラセンまたはprocarbazineの経口投与の前に48 hを始める1,300マイクログラムのエストリオルは80の開発を防ぐ--Sprague-Dawleyのそのままなメスのラットの寿命のスパンの間に起こる胸の癌腫の90%。 あるエストリオルの前駆物質はテストされた23の他のエストロゲン間の乳癌の開発のより少なく抑制的および男性ホルモン、プロゲスチンおよびglucocorticoidsだった。 100つより頻繁か低いエストリオルの線量--200かmicrogram/kg/24 h 2か月毎に胸の発癌のより少なく抑制的だった。 他のタイプの新生物はまた20子宮の重量を減らしたエストリオルのインプラントによって発生で減らなかった、--25%。 estroneのためのエストリオルまたは標的細胞の核受容器の複合体のestradiolの断続的な取り替えは乳癌の発生の減少の去勢の効果に類似しているこれらの観察をおそらく説明する。 人間の調査は10の口頭エストリオルの線量のための優秀な許容を示す--普通以下のエストリオル/estrone + estradiolの尿の商を訂正するかもしれない200 microgram/kg/24 hの疫学的な調査の胸の発癌の高い危険と関連付けた

oestrogensを持つmenopausal患者の処置のPathophysiologic考察; 乳房の癌腫の防止に於いてのエストリオルの役割。

レモンHM。

アクタEndocrinol Suppl (Copenh)。 1980; 233:17-27.

月経閉止期で、oestroneまたはoestradiol17のベータ補足の後で胸または子宮の癌の開発の可能性を高めるかもしれないoestrogenの新陳代謝の複数の異常は報告された。 神秘的な甲状腺機能低下症はC2ヒドロキシル化によってoestrogenの不活性化の率を減らし、女性の15-20%にエストリオルにC16ヒドロキシル化の低い率がある。 減らされた性ホルモンの結合のグロブリンの集中はそれにより血しょうのoestradiolの生物学的に活動的で自由な一部分を増加する肥満と共同して、起こる。 エストリオルは吸収の後で最低の新陳代謝を経、性ホルモンの結合のグロブリンに結合しないし、そしてoestradiol受容器蛋白質の核結合の持続期間の減少によって反oestradiolの行為があるので、oestroneかoestradiolより癌傾向がある女性のターゲット器官のproliferative変更を引き起こすことはまずない。 断続的な非活用されたエストリオルの処置は22のテストされた混合物の最も重要な反乳房の発癌性の活動を示した、またSpragueそのままなメスのDawleyのラットの反uterotropic活動は2異なった発癌物質のどちらかに与えた(7つは、12 dimethylbenz (a)アントラセン、procarbazine)寿命のスパンのためにおよび続いた。 保護効果は乳房の癌腫だけのために特定で、成長曲線の20%の増加を用いるラットで減った。 後menopausal女性の口頭エストリオル療法の臨床経験はこれまでに癌の開発の少し危険を示した

エストリオルまたはtamoxifenによるラットの放射線起源乳房の癌腫の阻止。

Kumar PF、ピーターソンC、レモンHM等。

蟹座。 5月1989日1日; 63(9):1685-92.

乳房の癌腫は3.5 Gyの年齢で管理される全身のガンマ放射によってSprague-Dawleyの新しいメスのラットへの40から50日引き起こされた。 照射された制御142で癌腫の発生は観察された生存者300日以下の7.8%およびそれらのの38.3%を長く存続平均した(P tテストによってより少なくより0.001)。 乳房癌の昇進は2つの方法によって禁じられた: 331から449のneoplasiaまでの中間日の観察が明らかだった後露出が制御の76%からの48%に癌の発生を減らした2週後エストリオル(E3) 638マイクログラム/月(2.2 microns/mo) subcutaneously始まる寿命のスパンのために(Pより少しキー正方形の分析によってより0.02)。 子宮の重量は制御および扱われたグループで類似して、他の同時実験からのnonirradiated制御の子宮より大きい15%から18%だった。 17アルファethinylのエストリオル(EE3)の線量6つの月例638マイクログラムは制御の88%からの64% (Pキー正方形の分析によってより少なくより0.05)に腫瘍を減らし、癌の手始め(P生命表の分析によってより少なくより0.01-0.04)を遅らせた。 6か月の処置の後のEthinylのestradiol (EE2)は同様にnonmammary上皮性の悪性腫瘍の六倍の増加との75% (NS)に発生を、減らす乳房の腫瘍の開発を遅らせた。 放射が6つの実験の乳房癌の発生を変えなかった5日後3日の間に前に始まるエストリオルの管理に。 2.5 mgのtamoxifen (4.44 microns/mo)の月例注入は放射が307から314日の観察(Pキー正方形の分析によってより少なくより0.001)の後で83%から14%まで乳房癌の発生を減らした2週後始まった。 扱われたラットは内生estradiolの活動の封鎖に一貫したatrophic卵巣および子宮があった。 10から30 micrograms/kg/day (35-100 microns/kg/day)を使用して短期非経口的なE3かEE3療法はそれに続く発情周期の減損なしで急速に新しいラットの乳腺を区別し、放射線起源乳房の癌腫の危険の減少のための去勢か生涯にantiestrogen療法に代わりを提供する

骨粗しょう症の防止の自然なプロゲステロンのクリームの使用の臨床調査。

Leonetti H。

7777;1998

vasomotor徴候およびpostmenopausal骨の損失のためのTransdermalプロゲステロンのクリーム。

LeonettiのHB、Longo S、Anasti JN。

Obstet Gynecol。 8月1999日; 94(2):225-8.

目的: vasomotor徴候を制御し、postmenopausal骨の損失を防ぐためのtransdermalプロゲステロンのクリームの有効性を定めるため。 方法: 私達はtransdermalプロゲステロンのクリームか偽薬に任意に5年間の月経閉止期以内の102人の健康な女性を割り当てた。 データ解析が完了したまで調査の主題および調査官は覆われた。 初期評価は完全な歴史、精密身体検査を含んでいたり、ミネラル密度決定および血清の調査(TSH、FSH、脂質のプロフィールおよび化学プロフィール)を骨を抜く。 主題は皮の日刊新聞にクリームの四分の一ティースプーンを(20 mgのプロゲステロンか偽薬を含んでいる)加えるように指示され。 各カルシウムの女性によって受け取られた毎日のmultivitaminsそして1200のmgは徴候の検討についてはおよび4か月毎に見られた。 骨はスキャンし、血清化学は1年後に繰り返された。 結果: 処置のグループの43 (69%)および偽薬のグループの47の26の30は(55%) vasomotor徴候の最初に不平を言った。 週間徴候日記の検討によって定められるようにvasomotor徴候の改善か決断は、30の(83%の)処置の主題の25および26の(19%の)偽薬の主題の5で、注意された(P < .001)。 但し、1.2%を超過する骨のミネラル密度で利益を示した女性の数は異ならなかった(アルファ= 80%の「.05の」力)。 結論: 私達が1年後に骨密度に対する保護効果を見つけなかったが、私達は扱われたグループのvasomotor徴候の重要な改善を見た

項目プロゲステロンのクリームはエストロゲン刺激されたendometriumに対するantiproliferative効果をもたらす。

LeonettiのHB、ウイルソンKJ、Anasti JN。

Fertil Steril。 1月2003日; 79(1):221-2.

婦人科の無秩序のためのCimicifugaのracemosaの治療上の効力そして安全。

Liske E。

ADV Ther。 1月1998日; 15(1):45-53.

phytopharmaceuticalsの再生可能な質--漢方薬--機能無秩序の処置のよい効力そして許容範囲のための必要な前提条件はある。 臨床試験および科学的な調査では、標準化された査定は臨床効力および許容範囲を確立するために(すなわち、認可され、国際的に認められた、そして受け入れられたスケール)基礎を提供する。 ハーブのCimicifugaのracemosa (黒いcohosh)のrootstockのエキス(ethanolicおよびisopropanolic水様、Remifemin)は婦人科の無秩序、特にclimacteric徴候の処置のために開発される有効成分である。 C.のracemosaのrootstockのエキスと経験を文書化する薬物監視および臨床調査はmenopausal徴候(例えば、熱いフラッシュ、おおまかな発汗の睡眠の妨害、憂鬱な気分)のためのこの草の処置でデータベースを構成する。 これらの調査はC.のracemosaのためのよい治療上の効力および許容範囲のプロフィールを示す。 さらに、臨床および実験調査はC.のracemosaのrootstockがホルモンそっくりの活動を示さないことを、ように最初に仮定された示す

乳房の異形成の患者の内分泌変数そしてアルファ トコフェロール療法。

ロンドンRS、Sundaram GS、Schultz M、等。

蟹座Res。 9月1981日; 41 (9つのPt 2): 3811-3。

乳房の異形成(17人の患者)および制御(6人の患者)を用いる患者はアルファ トコフェロールのアセテート(600単位/日)と二重盲目の調査で扱われた。 血清のアルファ トコフェロールの決定、estradiol、エストリオル。、およびプロゲステロンは月経の日21に療法の前および最中で集められた血液サンプルからなされた。 患者のEight-eight %は療法への臨床応答を示した。 血清のアルファ トコフェロールの集中は患者および制御の療法の後に上がった。 患者が高められた血清のプロゲステロンの集中の方に傾向を示したが、血清のestradiolおよびプロゲステロンの集中は統計的に療法の後で患者か制御で異なっていなかった。 但し、乳房の異形成の患者で異常であるestradiolへのプロゲステロンの比率は30 +/- 7からアルファ トコフェロール療法(pより少なくより0.05)の後に53 +/-患者の11に(S.E.)上がった。 制御患者はプロゲステロン/estradiolの比率の重要な変更を示さなかった。 この調査の結果はアルファ トコフェロール療法が乳房の異形成の患者の異常なプロゲステロン/estradiolの比率を訂正するかもしれないことを示す悪性胸の病気のための未来の危険の減少の含意と

エストロゲンの新陳代謝に対する低脂肪食の効果。

Longcope C、Gorbach S、Goldin B、等。

J Clin Endocrinol Metab。 6月1987日; 64(6):1246-50.

脂肪の食事療法の低速を消費する女性は食事療法が脂肪で比較的高い女性より乳癌のための危険度が低いにある。 エストロゲンの新陳代謝に対する低脂肪食の効果を調査するためには、6人の正常な若い女性は西部式の高脂肪の食事療法を再度定義された低脂肪食の消費の2かの数か月後に食べている間調査され。 調査は両方とも[3H] estradiol [(3H] E2)および[14C] 96 h.のための多数の血液サンプルそして尿のE2 ivおよびそれに続くコレクションの同時管理を口頭で含んだ。 血液サンプルはestrone (E1)、E2、glucuronidesおよびE1硫酸塩として放射能のために分析された。 分かち合われた96-h尿の因数はE1、E2、エストリオル、16アルファhydroxyestrone (16アルファOHE1)、およびカテコールのエストロゲン、すなわちE1およびE2の2ヒドロキシそして2 methoxy代謝物質のglucuronidesそして硫酸塩として放射能のために分析された。 低脂肪食は両方の16ヒドロキシル化された代謝物質、エストリオルおよびパーセントとしてのとして[3H]カテコールのエストロゲンの排泄物のE2および[14C] E2および増加の管理された線量を表現された16アルファOHE1の尿の排泄物の一貫した、重要な(Pより少なくより0.05)減少で起因した。 しかし代謝物質の排泄物のこれらの変更はどちらかの[3H] E2または[14C] E2のMCRsまたは転換率の変更によって映らなかった。 従って、血からのE2の整理も腸地域からの吸収は食餌療法脂肪の比較的短期減少によって変わらなかったが、意味された発癌性のエストロゲン(16アルファOHE1)からのそしてより少なく活動的なカテコールのエストロゲンの方の尿の代謝物質のパターンに転位があった。 これは低脂肪食が乳癌の危険を減らすという重要なメカニズムを表すかもしれない

男性ホルモンの新陳代謝および月経閉止期。

Longcope C。

Semin Reprod Endocrinol。 1998; 16(2):111-5.

血の男性ホルモンの集中は早い成年期で最高になる。 dehydroepiandrosterone (DHEA)の集中がおよびdehydroepiandrosteroneの硫酸塩(DHEAS)の月経閉止期の直前にまたはで低下アンドロステンジオン(a)の着実に、集中およびテストステロン(t)低下する間。 DHEASは約12 L/dayの非常に低い新陳代謝の整理率(MCR)に終ってアルブミンに、強く区切られる。 DHEAおよびAはアルブミンに弱く区切られ、MCRsは1800から2000 L/dayである。 Tは性のホルモン結合のグロブリン(SHBG)に強く区切られ、TのMCRは約500 L/dayである。 MCRsに重要な変更は月経閉止期にまたは年齢とない。 新陳代謝の細道は月経閉止期estroneおよびestradiolへのDHEA、AおよびTの芳香族化で年齢のすべての増加変わらない。 従って、男性ホルモンの新陳代謝は月経閉止期自体でより年齢によって一般に多く影響される

熱いフラッシュの防止のためのMegestrolのアセテート。

LoprinziのCL、Michalak JC、Quella SK、等。

NイギリスJ Med。 8月1994日11日; 331(6):347-52.

背景。 Vasomotor熱いフラッシュは月経閉止期の間に女性と前立腺癌のための男性ホルモン剥奪療法を経た人のよくみられる症状である。 人の女性そして男性ホルモンのエストロゲンとの処置がこれらの徴候を減少できるがこれらのホルモンは乳癌を持つ女性と前立腺癌を持つ人で禁忌とされるかもしれない。 試験試験はprogestational代理店のmegestrolのアセテートが患者の両方のグループの熱いフラッシュを改善できることを提案した。 方法。 患者は男性ホルモン剥奪療法を経た前立腺癌を持つ乳癌そして66人の歴史の97人の女性を含んでいた。 すべての患者は煩わしく熱いフラッシュ(中央数、6.1および人のための女性のためのベース ラインの1日あたりの8.4)を経験した。 1週間の前処理の観察期間後で、患者は4週間megestrolのアセテートを(毎日二度20 mg)、4週間、または前処理の無作為化によって定められるように逆に二重盲目の方法の偽薬によって続かれて受け取った。 患者は毎日の徴候日記の熱いフラッシュの頻度そして厳格を文書化した。 結果。 4週後で、熱いフラッシュは偽薬を最初に受け取っているグループ21%とmegestrolのアセテートを最初に受け取っているグループ85%減った(P < 0.001)。 すべての資格がある扱われた患者のためのデータの意思に御馳走分析は偽薬のグループの20%と比較したmegestrolのアセテートのグループの74%、最初の4週の間に熱いフラッシュの頻度で、50%または多くの減少があったことを示した(P < 0.001)。 効力の程度は人および女性で類似していた。 唯一の副作用は女性の回収のmenstrual出血、megestrolのアセテートが中断された一般に行われる1だったから2週後。 結論。 低線量のmegestrolのアセテートはよく容認され、大幅に女性および人の熱いフラッシュの頻度を減らすことができる

2-hydroxyestroneしかしイソフラボンを含んでいる大豆の食事療法の間のpremenopausal女性のない16alpha-hydroxyestroneの増加された尿の排泄物。

Lu LJ、クリー語M、Josyula S、等。

蟹座Res。 3月2000日1日; 60(5):1299-305.

大豆で高いアジア食事療法は西部の食事療法と比較される乳癌のためのより危険度が低いと関連付けられる。 さらに、17beta-estradiol、4の2推定の発癌性の代謝物質のハイ レベル-およびanticarcinogenic代謝物質、2-hydroxyestrogensの16alpha-hydroxyestrogenおよびより低い量はより大きい乳癌の危険と、関連付けられた。 この調査では、私達は弱くestrogenicイソフラボンのgenisteinおよびdaidzeinを含んでいる2に大豆の食事療法の消費が17beta-estradiolの新陳代謝を変えるかもしれない仮説を-および16alphaヒドロキシル化されたプロダクト テストした。 8人の前menopausal女性は大豆含んでいることの新陳代謝の単位の一定した食事療法に置かれた。 食事療法は完全な月経に毎日豆乳および113-202のmg /day (158 +/- 26 mg /dayの平均+/- SD)イソフラボンからの400キロカロリーを提供した。 4か月の流出の期間後で、主題は含んでいた豆乳との同じ食事療法を、消費したが

ラットの16アルファhydroxyestroneの一時的な行為: 他のエストロゲンの代謝物質とのそして性間の前彎の原動力の比較。

Lustig RH、Mobbs CV、Pfaff DW、等。

JのステロイドBiochem。 9月1989日; 33(3):417-21.

16アルファHydroxyesterone (16OHE1)、estradiol (E2)の代謝物質およびエストリオル(E3)の前駆物質は、低い類縁(E2の3%)のエストロゲンの受容器(ER)への縛り、しかし生体外および生体内のシステムでestrogenicである。 この代謝物質はERに非dissociable方法で結合できる。 私達は前彎のスコア(LS)を使用してラットの頭脳のエストロゲンの代謝物質の行為の一時的な原動力の査定によってエストロゲンの効果の連続生物検定として手動刺激にこれらの特性を、生体内で検査した。 男性および女性はラットが車を含んでいる浸透minipumpsと植え付けられたフィッシャーE2、16OHE1、またはE3を去勢する。 16OHE1誘発LSは性相関的なE2およびE3両方の手始めで遅れた。 女性LSが男性のプラトーと広さで同じような最初のLSのプラトーに達した一方、男性LSはすべての代謝物質のための同じようなプラトーに達した。 次の数日にわたってポンプ取り外しまで主張したより高い広さの二次プラトーに達するために、女性LSは増加した。 ポンプ取り外しに、E2-のおよびE3刺激されたLSは両方の性でベースラインに男性の16OHE1刺激されたLSがポンプに続く6日間最高LSの延長を取り外し示した一方、すぐに落ちた。 これらの結果は16OHE1が両方の性の頭脳でestrogenicであることを提案する。 16OHE1のLSの手始めの遅れは悪いERの類縁に一貫している。 女性は男性はできなかったがすべての代謝物質への長期暴露を用いるLSを増加できた。 回収が非dissociably ERに結合し、延長されたestrogenic活発化を促進する機能に一貫していた後男性の最高LSを長く維持する16OHE1の機能。 但し、女性はラットの頭脳の配位子受容器の行為の原動力の性の特定性を提案するこの応答を表わさない

メンズおよび乳癌: mammographically指示された中心のバイオプシーのタイミングは結果に影響を与えるか。

Macleod J、Fraser R、Horeczko N。

J Surg Oncol。 7月2000日; 74(3):232-6.

背景および目的: 調査は月経の間に乳癌の分子の、遺伝および細胞変更を示した。 メンズの間の乳癌の細胞のproliferativeおよびmetastatic潜在性の変更は腫瘍がluteal段階に外科的に取除かれるとき改善された存続を説明できる。 乳房撮影/中心のバイオプシー(MAM-CB)のタイミングがまた乳癌の予想(組織学的な腫瘍の等級)に影響を与えたら検査されるこの調査。 方法: 1995年3月と2月1998日間の1つの医院でMAM-CBを経ている八十五人のpremenopausal女性は既往的に調査された。 すべての患者は段階IまたはIIが外科的に扱われた乳癌あった。 患者はMAM-CBのメンズの段階までに分かれた: (F、幾日0-14)小嚢またはluteal (L、幾日15-35)。 グループは臨床的に明らかな腫瘍の年齢、menarche、家系歴、nulliparity、母乳で育てること、および総パーセントで対等だった。 腫瘍(腫瘍サイズ、腫瘍のタイプ、エストロゲンおよびプロゲステロンの受容器の状態、腋窩のリンパ節の状態、リンパか管の侵入およびextranodal転移の存在)の病理学の特徴は2グループを渡ってまた対等だった。 結果: 低級な腫瘍は高級な腫瘍がMAM-CBのグループFで共通だった一方、MAM-CBのグループLでより頻繁だった(P = 0.002のキー2(4) = 17.06)。 結論: メンズに関連するMAM-CBのタイミングは乳癌の結果に影響を及ぼす要因であるかもしれない。 乳癌の結果に対するメンズの効果を検査する未来の調査はMAM-CBのタイミングの潜在的な効果を考慮するべきである

尿のoestrogenの代謝物質は乳癌を予測するか。 ガーンジーIIIのグループのフォローアップ。

Meilahn EN、De Stavola B、アレンDS、等。

Br Jの蟹座。 11月1998日; 78(9):1250-5.

これは事件の乳癌の危険に関連してoestrogenの新陳代謝、16alpha-hydroxyoestrone (16alpha-OHE1)および2-hydroxyoestrone (2-OHE1)の2つの主要な競争の細道の尿の手段の最初の前向き研究、である。 実験および場合制御の調査の結果はoestrogenic 16alpha-OHE1細道を支持する新陳代謝がより高い乳癌の危険につながるかもしれないことを提案する。 ガーンジーからの35歳以上女性は1977-85年に(n = 5104)調査され、乳癌および死亡率のために絶えず今日に至るまで監視されてしまった(ガーンジーIIIの帝国癌研究の資金)。 ベースラインで集められた点の尿サンプルの酵素の免疫学的検定(EIA)によって測定された尿のoestrogenの代謝物質のレベルの比較のための乳癌の事件の場合は3つの制御主題に一致し、19年まで間凍結する貯えた。 場合制御の調査に一貫した、後menopausal (しかしpremenopausal)女性は一致させた制御主題より約15%低い2:16のアルファOHE1の比率を示されている乳癌を開発することを続いたベースラインで起因する。 結果が統計的に重要ではなかったが、更に、2:16のアルファOHE1の最も高いtertileの代謝物質の比率の主題に最も低い3分の2で比率の女性より危険度が低い約30%があった(または= 0.71、95% CI = 0.29-1.75)。 それは、乳癌のためのほとんどの危険率と対照をなして、遅い年齢の最初は生れのような、oestrogenの新陳代謝が食事療法および練習によって変更可能ようである潜在的な重要性をこれがテストされることを残るが、もち女性に非病理学の手段によって乳癌の危険を下げる可能性を提供する

血しょうの再現性および1年の期間にわたるpremenopausal女性の尿の性のホルモン レベル。

Michaud DS、Manson JE、Spiegelman D、等。

蟹座のEpidemiolのBiomarkers Prev。 12月1999日; 8(12):1059-64.

premenopausal女性の内生性のステロイド ホルモンが乳癌および他の病気の危険と関連付けられるかもしれないがこの仮説を支える直接証拠は関連した調査の行ないの方法論的な問題によって大きい部分で限られる。 1つの主要な未解決問題は月経の特定の段階に集められる単一の血液サンプルが(のようなほとんどの疫学の研究で利用できる)その段階の長期レベルを反映するかどうかである。 この問題を扱うためには、2組の血および尿サンプルは小嚢およびluteal段階の1年の期間にわたる87人のpremenopausal女性から得られた。 血しょうestradiol、estroneおよびestroneの硫酸塩は両方の段階に得られた血液サンプルで一方プロゲステロンおよび尿の2測定され、- 16a-hydroxyestroneはluteal段階のサンプルだけで測定された。 結合された女性全員のためにintraclass相関係数(ICCs)は、1つの例外を除いて、0.52から血しょうエストロゲンのための0.71からおよび尿のエストロゲンの代謝物質及んだ。 唯一の例外はluteal段階(ICC = 0.19)のestradiolのためだった; 次の期間がluteal段階(ICC = 0.62のestradiolのための大幅により高くICCで起因した4-10日前に両方の周期でovulatoryだったおよび各サンプルを集めた女性だけの包含; 95%の信頼区間、0.43-0.78)。 これらのデータは、複数のためpremenopausal女性の血しょうおよび尿の性ホルモン、単一の小嚢またはluteal段階の測定が少なくとも1年の期間のその段階のホルモン レベルの適度に代表的であることを示す

口頭インドール3 carbinolを使用している肥満の女性の高められたエストロゲンの2ヒドロキシル化。

Michnovicz JJ。

Int J Obes Relat Metab Disord。 3月1998日; 22(3):227-9.

目的: 調査するためかどうか食餌療法のphytochemical、インドール3 carbinol (13C)、影響肥満の女性のestradiolの2ヒドロキシル化のレベル。 設計: 浄化された13C、2か月間400 mgの摂取を、含む臨床介在の調査。 主題: 、太りすぎ健康な、5 premenopausal女性(年齢: 35-47 yの体格指数(BMI): 27-53 kg/m2)。 測定: 2エストロゲンの代謝物質、2-hydroxyestrone (2OHE1)およびエストリオル(E3)は13Cの摂取の前後にuntimed夜通しの尿サンプルの放射免疫測定によって、測定された。 結果: 尿のエストロゲン、2OHE1/E3の比率はこれらの女性の2ヒドロキシル化の誘導を反映する13Cの後で肥満の女性で、かなり高められた。 結論: 肥満のpremenopausal女性の経験は食餌療法の代理店に応じてエストロゲンの2ヒドロキシル化、非肥満の女性と同じような13Cを高めた。 13Cへのこの応答は助けがエストロゲン依存した癌の危険性を減らすホルモン性の環境で起因するかもしれない

[潜伏hyperprolactinemiaによるluteal段階の欠陥の処置のVitexのagnusのcastusのエキス。 ランダム化された偽薬制御の二重盲目の調査の結果]。

Milewicz A、Gejdel E、Sworen H、等。

Arzneimittelforschung。 7月1993日; 43(7):752-6.

Vitexのagnusのcastusの準備(Strotanのカプセル)の効力はランダム化された二重ブラインドの調査で対偽薬調査された。 この臨床調査は潜伏hyperprolactinaemiaによるluteal段階の欠陥と52人の女性を含んだ。 毎日の線量は1カプセルの(20 mg) Vitexのagnusのcastusの準備および偽薬、それぞれだった。 調査の目標は高い下垂体のプロラクチンの予備が減らすことができ、luteal段階の長さおよびluteal段階のプロゲステロンの統合の欠損が正常化されているかどうか証明することだった。 ホルモン性の分析のための血は療法の3ヶ月の前後に幾日に月経の5-8そして日20取られた。 潜伏hyperprolactinaemiaはi.vの後でプロラクチン解放15および30の監視によって分分析された。 TRH 200マイクログラムのの注入。 37の完全な場合のレポート(偽薬: n = 20のverum: n = 17) 療法の3か月後で統計的に評価された。 プロラクチン解放は3か月後に減った、luteal段階正常化され、短くされたlutealプロゲステロンの統合の欠損は除去された。 これらの変更はverumのグループにだけ重要、起こって。 他のホルモン性変数はすべてベータestradiol verumを受け取っている患者のluteal段階に目覚める17を除いて変わらなかった。 副作用は、Vitexのagnusのcastusの準備と扱われた2人の女性妊娠した見られなかった。 テストされた準備は潜伏hyperprolactinaemiaによるluteal段階の欠陥の処置の有効な薬物であると考えられる

子宮内膜症: 栄養物によって治療へのキー。

製造所DS。

1999;56.

第一次アミンが付いている16アルファhydroxyestroneのアダクトの構造: ステロイドのDリングのアルファhydroxyiminesのHeynsの語順換えのための証拠。

Miyairi S、市川町T、Nambara T。

ステロイド。 7月1991日; 56(7):361-6.

16アルファHydroxyestrone、細胞の変形で関係するために疑われる人間のエストロゲン16のアルファ ヒドロキシル化のプロダクトは核部品が付いている安定したアダクトを形作るためにあった。 アルファhydroxyimineのHeynsの語順換えによって2-methoxyethylamineの16アルファhydroxyestroneから形作られた安定した共有アダクトは3ヒドロキシ17ベータ(2-methoxyethylamino) estra-1,3,5 (10)として- trien-16-one識別された。 同じプロダクトがアミンとベータhydroxyestrone 16から得られたのでアルファhydroxyenamineはHeynsの語順換えの本当らしい中間物である。 アダクトはリン酸緩衝液(pH 7.4)の37 Cでかなり安定していた/methanol 16-oxoestradiolから形作られたアダクトは6時間以内に逆そして完全に破壊されたが、(1:1 v/v)。 証拠はN-ことを提案する(3ヒドロキシ16 oxoestra 1,3,5 (ベータyl 10-trien-17)アミンは蛋白質が付いているDリングのアルファketolのエストロゲンから形作られる安定したアダクトの部分的な構造である

操作可能な乳癌の血清のプロゲステロンそして予想。

モールのPE、Wang DY、グレゴリーWM、等。

Br Jの蟹座。 6月1996日; 73(12):1552-5.

複数の調査は今月経のluteal段階の間に腫瘍の切除を経る操作可能な乳癌を持つ女性に小嚢段階の間に外科を持っているそれらよりよい予想があることを示してしまった。 乳癌の予想要因の前向き研究の一部として、血は外科の時に取られた。 1975年と1992年間でこれは3日の腫瘍の切除以内の289人のpremenopausal女性から利用できた。 すべては変更された定型的乳房切断術によって扱われたまたは最後のmenstrual期間(LMP)の腋窩の整理そして日付を含む胸の保存は239の(80%の)場合で知られていた。 血液サンプルはoestradiol (E2)およびプロゲステロン両方(p)のために試金された。 E2レベルの広い相互個々の変化のためにE2とLMP間に明確な関係がなかった。 但し、連続した中間の滑らかになる技術を使用して期待された循環的な変化は検知できる。 E2と存続間に重要な連合がなかった。 Pデータの滑らかになることは正常なホルモンのプロフィールと同じようなパターンをもたらした。 4 NG ml1のプロゲステロンのレベルとのそれらの場合にまたはもっと水平な< 4 NG ml1とのそれらよりかなりよい存続があった。 これはノード肯定的な患者で特に明確だった(P < 0.01)。 月経の状態の誤った分類の可能性は、誤って報告されたLMPのために周期の活動の独立したホルモン性の測定(p)の適用によって、最小になった。 この変数はまたanovular周期を経るかもしれない女性を識別する。 従ってこの調査は腫瘍の切除の時のプロゲステロンの上げられたレベルが操作可能な乳癌を持つ女性のための予想の改善と関連付けられることを確認した

年齢の前進の人そして女性のdehydroepiandrosteroneの取り替えの線量の効果。

モラレスAJNJJNJCYSS。

J Clin Endocrinol Metab。 1995; 80(9): 2799 (誤り)。

ipriflavoneおよび活用された馬のエストロゲンの組合せを用いるoophorectomized女性の骨の損失の処置。

Nozaki M、橋本K、Inoue Y、等。

Int J Gynaecol Obstet。 7月1998日; 62(1):69-75.

目的: 私達は前に活用された馬のエストロゲン(CEE)の0.625 mg /dayが卵巣切除術の後の最初の年の激しい骨の損失を防ぐことができなかったことを報告した。 骨のミネラル密度(BMD)に対するipriflavoneの付加的な管理の効果および改造する骨の生化学的な索引はCEEの並行使用およびipriflavoneが外科月経閉止期に従がって初期の激しい骨の損失を防ぐかどうか調査するために調査された。 方法: 百人そして16人のoophorectomized女性は処置に従って4グループに任意に分けられた; グループ1: 偽薬、n = 30; グループ2: CEE (0.625 mg /day)、n = 29; グループ3: ipriflavone (600のmg /day)、n = 30; グループ4: ipriflavone (600のmg /day)とCEE (0.625 mg /day)、n = 27。 脊椎BMDはabsorptiometry二重エネルギーX線を使用して(DEXA)測定され、骨の新陳代謝の2つの生化学的な索引、尿のpyridinoline (Pyr)および(これの)血清のそのままな人間のosteocalcinはまた、の前に、処置の開始の後の24週および48週測定された。 結果: BMDはグループの6.1、3.9および5.1%グループの1-3、それぞれ、グループ4. Pyrの1.2%だけまでに48週49.5、32.0および41.5%減った処置の後の2-4、それぞれ減った。 またグループ2および4の45.2そして21.6%減るが、骨の新陳代謝の転換のCEEそしてipriflavoneの抑制的な行為および骨の形成のipriflavoneのstimulatory行為を提案しているグループ3の40.5%増加するこれ。 結論: 卵巣切除術が骨の損失を禁じ、卵巣切除術の後で維持の骨の固まりで有効であると考慮された後初期からのCEEとのipriflavoneの付随の使用

人間胸のティッシュのestradiol C16のアルファ ヒドロキシル化のUpregulation: 乳癌の危険の潜在的なbiomarker。

Osborne MPのBradlowのHL、Wong GY、等。

Jの国民の蟹座Inst。 12月1993日1日; 85(23):1917-20.

背景: C16アルファ ヒドロキシル化細道によって(E2)乳癌を持つ患者、乳癌を開発するための高められた危険の主題、およびc Ha ras始められたマウスの乳房の上皮細胞でベータestradiol自然なエストロゲン17のbiotransformationは上がる。 目的: E2 C16のアルファ ヒドロキシル化の範囲の相違が乳癌を開発する危険と関連しているかどうか定めるためには、私達は人間胸の発癌の推定ターゲット場所であるとnontargetの構成の乳房の脂肪質のティッシュのC16アルファ ヒドロキシル化細道によってE2のbiotransformationの範囲を検査した上皮性のorganoids、乳房の末端の管のlobular単位(TDLUs)。 方法: Noninvolvedの乳房のティッシュは減少のmammoplastyを経ている4人の患者と乳癌のための4経る乳房切除から得られた。 [C16アルファ3H] E2からの化学量論的な3H交換によって引き起こされる3H2O形成を測定する放射試金がTDLUsおよび乳房の脂肪のexplant文化のC16アルファ ヒドロキシル化の相対的な範囲を比較するのに利用された。 結果: E2 C16のアルファ ヒドロキシル化の範囲は減少のmammoplasty (すなわち、「危険度が低い」)の患者からのTDLUsの高の1.83折目より高く(95%の信頼区間[CI] = 1.71-1.97)および乳房の脂肪で観察された対応する価値の乳房切除(すなわち、「危険度が高い」)の患者からのTDLUsの7.96折目より(95% CI = 6.38-10.55)だった。 癌のための乳房切除を経ている患者から得られたTDLUsではこの新陳代謝の範囲は癌を経験しなかった減少のmammoplastyの患者からより高く4.56折目(95% CI = 3.97-5.33)よりTDLUsで観察されたそれ得ただった。 結論: 人間胸、特にTDLUsの上皮性のorganoidsのE2のC16アルファ ヒドロキシル化の範囲の増加は、乳癌の誘導のための重要な要因であるかもしれない。 このupregulationは乳癌を開発する危険のための内分泌のbiomarkerを表すかもしれない。 含意: より大きい前向き研究はこの内分泌のbiomarkerの臨床重大さを確認するように要求される

オメガ3つの脂肪酸: 乳癌の防止のためのエストロゲンの新陳代謝そして潜在性の調節。

Osborne MPKRAHRJBHLKIAWWRRPPFJ。

蟹座は投資する。 1988; 6(5):629-31.

パート2: 薬に於いての大豆の役割。 、ブリュッセルPalais des議会の会議で示される、ベルギー、1996年9月15-17日; 生命延長雑誌1997年3月をまた見なさい。

Ostman C。

1997;

menopausal転移の間の熱いフラッシュに関連する男性ホルモンそしてエストロゲン。

I、Moen MH、Holte Aの、等上にありなさい。

Maturitas。 1月2002日30日; 41(1):69-77.

このペーパーでは、menopausal転移の間のvasomotor不平へのホルモンの連合は論議される。 ホルモン補充療法(HRT)の歴史のない五十七人の規則的に月経になる女性はmenopausal転移のまわりの縦方向、前向き研究に選ばれた。 調査のはじめに平均年齢は51.3の(+/-2.0)年だった。 12か月の間隔ですべての女性は半構成されたインタビューによって行き、アンケートを記入した。 静脈の血液サンプルはestradiol (E2)、テストステロン、androstendione、dehydroepiandrosterone硫酸塩(DHEA-S)、小胞ホルモン刺激(FSH)、thyrotropin (TSH)、およびluteinizingホルモン(LH)の分析のためのあらゆる12ヶ月集められた。 Vasomotor不平は苦脳の発生、頻度およびある程度の点では発汗の熱いフラッシュそして一続きについての質問を使用してテストされた。 主題の四十六%月経閉止期の前に月経閉止期の後の最初の年の間に67%増加する発汗の熱いフラッシュそして一続きをおよび第2年のpostmenopauseの49%に報告した。 estradiolの低水準およびFSHのハイ レベルは月経閉止期の前のvasomotor不平と関連付けられた。 月経閉止期の間にTSHのハイ レベルはvasomotor不平と関連していた。 月経閉止期の後の最初の年、この時点で熱いフラッシュを達成した女性はE2の特徴付けられハイ レベル、FSHの低下および低水準、増加するによって。 テストステロンのPostmenopausal、ハイ レベルおよびDHEA-Sはvasomotor徴候から保護したようである。 私達の最も重要な見つけることは最後の査定、後で1年に、最初の査定のpostmenopauseで熱いフラッシュを達成した女性間のそれ、高い男性ホルモンのレベルだった熱いフラッシュからの回復の重要な予言者あった

NIHの研究および他の努力はMenopausal転移に関連していた。

Pinn VWNSBA。

2002年; 4月2002日22日

大豆蛋白およびイソフラボン: postmenopausal女性の血の脂質および骨密度に対する効果。

陶工SM、Baum JA、Teng H、等。

AM J Clin Nutr。 12月1998日; 68 (6つのSuppl): 1375S-9S.

大豆蛋白の効果(40 g/d)は6 moの平行グループ、3つの介在を用いる二重盲目の試験の間に、hypercholesterolemic、postmenopausal女性で血の脂質のプロフィール、単核の細胞LDLの受容器の伝令RNAおよび骨のミネラル密度および内容のイソフラボンの適当な、高い濃度を含んでいて自由住んでいる66調査された。 主題が低脂肪国民のコレステロールの教育プログラムのステップIに従った14 dの統制勘定後で、低コレステロールの食事療法は3つの食餌療法のグループの1に、すべての主題任意に割り当てられた: カゼインおよび脱脂乾燥した私によってが1.39 mg isoflavones/g蛋白質(ISP56)を含んでいる隔離された大豆蛋白からの40 g protein/dとまたはステップ食事療法するミルク(CNFDM)、私によってが2.25 mg isoflavones/g蛋白質(ISP90)を含んでいる隔離された大豆蛋白からの40 g protein/dと食事療法するステップから得られる40 g protein/dのステップI食事療法。 総および地方骨のミネラル内容および密度は査定された。 ISP56およびISP90両方のための非HDLコレステロールはCNFDMのグループとグループ比較した減った(P < 0.05)。 HDLのコレステロールはISP56およびISP90両方でグループ増加した(P < 0.05)。 単核の細胞LDLの受容器mRNAはそれらの消費CNFDMと比較されたISP56かISP90を消費する主題で増加した(P < 0.05)。 顕著な増加は腰神経脊柱の骨の両方ミネラル内容そして密度で制御グループと比較されたISP90グループのために他の所で行われた(P < 0.05)。 6 moの両方のイソフラボンの集中の大豆蛋白の取入口はpostmenopausal女性の心循環器疾患と関連付けられる危険率を減らすかもしれない。 但し、背骨の骨の損失から保護されるより高いイソフラボン含んでいるプロダクトだけ

乳癌の歴史の女性のホルモンの取り替え。

Pritchard KI。

腫瘍学者。 2001; 6(4):353-62.

プロゲステロン(ホルモン補充療法[HRT]単独で使用される)の付加と(エストロゲン取り替え療法[ERT])またはエストロゲンは熱いフラッシュ、腟の乾燥および尿の徴候を含むmenopausal徴候の減少で有効であるために知られている。 しかし再発の危険性を高めるかもしれないというが恐れのために乳癌の前の診断の女性で伝統的に禁忌とされた。 かなりの基本的な科学的なデータしかし少し方法論的に強い観測データおよび乳癌の前の診断の女性のERTの使用に関するランダム化された調査からどれもあり。 しかし乳癌の生理学の私達の知識からエストロゲンやprogestational代理店は乳癌の前の診断の女性で慎重に使用されるべきである。 venlafaxineのようなビタミンE、クロニジンおよび選択的なセロトニンのreuptakeの抑制剤の抗鬱剤のようなmenopausal徴候の防止のERT/HRTへ多くの代わりが現在ある。 骨粗しょう症の防止へまた他のいろいろアプローチがあり、bisphosphonatesを含む心循環器疾患は、練習食事療法し; そして食事療法、練習およびstatins、それぞれ。 結腸癌の防止のようなエストロゲンの他の提案された有利な効果はアスピリンまたは非steroidalsの使用によって近づくことができる。 乳癌の前の診断のmenopausal女性で2年に対療法使用するERT/HRTの複数の試験はヨーロッパおよび英本国で進行中でし、この設定に於いてのHRTの役割に関して私達により強いデータを与えるべきである

熱いフラッシュの処置のための癌の生存者によるmegestrolのアセテートの長期使用。

Quella SKのLoprinziのCL、Sloan JA、等。

蟹座。 5月1998日1日; 82(9):1784-8.

背景: 熱いフラッシュは頻繁に胸の癌腫の生存者の面倒な男性ホルモンの剥奪療法を経た徴候および前立腺の癌腫の人である。 前の臨床調査は、短期基礎で、低い線量のmegestrolのアセテートが著しく熱いフラッシュを減らし、よく容認されたことを示した。 少し情報は熱いフラッシュのために利用でき低い線量のmegestrolのアセテートの長期使用を見なす。 方法: 前に熱いフラッシュのためのmegestrolのアセテートの短期使用を評価したランダム化された偽薬制御の試験で登録された患者は電話によって連絡され、インタビューされた。 結果: 合計132人は連絡された。 患者の9%彼らの熱いフラッシュの決断の後でmegestrolのアセテートを中断した。 連絡された患者の四十五%およそ3年megestrolのアセテートを1992調査の結論を越える利用し続けていた。 これらの患者の4分の3は<または= " 20" 1日あたりのmegestrolのアセテートのmg利用していた。 潜在的な毒性は冷え、食欲の刺激/体重増加、腟出血およびcarpalトンネル シンドロームの徴候のmegestrolのアセテートによって含まれていたエピソードに帰因した。 結論: 患者の相当な割合はまたは熱いフラッシュの継続的だった制御とより長い3年までの期間の間megestrolのアセテートを使用し続ける。 容認されるこの処置は比較的健康ようである

licochalcone-A、新しいestrogenicフラボノイドによるbcl-2そして細胞毒性の調節。

Rafi MM、Rosen RT、Vassil A、等。

抗癌性Res。 7月2000日; 20(4):2653-8.

草療法は臨床および生物活動についての少し理解にもかかわらず癌を持つ患者によって一般的、である。 私達は最近licorice根を含んでいる草の組合せPC-SPESに生体外で、動物で、そして前立腺癌を持つ患者で有効なestrogenic活動があったことを示した。 Licochalcone-A (LA)はantiparasiticおよび反腫瘍の活動のlicorice根から得られる1つのフラボノイド人間のエストロゲンの受容器に対する効果および反腫瘍の活動のメカニズムである未知であるが。 最近の調査はあるエストロゲンによる細胞毒素の効果のメカニズムが反apoptotic蛋白質bcl-2の調節を含むかもしれないことを示した。 現在の調査では、私達はLAにestrogenic活動、反腫瘍の活動があり、急性白血病、乳癌および前立腺癌から得られたヒト細胞ラインのapoptotic蛋白質bcl-2を調整したかどうか定めた。 人間のエストロゲンの受容器(彼女)の管理下のイースト成長ベースの試金はLAがphytoestrogenだったことを示した。 細胞の実行可能性の試金はLAにすべての細胞で反腫瘍の活動が並ぶpaclitaxelおよびvinblastineの化学療法の効果テストされ、高められてあったことを示した。 LAはPARPの開裂によって示されるようにMCF-7およびHL-60細胞ラインのapoptosisを、氷そっくりのプロテアーゼの基質引き起こした。 Immunoblotの分析はLAが反apoptotic蛋白質bcl-2を減らした示し、apoptosisを支持してbcl-2/baxの比率をことを変えた。 それに対して、親混合物のカルコンかestradiolはbc1-2表現を減らさなかった。 従って、これらのデータはLAが反腫瘍の活動のphytoestrogen、bcl-2蛋白質の表現を調整することができることを示す。 bcl-2の調節はLAのestrogenicityのLAおよび親混合物のカルコンおよび独立者の特定の構造違いに依存するかもしれない

女性のための自然なホルモンのバランス: より若く見、より強く感じ、そして生命活気と住みなさい。

Reiss U。

2001;

視覚記憶のエストロゲン取り替え療法そして縦方向の低下。 可能な保護効果か。

Resnick SM、Metter EJ、Zonderman AB。

神経学。 12月1997日; 49(6):1491-7.

エストロゲン取り替え療法(ERT)は老女の肉体的健康に対する有利な効果によるpostmenopausal女性のためにますます推薦される。 最近の調査はERTが認識機能に対する保護効果をもたらし、アルツハイマー病の危険を減らすかもしれないことを提案した。 現在の調査で私達はERTがnondemented女性の記憶に対する保護効果をもたらすかもしれないこと仮説をテストする。 ホルモン性の状態および記憶のデータは老化のボルティモアの縦方向調査の288人のpostmenopausal女性で検査された。 認識査定の間にERTを受け取っていたことを報告した百人の16人の女性は決してERTを受け取ったあらないことは172人の女性と比較された。 ERTを受け取っていた女性はBentonの視覚保持テスト(BVRT)、短期視覚記憶の測定、視覚および建設上の技術の少数の間違いがあった。 なお、ERTはBVRTデータがERTの処置の前および最中で利用できた18人の女性の小群のBVRTの性能の年齢の変更から保護したようである。 これらの調査結果はERTがnondemented postmenopausal女性の記憶低下から保護し、老化の女性に於いての認識機能のエストロゲンの有利な役割のためのそれ以上のサポートを提供するかもしれないことを提案する

エストロゲン取り替え療法および致命的な卵巣癌。

ロドリゲスC、Calle EE、Coates RJ、等。

AM J Epidemiol。 5月1995日1日; 141(9):828-35.

著者は癌、子宮摘出術、または卵巣の外科の前の歴史があった誰が1982年に登録でエストロゲン取り替え療法の使用と240,073 periおよびpostmenopausal女性、どれもの大きい将来の死亡率の調査の卵巣癌の死亡率間の関係をの検査しなかった。 7年間のフォローアップの間に、卵巣癌からの436の死は起こった。 コックス他の危険率を調節するのに比例した危険退化が使用された。 エストロゲン取り替え療法の使用は1.15の致命的な卵巣癌のための率の比率と関連付けられた(95%の信頼区間(CI) 0.94-1.42)。 死亡率の比率は6-10使用年数との1.40 (95 CI% 0.92-2.11)および1.71にこの調査に記入項目前に使用の持続期間と(95% CI 1.06-2.77)との>または= 11使用年数増加した。 両方の現在のユーザー(率の比率(RR) = 1.72、95% CI 1.01-2.90)および調査の記入項目の前のユーザーのと関連付けられた死亡率の増加は>または= 6使用年数ユーザーに関連して(RR = 1.48、95% CI 0.99-2.22)、決して観察されなかった。 使用と関連付けられた危険は他の危険率の何れかによって変更されなかった。 これらのデータはエストロゲン取り替え療法の長期使用が致命的な卵巣癌の危険性を高めるかもしれないことを提案する

再発呼吸のpapillomatosisのためのインドール3 carbinolの使用の予備の結果。

Rosenカリフォルニア、Woodson GE、トムソンJW、等。

Otolaryngolは首Surgの先頭に立つ。 6月1998日; 118(6):810-5.

目的: 私達は再発呼吸のpapillomatosisの処置のためのインドール3 carbinolを使用して段階Iの試験の予備の結果を報告する。 インドール3 carbinolはcruciferous野菜の高い濃度にあり、再発呼吸のpapillomatosisの細胞培養の成長のパターンを変え、再発呼吸のpapillomatosisの生体内の動物モデルで有効のために示されていた化学薬品である。 方法: 18人の患者は口頭インドール3 carbinolと扱われ、8か月の最低のフォローアップおよび14.6か月の中間のフォローアップがあった。 すべての患者はインドール3 carbinolを受け取り、結果の手段は処置の前にと比較された処置の間にpapillomaの成長率の変更および外科のための必要性が含まれていた。 すべての患者はpapillomaの位置および成長率を文書化するvideoendoscopyの連続検査があった。 結果: 調査の患者の33% (18の6)彼らのpapillomaの成長の停止があり、調査の始めから外科を要求しなかった。 6人の患者は減らされたpapillomaの成長率があり、6人の(33%の)患者はインドール3 carbinolへの臨床応答を示さなかった。 インドール3 carbinolはestradiolのヒドロキシル化の比率に影響を与える; インドール3 carbinolによって引き起こされたestradiolの尿の2ヒドロキシル化そして16ヒドロキシル化の比率の変更は臨床応答によく関連した。 子供の成長曲線の主要な複雑化か変更は注意されなかった。 結論: インドール3 carbinolの把握約束との再発呼吸のpapillomatosisを扱った予備の結果。 この忍耐強いグループのより長いフォローアップおよび盲目にされた、管理された試験は要求される。 私達はインドール3 carbinolが安全、よく容認されてようである結論を出し、ことを再発呼吸のpapillomatosisのための効果がある処置であるかもしれない

健康なpostmenopausal女性のプロゲスチンとエストロゲンの危険そして利点: 校長は女性の健康の率先によってランダム化される制御された試験に起因する。

Rossouw JE、アンダーソンGLの無経験RL、等。

JAMA. 7月2002日17日; 288(3):321-33.

文脈: 集められた観測の証拠の十年にもかかわらず、危険のバランスおよび健康なpostmenopausal女性のホルモンの使用のための利点ははっきりしない。 目的: 米国の最も一般的な結合されたホルモンの準備の主要な医療補助そして危険を査定するため。 設計: 女性の健康の率先のプロゲスチンの部品とエストロゲンは、ベースラインのそのままな子宮を搭載するランダム化された管理された第一次防止の試験(計画された持続期間、8.5年) 1993-1998年に40の米国の臨床中心によって16608人のpostmenopausal女性が老化した50-79年募集された。 介在: 受け取られた関係者は馬のエストロゲン、0.625 mg/dを、1つのタブレット(n = 8506)または偽薬のmedroxyprogesteroneのアセテート、2.5 mg/dと、活用した(n = 8102)。 主要な結果は測定する: 第一次結果は第一次不利な結果として侵略的な乳癌との冠状心臓病(CHD) (重大でない心筋梗塞およびCHDの死)、だった。 危険および利点のバランスを要約する全体的な索引は打撃、肺塞栓症(PE)、endometrial癌、大腸癌、情報通の他によるひびおよび死と2第一次結果が原因含まれていた。 結果: 2002年5月31日、5.2年間のフォローアップ、データおよび安全監視台の平均プロゲスチンとエストロゲンの試験を対偽薬停止することを推薦した後この悪影響のための停止の境界におよび侵略的な乳癌のための検定統計量が超過したので全体的な索引の統計量は利点を超過する危険を支えた。 このレポートは2002年4月30日によって主要な臨床結果のデータが含まれている。 次の通り推定危険の比率(HRs) ([シス形]体言95%の信頼区間)あった: CHD 286の場合との1.29 (1.02-1.63); 乳癌290の場合との1.26 (1.00-1.59); 打撃212の場合との1.41 (1.07-1.85); PE、101の場合との2.13 (1.39-3.25); 大腸癌、112の場合との0.63 (0.43-0.92); endometrial癌、47の場合との0.83 (0.47-1.47); 情報通のひび、106の場合との0.66 (0.45-0.98); そして他の原因による死331の場合との0.92 (0.74-1.14)。 合成の結果のための対応するHRs (シス形体言95%)は総心循環器疾患(幹線および静脈の病気)のための1.22 (1.09-1.36)、総癌のための1.03 (0.90-1.17)、結合されたひびのための0.76 (0.69-0.85)、総死亡率のための0.98 (0.82-1.18)、および全体的な索引のための1.15 (1.03-1.28)だった。 プロゲスチンとエストロゲンに1 10の000人年あたり絶対余分な危険は帰することができる1 10の000人年あたり絶対危険の減少は6少数の大腸癌および5少数のヒップのひびだったが、7つのより多くのCHDのでき事、8回のより多くの打撃、8より多くのPEs、および8つのより侵略的な乳癌だった。 全体的な索引に含まれていたでき事の絶対余分な危険は1 10の000人年あたり19だった。 結論: 全面的な健康を損う危険性は健康なpostmenopausal米国の女性間の平均5.2年のフォローアップのためのプロゲスチンと結合されたエストロゲンの使用からの利点を超過した。 全原因の死亡率は試験の間に影響を受けていなかった。 この試験で見つけられる危険利点のプロフィールは慢性疾患の第一次防止の実行可能な介在のための条件に一貫していないし、この養生法がCHDの第一次防止のために始められるか、または続くべきではないことを結果は示す

月経閉止期のPsychosexual効果: 男性ホルモンの役割。

Sarrel PM。

AM J Obstet Gynecol。 3月1999日; 180 (3つのPt 2): S319-S324.

卵巣のホルモン エストロゲン、男性ホルモンおよびプロゲステロン農産物神経系の効果の無数。 頭脳の男性ホルモンの効果は男性ホルモン特定の受容器を通してそしてestradiolへのテストステロンの芳香族化によって仲介される。 男性ホルモンの循環のレベルの変化は月経閉止期の後に起こるpsychologicおよび性の変更の重要な役割を担う。 psychologic徴候、維持の腟の潤滑の減少した腟の萎縮を改善すること、およびpostmenopausal女性の骨盤の血の流れを高めることの短期エストロゲン療法の効果はよくとり上げられる。 但し、何人かの患者は単独でエストロゲンより多くがpsychologic機能障害、減らされた性欲、または月経閉止期と関連付けられる他の性問題を改善するように要求する。 臨床調査からの結果は男性ホルモンとエストロゲンとのホルモン補充療法がpsychologic (例えば、集中、不況および疲労の欠乏)および性の(例えば、オルガスムを持つ減らされたリビドーおよび無力)徴候のより大きい改善をより提供することを単独でエストロゲン自然そして外科的にmenopausal女性示す

乳癌を持つ女性のestradiolの異常な酸化新陳代謝。

シュナイダーJ、Kinne D、Fracchia A、等。

Proc国民のAcad Sci米国。 5月1982日; 79(9):3047-51.

estradiolの3つの支配的な酸化biotransformationsは乳癌を持つ10人の正常な女性そして33人の女性で最近案出された放射方法の使用によって検査された。 17アルファの3Hととりわけ分類されたEstradiolのトレーサーが、C-2、か16アルファの位置、17ベータol酸化(最初の新陳代謝のステップ)およびそれに続くのの率そして範囲を両方測定するのに2つの-そして16のアルファ酸化反作用使用された。 中間は+/-この3つの特定の場所のestradiolの新陳代謝の範囲のためのこの3つの特定の場所のextradiolの新陳代謝の範囲のためのSEMの価値76.9 +/- 5.3%、31.1 +/- 4.0%、および9.3 +/-正常な主題の0.8%、それぞれだった。 乳癌を持つ患者の対応するデータ--すなわち、73.0 +/- 4.2%、32.7 +/- 2.7%、および14.9 +/- 1.5%--後の人口の16アルファ ヒドロキシル化のかなりすばらしい範囲を明らかにした。 16のアルファ ヒドロキシル化された混合物(を含むエストリオル)自身が有効なエストロゲンであるので、これらの変更は病気の病因学に関係できる重要なhyperestrogenic結果があるかもしれない

MCF-7人間の乳癌の細胞の2-hydroxyestroneのAntiestrogenの行為。

シュナイダーJ、ハァッMMのBradlowのHL、等。

J Biol Chem。 4月1984日25日; 259(8):4840-5.

エストロゲンの敏感な人間の乳癌MCF-7の細胞培養は2-hydroxyestroneへの応答のためにestradiolの主な代謝物質検査された。 10の集中の細胞培養への2-hydroxyestroneの付加(- 9) - 10の(- 6) Mはこれらの細胞で非常に活発であるカテコールO-methyltransferaseによってカテコールのエストロゲンの急速なOメチル化のために細胞の成長および拡散に対する効果をもたらさなかった。 quinalizarin、ステロイドのOメチル化を減らすカテコールのO-methyltransferaseの有効な抑制剤、10の(- 7) Mおよび10の(- 8)の前でM 2-hydroxyestroneは著しく細胞の成長そして拡散を抑制する。 カテコールのエストロゲンの腫瘍の細胞の成長抑制的な行為は10 (- 9) Mのestradiolの存在によって中和した。 細胞の成長のカテコールのエストロゲンの阻止は受容器仲介される阻止が特定で、エストロゲンであるという証拠を提供するエストロゲンの受容器否定的な人間の乳癌の細胞ラインMDA-MB-231およびMDA-MB-330で観察されない。 それに対して、estradiolの16アルファ ヒドロキシル化された代謝物質、エストリオルおよび16アルファhydroxyestroneはエストロゲンの受容器の類縁から期待されるそれ以上、後の表わす潜在的能力のMCF-7細胞増殖の有効な刺激物である。 現在の結果は2-hydroxyestroneの特定の受容器仲介されたantiestrogenic行為の最初の観察を表し、第一次エストロゲンのアゴニストの活動の生理学的な規則がカテコールのエストロゲンのそのままの生成を含むかもしれないことを提案する

ホルモン関連の癌のエストロゲンの代謝物質の比率そして危険性評価。 子宮頸癌・の危険の試金の確認そして予言。

Sepkovic DWのBradlowのHL、Ho G、等。

アンN Y Acad Sci。 9月1995日30日; 768:312-6.

Phytoestrogens: 大豆のイソフラボンの人間の健康のための生物化学、生理学および含意。

Setchell KD。

AM J Clin Nutr。 12月1998日; 68 (6つのSuppl): 1333S-46S.

多くの細胞および生化学的なでき事のhomeostatic規則のエストロゲンの重要性はエストロゲンの不足と起こるpathophysiologic変更によってよく説明される。 西部の人口の主要な病気の多数は依存したホルモンであり、疫学的なデータは発生間の強い連合を示し、食事療法する。 特に、植物ベースの食事療法の重要性は消費されるべきである果物と野菜の割合そして量の増加を強調する現在の食餌療法の推薦から明白である。 食事療法の個々の部品の役割の解釈は疫学的な、食餌療法の調査から困難であるが、相談できる重要な医療補助多くの植物得られたbioactive nonnutrientsがあること確認される。 これらのphytochemicalsの間でphytoestrogensと呼ばれるnonsteroidalエストロゲンの広いクラスはあり比較的高い濃度のために過去10年間に大豆蛋白に於いてのイソフラボンの役割にかなりの興味がずっとある。 適度な量の摂取された大豆蛋白のイソフラボンは腸のmicrofloraによってbiotransformed、吸収され、enterohepaticリサイクルを経、そして複数の一桁によって内生エストロゲンの量を超過する循環の集中に達する。 これらのphytoestrogensにおよび代謝物質にphytoestrogensで豊富な食事療法の生物学的作用の一部を説明するかもしれない多くの有効なホルモン性およびnonhormonalの活動がある

健康な人間の純粋なイソフラボンの生物学的利用能および商業大豆のイソフラボンの補足の分析。

Setchell KD、ブラウンNM、Desai P、等。

J Nutr。 4月2001日; 131 (4つのSuppl): 1362S-75S.

自然発生するイソフラボンのpharmacokinetic行動はずっと健康な大人ではじめて定められている。 私達は19人の健康な女性と単一膠灰粘土の線量として管理された純粋なdaidzein、genisteinおよびベータ グリコシドの血しょう動力学を比較した。 この調査はそれぞれのベータ グリコシドと比較されるイソフラボンのグリコシドのpharmacokineticsの相違を示す。 すべてのイソフラボンが腸地域から効率的に吸収されるが、aglyconesおよびベータ グリコシドの運命に顕著な相違がある。 ピーク血しょう集中((最高) t達成する)を平均時間 aglyconesのためにgenisteinおよびdaidzeinは5.2であり、6.6 hは、それぞれ、必要な生物学的利用能のためのグリコシドの一部分の加水分解の開裂のための滞在時間に一貫した9.3および9.0 hに一方対応するベータ グリコシドのために、t (最高)、それぞれ遅れた。 イソフラボンの配分の明白な容積は吸収の後で広範なティッシュの配分を確認する。 血しょうgenisteinの集中は2つのイソフラボンの同量が管理される、これはdaidzein (L) genistein (L) 161とのより広範な配分によってを比較される236説明されるときdaidzeinより一貫して高く。 血しょう出現および消失の集中のカーブの下で区域から測定されるようにaglyconesよりもむしろベータ グリコシドとして摂取された場合genisteinの全身の生物学的利用能[AUCは= 4.54 microg/(h) mL X]中間daidzeinのそれより大いに大きい中間[AUC = 2.94 microg/(h) mL X]、およびこれらのイソフラボンの生物学的利用能はより大きい。 methoxylatedイソフラボンのpharmacokineticsは分子のmethoxylのグループの位置によって明瞭な相違を示す。 2つのphytoestrogenの補足で見つけられたGlycitinは高い血しょうglyciteinの集中をもたらすベータ グリコシドの一部分および少しそれ以上のbiotransformationの加水分解を経た。 Biochanin Aおよびformononetinの1つのphytoestrogenの補足で見つけられた普通大豆含んでいる食糧の摂取の後で観察された高い血しょうgenisteinおよびdaidzeinの集中に終って2つのイソフラボンは急速そして効率的に、demethylated。 すべてのイソフラボンはpharmacokineticsおよび生物学的利用能で対等であることそれが仮定することができないのでpharmacokineticsおよび新陳代謝のこれらの相違に臨床調査のための含意がある。 33のphytoestrogenの補足およびエキスの分析は製造業者によって要求されたそれからのイソフラボンの内容のかなりの相違を明らかにした。 イソフラボンの血しょう集中は摂取される補足のタイプによってマーク付きの質的で、量的な相違を示す。 これらの調査はそのようなプロダクトの品質保証そして標準化の改善のための必要性を示す

女性の記憶に対するEstrogenic効果。

SherwinのBB。

アンN Y Acad Sci。 11月1994日14日; 743:213-30.

十分な証拠は今エストロゲンが女性の認識作用に影響を及ぼすという競合を支えるためにある。 さらに、データは強くエストロゲンが認識機能に対する細目そしてない全体的な効果を出すことを提案する。 エストロゲンはことばによる記憶の面を高めたりおよび/または維持する一方、効果なしにあったり、または多分空間的な記憶の否定的な影響がある。 実際に、プロゲステロンが女性の視覚空間的な技術を高めるこれが確認される必要があるという予備的証拠がある。 エストロゲンはまた女性がことばによる調音および良い運動能力のような普通勝る性的に二形の認識技術に対する肯定的な効果を出す。 証拠の重量が上記の結論を支える間、調査を渡る調査結果は完全に一貫していない。 これらの調査を弱める方法論的な問題のいくつかは1-2の認識仕事に一般化をからのホルモンの管理との循環局面か承諾を確認するためにestradiolの血しょうレベルを試金することを無視し、管理の異なったルートのさまざまなエストロゲンの準備そして効果の頭脳に差動供給を考慮することを無視する認識機能の全体の王国含んでいる。 エストロゲンはことばによる記憶を維持することを、ほとんどの場合、月経が調査するおよび健康な女性のpostmenopausal調査が示すが、効果のサイズは適度である。 ことばによる記憶がエストロゲンの低水準によって示される月経の段階の間に女性で偽りなく損なわれること、例えば信じるない理由が。 臨床的に現実の世界の彼女達の毎日の作用に影響を与えるあらゆる程度に損なわれる45歳の未処理、外科的にmenopausal女性はある。 いずれの場合もしかし性能の漸減は実験室で確実に行われる。 従ってこれはこれらの調査結果の臨床meaningfulnessの問題を上げる。 頭脳の認識作用でエストロゲンと記憶間の関係の臨床関連性におよびこうして、演説する1つの方法は知られているものが私達に既に相当な情報がある他の生理学的システムに対するestrogenic効果の検査することである。 例えば、大部分の女性は月経閉止期に従がって骨の損失を経験し、多数はasymptomaticであるosteopeniaを開発する(骨密度は中間のピーク骨の下の2つ以上の標準偏差レベルを集中する)。 それから、前進年齢と、osteopeniaの何人かの女性は最低の外傷に続くひびにそれらをし向ける骨粗しょう症を開発する。 80を老化させるために住んでいる女性の40%女性の背骨のひびそして90を老化させるために住んでいる33%経験する情報通のひびを開発すると推定されていた。(400ワードで省略される概要)

estroneの新陳代謝の活発化に於いての人間の肝臓のチトクロームP450 1A2および3A4の役割。

Shou M、Korzekwa KR、小川EN、等。

発癌。 1月1997日; 18(1):207-14.

estrone (E1)の新陳代謝の活発化は14人の人間の臓器の提供者からの組換えの人間のチトクロームP450の酵素、1A2、2B6、2C8、2C9、2C9R144C、2E1、3A4、3A5およびレバー微粒体を使用して、有効なエストロゲン調査された。 E1の少なくとも5つのプロダクトは高性能液体クロマトグラフィーおよびガスのクロマトグラフィー固まりの分光測定(GC-MS)によって検出され、量的に表わされた。 動物のエストロゲンの発癌と関連付けられると信じられるこれらの代謝物質の間で、16alphaオハイオ州E1、2オハイオ州E1および4オハイオ州E1は限定的に識別された。 3A5、2C9および2C9R144Cは適当な活動を示したが、検査されたすべてのP450sの1A2および3A4は3.4の転換の最も高い活動を表わし、E1の総新陳代謝のための2.5 nmol/分/nmol P450、それぞれ。 2B6、2E1および2C8は相当数のプロダクトを作り出さなかった。 1A2は3.3 nmol/分/nmolのレートで2オハイオ州E1をほとんど専ら形作ったが、3A4は優先的に代謝物質X1 (未知のヒドロキシル化プロダクト)および16alphaオハイオ州E1を形作った。 運動性格描写は1A2、3A4および3A5のKmの価値が14だったこと、95を示し、64 microMおよびVmaxは5.43、0.68のそして0.35分(- 1)、それぞれだった。 すべての人間のレバー微粒体はestroneを新陳代謝させることができ、四倍の変化は個人の間で見られた。 形作られた代謝物質の相対的な量は2オハイオ州E1 >代謝物質X1 > 4オハイオ州E1 > 16alphaオハイオ州E1 >代謝物質X2一般にあった。 3A4/5酵素の複合体は3A4/5のための抑制的なモノクローナル抗体の細目によって2オハイオ州E1 (3%)を除いて人間のレバーの個々の代謝物質の形成に60-88%を貢献するために査定された。 14の人間のレバー微粒体による2オハイオ州E1そして16alphaオハイオ州E1の形成は1A2によって支えられたカフェイン3-demethylation (r2 = 0.87)と3A4によるテストステロンの6betaヒドロキシル化にかなり(r2 = 0.66)、それぞれ関連した。 従って人間のレバーによって表わされる新陳代謝パターンはP450の1A2および3A4酵素の結合された活動が多分原因である

ホルモン補充療法: 老化する女性のための心血管の利点。

場所CK。

Coron動脈Dis。 1998; 9(12):789-93.

観測の調査はホルモン補充療法(HRT)がおよそ50%冠動脈疾患の危険を減らすことを提案する。 この検討は病気の危険のこの減少のための可能なメカニズムに焦点を合わせる。 HRTは月経閉止期と関連付けられる脂質および脂蛋白質の変更の多数を逆転させホルモン配達のルートはこれらの変更に影響を及ぼす。 口頭HRTは深い静脈の血栓症の危険性を高めるかもしれないが、凝固の血清のマーカーを改良する。 Endothelial機能、特に内皮依存したvasodilationはエストロゲンと、改良する。 中央本部の脂肪は多分冠動脈疾患の危険を減らす口頭HRTと、減るようである。 月経閉止期の後で悪化するインシュリンの感受性はHRTと改善されるかもしれない。 放出の一部分によって測定されるように全体的なシストリック機能は、口頭HRTと、改良するかもしれない。 HRTの養生法の影響の心血管の危険がいかに医者が特定の患者のためのHRTについての理性的な選択をすることを可能にするかもしれないか理解する

menopausal男性ホルモンの補足の危険。

Slayden SM。

Semin Reprod Endocrinol。 1998; 16(2):145-52.

そこに自然なか外科月経閉止期を経ている徴候の女性のmenopausal男性ホルモンの取り替え療法(市場)の使用中の興味を高めている。 但し、従来のエストロゲン/プロゲスチンのホルモン補充療法と比較されるこれらの徴候の軽減の市場の効力は討論の主題に残る。 したがって、注意はさまざまな市場の準備の副作用に焦点を合わせなければならない。 これらの混合物の管理の線量、アルキル化およびルートは副作用の開発に影響を及ぼす。 すべての男性ホルモンが潜在性のvirilizing代理店の間、アルキル基を導入された混合物に管理のルートにもかかわらず厳しい肝臓の結果を引き起こす付加的な危険が、ある。 幸いにも、人と比較される女性に管理されるより低い線量は重要な肝臓のでき事で起因しなかった。 不利な脂蛋白質のプロフィールの生成は可能ですが、この記事で演説しない。 従って、virilizing皮膚の副作用は最大の関心事に残る。 ある観測の調査が示す間、アクネやhirsutismは38%までで明白であり、口頭methyltestosterone扱われた患者の36%は、将来の方法で行われるそれぞれ、他の調査およそ5%の大いにより低い発生を提案する。 他は報告されたvirilizing効果声のそしてclitoromegaly深まることを含んでいる。 付加的な心配はendometrial増殖を発達させる危険と市場がエストロゲンと共に使用されるとき関連している。 幸いにも、付随のプロゲスチンの管理は保護である。 最後に、市場が成長の乳癌の危険性を高めるこれが臨床練習で示されなかったという理論的な不安がある。 全体的にみて、市場の安全プロフィールは投薬がsupraphysiologicテストステロンのレベルを避けるとき受諾可能ようである

乳癌の検出のデモンストレーション・プロジェクトの間に診断される乳癌の20年のフォローアップ。

スマートなCR、Byrne CのスミスRA、等。

カリフォルニアの蟹座J Clin。 5月1997日; 47(3):134-49.

この調査は1973年と1980年間の乳癌の検出のデモンストレーション・プロジェクト(BCDDP)の乳癌と診断される女性の20年のフォローアップで報告する。 このプロジェクトは米国を渡る280,000人の有志の女性に精密身体検査および2眺めの乳房撮影を5年間のスクリーニングに与えた。 1993年から分析のために利用できる乳癌を持つ4,051人の女性の1995年まで96%のフォローアップに基づいて2,658 (66%)生きていたおよび1,393は(34%)死んでいた。 癌の高い比率は単独で乳房撮影によって検出され、すべての癌の28.6%は1.0 cmより小さかった。 残存率は結果として乳癌からの死の生命表方法によって計算された。 全体のグループのための調節された残存率は80.5%であり、観察された残存率は61.7%だった。 調節され、観察された残存率は侵略的な癌とのそれらのための非侵襲的な癌を持つ女性のための97.2%そして78.5%、それぞれ、および78.2%および59.3%、それぞれ、だった。 診断の癌のリンパ節の状態そしてサイズは侵略的な癌を持つBCDDPの女性の存続の予想表示器であり、否定的なリンパ節に85.5%乳癌の残存率があり、65.6%は残存率を観察した。 侵略的な乳癌を持つ女性のための調節された残存率は癌小さいより1 cm、癌1.0へ1.9 cm、癌2.0へ4.9 cmのための70.5%、および大きい癌のための60.6%のための80.5%のための90.2%、より5 cmだった。 女性は40から49年齢小さい非侵襲的か侵略的な癌との大きい存続を診断で女性と50から59そして60から69年齢比較されたより5.0 cm示した。 BCDDPからのこれらの結果は乳癌の発生で最近の低下および米国で死亡率という点において論議される

[climactericのホルモン補充療法の原則]。

Smetnik VP。

VestnロスAkad Med Nauk。 1997;(2):34-8.

年齢特定の減少され、除かれた卵巣機能およびエストロゲンの不足と、女性の60%はさまざまな全身の無秩序(menopausalシンドローム、尿生殖および心循環器疾患、骨粗しょう症)を開発するかもしれない。 過去の10-15年では、ホルモンの取り替えの処置養生法はclimacteric女性のために開発された。 多数の疫学的な調査はホルモン補充療法が打撃の発生の50%の減少を示すことを、心筋梗塞、骨折示した。 従って、後menopausalホルモン療法は女性の長寿を高めるかもしれない治療上および予防する目的のために示される、

エリートの女性の漕ぎ手間のエストロゲンの2ヒドロキシラーゼの酸化そしてmenstrual機能。

雪RC、Barbieri RL、Frischに関して。

J Clin Endocrinol Metab。 8月1989日; 69(2):369-76.

私達はそれらが低強度の訓練(I)高輝度の段階から訓練(II)低強度のへの段階、訓練(III)段階に戻る段階、および進歩したと同時にエリートの女性の漕ぎ手の2グループのエストロゲンの新陳代謝そしてmenstrual機能を監視した。 毎段階は3か月を持続させた。 女性の漕ぎ手の2グループは5人の女性の漕ぎ手(A)高輝度訓練の段階の間に訓練年の間にmenstrual機能障害、および5人の女性の漕ぎ手(B)グループを低強度の訓練の段階の間のベテランの正常なメンズ高輝度訓練の段階の間の破壊されたメンズ経験しなかったグループを含んでいた。 4つのnonathletic制御はまた調査された。 Menstrual機能は夜通し12-h尿サンプルのpregnanediolのglucuronideのための試金によって訓練年中毎週二度集まった監察された。 2ヒドロキシラーゼの酸化によって、グループAの総ボディ水新陳代謝したestradiolの範囲の繰り返された手段はおよび栄養取入口およびBの女性の漕ぎ手訓練年の3段階になされた; 2ヒドロキシラーゼの酸化によって新陳代謝したestradiolの範囲は放射分析によって評価された; 総ボディ水は重水素酸化物の希薄およびbioimpedanceの分析によって測定された; そして栄養取入口は食糧頻度アンケートによって評価された。 グループBの女性の漕ぎ手は2ヒドロキシラーゼの酸化によって管理された[2-3H] estradiolのかなりより大きい一部分を新陳代謝させるとより分けるAの女性の漕ぎ手(キー2(1) = 6.57は見つけられた; P = 0.01)。 estradiolの範囲はグループの中の2ヒドロキシラーゼの酸化によって新陳代謝したAの女性の漕ぎ手によってがnonathletic制御間のそれと異ならなかった。 2ヒドロキシラーゼの活動の範囲はグループAまたはグループBの女性の漕ぎ手間の訓練の強度とかなり変わらなかった。 グループAおよびBの女性の漕ぎ手は体重を失い、高輝度訓練(II)段階の段階の間により細くなった。 Aを分ければBの女性の漕ぎ手は段階II.の間に減量のある程度または相対的なfatnessで異ならなかった。 すべての主題に、2ヒドロキシラーゼの酸化によって新陳代謝したestradiolの範囲は低脂肪の範囲に肯定的に関連した。 これらのデータはエリートの女性の漕ぎ手間の高いestradiolの2ヒドロキシラーゼの酸化が高輝度訓練および高められた相対的な低脂肪の段階の間にmenstrual妨害の発生と関連付けられることを提案する

大豆の取入口はmenopausal徴候、血清の脂質に関連し、postmenopausal日本の女性のミネラル密度を骨を抜く。

Somekawa Y、Chiguchi M、石橋町T、等。

Obstet Gynecol。 1月2001日; 97(1):109-15.

目的: menopausal徴候、脂質のプロフィールに対する大豆プロダクトの食餌療法のイソフラボンの効果を評価し、postmenopausal日本の女性のミネラル密度を骨を抜くため。 方法: 私達は大豆の消費を報告した478人のpostmenopausal日本の女性の食事療法のイソフラボンの毎日の取入口を推定した。 私達は絶食の総コレステロール、トリグリセリド、低密度脂蛋白質のコレステロール、高密度脂蛋白質のコレステロールおよびapolipoproteinsの血清の価値を記録した。 骨のミネラル密度は腰神経脊柱(L2-L4)でabsorptiometry二重エネルギーX線によって測定された。 女性は月経閉止期(早く、遅いpostmenopausalグループ)以来の年に従って2グループに割り当てられ、各グループは食餌療法のイソフラボンの取入口に従って4グループにsubcategorized。 イソフラボンの取入口、menopausal徴候、脂質のプロフィールおよび骨のミネラル密度間の関係は各グループで検査された。 結果: 平均は478人の女性間のイソフラボンの取入口が54.3 mg /dayだったことを推定した。 段階的な回帰分析によって私達は月経閉止期が骨の鉱物密度の重要な独立した予言者だったのでことが重量および年分った。 骨のミネラル密度は年に月経閉止期および重量が最も低い取入口の部門(Pと比較された最も高い取入口でかなり違ったので調節した

イソフラボンが豊富かイソフラボン貧しい大豆蛋白は処置の24週の間にmenopausal徴候を減らさない。

St Germain A、ピーターソンCT、ロビンソンJG、等。

月経閉止期。 1月2001日; 8(1):17-26.

目的: 私達はperimenopausal女性のイソフラボンが豊富で、(80.4 mg /day)イソフラボン貧しい(4.4 mg /day)大豆蛋白の隔離集団の処置の24週に応じてmenopausal徴候の変更を検査した。 設計: この二重盲目24週の調査では、69人の女性は処置にランダム化された: イソフラボンが豊富な大豆蛋白(n = 24)、イソフラボン貧しい大豆蛋白(n = 24)、または乳しよう蛋白質制御(n = 21)。 Menopausal索引が熱いフラッシュの変更を査定するのに使用され、夜はベースライン、週12、および週24に、また他の徴候、発汗する。 結果: 繰り返された手段の分散分析はすべての処置のグループの時間の熱いフラッシュ(p = 0.0003)および夜汗(p = 0.0007)頻度に重要な低下があった一方、熱いフラッシュ(p = 0.18)および夜汗(p = 0.92)頻度の変更に対する処置の効果を示さなかった。 Chi2分析は熱いフラッシュまたは夜の厳格に対する処置の効果が頻度に対するポイント、また処置の効果または他のvasomotor徴候の厳格をいつでも発汗させないことを示した。 調査の完了で、私達は熱いフラッシュまたは夜の頻度、持続期間、または厳格の回顧の認識に対する処置の効果が発汗しないことを見つけた。 時間以来全面的な徴候で低下を報告しているすべてのグループとの徴候に対する重要な効果をもたらした、これは調査の間に徴候の偽薬の効果か単に改善を示した。 結論: この調査では、私達はイソフラボンが豊富かイソフラボン貧しい大豆蛋白が他のmenopausal徴候vasomotorまたはの救助を提供したという証拠を見つけなかった

乳癌を持つ女性のmenopausal徴候へのアプローチ。

Stearns V、ヘイェズDF。

Currの御馳走選択Oncol。 4月2002日; 3(2):179-90.

熱いフラッシュは乳癌の生存者の最も煩わしい不平の1つを表す。 最後の二十年では、調査はこれらの徴候を扱うために複数の代理店および自然な混合物を調査した。 エストロゲンおよびプロゲスチンのようなホルモンは最も有利な処置に残る。 但し、多くの医者および患者は腫瘍の成長および進行に対するホルモン性の効果に関する論争のためにこれらの療法を使用して好まない。 残念ながら、科学的に調査された最も自然で、最も斬新な治療はつまらないようである。 同じような方法ではたらくようである他の代理店段階IIおよびIIIにおよび選択的なセロトニンの再通風管の抑制剤は試験ここ数年にわたって調査されてしまった。 選択的なセロトニンの再通風管の抑制剤がよく容認されることを、ランダム化された将来、2からの成長した結果偽薬制御の試験は明らかにし、50%-60%熱いフラッシュを減らし、そして睡眠およびリビドーを改善する。 選択的なセロトニンの再通風管の抑制剤はmenopausal徴候の女性のための第一線のnonhormonal pharmacologic療法として考慮されるべきである

menopausal不平を扱う代わり。

Stolze H。

Gynecology。 1982;(3):14-6.

人間の乳癌の細胞のestradiolの受容器への内生エストロゲン16のアルファhydroxyestroneの共有結合: 性格描写および核内の局在化。

Swaneck GE、Fishman J。

Proc国民のAcad Sci米国。 11月1988日; 85(21):7831-5.

16アルファhydroxyestroneの相互作用は(16アルファOHE1)、エストロゲンの受容器(ERs)を搭載するestradiol (E2)の代謝物質、文化の人間の乳癌の細胞MCF-7の古典的なE2受容器のメカニズムとこの調査で比較された。 MCF-7細胞が4週間radioinert 16のアルファOHE1か3H分類された形態、ERに対応する核蛋白質種に時間依存の方法で広くそして不可逆的に区切られたエストロゲンと孵化した時。 ここに私達はERの16アルファOHE1の相互作用が受容器を搭載するE2のそれらと異なっていることを示す。 tritiated E2-ERの分離はか16のアルファOHE1 ER複合体、塩の抽出、DNaseおよびプロティナーゼKの消化力およびエタノールの処置ERへの16アルファOHE1の結合が2つの形態に対応することを示した: E2のそれに類似した古典的なnoncovalent相互作用および代謝物質とER間の共有アダクトの形成。 これらの複合体はmonoclonal反ER抗体との細胞の分別そして精査によって明らかにされるように核マトリックスの部品に優先的に集中した。 [3H]ポリアクリルアミド ゲルの電気泳動によって分析された16のアルファOHE1 ER複合体は不在だったおよそ66 kDaで細胞の露出が競争のE2の前で行われた[3H] E2孵化でまた不在であり、ときにradiolabeledバンドを示した。 エストロゲン16のアルファ ヒドロキシラーゼ、16アルファOHE1の、乳癌患者のそして病気のための高められた危険で女性の形成に責任がある酵素の高い活動の私達の前の調査結果とともに考慮されたとき現在の結果はERの共有修正がエストロゲン ターゲット ティッシュの悪性の変形の1つのメカニズムであるかもしれないことを提案する

postmenopausal徴候を管理するための口頭エストリオルの効力そして安全。

Takahashi K、Manabe A、岡田M、等。

Maturitas。 2月2000日15日; 34(2):169-77.

目的: postmenopausal女性のclimacteric徴候の処置のための口頭エストリオルの治療上の効力そして安全を査定するため。 方法: climacteric徴候の68人のpostmenopausal女性は口頭エストリオル、12か月間2つのmg /dayを、毎日受け取った。 私達はエストリオル療法のclimacteric不平のある程度を評価した; 性腺刺激ホルモン、estradiol (E2)および脂質の血清のレベル; 骨の新陳代謝の生化学的なマーカー; 血圧; そしてベースラインのそして処置の間の副作用。 Climacteric徴候はmenopausal索引(MI)に従って、日本の女性のために変更されたKuppermanの索引の版査定された。 結果: 口頭エストリオル療法はかなり総MIのスコアを減らした。 安堵は熱いフラッシュのために注意された、夜は、不眠症発汗し。 エストリオルの処置はかなり血清の小胞ホルモン刺激(FSH)およびluteinizingホルモン(LH)の集中を下げたが、調査の期間の間に他の変数(脂質、骨、レバーおよび血圧)のうちのどれも影響を与えなかった。 わずかに腟出血は自然なmenopausal女性を経た人の14.3%に起こった。 エストリオルの処置の12か月に続く胸のendometriumそして超音波の査定の組織学的の評価はすべての女性の正常な結果を見つけた。 結論: エストリオルはpostmenopausal日本の女性のclimacteric徴候を取り除くための金庫そして有効な代わりである

自然なか外科的に引き起こされた月経閉止期の徴候のためのエストリオルの安全そして効力。

Takahashi K、岡田M、Ozaki T、等。

ハム雑音Reprod。 5月2000日; 15(5):1028-36.

後menopausal徴候の除去のエストリオルの安全そして効力を査定するためclimacteric徴候の53人の後menopausal日本の女性、自然な月経閉止期(外科的に引き起こされたとの27月経閉止期(II)の受け取られた口頭エストリオル、12か月が付いているグループI)および26間2 mgの日刊新聞グループ。 Kuppermanの索引(KI)および徴候の救助の満足のある程度を含む臨床変数; oestradiol、FSHおよびLHの血清の集中; 血清の脂質; 血圧; 骨のミネラル密度、血清カルシウム(カリフォルニア)、アルカリ ホスファターゼ(アルプス)、および尿カリフォルニアは2グループの間で比較された。 エストリオルは49および80%によってグループのKIをIおよびIIそれぞれ改善した。 処置の満足はグループの85%グループのIそして93% II.だった。 両方の変数のために、価値はグループ間でかなり違ったIおよびII (P <両方のための0.05)。 oestradiol、FSHおよびLHの血清の集中はグループでグループ対IつをII開始の後の6か月変えた。 グループの血清のアルプスおよびCa/Crの重要な減少は6か月のI観察された。 血清トリグリセリドを除いて、エストリオルは脂質に対する重要な効果をもたらさなかった。 シストリックおよびdiastolic血圧はグループでかなり3か月のI対ベースライン減った。 わずかな腟出血はグループのすべての女性のendometriumのグループのI. Histologicalのの評価の14.3%にI起こり、エストリオルの処置の12か月に続く胸の超音波の査定はすべての女性の正常な結果を見つけた。 従って、エストリオルはmenopausal女性の徴候を取り除くことで安全、有効ようである。 エストリオルの有利で生化学的な効果は自然な月経閉止期で印が付いていた。 全体的にみて、エストリオルはホルモン補充療法のためのよい選択として骨粗しょう症または冠動脈疾患のための薬物を必要としない後menopausal女性の他のclimacteric徴候から保護するのに役立つかもしれない

[効果shakuyaku kanzoにの、ラットの卵巣機能のshakuyaku、kanzo、paeoniflorin、glycyrrhetinic酸およびglycyrrhizin]。

Takeuchi T。

日本Naibunpi Gakkai Zasshi。 11月1988日20日; 64(11):1124-39.

amenorrhea、oligomenorrhea、不規則な月経、luteal不十分および不妊がhyperandrogenismと頻繁に関連付けられることが知られている。 従来の漢方薬が、Shakuyaku Kanzoに(SKT) oligomenorrheicまたはamenorrheic女性の高い血清のテストステロンのレベルを下げることができることが、そしてこれらの生殖不能の女性の何人か想像すること前の調査で報告された。 SKTは同量でShakuyaku (S)およびKanzo (k)を含んでいる。 SおよびKの主要なコンポーネントはpaeoniflorinおよびglycyrrhizin、それぞれである。 この調査はSKTによって血清のテストステロン(t)のレベルの低下のメカニズムを調査するように設計されていた。 実験I: Wistarのメスのラットは2日歳でテストステロンのプロピオン酸塩、なる男性ホルモン殺菌したラット(ASR)の500マイクログラムとsubcutaneously注入された。 50 6日古いASRはSKT (22.5、45、90および180の体重mg/kgの)、2週間毎日管を通した水のSまたはK (11.25、22.5、45および90のmg/kg b.wを。)口頭で与えられた。 制御ASRは水だけ与えられた。 各グループは10匹のラットから成っていた。 SKTおよびSのグループの血清の総および自由なTのレベルは制御のそれらよりかなり低く、これらの減少は線量依存していた。 実験II: Wistarのメスのラットは60日歳でoophorectomized。 一週間後それらはからSKT (90そして180のmg/kg b.w。)、2週間SまたはK (45そして90のmg/kg b.w。)を毎日口頭で与えられた。 制御ラットは水だけ与えられた。 各グループは11匹のラットから成っていた。 血清T、どちらのグループでもLHおよびFSHのレベルに変更がなかった。 実験IおよびIIからの結果はSKTが卵巣によってない副腎によってTの生産に影響を及ぼすことを提案する。 実験III: Wistarのproestrousラットから得られたPaeoniflorin (P)、Glycyrrhetinic酸(GA)またはGlycyrrhizin (GL) (GL) (1、50および100 micrograms/ml、それぞれ、n =各グループの5)を含んでいる媒体と1つの卵巣のみじん切りのティッシュは孵化した95%O2および5%CO2の大気の下の37の摂氏温度の270分のために。 卵巣によるTの生産は制御と比べて各々の扱われたグループでかなり減り、この減少は線量依存していた。 但し、卵巣によるデルタの4アンドロステンジオン(デルタ4-A)の生産は各々の扱われたグループで高められた。 デルタ4-AへのTの比率は制御のより各々の扱われたグループでかなり低かった。 各々の扱われたグループの卵巣によるestradiol (E2)の生産は制御と比べて変わらなかった。(400ワードで省略される概要)

人間の乳癌の細胞のlicoriceからのglabridinのEstrogenicおよびantiproliferative特性。

Tamir S、Eizenberg M、Somjen D、等。

蟹座Res。 10月2000日15日; 60(20):5704-9.

骨および循環系にエストロゲンの重大な利点をまねること胸および子宮に対する有害な効果を避けることによって女性の健康を改善する自然な混合物のための増加する要求がある。 glabridin、licorice根でestradiolのそれらへの構造そしてlipophilicityの類似の点から見てisoflavan専攻学生のestrogenic特性はテストされた。 結果はglabridinが中心のラットの子宮、epiphyseal軟骨、diaphyseal骨、大動脈および左心室の人間のエストロゲンの受容器そして刺激的なクレアチンのキナーゼ活動に結合するphytoestrogenであることを示す。 2.5-25のmicrog/動物のglabridinのstimulatory効果は5つのmicrog/動物のestradiolのそれらに類似していた。 glabridinの化学修正はヒドロキシル グループの位置に人間のエストロゲンの受容器に不良部分と拡散引き起こす活動ことをに於いての重要な役割があることを示した。 Glabridinは3から4 2つより活発倍であると- O-methylglabridinおよび4' - O-methylglabridin見つけられ、派生物は両方とも2つより活発、4' - O-methylglabridinだった。 胸の腫瘍の細胞の成長に対するglabridinの集中を高める効果はbiphasicだった。 Glabridinは受容器依存したエストロゲンを示し効果およびエストロゲンの受容器独立したantiproliferative活動を> 15 microMの集中で低い集中(10 nM10 microM)で成長促進する。 これはisoflavansにエストロゲンそっくりの活動があることを示す最初の調査である。 Glabridinおよび派生物は異なったテストのエストロゲンの受容器のagonismのさまざまなレベルを表わし、乳癌の細胞の成長抑制的な行為を示した

エストロゲンの代謝物質16aのhydroxyestroneは文化のマウスの乳房の上皮細胞のgenotoxic損傷そして異常な細胞増殖を引き起こす。

Telang NTSAWGYOMPBHL。

Jの国民の蟹座Inst。 1992;(82):634-8.

[menopausal女性のための補足の大豆のイソフラボンの生物学的利用能]。

トマスJL、Couston S、Joubrel G、等。

Presse Med。 1月2001日20日; 30(2):63.

月経閉止期の管理のエストリオル。

Tzingounis VA、Aksu MFのGreenblattのRB。

JAMA. 4月1978日21日; 239(16):1638-41.

エストリオルは52人の徴候のpostmenopausal女性へのエストロゲン取り替え療法として6ヶ月間の間管理された。 血清の小胞刺激的なホルモン(FSH)、luteinizingホルモン(LH)、estroneおよびestradiolの試金は療法の前および最中で行われた。 管理のこの期間の間に、腟の細胞学、頚部粘液およびendometrial調査は行われた。 臨床有効性は適量(2から8 mg /day)と直接関連していた。 endometrial拡散を引き起こされない、FSHおよびLHの悪いサプレッサー証明されたエストリオル(8つのmg /day)。 vasomotor不安定を取り除き、著しい副作用なしで腟の成熟を改善するこの代理店の容量はpostmenopausalシンドロームの管理にこの薬剤を含める十分な理由である

postmenopausal女性の乳癌の尿2-hydroxyestrone/16alpha-hydroxyestrone比率そして危険。

Ursin G、ロンドンS、Stanczyk FZ、等。

Jの国民の蟹座Inst。 6月1999日16日; 91(12):1067-72.

背景: 16alphaヒドロキシル化細道によって彼女達の内生エストロゲンのより大きい割合を新陳代謝させる女性が2ヒドロキシル化細道によってより多くのエストロゲンを比例して新陳代謝させる女性と比較される乳癌の高い危険にあるかもしれないことが提案された。 但し、支持の疫学的なデータは乏しい。 その結果、私達はpostmenopausal女性と健康な制御主題の16alphahydroxyestrone (16alpha-OHE1)と乳癌と尿2-hydroxyestrone (2-OHE1)の比率を比較した。 方法: エストロゲンの代謝物質は前の人口ベースに加わった白人女性、私達の施設の乳癌の場合制御の調査から得られた尿サンプルで測定された。 すべてのPの価値は両面テストからある。 結果: 、エストリオルを除いて測定された尿のエストロゲンすべては76の制御主題のより66人の場合の患者で高かった。 患者が高く13.8%才(P = .20)制御主題のそれより尿2-OHE1、16alpha-OHE1の平均はより高く12.1% (P = .23)だった、estroneはより高い20.9% (P = .14)であり、17beta-estradiolはより高い12.0%だった(P = .36)。 2-OHE1への16alpha-OHE1の比率は患者のより高く1.1% (P = .84)、仮説に反対にだった。 16alpha-OHE1への尿2-OHE1の比率のための価値の最も低い三番目の女性と比較されて、最も高い第3の女性は乳癌(確率の比率= 1.13のnonstatisticallyかなり高められた危険にあった; 95%の信頼区間= 0.46-2.78)、再度仮説に反対。 結論: この調査は2ヒドロキシル化された代謝物質(2-OHE1/16alpha-OHE1)の比率が乳癌のための重要な危険率であること仮説を支えない

Glycyrrhizic酸: 効果レベル無しの査定。

van Gelderen CE、Bijlsma JA、van Dokkum W、等。

ハム雑音Exp. Toxicol。 8月2000日; 19(8):434-9.

ラットのより早い実験および人間のパイロット・スタディからglycyrrhizic酸の非効果のレベルが確立できなかったので第2実験は健康なボランティアで行われた。 実験は女性だけで効果がパイロット・スタディの女性でマーク付きだったので、行われた。 0、1、2そして4 mg glycyrrhizic acid/kgのの線量は老化した8週から39人の健康なメスのボランティア19-40年のために体重口頭で管理された。 実験は適応および「流出」の期間を含む12週を持続させた。 2つのmg/kgの非効果のレベルは体重0.2 mg/kgのの受諾可能な毎日取入口(ADI)が10.の安全率と外挿法で推定することができるこの調査の結果から提案される。 これは60のkgの体重を持つ人のための12のmg glycyrrhizic酸/日の消費を意味する。 これはlicoriceがglycyrrhizic酸の0.2%を含んでいると仮定する日6 gのlicoriceと等しい。 提案されたADIは200のmg glycyrrhizic酸/日のオランダの栄養物議会が助言する限界の下にある。 これはまた一般に1983年に米国のglycyrrhizic酸の金庫」の(GRAS)状態として確認される「によって強調されるglycyrrhizic酸の比較的穏やかで激しい毒性を反映する。 但し、穏やかな慢性の中毒によりの長期効果は(、例えば、穏やかな高血圧を引き起こす)、がすぐに致命的、glycyrrhizic酸によって使用される日刊新聞の量への特別な関心を正当化する

ホルモンに敏感な乳癌の細胞の成長および微分に対するエストロゲンおよびcatecholestrogenの反対の効果。

Vandewalle B、Lefebvre J。

細胞MolのEndocrinol。 2月1989日; 61(2):239-46.

Catecholestrogensおよび特に2-hydroxyestrone (2OH-E1)は局部的に乳癌の細胞で形作られるestradiolの代謝物質である。 現在の調査は両親がいる混合物、estradiol (E2)ことを代謝物質2OH-E1は細胞計数およびtransferrinの受容器のレベルによって査定されるホルモンに敏感な乳癌の細胞の成長に対する効果の反対に、出るおよびまた示し、アルファ ラクトアルブミンのような分泌された蛋白質によって査定される細胞分化でおよび嚢胞性の病気の流動蛋白質(GCDFP-15)を儲ける。 現在の調査結果はホルモンに敏感な乳癌の細胞のestradiolの規則を強調するかもしれない

大豆のイソフラボン: それらは月経閉止期に有用であるか。

ヴィンチェンツォAのFitzpatrickのLA。

メーヨーClin Proc。 11月2000日; 75(11):1174-84.

1999年10月では、米国の食品医薬品局は大豆蛋白と関連付けられた健康の要求の食糧ラベルおよび冠状心臓病の減らされた危険の使用を承認した。 複数の調査は低脂肪食と組み合わせられた大豆蛋白の25 gの合計の毎日の取入口が総コレステロールおよび低密度脂蛋白質(LDL)のコレステロール値の臨床的に重要な減少で起因したことを示した。 大豆はイソフラボンの豊富な源、マメ科植物で主に見つけられるphytoestrogensのクラスおよび豆である。 大豆のイソフラボンはestradiol-17betaおよび選択的なエストロゲンの受容器の変調器へ構造類似の複素環式のフェノールである。 細胞レベルの行為はティッシュのターゲット ティッシュ、受容器の状態、および内生エストロゲンのレベルによって決まる。 大豆の消費と血清の脂質の集中間の関係を評価する大豆ベースの食事療法の調査は大豆の消費がかなり総コレステロール、LDLのコレステロールおよびトリグリセリドのレベルを減らしたことを明らかにした。 但し、大豆のイソフラボンは高密度脂蛋白質のコレステロールまたはトリグリセリドのレベルを増加しない。 他のターゲット ティッシュに対する大豆蛋白の効果はestrogenlikeアゴニストおよび反対者の効果を反映する。 疫学の研究は大豆が食事療法の優勢な部分である東アジアの国の乳癌のより低い率によって立証されるように胸のティッシュに対する大豆蛋白の保護効果を提案する。 骨粗しょう症に対するイソフラボンの効果の人間の調査から利用できるデータは限られて、骨粗しょう症の防止に於いての役割を支えるために付加的な調査は必要である。 これまで、endometriumに対するイソフラボンのstimulatory効果のための証拠がない。 少数の調査は熱いフラッシュをエストロゲン取り替え療法の熱いフラッシュのおおよその70%の減少と比較される30%の減少を引き起こす減らしていて大豆が45%および偽薬により熱いフラッシュに対する大豆の最低の効果を、明らかにする。 実験室調査からの証拠は認知に対する大豆のイソフラボンの肯定的なマイナスの効果を明らかにしない。 これまでに、大豆蛋白の短いまたは長期使用の悪影響は人間で知られていない。 知られている唯一の悪影響は動物(phytoestrogenが豊富な牧草地で牧草を食べているヒツジおよびウズラの不妊)で報告されるそれらである。 結論として、大豆のイソフラボンは生物学的に活動的な混合物である。 現在のデータはpostmenopausal女性のホルモンの取り替えのためのエストロゲンに代わりとしてイソフラボンの使用に関する限定的な結論を出して不十分である。 疫学的な、基本的な実験室調査が特定のターゲット ティッシュで大豆のイソフラボンの可能な保護効果に言及するが、ランダム化された、偽薬制御臨床試験はこれらの重要な問題を扱って必要である

食餌療法の大豆蛋白およびエストロゲン取り替え療法は心血管の危険率を改善し、ovariectomized cynomolgus猿の大動脈のcholesterylのエステル内容を減らす。

Wagner JDのCefaluの重量、アンソニーMS、等。

新陳代謝。 6月1997日; 46(6):698-705.

エストロゲン取り替え療法(ERT)は猿の冠状動脈のアテローム性動脈硬化の進行を減らす。 食餌療法の大豆蛋白はまたカゼインのようなアテローム性動脈硬化の相関的な動物蛋白質の進行を遅らせる。 大豆蛋白はcardioprotective効果に責任があるかもしれないphytoestrogensかイソフラボンと呼ばれるestrogenic混合物を弱く含んでいる。 この調査はfactorial 2 x 2として心血管の危険率相関的なカゼインおよびラクトアルブミンに対する大豆蛋白の効果の大きさを、estradiolの処置の有無にかかわらず定めるために設計されていた。 Ovariectomizedメス猿は4つの処置のグループによって基づいた過去の食餌療法のコレステロールの消費、彼らの起源および過去生殖歴史にランダム化され、7か月間調査された。 動物はカゼインに与えられたグループに(1)分けられ、蛋白質の源としてラクトアルブミンは蛋白質の源として(E2) (n = 13)、(3)グループによって与えられた大豆蛋白質の隔離集団(n = 11)、およびE2と蛋白質の源として(4)グループによって与えられた大豆蛋白質の隔離集団ベータestradiol 17と蛋白質の源として(n = 14)、(2)グループ カゼインおよびラクトアルブミンに与えた(n = 10)。 カゼインの消費と比較された大豆蛋白は最低モデル分析によって定められるように血しょう脂質および脂蛋白質の集中の重要な改善、インシュリンの感受性およびブドウ糖の有効性の重要な改善、および幹線脂質の過酸化反応の減少で起因した。 E2扱われた猿はブドウ糖の比率に絶食のインシュリンのレベルおよびインシュリンの重要な減少、腹部の脂肪の総体重および量があり、より小さい低密度脂蛋白質(LDL)の粒子があった。 さらに、E2処置は大動脈のcholesterylのエステル内容の重要な減少で(P = .001)起因した。 同じような傾向はカゼインと比較された大豆蛋白のために(P = .14)見つけられた。 大豆蛋白+E2を消費している動物は最少の幹線cholesterylのエステル内容があったことまた大豆およびE2、そのような物の重要な相互作用が(P = .02)あった。 これらの結果はERTおよび食餌療法の大豆蛋白質が両方心血管の危険率に対する有利な効果をもたらすことを提案する。 興味深いことに、2つの処置は異なった危険率に影響を与え、幹線コレステロールの内容の最も大きい減少で一緒に起因した。 それ以上の調査は必要大豆蛋白の動的機器を定め、循環系および他の器官システムに対する長期効果を査定するためにである(骨および生殖システムのような)

月経閉止期の徴候に影響を及ぼすphyto処置を使用して。

Warnecke G。

Medのふち飾り。 1985;(36):871-4.

ホルモン補充療法の養生法および乳癌の危険(1)。

Weiss LK、Burkman RT、Cushing-Haugen KL、等。

Obstet Gynecol。 12月2002日; 100(6):1148-58.

ホルモン補充療法(HRT)は長期医療補助のレポートに応じて過去2何十年かにわたって米国で増加した。 HRTと乳癌の危険間の関係はいくつかの疫学の研究で観察された。 2002年に、女性の健康の率先はランダム化された制御された試験連続的な結合されたHRTと乳癌の危険間の連合を報告した。 この調査の目的は使用の養生法に従って乳癌の危険間の連合をとHRTおよび持続期間およびrecency検査することだった。人口ベースの多中心場合制御の調査は1994年から1998年まで米国の5つの首都圏で行なわれた。 3823番のpostmenopausal白いからのデータは分析され、黒人女性(1870の場合および1953の制御)は35-64年を老化させた。 確率の比率(ORs)は標準的な、無条件の、多変数記号論理学の回帰分析を使用して乳癌の危険の見積もりとして計算された。 潜在的なconfoundersは最終的なモデルに10%によってORsまたは多くを変えたら含まれていた。 傾向のための両面Pの価値は可能性-比率の統計量から計算された。連続的な結合されたHRTは5の関連付けられたまたはより多くの年(1.54の現在のユーザー間の高められた乳癌の危険と; 95%の信頼区間1.10、 2.17)。 さらに、連続的な結合されたHRTのより長い持続期間と増加する乳癌の危険を示す統計的に重要な傾向は現在のユーザー(P =.01)間で観察された。 乳癌の危険と他のHRTの養生法間に肯定的な連合がなかった。私達のデータは現在の、長期ユーザー間の連続的な結合されたHRTと乳癌の危険間の肯定的な連合を提案する。 途切れない養生法で管理されるプロゲスチンは貢献の要因であるかもしれない。 危険は一度使用を中断される散らす

骨に対するエストロゲンの代謝物質およびovariectomizedラットの生殖ティッシュの差動効果。

Westerlind KC、ギブソンKJ、Malone P、等。

Jは抗夫Resの骨を抜く。 6月1998日; 13(6):1023-31.

骨、乳腺および子宮の組織学と血のコレステロールに対するベータestradiol 17の効果はおよび重要なエストロゲンの代謝物質、2-hydroxyestrone (2-OHE1)および16アルファhydroxyestrone (16アルファOHE1) ovariectomized成長するラットで調査された。 ラットは3週間テスト混合物のそれぞれの体重/日の200 micrograms/kgと扱われた。 Ovariectomyは子宮および乳腺の萎縮、増加された体重、骨の転換および脛骨の成長および高脂血症で起因した。 17ベータestradiol処置はこれらの変更を防いだ、但し例外としてエストロゲンのこの大量服用は高脂血症を防がなかった。 2-OHE1は測定の何れかに対する効果をもたらさなかった。 16アルファOHE1は17匹のベータestradiol扱われたラットと異ならなかった起因し、血清コレステロールの増加を防いだ骨の測定で。 それに対して、16アルファOHE1はかなりだった17ベータestradiol処置よりより少し子宮の重量、子宮の上皮細胞の高さおよび乳腺の細胞増殖の増加で起因した。 これらの調査結果は2ヒドロキシル化が測定された活動で起因しなかった一方、ティッシュ選択的なエストロゲンのagonistic活動のestroneの結果のその16アルファ ヒドロキシル化を示す。 なお、彼らはこれらの代謝物質の統合を調整する要因が選択式にエストロゲン ターゲット ティッシュに影響を及ぼすことができることを提案する

エストロゲンの代謝物質に対する昼間およびmenstrual cyclicityおよびmenopausal状態の効果: 病気危険の査定のための含意。

Westerlind KC、ギブソンKJ、ウォルフP。

ステロイド。 3月1999日; 64(3):233-43.

2エストロゲンの代謝物質、2-hydroxyestrone (2-OHE1)の比率ことが提案されたおよび16alpha-hydroxyestrone (16alpha-OHE1)は、乳癌および他のエストロゲン関連の病気を開発するための女性の危険を予測するためにマーカーを表すかもしれない。 現在の調査は尿ベースのモノクローナル抗体の酵素の免疫学的検定を使用してタイプの2/16alpha-OHE1の比率のサンプル、昼間のリズム、月経段階およびmenopausal状態の潜在的なconfoundersを評価した。 24-h尿のコレクションを最初の朝の空間と比較し、昼間変化を評価する2つの最初の調査は行われた。 続いて、尿サンプルは5つのpremenopausal主題から2か月間月経の影響を査定するために一日置きに集められた。 点の尿サンプルは67、peri、早い後および遅い後menopausal女性の合計からそれからmenopausal状態の効果を査定するために前に得られた。 2/16alpha-OHE1の比率の重要な相違は24-hと最初の朝の空間の間でまたは24-h期間に見つけられなかった。 2/16alpha-OHE1の中間の比率の重要な相違はmenstrual段階と見つけられなかった。 内部個々の可変性は小さい分母の小さい変動に帰することができたの比率で2/16alpha-OHE1の、16alpha-OHE1観察された。 2/16alpha-OHE1の比率の相違は別のmenopausal状態の女性のグループで観察されなかった。 データは最初の朝の空間が24-hコレクションの代表であること、そして2/16alpha-OHE1比率が24-h期間中一定していることを提案する。 さらに、menstrual段階およびmenopausal状態はかなり2/16alpha-OHE1の比率に影響を及ぼさないようではない

45上の女性のための自然なホルモンの取り替え。

ライトJV。

1997;

エストロゲンが付いているヒストンの相互作用。 16アルファhydroxyestroneとの共有アダクトの形成。

Yu SC、Fishman J。

生物化学。 12月1985日31日; 24(27):8017-21.

導く妨げられたエストロゲンの新陳代謝はアルファhydroxyestroneが(16アルファOHE)全身性エリテマトーデスおよび乳房の癌腫の患者で記述されていた16を増加した。 前の調査は16アルファOHEと無指定の細胞膜蛋白質間の共有複合体の形成を示した。 現在の調査は16アルファOHEおよびヒストンの相互作用にかかわっている。 16アルファOHEと個々のヒストン間の共有アダクトの形成はH1ヒストンと最高だった。 estrone、estradiolおよびエストリオルのような他の内生エストロゲンはヒストンと相互に作用しなかったし、共有アダクトを形作らなかった、これらの核蛋白質が付いている16アルファOHEの相互作用と干渉した。 シッフ安定させた基盤およびそれに続く語順換えによって16アルファOHEおよびヒストン間のアダクトの形成によってが進む証拠サポート。 生体内のアナログがあるかもしれないこのアダクトの形成はこのエストロゲンの代謝物質によって細胞変形のためのメカニズムを表すかもしれない

2-methoxyestradiolは乳房の発癌を禁じる内生エストロゲンの代謝物質であるか。

朱BT、Conneyああ。

蟹座Res。 6月1998日1日; 58(11):2269-77.

カテコールのエストロゲン(2 -または4-hydroxyestradiolおよび2 -はまたは4-hydroxyestrone)カテコールO METHYLTRANSFERASE、レバーのような多くのティッシュで、腎臓現在の、酵素頭脳、胎盤、子宮および乳腺によってより少なく北極のmonomethylのエーテルにOメチル化される化学的に反応エストロゲンの代謝物質である。 現在のレポートでは、私達は外生的に生体外でそして生体内で管理された2-methoxyestradiolのantitumorigenicおよびantiangiogenic効果の最近の調査を見直す。 私達はまた2-methoxyestradiol (および2-hydroxyestradiol前駆物質)の内生形成はターゲット器官のエストロゲン誘発癌に対する保護効果をもたらすかもしれないことを提案するデータを論議する。 2-methoxyestradiolの行為の分子メカニズムが明確ではないが、私達は2-methoxyestradiolのある独特な効果が親ホルモンに処理し難い受容器か特定の細胞内の作動体、estradiolによって仲介されるかもしれないことを提案する。 付加的な研究は必要レバーと標的細胞の2-methoxyestradiolの新陳代謝の形成そして傾向を識別し調整する、エストロゲン誘発の発癌に対する2-methoxyestradiol形成を調整する効果をである要因を評価するために