生命延長血液検査の極度の販売

概要





















糖尿病のタイプI
(若年性糖尿病)
(6)ページ


印刷か。 これを使用しなさい!
目録

棒

本 Sprague-Dawleyのラットに於いての実験糖尿病性のネフロパシーの開発に於いての高度のglycation、酸化およびアルドースの還元酵素の阻止の相対的な役割。
本 ラットのランゲルハンス島からのcytokine誘引可能な一酸化窒素のシンターゼのcDNAのクローニングそして表現。
本 Aminoguanidineはラットの実験糖尿病性のretinopathyの最初の段階を禁じない。
本 焦点打撃の間の高度のglycationの最終製品のNeurotoxicityおよびaminoguanidineのneuroprotective効果。
本 Agmatineおよびspermidineは糖尿病性db/dbのマウスの腎臓のコラーゲンの蓄積を減らす。
本 autoxidative glycosylationのメカニズム: ブドウ糖による蛋白質のautoxidative修正の中間物としてグリオキサールそしてアラビノースの同一証明。
本 自発的に糖尿病性のBBのラットの糖尿病の手始めに対するaminoguanidineおよびNG monomethyl Lアルギニンの一酸化窒素の統合そして効果。
本 hemodialysisの末期の腎臓病の患者のaminoguanidineのpharmacokinetics。
本 糖尿病性のラットからのanococcygeus筋肉の損なわれた窒素酸化物仲介されたneurotransmissionに対するaminoguanidineの効果。
本 ベータInterleukin 1は異なった一酸化窒素のシンターゼの誘導によって一酸化窒素によって正常なラットの糖尿病そして熱を引き起こす。
本 aminoguanidineのliposomesのintrapancreatic注入による糖尿病の逆転。
本 生理学的な条件の下のaminoguanidineとのmethylglyoxalの反作用および血しょう蛋白質へのmethylglyoxal結合の防止。
本 高度のglycationの最終製品は正常なラットのglomerular硬化そしてalbuminuriaを引き起こす。
本 STZ誘発の糖尿病性のラットからの隔離された小動脈の活動的な、受動の機械特性。 aminoguanidineの処置の効果。
本 インシュリンに対するaminoguanidineの効果は膵島から解放する。
本 TNFアルファおよびIFNガンマは一酸化窒素の生成によって主にベータ マウスの膵島に対するIL-1の有害な効果を増強する。
本 高度のglycationの最終製品による低密度の脂蛋白質の修正は糖尿病および腎臓不十分のdyslipidemiaに貢献する。
本 fructosamineの試金の化学: D glucosoneはAmadoriの混合物の酸化のプロダクトである。
本 クレアチンは糖尿病性db/dbのマウスの腎臓のコラーゲンの蓄積を減らす。
本 糖尿病性のラット血しょうの3-deoxyglucosoneレベルの増加。 高度のMaillardの反作用の中間物の特定の生体内の決定。
本 Lアルギニンは糖尿病性db/dbのマウスの中心のコラーゲンの蓄積を減らす。
本 腎不全の糖尿病性の尿毒症そして処置の反応glycosylationの最終製品。
本 Cytokinesは一酸化窒素の生成に対する効果に関係なく人間の小島機能を抑制する。
本 aminoguanidineによるstreptozotocin誘発の糖尿病性のラットの皮膚損害の改善。
本 ブドウ糖によるコラーゲンのGlycation、glycoxidation、および交差連結。 Maillardの反作用の動力学、メカニズムおよび阻止故な段階。
本 Aminoguanidineは自発の高血圧のラットの加速された糖尿病性のretinopathyの開発を禁じる。
本 Aminoguanidineは地方アルブミンの整理streptozotocin糖尿病性のラットの尿のアルブミンの排泄物を減らす。
本 Aminoguanidineの一酸化窒素の形成の抑制剤は、マウスの多数の低い線量のstreptozotocinの注入によって引き起こされるinsulitisおよびhyperglycemiaから保護しない。
本 Aminoguanidine: 糖尿病の予防法のために提案される薬剤はカタラーゼを禁じ、過酸化水素を生体外で発生させる。
本 nonobese糖尿病性のマウスからの小島の一酸化窒素の生産: aminoguanidineに敏感および-免疫学の糖尿病性プロセスの抵抗力がある段階。
本 ラットの高度のglycationの最終製品によるマトリックス誘発の骨の微分の阻止。


棒



Sprague-Dawleyのラットに於いての実験糖尿病性のネフロパシーの開発に於いての高度のglycation、酸化およびアルドースの還元酵素の阻止の相対的な役割。

Soulis-Liparota Tのたる製造人私、Dunlop M、Jerums G
薬、メルボルン、オースティンのの大学の部門病院、ビクトリア、オーストラリア。
Diabetologia (1995年、38 (4)ドイツ) p387-94 4月

高度のglycationは糖尿病性の複雑化の開発の重要な病原性のあるメカニズムである。 但し、高度のglycationと相互に作用することができる蛋白質の酸化またおよびpolyolの細道のような他の生化学的なプロセスは、または脂質ティッシュの蛍光性をもたらすことができ、また糖尿病性のmicroangiopathyの起源で関係するかもしれない。 Aminoguanidineは高度のglycationの抑制剤であるが、効果すべてがこのメカニズムによって仲介されればそれは知られない。 現在の調査はstreptozotocinの糖尿病患者のラットの大動脈および腎臓の蛍光性そして尿のアルブミンの排泄物の開発のアルドースの還元酵素の相対的な貢献を、酸化圧力および高度のglycation探検する。 研究グループは非糖尿病性(制御)、streptozotocinの糖尿病性のaminoguanidineを、酸化防止剤によってブチル化されたhydroxytolueneおよびprobucolおよびアルドースの還元酵素の抑制剤受け取っているのラットおよび糖尿病性のラットponalrestatを含んでいた。 glycaemic制御および尿のアルブミンの排泄物の連続測定は8週毎に行われた。 32週で、動物は殺された、蛍光性の測定のために得られたティッシュおよびコラーゲンは取除かれた。 糖尿病性のラットは大動脈、糸球体および腎臓のtubulesの蛍光性を高めた。 Aminoguanidineは蛍光性の増加を糖尿病関連のティッシュの蛍光性が高度のglycationが主に原因であることを提案する3つの場所まったく防いだ。 Ponalrestatは大動脈だけの蛍光性を遅らせ、腎臓の場所でない大動脈でhydroxytolueneによって減少させた蛍光性をブチル化した。 糖尿病性のラットは腎臓の皮層のソルビトールのレベルを増加した。 Ponalrestatは腎臓の皮層のソルビトールのレベルを正常化したが、aminoguanidineはこの変数に影響を与えなかった。 血しょうthiobarbituric酸の反応物質を減らす唯一の代理店はbutylatedhydroxytolueneだった。 糖尿病性のラットは32週の期間にわたるalbuminuriaを開発した。



ラットのランゲルハンス島からのcytokine誘引可能な一酸化窒素のシンターゼのcDNAのクローニングそして表現。

Karlsen AE、Andersen HU、Vissing H、ラーセンPM、異様なSJ、Cuartero BG、Madsen OD、Petersen JSのMortensenのSB、Mandrup-Poulsen T、等
Stenoの糖尿病の中心、Gentofte、デンマーク。
糖尿病7月1995日; 44(7): 753-8

誘引可能な一酸化窒素の(いいえ)シンターゼのisoform (iNOS)はinterleukin (IL)のベータ細胞- 1匹のタイプIの糖尿病の病因に於いての役割をのためのいいえ提案するベータ露出されたラットの小島でとりわけ引き起こされない。 この調査の目標はcytokine露出された小島からのiNOSのcDNAをクローンとして作り、特徴付けることだった。 生産もiNOSのトランスクリプションもラットの小島またはcytokinesがない時培養されたラットのinsulinoma RIN-5AHのベータ細胞で検出できなかった。 IL-1ベータだけのまたは腫瘍の壊死の要因アルファを伴う付加はiNOSの遺伝子の集中時間依存の表現を引き起こし、小島およびRINの細胞両方からの生産(測定されたasnitrite)を関連付けなかった。 iNOSのコピーはRINのcytokine露出されたラットの小島および細胞からの逆のtranscriptaseポリメラーゼの連鎖反応によってクローンとして作られ、DNA順序の分析はcytokine露出されたラットのhepatocytesおよび平滑筋細胞からクローンとして作られた最近出版されたiNOSのcDNAに近い100%のアイデンティティを明らかにした。 組換えのラットの小島のiNOSは人間の腎臓293の繊維芽細胞に一時的にそして固定して表現され、高い酵素の活動はLアルギニン アナログ、Nのオメガ ニトロLアルギニン メチル エステルおよびaminoguanidineの付加によって禁じられた。 二次元のゲルの電気泳動は6.8から7.0の範囲で131 kDaおよびpIの価値の期待された分子量が付いている点のaseriesとして組換えのiNOSを明らかにした。 結論として、ラットの小島およびRINの細胞からクローンとして作られ、表現されるIL-1ベータ誘発のiNOSは他の細胞のタイプで引き起こされるiNOSと同じコピーによって符号化される。



Aminoguanidineはラットの実験糖尿病性のretinopathyの最初の段階を禁じない。

Hammes HP、アリSS、Uhlmann M、Weiss A、Federlin K、Geisen K、Brownlee M
第3医学部、ギーセン、ドイツのJustus Liebig大学。
Diabetologia (1995年、38 (3)ドイツ) p269-73 3月

私達は85%前にaminoguanidineのその長期管理、高度のglycosylationプロダクト形成の抑制剤を、減らすラットの実験糖尿病性のretinopathyの範囲を示してしまった。 aminoguanidineにもかかわらず成長した残りのretinopathyが高度のglycationの最終製品の形成に帰することができたかどうか定めるためには、タイム コースの調査はWistarのオスのラットの3つのグループで行われた: 非糖尿病性制御(NC)、streptozotocin糖尿病性制御(DC)およびstreptozotocin糖尿病性のラットはaminoguanidine HCLの50のmg/100 mlの飲料水(D-AG)と扱った。 目は24、32で、44得られ、糖尿病/処置の持続期間および形態学上の評価の56週は網膜のダイジェストの準備で行われた。 56週で、網膜の地階の膜の厚さはその上に測定された。 糖尿病の24週後で、acellular毛管の数はDC (44.6 +/-網膜区域の5.7/mm2、NC 19.6 +/- 4.9でかなり上がった; p < 0.001) そして絶えずそのうちに増加される(DC56週87.4 +/- 15.1; p < DC24週対0.001)。 それに対して、D-AGのacellular毛管は最初の24週にわたって増加し、次に調査(D-AG 24週35.7 +/- 5.18の残りのために一定している残った; p < NC対0.01 24週そしてNS対DC 24週; D-AG 56週42.0 +/- 6.20; p NS vsD AG 24週)。 (250ワードで省略される概要)



焦点打撃の間の高度のglycationの最終製品のNeurotoxicityおよびaminoguanidineのneuroprotective効果。

Zimmerman GA、Meistrell M第3の花O、Cockroft KM、ビアンキM、Risucci D、Broome Jの農夫P、Cerami A、Vlassara H、等
外科、北の海岸大学病院、Manhasset、NY 11030、米国の部門。
Proc国民のAcad Sci米国(米国) 1995年4月25日、92 (9) p3744-8

皮層の損失の範囲がnondiabetic患者のより糖尿病性の患者で大きいので大脳の梗塞形成(打撃)は糖尿病の可能性としては悲惨な複雑化、主にである。 この高められたneurotoxicityの病因学は十分理解されていない。 私達は高度のglycationの最終製品(年齢)がischemic打撃の間にneurotoxicityおよび悩障害に、他の糖尿病性の複雑化の開発で前に関係してしまった、貢献するかもしれないことを仮定した。 焦点大脳の虚血のラット モデルを使用して、私達は組識的に管理された年齢変更された牛のようなアルブミン(AGE-BSA)がかなり大脳のinfarctのサイズを増加したことを示す。 AGE-BSAの管理のneurotoxic効果は大脳の血の流れの逆説的な増加との線量および時間と関係するおよび準だった。 Aminoguanidineの交差つながる年齢の抑制剤年齢扱われた動物の減少させたinfarctの容積。 私達は年齢が糖尿病と関連付けられる打撃の高められた厳格および年齢の蓄積によって特徴付けられる他の条件に貢献するかもしれないことを結論を出す。



Agmatineおよびspermidineは糖尿病性db/dbのマウスの腎臓のコラーゲンの蓄積を減らす。

マルクスM、Trittenwein G、Aufricht C、Hoeger H、Lubec B
小児科、ウィーン、オーストリアの大学の部門。
Nephron (スイス連邦共和国) 1995年、69 (2) p155-8

現在の調査では、私達はagmatineおよびspermidineのアルギニン新陳代謝の代謝物質が、糖尿病性の腎臓のコラーゲンの蓄積を減らすアルギニンの病理学の活動を共有するかどうか仮説をテストした。 11匹のdb/dbのマウスは管理されたagmatineおよび12匹のdb/dbのマウスのspermidine (体重50のmg/kgの)だった。 10匹のdb/dbのマウスは否定的な制御および10匹のdb/dbのマウスがaminoguanidine (50mg/kg体重)と肯定的な制御として扱われたと同時に処置を受け取らなかった。 中間の腎臓のOHプロリンの満足な反映の腎臓のコラーゲンの内容および中間CMLの集中は扱われたグループのより未処理のグループで低いコラーゲンのかなり高いしかし酸の容解性かなりだった。 従ってguanidinoのグループを逃す逃す、まだアルギニン活動明らかにされるがアルファ アミノのグループおよびcarboxylグループおよびspermidineがAgmatine。 私達はすべての活動的な混合物に共通polyaminesの強く求核構造が反応カルボニルを妨げられることを仮定する。



autoxidative glycosylationのメカニズム: ブドウ糖による蛋白質のautoxidative修正の中間物としてグリオキサールそしてアラビノースの同一証明。

WellsKnecht KJ、Zyzak DV、Litchfield JEのThorpeのSR、Baynes JW
化学の部門および生物化学、コロンビア29208サウス カロライナ大学。
生物化学(米国) 1995年3月21日、34 (11) p3702-9

Glycationおよび酸化反作用は老化および糖尿病の蛋白質の修正に貢献する。 ブドウ糖の自動酸化の間のdicarbonylの砂糖の形成はブドウ糖[Wolff、S.P.、及び学部長、R.T. (1987年の)によって蛋白質のautoxidative glycosylationそしてそれに続く茶色になることの仮説的な第一歩Biochem行う。 J. 245、243-250]。 生理学的な条件の下でブドウ糖の自動酸化の間に形作られたdicarbonylの砂糖を識別するためにはブドウ糖は空気(酸化条件)または遷移金属のchelators (antioxidative条件)が付いている窒素の下の37の摂氏温度のリン酸緩衝液(pH 7.4)で孵化した。 Dicarbonylの混合物はジラードTの試薬との反作用の後でspectrophotometricallyそして高性能液体クロマトグラフィーによって分析された。 炭水化物はガスのクロマトグラフィー固まりの分光測定によって分析された。 dicarbonylの両方砂糖およびアラビノースの集中は酸化条件の下で行なわれた孵化の時間そしてブドウ糖の集中と増加した; これらのプロダクトの微量だけantioxidative条件の下で孵化したブドウ糖で検出された。 アダクトの高性能液体クロマトグラフィーの分析は試薬が示したジラードTとグリオキサールはブドウ糖の自動酸化で形作られた唯一のアルファdicarbonylの砂糖だったことを形作った。 グリオキサールおよびアラビノースはを>または= 21日の孵化の間に失われたブドウ糖の50%説明した。 glucosoneも低下プロダクト、リブロースも、探索可能ではなかった。 RNaseが付いているグリオキサールの反作用はアラビノースはpentosidineの源であるが、glycoxidationプロダクト、Nのエプシロンの(carboxymethyl)リジンをもたらした。 私達の結果は酸化条件の下でブドウ糖によって蛋白質の茶色になり、架橋結合の中間物としてグリオキサールおよびアラビノースを関係させる。 それらはまた酸化防止剤そしてdicarbonylの装飾の試薬が、aminoguanidineのような、glycoxidationの反作用を限り、老化および糖尿病の間にこれらのタイプの蛋白質の化学修正そして架橋結合の阻止のための混合物のそれ以上の評価を支えるメカニズムを提供する。



自発的に糖尿病性のBBのラットの糖尿病の手始めに対するaminoguanidineおよびNG monomethyl Lアルギニンの一酸化窒素の統合そして効果。

ウーG
動物科学、テキサスA&M大学、College Station TX 77843-2471の部門
糖尿病(1995年、44 (3)米国) p360-4 3月

糖尿病の手始めに対するaminoguanidine (AG)およびNG monomethyl Lアルギニン(NMMA) (シンターゼ無しの抑制剤)の一酸化窒素の(いいえ)統合そして効果は自発的に糖尿病性のBBのラットで調査された。 生産を生体内で測定しないためには、20匹のオスの50日古い糖尿病傾向があるBB (BBdp)のラットおよび年齢一致させた非糖尿病傾向があるBB (BBn)のラットは新陳代謝のおりにそれぞれ置かれた。 動物はカゼイン ベースのsemipurified食事療法および脱イオンされ、二重蒸溜された水への開架があった。 尿の排泄物は70日間一日置きに集められ、硝酸塩の尿の排泄物は生体内の索引として統合測定されなかった。 硝酸塩の尿の排泄物はBBdpのラットの150-200%によって4-6日老化一致させたBBnのラットと比較された糖尿病の手始めの前の高められた。 120日までの年齢によって糖尿病を開発しなかったBBnのラットとBBdpのそれらのラット間の硝酸塩の尿の排泄物に相違がなかった。 自発の糖尿病の開発に於いての役割をのいいえ定めるためには、BBdpの40日古いオスのラット(グループごとの30匹のラット) NMMA (アセテートの塩) (5つのmg/kgの体重)の毎日のsubcutaneous注入またはアセテート(制御)または80日間AG (飲料水の0か3つのg/l)の経口投与の同量を受け取らなかった。 NMMAおよびAGは両方13-15日までに糖尿病の発生の率を変えないでBBdpのラットの糖尿病の手始めを遅らせた。



hemodialysisの末期の腎臓病の患者のaminoguanidineのpharmacokinetics。

、一見ZM E-F、Foote Giles P、Keane WFのHalstensonのセリウム
薬、Hennepin郡の医療センター、ミネアポリス、MN 55404の部門。
AM Jの腎臓Dis (1995年、25 (3)米国) p420-5 3月

Aminoguanidineは遅れるかもしれなかったりまたは多くの糖尿病関連の複雑化を防ぐinvestigational代理店である。 aminoguanidineの除去が腎臓機能に依存しているので、pharmacokineticsはhemodialysisで維持された8人の慢性腎不全の患者で調査された。 各患者はinterdialyticおよびintradialytic期間の間にaminoguanidineの塩酸塩の300 mgを受け取った。 interdialytic期間の間にCmaxに達する、最高のaminoguanidineの集中(Cmax)および時間は4.5 micrograms/mLおよび1.5時間、それぞれだった。 これらの患者の末端の除去のhallifeは延長された(37.9時間)。 腎臓の整理は2.1 mL/min.だった。 管理された線量の8.7%だけは回復されるものがから正常な腎臓機能と主題の尿で著しく減る尿で変わらずに回復された。 aminoguanidineの腎臓の整理と患者の残りの腎臓機能間に肯定的な相関関係があった(P < 0.05)。 hemodialysisの間に、aminoguanidineのhallifeは3.9時間に短くされた。 aminoguanidineのhemodialysisの整理は203.6 mL/min.だった。 hemodialysisの停止の後で、血しょうaminoguanidineの集中(平均、39%)の重要な反動は観察された。 従って、aminoguanidineの塩酸塩の線量はかなり末期の腎臓病の患者で減る必要がある。 aminoguanidineのinterdialyticおよびintradialytic pharmacokineticsを与えられて、各hemodialysisの会議の後で投薬する3回ウィークリーは提案される。



糖尿病性のラットからのanococcygeus筋肉の損なわれた窒素酸化物仲介されたneurotransmissionに対するaminoguanidineの効果。

方法KJ、Reid JJ
薬理学、メルボルン、Parkville、ビクトリア、オーストラリアの大学の部門。
神経薬理学(1994年、33 (11)イギリス) p1315-22 11月

8週間のstreptozotocin誘発の糖尿病によって引き起こされるラットのanococcygeus筋肉でnitrergic neurotransmissionの変化への高度のglycationの最終製品(年齢)の形成の貢献は検査された。 一酸化窒素へのnitrergic神経の刺激(0.5-5 Hz、10-sectrain)へのRelaxantの応答、(いいえ; 0.1-3のmicroM)、提供者無しへ、ナトリウムのニトロプルシド(SNP; 5-500循環グアノシンの一リン酸塩(cGMP)の細胞透過性のアナログへのnMは)、8-bromo-cGMP (15および30 microM)、制御ラットからのより糖尿病性のラットからの筋肉でかなり小さく。年齢の形成を禁じるaminoguanidineのhemisulphate (1つのミリグラムの飲料水)との前処理はnitrergic神経の刺激への弛緩が糖尿病性のラットからのティッシュで更に減ったどんなに、nitrergic神経の刺激へのrelaxantの応答か制御ラットからのティッシュのSNP、またはへの応答または糖尿病性のラットからのティッシュのSNP変えなかった。 anococcygeusでは未処理動物から、aminoguanidine (1つのmM)への20分の露出生体外でもたらさなかったnitrergic神経の刺激に弛緩に対する効果を押し進む。 結果は糖尿病がcGMP弛緩の細道の変化によってラットのanococcygeusのnitrergic伝達を少なくとも部分的に損なうことを提案する。 損なわれたneurotransmissionは年齢の形成と関連していないようではない。



ベータInterleukin 1は異なった一酸化窒素のシンターゼの誘導によって一酸化窒素によって正常なラットの糖尿病そして熱を引き起こす。

Reimers JI、Bjerre U、Mandrup-Poulsen T、Nerup J
Stenoの糖尿病の中心、Gentofte、デンマーク。
Cytokine (1994年、6 (5)米国) p512-20 9月

相当な生体外の証拠は一酸化窒素がinterleukinの主要な仲介人インシュリン依存した糖尿病をもたらす最初のでき事のであるかもしれない1 (IL-1)引き起こされた膵臓のベータ細胞の阻止そして破壊ことを提案する。 一酸化窒素のシンターゼ、andaminoguanidine、一酸化窒素のシンターゼの誘引可能な形態の優先抑制剤の構成するおよびcytokineの誘引可能な形態のNGニトロLアルギニン メチル エステルを使用して、抑制剤、私達はベータinterleukin 1との5日間一度毎日注入された正常なラットの食糧取入口の一酸化窒素の生産の禁止の影響を、体重および温度、血ブドウ糖、血しょうインシュリン、グルカゴン、corticosteroneおよび白血球および差動計算調査した(ベータIL-1) (0.8マイクログラム/ラット= 4.0 micrograms/kg)。 一酸化窒素のシンターゼの構成し、誘引可能な形態の阻止はIL-1ベータ誘発の熱、hyperglycaemia、hypoinsulinemiaおよびhyperglucagonemiaを防いだが、部分的にリンパ球減少症Lおよびneutrophiliaを防いだり、IL-1ベータ誘発の無食欲症に対する効果および血しょうcorticosteroneの変更がなかった。 aminoguanidineの5 mg/ratの2つの毎日の注入を使用して一酸化窒素のシンターゼの誘引可能な形態の優先阻止はIL-1ベータ誘発のhyperglycaemiaおよびhypoinsulinaemiaを防ぎ、5日からわずかに3つのIL-1のpyrogenicityを減らした。 aminoguanidine (100 mg/rat)の大量服用はリンパ球減少症Lおよびneutrophiliaを防いだ。 私達は一酸化窒素のシンターゼの誘引可能な形態によって作り出される一酸化窒素がインシュリン解放のIL-1ベータ誘発の阻止を仲介すること、そしてベータ温度、膵臓のアルファ細胞および白血球の差動計算に対するIL-1の効果が一酸化窒素のシンターゼの構成する形態によって作り出される一酸化窒素によって仲介されるようであることを結論を出す。



aminoguanidineのliposomesのintrapancreatic注入による糖尿病の逆転。

Ricordi C、Behboo R、Klibanov A、Singal A、黄L
ピッツバーグの移植の協会、ペンシルバニアの大学。
移植Proc (1994年、26 (6)米国) p3479 12月

概要。



生理学的な条件の下のaminoguanidineとのmethylglyoxalの反作用および血しょう蛋白質へのmethylglyoxal結合の防止。

Lo TW、Selwood T、Thornalley PJ
化学および生物化学のエセックス大学、Colchester、イギリスの部門
Biochem Pharmacol (イギリス) 1994年11月16日、48 (10) p1865-70

臨床糖尿病のmethylglyoxalおよびglyoxalaseシステムによる新陳代謝の高められた形成は糖尿病の臨床複雑化の開発につながった: retinopathy、ニューロパシーおよびネフロパシー。 Aminoguanidineは糖尿病性の複雑化の予防療法のための予防する代理店として提案された。 Methylglyoxalは生理学的な条件の下でaminoguanidineと2 isomerictriazines、3アミノ5メチル1,2,4トリアジンおよび3アミノ6メチル1,2,4トリアジンを形作るために反応した。 pH 7.4でaminoguanidine、kMG.AG = 0.39の+/- 0.06 M-1秒1一定した中間の第2順序率および37degreesとのmethylglyoxalの反作用のために。 このような状況の下で、methylglyoxal bisguanylhydrazoneは検出されなかった。 Aminoguanidineはmethylglyoxalの生理学的な集中によって人間血しょう蛋白質の不可逆修正を防いだ(1microM); aminoguanidineの中央の抑制的な集中IC50の価値は203 +/- 16 microMだった(N = 28)。 aminoguanidineによってmethylglyoxalの掃気は糖尿病の管の病因の防止のaminoguanidineの有利な効果に貢献するかもしれない。



高度のglycationの最終製品は正常なラットのglomerular硬化そしてalbuminuriaを引き起こす。

Vlassara Hの罷業者LJ、Teichberg S、Fuh H、李YM、Steffes M
医学研究、Manhasset、NY 11030のためのPicowerの協会。
Proc国民のAcad Sci米国(米国) 1994年11月22日、91 (24) p11704-8

ティッシュのハイ レベルはglycationの最終製品(年齢)をブドウ糖による蛋白質の自発の修正からのその結果が糖尿病および老化で行われる進めた。 糖尿病の老化のnephrosclerosisに於いての年齢の潜在的な病原性のある役割に、糖尿病性の血清の範囲に循環の年齢のレベルを上げること十分な年齢変更された単独で健康なラットにラットのアルブミン(1日、i.vあたりの1 kgあたり25 mg。)の線量は演説するためには毎日管理されたまたは年齢を伴ってoraminoguanidineを禁じなさい。 5かの数か月後で、年齢扱われたラットの腎臓のティッシュの年齢の内容は50%の上記の制御に血清が2.8折目のすばらしい年齢のレベルを含んでいた一方、(P < 0.025)上がった(P < 0.025)。 年齢扱われたラットからの腎臓のライトそしてelectronmicroscopy制御(P < 0.001)、重要な過ヨウ素酸/シッフ試薬肯定的な沈殿物、広がる地階の膜およびmesangial細胞外のマトリックスの増加と比較されたglomerular容積の50%以上増加を明らかにし、未処理と比較された重要なglomerulosclerosisを(P < 0.002)示したりまたは制御をアルブミン扱った(P < 0.002)。 これらの変更は蛋白質の重要な損失と(P < 0.005)関連付けられ、年齢扱われたラットの尿のアルブミンは(P < 0.002)制御と比較した。 aminoguanidineのCotreatmentは著しく構造および機能欠陥を限った。 これらの生体内のデータは年齢がある意味ではglomerulosclerosisに導くglomerular構造および機能に影響を及ぼすことを示す。 効果は病理学の年齢の抑制剤によって改善されるので年齢特定、aminoguanidineである。



STZ誘発の糖尿病性のラットからの隔離された小動脈の活動的な、受動の機械特性。 aminoguanidineの処置の効果。

丘MA、Ege EA
生理学、ヴァージニアの東の衛生学校、ノーフォーク23501の部門。
糖尿病(1994年、43 (12)米国) p1450-6 12月

調査は隔離された骨格筋の小動脈の受動の伸縮性があり、活動的なmyogenic特性に対する実験糖尿病(4-6週の持続期間)の効果を検査するために行われた。 調査は未処理のstreptozotocin (60のmg/kg)の誘発の糖尿病性のラットで行なわれ、同じようなラットでどちらかのアミノ グアニジン(25のmg/kg)のormethylguanidine (25のmg/kg)と毎日扱った。 1次尾鈎筋肉小動脈はintraluminal流れがない時隔離され、cannulated、そして加圧された。ビデオ顕微鏡検査が活動的な、受動の(o mmol/lCa (2+) - superfusated 2つのmmol/l EGTA) tesのarteriolar直径とintraluminal圧力間の関係を定めるのに使用された。 測定が活動的なmyogenic応答、arteriolar distensibilityおよび圧力緊張関係を計算するのに使用された。 受動の条件の下で、対照動物からの同じような小動脈によって比較された未処理の糖尿病性動物からの小動脈はより堅く、より少なくdistensibleようである。 活動的な条件の下で、示されているintraluminal圧力の生理学的な範囲上の圧力直径関係の否定的な斜面の重要な(P < 0.001)減少によって立証されるように未処理の糖尿病性のグループからのすなわち、細胞外Ca2+の前で、小動脈はmyogenic反応を損なった。 aminoguanidineの慢性の処置はmethylguanidineの処置が非効果的な間、隔離された小動脈の活動的な、受動の特性の糖尿病誘発の変更を防いだ。 原則的に応用アセチルコリン(5つx 10の(- 6) mol/l)への血管拡張神経の応答はへの10 (- 8) aminoguanidineの処置に関係なく糖尿病性動物でかなり損なわれた。 データは示し実験糖尿病が減らされた受動のdistensibilityと関連付けられる、またはことを、さらに損なわれた活動的なmyogenic応答に貢献するかもしれない骨格筋の小動脈の堅くなる。



インシュリンに対するaminoguanidineの効果は膵島から解放する。

Tasaka Y、Nakaya F、松本H、Omori Y
東京女性の医科大学、糖尿病の中心、日本。
Endocr J (1994年、41 (3)イギリス) p309-13 6月

Aminoguanidine (AG)は糖尿病の高度のglycationの最終製品の生成を防ぐための潜在的な治療上の代理店である。 この調査では、インシュリンの分泌に対するAGの効果は生体外のラットの膵島で調査された。 小島はAGの有無にかかわらず48 hのためのティッシュの培養基199で無性状態で隔離され、培養された。 文化の後で、10の小島のバッチは3.3 mMかブドウ糖16.7 mMの含んでいるKrebs信号器の重炭酸塩の緩衝で孵化した。 前に0.18のmM AGか0.45のmM AGにさらされた小島は16.7 mMのブドウ糖の集中で制御小島に同じようなインシュリン解放を示したが、最高によってブドウ糖刺激されたインシュリン解放は1.8 mM --にさらされた小島で禁じられた。 perifusionの実験では、前に1.8のmM AGにさらされた小島からのブドウ糖16.7 mMの引き起こされたインシュリン解放は制御小島のそれとかなり違わなかった。 但し、より高いAGの集中、4.55 mMおよび9.1 mMのかなり禁じられたブドウ糖刺激されたインシュリン解放の小島の文化(< 0.02および0.002、それぞれ)。 これらの結果は高い濃度のAGがブドウ糖の高い濃度への膵臓のB細胞の応答を損なうことを提案する。



TNFアルファおよびIFNガンマは一酸化窒素の生成によって主にベータ マウスの膵島に対するIL-1の有害な効果を増強する。

Cetkovic-Cvrlje M、Eizirik DL
医学の細胞生物学、ウプサラ大学、スウェーデンの部門。
Cytokine (1994年、6 (4)米国) p399-406 7月

Cytokinesは早いインシュリン依存した糖尿病のベータ細胞の損傷の重要な仲介人であるかもしれない。 更にインシュリン産出の細胞のcytokinesの行為のメカニズムを特徴付けるために、マウスの膵島は、IFNガンマまたはTNFアルファのためにベータ、48 hからIL-1単独でまたは組合せで露出された。 3 cytokinesは小島が3 cytokines --に一緒にさらされたときに小島の一酸化窒素の(いいえ)生産、マーク付き効果を引き起こした。 生産に平行して、IL-1 beta+IFN gamma+TNFアルファは減らされた小島のDNAおよびインシュリンの内容、減らされたブドウ糖の新陳代謝および減らされたブドウ糖誘発のインシュリン解放によって判断されるように小島機能を、損なわなかった。 Aminoguanidineの生産の抑制剤は、小島のインシュリンの内容の枯渇の例外を除くcytokinesのすべての上で記述されていた抑制の効果を、防がなかった。 並行して実験は同じcytokines --に6 hのために、RINのインシュリン産出の細胞さらされた。 ベータIL-1およびTNFアルファ、しかしないIFNガンマは両方、酵素の誘引可能な形態のためのmRNAの符号化の生産そして表現をシンターゼ(iNOS)引き起こさなかった。 これらの効果はIL-1 beta+IFNガンマまたはIL-1 beta+IFN gamma+TNFアルファの組合せが使用されたときに最も顕著だった。 全体として、データはcytokinesの組合せがマウスの膵島によってcytokinesのそれぞれより隔離される生成の多量を引き起こさないことを提案する。 小島の重要な源はinsulinomaの細胞ラインと得られるデータによって指されるように生産おそらくベータ細胞、ではない。 マウスの小島のcytokinesの有害な効果のほとんどはcytokine誘発のベータ細胞の損傷の主要な仲介人がではないことを提案する生産の妨害によって防がれる。



高度のglycationの最終製品による低密度の脂蛋白質の修正は糖尿病および腎臓不十分のdyslipidemiaに貢献する。

Bucala R、Makita Z、Vega G、Grundy S、Koschinsky T、Cerami A、Vlassara H
医学研究、Manhasset、NY 11030のためのPicowerの協会。
Proc国民のAcad Sci米国(米国) 1994年9月27日、91 (20) p9441-5

アテローム性動脈硬化は糖尿病または腎臓不十分の患者で急速に成長する。 血しょう脂蛋白質のプロフィールはこれらの条件で頻繁に異常で、アポ蛋白B (ApoB)のレベルの高度を-部品の非常に低密度の脂蛋白質(VLDL)および低密度の脂蛋白質(LDL)を含んでいること反映する。 循環の高度のglycationの最終製品(年齢)のハイ レベルはまた糖尿病および末期の腎臓病(ESRD)で行われる。 これらのプロダクトはAmadoriブドウ糖得られたプロダクトから起こり、年齢変更されたティッシュ蛋白質の異化に起因する年齢変更されたペプチッド(年齢ペプチッド)を含んでいる。 年齢ペプチッドは架橋結合蛋白質のアミノ グループに腎臓不十分の結果として血しょうで集まるために示され。 糖尿病およびESRDのdyslipidemiaのための潜在的なメカニズムに演説するためには、私達はティッシュLDLの受容器によって認識を防ぐために循環の年齢が血しょう脂蛋白質と直接反応するという可能性を調査した。 年齢特定のELISAは正常な制御と比較された糖尿病患者またはESRDの患者の血しょうで年齢変更されたLDLの水平に増加したかなり示した。 AGE-LDLは原産LDLが総合的な年齢ペプチッドと孵化するか、または年齢ペプチッドが忍耐強い血しょうから直接隔離したときに容易に生体外で形作った。 表わされる腎臓不十分の糖尿病患者の血しょうで示す修正の同じレベルへの年齢ペプチッドによってと生体外で変更されたLDLは著しく人間LDLの受容器を表現しているtransgenicマウスに注入されたとき整理の動力学を損なった。 これらのデータは年齢の修正がかなりLDL受容器仲介された整理のメカニズムを損ない、上げた糖尿病または腎臓不十分の患者のLDLのレベルを貢献するかもしれないことを示す。 この仮説は糖尿病性の患者への高度のglycationの抑制剤のaminoguanidineの管理が28%循環LDLのレベルを減らした観察によって更に支えられた。



fructosamineの試金の化学: D glucosoneはAmadoriの混合物の酸化のプロダクトである。

パン屋ジュニア、Zyzak DVのThorpeのSR、Baynes JW
臨床生物化学、グリーン レーンの病院、オークランド、ニュージーランドの部門。
Clin Chem (1994年、40 (10)米国) p1950-5 10月

fructosamineの試金の化学はAmadoriの混合物、Nのアルファ ホルミルNのエプシロン フルクトース リジン(fFL)、蛋白質のglycatedリジンの残余のアナログの使用によって調査された。 以前は(Clin Chem 1993年; 39:2460-5)、私達は自由なリジンが定期的にfructosamineの試金(炭酸ナトリウムの緩衝、pH10に使用した条件の下のアルカリnitroblueのtetrazolium (NBT)の孵化の間に70%の収穫のfFLから形作られたことを報告した。 37の摂氏温度の35)。 ここでは、私達はD glucosoneがfructosamineの試金のAmadoriの混合物から形作られる第一次炭水化物の酸化プロダクトであることを示す。 < 30分のhallifeとのアルカリ試金の条件の下で分解するGlucosoneは孵化の10分後に最初のfFLの集中のおよそ50%の最高の集中に達する。 fFLのように、glucosoneは紫色のmonoformazan染料にNBTを減らすが、分解はNBTの存在によって加速されない。 fFLが基質の、しかしglucosoneとのほぼ100%禁じるときdicarbonyl装飾の試薬、aminoguanidineは基質としてまでに、fructosamineの試金をおよそ25%によって。 glucosoneの形成がfructosamineの試金の臨床実用性に対する重要な効果をもたらさないことを糖尿病患者からの血清のサンプルとの調査およびnondiabeticsは示す; 但し、glucosoneの形成のための訂正は試金が蛋白質のglycationの範囲を推定するために使用されるとき要求されるかもしれない。



クレアチンは糖尿病性db/dbのマウスの腎臓のコラーゲンの蓄積を減らす。

Lubec B、Aufricht C、Herkner K、Hoeger H、Adamiker D、Gialamas Hの牙Kircher S、Lubec G
小児科、ウィーン、オーストリアの大学の部門。
Nephron (スイス連邦共和国) 1994年、67 (2) p214-7

現在の調査では、私達は仮説をかどうかクレアチン、アルギニン新陳代謝、分け前の代謝物質糖尿病性の腎臓のコラーゲンの蓄積を減らすアルギニンの病理学の活動テストした。 10匹のdb/dbのマウスは、3か月間、体重50のmg/kgののクレアチンの毎日の適量を含んでいる解決与えられた。 11匹のdb/dbのマウスは制御として役立った。 3ヶ月の調査の期間の終わりに、未処理のグループのN-carboxymethyllysineの中間の集中は扱われたグループ(0.163 +/- 0.096 +/- 0.017 nmol/mumolのヒドロキシプロリン、p対0.18 < 0.001)でよりかなり高かった。 コラーゲンの蓄積はまた扱われたグループ(2.21 +/- 1.68 +/- 0.22のmumol hydroxyproline/100 mgの腎臓の重量、p対0.24 < 0.001)のより未処理でかなり高かった。 私達はクレアチンがアルギニンまたはaminoguanidineの行為に類似しているコラーゲンのタイプIVの蓄積の重要な減少をもたらしたことを結論を出す。 私達は両方の混合物に共通guanidinoのグループが反応カルボニルを妨げられることを提案する。



糖尿病性のラット血しょうの3-deoxyglucosoneレベルの増加。 高度のMaillardの反作用の中間物の特定の生体内の決定。

Yamada H、Miyata S、Igaki N、Yatabe H、Miyauchi Y、Ohara T、堺M、Shoda H、Oimomi M、Kasuga M
内科、日本神戸大学医科大学院の第2部門。
J Biol Chem (米国) 1994年8月12日、269 (32) p20275-80

3-deoxyglucosone (3 DG)の特定の試金は私達の実験室で高度のMaillardの反作用と糖尿病性の複雑化間の関係を明瞭にするのを助けるように開発された。 3 DGは反作用の反応中間物生体外でおよび前に生体内で検出されたpyrralineおよびpentosidineのような高度のglycosylationの最終製品の前駆物質として非常に知られている。 3 DGは安定した混合物、2に2,3-diaminonaphthaleneとの反応によって(2,3,4-trihydroxybutyl) - benzo [g]キノキサリン、変えられた。 派生物に独特の紫外線スペクトルがあったので、高性能の液体クロマトグラフィーによって268 nmで断固としただった。 この方法は十分に敏感3 DGの10 ng/ml (61.7nM)を生体外で検出するにはだった。 この方法へのわずかな修正は3 DGの少量のvivodetectionで許した。 血しょう自由な3 DGレベルは制御(918 +/- 134 nM対379 +/- 69 nM、p < 0.001)と比較されたstreptozotocin誘発の糖尿病性のラットでかなりより高く、aminoguanidineの管理、Maillardの反作用の抑制剤と抑制された。 また高い3 DGレベルに平行して増加したaminoguanidineの管理によってだけ糖尿病性のラットの血しょうpyrralineのレベルはしかし限界近く抑制された。 私達の結果はレベルがindiabetic主題を高めることその3 DG ispresent生体内を通常の状態で示し。 3 DGの決定は糖尿病性の複雑化の開発そして進行を予測し、Maillardの反作用に抑制剤の効率を査定するためによい用具を表す。



Lアルギニンは糖尿病性db/dbのマウスの中心のコラーゲンの蓄積を減らす。

Khaidar A、マルクスM、Lubec B、Lubec G
小児科、ウィーン、オーストリアの大学の部門。
循環(1994年、90 (1)米国) p479-83 7月

背景: 糖尿病性の心筋症は重要なコラーゲンの蓄積と示す; 減らされた容解性、高められたブドウ糖仲介された異常な交差連結、交差つながる遊離基またはコラーゲンのブドウ糖誘発の高められたトランスクリプションは告発される。 前の調査では、私達口頭アルギニンとの処置による糖尿病性のマウスの腎臓のreducedcollagenの蓄積。 この観察は私達をアルギニンoncardial線維症の効果を検査するために導いた。

方法および結果: 29匹のdb/dbのspontaneouslydiabeticマウスは実験で使用された。 16は4か月間Lアルギニン(1日あたりの水道水、50のmg/kgの体重の自由な基盤、)を与えられた。 実験のtheendで、私達はglycemic制御のための変数として総心室のティッシュ、酸の容解性、carboxymethyllysine、Oチロシン、グルタチオン、血ブドウ糖およびfructosamineの総コラーゲンの内容を定めた。 中心のコラーゲンのレベルは100 mgの中心のティッシュごとの制御グループ(平均、0.49 +/- 0.10のmumolのヒドロキシプロリンと)の比較された実験グループ(平均、0.24 +/- 0.05)でかなり(P = .0001)減った。 かなり多くのコラーゲンは実験グループの中心のサンプルから溶離できる(P = .02)。 中心の重量に関連していたときCarboxymethyllysineおよびOチロシンは異ならなかった。 グルタチオンのレベルは未処理のグループでかなりより高かった(P = .003)。 glycemic制御の変数はグループの間で異ならなかった。

結論: 私達の調査結果ははっきりLアルギニンが総中心のコラーゲンを減らし、中心のコラーゲンの酸の容解性を高めたことを示す。 調査結果は両方とも交差連結仮説と互換性がある。 carboxymethyllysine、Oチロシンおよびグルタチオンのデータは従ってglycoxidationの仮説および遊離基交差連結を除外する。 行為の仮定されたメカニズムはanalogytoのアミノのグアニジンの活動のLアルギニンによって本当らしい反応カルボニル機能の妨害。 しかしglycemic制御を用いるコラーゲンの相関関係はコラーゲンの新陳代謝が付いているブドウ糖の連合、transcriptionalレベルで細胞培養で文書化される現象を指す。



腎不全の糖尿病性の尿毒症そして処置の反応glycosylationの最終製品。

Makita Z、Bucala R、Rayfield EJ、フリードマンEA、カウフマンAM、Korbet SM、Barth RH、Winston JA、Fuh H、Manogue KR、等
医学研究、Manhasset、NY 11030のためのPicowerの協会。
尖頭アーチ(イギリス) 1994年6月18日、343 (8912) p1519-22

糖尿病および老化では、ブドウ糖得られた高度のglycosylationendプロダクト(年齢)は蛋白質を架橋結合し、維管束組織の損害を与える。 腎臓による低分子量の年齢変更された分子(LMW年齢)の循環の除去は末期の腎臓病の糖尿病性の患者、加速されたアテローム性動脈硬化に応じるグループで損なわれる。 私達は末期の腎臓病の糖尿病性および非糖尿病性の患者の血清のLMW年齢の除去の現在の腎臓の取り替えの処置の有効性を定めた。 慣習的なhaemodialysisのそれらが(p < 0.005)より高変化haemodialysisを受け取っている糖尿病性の患者が33%のより低い定常血清LMW-AGEを達成したが、LMW-AGEの集中は高変化透析、慣習的なhaemodialysis、または慢性の歩行の腹膜の透析が使用されたかどうか、常態の上の3.5-6折目に残った。 高変化haemodialysisは各処置の会議(糖尿病患者、p <非糖尿病性のグループの0.001そして60.6%、p <0.001の47.9%)の間に著しく年齢を減らしたが、集中は3時間以内の前処理の範囲に戻った。 それに対して、正常なLMW-AGEの集中は作用の腎臓の移植を持つ患者で維持された。 私達は2000-6000の明白な分子量とのLMW年齢が強い固有の化学反応を循環し、保つことが分った--、形態の年齢コラーゲンに共有に付した77%までコラーゲンに生体外で露出されたときおよび年齢架橋結合の抑制剤のaminoguanidineは完全にこの反作用を禁じた。 結果はLMW年齢が現在の透析処置による取り外しに処理し難い化学反応分子でセットを構成することを提案する。 管のマトリックスまたは血清の部品に共有reattachmentによって、LMW年齢は末期の腎臓病と関連付けられる管の病理学を悪化させるかもしれない。



Cytokinesは一酸化窒素の生成に対する効果に関係なく人間の小島機能を抑制する。

Eizirik DL、Sandler S、ウェールズN、Cetkovic-Cvrlje M、Nieman A、Geller DA、Pipeleers DG、Bendtzen K、Hellerstrom C
医学の細胞生物学、ウプサラ大学、スウェーデンの部門。
J Clinは(米国) 1994年、93 (5) p1968-74 5月を投資する

Cytokinesは一酸化窒素の生成によって人間のインシュリン依存した糖尿病のベータ細胞の損傷の誘因物として提案された(いいえ)。 この概念は異種cytokineの準備を使用して齧歯動物の膵島で得られるデータに大抵基づいている。 異なったcytokinesへの人間の膵島の露出が引き起こさないし、ベータ細胞機能を損なうかどうか検査される現在の調査。 30人の人間のpancreataからの小島は次の人間の組換えのcytokinesに、単独でまたは組合せで6-144 hのために露出された: IFNガンマ(1,000 U/ml)、TNFアルファ(1,000 U/ml)、ベータIL-6 (25U/ml)、およびIL-1 (50 U/ml)。 48 hの後で、単独でcytokinesのどれも小島の亜硝酸塩の生産を高めなかったが、IFNガンマはブドウ糖誘発のインシュリン解放の20%の減少を引き起こした。 cytokines、特にTNFアルファ、誘引可能の引き起こされた高められた表現とIFNガンマとIL1betaの組合せ6 hの後のシンターゼ無しmRNAおよび48 h.の後で中型の亜硝酸塩の蓄積の5重の増加で起因して。 これらのcytokinesはブドウ糖16.7 mMのに応じてブドウ糖の新陳代謝またはインシュリン解放を損なわなかったが、小島のインシュリンの内容に80%の減少があった。 TNFアルファとIFNガンマとベータ144のhの苦労1の露出は生産を高めなかったし、ブドウ糖誘発のインシュリン解放およびインシュリンの内容を両方減らした。 生成、aminoguanidineかNGニトロLアルギニンの抑制剤は、このcytokine誘発を生成妨げなかったが、TNFアルファとIFNガンマとベータandcontentインシュリン解放に対するIL-1の抑制の効果を防がなかった。 結論として、隔離された人間の小島はcytokinesのthesuppressive効果に対して抵抗力があり隔離された齧歯動物の小島より。 さらに、現在の調査は人間の小島に対するcytokineの効果の主要な仲介人がではないことを提案する。



aminoguanidineによるstreptozotocin誘発の糖尿病性のラットの皮膚損害の改善。

Bannai C、Yamazaki M、松島Y、Kunika K、Itakura M、Okuda Y、Yamashita K
内分泌学の部門および新陳代謝、筑波、茨城、日本の大学
糖尿病Res (スコットランド) 1992年、20 (4) p87-95

さまざまなティッシュの非酵素のglycosylationを防ぐとaminoguanidine (AG)が知られていると同時に私達は制御の、SZ糖尿病性のおよびAG扱われた(25 mg/kgbw/day、10w)糖尿病性のラットで皮に対する組織学的そして生化学的に評価されたAGの効果をもたらす。 糖尿病患者によってandAG扱われた糖尿病性のラットのHbA1cそして血しょうブドウ糖のレベルは実験の10週の間に制御ラットのそれらの約2倍高く維持された。 組織学的な調査結果は糖尿病性のラットの皮膚がコラーゲン繊維の膨張そして退化と薄く、浮腫、準だったことを明らかにした。 より低い皮膚のNecrobioticの変更は見られた。 AG扱われた糖尿病性のラットのこれらの変更は非常に改良された。 糖尿病患者によってandAG扱われた糖尿病性のラットの皮のブドウ糖の内容は3グループ間のソルビトールの内容に相違がなかった一方、制御のそれらの高く約10倍だった。 皮およびコラーゲンの内容の乾燥重量は(r = 0.9044) wellcorrelated、コラーゲンは78.0 +/- dryweightの2.3%を表した。 シアン臭化物のダイジェストのSDS-PAGEの分析によって高分子量のペプチッドが糖尿病性のラットで増加したが示されていたり、AG扱われた糖尿病性のラットで減ったことが。 糖尿病性の皮のglycosaminoglycan (ギャグの)内容の平均は制御(1.58 +/- 0.09vsのそれの54%だった。 2.94 +/- 0.39 micrograms/mgの乾燥重量、P < 0.0025)、AG扱われた糖尿病性のラット(1.75 +/- 0.07 microgram/mgのdryweight、Pで<糖尿病患者対0.01)かなり増加した。



ブドウ糖によるコラーゲンのGlycation、glycoxidation、および交差連結。 Maillardの反作用の動力学、メカニズムおよび阻止故な段階。

Fu MX、WellsKnecht KJ、Blackledge JA、ライオンTJのThorpeのSR、Baynes JW
化学の部門および生物化学、コロンビア サウス カロライナ大学SC 29208
糖尿病(1994年、43 (5)米国) p676-83 5月

砂糖と蛋白質間のMaillardか褐変反応は糖尿病の長命のティッシュ蛋白質の高められた化学修正そして交差連結に貢献する。 これらの反作用に於いてのglycationの役割をおよび酸化評価するためには、私達は生理学的なpHおよび温度で酸化およびantioxidative条件の効果およびリン酸緩衝液のラット テールの腱のコラーゲンが付いているブドウ糖の反作用のさまざまなタイプの抑制剤調査した。 測定された含まれたfructoselysine、glycoxidationプロダクトNepsilon-の(carboxymethyl)リジンおよびpentosidineおよび蛍光性だったコラーゲンの化学修正。 コラーゲン交差連結はシアン臭化物のペプチッドの分析とペプシンまたはナトリウムのdodecylsulfateとの処置のコラーゲンの可溶化の変更によってナトリウムのdodecyl硫酸塩ポリアクリルアミドのゲルの電気泳動を使用して評価された。 glycationが変化しなかったが、glycoxidationプロダクトの形成およびコラーゲンの交差連結はantioxidative条件によって禁じられた。 glycoxidationプロダクトの形成の動力学は短い誘導期と進み、ブドウ糖のautoxidative低下がglycoxidationへの主要コントリビュータおよび交差連結反作用だったことを提案する蛋白質のAmadoriのアダクトの量の独立者だった。 Chelators、スルフヒドリルの混合物、酸化防止剤およびaminoguanidineはまた蛋白質のglycationの範囲に対する重要な効果なしでglycoxidationプロダクトの形成、蛍光性の生成、およびコラーゲンの交差連結を禁じた。 私達は混合すること、そしてchelators、スルフヒドリルの混合物、酸化防止剤およびaminoguanidineがそれに続くglycoxidationからのglycationのuncouplersとしておよび交差連結反作用ことをブドウ糖またはAmadoriの自動酸化が蛋白質の演劇でglycoxidationプロダクトの形成および生体外のブドウ糖によってコラーゲンの交差好みに於いての大きな役割を機能することを結論を出す。



Aminoguanidineは自発の高血圧のラットの加速された糖尿病性のretinopathyの開発を禁じる。

Hammes HP、Brownlee M、Edelstein D、Saleck M、マーティンS、Federlin K
ギーセンのJustus Liebig大学の第3医学部、ドイツ。
Diabetologia (1994年、37 (1)ドイツ) p32-5 1月

幹線高血圧は糖尿病性のretinopathyのための主要な二次危険率として識別された。 但し、高血圧がretinopathyを悪化させるメカニズムは未知である。 高度のglycationプロダクト形成の阻止は正常血圧の糖尿病性のラットの実験糖尿病性のretinopathyの開発を防ぐ。 この調査で糖尿病性のretinopathyの開発の率およびarteriolar血栓症の形成に対する高血圧の効果は評価された。 私達はまた高度のglycationのaminoguanidine、抑制剤および糖尿病性の高血圧のラットの網膜の病理学に対するプロダクト形成の効果を評価した。 糖尿病の26週後で、高血圧は非高血圧のグループ(糖尿病性の自発の高血圧のラット(SHR)のより低い中間の血ブドウ糖のレベルにもかかわらずretinopathyの開発を16.00 +/- 6.83 mmol/l加速した; Wistar糖尿病性の正常血圧の京都のラット(WKY) 34.9 +/- 3.64 mmol/l; p <0.0001)。 糖尿病性SHRに二度糖尿病性WKY (SHRの糖尿病患者ほぼそのacellular毛管があった: 網膜区域のmm2ごとの91.9 +/- 7.5のacellular毛管対WKYの糖尿病患者: 網膜区域のmm2ごとの53.7 +/- 8.5のacellular毛管)、そしてarteriolar microthromboses (SHRの糖尿病患者23,504 +/- 5523 microns2対SHR非糖尿病性の6228 +/- 2707 microns2)の数の3.8折目の増加。 SHRの糖尿病性のラットのAminoguanidineの処置は50% acellular毛管の数を減らし、完全に先肯定的な材料のarteriolar沈殿および異常なmicrothrombusの形成を両方防いだ。 これらのデータは網膜のvasculatureのglycated蛋白質の高血圧誘発の沈殿が高血圧によって糖尿病性のretinopathyの加速の中心的役割を担うことを提案する。



Aminoguanidineは地方アルブミンの整理streptozotocin糖尿病性のラットの尿のアルブミンの排泄物を減らす。

Huijberts MS、Wolffenbuttel BH、Crijns FR、Nieuwenhuijzen Kruseman AC、Bemelmans MH、Struijker Boudier HA
内科、大学病院マーストリヒト、ネザーランドの部門。
Diabetologia (1994年、37 (1)ドイツ) p10-4 1月

高度のglycationの終りプロダクト形成は糖尿病性のangiopathyの開発の役割を担うと考えられる。 異なった細胞外のマトリックスの部品によって進められるglycationの構造の変更によって最終製品は管およびglomerular透磁率に影響を与えるかもしれない。 この調査では私達はstreptozotocin誘発の糖尿病性のラットのalbuminuriaの管の透磁率そして開発に対する高度のglycationの終りプロダクト形成、aminoguanidineの抑制剤との処置の効果を、調査した。 WistarオスのRpのラットは制御グループ、糖尿病性のグループおよびaminoguanidine扱われた糖尿病性のグループにランダム化された。 8週後で、24-h尿のコレクションは取られ、ラットは幹線およびavenousカテーテルによって植え付けられた。 中間の動脈血圧力は内部幹線測定によって定められた。 地方アルブミンの整理は同位体の技術を使用して目、回腸、肺、骨格筋および皮で査定された。 糖尿病性のグループの中間の動脈圧は制御およびaminoguanidine扱われたグループでかなりより低かった(p < 0.02)。 地方アルブミンの整理は制御ラットと比較された糖尿病性のラットのすべてのティッシュでかなり高められた(p < 0.05)。 糖尿病性のラットのAminoguanidineの処置は肺を除くすべてのティッシュの地方アルブミンの整理の重要な減少で起因した(p < 0.05の肺p = 0.07)。 糖尿病性のラットのしかしalbuminuriaの開発はaminoguanidineによって、影響されなかった。



Aminoguanidineの一酸化窒素の形成の抑制剤は、マウスの多数の低い線量のstreptozotocinの注入によって引き起こされるinsulitisおよびhyperglycemiaから保護しない。

Holstad M、Sandler S
医学の細胞生物学、ウプサラ大学、スウェーデンの部門。
自己免疫(スイス連邦共和国) 1993年、15 (4) p311-4

インシュリン依存した糖尿病(IDDM)をもたらすプロセスの間に起こる膵臓のベータ細胞の破壊が一酸化窒素の形成を含むことが提案された(いいえ)。 私達は現在ベータcytokineのinterleukin1によって引き起こされるの生成を禁じるために最近報告されてしまわなかったaminoguanidine (AG)の効果を調査してしまった。 AGは現在ラットの膵島のブドウ糖の酸化率のIL-1ベータ引き起こされた減損を妨害した。 それから私達はstreptozotocin (5つの連続した日間40のmg/kgの体重)の多数の低い線量の注入と扱われたマウスのhyperglycemiaそして膵臓のinsulitisの開発に対するAGの効果を調査した。 14日間AG (50のmg/kgの体重)の1つの毎日の腹腔内の注入がstreptozotocinの注入に続く糖尿病、またinsulitisの開発を防がなかったことが分られた。 なお、マウスはAGとstreptozotocinと示した塩とstreptozotocinと扱われたマウスと比較された高められた死亡率を扱った。 現在のデータはIDDMに於いての役割をのためのいいえ除かないが、IDDMの治療上の代理店としてAGをテストする使用についての心配を上げる。



Aminoguanidine: 糖尿病の予防法のために提案される薬剤はカタラーゼを禁じ、過酸化水素を生体外で発生させる。

Ou P、Wolff SP
薬、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの衛生学校、Rayneの協会、イギリスの部門
Biochem Pharmacol (イギリス) 1993年10月5日、46 (7) p1139-44

Aminoguanidine (AG)は糖尿病の複雑化の予防法の潜在的な利点の薬剤として提案された。 私達はAGが不可逆的にaminotriazoleと同じような効力のカタラーゼを禁じることをここに示す。 AGはまたsemicarbazideおよびヒドラジンにAGの前の加水分解に部分的に依存するかもしれない転移によって金属触媒作用を及ぼされるプロセスの過酸化水素を、作り出す。 これらの観察はの重要性を管理糖尿病のAGの提案の長期的にもつかもしれない。



nonobese糖尿病性のマウスからの小島の一酸化窒素の生産: aminoguanidineに敏感および-免疫学の糖尿病性プロセスの抵抗力がある段階。

Corbett JA、Mikhael A、清水J、Frederick K、Misko TP、McDaniel ML、神奈川O、Unanue ER
病理学、セントルイス、MO 63110ワシントン州大学医科大学院の部門。
Proc国民のAcad Sci米国(米国) 1993年10月1日、90 (19) p8992-5

免疫学的に引き起こされた糖尿病の開発に於いての一酸化窒素の役割は(いいえ)検査された。 糖尿病性のメスのnonobese糖尿病性の(合図の)マウスからのnondiabetic照射された男性11-13日への得られた脾臓の細胞の移動は糖尿病を移動の後の引き起こした。 感受性があるオスの鼠から隔離された小島は時間依存の方法のいいえ作り出した。 亜硝酸塩の生産は幾日9および13までに増加するレベルとの移動の後で日6に最初に、検出された。 同じような条件の下で隔離された合図のマウスの小島によるブドウ糖誘発のインシュリンの分泌は幾日6、9、および脾臓の細胞の移動の後で13のおよそ40%不可逆的に減った。 移動の後の第9そして第13日までに膵臓ごとに収穫された小島の数は制御と比べて20-25%減った。 aminoguanidineのオスの合図のマウスの処置、いいえシンターゼの誘引可能な形態の抑制剤は、生産をの小島のいいえ減らし、3-8日までに糖尿病の開発を遅らせた。 aminoguanidineによる一時的な阻止は移った脾臓の細胞の抑制剤の両方集中そして数に依存していた。 これらの結果はいいえ合図の小島で免疫学のdiabetogenicプロセスの結果として作り出され、免疫学の糖尿病性プロセスに於いてのこの混合物の役割を提案することを示す。



ラットの高度のglycationの最終製品によるマトリックス誘発の骨の微分の阻止。

Fong Y、Edelstein D、Wang EA、Brownlee M
外科、記念のSloan-Ketteringの蟹座の中心、ニューヨーク、ニューヨークの部門。
Diabetologia (1993年、36 (9)ドイツ) p802-7 9月

長命蛋白質のGlycationは糖尿病の患者で加速される老化の必然的な結果である。 glycoaldehydeのずっとエバンズの35週古く正常なラットからの脱塩された骨のマトリックスの粒子の処置、高度のglycationの最終製品の前駆物質が、骨の微分のプロセスに対する骨マトリックスのglycationの効果を査定するのに使用された。 マトリックスは高度のglycationのプロダクト抑制剤のaminoguanidineと隣酸塩によって緩衝された塩の塩の含んでいるglycolaldehydeだけ、隣酸塩によって緩衝された、glycolaldehyde、または高度のglycationのプロダクト抑制剤ナトリウムのcyanoborohydrideとglycolaldehydeで孵化した。 Glycolaldehydeは特定の蛍光性によって多くを測定されるように骨の微分を90%以上生体内の45CaCl2通風管によって測定されるように禁じている間、アルカリ ホスファターゼが水平になる、二重および組織学よりマトリックスによって進められたglycationプロダクト内容を高めた。 それに対して、高度のglycationのプロダクト抑制剤のaminoguanidineの同時孵化かナトリウムのcyanoborohydrideは常態にだけでなく、蛍光性を減らしたが、また骨の微分を元通りにした。 なお、glycolaldehydeによる骨の微分の阻止は組換えの骨のmorphogenetic蛋白質2のそれに続く適用によって逆転しなかった。 これらの観察は骨のマトリックスの高度のglycationプロダクトの形成が骨の形成を引き起こす機能を変える提案し骨のmorphogenetic蛋白質2のような直接骨の誘導の特性とおそらく摘出可能な蛋白質のための結合場所の変化をことを含む。 老化および糖尿病と関連付けられる減らされた骨の形成はマトリックス蛋白質のadvancedglycationプロダクト形成に、一部には、起因するかもしれない。


次のページで続けられる…