Ribavirinの概要



イメージ

イメージ Ribavirinは効力慢性の肝炎のインターフェロンのない悪影響を高める。 ヨーロッパの中心からの個々の忍耐強いデータのメタ分析
イメージ

慢性の肝炎のためのインターフェロンribavirinの組合せ療法

イメージ

肝炎の抗ウィルス性療法

イメージ

慢性の肝炎の処置: 別の治療上の選択

イメージ

慢性の肝炎の処置のインターフェロンのアルファとribavirinの長期効力

イメージ

肝炎の療法

イメージ

呼吸のウイルスの伝染のための組合せの抗ウィルス性療法

イメージ

伝染性の膵臓の壊死のウイルス(IPNV)の写しの抑制剤

イメージ

人間IGR39細胞の動的GTPのレベルおよびVIPの受容器に対するribavirinの効果

イメージ

アルファ インターフェロンへの慢性のhepatitic Cの耐火物を持つ4人の患者のribavirinとの処置

イメージ

レバー移植の後の肝炎のC準のcryoglobulinemiaに対するribavirinの有利な効果

イメージ

呼吸のsyncytialウイルス(RSV)の伝染の化学療法のための見通し

イメージ

レバー移植

イメージ

PM-523 (polyoxometalate)およびribavirinの互いに作用し合う反インフルエンザのウイルスA (H1N1)の活動生体外でそして生体内で

イメージ

ribavirinおよび人間の自然なインターフェロンによる培養された人間の心筋の繊維芽細胞のcoxsackievirus B3のキャリアの州の伝染の阻止

イメージ

単独で与えられるribavirinおよびfoscarnetそれぞれのまたはネズミ科のエイズの組合せの抗ウィルス性の効力そして毒性は模倣する

イメージ

骨髄の移植の受け手のウイルス感染の管理

イメージ

マウスのインフルエンザ ウイルスの伝染に対する組換えのマンガンのスーパーオキシドのディスムターゼの抑制的な効果

イメージ

亜急性のsclerosing panencephalitisの抗ウィルス性の化学療法のためのハムスターの頭脳の有効なribavirinの集中

イメージ

年配者のインフルエンザ


棒



Ribavirinは効力慢性の肝炎のインターフェロンのない悪影響を高める。 ヨーロッパの中心からの個々の忍耐強いデータのメタ分析

Hepatology (デンマーク)のジャーナル、1997年、26/5 (961-966)

背景/目標: この調査は慢性の肝炎のためのインターフェロンribavirinの組合せ療法の効力そして許容範囲のより精密な推定を得ることを向けた。 方法: メタ分析は組合せ療法の出版された経験で約90%を構成する個々の忍耐強いデータの遂行された。 調査は4つのヨーロッパ大学によって加入させたレバー紹介センターで置かれた。 合計3にランダム化した管理された試験を加わったおよび1つの開いた調査は調査に選ばれた慢性の肝炎の186人の個人。 五十一ribavirinの単独療法(1000-1200のmg /day)を、6か月間37インターフェロンの単独療法(3 MU 3x/week)および78インターフェロンribavirinの組合せ療法(単独療法に関しては適量)は受け取った。 20人の患者は制御として役立った。 療法の後のフォローアップは6か月だった。 データ解析は多変数の記号論理学退化方法によって行った。 結果: 効力のための第一次結果の測定は支えられた応答のパーセントだった(ALTの標準化およびHCVのRNAの否定性療法の後の6か月)。 支えられた回答比率はインターフェロンまたはribavirinの単独療法(確率の比率IFN-Riba対IFN=9.8、95% CI 1.9-50)のよりインターフェロンribavirinの組合せ療法のためにかなり高かった。 支えられた応答の続くインターフェロンribavirinの組合せ療法の推定確率は前のIFN療法なしに患者のための51%、前のIFNの療法および応答再発の患者のための52%、および前のIFNの非応答機のための16%だった。 深刻で不利なでき事は観察されなかったし、10%以下撤回した。 結論: インターフェロンribavirin療法の効力は2テストされる慢性の肝炎の患者のすべての主要な小群のインターフェロンの単独療法に三重に高められるようである。 受諾可能な毒性のプロフィールの点から見て、インターフェロンribavirinの組合せ療法は慢性の肝炎の新しい標準的な療法のための候補者である。



慢性の肝炎のためのインターフェロンribavirinの組合せ療法

消化器系の病気および科学(米国)、1996年、41/12のSUPPL。 (131S-134S)

インターフェロン アルファ(IFN)および慢性の肝炎のIFNの単独療法上のribavirinとの組合せ療法からの臨床的に重要な高められた利点を提案した小さい調査の予備報告に従がって、慢性の肝炎の組合せ療法の効力そして許容範囲を推定するためにこれらの調査からのデータのメタ分析が行われた。 記録は3回ウィークリーおよびribavirin 6か月間1000-1200のmgの日刊新聞IFN 3 MUの組合せ療法を受け取った得られ、組合せ療法を停止した後6か月間続かれた59人の患者から。 結果の手段はALTの標準化およびHCV-RNAの否定性を示している患者のパーセントが6か月後療法(支えられた応答)および副作用のために療法を停止している患者のパーセント含まれていた。 支えられた応答はIFNのnonrespondersの21%とIFNの後で再発した患者の60%で観察された。 純真な患者のために、推定支えられた回答比率は52%だった; 観察された回答比率は46%だった。 深刻な悪影響は注意されなかった; 患者の10%以下調査の薬物を中断した。 慢性の肝炎のためのIFN ribavirinの組合せ療法のこのメタ分析は副作用がIFNの単独療法に類似している一方組合せ療法がIFNの単独療法より三重の大きい効力に2でribavirin誘発の貧血症を除いて起因することを提案する。 インターフェロンribavirinの組合せ療法は慢性の肝炎のための抗ウィルス性療法の次のステップになるかもしれない。



肝炎の抗ウィルス性療法

胃腸病学、補足(ノルウェー)のスカンジナビア ジャーナル、1997年、32/223 (46-49)

背景: 慢性の肝炎はインターフェロン療法と扱うことができるが耐久性があるウイルスの整理は患者の20%でだけ達成される。 どの患者がウイルスの整理の高いチャンスがあり、何他のtreatmentmightがインターフェロン療法の有効性を高めるか見直される。

方法: インターフェロンribavirinおよびインターフェロンursodeoxycholic酸のインターフェロンの単独療法、ribavirinの単独療法および組合せ療法の出版されたランダム化された試験からのデータは別におよび個々のデータのメタ分析で分析される。

結果: インターフェロンの単独療法は遺伝子型1の患者の10%だけのウイルスの整理をの肝硬変のより少しにより10%もたらし、; 療法の4週に探索可能な血しょうHCV RNAを持つ患者にウイルスの整理の2%だけチャンスがある。 療法の延長は処置の応答機の再発を減らす。 インターフェロンribavirinの組合せ療法は増加する毒性なしで効力2-3の折目を高めるようである。

結論: 利点危険/インターフェロンの単独療法の要された4週の血しょうHCV RNAを監察する患者の選択によって比率改善することができ遺伝子型1.のインターフェロンribavirinの組合せを用いる応答機の12か月への療法を延長することは高められた効力のために有望である。



慢性の肝炎の処置: 別の治療上の選択

腎臓学の透析の移植(イギリス)、1996年、11/SUPPL。 4 (62-64)

RibavirinはいくつかのDNAおよびRNAのウイルスに対して抗ウィルス性の活動のヌクレオシドのアナログである。 分子はosおよび最も頻繁な悪影響ごとに管理されることほとんどの場合haemolysis、穏健派である。 単独で使用されて、ribavirinはviraemiaはかなり変更されないが患者の45%のレバー酵素の集中を正常化した。 組織学的な改善は応答機の患者で観察される。 最も興味深い結果はインターフェロンとribavirinを関連付けることによって得られた。 決して扱われたないことは患者では、ribavirinインターフェロン連合の6ヵ月のコースは患者の47%の不変および総応答を対だけインターフェロンと扱われた患者の25%作り出した。 relapsersでは、このBi療法は合計を作り出し、非応答機の患者の20% 40%以上の場合との応答を延長した。 最後に、その連合はレバー移植の後で肝炎の再感染の処理で有望なようである。



慢性の肝炎の処置のインターフェロンのアルファとribavirinの長期効力

胃腸病学(米国)、1996年、111/5 (1307-1312)

背景および目標: 慢性の肝炎のためのインターフェロンの処置への支えられた応答は不十分である。 ribavirinとインターフェロンのアルファを結合することが慢性の肝炎の処置の単独でインターフェロンよりよい支えられた効力を引き起こすかどうか検査されるこの調査。 方法: 慢性の肝炎の60人のnoncirrhotic患者は3グループに任意に割り当てられた。 グループ1は24週間組換えのインターフェロンのアルファ2aの3,000,000の単位と1200のmgの口頭ribavirinの日刊新聞を3倍に毎週受け取った、グループ2は24週間単独でインターフェロンのアルファ2aの同じ線量を受け取り、グループ3は処置を受け取らなかった。 患者はのためにそれから付加的な96週追われた。 結果: 処置の終わりに、完全な応答(正常な血清アラニン アミノ基移転酵素のレベルおよび検出不可能な血清の肝炎のウイルスのRNA)はグループ1 (76%)の21人の患者の16でグループ3.のグループ2 (32%)およびどれもの19の6と比較して、達成されなかった。 処置の終わりの後の96週で、グループ1の患者はグループ2 (6%対43%)の患者より高く完全な回答比率を支えた。 結論: 24週間ribavirinおよびインターフェロンのアルファ2aとの結合された処置は慢性の肝炎の処置のための単独でインターフェロンのアルファ2aより有効である。 生化学的な、virological応答は療法の停止の後の少なくとも2年間扱われた患者の約2分の1で支えられた。



肝炎の療法

Ospedale Maggiore (イタリア)、1997年、91/2 (112-130)

世界的の200百万人についての肝炎の影響。 (HCV)肝炎のウイルス伝染が通常慢性の肝炎を引き起こす、それ先行させている場合の約20-50%の肝硬変に。 さらに、HCVの伝染による慢性の肝臓病はhepatocellular癌腫のための主要な危険率である。 この印象的なシナリオは有効な抗ウィルス性の処置を緊急に求める。 インターフェロン アルファにより(アルファIFN)患者の約25%で肝炎の完全な支えられた赦免を引き起こす。 単一の場合の応答のチャンスはウイルス、処置のスケジュールおよび患者と関連している変数によって主として決まる。 処置への応答の予言する要因の間で次は論議される: ウイルスの遺伝子型、ウイルスのゲノムの不均質、前処理の血清HCV-RNAの力価、慢性の肝臓病の処置の終わりの間のそしてにHCVのviremia、処置のスケジュール、段階、肝炎の持続期間、反IFN抗体、血清のferritinの集中およびレバー鉄の店および、最終的に、ガンマglutamyltranspeptidase。 アルファIFNが付いている非支えられた敏感な箱のRetreatmentは可能であるが、肝炎の支えられた赦免は少数の患者で得られる。 時々患者は進行中のHCVのviremiaにもかかわらず正常なトランスアミナーセのレベルがある、与えられるべきまたはアルコール中毒患者でしたり、または肝炎のウイルス、肝炎デルタのウイルスまたはHIVウイルス、ショーとの共存の伝染が自己免疫の証拠あったりまたは、最終的に、端の段階の腎不全があるので処置はかどうか決定することは困難である。 かなり頻繁にアルファIFN療法により、まれな機会で、生命にかかわる副作用を引き起こす。 Ribavirinは、単独でまたはアルファIFNを伴って使用されるために、有効な療法として現れている。 ursodeoxycholic酸またはphlebotomyのような他の療法は、立証されていない価値まだである。



呼吸のウイルスの伝染のための組合せの抗ウィルス性療法

抗ウィルス性の研究(ネザーランド)、1996年、29/1 (45-48)

抗ウィルス性の薬剤の組合せの限られた数は重要な人間の呼吸のウイルスのための活動を高めるために示されていた。 ribavirinと結合されるRimantadineかアマンタジンは生体外でおよび実験動物モデルで高められた抗ウィルス性の効果を示す。 この組合せは人間のインフルエンザのテストを保証する。 ribavirinと結合される中和の反RSV抗体を含んでいる免疫グロブリンは実験動物の伝染で高められた抗ウィルス性の効果を示し、移植患者の厳しいRSVの伝染の臨床利点を提供する。 通常、激しい呼吸のウイルス感染のためのより有効な処置は多分伝染へのホストの炎症性応答を調整する代理店および両方の抗ウイルス剤の組合せを含む。



伝染性の膵臓の壊死のウイルス(IPNV)の写しの抑制剤

抗ウィルス性の研究(ネザーランド)、1996年、29/2-3 (309-312)

伝染性の膵臓の壊死のウイルス(IPNV)の写しの抑制剤を検出する試みでは私達は、IPNVのプラクの阻止試金によって、単一のおよび二重座礁させたRNAのウイルスのための広いスペクトルの抗ウィルス性の活動がある混合物のグループを評価した。 イノシンの一リン酸塩のデヒドロゲナーゼ(IMPのデヒドロゲナーゼ)の抑制剤の1ベータD RIBOFURANOSYL 1,2,4 T riazole 3 carboxamide (ribavirin)および5 ethynyl 1ベータD RIBOFURANOSYLIMIDA zole 4 carboxamide (EICAR)、およびorotidineの一リン酸塩のカルボキシル基分解酵素(OMPのカルボキシル基分解酵素)の抑制剤の4ヒドロキシ3ベータD RIBOFURANOSYLPYRAZOLE 5 CARBOXA mide (pyrazofurin)は、IPNVの写しを禁じると見つけられた。 EICARおよびpyrazofurinのために50% (EC50)によってIPNVのプラクの形成を禁じた集中は0.01 microg/mlおよび0.5 microg/ml、それぞれだった。 細胞の実行可能性を減らすために50% (CC50)によって必要な細胞毒素の集中は50 microg/mlおよび100 microg/ml、それぞれ、および(メチル3Hの)チミジンの結合を減らした50% (IC50)集中だった0.5-1そして50 microg/mlだった。 従って、なぜなら両方の混合物IPNV抑制的な集中は成長する細胞のDNAの統合に影響を与えた集中より低かった50-100倍。 EICARおよびpyrazofurinはIPNVの伝染の生体内のモデルのそれ以上の評価のためのよい候補者のようである。



人間IGR39細胞の動的GTPのレベルおよびVIPの受容器に対するribavirinの効果

受容器および信号のTransductionの研究(米国)のジャーナル、1996年16/1-2 (39-58)

GTPは細胞の生命の基本的な機能にかかわる主要な細胞分子の1つである。 Ribavirin、抗ウィルス性およびantitumoral代理店は、行為の第一次場所がIMPのdeshydrogenaseである、細胞内GTPのレベルを弱めるために使用された。 特性に対する必然の効果は人間のメラノーマIGR 39の細胞に対するVIPの受容器の動的テストされ。 Ribavirinの100 microMの集中は細胞内GTPのレベルをによって60%以上減らし、リバーシブルの成長停止を引き起こした。 それにもかかわらずこの薬剤は効果を表示しなかった: i) VIPの結合変数(K ((最高) d)およびB) 高低の類縁の受容器の; ii) VIPの受容器の循環; iii)基底のおよびVIP刺激されたキャンプの生産およびiv)細胞レベル下GTPの配分。 私達は使用される集中の範囲のRibavirinが、人間のメラノーマの細胞ラインIGR 39および成長のGTPの統合を禁じて非常に有効であることを示すVIPの受容器に影響を与えないで作用する。



アルファ インターフェロンへの慢性のhepatitic Cの耐火物を持つ4人の患者のribavirinとの処置

Gastroenterologia y Hepatologia (スペイン)、1996年19/5年(243-246)

アルファ インターフェロンとの処置に答えなかった慢性の肝炎の4人の患者は6か月間1.000-1.200 mg /dayのdosisの口頭ribavirinと扱われた。 マーク付きは同じの終了の前処理の価値に戻ったトランスアミナーセの価値で、が移り変わる、減少観察された。 正常なトランスアミナーセの価値は2人の患者の処置のある時点でだけ得られた。 Ribavirinはすべての場合で検出される非常にわずかな貧血症とよく容認された。 慢性の肝炎のこの抗ウィルス性の代理店の効果を調査した他の著者のそれらにsuperposableであるこれらの結果は、ribavirinがこの病気の処置の役割を担うかもしれないことを提案する。 既存のデータを与えられて、この役割は単独療法としてよりもむしろ共同行為があるかもしれないインターフェロンと関連付けられた薬剤の1つである。



レバー移植の後の肝炎のC準のcryoglobulinemiaに対するribavirinの有利な効果

レバー移植および外科(米国)、1996年、2/4 (263-268)

混合されたcryoglobulinemiaは肝炎のウイルス(HCV)の伝染の後に有名な複雑化である。 私達はcryoglobulinemiaが現われるか、または大きく続くorthotopicレバー移植(OLT)を悪化させた5つの場合を報告する。 plasmapheresisはもう一人の患者で非効果的だったが、Cryoglobulinemiaおよび2人の患者で解決されるか、または改善された準の臨床徴候はレバー移植の後でribavirinと扱った。 レバー移植の後でcryoglobulinemiaの誘導にかかわるメカニズムは未知である。 但し、これらの患者で観察される抗ウィルス性療法の効果はcryoglobulinemia提案する、HCVの写しおよび多分hepatocellular病気の活動間の相関関係を。 大規模な調査は後OLT HCV準のcryoglobulinemiaに対するribavirinの効果をテストするために保証される。



呼吸のsyncytialウイルス(RSV)の伝染の化学療法のための見通し

抗菌代理店(ネザーランド)の国際ジャーナル、1996年、7/3 (193-202)

呼吸のsyncytialウイルス(RSV)は幼児および幼児の主要な呼吸の病原体である。 RibavirinはRSVの伝染の処置のために承認される唯一の抗ウィルス性の代理店であるが効力は議論を呼び続けた。 過去数年間に生体外の展示物がRSVに対してかなりより低い、そしてかなりより高いribavirinのそれより選択率の索引と活動を、示した50%有効な集中で複数の混合物は記述されてしまった。 最も有効で、最も選択的なRSVの間で抑制剤はさまざまなpolyanionic物質(polysulfates、polysulfonatesおよびpolyoxometalates)、EICAR (IMPのデヒドロゲナーゼの抑制剤)、pyrazofurin (OMPのカルボキシル基分解酵素の抑制剤)およびcyclopentenylcytosine (セリウムCyd、CTPのシンセターゼの抑制剤)である。 これらの混合物はRSVの伝染の処置の治療上の潜在性のために項目適用がこれらの混合物によって生体外で表わされる潜在的能力および選択率模倣者をよくするかもしれないので、更に項目管理(すなわちエーロゾルとして)、続く全身か、できれば探検されるべきである。



レバー移植

Ospedale Maggiore (イタリア)、1997年、91/2 (174-182)

私達がレバー移植で確信をもって直接今日期待する成功のレベルは免疫抑制剤の外科技術、科学的な使用および何よりも大事なことは忍耐強い選択を含む複数の要因に起因する。 正確な選択の目的は外科的処置からほとんどに寄与するそれらの患者を確認することである。 このアプローチは私達が適合する臓器提供者の限られた供給を考慮すれば重大である。 大まかに言えば9と10間の慢性の肝臓病そして子供のPughのスコアを持つ患者は接木のために適した考慮される。 最近の調査はプロシージャのための「タイミング」が不適当に遅れなければレバー移植が費用効果が大きくそして社会的で、働くリハビリテーションを完了するために導くことができることを示した。 レバー移植の後の中期の残存率は60と80%の間で(5年で)及ぶ。 病気の再発は接木の後で疾病率および死亡率に非常に影響を与える。 操作の時に肝炎のために、活動的で重大な写しは移植される患者では抗ウィルス性のnucleosidsの最近の供給が有効な予防し、治療上の選択を提供したが再発の最も強い予言者を表す。 HCVの伝染の再発は移植患者の50%だけが組織学的の肝炎を開発したが、後ほとんど普遍的である。 インターフェロンおよびribavirinとの組合せ療法は再発病気の自然史の変更の有利証明した。 未処理なら、再発肝炎は患者の15%までの肝硬変に進歩できる。 最後に、hepatocellular癌腫のためにレバー移植を経ている患者の厳密な選択は他の徴候と得られるそれらと別の好ましい結果と関連付けられた。



PM-523 (polyoxometalate)およびribavirinの互いに作用し合う反インフルエンザのウイルスA (H1N1)の活動生体外でそして生体内で

抗菌代理店および化学療法(米国)、1997年、41/7 (1423-1427)

Keginタイプのpolyoxometalate、PM-523は、ribavirinを伴ってティッシュ文化とマウスのインフルエンザ ウイルス(FluV) A (H1N1)の伝染に対する治療上の有効性のために、テストされた。 PM-523 \{(PriNH3) 6H (PTi2W10O38 (O2) 2)。 ribavirinが30および34 microMの中央の有効な集中(EC50s)で、それぞれ、および48および72 microMの70%の有効な集中(EC70s)でそれぞれMadin-Darbyの犬の腎臓(MDCK)の細胞のFluVの誘発のcytopathic効果を禁じたかPriがイソプロパノールであり、かところH2O}、それぞれ。 一方では、1:16の比率のPM-523そしてribavirinの組合せはそれぞれより低いEC50sそしてEC70sを単独で使用された混合表わし組合せの索引は1.よりより少しだった。 1:1への1:128からのの比率のPM-523そしてribavirinの組合せの広い範囲はMDCKの細胞の付加的でか互いに作用し合う反FluV効果を表わした。 これらの混合物が鼻内のルートによってFluV Aの致死量に感染したマウスのエーロゾルの露出によって反FluV Aの活動のために生体内でテストされたときにマウスの残存率および感染させたマウスの肺でウイルスの力価両方に関して単独で使用されたどちらかの混合物の単一の線量よりかなりよい治療上の効果をもたらすと、PM-523およびribavirinの1:16の組合せは見つけられた。 PM-523は単独でPM-523の効果とFluVの実験伝染の、そしてribavirinを伴う処置のために有効、PM-523によって表わされた高められた反FluV効果生体外でそして生体内で比較された。



ribavirinおよび人間の自然なインターフェロンによる培養された人間の心筋の繊維芽細胞のcoxsackievirus B3のキャリアの州の伝染の阻止

抗ウィルス性の研究(ネザーランド)、1997年、34/3 (101-111)

中心のエンテロウイルスの伝染により心筋炎および結局鬱血性心不全を引き起こすので、ribavirinの抗ウィルス性の活動はcoxsackieのウイルスB3 (CVB3)で-人間の心筋の繊維芽細胞の感染させたキャリア文化調査された。 文化はribavirinの適用および効果がプラクの試金およびそのままの交配によって16日一定期間に渡って評価された7日前に感染した。 ヒーラ細胞の低い抗ウィルス性の活動と比較されて、ribavirinは人間の心筋の繊維芽細胞の、例えば、25 microg/mlの2.0 x 103 pfu/mlと感染させた制御の50 microg/ml (4.3 x 104 pfu/ml)の1.3 x 102 pfu/mlへの伝染性のウイルスの収穫の減少で非常に活発だった。 さらに3200までmicrog ribavirin/mlが重要な細胞毒素の効果で起因しなかった一方、100 microg ribavirin/mlは完全に3つの文化の2の伝染性のウイルスの子孫を抑制し、そのままの交配によって定められるように14.3から0.3%まで感染させた細胞の数を減らした。 インターフェロン アルファ(IFNアルファ)との相互作用は感染させた細胞およびウイルスの収穫の数の減少のわずかに互いに作用し合うに付加的だった。 結論として、私達の結果は人間の心筋の繊維芽細胞のribavirinの細胞特定の高い活動を提案し、心筋炎で抗ウィルス性の代理店をテストするために器官特定の細胞を使用する重要性を示す。 なお、キャリアの州の細胞培養の抗ウイルス剤の長期効果を定めるためのそのままの交配の実用性は示された。



単独で与えられるribavirinおよびfoscarnetそれぞれのまたはネズミ科のエイズの組合せの抗ウィルス性の効力そして毒性は模倣する

毒物学および応用薬理学(米国)、1997年、143/1 (140-151)

ribavirin、foscarnet (PFA)、および2つの線量の両方の薬剤の組合せの抗ウィルス性の効力そして毒性はネズミ科のエイズ(女中)モデルで評価された。 私達の結果ははっきり180か360のmg/kg/日の単独でPFAが保護をできなかった一方100つのmg/kg/日でribavirinと扱われた感染させたマウスが巨脾症、lymphadenopathyおよびhypergammaglobulinemiaから保護されたことを示した。 薬剤の組合せを用いる処置はだけribavirinと観察されたそれらに類似した保護効果を示した。 リンパ性の増殖そしてdeorganizationは非感染のグループのそれらと比較された感染させたマウスの脾臓そしてリンパ節で建築注意された。 但し、ribavirinとの処置はリンパ性ティッシュの建築を元通りにし、幼芽の中心の出現を減らした。 電子-動物の腎臓皮質の顕微鏡検査は360のmg/kg/組合せ療法とより顕著だった近位tubulesの遠位tubulesそしてvacuolizationのmitochondriaの日によってでPFAと明らかにされた明確なミトコンドリアの壊死の破烈)扱った。 hematotoxicityに関して、ribavirinが両方の線量(50そして100つのmg/kg/日)でhematotoxicだった一方PFAにより両方の線量で重要なhematotoxicityを、大量服用でより明白であるこの毒性引き起こさなかった。 結論として、ribavirinとの処置は女中に対してPFAに効力がなかった一方明確な効力を示した。 なお、ribavirinの処置によりhematoxicityを引き起こし、PFAの処置はnephrotoxicityで起因した。



骨髄の移植の受け手のウイルス感染の管理

臨床Immunotherapeutics (ニュージーランド)、1996年、6/5 (352-382)

骨髄の移植(BMT)の後で、患者は延長され、頻繁に深遠なimmunosuppressionのためにウイルス感染の危険がある状態にある。 識別された特定のウイルスの病原体は単純ヘルペス ウイルス(HSV)、サイトメガロウイルス(CMV)、水痘のzosterのウイルス(VZV)、エプスタイン・バール・ウイルス(EBV)、人間のヘルペスのウイルス6 (HHV-6)および呼吸のsyncytialウイルス(RSV)、インフルエンザおよびparainfluenzaを含むアデノウィルス、また呼吸のウイルスのようなHerpesvirus家族のメンバーを含んでいる。 HSVによって引き起こされる伝染はBMTに続く前engraftment期間の間に最も一般に行われる。 静脈内および口頭aciclovir (acyclovir)はずっとBMTの後でmucocutaneous HSVの伝染の処置で有効である。 さらに、口頭か静脈内のaciclovirを使用して防止の作戦はずっとBMTの後でHSVの伝染の発生の減少で有効である。 aciclovirへのHSVの緊張の抵抗は、が比較的まれに文書化される。 Foscarnetはaciclovir抵抗力があるHSVの伝染を用いる患者の治療上の代わりである。 CMV準の伝染、特にCMV間質性肺炎(CMV-IP)は、allogeneic BMTに続く死亡率の主要な原因に残る。 allogeneic BMTの受け手はautologous接木を受け取っているそれらより本当らしい重要なCMV病気を開発するために。 静脈内の免疫グロブリンとGanciclovirは大幅に他がまだ、より有効な作戦必要とされるがCMV-IPと関連付けられる死亡率を減らした。 Aciclovirが、foscarnetおよびganciclovirはseropositive防いだりであるまたはseropositive提供者を使用されていた患者の伝染そして病気を持っているのに。 CMV伝染を用いる患者に優先に与えられるGanciclovirはBMTの後でかなり病気および死亡率の発生を減らした。 VZVの伝染は免疫の再構成がそれでも進行中のとき、BMTの後の5かから12か月行われる。 ほとんどのVZVの伝染は高適量のintravenousのaciclovirに答える。 それ以上のデータが利用できるまで、口頭抗ウィルス性の代理店は慎重に使用されるべきである。 防止の作戦はほとんどの患者がaciclovir療法に答え、VZVの伝染に最低の疾病率に苦しむので、要求されない。 EBVの伝染はasymptomaticであるかもしれないがまた後移植のlymphoproliferative無秩序を含む深刻な複雑化と関連付けられた。 抗ウィルス性療法はいままで頻繁に非効果的だったが、機能免疫学の活動と供給の白血球の養子関係の移動を含む作戦は有望なようである。 後BMT HHV-6伝染の臨床重大さは定められることを残る。 BMTに続くHHV-6の役割が未知であると同時に、処置および防止の作戦は欠けている。 アデノウィルスの伝染の再活動化は普通BMTに続く2かから3か月起こる。 感染させたBMTの受け手はまれに広められた伝染の死亡率のアプローチ50%とのそれらの広められた伝染を、が、開発する。 アデノウィルスの伝染はまた遅い手始めのhaemorrhagic膀胱炎と関連付けられた。 抗ウィルス性の代理店はずっとアデノウィルスに対して一貫して有効ではない。 RSV、インフルエンザおよびparainfluenzaを含む呼吸のウイルスにより頻繁にBMTに続く徴候の伝染を引き起こし、コミュニティ発生と共に起こることができる。 aerosolised ribavirinの早い開始は利点であるかもしれない。 インフルエンザ ワクチンは頻繁に早くBMTの後で与えられたとき伝染を防ぐことまたは接木対ホストの病気の患者で非効果的である。



マウスのインフルエンザ ウイルスの伝染に対する組換えのマンガンのスーパーオキシドのディスムターゼの抑制的な効果

抗菌代理店および化学療法(米国)、1996年、40/11 (2626-2631)

単独で使用されたとき酸素の自由根本的な清掃動物の組換えの人間のマンガンのスーパーオキシドのディスムターゼ(MnSOD)はマウスのそしてribavirinを伴うインフルエンザ ウイルスの伝染に対する効果のために調査された。 インフルエンザA/NWS/33 (H1N1)のウイルスと挑戦されたマウスは1日あたりの体重の25、50、そして100つのmg/kgの線量で48のhの後ウイルスの露出で始まる5日間あらゆる8 h非経口的に扱われた。 死への中間日の増加、幹線酸素の飽和の減された低下、および減らされた肺強化および肺ウイルスの力価は扱われた動物で行われた。 ウイルスの挑戦の影響を定めるためには、マウスがウイルスの100か75%の致死量に感染し、ウイルスの露出の後で96 hを始める5日間一度毎日静脈内で扱われた実験は動いた。 死亡率の弱い阻止はMnSODの効果がウイルスの線量の扶養家族であることを示す高いウイルスの挑戦を、受け取っているマウスで重要な阻止がより低いウイルスの挑戦に感染した動物に起こった一方見られた。 小型粒子のエーロゾルとの処置が抗ウィルス性の効果をするかどうか定めるためには、感染させたマウスはウイルスの露出の後で72 hを始める5日間1つのhのためのこのルートによって毎日扱われた。 線量の敏感な病気の阻止は見られた。 マウスのインフルエンザB/香港/5/72匹のウイルスによって引き起こされた伝染は死、減された幹線酸素の飽和低下および下げられた肺強化への増加された中間日までに見られるようにMnSODの静脈内の処置によって穏やかに禁じられた。 MnSODはすべての実験でよく容認された。 MnSODおよびribavirin、小型粒子のエーロゾルと管理された単独でどちらかの材料の使用と比較されたインフルエンザAのウイルスが引き起こした病気の一般に穏やかな改善でそれぞれの組合せは起因した。



亜急性のsclerosing panencephalitisの抗ウィルス性の化学療法のためのハムスターの頭脳の有効なribavirinの集中

抗菌代理店および化学療法(米国)、1996年、40/1 (241-243)

ハムスターの頭脳のribavirinの集中は高性能液体クロマトグラフィー(高性能液体クロマトグラフィー)システムおよび生物検定システムによって測定された。 ribavirinが10日間1日あたりの体重の10のmg/kgの適量でintracranially管理されたときに、起因する適量は亜急性のsclerosing panencephalitis (SSPE)のウイルスにおよびハムスターの100%年の存続で禁じるハムスターの頭脳のSSPEのウイルスの写しを感染した、高性能液体クロマトグラフィーおよび生物検定によって推定された頭脳のribavirinの集中が10日間非常により50 microg/g保たれた。 有効な集中はribavirinが完全にSSPEのウイルスの写しを生体外で禁じる集中に生体内で対応する。 ハムスターのための最高の耐えられるribavirinの集中は150 microg/g.であるために計算された。 ribavirinが比較的低い集中で動物に毒性を(示すがribavirinの250匹から脳脊髄液または脳組織のribavirinの集中は監視されるべきであるが400匹のmicrog/g)匹の、intrathecalまたはintraventricular SSPEの患者の処置の潜在的な使用のために管理探検されるべきである。



年配者のインフルエンザ

老人の薬療法(米国)のジャーナル、1995年10/2 (5-23)

インフルエンザ ウイルスの活動は米国で毎年起こる。 伝染はより古い患者の複雑化そして死亡率とより厳しく、より頻繁に関連付けられてがちである。 インフルエンザは非常に伝染性で、免疫にもかかわらず厳しいnosocomial発生と関連付けられた。 インフルエンザ ワクチンは有能危険度が高い人で十分に利用されていなくが、病気よりインフルエンザのsequelaeを防ぐことで有能である。 インフルエンザAの伝染はアマンタジンおよびrimantadineと予防可能、治療可能である。 抗ウィルス性の予防法はインフルエンザAの病気に対して有効な70-90%であり、早く始められたら、処置は複雑でない伝染を用いる患者の病気の持続期間を短くする。 アマンタジンは本当らしく中枢神経系の副作用を作り出すために、rimantadine、年配者の重要性をもつかもしれない要因より腎臓の除去に依存している。 薬物対抗性のウイルスの変形の出現そして伝達は敏感な人が扱われた病気人--にさらされた設定で行われた。 但し、適切な伝染の管理測定は医療施設のこの問題を限ることができる。 抗ウィルス性の代理店は年配者のインフルエンザ管理へ重要な付加物である。


イメージ