BILBERRYのエキス



目録

イメージ 酸はブルーベリーのアントシアニンの加水分解を仲介した。
イメージ 毛管地帯の電気泳動による異なったブルーベリーの源のアントシアニン配分の比較。
イメージ スノキ属種からのフルーツのエキスの生体外の抗癌性の活動。

棒

酸はブルーベリーのアントシアニンの加水分解を仲介した。

Ichiyanagi T、Oikawa K、立山町Cの衛生学化学、薬学、日本の新潟の大学のKonishi T部。 kouji@niigata-pharm.ac.jp

Chem Pharm Bull (東京) 1月2001日; 49(1): 114-7
アントシアニンの酸によって仲介された加水分解は毛管地帯の電気泳動(CZE)を使用して調査された。 商用化された野生のブルーベリー(Bilberry)のエキスはTFA (0.1、1、3、9%)の異なった集中で分解したり、そして95の摂氏温度のthermodecompositionの反作用に服従した。 反作用の後で、サンプルはCZEによって分析された。 各アントシアニンの加水分解率およびaglyconの形成はelectropherogramのアントシアニンのピーク パターンの変更によって定められた。 各アントシアニン ピークは時間を最初の等級の運動方法で従属的に減らした。 各アントシアニンの加水分解率が活用された砂糖のタイプとないaglyconの構造によって主に定められたことが明らかにされた。 アントシアニン加水分解の率の定数は以下の順、aglyconの構造に関係なくarabinoside>galactoside>glucosideにあった。 CZEの移動性とともにこのアントシアニン加水分解の運動行動は私達がデルフィニジンの3 Oベータarabinosideとして未知のCZEのピークを識別することを可能にした。 低いTFAの集中で、アントシアニジン核心の重要な分解は起こったが、グリコシドの加水分解は高いTFAの集中で支配した。 解放されたaglyconがより高いTFAの状態で形態の重合体プロダクトに引き続いて反応したことが更に明らかにされた。

毛管地帯の電気泳動による異なったブルーベリーの源のアントシアニン配分の比較。

Ichiyanagi T、立山町C、Oikawa Kの衛生学化学、薬学、日本の新潟の大学のKonishi T部。

Biol Pharm Bull 4月2000日; 23(4): 492-7
ブルーベリーのアントシアニンの毛管地帯の電気泳動の分離はTRANS1,2 diaminocyclohexane N、N、Nのキャリアの緩衝としてN' tetra酢酸の一水化物(CyDTA)を含んでいるNaホウ酸塩の緩衝を使用して調査された。 分離の状態はbilberry (野生のタイプ ブルーベリー)の水様のエキスを使用してこのタイプそして量のアントシアニンで豊富である分離のサンプルとして正確に検査された。 各々の分けられたピークはアントシアニン標準のそれと移動性を比較することによって後内部標準として加えられたマルビジンの3 oグルコシド(Mvの3 Glc)の移動性に対する標準化識別された。 高められた動きが速い部品(petunidinの3グルコシド、シアニジンの3グルコシドおよびマルビジン3-galactoside)間の分離の全範囲に連続した緩衝の塩の集中がピーク決断著しく、特に、改善されたように。 逆に、petunidinの3グルコシドとpeonidinの3グルコシドとデルフィニジンの3グルコシドとpetunidin 3-galactoside間のピーク分離は、それぞれ、減った。 しかしアントシアニンは緩衝pH.の減少によって首尾よく分かれていた。 アントシアニンのよい分離は10 min.以内の7.5 mM CyDTAを含んでいる30のmMのNaホウ酸塩(pH 8.78)によって最終的に達成された。 この分離の条件の下で、異なったブルーベリーの源からのアントシアニンは分析された。 結果は異なったブルーベリーの源にエキスでアントシアニン配分の自身のパターンおよび量があったことを明らかにした、従って現在の方法はアントシアニン含んでいる食糧材料の品質管理のために適している。

スノキ属種からのフルーツのエキスの生体外の抗癌性の活動。

Bomser J、Madhavi DL、Singletary K、食品科学のスミスMA部および人間栄養物、アーバナ61801、米国イリノイ大学。

Planta Med 6月1996日; 62(3): 212-6
4つのスノキ属種(ローブッシュ・ブルーベリー、bilberry、クランベリーおよびlingonberry)のフルーツのエキスは分別を組み合わせてanticarcinogenic混合物および腫瘍の促進者のphorbol 12-myristateの13アセテート(TPA)によって段階IIのxenobiotic解毒の酵素のキノン還元酵素(QR)を引き起こし、オルニチンのカルボキシル基分解酵素(ODC)の誘導、ポリアミンの統合の率制限酵素を禁じる機能の生体外のテストのために選別された。 酢酸エチルのエキスが活動的なQRの誘因物だった一方原油のエキス、アントシアニンおよびproanthocyanidinの一部分はQRの誘導で非常に活発ではなかった。 ローブッシュ・ブルーベリー、クランベリー、lingonberryおよびbilberryの酢酸エチルのエキスのためのQRの活動を(CDqrと示される)倍増するために必要な集中は4.2、3.7、1.3であり、誘因物の潜在的能力の大半がヘキサン/クロロホルムのsubfraction (CDqr = 0.07マイクログラムTAE)で含まれていたことを1.0マイクログラムのタンニン酸の等量(TAE)は、bilberryの酢酸エチルのエキスのそれぞれ、それ以上の分別明らかにした。 QRに対する効果と対照をなして、ローブッシュ・ブルーベリーの粗野なエキス、クランベリーおよびlingonberryはODCの活動の活動的な抑制剤だった。 ODCの活動を禁じるのに50%によって必要とされたこれらの粗野なエキスの集中は(IC50と示される) TAE 8.0、7.0、そして9.0マイクログラムの、それぞれだった。 これらのエキスの最も大きい活動はローブッシュ・ブルーベリー、クランベリーおよびlingonberryのフルーツの重合体のproanthocyanidinの一部分で含まれていたようである(IC50 = TAE 3.0、6.0、そして5.0マイクログラムの、それぞれ)。 4つのスノキ属種のアントシアニジンそして酢酸エチルのエキスはODCの活動の不活性か比較的弱い抑制剤だった。 従って、bilberryと生体外のスクリーン テストによって評価されるローブッシュ・ブルーベリー、クランベリーおよびlingonberryの展示物の潜在的なanticarcinogenic活動のproanthocyanidinの一部分のヘキサン/クロロホルムの一部分の部品。