PHOSPHATIDYLSERINE

目録
イメージ PyritinolおよびPhosphatidylserine
イメージ パーキンソン病のリン脂質: 生化学的な、臨床データ
イメージ アルツハイマー病のphosphatidylserineの効果。
イメージ Nootropicの薬剤および頭脳のコリン作動性のメカニズム。
イメージ 年齢準の記憶減損のphosphatidylserineの効果。
イメージ 大人および新生児のラットからの頭脳セクションのグルタミン酸塩の受容器の結合特性に対するphosphatidylserineの効果。
イメージ 酵素によって大豆のレシチンから総合される頭脳に対するphosphatidylserineの病理学の効果は齧歯動物で作用する。
イメージ アルツハイマー病のphosphatidylserine、pyritinolおよび認識訓練の長期効果。 neuropsychological、EEGおよびペット調査
イメージ アルツハイマー病のpharmacotherapyの前進

棒



PyritinolおよびPhosphatidylserine

Ann. ニューヨークAcad。 Sci。 (米国)、1993年、695/- (327-331)

ありそうなアルツハイマー病の40人の患者は80人の患者のプールから選ばれ、4グループに割り当てられた。 それぞれはpyritinolかphosphatidylserineを伴って社会的なサポートか、認識訓練するか、または認識訓練だけ受け取った。 処置の持続期間は6か月だった。 処置の前後に患者はポジトロン断層法(ペット)および2 (18F) - fluoro 2 deoxy Dブドウ糖(FDG)を使用してブドウ糖のための地方大脳の代謝率のneuropsychologicalテスト、また測定を経た。 処置の前に、グループは視覚認識の仕事によって達成された休息および活動化させたブドウ糖パターンに関して対等だった。 それらはたくさんでneuropsychologicalテスト電池異ならなかった。 処置の期間後でphosphatidylserineと認識訓練のグループはさまざまな頭脳の地域で刺激の仕事の間に重要なブドウ糖の強化、および他のグループと比較された認識作用で改善を示した。 pyritinolと認識訓練のグループは社会的な支援団体のそれよりよい刺激の効果を、認識訓練および病理学の介在の組合せが単独で認識訓練のそれより優秀だったことを示すもたらし。



パーキンソン病のリン脂質: 生化学的な、臨床データ

イタリアPROG。 CLIN. BIOL. RES. (米国)、1980年、VOL.39 (205-214)

Phosphatidylserineの管理はラットの脳組織のTHの活動を刺激し、この効果はstriatumとhypothalamic下垂体の軸線のdopaminergic伝達にかかわる他の要因の修正によって平行になる。 PSが動的機器であると改良するパーキンソン病を特徴付ける古典的なsymptomatologyを仮定される部分的に統計的な重大さのリン脂質の混合物。 この効果は脳脊髄液HVAおよび血清の成長ホルモンおよびプロラクチンのレベルの正常な主題の修正と一緒に伴われる。 私達はBC-PLの処置にパーキンソン病のsymptomatologyで観察される改善が前に観察される人間の生化学的な変更とラットの頭脳でカテコラミンの統合の修正を引き起こす他のリン脂質の準備によりと報告される病理学および臨床効果と関連しているかどうか知らない。 ある活動的な代謝物質へのdiacylリン脂質の転換が結果を得るために必要であるかどうか頭脳の液体へのliposomeの浸透をおよび(ii)反映するかどうかリン脂質を達成する報告された効果をであるまだ調査中管理した分子メカニズム、(i)を確立するため。



アルツハイマー病のphosphatidylserineの効果。

Psychopharmacol Bull (米国) 1992年、28 (1) p61-6

私達はありそうなアルツハイマー病(広告)のための臨床規準を満たしている51人の患者を調査した。 患者は牛のような皮質のphosphatidylserine (BC-PSの公式と12週間扱われた; mg t.i.d。)か偽薬は薬剤と扱われた100、および管理された偽薬を改良したそれらをそれらに関連して複数の認識手段で。 処置のグループ間の相違はより少ない厳しい認識減損の患者間で最も明白だった。 結果はphosphatidylserineが広告の初期の調査のための有望な候補者であるかもしれないことを提案する。



Nootropicの薬剤および頭脳のコリン作動性のメカニズム。

Prog Neuropsychopharmacol Biolの精神医学(イギリス) 1989年、13のSuppl pS77-88

コリン作動性のメカニズムの活発化を示す直接または間接的証拠piracetam、oxiracetam、aniracetam、ピログルタミン酸、tenilsetamおよびpramiracetamを含むpyrrolidinoneの派生物とvinpocetine、naloxone、ebiratideおよびphosphatidylserineのような雑多な化学構造のために存在しなさい。 これらの薬剤はすべて複数のスコポラミンによって引き起こされる中断を動物および人の学習および記憶範例防ぐか、または戻す。 Phosphatidylserineは老化のラットのアセチルコリンの統合そして調節された応答を元通りにする。 コリン作動性システムの行為が高い類縁のコリンの通風管の刺激を含んで、起こるかもしれないメカニズムは論議される。



年齢準の記憶減損のphosphatidylserineの効果。

神経学(1991年、41 (5)米国) p644-9 5月

私達はphosphatidylserine (100 mg BC-PSのtid)または偽薬の公式と12週間年齢準の記憶減損(AAMI)のための規準を満たしている149人の患者を扱った。 日常生活の学習および記憶仕事と関連していた性能試験の偽薬と扱われた患者はそれらとに関連して改良された薬剤扱った。 臨床小群の分析は処置前に比較的低レベルで行ったサンプル内の人がBC-PSに答えてが本当らしかったことを提案した。 この小群の中では、コンピュータ化された標準neuropsychological性能試験とまた改善の臨床全体的な評価に改善があった。 結果は混合物がより遅い生命のメモリ損失を扱うための有望な候補者であるかもしれないことを提案する。



大人および新生児のラットからの頭脳セクションのグルタミン酸塩の受容器の結合特性に対するphosphatidylserineの効果。

頭脳Res (ネザーランド) 1996年11月18日、740 (1-2) p337-45

ラットの脳組織セクションに対するグルタミン酸塩の受容器のAMPA (アルファ アミノ3ヒドロキシ5 methylisoxazolepropionic酸)およびNMDA (NメチルDアスパラギン酸塩)のサブタイプの結合特性に対するphosphatidylserine (PS)の効果は、[3H] 3-dione (CNQX)および[結合する6シアノ7 nitroquinoxaline 2 [3H] AMPAの量的な放射線写真法によって3H]グルタミン酸塩分析された。 PSの頭脳セクションの前培養は[3H] [3H] CNQXの結合特性、AMPAの受容器の反対者を変更しないで結合するAMPAの増加を作り出した。 PSのこの効果は同じ処置が[NMDAの受容器に結合する3H]グルタミン酸塩を変更しなかったのでグルタミン酸塩の受容器のAMPAのサブタイプのために特定だったようである。 なお、[3H] AMPAの結合のPS誘発の増加はさまざまな頭脳の構造で異なって、小脳の分子層でより大きく、striatumでほとんど不在である。 カルシウムとの前培養はまた[3H] AMPAの結合を増加し、処置が両方とも増加されたアゴニストの結合を作り出すための共通のメカニズムを共有することをカルシウムの効果および[3H]結合するAMPAのPSの加成性の欠乏は強く提案する。 最後に、AMPAの受容器の特性に対するPSの効果はある特定の頭脳の地域のLTPの表現の不在によって普通特徴付けられる進化の段階の新生児のラットから準備されたラットの頭脳セクションで著しく減った。 現在のデータはシナプスの膜の脂質構成の変化がシナプス操作の長続きがする変更の作成にかかわることができるAMPAの受容器の特性を調整するための重要なメカニズムであるかもしれないこと仮説に一貫している。



酵素によって大豆のレシチンから総合される頭脳に対するphosphatidylserineの病理学の効果は齧歯動物で作用する。

J Nutr Sci Vitaminol (東京) (日本) 1996年、42 (1) p47-54 2月

大豆transphosphatidylated phosphatidylserine (SbtPS)は老人性痴呆症の患者の認識無秩序を改善するために経口投与(300のmg /day)によって報告された牛のような頭脳によって皮質得られたphosphatidylserine (BC-PS)のそれらとホスホリパーゼDを使用してtransphosphatidylationによって大豆のphosphatidylcholine、および脂肪酸組成および病理学の特性から比較された準備された。 SbtPSの分子種はBC-PSのそれらがステアリンおよびオレイン酸である一方リノールおよびパルミチン酸で豊富である。 脂肪酸組成の相違にもかかわらず、SbtPSはマウス(79 mg/kg、i.v。)の頭脳のブドウ糖の集中の増加およびラット(60 mg/kg、i.p。)のスコポラミン誘発の記憶喪失症の復帰の重要な活動をようにBC-PS表示した。 これらの結果はSbtPSが経口投与によって老人性痴呆症を防ぐおよび/または改善するかもしれないという可能性を提案する。



アルツハイマー病のphosphatidylserine、pyritinolおよび認識訓練の長期効果。 neuropsychological、EEGおよびペット調査

痴呆(スイス連邦共和国)、1994年、5/2 (88-98)

ありそうなアルツハイマー病の70人の患者は4グループに任意に割振られた: 17人の患者は社会的なサポートしか受け取らなかった。 週に二度18認識訓練はpyritinol 2 x 600 mg /dayと、17認識訓練で結合され、18で認識訓練はphosphatidylserine 2 x 200 mg /dayと結合された。 処置の持続期間は6か月だった。 処置の前後に、患者はポジトロン断層法および18F 2 fluoro 2 deoxy Dブドウ糖を使用してブドウ糖のための地方大脳の代謝率のneuropsychologicalテスト、また測定を経た。 処置がグループ視覚認識の仕事によって達成された休息および活動化させたブドウ糖パターンに関して対等だった前に。 全体的にそして4つの周波数帯域の電気生理学的な変更はようにEEG力、査定された。 アルツハイマー病の患者の4グループのこの6ヶ月の調査はphosphatidylserineの処置が頭脳機能の異なった手段に対する効果をもたらすことを示した。 neuropsychological改善が最もよくとり上げられた後8のそして16週およびのでこの徴候療法が短期利点主に、処置の期間の終わりに進歩的な病理学変更によって克服されたことが、完了されなければならない処置の期間の終わりの方に衰退して。



アルツハイマー病のpharmacotherapyの前進

EUR. アーチ。 精神医学CLIN。 NEUROSCI. (ドイツ)、1994年、244/5 (261-271)

著者はアルツハイマー病(広告)の処置のために提案された代理店の文献を見直した。 薬剤の異なったクラスはこの条件の処置のために有利である確証なしでpsychostimulants、抗凝固薬、血管拡張神経、高圧の酸素、ホルモン、nootropics、cholinomimetics、monoaminergicsおよびneuropeptidesを含むこの徴候のためにテストされた。 cholinomimeticsの最近の研究の中でデータは穏やかに適当な広告の患者の適度な利点を作り出すかもしれないことを示すようである。 最近、他の薬剤はまたneurotrophic要因、酵素(エース)の抑制剤を、カルシウム チャネルのブロッカー変える、phosphatidylserine、argistensionアセチルLカルニチン、キサンチンの派生物、炎症抑制の代理店、アルミニウム キレート化合物の代理店およびD cycloserineを含んで提案された。 少数のこれらの新しい作戦病気のコースを変える可能性の広告のためのより相当な利点の把握約束は、しかしこれらの薬剤の確証的な試験を待つ。

イメージ