ニンニク(SATIVUM ALIUM)



目録
イメージ 文化の人間の前立腺の癌腫の細胞の成長、グルタチオンの集中およびポリアミンの形成に対するニンニクのthioallylの派生物の効果
イメージ ネズミ科の過渡的な細胞の癌腫のためのAliumのsativum (ニンニク)処置。
イメージ ニンニク(sativum Alium)--有効な薬草
イメージ 血圧に対するニンニクの効果のメタ分析
イメージ 新しい療法のための忍耐強い好み: 高血圧のための処置のニンニクの試験Nの1。
イメージ ニンニクの低血圧はできるか。 パイロット・スタディ。
イメージ 高血圧およびhyperlipidaemia: ニンニクは穏やかな場合で助ける
イメージ ニンニクのAntithrombotic活動: ウサギのアラキドン酸そしてコラーゲンの注入の間のトロンボキサンB2の統合のその阻止。
イメージ ニンニク(sativum Alium)およびタマネギ(葱類のcepa): 心循環器疾患への関係の検討
イメージ ブルガリアの伝統医学: phytopharmacological調査のための考えの源
イメージ 高血圧の処置のための自然な代理店としてニンニク: 予備報告
イメージ 植物およびhypotensive、antiatheromatousおよびcoronarodilatating行為。
イメージ ヘルペス・ウイルスの伝染の化学療法の最近の前進
イメージ (ニンニク) sativum、葱類のcepaおよびCommiphoraのmukul実験hyperlipidemiaおよびアテローム性動脈硬化に対するAliumの有利な効果--比較評価。
イメージ 「ニンニク: 悪性の病気への関係の検討」
イメージ 「ニンニクのためのAnticandidalおよびAnticarcinogenicの潜在性」
イメージ S-allylmercaptocysteineは細胞増殖を禁じ、erythroleukemia、胸および前立腺癌の細胞ラインの実行可能性を減らす
イメージ 栄養の補足の処置による砂ラットのpreatheromatous損害の防止
イメージ ニンニクのヒドロキシルの根本的掃気特性の評価
イメージ ニンニクの要素の治療上の行為
イメージ 大腸のadenomatousポリプへの野菜、フルーツおよび穀物の消費
イメージ diallylのセレン化物、新しいorganoseleniumの混合物による乳房癌のChemoprevention
イメージ 形成コロンDNAに対するChemoprotectionはラットの植物が媒介するの発癌物質の2アミノ1メチル6 phenylimidazoの(4,5-b)ピリジン(PhIP)から内転する
イメージ ラットの尿の突然変異原の排泄物の減少はニンニクに与えた
イメージ グルタチオンへのchemoprotective代理店のdiallylの硫化の新陳代謝はラットで活用する
イメージ 中年の人口の自然な治療の使用法そしてユーザー: 人口統計学および心理社会的な特徴。 マルメの食事療法および蟹座からの結果は調査する
イメージ コレステロールの胆汁酸そしてステロールのある酵素そして糞便の排泄物に対するAlium sativum Linnおよびgugulipidから隔離されたSアリル システインのスルフォキシドの効果はラットに与えた
イメージ コレステロールの食事療法のAlium sativum Linnそしてgugulipidから隔離されたSアリル システインのsulphoxideのAntiperoxideの効果はラットに与えた
イメージ 癌防止の食糧修正の潜在性
イメージ ニンニクからのorganosulfideの新しい反発癌性の活動: H-rasのdiallylの二硫化物によるがん遺伝子によって変形させる腫瘍の成長の阻止は生体内でp21 (H-ras)処理の阻止と関連付けられる
イメージ Organosulfur混合物および癌
イメージ ラットのニンニクのorganosulfurの混合物による肝臓のチトクロームP-450の活動の調節
イメージ MNNG誘発の実験胃の癌腫および前癌性の損害で観察されるTch、LDLおよびHDLの血清の内容に対するニンニクの効果
イメージ ニンニクおよび準のアリル硫黄の部品はNメチルN NITROSOUREAの引き起こされたラットの乳房の発癌を禁じる

棒



文化の人間の前立腺の癌腫の細胞の成長、グルタチオンの集中およびポリアミンの形成に対するニンニクのthioallylの派生物の効果

まだら馬JT Qiao C Xing J Rivlin RS Protomastro ML Weissler MLタオYのターラーH Heston WD。 : AM J Clin Nutr (8月1997日) 66(2): 398-405

ニンニクの要素に類似しているS-cysteinylの総合的な混合物および自然発生するニンニクの派生物が人間の前立腺の癌腫(LNCaP)の細胞に対するantiproliferative効果をもたらすかどうか調査されるこの調査。 S-allylmercaptocysteineおよびS-allylcysteineが2つの重要な分子ターゲット、即ち減らされたグルタチオンおよびpolyaminesに影響を与えるかどうかまた検査される調査。 結果はS-allylcysteineのantiproliferative効果が発音されるようになかった一方S-allylmercaptocysteine (50のmg/L)がLNCaPの細胞の成長を減少したことを示した。 S-cysteinylの総合的なアナログを使用して調査は成長の阻止が二硫化物か活動的なdiallylの一部分を含んでいる混合物と最も有効だったことを明らかにした。 最底限に抑制的な効果はmonosulfinicアナログと観察された。 S-allylmercaptocysteineによりおよびS-allylcysteineは両方LNCaPの細胞によって減らされたグルタチオンの集中の増加を引き起こした。 プトレシンおよびスペルミンの集中は減り、spermidineはS-allylmercaptocysteineの処置の後の3日を増加した。 S-allylmercaptocysteineの処置の後の5日で、ポリアミンの集中は塩扱われた制御のそれらに類似していた。 直接オルニチンのカルボキシル基分解酵素との反応オルニチンのカルボキシル基分解酵素の減らされたグルタチオン、知られていた抑制剤の形成を高めること、またはS-allylmercaptocysteineが求核チオールの一部分ことをことをでによって酵素、オルニチンのカルボキシル基分解酵素を、総合するポリアミンを妨害するかもしれないことを減少された細胞の成長および変えられたポリアミンの集中は提案する。 S-allylcysteineがまた減らされたグルタチオンの形成を高めるが、かなり成長を禁じないので、後のメカニズムはこの混合物のためにより本当らしいかもしれない。 これらのデータはニンニクから得られる非本質的な栄養素が腫瘍の成長を調整するかもしれないそれ以上の証拠を提供する。



ネズミ科の過渡的な細胞の癌腫のためのAliumのsativum (ニンニク)処置。

蟹座(米国) 1997年5月15日、79 (10) p1987-94

背景: 現在、Calmette-Guerinによって(BCG)が表面的なぼうこうの癌腫のための最も有効な処置、処置関連の毒性でありバチルスの免疫療法は何人かの患者の使用を限るかもしれないではない。 代わりとなる処置はBCGの免疫療法に答え損う患者のために必要である。 sativum Alium (ように)、またはニンニクは、免疫の刺激および報告されたantitumor活動を含む生物活動の広い範囲が、あると知られている。 これらの理由により、著者はMBT2ネズミ科のぼうこうの癌腫モデルのように可能な治療上の効果をの探検するように設計されている一連の実験を行なった。 方法: C3H/HeNのマウスは各々の実験議定書の開始前にランダム化された。 マウスは1つx 10(3)を実験の日0の右の腿に、subcutaneously管理された0.1 mL RPMI-1640のMBT2細胞受け取った。 日1の腫瘍の移植の場所と2時で注入されたように-日28までの7日間間隔に…。 このモデルのように口頭の効果を評価するためには、処置は30日腫瘍接種前の始められ、腫瘍接種の後の30日間続いた。 すべての実験の動物は腫瘍の発生、腫瘍の成長および存続のために続かれた。 結果: かなり減らされた腫瘍の容積としてsubcutaneous最初の実験では塩制御と比較した(P < 0.05)。 残念ながら、総線量の減少をの要求する処置関連の死はまたように観察された。 5週間免疫をように受け取った動物(5 mg、5 mg、1 mg、1 mgおよび1 mg; 集積線量= 13 mgの)塩制御を受け取った動物と比較すると持たれていたかなり減らされた腫瘍の発生、腫瘍の成長および高められた存続。 処置関連の死はこの処置のスケジュールと観察されなかった。 5 mgの線量でテストされたように管理は有能、口頭で管理されてであるかもしれないmgかどうか定めるため全身、飲料水の1 100つのmLあたり50 mgおよび500。 塩制御を受け取った動物と比較すると腫瘍の容積の持たれていた重要な減少として(P < 0.05)口頭50 mgを受け取った腫瘍の両方容積および死亡率の持たれていた重要な減少として口頭500 mgを受け取ったマウス、およびマウス(P < 0.05)。 結論: 令状より詳しい調査としてsubcutaneousそして口頭の重要なantitumor効力はおよびぼうこうの過渡的な細胞の癌腫に療法の新しく、有効な形態を提供するかもしれないようにことを提案する。



ニンニク(sativum Alium)--有効な薬草

Fortschr Med (ドイツ) 1995年7月20日、113 (20-21) p311-5

大量の証拠は穏やかな高血圧およびhyperlipidemiaに対するニンニクの規則的な食餌療法取入口の有利な効果を提案する。 ニンニクは抗菌およびimmunostimulating特性があることを、fibrinolytic活動を高めることを、そして血小板の集合および付着に対する好ましい効果を出すようである。 標準化された準備は厳密な投薬を保証し、未加工ニンニクの強い臭気の問題を最小にする。 従って、従来の民俗治療は少数の副作用の医学の薬剤として心循環器疾患のより少なく厳しい形態を持つ多くの患者のための実用性を非常に確立した。 利用できる証拠は徴候のリストがかなり将来拡張されるかもしれないという希望をもたらす。 (43 Refs。)



血圧に対するニンニクの効果のメタ分析

J Hypertens (1994年、12 (4)イギリス) p463-8 4月

目的: 組織的検討を、血圧の相関的な偽薬および他の抗高血圧薬の代理店に対するニンニクの効果を定めるためにニンニクの準備の出版され、出版されていないランダム化された管理された試験のメタ分析を含んで、引き受けるため。 データ識別: 調査はMedlineおよび代替医療の電子データベースの、リストされている第一次および総論の参照からの、そしてニンニクの製造業者が付いている直接接触を通した調査によって識別された。 調査の選択: 持続期間少なくとも4週だったニンニクの準備のランダム化された管理された試験だけ検討の包含のために資格がある考えられた。 データ抽出: データは議論によって解決されて不一致が2人の著者によって出版されたレポートから、独自に得られた。 結果: 8つの試験は識別された(分析に含まれている415の主題からのデータの同じ乾燥されたニンニクの粉の準備(Kwai)を使用してすべて。 試験の3つだけは高血圧の主題でとりわけ行なわれ、多数に他の方法論的な欠点があった。 偽薬のそれとニンニクの効果を比較した7つの試験の、3つシストリック血圧(SBP)の重要な減少をおよび4つはdiastolic血圧(DBP)で示した。 SBPの絶対変更のオーバーオールによって分かち合われた中間の相違は(ベースラインから最終的な測定への)偽薬と扱われた人々のニンニクと扱われた主題でより大きかった。 DBPのためにニンニク扱われた主題の対応する減少はわずかにより小さかった。 結論: 結果はこのニンニクの粉の準備が穏やかな高血圧の主題の臨床使用であるかもしれないことを提案する。 但し、高血圧の主題の処置のための定期的な臨床療法としてそれを推薦する今でも証拠不十分がある。 より多くの厳密設計され、分析された試験は必要である。



新しい療法のための忍耐強い好み: 高血圧のための処置のニンニクの試験Nの1。

J GENのインターンMed (1993年、8 (11)米国) p619-21 11月

著者は臨床試験方法Nの1彼の高血圧の管理のニンニクのための患者の好みについての洞察力を得るのが常であった。 61歳の人はニンニク、500 mg一日に三回(3週)、または3つの処置の組の同一の偽薬(3週)を口で受け取った。 患者がニンニクに2つのmm Hg (95%の信頼区間0.4に4.7のp < 0.05)取っている間、およびdiastolic血圧減った中間のシストリック血圧を2.4 mm Hg (95%の信頼区間0.4に4、p < 0.025)減った。 ニンニクの処置の効果は小さかったが、彼の高血圧の管理のための患者によって信じられた継続ニンニクは正当化された。



ニンニクの低血圧はできるか。 パイロット・スタディ。

Pharmacotherapy (1993年、13 (4) p406-7米国) 7月8月

大きい線量(2400 mg)で1.3%のallicinを含んでいる普及したニンニクの準備は幾分厳しい高血圧(diastolic血圧>または= 115のmm Hg)の9人の患者のこのオープン ラベルの調査で評価された。 着席の血圧は7/16の(+/- 3/2のSD) mm Hgおよそ5時間ピーク効果で線量の後の5-14時間からのdiastolic血圧の重要な減少を用いる線量の後の、(p < 0.05)下った。 重要な副作用は報告されなかった。 私達の結果はこのニンニクの準備が血圧を減らすことができることを示す。 それ以上の管理された調査は必要、特にの下のより慣習的な線量と(例えば、<または= 900のmg /day)、高血圧を緩和する穏やかの患者の偽薬制御の、二重盲目の条件である。



高血圧およびhyperlipidaemia: ニンニクは穏やかな場合で助ける

Br J Clin Pract Symp Suppl (1990年、69イギリス) p3-6 8月

穏やかな高血圧の四十七人の非入院させた患者は11人の一般医師が行なったランダム化された、偽薬制御の、二重盲目の試験に加わった。 是認された患者は2週間の順応段階後に95そして104のmmHg間のdiastolic血圧があった。 患者はそれからニンニクの粉(Kwai)の準備または12週間同一の出現の偽薬を取った。 血圧および血しょう脂質は4の、8のそして12週後に処置の間に監視された。 偽薬と薬剤のグループの重要な違いは療法の間に見つけられた。 例えば、ニンニクの処置を12週(pより少なくより0.01)後に8週(pより少なくより0.05)後にそして89のmmHgに持っているグループの仰向けのdiastolic血圧は102から91のmmHgから下った。 血清コレステロールおよびトリグリセリドはまた処置の8のそして12週後にかなり減った。 偽薬のグループでは、一方では、重要な変更は起こらなかった。



ニンニクのAntithrombotic活動: ウサギのアラキドン酸そしてコラーゲンの注入の間のトロンボキサンB2の統合のその阻止。

プロスタグランジンのLeukotの必要な脂肪酸(1990年、41 (2)スコットランド) p95-9 10月

ウサギはコラーゲンおよびアラキドン酸を静脈内で与えられた。 血圧、血小板算定、血しょうトロンボキサンB2 (TXB2)および血しょう6 ketoプロスタグランジンF1のアルファは、(6 ketoPGF1アルファ)断固としただった。 致死量の注入にthrombogenic代理店により両方とも、生体内の血小板の集合および低血圧を表した血小板減少症を引き起こした。 これらの変更は放射免疫測定(RIA)によって測定されたTXB2および6 ketoPGF1アルファの血しょうレベルの増加と関連付けられた。 ニンニク(500 mgkg)の水様のエキスが付いているウサギの前処理は血小板減少症および低血圧からの保護を提供した。 トロンボキサンB2の統合はニンニクと前処理をされ、次にコラーゲンまたはアラキドン酸の致死量と注入された動物でかなり減った。 これらの動物で総合されたTXB2の量は血小板減少症か低血圧を引き起こして十分ではなかった。 ニンニクと前処理をされたすべての動物はコラーゲンまたはarachidonateの注入の効果からよく保護され、明白な徴候はこれらの動物で観察されなかった。 これらの観察はニンニクが血栓症の防止で有利かもしれないことを示す。



ニンニク(sativum Alium)およびタマネギ(葱類のcepa): 心循環器疾患への関係の検討

Prev Med (1987年、16 (5)米国) p670-85 9月

ニンニクおよびタマネギは多くの文化の従来の医療行為で千年間の間心血管および他の無秩序を扱う使用された。 これらの植物の葱類種両方とも、エキスおよび化学要素は心循環器疾患の危険率に対する可能な効果のために調査された--明確両方(hyperlipidemia、高血圧およびhyperglycemia)および疑われる(血小板の集合および血のfibrinolytic活動)。 血のcoagulabilityのこれらの葱類種の行為は他の危険率に対する効果よりもっとはっきり定義される。 調査の多数に深刻で方法論的な欠点がある間、ニンニクやタマネギのある特定の公式の使用が正常な主題とatherosclerotic病気の患者の危険率に対する好ましい効果と一緒に伴われることを提案する証拠がある。 毒性の可能性は多量のこれらの植物またはエキスの激しく、慢性の摂取に起因して未解決である。 したがって、それ以上の臨床および疫学の研究は防止に於いてのこれらの植物の役割の前に要求され、心血管の無秩序の制御は理解され、実現することができる。 この区域の付加的な研究は推薦される。 (116 Refs。)



ブルガリアの伝統医学: phytopharmacological調査のための考えの源

J Ethnopharmacol (1986年、15 (2)スイス連邦共和国) p121-32 2月

中世と現代のブルガリアの伝統医学の薬草の使用についてのあるデータは示され、ブルガリアの伝統医学で使用される多くの薬草の40年の長さの実験病理学の調査の結果は見直される。 徹底的な議論はニンニク(Alium sativum L.)の調査で、異なった病気を扱うためのブルガリアの人々によって広く利用された植物示される。 高血圧の、感染症はそして利尿そしてspasmolyticの治療として処置に使用する多数の植物の調査からのデータ要約される。 (51 Refs。)



高血圧の処置のための自然な代理店としてニンニク: 予備報告

Cytobios (イギリス) 1982年、34 (135-36) p145-52

この調査の主要な目的は血圧の減少を誘発し、この減少が要求する時間を定める機能に関して血圧に対するニンニクの効果を再評価することだった。 自発的に高血圧のラットは口頭注入によってニンニクのエキス(0.1 ml/kg、0.25 ml/kgおよび0.5 ml/kg)の3つの線量を与えられた。 これらのエーテル麻酔をかけられたラットの血圧は次にエキスが与えられ、エキスの後の0.5、2つ、4つ、6つ、そして24のhが与えられた直前に測定された。 血圧の測定はまた0.5 ml/kgの線量のためのエキスの管理の後で48 hで取られた。 尾袖口方法によってGilson Duographシステムが血圧を測定するのに使用された。 3つの線量の後にラットすべてのシストリック血圧にマーク付きの減少があり、減少は各場合の30分の内に行われた。 0.1 ml/kgおよび0.25 ml/kgの線量のための平均減少がので51,25のmm Hgおよび計算されたのに56.25 mm Hgは、それぞれ、これらの線量正常範囲の血圧をのための支えて十分以上1か2 h.ではなかった。 65.7 mm Hgの平均減少を示す0.5 ml/kgの線量は減少を正常なレベルに誘発し、24までのh.のためのこの減少を支えて十分だった。 結果はニンニクが高血圧の処置のための自然な代理店として有効であることを示す。



植物およびhypotensive、antiatheromatousおよびcoronarodilatating行為。

AM J Chin Med (米国)の秋1979年、7 (3) p197-236

しかし、偉大な人が最近の有効な薬剤によって高血圧、アテローム性動脈硬化および虚血性心疾患の療法の成功今日得られてしまった、患者の明確な治療はまだ達成されていない。 レセルピンの遅い発見、高血圧に対する植物起源の非常に有効な薬剤、植物の世界の化合物を考慮する確信させたこれまでのところ好まない科学者。 この従来の医学の知識に関して、薬の全枝のために不明確に推薦されるこれらのhealings時々の特定性をより正確に定義することは必要なようである。 この実験証明は病気の現在の分類を軽率に使用するべきではない; 薬理学の慣習的な実験方法が頻繁に1つの実質の生物活動を明らかにするために不適当であるまたは別の薬草べきであることそこに意識。 ヘルスケアの千年の経験的な分野の興味は心理社会的な、民族誌の面に調査と共に伝統医学の研究開発を、促進する世界保健機構によって認められる。 これらの調査はブルガリアで育つ伝統医学のデータに従って高血圧、アテローム性動脈硬化および虚血性心疾患で治療の効果をもたらすいくつかの植物をカバーする。 選別法を使用して、エキスおよび化学的に純粋な物質は調査された; 抽出は水、エーテル、クロロホルム、dichloretanのような溶媒で、エタノール、メタノールおよびアセトン行われた。 実験のほとんどは麻酔をかけられた猫、ウサギおよび犬で遂行された。 テストされた物質はある実験で、口頭で主に静脈内で加えられ。 慢性の実験はまた引き起こされた高血圧のwakeful犬、atherogenic食事療法で与えられた動物および引き起こされた不整脈および冠状痙攣の動物で遂行された。 データはある植物またはそれらから隔離される作用物質の臨床検査の示される。 これらの調査の主要な結果は次の植物のために示される: ニンニク、ゼラニウム; ヘレボルス; ヤドリギ; オリーブ; 吉草根; ホーソーン; Pseucedanumのarenarium; タマキビ; Fumitory。 ブルガリアと他の国育つもう50の植物のために著者は実験彼のおよび他の調査官およびhypotensive、antiatheromatousおよびcoronarodilatating行為についての臨床データ示す。



ヘルペス・ウイルスの伝染の化学療法の最近の前進

REV. ROUM. MED. (ルーマニア)、1981年、32/1 (57-77)

現在化学療法で使用される影響されるウイルスの写しの段階に従ってantiherpesの代理店の主要な部門は見直される: 1) ウイルスの吸着(アダマンタン、非イオンの界面活性剤); 2) 食(インターフェロン); 3) virionの成熟(ヌクレオシドおよびヌクレオチドのアナログおよびphosphonic酸派生物)。 言及はまたから-抗ウィルス性の特性の約束を用いる…他の混合物-異なった総合的な有機性派生物、光力学の染料、金属イオン、ホウ酸、ホルモン、抗生物質、他の天然産物(海洋の藻、プロポリス、ニンニクからのエキス)成っている。 ウイルスの化学療法の研究の難しさそして見通しは簡潔に論議される。



(ニンニク) sativum、葱類のcepaおよびCommiphoraのmukul実験hyperlipidemiaおよびアテローム性動脈硬化に対するAliumの有利な効果--比較評価。

J Postgrad Med (1991年、37 (3)インド) p132-5 7月

血清コレステロールおよび血清トリグリセリドのレベルの白子のラットのかなり防がれた上昇のCommiphoraのmukulのsativum、atherogenic食事療法によって引き起こされる葱類のcepaそしてethylacetateのエキスAliumの石油エーテルのエキスの経口投与。 3人の代理人全員はまたatherogenic食事療法によって引き起こされたアテローム性動脈硬化に対して相談すると重要な保護見つけられた。



「ニンニク: 悪性の病気への関係の検討」

予防医学、1990年5月; 19(3): 346-361

これは癌の防止および処置に関してニンニクの生理学的な面の広範な総論である。 この記事はおよそ30の調査1949からニンニクの1986年をからおよび癌リストする。 疫学的にニンニクおよびタマネギの消費は癌からの減らされた死亡率と関連付けられる。 ニンニクは硫黄化合物で豊富で、複数の解毒の細道で重要かもしれない。 ニンニクにantitumorおよび癌の阻止特性がある。 ニンニクの毒性に関する国民の毒物学プログラムからしかしデータは非常に大量服用の否定的な健康に対する影響が報告された動物モデルに現在ない。 ニンニクの他の文書化された効果はantiobioticおよびantifungal活動、線維素溶解および血小板の集合の阻止が含まれている。 微量の元素セレニウムおよびゲルマニウムの酸化防止剤は、日本のニンニクの要素である。 ニンニクおよび癌の人間のそれ以上の調査は励まされる。 10,040



「ニンニクのためのAnticandidalおよびAnticarcinogenicの潜在性」

国際的な臨床栄養物の検討、1990年10月; 10(4): 423-429。

この検討はKyolicのニンニクのエキスが感染させた動物のカンジダalbicansの除去を高めたことを示す。 Kyolicはアフラトキシンかベンゾピレンによって引き起こされる突然変異誘発を禁じることができる。 それはまた不良部分からDNAにアフラトキシンを禁じることができる。 ニンニクはorganosoluble代謝物質の形成を減らし、発癌物質の除去を促進する水溶性の代謝物質の形成を高める。



S-allylmercaptocysteineは細胞増殖を禁じ、erythroleukemia、胸および前立腺癌の細胞ラインの実行可能性を減らす

栄養物および蟹座(米国)、1997年、27/2 (186-191)

Organosulfurの混合物は葱類の野菜の生物学的に動的機器である。 多くの医療補助は発癌の阻止を含んでそれらに、帰された。 急速にボディで不活性になるこれらのthioallylの混合物のarareの複数が私達老化させたニンニクのエキスで現在の安定した部品の1つを調査したのでS-allylmercaptocysteine (SAMC)、癌細胞の拡散を禁じることができるかどうか定めるため。 2つのerythroleukemiaの細胞ラインの拡散そして実行可能性は、ヘリコプターおよびOCIM-1、2ホルモン敏感な胸および前立腺癌の細胞ライン、SAMCの異なった集中に応じてのMCF-7およびCRL-1740、それぞれ、および正常な人間の臍静脈のendothelial細胞2週まで間調査された。 検査された異なった細胞ラインのこのorganosulfurの混合物へ感受性に変化があったが胸および前立腺の2つのホルモン敏感な癌細胞ラインははっきりthioallylの混合物の成長抑制的な影響にはるかに敏感だった。 SAMCのantiproliferative効果は積極的に成長の細胞に限られた。 合流に達した人間の臍静脈のendothelial細胞によっては実行可能性の減少が従ってテストされた癌細胞ラインで顕著脱出した。 私達の調査はこうして確立された癌細胞に対するSAMCの直接的な効果の証拠を与える。



栄養の補足の処置による砂ラットのpreatheromatous損害の防止

Arzneimittel-Forschung/薬剤の研究(ドイツ)、1996年、46/6 (610-614)

砂ラットは肥満およびインシュリン抵抗性に加えて2 mercapto 1イミダゾールが人間で見つけられるそれらに類似したpreatheromatous損害を開発する反甲状腺剤の代理店の0.01%を含んでいるhypercholesterolaemic食事療法に与えた。 損害の出現そして進化に対する必要な脂肪酸およびニンニクのエキス((r) Arterodiet)の栄養の補足の金持ちの効果は調査された。 この栄養の補足の処置はかなり循環のトリグリセリドおよび低密度脂蛋白質(LDL) -コレステロール値を減らしたが、血しょうインシュリンまたはブドウ糖のレベルを変えなかった。 内部幹線コレステロール値はまたこれらの動物のatherosclerotic損害の標準化で起因した処置によって減った。



ニンニクのヒドロキシルの根本的掃気特性の評価

分子および細胞生物化学(米国)、1996年、154/1 (55-63)

ニンニクはhypercholesterolemicアテローム性動脈硬化に対して保護をおよび虚血reperfusion誘発の不整脈および梗塞形成提供するために報告された。 これらの病気および酸化防止剤の原因となる要因がこれらの条件に対して有効であるために示されていたと同時に酸素の遊離基(OFRs)は関係した。 これらの病気の状態のニンニクの有効性はOFRsを掃除する機能が原因であることができる。 但し、ニンニクのOFR掃気活動は知られない。 またそれは活動が調理によって影響されれば知られない。 従って私達は、高圧液体クロマトグラフィーを使用して、ニンニクのエキスの機能を(熱されるか、または温められていない)外生的に発生させた水酸ラジカル(.OH)を掃除する調査した。 .OHは紫外(紫外線)ライトとのH2O2 (1.2-10 micromoles/ml)の光分解によって発生し、サリチル酸(500 nmoles/ml)と引っ掛かった。 H2O2は.OHのアダクト プロダクト2,3 dihydroxybenzoic酸(DHBA)および2,5-DHBAによって推定されるように集中依存した方法の.OHを作り出した。 ニンニクのエキス(5 - 100 microl/ml) 2,3-DHBAおよび2,5-DHBAの阻止(30 -100%集中依存した方法のH2O2 (5.00 pmoles/ml)の光分解によって発生した)を作り出した。 その活動は10% 20、40か60 min.の100degreeCに熱されたときおよそ減る。 活動の減少の範囲は3熱する期間の間類似していた。 ニンニクのエキスは集中依存した方法のウサギのレバー ホモジュネートのmalondialdehydeの.OH誘発の形成を防いだ。 それは.OHがない時単独でMDAのレベルに影響を与えなかった。 これらの結果はニンニクのエキスが.OHの強力な清掃動物であること熱することが活動をわずかに減らすことを示し。



ニンニクの要素の治療上の行為

薬効がある研究の検討(米国)、1996年16/1 (111-124)

過去の15年の間のニンニクのほとんどの調査は血清コレステロール、LDL、HDLおよびトリグリセリドに対する効果が検査された心血管およびctherosclerosisの分野に主にあった。 調査がニンニクの準備の適量、標準化、および処置の期間に関連して一貫していなかったが、ほとんどの調査結果はニンニクがこれらの脂質の増加されたレベルを持つ患者のコレステロールおよびトリグリセリドのレベルを減らすことを提案する。 ニンニクの摂取によって血清の脂質の低下はアテローム性動脈硬化プロセスを減らすかもしれない。 ニンニクの他の主要で有利な効果はantithrombotic行為が原因である。 ニンニクの研究のこの分野は広く調査された。 ニンニクのエキスおよび複数のニンニクの要素は生体外の重要なantithrombotic行為および生体内のシステムを示す。 Allicinおよびアデノシンは生体外の効果のためにニンニクの最も有効なantiplatelet要素である。 allicinおよびアデノシン両方以来急速に人の血液で新陳代謝させ、これらの混合物がボディのあらゆるantithrombotic行為に貢献すること他のティッシュ、それは疑わしい。 さらに、ajoeneはまたニンニク、ニンニクの粉、または他の商業ニンニクの準備に自然にないので活動的なantiplatelet主義のようではない。 わずかajoeneだけニンニクでオイルふやける見つけることができる; 但し、ajoeneはthromboembolic無秩序の処置のための薬剤として開発されている。 ニンニクのエキスのアデノシンのデアミナーゼそして循環AMPのホスホジエステラーゼの有効な酵素の禁止の活動の同一証明の最近の調査結果は興味深く、ボディの病理学の行為に於いての重要な役割を持つかもしれない。 ニンニクのそのような酵素阻害剤の存在は多分antithrombotic、vasodilatory、および抗癌性の行為を含むボディの複数の臨床効果を、説明するかもしれない。 疫学の研究はニンニクが悪性の病気によって引き起こされる死の減少の重要な役割を担うことを提案した。 これは多くの調査官をそして実験動物のニンニクそしてニンニクの要素を彼らのantitumorおよび細胞毒素の行為のための生体外で検査するために導いた。 これらの調査からのデータはニンニクがantitumorおよびanticarcinogenic特性を所有している複数の可能性としては重要な代理店を含んでいることを提案する。 要約すると、疫学的の、臨床、実験室データとニンニクは多数を心血管からの人間の健康に有利、neoplastic証明し、である、他の複数の病気pharmacologically重要な混合物生物学的に含んでいる。 多数の調査は世界中進行中有効な、無臭のニンニクの準備を開発するために、また治療上有用かもしれない活動的な主義を隔離するためにである。



大腸のadenomatousポリプへの野菜、フルーツおよび穀物の消費

疫学(米国)のアメリカ ジャーナル、1996年、144/11 (1015-1025)

前の調査は大腸の癌の危険性が野菜、フルーツおよび穀物のより高い取入口と減ることを提案する。 しかし少数の調査は大腸のポリプの発生に関連してこれらの要因を検査した。 著者はポリプが付いている野菜、フルーツおよび穀物の連合を評価するのに488のマッチ ペアからの場合制御データを使用した。 主題は1991-1993年にsigmoidoscopyあった老化した南カリフォルニア住民50-74年だった。 sigmoidoscopyの前の年の食事療法は食糧頻度アンケートと測定された。 野菜、フルーツおよび穀物の頻繁な消費は減らされたポリプの流行と関連付けられた。 具体的には、野菜のための取入口の最も低いquintileと最も高いの比較する調節された確率の比率は0.47 (95%の信頼区間(CI) 0.29-0.76)だった、なぜならフルーツは0.65 (95% CI 0.40-1.05)、穀物のための0.55だった(95% CI 0.33-0.91)。 著者はまた高いカロチノイドの野菜のための反対連合を、cruciferae、高いビタミンCのフルーツ、ニンニクおよび豆腐見つけた(または大豆)。 これらの食糧の可能性としてはanticarcinogenic要素をそれ以上の調節の後で、高いカロチノイドの野菜、cruciferous野菜、ニンニクおよび豆腐(または大豆)ポリプと逆に関連付けられて残った。 これらの調査結果はどの保護効果でもこれらの食糧のnmeasured要素を反映するかもしれないことを野菜の高い取入口、フルーツ、または穀物の減少がポリプの危険および提案する仮説を支える。



diallylのセレン化物、新しいorganoseleniumの混合物による乳房癌のChemoprevention

抗癌性の研究(ギリシャ)、1996年、16/5 A (2911-2915)

前の研究は構造的に特有なorganoseleniumの混合物が癌防止の対応する硫黄のアナログより優秀であることを示した。 現在の調査はdiallylの硫化(DASe)、揮発総合的な混合物およびdiallylの硫化(DAS)にこの観察を、ニンニクの味の部品拡張するように設計されていた。 anticarcinogenic活動は7,12-dimethylbenz (a)を使用して-アントラセン(DMBA)誘発の乳房の腫瘍モデル評価された。 ラットは3回DASe (6か12 micromol/kgの体重)またはDMBAの処置の前の96、48、そして24時間のDAS (300、900か1,800 micromol/kg)のgavaged。 重要な腫瘍の阻止はDASeの2つの線量およびDASの大量服用と見つけられた。 これらの結果に基づいて、DASeは少なくとも300 DASより活発倍ようである。 DASeがDASeが発癌物質の活発化/解毒以外ある未知の危険準のでき事に影響を及ぼすかもしれないことを提案するこれらの変数に対する効果をもたらさなかったことを分析ofnは乳腺およびレバー示した。 DASeの行為のメカニズムが明瞭にされるに残るが、天然産物への潜在的な関連性は複数の調査の癌防止で有効であるために報告されたセレニウム富ませたニンニクの化学という点において論議される。



形成コロンDNAに対するChemoprotectionはラットの植物が媒介するの発癌物質の2アミノ1メチル6 phenylimidazoの(4,5-b)ピリジン(PhIP)から内転する

突然変異誘発(ネザーランド)の突然変異の研究の-基本的な、分子メカニズム、1997年、376/1-2 (115-122)

mutagenic複素環式の芳香のアミン、2アミノ1メチル6 phenylimidaのzo (4,5-b)のピリジン(PhIP)は、ラットのコロンの発癌物質のために示され、人間の結腸癌の病因学で関係した調理された食糧の熱分解プロダクトである。 人間で遂行できるchemoprotectionの作戦を識別するためにはPhIP DNAアダクトのレベルがPhIP (50のmg/kg)のgavageに先行している16の推定のchemoprotectionの養生法に服従し、24のhを後で犠牲にするオスF344ラットのコロンで量を示されたパイロット・スタディは行なわれた。 16の処置(Oltipraz、benzylisothiocyanate、diallylの硫化、ニンニクの粉、ethoxyquin、ブチル化されたhydroxyanisole、グルタチオン、インドール3 carbinol、アルファangelicalactone、kahweol/cafestolのpalmitates、ケルセチン、緑茶、紅茶、タンニン酸、アミラーゼ抵抗力がある澱粉および運動)は混合物、酸化防止剤、フラボノイド、ジテルペン、ポリフェノール、高い食餌療法繊維、等を硫黄含んでいるから成り立った。 コロンのPhIP DNAアダクトの形成の最も奇妙な阻止は紅茶、benzylisothiocyanateおよび混合物(1との前処理に観察された: kahweolの1): 67で起因したコロンPhIP DNAのcafestolのpalmitates 66、および54%の減少は制御と比較してレベルを、内転させる。 予備は行為のメカニズムで示したそのkahweolだけ調査する: cafestolによりPhIPの解毒で重要であると考えられるグルタチオンのSトランスフェラーゼのイソチーム(GSTs)の相当な誘導を引き起こした。 特に、この誘導はコロンのよりもむしろレバーで行われた。



ラットの尿の突然変異原の排泄物の減少はニンニクに与えた

蟹座の手紙(アイルランド)、1997年、114/1-2 (185-186)

植物起源の自然発生する物質はantimutagenic潜在性を所有するために知られている。 ニンニク(sativum Alium)は4週間食事療法の0.1%、0.5%および1%の集中の乾燥された粉にされた形態のラットに与えられた。 benzo (a)ピレンが(1 mg/rat)および24-h尿腹腔内に注入された実験の終わりにラットから集められた。 尿の突然変異原はネズミチフス菌の試金によって量的に表わされた。 ニンニクに与えられた発癌物質露出されたラットによって尿の突然変異原の排泄物に重要な減少行った。 更に、レバー ゾル性細胞質のグルタチオンSトランスフェラーゼおよびレバーおよび肺キノンreductasesの活動に刺激があった。 調査はニンニクのantimutagenic潜在性がターゲット ティッシュの解毒の酵素の誘導によって仲介されるかもしれないことを提案した。



グルタチオンへのchemoprotective代理店のdiallylの硫化の新陳代謝はラットで活用する

毒物学(米国)の化学研究、1997年10/3 (318-327)

diallylの硫化(DAS)のchemoprotective効果、ニンニクの味の部品はある特定の発癌性の化学薬品のCYP2E1仲介されたbioactivationに対する抑制的な効果に、帰因した。 CYP2E1の競争の抑制剤ラットでCYP2E1の不可逆阻止を生体内で引き起こすとであることに加えて生体外で、DASにより知られている。 後の特性は根本的なメカニズムが未知に残るがCYP2E1のメカニズム ベースの抑制剤であると考えられるDASの代謝物質のdiallylのスルフォン(DASO2)によって仲介されると信じられる。 DASによってCYP2E1の不活性化におよび即時の代謝物質責任がある反応中間物の性質を調査するためには現在の調査はDASの潜在的なグルタチオン(GSH)の共役をおよび代謝物質のdiallylのスルフォキシド(DASO)およびDASO2検出し、識別するように遂行された。 ionspray LC-MS/MSによって、10のGSHの共役はDASと投薬されたラットから集められた胆汁で識別された即ち: S-の(3 (S'アリルS'oxomercapto) - 2-hydroxyp ropyl)グルタチオン(M1、M2; diastereomers)、S- (2 hydroxypropyl 3 (S'アリルS'dioxomercapto)の) -グルタチオン(M5)、S- (2 (S'アリルS'dioxomercapto)の- 1の(hydroxymethyl)エチル)グルタチオン(M3、M4; diastereomers)、S- (3 (S'allylmercapto 2 hydroxypropyl)の-)グルタチオン(M6)、S- (3 hydroxypropyl) -グルタチオン(M7)、S- (2-carboxyethyl)のグルタチオン(M8)、アリルglutathionylの二硫化物(M9)、およびS-allylglutathione (M10)。 M6を除いて、上のGSHの共役すべてはDASOと扱われたラットの胆汁でM3、M4、M5、M7、M8およびM10だけDASO2と扱われたラットの胆汁で見つけられたが検出された。 実験はGSHがDASOにfoと自発的に反応した、M10を形作るためにDASO2と示されていて生体外で行ないことを。 NADPHおよびGSHの前で、cDNA表現されたラットCYP2E1とのDASの孵化は代謝物質M6、M9およびM10の形成でDASOの孵化はM3、M4、M5、M9およびM10の形成をもたらしたが、起因した。 DASO2が基質として機能したときに、発生するCYP2E1はM3、M4、M5およびM10だけを活用する。 これらの結果はDASおよびDASOが硫黄原子、アリル型カーボンおよび末端の二重結合で広範な酸化を生体内で経る間、ことを、CYP2E1優先的に触媒作用を及ぼすスルフォキシドおよびスルフォンを形作るために硫黄原子の酸化に示す(DASOおよびDASO2)。 但しこの順序、即ち、DASO2の最終生成物が、オレフィンΠ結合の更にCYP2E1仲介された活発化を経る、有効なメカニズムによって基づくP450抑制剤に多くの末端のオレフィンを変形させる反作用ようである。 従って私達はそれがもたらすCYP2E1の自触媒の破壊をDASのchemoprotective効果に生体内で主に責任があり、DASO2のこの最終的な新陳代謝のでき事であること仮定する。



中年の人口の自然な治療の使用法そしてユーザー: 人口統計学および心理社会的な特徴。 マルメの食事療法および蟹座からの結果は調査する

Pharmacoepidemiologyおよび薬剤の安全(イギリス)、1996年、5/5 (303-314)

背景、多量のお金は自然な治療(NRs)に-スウェーデンで…この部門のほとんどのプロダクトが効力および副作用の科学的なドキュメンテーションに欠けているその事実にもかかわらず、毎年使われる。 自然な治療の使用法そしてユーザーは明示されていない。 このペーパーは南スウェーデンの都市で自然な治療の使用が心理社会的なストレッサーに対処のための作戦であることNRの使用およびNRのユーザーを記述し、仮説をテストする。 方法-調査のグループは6545人の人および女性から、45-65年マルメの食事療法および蟹座の調査に1991年および1992の間に加わった老化させて、大規模な将来のグループ調査成っていた。 自然な治療の消費のデータは食餌療法の査定の一部として7つの連続した日の間に、記録された。 各関係者はまた社会的なネットワーク、社会的なサポート、仕事の緊張および全体的な制御のような教育、仕事の歴史、アルコールおよびたばこを吸う習慣、感知された健康および心理社会的な要因カバーするアンケートを完了した。 ボディ構成はまた測定された。 結果- NRの消費の流行は女性間の26%および人間の17%だった。 NRの使用は冬およびばねの間に共通だった。 最も普及したプロダクトは朝鮮人参、ニンニクおよびさまざまなハーブおよび植物のエキスだった。 NRの使用法の重要な決定要因は女性間の低い体重の脂肪質のパーセントそして高いアルコール消費のような高等教育、スウェーデンの起源および生活様式の要因だった。 他の決定要因は人間でより高い年齢そして禁煙だった。 心理社会的な要因のどれもNRの消費の流行に影響を及ぼさなかったようである。 結論- NRの消費の流行は年の性、人口統計学の要因、季節、および生活様式によって影響を及ぼされる。 NRsの使用は心理社会的な圧力に対処のための共通の作戦ではないことをようではない。



コレステロールの胆汁酸そしてステロールのある酵素そして糞便の排泄物に対するAlium sativum Linnおよびgugulipidから隔離されたSアリル システインのスルフォキシドの効果はラットに与えた

実験生物学(インド))のインド ジャーナル、1995年、33/10 (749-751)

ニンニクから、sativum A.隔離されるSアリル システインのスルフォキシドはコレステロールの食事療法によって与えられるラットの酵素活性の制御の高脂血症、肥満および撹乱のgugulipid活動的な多かれ少なかれである。 薬剤の有利な効果はステロールおよび胆汁酸の血しょうレシチン コレステロールのアシル トランスフェラーゼのlipolytic酵素そして糞便の排泄物に対するstimulatory効果がトランスアミナーセ、アルカリ ホスファターゼ、lipogenic酵素およびHMG CoAの還元酵素および部分的に原因でに対する抑制的な効果が部分的に原因である。



コレステロールの食事療法のAlium sativum Linnそしてgugulipidから隔離されたSアリル システインのsulphoxideのAntiperoxideの効果はラットに与えた

実験生物学(インド))のインド ジャーナル、1995年、33/5 (337-341)

食事療法を含んでいるコレステロールはかなりレバーの体重、ラットのまた重量および脂肪組織をだけでなく、増加した。 これは減らされたグルタチオンのレベルの血の脂質の顕著な増加と一緒に、atherogenic索引および脂質の過酸化反応および重要な減少、ティッシュのスーパーオキシドのディスムターゼおよびカタラーゼの活動伴われる。 Sアリル システインのsulphoxideとの処置はgugulipidほとんど効果的にコレステロールの食事療法の有害な効果をかなりそして逆転させる。



癌防止の食糧修正の潜在性

蟹座RES。 (米国)、1994年、54/7のSUPPL。 (1957s-1959s)

この提示は一般群衆のchemopreventionの作戦を実行するために論理上適用できる研究に焦点を合わせる。 概念は農業方法または食品加工の技術による知られていたanticarcinogensが付いている高める食糧の前提に基づいている。 私達の仕事の2つの区域は記述されている: (a)セレニウムの受精と耕されるニンニクおよび(b)活用されたリノール酸の食糧最高。 セレニウムおよび活用されたリノール酸は両方動物の腫瘍モデルの強力なchemopreventive代理店である。 食糧システムを通したこれら二つの特定の混合物を渡すことの理論的根拠は開発される。 予備の調査はラットのsuの発癌物質誘発の乳房癌である。 最後に、chemopreventive作戦の一部として一般群衆にanticarcinogensを提供するのに食糧を使用する利点はまた論議される。



ニンニクからのorganosulfideの新しい反発癌性の活動: H-rasのdiallylの二硫化物によるがん遺伝子によって変形させる腫瘍の成長の阻止は生体内でp21 (H-ras)処理の阻止と関連付けられる

生化学的な、生物物理学の研究コミュニケーション(米国)、1996年、225/2 (660-665)

この調査では、私達はニンニク報告する、diallylの二硫化物(お父さん)からのorganosulfurの混合物の新しいanticarcinogenic活動を。 お父さんの処置はかなり裸のマウスのH-rasのがん遺伝子によって変形させた腫瘍の成長を禁じた。 制御と比べて、腫瘍の出現はまたお父さんの経口投与によって著しく遅らせられた。 お父さんの処置による腫瘍の成長の阻止は腫瘍のティッシュのp21 (H-ras)膜連合の阻止に関連した。 膜関連p21 (H-ras)のレベルは制御と比べて3月だった。 しかし反対の傾向はゾル性細胞質p21 (H-ras)のために明白だった。 なお、お父さんの処置は肝臓、またtumoral 3ヒドロキシ3 methylglutaryl補酵素Aの還元酵素の活動の重要な阻止で起因した。 これらの結果はお父さんがtumoral p21 (H-ras)ことをの膜連合の禁止によって裸のマウスのH-rasのがん遺伝子によって変形させる腫瘍の成長を抑制することを示す。



Organosulfur混合物および癌

実験薬および生物学(米国)の前進、1996年、401/- (147-154)

organosulfurの混合物が癌の誘導そして成長を禁じることができる証拠がある。 複数のorganosulfurの混合物は食餌療法の要素であり、葱類種はそのような分子の豊富な源である。 ニンニクの消費が癌の発生を減らすことができることをある人々しかしすべての疫学の研究が提案しなかった。 diallylの硫化を含むニンニクの要素が実験動物の癌の誘導を禁じることができるという実質的証拠がある。 腫瘍の両方開始および昇進に対する効果は文書化された。 ある効果は酵素を新陳代謝させる段階Iおよび段階IIの薬剤の変えられた比率を含む発癌物質の新陳代謝の調節によって仲介されるかもしれない。 腫瘍の細胞の成長の抑制的な行為は文書化され、ある腫瘍の細胞のために、diallylの硫化の効果を区別することは起こることができる。 行為の限定的なメカニズムは確立されないし、証拠は腫瘍の成長の発癌物質の新陳代謝そして規則の複数の場所に効果のためにある。 実験室調査がニンニクまたは他の葱類種の人間によって消費の適度なレベルに外挿法で推定することができることは明確常にではない。



ラットのニンニクのorganosulfurの混合物による肝臓のチトクロームP-450の活動の調節

栄養物および蟹座(米国)、1996年、25/3 (241-248)

ニンニクのorganosulfurの混合物は化学発癌物質の管理の後で齧歯動物の複数の器官の場所でチトクロームによってP 450仲介される酸化新陳代謝によって発癌物質の活発化の禁止によってchemopreventive効果を、多分出す。 ニンニクの硫黄化合物による腫瘍の阻止の潜在的能力の可変性がアリルおよび硫黄のグループの数のような構造相違が原因、であることが提案された。 この調査では、diallylの硫化(DAS)、diallylの二硫化物(お父さん)、およびアリル メチルの硫化(AMS)は綿実オイルの1.75 mmol/kgの線量の胃のgavageによって成人男子のSprague-Dawleyのアセトン扱われたラットに管理された。 15時間後で、肝臓のmicrosomalチトクロームP-450の活動および内容は検査された。 pニトロフェノール(pNP)のヒドロキシラーゼ(E.C 1.14.13.29)の活動はすべてのニンニクの混合物によってかなりbenzphetamine N-demethylaseおよびethoxyresorufinのO-deethylaseの活動が変わらなかった一方、減った。 pNPのヒドロキシラーゼの活動は制御活動の31%、54%、および65%に減り、immunodetectable CYP2E1蛋白質のレベルはDAS、お父さんおよびAMSによって、それぞれ同じような方法で減らされた。 付加的なアセトン扱われたラットは4メチルのピラゾール、CYP2E1のための配位子の細目、腹腔内にニンニクの混合物の管理の後の5時間を与えられた。 後で10時間、pNPのヒドロキシラーゼの活動は管理水準の73%、78%、およびDAS、お父さんおよびAMSによって67%に、それぞれ減らされた。 それ以上の調査は必要CYP2E1酵素活性の阻止の可変的な潜在的能力がニンニクの硫黄化合物のchemopreventive効力と関連しているかどうか定めるためにである。



MNNG誘発の実験胃の癌腫および前癌性の損害で観察されるTch、LDLおよびHDLの血清の内容に対するニンニクの効果

臨床腫瘍学(中国)の中国ジャーナル、1996年、23/2 (130-133)

血清の合計のコレステロール(Tch)の低密度の脂蛋白質(LDL)およびNメチルN'ニトロN NITROSOGUANIDINEによって引き起こされた胃の癌腫および前癌性の損害に耐えているWistarのラットの高密度脂蛋白質(HDL)のレベルに対するニンニクの効果は(MNNG)調査された。 結果はその実験胃のcarcinomayper-HDL-のemiaを示したかどれが相違が重要だったことMNNGのグループ(MG)のラットが血清HDLの点では正常な制御グループ(NG)のそれらより低レベルを示した、および、事実ことを示した。 防止のグループ(ページ)とNGの処置のグループ(TG)間の比較は、そこに重要な相違ではなかった。 ページおよびTGのラットは血清TchおよびLDLのページおよびMGのグループ間の(P < 0.01)、しかしないページおよびMGのグループ間の相違のレベルのMGより高かった。 これはニンニクがMNNG誘発の実験胃の癌腫および前癌性の損害に対する抑制的な、逆の効果をもたらすことを提案した。



ニンニクおよび準のアリル硫黄の部品はNメチルN NITROSOUREAの引き起こされたラットの乳房の発癌を禁じる

州立大学、Un02/1-2 (199-204)

私達の前の調査は食餌療法のニンニクの粉の補足がレバーおよび乳房のティッシュのNニトロサミンによって引き起こされるDNAのアルキル化を禁じることを示した。 現在の調査はニンニクの粉とNメチルN NITROSOUREAによって引き起こされた乳房のtumorigenesisの発生の食餌療法の補足の影響をか2つのニンニクの要素、水溶性のSアリル システイン(嚢)およびオイル溶けるdiallylの二硫化物(お父さん)、比較した(MNU)。 Sprague-Dawleyのメスのラットはニンニクの粉(20のg/kg)、嚢(57 micromol/kg)またはMNU (15のmg/kgの体重)の処置前の2週間お父さん(57 micromol/kg)の補足の有無にかかわらず半浄化されたカゼインによって基づいた食事療法に与えられた。 ニンニクの粉、嚢およびお父さんの補足はかなりunsupplemented食事療法を受け取っているラットと比較された乳房の腫瘍の手始めを遅らせた。 MNUの処置が76減った23週後腫瘍の発生、ラットの41および53%は制御と比較されたニンニク、嚢およびお父さんに、それぞれ与えた(P < 0.05)。 総腫瘍数はこれらの補足によって81、35および65%、それぞれ減った(P < 0.05)。 別の調査MNUの処置がニンニク、嚢またはお父さんに与えられたラットで減った後量の乳房DNAのアルキル化起こる3 h (P < 0.05)。 具体的には、O6-methylguanineのアダクトは27、18減り、ラットの23%は制御と比較された補足のニンニク、嚢およびお父さんに、それぞれ与えた。 N7-Methylguanineのアダクトは48、22減り、21%はそれぞれ、ラットと比較されて制御食事療法に与えた。 これらの調査はニンニクおよび準のアリル硫黄の部品の嚢およびお父さんが、MNU誘発の乳房の発癌の有効な抑制剤であることを示す。

イメージ