ECHINACEA



目録
イメージ 自然なキラーに対するechinaceaの生体外の効果および朝鮮人参および健常者の抗体依存した細胞の細胞毒性および慢性の疲労シンドロームまたは得られた免疫不全シンドロームの患者。
イメージ 異なったEchinaceaの種類の根のエキスの免疫の調整の特性
イメージ Echinaceaのangustifoliaからの原油のエキスのantihyaluronidaseの活動のcaffeoylのエステルの直接性格描写は速い原子の衝突のタンデム質量分析によって定着する
イメージ Echinaceaのangustifoliaの一部分の炎症抑制の活動は分子量に基づいて分かれた
イメージ [Echinaceaのgloriosa L.、Echinaceaのangustifolia DCの根のエタノール水エキスのImmunomodulating活動。 そしてC57BL6 inbredマウスの免疫組織でテストされるルドベキアのspeciosa Wenderoth]

棒



自然なキラーに対するechinaceaの生体外の効果および朝鮮人参および健常者の抗体依存した細胞の細胞毒性および慢性の疲労シンドロームまたは得られた免疫不全シンドロームの患者。

Immunopharmacology (1997年、35 (3)ネザーランド) p229-35 1月

EchinaceaのpurpureaおよびPanaxの朝鮮人参のエキスは慢性の疲労シンドロームまたは得られた免疫不全シンドロームの正常な個人そして患者からの周辺血の単核の細胞(PBMC)によって細胞免疫機能を刺激する彼らの容量のために評価された。 Ficoll-hypaqueの密度勾配で隔離されたPBMCは存在でテストされたまたは自然なキラー(NK)細胞の活動のための各エキスのさまざまな集中の不在は対人間のherpesvirus 6に対するK562細胞そして抗体依存した細胞細胞毒性(ADCC) H9細胞を感染させた。 集中のechinaceaそして朝鮮人参は両方、>または= 0.1か10 micrograms/kg、それぞれ、かなりすべてのグループのNK機能を高めた。 同様に、どちらかのハーブの付加はすべての従がうグループからかなりPBMCのADCCを増加した。 従って、EchinaceaのpurpureaおよびPanaxの朝鮮人参のエキスは落ち込んだ細胞免除の正常な個人そして患者からの両方PBMCの細胞免疫機能を高める。



異なったEchinaceaの種類の根のエキスの免疫の調整の特性

Zeitschriftの毛皮Phytotherapie (ドイツ)、1995年16/3 (157-162+165-166)

Echinaceaのpurpurea (L.)からの浄化された根のエキス MOENCH.、Echinaceaのangustifolia D.CおよびEchinaceaのpallida (NUTT。) NUTT. 異なった免疫学およびvirological試験制度の明らかにされた生物活動。 3つの植物はすべて免疫グロブリンIgMとある特定のcytokinesのミトゲン刺激、生産のような免疫学変数の別の活動を、表わした。 抗ウィルス性の活動は対単純ヘルペス ウイルス(HSV-1)およびインフルエンザ ウイルス(A2)観察された。 またインターフェロンのアルファの刺激、ベータ生産によって間接抗ウィルス性の効果を示されているエキスの調査中。



Echinaceaのangustifoliaからの原油のエキスのantihyaluronidaseの活動のcaffeoylのエステルの直接性格描写は速い原子の衝突のタンデム質量分析によって定着する

FARMACO (イタリア)、1993年、48/10 (1447-1461)

速い原子の衝突(FAB-MS)および速い原子の衝突のタンデム質量分析(FAB-NS/MS)はエキスが慢性の炎症性病気のアジェバント療法のために広く用いられるEchinaceaのangustifoliaの根の反ヒアルウロニダーゼの活動に責任がある要素の同一証明を技術(否定的なイオン)首尾よく適用された。 異なった溶媒からの粗野なエキスはantihyaluronidaseの活動のためにテストされ、最も大きく抑制的な行為(ethylacetate、butylacetateおよびクロロホルムの一部分、IC50 0.44、0.50 e 0.62 mg/ml)とのそれらは氏によって直接分析された。 完全なスキャン マス スペクトルは強い分子陰イオンを作り出した: これらマス スペクトルのcollisional活発化は重要なプロダクト イオンで豊富な連携して生じた。 4つの本管のcaffeoylの共役はタンデム質量分析によって検出され、識別された(娘および親イオン モード): 2,3 - O-dicaffeoyltartaricの酸(chicoric酸)および5-O-dicaffeoylquinic酸(cynarine)およびethylacetateの一部分の2-O-caffeoyltartaric酸(caffaric酸)。 これらのcaffeoylの共役の間で、chicoricおよびcaftaric酸に最も大きいantihyaluronidaseの活動があった: cynarineおよびchlorogenic酸のIC50は.85そして2.25 mMだったが、IC50 = 0.42そして0.61 mM。



Echinaceaのangustifoliaの一部分の炎症抑制の活動は分子量に基づいて分かれた

PHARMACOL. RES. COMMUN. (イギリス)、1988年、20/SUPPL。 5 (87-90)

Echinaceaのangustifoliaの根から得られた分子量に基づいて水様のエキスの5つの一部分は分かれていた。 一部分の項目炎症抑制の活動はCrotonオイルの耳テストを使用してマウスで評価された。 30,000と100,000間の分子量が付いている一部分は浮腫の禁止の活発だった; それはまた炎症性細胞の浸潤を減らした。 この一部分の活動は差動容解性によってE.のangustifoliaの根から得られた未加工polysaccharidicエキスのそれと対等だった。 従って高分子量の多糖類は植物の炎症抑制の原則として提案される。



[Echinaceaのgloriosa L.、Echinaceaのangustifolia DCの根のエタノール水エキスのImmunomodulating活動。 そしてC57BL6 inbredマウスの免疫組織でテストされるルドベキアのspeciosa Wenderoth]

Ceskの農場(チェコ共和国) 1993年8月

根のEchinaceaのgloriosa L. (Moench)からのethanolicエキス、Echinaceaのangustifolia DC。 そしてルドベキアのspeciosa Wenderothはimmunomodulating活動を示す。 それは5日のマウスの生体内の処置後の第7日に見られた。 腹膜の大食細胞のlysosomalおよびperoxidal活動、およびsplenic細胞に対するマーク付きのimmunostimulatory効果はR.のspeciosa Wenderothの根のethanolic xtractとの生体内の処置の後で観察された。

イメージ