DHEA (DEHYDROEPIANDROSTERONE)

目録に戻るためにここにかちりと鳴らしなさい

棒


項目DHEAは腫瘍を禁じる

Pashko LL Rovito RJウィリアムス ジュニアのSobel ELのSchwartz AG、Carcinogenesis (4月1984日) 5(4): 463-6

副腎のステロイドの長期経口投与、dehydroepiandrosterone (DHEA)は、前にさまざまなマウスの緊張の自発の乳癌そして化学的に引き起こされた肺およびコロンの腫瘍の開発を禁じるために示されてしまった。 DHEAの項目適用はこれらの腫瘍の7,12-dimethylbenz両方[a]アントラセン開始そして12-O- tetradecanoylphorbol 13アセテートの昇進を禁じる。 総合的なステロイドは、DHEAとは違って、ラットで明白にestrogenicではないまた3ベータmethylandrost 5 en17 1 papillomaの開発を禁じる。



DHEAおよび熱皮の傷害

AraneoのBAのRyu SYバートンS DaynesのRA、J Surg Res (8月1995日) 59(2): 250-62

熱傷害に続くステロイド ホルモンのdehydroepiandrosterone (DHEA)のpostburnの管理によって皮の進歩的な虚血そして壊死は減らされる。 熱的に傷つけられた動物はDHEAのsubcutaneous注入、か燃焼の後でステロイド ホルモンの関連種を、何度も与えられた。 沸騰の焼跡の管理に続く96 hrの間にティッシュの壊死は厳密に監視された。 およそ1つのmg/kg/日のDHEAのSubcutaneous管理は進歩的な皮膚虚血の開発に対して最適の保護を達成した。 DHEA、17アルファ ヒドロキシpregnenolone、16アルファbromo DHEAおよびandrostenediolはそれぞれ、保護の同じようなレベル示した。 ステロイドの他の形態は、DHEAの硫酸塩を含んで、アンドロステンジオン、テストされた条件の下で17、またはdihydrotestosteroneベータestradiol、保護効果を表わさなかった。 さらに、DHEAの介在療法は治療上の利点のマーク付きの減少なしで焼跡の後で4までhr、6 hr、始めることができない。 熱的に傷つけられた背面の皮のmicrovasculatureの検査はDHEAのそのpostburnの介在を、直接的または間接的に、維持した焼跡露出されたティッシュ内の皮膚毛管そして細静脈のほとんどの正常な建築を提案した。 これらの調査結果はDHEAまたは同じような代理のステロイド ホルモンを持つ焼跡の患者の全身の介在療法が進歩的な虚血ことをによって引き起こされる進歩的なティッシュの破壊を防ぐことに有用かもしれないことを提案する。



DHEAの高い生物学的利用能

Labrie C Flamand M Belanger Labrie F、J Endocrinol (9月1996日) 150のSuppl: S107-18

ラットの背面の皮に毎日二度7日間適用によってpercutaneously管理されるDehydroepiandrosterone (DHEA)はsubcutaneous注入によって与えられる混合物の潜在的能力およそ3分の1のの腹部の前立腺の重量の増加を刺激する。 orchiectomyの抑制的な効果の50%の逆転を達成するために必要な線量はそれぞれおよそ3そして1 mgである。 口頭ルートによって、一方では。 DHEAにpercutaneously与えられる混合物の活動の10-15%だけがある。 percutaneousおよび口頭ルートによるDHEAの潜在的能力がおよそ33およびそれぞれ3%であると100%としてsubcutaneousルートによって得られる生物学的利用能を取って推定されている。 活動の同じような比率は背面の前立腺および精嚢の重量がandrogenic活動の変数として使用されたときに得られた。 エストロゲンに敏感な変数、ovariectomizedラットの即ち子宮の重量で検査されたとき、DHEAのstimulatory効果はオス動物で測定されたandrogenic活動DHEAの3つそして30のmgの線量で観察されるそれぞれsubcutaneousおよびpercutaneousルートによって子宮の重量に対するovariectomyの抑制的な効果の50%の逆転が管理したより大いにより少なく有効だった。 子宮の重量で測定されたとき、percutaneous DHEAはこうしてsubcutaneousルートによって比較される10%の潜在的能力を示す。 DHEA (DHEA-S)の硫酸塩は、一方では、subcutaneousまたはpercutaneous管理の後で腹部の前立腺の重量の増加でとDHEA有効なおよそ50%だった。 背面の前立腺および精嚢の重量に対する効果が測定されたときに、percutaneous DHEA-SにDHEAの活動の10-25%があった。 DHEAはovariectomized動物の血清LHのレベル、antiandrogenのflutamideの処置によって完全に逆転した効果を減らした。 従って一方では、flutamideはDHEAによって引き起こされた子宮の重量の増加に対する重要な効果をもたらし子宮のレベルでDHEAの優勢なestrogenic効果およびLHの分泌のフィードバック制御に対するestrogenic効果を提案する。 現在のデータはラットで十分特徴付けられた周辺ターゲットintracrimeのティッシュでandrogenicおよび/またはestrogenic生物活動によって測定されるようにpercutaneous DHEAの比較的高い生物学的利用能を示す。



より古い人間のdioscoreaそしてdehydroepiandrosterone (DHEA)の酸化防止活動

Araghiniknam M; チョンS; ネルソン白のT; Eskelson C; ワトソンRR
アリゾナの防止の中心、の、チューソン、85724、米国医科大学院アリゾナ州立大学
生命Sci (イギリス) 1996年、59 (11) pPL147-57、

Dioscoreaは商業ステロイドの統合で使用され、人々が消費するヤマイモのステロイドのエキスである。 DHEAは知られていた活動なしに年齢と低下する、であるステロイド。 この調査はdioscoreaの補足が人間の血清のdehydroepiandrosteroneの硫酸塩(DHEAS)を増加し、高齢者達の脂質レベルを調整できるかどうか定めるように設計されていた。 主題は老化した指定ボランティア65-82年だった。 血清DHEASのレベル、脂質の過酸化反応および脂質のプロフィールは査定された。 dioscoreaの補足の3週に血清DHEASのレベルの影響がなかった。 但し85のmg /dayのDHEAの取入口は血清DHEAのレベル100.3%を増加した。 DHEAおよびdioscoreaはかなり血清の脂質の過酸化反応を減らし、血清トリグリセリド、リン脂質を下げ、そしてHDLのレベルを増加した。 DHEAにおよびステロイドのヤマイモのエキス両方、dioscoreaに血清の脂質レベルを変更する酸化防止剤として、重要な活動がある。



老化の人および女性潜在性の治療用効果のDHEAの取り替え

円SS; AJモラレス; Khorram O
生殖薬、サンディエゴ、La Jolla 92093、米国カリフォルニア大学の部門
アンN Y Acad Sci (米国) 1995年12月29日、774 p128-42、

適切な取り替えの線量のDHEAは同化成長因子、増加筋肉強さおよび細いボディ固まりを引き起こし、免疫機能を活動化させ、重要な悪影響無しで老化の人および女性の生活環境基準を、高める機能に関して治療用効果をもたらすようである。 それ以上の調査は必要私達の現在の結果、特に性による違いを確認し、拡張するためにである



年齢の前進の人そして女性のdehydroepiandrosteroneの取り替えの線量の効果

AJモラレス; Nolan JJ; ネルソンJC; 円SS
生殖薬、La Jolla 92093医科大学院カリフォルニア大学の部門
J Clin Endocrinol Metab (米国) 1994年、78 (6) p1360-7 6月、

人間で老化することは副腎の男性ホルモンのdehydroepiandrosterone (DHEA)およびGHインシュリンそっくりの成長の要因私(GH-IGF-I)軸線のそれを平行にするDHEAの硫酸塩(DS)の分泌の進歩的な低下と一緒に伴われる。 GH-IGF-Iのシステムおよび異化の低下の機能的関係が確認されるが、人間の老化に於いてのDHEAの生物的役割は未定義に残る。 DHEAの低下がanabolismからの異化に転位に貢献するかもしれない仮説をテストするためには老化と、私達調査した13人および17人の女性、年齢の40-70 yrのDHEAの取り替えの線量の効果を関連付けた。 6ヶ月の持続期間の毎夜の口頭DHEAの管理(50 mg)のランダム化された偽薬制御のクロスオーバー試験は行なわれた。 毎処置の期間の間に、男性ホルモンの集中、脂質、apolipoproteins、IGF-I、IGF結合蛋白質1 (IGFBP-1)、IGFBP-3、インシュリンの感受性、体脂肪パーセント、福利のリビドーおよび感覚は測定された。 人の小群(n = 8)および女性(nはGHの決定のための20分間隔で= 5) 24-h見本抽出を経た。 DHEAおよびDSの血清のレベルはDHEAの取り替えの2週以内の若い大人で見つけられたそれらに元通りになり、調査の3か月中支えられた。 男性ホルモン(アンドロステンジオン、テストステロンおよび小さい上昇だけの女性のアンドロステンジオンの人のdihydrotestosterone)の血清のレベルの2折目の増加は、観察された。 どちらの性でも性のホルモン結合のグロブリン、estrone、またはestradiolの循環のレベルに変更がなかった。 高密度脂蛋白質のレベルはどちらかの性のために注意された他の脂質の変更無しで女性で、わずかに低下した。 インシュリンの感受性および体脂肪パーセントは不変だった。 中間24-hのGHおよびIGFBP-3レベルが不変だったが、ターゲット ティッシュにかなり増加し、IGF-Iの高められた生物学的利用能を提案するかなり減った血清IGF-Iのレベルは、およびIGFBP-1両方の性のために。 これは人(67%)のための感知された物理的な、心理的な福利の驚くべき増加とおよび女性(84%)およびリビドーの変更両方関連付けられなかった。 結論として、前進年齢の人そして女性の若い大人のレベルへDHEAおよびDSを元通りにすることはIGF-Iの増加およびIGFBP-1レベルの減少によって反映されるようにIGF-Iの生物学的利用能の増加を、引き起こした。 両方の性の物理的な、心理的な福利および副作用の不在の改善とともにこれらの観察は年齢高度の人および女性のDHEAの取り替えの新しい効果の最初のデモンストレーションを構成する。



重量に対するDHEAの効果

Coleman DL Schwizer RW Leiter EH
Diabetes (1月1984日) 33(1): 26-32

Dehydroepiandrosterone (DHEA)は遺伝的に糖尿病性の(db/db)または肥満の(ob/ob) C57BL/KsJ (BL/Ks)またはC57BL/6Jへの食事療法の0.1-0.4%で与えられた(BL/6)マウス。 0.4% DHEAのBL/Ks-db/dbまたはob/obのマウスの処置はhyperglycemia、小島の萎縮およびこのinbred背景と関連付けられた厳しい糖尿病を防いだが体重増加および食糧消費に影響を与えなかった。 BL/6背景のHomozygous肥満の(ob)または糖尿病(db)のマウスはDHEAにより敏感であり、obと関連付けられた穏やかで、一時的なhyperglycemiaかBL/6 inbred背景のdbの遺伝子発現は0.1% DHEAによって防ぐことができる。 この効果が0.4% DHEAまで与えられたBL/Ksの突然変異体で見られなかった一方両方体重および食糧消費は0.1% DHEAで維持されたBL/6突然変異体で減った。 年齢の2週に始められ、ほとんどの糖尿病の徴候の開発防がれ、そしてすべての遺伝子型の子犬の体重増加の率減る0.4% DHEAの早い療法。 両方の肥満の突然変異体に対する治療上の効果に加えて、DHEAは正常なBL/6女性マウスを使用して老化の調査の重要な変更をもたらした。 2年齢に始められたDHEAの処置の4週はブドウ糖の許容を改善し、「より若い」水平のに同時に血しょうインシュリンを減らした。 これはインシュリンことをに感受性を高めるためにDHEAがインシュリン抵抗力がある突然変異体のマウスと正常なマウスを老化させることで機能するかもしれないことを提案する。



DHEAの反肥満の特性

Coleman DL
Prog Clin Biol Res (1988年) 265:161-75

0.4%で、および0.1%で与えられた代謝物質与えられた、Dehydroepiandrosterone (DHEA) 3アルファhydroxyetiocholanolone (アルファと)および3ベータhydroxyetiocholanoloneは(ベータと)単一の遺伝子の肥満の突然変異(糖尿病、dbの突然変異体のマウスの反hyperglycemicおよび反肥満の特性を示した; のob肥満; 実行可能な黄色、Avy)。 治療上の効果は突然変異が維持されたinbred背景、また突然変異によって異なった。 これらのステロイドはhyperglycemiaだけが防がれた、hyperglycemiaの手始めを防ぎ、C57BL/6J-db/dbおよびob/obのマウスの体重増加の率を、一方C57BL/KsJ- db/dbのマウスで減らした。 もっとゆっくり成長の肥満の状態を表わす(Avyの)実行可能で黄色い突然変異体は減らされた血しょうインシュリンの集中と関連付けられた体重増加の率のマーク付きの減少を用いるすべてのステロイドに答えた。 ほとんどのマウスの突然変異体のステロイドの処置は正常なか高められた滋養分、新陳代謝の効率の減少を提案する特徴と関連付けられた。 役に立たない周期のステロイドの刺激によって位置エネルギーの消耗を査定するためには私達はステロイドによって扱われた常態および突然変異体のマウスのlipogenesis、ぶどう糖新生および酸素の消費の率を見た。 処置によって常態に肥満の突然変異体で一貫して減ったぶどう糖新生の率の可能な例外を除いて、新陳代謝の変更は新陳代謝の効率のマーク付きの減少を説明する十分な大きさではなかった。 すべての処置はインシュリンの行為を増強した。 このpotentiationは新陳代謝の効率の大きい減少を作り出すために多くの新陳代謝の細道の率の小変更が相互に作用するかもしれないことそのような物ホルモン性のバランスを変えるかもしれない。



DHEAおよび脂質

Bednarek-Tupikowska G Milewicz Kossowska B Bohdanowicz-Pawlak Sciborski R
Gynecol Endocrinol (3月1995日) 9(1): 23-8

著者はatherogenic食事療法の与えられたオスのウサギの血清の脂質、性ホルモンおよびインシュリンのレベルのdehydroepiandrosterone (DHEA)の管理の影響、潜在的なantiatherogenic代理店を、推定した。 彼らは(1) DHEAの管理は血清の脂質のプロフィールの好ましくない影響があることを結論を出した; (2) atherogenic食事療法によりインシュリン抵抗性を引き起こす; (3)ブドウ糖およびインシュリンのレベルは普通与えられたウサギとhyperlipoproteinemiaのウサギのDHEAと関連していない; (4) atherogenic食事療法によりestradiolの集中のわずかな増加を引き起こす; (5) DHEAの処置は両方の普通与えられたウサギおよびそれらでatherogenic食事療法に対するテストステロンおよびestradiolの集中に対する重要な効果をもたらさない; (6) DHEAの管理は反肥満の効果をもたらす。


重量に対するDHEAの効果

Coleman DL Schwizer RW Leiter EH Diabetes (1月1984日) 33(1): 26-32

Dehydroepiandrosterone (DHEA)は遺伝的に糖尿病性の(db/db)または肥満の(ob/ob) C57BL/KsJ (BL/Ks)またはC57BL/6Jへの食事療法の0.1-0.4%で与えられた(BL/6)マウス。 0.4% DHEAのBL/Ks-db/dbまたはob/obのマウスの処置はhyperglycemia、小島の萎縮およびこのinbred背景と関連付けられた厳しい糖尿病を防いだが体重増加および食糧消費に影響を与えなかった。 BL/6背景のHomozygous肥満の(ob)または糖尿病(db)のマウスはDHEAにより敏感であり、obと関連付けられた穏やかで、一時的なhyperglycemiaかBL/6 inbred背景のdbの遺伝子発現は0.1% DHEAによって防ぐことができる。 この効果が0.4% DHEAまで与えられたBL/Ksの突然変異体で見られなかった一方両方体重および食糧消費は0.1% DHEAで維持されたBL/6突然変異体で減った。 年齢の2週に始められ、ほとんどの糖尿病の徴候の開発防がれ、そしてすべての遺伝子型の子犬の体重増加の率減る0.4% DHEAの早い療法。 両方の肥満の突然変異体に対する治療上の効果に加えて、DHEAは正常なBL/6女性マウスを使用して老化の調査の重要な変更をもたらした。 2年齢に始められたDHEAの処置の4週はブドウ糖の許容を改善し、「より若い」水平のに同時に血しょうインシュリンを減らした。 これはインシュリンことをに感受性を高めるためにDHEAがインシュリン抵抗力がある突然変異体のマウスと正常なマウスを老化させることで機能するかもしれないことを提案する。



DHEAの反肥満の特性

Coleman DL

Prog Clin Biol Res (1988年) 265:161-75

0.4%で、および0.1%で与えられた代謝物質与えられた、Dehydroepiandrosterone (DHEA) 3アルファhydroxyetiocholanolone (アルファと)および3ベータhydroxyetiocholanoloneは(ベータと)単一の遺伝子の肥満の突然変異(糖尿病、dbの突然変異体のマウスの反hyperglycemicおよび反肥満の特性を示した; のob肥満; 実行可能な黄色、Avy)。 治療上の効果は突然変異が維持されたinbred背景、また突然変異によって異なった。 これらのステロイドはhyperglycemiaだけが防がれた、hyperglycemiaの手始めを防ぎ、C57BL/6J-db/dbおよびob/obのマウスの体重増加の率を、一方C57BL/KsJ- db/dbのマウスで減らした。 もっとゆっくり成長の肥満の状態を表わす(Avyの)実行可能で黄色い突然変異体は減らされた血しょうインシュリンの集中と関連付けられた体重増加の率のマーク付きの減少を用いるすべてのステロイドに答えた。 ほとんどのマウスの突然変異体のステロイドの処置は正常なか高められた滋養分、新陳代謝の効率の減少を提案する特徴と関連付けられた。 役に立たない周期のステロイドの刺激によって位置エネルギーの消耗を査定するためには私達はステロイドによって扱われた常態および突然変異体のマウスのlipogenesis、ぶどう糖新生および酸素の消費の率を見た。 処置によって常態に肥満の突然変異体で一貫して減ったぶどう糖新生の率の可能な例外を除いて、新陳代謝の変更は新陳代謝の効率のマーク付きの減少を説明する十分な大きさではなかった。 すべての処置はインシュリンの行為を増強した。 このpotentiationは新陳代謝の効率の大きい減少を作り出すために多くの新陳代謝の細道の率の小変更が相互に作用するかもしれないことそのような物ホルモン性のバランスを変えるかもしれない。



DHEAおよび脂質

Bednarek-Tupikowska G Milewicz Kossowska B Bohdanowicz-Pawlak Sciborski R

Gynecol Endocrinol (3月1995日) 9(1): 23-8

著者はatherogenic食事療法の与えられたオスのウサギの血清の脂質、性ホルモンおよびインシュリンのレベルのdehydroepiandrosterone (DHEA)の管理の影響、潜在的なantiatherogenic代理店を、推定した。 彼らは(1) DHEAの管理は血清の脂質のプロフィールの好ましくない影響があることを結論を出した; (2) atherogenic食事療法によりインシュリン抵抗性を引き起こす; (3)ブドウ糖およびインシュリンのレベルは普通与えられたウサギとhyperlipoproteinemiaのウサギのDHEAと関連していない; (4) atherogenic食事療法によりestradiolの集中のわずかな増加を引き起こす; (5) DHEAの処置は両方の普通与えられたウサギおよびそれらでatherogenic食事療法に対するテストステロンおよびestradiolの集中に対する重要な効果をもたらさない; (6) DHEAの管理は反肥満の効果をもたらす。



DHEAの補足は筋肉固まりに影響を与えるか。

Investigational薬剤(イギリス)の専門家の意見、1996年、5/12 (1725-1728)

DHEA (dehydroepiandrosterone)の生産は人々の増加する年齢とそれらが筋肉固まりを緩めると同時に劇的に低下する。 動物実験はDHEAの取り替えが動物のボディまたは筋肉重量に影響を与えるが示さないし、脂質を減らし、そして老化と高められる酸化をことを減らす。 1つの研究グループは他が高齢者達のDHEAの補足の間に減る間、成長ホルモンが増加することを示した。 但し、人間の筋肉固まりに対するDHEAの効果は明白でない。 DHEAの補足は明白な毒性なしでDHEAのレベルを元通りにする。



男性ホルモンおよび月経閉止期; 40-60歳の女性の調査

臨床内分泌学(イギリス)、1996年、45/5 (577-587

目的: 男性ホルモンの生産の月経閉止期の影響は十分理解されていない。 私達は月経閉止期の影響、また老化する女性40-60年の卵巣および副腎の男性ホルモンのレベルの年齢、体格指数(BMI)および喫煙のような他の要因を、調査した。 設計: 血のホルモンの横断面調査はボランティアの1か月にわたるウィークリーを40-60歳の女性見本抽出した。 主題: 40と60の間で老化する百人そして四十一人の女性コミュニティ源から(非臨床)、ないホルモンの取り替えかステロイドの避妊具を使用して、そして現在の性交渉の相手と募集されて。 50分類された同様にpremenopausal (排卵する)、37および54は後menopausalようにperimenopausalであり。 測定: 次の変数は査定された; menopausal状態(menstrual歴史およびパターンおよび血しょうプロゲステロンに基づく)、年齢、BMI、煙ること、oestradiol (E2)、oestrone (E1)、LH、FSH、総テストステロン(TT)、アンドロステンジオン(a)、SHBG、自由な男性ホルモンの索引(FAI)、dihydroepiandrosterone (DHEA)、dihydroepiandrosteroneの硫酸塩(DHEAS)およびコルチソル。 結果: 結果は多数の回帰分析に基づいている。 TTはA、BMIおよびLHと肯定的に関連していた。 Aは年齢およびFSHと肯定的にDHEA、DHEASおよびpremenopausal状態と否定的に関連していた。 SHBGはBMIと肯定的にE1と否定的におよび禁煙関連していた。 DHEAおよびDHEASは年齢と否定的に関連し、喫煙者でより高かった。 E1およびE2は両方menopausal状態とFSHと関連していた。 意外にも、E2はBMIと否定的に関連していた。 結論: いろいろな要因はこの年齢別グループの男性ホルモンの生産に影響を及ぼす。 男性ホルモンのレベルに対する月経閉止期、栄養物および煙ることを含むいろいろな要因によって調整される後menopausal間質性の細胞のLHの刺激の効果を予測することは困難である一方関連するために本当らしくであって下さい。



慢性関節リウマチのetiopathogenesisの副腎および生殖腺ステロイド ホルモンの不足

リウマチ学(カナダ)のジャーナル、1996年、23/SUPPL。 44 (10-12

慢性関節リウマチ(RA)は環境および遺伝要因が役割を担うmultifactonalの病気である。 データはまた神経内分泌の要因が複雑であることを提案する。 私は簡潔にこの仮説を支える観察を要約する。 RAは年齢性の不均衡の殴打によって特徴付けられる。 女性の病気の発生は月経閉止期のまわりでmenarcheの年齢から最高の発生に着実に増加する。 病気は45未成年人で珍しいが、発生は老人で急速に増加し、女性の発生に近づく。 これらの観察は強く男性ホルモンが主要な抑制の役割を担う、実際、テストステロンのレベルはRAを持つほとんどの人で弱められることを提案し。 機械論的に、多くのデータはテストステロンが細胞およびhumoral免疫反応を抑制することを示す。 Dehydroepiandrosterone (DHEA)、副腎プロダクトは、女性の主要な男性ホルモンである。 その生産は年齢に著しく依存している。 生産ピークは第2そして第3十年にあるが、レベルはその後険しく低下する。 DHEAのレベルはRAを持つ人そして女性両方で低く、このホルモンのレベルが病気の手始めの前に落ち込むかもしれないことを最近のデータは示す。 しかし免疫の病気に於いてのDHEAの役割は論争の的になる。 RAの手始めのmenopausalピークは病気に於いてのエストロゲンやプロゲステロンの不足の演劇の役割を提案し、エストロゲンが細胞免除を抑制するが、示したりhumoral免除を刺激することを多くのデータは、すなわち、不足は細胞(Th1タイプの)免除を促進する。 最近のデータはまた産後の期間に特に母が母乳で育てれば、プロゲステロンがTh2タイプの免疫反応にTh1のためのスイッチを刺激することを、RA成長するか、または頻繁に急に燃え上がる示す。 これは病気の手始めの役割を担う生殖腺ステロイドの不足に再度一貫している。 母乳で育てることは鈍くされたhypothalamicpitu itary副腎機能および上げられたプロラクチンの統合と関連付けられる。 生殖腺および副腎のステロイド ホルモンの不足は、高いプロラクチンと、おそらくRAの病因で重大であると広く信じられるTh1タイプの免除の表現を非常に促進する。 対照によって、RAは副腎皮質ホルモン、エストロゲンおよびプロゲステロンの増加するレベルに平行して妊娠の間に普通、送る。 妊娠はTh1タイプからのTh2タイプへの免疫機能の転位によって特徴付けられる。 pseudopregnancyの状態を発生させる経口避妊薬はまたRAの危険を減らす。 これらのデータは副腎および生殖腺ステロイド ホルモンが開発を抑制することを論争する。 RAの。 複数の調査は副腎皮質ホルモンの生産がRAを持つ患者で不適当に低い示し、慢性の腐食性の関節炎のルイスのラット モデルの観察を思い浮ばせることを。 要約すると、データの成長するボディはRAが副腎および生殖腺ステロイド ホルモンの生産の不足の結果として成長することを示す。 この仮説にはっきり潜在的な臨床含意がある。



postmenopausal女性の老化の循環のステロイドの変更

OBSTET. GYNECOL. (米国)、1981年、57/5 (624-628)

postmenopausal女性のステロイド ホルモンの循環に対する老化の可能な効果を検査するためには、血液サンプルは自発の卵巣の失敗を用いる34から83老化した155人の女性から年、引かれた。 C-21ステロイド、pregnenoloneおよび17-hydroxypregnenolone; Delta4プロゲスチン、プロゲステロンおよび17-hydroxyprogesterone; そしてコルチソルは年齢と変わらなかったし、premenopausal女性の小嚢段階の間に測定されたレベルに集中で類似していた。 Delta4男性ホルモン、アンドロステンジオンおよびテストステロンの変更が注意されなかった一方、Delta5男性ホルモン、dehydroepiandrosteroneおよびdehydroepiandrosteroneは、(P<.001)年齢とかなり低下させて硫酸化する。 estradiol (Esub 2)およびのレベルestrone (Esub 1)はパーセントの理想的な重量に強く関連したが、年齢と変わらなかった。 著者は1)プロゲスチンの生産が正常な成人女性の年齢と変わらないことを、結論を出す卵巣の体のluteum機能と関連付けられる分泌の損失に起因するそれ以外。 2) 前駆物質の対応する変更のないDelta5男性ホルモンの低下は副腎の17,20 desmolaseの活動の年齢関連の変更を提案する。 3) Esub 2およびEsub 1のレベルは前駆物質の男性ホルモンの周辺芳香族化に対するサイズのない年齢の効果を反映する。



postmenopausal女性の内分泌新陳代謝変数に対する口頭dehydroepiandrosteroneの効果

J. CLIN。 ENDOCRINOL. METAB. (米国)、1990年、71/3 (696-704)

低い内生DHEAおよびDHEAの硫酸塩(DS)を持つ老女のdehydroepiandrosterone (DHEA)の病理学の効果を検知するためには、1600のmg /dayは二重盲目の偽薬制御のクロスオーバー調査の28日間6人のpostmenopausal女性に(4つの分けられた線量で)口頭で管理された。 DHEAの最初の400 mg線量が急速に増加し、180-240分に最高に達した後男性ホルモンの血清の集中はDHEA (2.1から5.5 nmol/L)のDS (1.6から4.6 micromol/L)前後の28.2およびのためののための6折目のベースライン上の増加に終って12折目前後の28.8前後の5.8アンドロステンジオン(0.3から9.8 nmol/L)の2.5折目テストステロン(0.1から0.6 nmol/L)前後の2.2前後の0.7、およびdihydrotestosterone (0.06から1.0 nmol/L)前後の2.73前後の0.2、しかしestrone、estradiolおよび性のホルモン結合のグロブリン(SHBF)のためののための前後の3.0 15折目前後の19.5前後の1.4不変だった。 週間間隔の査定は4週までに幾分低下したが、2週に最高、著しく高く残ったすべての男性ホルモンのなお一層の増加を明らかにした。 DHEAの管理の2週後に観察された増分はDHEA (14.2 nmol/L)の9折目テストステロン(1.7 nmol/L)前後の6.5、およびDS (14.9 nmol/L)ののためののためののための15折目に20折目前後の71.9アンドロステンジオン(11.5 nmol/L)前後の30.5、およびdihydrotestosterone (1.5 nmol/L)前後の65.1前後の3.8達した。 estroneおよびestradiolは両方4週に進歩的な増加の2折目に基底の価値を示した。 統合されたSHBGおよび甲状腺剤の結合のグロブリンのレベルは(P < 0.05)減ったDHEAの処置の間に。 但し、LH、FSH、体重および水中に重量を量ることによって測定されるようにbvody脂肪パーセントは、4週間の実験の間に不変だった。 血清コレステロールの11.3% (P < 0.05)およびDHEAの管理の最初の週の内に注意された28日の期間の間高密度脂蛋白質の20.0%のマーク付きの低下は(P < 0.05)主張し、低密度の脂蛋白質、非常に低密度の脂蛋白質およびトリグリセリドのnonsignificant下落傾向と一緒に伴われた。 3-h口頭ブドウ糖負荷試験の間のピーク インシュリンのレベルはDHEAの289日後にかなりより高かった(P < 0.05) (165 pmol/L)前後の746対165前後の1126は統合されたインシュリンの応答の50%の増加と一緒に絶食のブドウ糖のインシュリンまたはブドウ糖6隣酸塩デヒドロゲナーゼの価値の重要な変更なしで(P < 0.01)伴われ。 これらのデータは口頭DHEAが急速に吸収される、DSへの敏速な転換は、またすべての有効な男性ホルモンおよびエストロゲン処置の28日の持続期間のための支えられた効果と起こることを示し。 従って、postmenopausal女性でそこにC-19およびC-18性のステロイドへDHEAのbiotransformationのための豊富で、有効な酵素システムのようである。 更に、postmenopausal女性のpharmacologically課されたDHEAはインシュリン抵抗性を引き起こしたり、低密度の脂蛋白質の比率にコレステロールおよび最高を変え、循環SHBGおよび甲状腺剤の結合のグロブリンの集中を減らした。 若者の前の実験のそれらとはっきりと対比する私達の調査結果はより古いpostmenopausal女性の複数の内分泌新陳代謝変数の非常にandrogenic状態そして影響の誘導に起因するようである。



Gynodianターミナル(Reg.trademark)またはdehydroepiandrosterone (DHEA)のoenanthateとの処置の下のホルモン性の変数の異化作用の効果そして影響

スウェーデンMATURITAS (ネザーランド)、1981年、3/3-4 (225-234)

主にclimacteric人口からの53人の患者は200 mgのdehydroepiandrosterone (DHEA)のoenanthateとまたは1つのアンプルのGynodianターミナル(Reg.trademark)と毎月扱われた。 顕著なadiposityはこれらの場合の15にあった。 ホルモン性の変数は処置の前にそして準備のターミナルの効果の間に断固としたDHEAの管理の下でoestrogenic影響および重量減少の影響を支える主義を調査するためだった。 低北極のoestrogensの除去はDHEAと扱われた13の後menopausal箱から4つでかなり増加した。 この効果はおそらく間接で、そのままな卵巣を前提とする。 17-ketosteroidsとandrosterone + aethiocholanoloneのそれらのような17 ketogenicステロイドの排泄物への外因性DHEAの結合は、最初のプールのサイズによって、飽和させたプール-年齢依存しているプールのサイズのより小さい最初のプールで高いので決まる。 >1 kg/mthの平均減量は7つの15の脂肪質の場合のDHEAの処置の下で観察された。 従って他の8つの脂肪質の場合と比較して、この7つは17-ketosteroidsおよび個々の一部分のためのより若く、また表示された高い値だった。 これらのircumstancesはDHEAの管理が重量の損失のない場合と対照をなして、また腎臓のDHEA硫酸塩の整理の増加で、起因した自由な血しょうDHEAのハイ レベルでなぜ起因したか説明したようである。 これが外因性DHEAの異化作用の効果のための説明であることが調査結果から完了された。 menopausally増加された後FSHおよびLHの一部分はGynodianターミナルの管理の後で決定、DHEAがLHの一部分の抑制におそらくかかわることを示す調査結果の約半分で著しく抑制された。



dehydroepiandrosteroneおよび代謝物質による免疫反応の規則

内分泌学(イギリス)のジャーナル、1996年、150/SUPPL。 (S209-S220)

Dehydroepiandrosterone (5-androsten-3beta-ol-17-one、DHEA)はいろいろ致命的な伝染からマウスを保護するために示されていた。 これは含んでいるが、限られないに、ウイルス(ヘルペス・ウイルスのタイプ2、coxsackieのウイルスB4 (CB4))との伝染、細菌(Enterococcus faecalis、緑膿菌)、および寄生虫(Cryptosporidiumのparvum)。 私達は前にDHEAから得られるそのandrostenediol (5-androstene-3betaの17betaグリコール、AED)をである前駆物質よりCB4伝染に対して全身の抵抗の調整で有効な少なくとも100才x報告してしまった。 なお、androstenetriol (5-androstene-3beta、7betaの17beta triol、AET)はAEDの7betaヒドロキシル化によって形作られる、前駆物質、AEDよりCB4伝染に対して有効だった。 しかしどちらのステロイドも重要な直接抗ウィルス性の効果を示さなかった。 mitogen誘発の混合されたsplenocyte拡散の試金のDHEA、AEDおよびAETの生体外の影響は断固としただった。 結果はDHEAがconcanavalin A (ConA)の拡散を抑制したことを-または線量依存した方法のlipopoly炭水化物活動化させた文化示した。 AEDに活発化の応答の少し影響があった。 但し、AETは管理水準の上で両方のmitogensへの応答をかなり増強した。 interleukin (IL)の規則は- ConA活動化させたリンパ球からの2そしてIL-3分泌これらの観察に類似していた。 これらの機能はDHEAによって、AEDによって変化しない弱められ、AETによって有効に高められた。 さらに、ConA誘発のリンパ球拡散に対するヒドロコーチゾンの古典的なimmunosuppressive効果は、またIL-2およびIL-3生産、共同文化によって変化しなかったDHEAのおよび最小限に妨害されたただAEDによって。 それに対して、AETはかなり一緒に共同培養されたときヒドロコーチゾンの効果を妨害した。 これらのデータはDHEA、AEDおよびAETが各機能同じような方法で生体内で、生体外効果リンパ球の活発化を高めることおよびヒドロコーチゾンのimmunosuppressive活動を妨害することによって細胞応答を増強しているAETだけとの互いと劇的に異なっている間、それを示す。



細胞免疫の反作用の圧力誘発の抑制: 免疫組織の神経内分泌制御

医学の仮説(イギリス)、1996年、46/6 (551-555)

免疫の能力はhumoralおよび細胞免除間の平衡の状態として考慮される。 この概念はMosmannおよびCoffmanによって記述されているようにCD4+助手の細胞の細胞のグループの機能的に反対のcytokineのプロフィールとよく合う。 Th1の細胞は主にIL-2、IL-12およびIFNgammaを解放し、それにより細胞免疫の反作用を刺激する。 逆に従って、Th2の細胞はIL-4、IL-6およびIL-10を主に作り出し、humoral免疫の反作用を高める。 最近Th2のlymphokineのプロフィールがコルチソルとdehydroepiandrosterone間のhumoralバランスの変更につながることが、示されていた。 これらの調査はそこに状態コルチソル解放の圧力誘発の強化によってT細胞免除の不利な点に選択式に変わるかもしれないT-およびB細胞仲介された免疫の反作用間の平衡のあることを示す。 従ってrestituteの圧力誘発のimmunosuppressionは第一次重要性を、視床下部のコルチソル解放のホルモンの湿ることもつべきである。



Dehydroepiandrosterone (DHEA)の処置はインフルエンザのワクチン接種に古いマウスの損なわれた免疫反応を逆転させ、インフルエンザの伝染から保護する。

ワクチン(イギリス) 1995年、13 (15) p1445-8

Dehydroepiandrosterone (DHEA)はimmunomodulating活動の天然ステロイドである。 最近年齢準の低下がimmunosenescenceと関連付けられることが提案された。 DHEAの管理がワクチン接種インフルエンザに対して効果的に免除の年齢準の低下を逆転できるかどうか検査するためにはマウスを同時に種痘され、扱われたDHEAと老化させた。 humoral応答の年齢準の低下そして重要な一定した増加の逆転は扱われたマウスで観察された。 生きているインフルエンザ ウイルスとの後ワクチン接種の鼻内の挑戦への高められた抵抗はDHEA扱われた老化させたマウスで観察された。 従って、DHEAの処置はインフルエンザに対して古いマウスの免除の年齢関連の欠陥を克服した。



老化の人および女性のDHEAの取り替え。 潜在的な治療用効果。

アンN Y Acad Sci (米国) 1995年12月29日、774 p128-42

適切な取り替えの線量のDHEAは同化成長因子、増加筋肉強さおよび細いボディ固まりを引き起こし、免疫機能を活動化させ、重要な悪影響無しで老化の人および女性の生活環境基準を、高める機能に関して治療用効果をもたらすようである。 それ以上の調査は必要私達の現在の結果、特に性による違いを確認し、拡張するためにである。



lipopolysaccharide刺激されたmonocyteの細胞毒性のDehydroepiandrosterone調節。

J Immunol (米国) 1996年1月1日、156 (1) p328-35

Dehydroepiandrosterone (DHEA)、副腎皮質によって分泌する両方の有効な男性ホルモンおよびエストロゲンに優勢な男性ホルモンは変えることができる。 他のステロイド ホルモンのための前駆物質として役割に加えて免除の重要な役割を担うために、DHEAは提案された。 この調査はLP誘発のmonocyteの細胞毒性のDHEA調節を調査した。 査定される細胞毒性のマーカーは、補足物の受容器1の細胞の表面蛋白質反応窒素の中間物の解放によって測定されるように腫瘍の細胞の殺害、IL-1分泌、反応酸素の中間解放、一酸化窒素のシンセターゼの活動およびTNFアルファ蛋白質の存在を含んでいる。 1.0 micrograms/mlのLPの集中と刺激されたMonocytesは0.2 ng/mlのより低い集中でまたはLPと刺激されたmonocytesがだけDHEA一方、上の細胞毒素のマーカーを表示した。 但し、同時に使用されたとき、DHEAおよびLPは0.2 ng/ml monocyteの細胞毒性蛋白質に対する相助効果を表示し、TNFアルファのレベルとLPを使用して対等なレベルへの癌性細胞ライン、IL-1分泌、反応窒素の中間解放、補足物の受容器1の細胞表面蛋白質およびTNFアルファ蛋白質は1.0 microgram/mlを得た。 最後に、Scatchardのプロットの分析はLP刺激されたmonocytesに対するDHEAの効果が受容器依存したプロセスによって仲介されることを提案するmonocytesのDHEAの受容器の存在を示した。



Dehydroepiandrosteroneは人間のhepatomaの細胞の自発のおよびIL-6によって刺激されるフィブリノゲンの生産を調整する。

アクタMicrobiol Immunolは(ハンガリー) 1995年、42 (2) p229-33を掛けた

男性ホルモン、dehydroepiandrosterone (DHEA)の役割はHepG-2細胞の構成し、IL-6によって引き起こされるフィブリノゲンの生産で調査された。 DHEAは著しく線量の扶養家族の方法のhepatomaの細胞の構成するフィブリノゲンの生産を増加する。 反対側に、なぜならIL-6はフィブリノゲンの生産を引き起こした、DHEAは強く抑制的である。 構成するフィブリノゲンの生産のDHEAの有効性は更にhepatomaの細胞がglucocorticosteroidと事前に画策されれば、dexamethasone増強される。 これらの調査結果は激しい段階蛋白質の生産のステロイドのおよびcytokine指示された規則間の複雑な相互作用が免疫およびホルモン性システムの男性ホルモンの行為によって更に着色されることを示す。



dehydroepiandrosteroneの管理はマウスの大量服用の抗原によって引き起こされる免疫の抑制を逆転させる。

Immunolは(米国) 1995年、24 (4) p583-93 5月を投資する

免疫反応の規定し、作動体機能を出すかどれが抗原の集中を含む複数の要因、抗原の管理のルート、ホルモンおよびcytokinesは影響のT細胞にlymphokinesの明瞭なパターンを作り出すために示した。 この調査では、私達はtolerizedかどれが抗原の大量服用によってマウスへのdehydroepiandrosterone (DHEA)の管理かどうか尋ねた抑制された細胞免疫反応を元通りにし、明瞭なlymphokinesを作り出すためにT細胞機能を調整できる。 ヒツジの赤血球の大量服用の静脈内注入は遅らせられたタイプhypersensitivity (DTH)の抑制を引き起こし、DHEAの耐久性があるマウスの単一のsubcutaneous注入は抑制されたDTHの応答を元通りにした。 なお、DHEAの耐久性があるマウス許容の移動をからの純真な受け手への脾臓の細胞の生体外の処置は廃止した。 DHEA扱われた耐久性があるマウスからのリンパ球はDHEAの処置なしで耐久性がある動物から細胞よりより多くのIFNガンマおよびより少ないIL-4およびIL-6作り出した。 これらの調査結果は明瞭なlymphokinesをことを作り出すためにDHEAが特異的にT細胞に影響を与えることによって抗原特定の免疫の抑制を回復できることを示す。



Cryptosporidiumのparvumに感染するimmunosuppressed大人のマウスのdehydroepiandrosteroneの効果。

J Parasitol (1995年、81 (3)米国) p429-33 6月

Cryptosporidiosisはcoccidian寄生虫、Cryptosporidiumのparvumによって引き起こされる人間および他の動物の下痢の病気である。 この調査はimmunosuppressed大人C57BL/6NのマウスのC.のparvumの伝染の減少のdehydroepiandrosterone (DHEA)の有効性を定め、引き受けられたcryptosporidiosisへの高められた抵抗で起因するDHEAの免疫調節の効果を識別するために。 Dexamethasone-immunosuppressedのマウスは10(6) oocysts/マウスとorogastric挿管法に続くC.のparvumに容易に感染した。 これらのマウスのDHEAの処置はかなり(P < 0.01)減った回腸の糞便にoocystの取除くことおよび寄生虫の植民地化。 DHEAと扱われたImmunosuppressedのマウスは扱われなかったが、相違は重要常にではなかったimmunosuppressedマウスよりsplenic総T細胞、CD4+のT細胞およびCD8+のT細胞があった。 さらに、DHEAと扱われたnonimmunosuppressedマウスはDHEAを受け取らなかったnonimmunosuppressedマウスよりかなり多くの(P < 0.05) splenic総T細胞、CD4+のT細胞および総b細胞があった。 特別な関心の、parvum感染したC. immunosuppressedのCD8+のT細胞のかなりより大きい(P < 0.05)数は扱われなかった同じマウスと比較されたDHEA扱われたマウスあった。 外因性DHEAによる免疫組織の規則はcryptosporidiosisの処置そしてpalliationに有用かもしれない。



マウスの胸腺のdehydroepiandrosteroneとカルシトニンの遺伝子関連のペプチッド間の関係。

AM J Physiol (1995年、米国) 268 1月(1つのPt 1) pE168-73

Dehydroepiandrosterone (DHEA)およびカルシトニンの遺伝子関連のペプチッド(CGRP)は反対する両方および免疫機能に対する補足の効果をもたらすために報告される自然発生する物質である。 現在の調査では、私達はthymocytesのmitogen刺激された拡散に影響を及ぼすためにそれらがいかに協力するかもしれないか定めるように努めた。 concanavalin A (ConA)の誘発のthymocyte拡散の試金、CGRPおよびDHEA各々の禁じられた拡散。 刺激されたthymocytesを騙すためにCGRPの反対者CGRP- (8-37)が加えられたときにproliferative応答はConAの線量の範囲を渡る単独でConAの応答よりかなり大きかった。 さらに、CGRP- (8-37)はDHEAの抑制的な効果を妨げた。 それぞれ、CGRP- (8-37)、CGRP、DHEA、または組合せはConAがない時thymocyte拡散を刺激しなかった。 CGRPは胸腺に残る間、CD4+のT細胞の拡散に影響を与え、こうして新しい成長したT細胞の拡散の地方内生抑制剤であるかもしれない。 なお、DHEAは胸腺CD4+のT細胞の人口の内生CGRPによって機能するかもしれない。



Dehydroepiandrosteroneはimmunocompetenceの維持のantiglucocorticoidより多くとして熱傷害の後で作用する。

内分泌学(1995年、136 (2)米国) p393-401 2月

dehydroepiandrosterone (DHEA)がマウスの実験火傷の後で管理されれば熱傷害--にさらされるマウスからの細胞による減らされた細胞免疫反応そして変えられたcytokineの生産は最小になる。 RU486扱われたマウスと未処理の焼跡のグループ間の免疫機能の相違無し明らかにされる焼跡の後でantiglucocorticoid、17ベータ ヒドロキシ11ベータ[4-dimethylaminophenyl] 17アルファpropynyl estra 4,5ジエン3 1 (RU486)が、あるマウスが開発する免疫機能の同じようなテストの分析。 使用された薬剤のレベルでDHEAおよびRU486は両方完全に各ステロイドの直接antiglucocorticoidの活動を確立するマウスの免疫機能に対するglucocorticoid処置の効果を妨げられた。 免除の熱傷害仲介された変更がDHEAの管理、ないRU486によって克服できたがのでデータはglucocorticoidsの副腎の出力の高度がマウスの実験熱傷害の後で免疫機能の変化に責任がないことを提案する。 この調査の結果はこの実験モデルのDHEAの行為のメカニズムにそれ以上の洞察力を提供した。 DHEAの機能はひどく熱的に傷つけられたマウスの免疫機能を維持するantiglucocorticoidの活動を越えて伸びるようである。



原住民の前駆物質としてPregnenoloneそしてdehydroepiandrosteroneはマウスの免疫反応を高める代謝物質を7ヒドロキシル化した。

JのステロイドBiochem Biol Molの(1994年、50 (1-2)イギリス) p91-100 7月

Dehydroepiandrosterone (DHEA)およびpregnenolone (PREG)はマウスからの頭脳、脾臓、胸腺、perianal皮、腹部の皮、腸、コロン、coecumおよび筋肉ティッシュのホモジュネートによって新陳代謝した両方だった。 2H分類された基質とガスのクロマトグラフィー固まりの分光測定の対イオン技術の使用はアルファ ヒドロキシDHEA 7ベータと5-androstene-3すべてのティッシュのダイジェストのDHEAの代謝物質として17ベータ グリコールの同一証明を可能にした。 PREGの新陳代謝の範囲はすべてのティッシュとのDHEAより大いに低かったが、主要な変形プロダクトの量はアルファ ヒドロキシPREG 7の同一証明のための頭脳、脾臓および腹部の皮のダイジェストで十分だった。 DHEA、PREGと7ヒドロキシル化された代謝物質のジメチルスルホキシド(DMSO)の解決はリゾチームの抗原の近位subcutaneous管理前に異なった線量および時間間隔で注入された。 量の反リゾチームIgGは扱われたマウスの血清で測定され、にせ物扱われた動物からのそれと比較された。 反リゾチームIgGの増加はDHEAおよびPREG (1つのg/kg)とリゾチーム前に時注入された2 h得られた。 アルファ ヒドロキシDHEA 7の大いにより低い線量(より少なく160倍)および-リゾチームの注入の今管理されたときPREGはまたかなり活発であると見つけられた。 ベータ ヒドロキシDHEA 7のより大きい線量は(50のmg/kg)同じような効果に必要だった。 これらの結果はことを免疫反応が起こるティッシュ、PREGのローカル作り出された7ヒドロキシ代謝物質で提案し、DHEAはボディの免疫反応の生理学的な規則に加わるかもしれないプロセスにかかわる。



dehydroepiandrosterone、androstenediolおよびandrostenetriolによるリンパ球の活発化の生体外のpotentiation。

J Immunol (米国) 1994年8月15日、153 (4) p1544-52

Dehydroepiandrosterone (5-androstene-3ベータol 17 1、DHEA)は致命的なウイルスおよび細菌感染からマウスを保護するために示されていた。 但し、最近、androstenediolに(5-androstene-3ベータ17ベータ グリコール、AED)およびandrostenetriol (5-androstene-3ベータ7ベータtriol、AET)、DHEAの代謝物質に、免疫反応のより有効な内分泌の調整装置であるために示されているそれぞれがある。 生体内のglucocorticosteroidsと対照をなしてこれらのステロイド ホルモンは限界によってウイルス仲介された病理学にホストの細胞免疫反応を調整した。 これらの実験は最初にDHEAの生体外の影響、およびネズミ科のリンパ球のmitogen刺激された活発化のAED、またはAET検査した。 生理学からpharmacologic線量への、DHEAはAEDに応答の少し影響があった一方20から70%によって詐欺AかLPと活動化させた混合されたsplenocyte文化の拡散を抑制した。 鋭い対照では、AETは50から制御の上の70%への両方のmitogensとの応答を増強した。 これらの観察に類似してIL-2の規則は、詐欺からのIL-3分泌は分析された再度落ち込んでいたこれらのホルモンのそれぞれによってリンパ球を活動化させた。 詐欺の誘発のリンパ球拡散およびcytokineの生産に対するヒドロコーチゾンの抑制の効果はAETのcocultureによって強く妨害された。 DHEAはAEDが適当なantiglucocorticoid機能を示した一方ヒドロコーチゾンの活動を妨害しなかった。



免疫の老衰および副腎のステロイド: 古い動物のdehydroepiandrosterone (DHEA)の免疫のdysregulationそして行為。

Eur J Clin Pharmacol (ドイツ) 1993年、45のSuppl 1 pS21-3; 議論S43-4

免疫の老衰は免疫組織のdysregulationによって特徴付けられる。 無秩序は老齢期の間に起こり、autoantibodiesの高められた生産およびほとんどの外国の抗原への抗体の減らされた生産によって明示される。 これらのでき事はサブセットCD5+およびCD5- b細胞の間の活動の変えられた比率を反映するようである。 同様に、IL-2の減らされた生産と関連付けられるIL-4、IL-5およびIL-6の高められた生産のcytokineの生産のdysregulationがある。 これはTh1およびTh2細胞のサブセット間の活動の変えられた比率を反映するようである。 Dehydroepiandrosterone (DHEA)は3つの主な副腎のステロイドの1つである; その血清の集中は年齢と低下する。 最近の結果はT細胞によってリンパ球のその生体外の文化を、外国の抗原への抗体の応答の増加およびdysregulated cytokineの生産の逆転のDHAの硫酸塩の結果を用いる古いマウスのDHEAまたは生体内の処置の老化させた提供者から、提案する。 従って、3つの主な副腎のステロイドの1つの低下は免疫組織の年齢準の変更と関連付けられる。 これらの変更の一部はDHEAへの露出によって逆転させることができる。 (11 Refs。)



Cryptosporidiumのparvumに感染するimmunosuppressedラットのdehydroepiandrosteroneの効果。

J Parasitol (1993年、79 (3)米国) p364-70 6月

Cryptosporidiumのparvumは動物および人間で下痢の病気を引き起こすcoccidian寄生虫である。 厳しいcryptosporidial伝染はglucocorticosteroidのdexamethasone (DEX)とimmunosuppressed若い大人のラットで注意された。 mitogens lipopolysaccharideへのB細胞およびT細胞の応答およびconcanavalin Aは、それぞれ、DEX扱われたラットで弱められた。 さらに、DEXの処置は血清のIgGのレベル、IgGの生体外の生産およびNK細胞の活動を抑制した。 前の結果はDEX-immunosuppressedのラットがcryptosporidiosisのdehydroepiandrosterone (DHEA)の展示物の重要な減少と小腸ことをの糞便および寄生虫の植民地化で取除くoocystの監視によって定められるように扱ったことを示した。 この調査からの結果はB-およびIgGの血清のIgGのそれぞれのmitogens、レベルおよび生体外の生産がへのT細胞の応答よりC.のparvumに感染したDEX-immunosuppressedの未処理のラットのDHEA扱われたimmunosuppressedラットで大きかったことを示した。 同じような結果はC.のparvumと感染した正常な制御ラット対DHEA扱った示された。 これらの結果はimmunosuppressedラットの免疫組織のpotentiationの結果であることをcryptosporidiosisの減少のDHEAの効果がことを提案する。



Dehydroepiandrosteroneは西ナイル ウイルスと再接種され、冷たい圧力--にさらされるマウスを保護する。

J Med Virol (1992年、38 (3)米国) p159-66 11月

圧力高められたウイルスの脳炎に対するdehydroepiandrosterone (DHEA)の前処理の保護効果は西ナイル ウイルス(WNV)との接種の後で冷たい--にさらされたマウスで調査された。 8日間冷水(1 +/- 0.5摂氏温度、5分/日)のへのWNV再接種されたマウスの露出はnonstressedマウスの50%と比べて83%の死亡率で起因した(p < 0.05)。 冷たい圧力の効果はマウスがWN-25と再接種されたときにより顕著、WNVの非侵襲的なneurovirulent変形だった。 WN-25に感染したマウスは風邪が同じウイルスと再接種されたマウスに持っていた67%の死亡率を重点を置いた一方、死亡率を示さなかった(p < 0.05)。 DHEA (1 gm/kgのローディング線量の有無にかかわらず10-20のmg/kgの連続注入)の管理はどちらかのウイルスと再接種された重点を置かれたマウスの死亡率の重要な減少で起因した(p < 0.05)。 DHEA扱われたマウスの血そして頭脳のウイルスのレベルは、制御グループでよりかなり低かった。 DHEAはまた重点を置かれたマウスのリンパ性器官の複雑複雑の防いだ。 現在の調査は「反圧力」の代理店としてDHEAの保護効果の直接証拠を提供する。 活動がホストの応答の調節に基づいていることWNVかWN-25と、および圧力誘発のimmunosuppressionによって引き起こされるリンパ性器官の複雑複雑関連付けられる防ぐ死亡率をその機能概念を支える。



血清DHEA-Sおよびコルチソルの関係は人間免疫不全のウイルス関連の病気の免疫機能の手段に水平になる。

AM J Med Sci (1993年、305 (2)米国) p79-83 2月

HIVウイルス(HIV)はimmunoincompetenceの主要な原因である。 ウイルス、自体はのすべての不足のための記述疑わしく残るかどうか。 ステロイドはまた免疫機能に影響を及ぼすことができる; dehydroepiandrosterone (DHEA)が免疫機能を高める間、glucocorticoidsの原因のimmunoincompetence。 HIVの病気の間のそのようなホルモンのレベルの変更は免疫の能力の重要な変更で起因するかもしれない。 この調査の目的はdehydroepiandrosterone硫酸塩(DHEA-S)かどうか調査することであるまたはコルチソルのレベルは絶対CD4リンパ球のレベルに関連する。 コルチソルおよびDHEA-Sのための血しょうはHIVを持つ98人の大人から引かれた。 これらの、67に同時CD4レベルがあった。 コルチソルのレベルは12.4 +/- 4.6 micrograms/dl、DHEA-S 262 +/- 142 micrograms/dlであり、CD4レベルは308 +/- 217/mm3 (平均+/- SD)だった。 Correlational分析はDHEA-SおよびCD4レベル間の重要な関係を明らかにした(r = 0.30; p = 0.01) しかしないCD4レベルとコルチソル間で(r = 0.11; p = 0.36) またはcortisol/DHEA-Sの比率(r = 0.17; p = 0.16)。 臨床小群によって分析されたとき、重要な相違はまた高度の病気の人で見られたDHEA-Sのレベルの減少と見つけられた。 データはDHEAの不足が免疫の状態を悪化させるかもしれないこと仮説をもたらすHIV関連の病気の患者の免疫の状態とDHEA間の積極的な関係を表わす。



伝染に対する全身の保護のための皮膚の免除の動員。

アンN Y Acad Sci (米国) 1992年4月15日、650 p363-6

この実験室は自然なステロイド ホルモンのdehydroepiandrosterone (DHEA)の単一のsubcutaneous (SC)注入が致命的なヘルペス・ウイルスのタイプ2の脳炎か全身のcoxsackievirus B4の伝染に対して重要な保護で起因したことを報告した。 私達の前の結果はDHEAのSCの注入が致命的な伝染に対して保護に終って特定のホストの免疫反応のupregulationで起因したことを示した。 このホルモンになにも直接抗ウィルス性の効果生体外でなかった。 なお、結果は、生体内、DHEAが直接免疫反応のupregulationを仲介する代理店ではないことを示す。 皮では、DHEAはandrostenediol (AED)に変えられ、それから、androstenetriolに変えられる; これは皮に独特なようである代謝過程である。 このレポートはウイルスおよび細菌感染に対して著しくより大きい抵抗のAEDの結果のそのSCの注入を示す。 DHEAおよびAEDは両方皮膚の免除の動員によって伝染に対して全身の保護を得るためにホストの免疫反応を促進することおよびupregulatingによって作用するようである。 これらのステロイドがホストに原産で、中枢神経系によって調整されるので、neuroimmunomodulationの必要な要素であるかもしれないことが提案される。



老化させたシリアのゴールデン ハムスターのCryptosporidiumのparvumの伝染のDehydroepiandrosterone誘発の減少。

J Parasitol (1992年、78 (3)米国) p554-7 6月

CryptosporidiosisのCryptosporidiumのparvumによって引き起こされる寄生無秩序は頻繁にimmunocompromisedホストの爆発および生命にかかわる病気である。 ホストの免疫の状態は病気の長さそして厳格の決定の重大な役割を担う。 Dehydroepiandrosterone (DHEA)はupregulateの免疫変数に示されたimmunomodulatorである。 10は(20-24 mo)シリアのゴールデン ハムスターを扱われたC.のparvumのoocysts老化させた1 x 10(6)のintragastric接種前の7日間DHEAと。 付加的な10匹の老化させたハムスターは同様に感染したが、未処理制御として保った。 未処理のハムスターは小腸の糞便および寄生虫の植民地化で取除くoocystによって定められるように一般化された伝染と示した。 ハムスターはDHEAと未処理のハムスターと比較されたとき表わしたcryptosporidial伝染の重要な減少を扱った。 これらの結果はDHEAがimmunocompromised患者のcryptosporidiosisのための有効な予防する代理店であるかもしれないことを提案する。



Dehydroepiandrosteroneは人間のT細胞のIL2生産そして細胞毒素の作動体機能を高める。

Clin Immunol Immunopathol (1991年、米国) 61 11月(2つのPt 1) p202-11

Dehydroepiandrosterone (DHEA)は人間の最も豊富な副腎のステロイド ホルモンである。 DHEAは性のステロイドの統合の中間物として役立つことそれが確立しているが、マウスの最近の調査はDHEAがまたIL2分泌の生理学的な調整装置であるかもしれないことを提案する。 人間の免疫組織に対するDHEAの効果を探検するためには、健康な大人からのTのリンパ球はmitogensか抗原と刺激に先行しているDHEA --にさらされた。 いろいろな刺激との活発化に、10の(- 11) M DHEAに10と(- 8)前処理をされたT細胞はIL2のかなりすばらしい量を作り出し、このステロイド ホルモンがない時活動化させたT細胞より有効な細胞毒性を仲介した。 DHEAのピーク効果は10の(- 9) Mの正常な大人の血で現在のホルモンの集中で観察された。 ネズミ科のT細胞に対する効果と対照をなして、人間のリンパ球に対するDHEAの効果を高めるIL2は新しいCD4+のT細胞およびCD4+のクローンに限られた; CD4+の細胞の前で刺激されたCD8+の示された細胞およびDHEAが細胞毒性を高めたが、新しくないCD8+の細胞もCD8+のクローンもDHEAの処置によって直接影響されなかった。 DHEAの高める効果はまたDHEAがCD4+のT細胞のIL2遺伝子のtranscriptional増強物として機能するかもしれないことを提案するIL2 mRNAのレベルで検出された。 これらの結果は確証し、マウスのより早い調査を拡張し、そして人間の免疫反応の調整に於いてのDHEAのための生理学的な役割を提案する。



dehydroepiandrosteroneによるglucocorticoid引き起こされたthymic複雑複雑からの保護。

生命Sci (イギリス) 1990年、46 (22) p1627-31

Dehydroepiandrosterone (DHEA)、最も豊富に分泌された人間の副腎のステロイドに、知られていた特定の機能がない。 この事実にもかかわらず人および実験動物両方の「健康」とDHEAを関連付ける多量のデータがある。 私達の実験室の研究はレバーおよび茶色の脂肪組織のDHEAとglucocorticoids (GC)間の反対の相互作用のための証拠を示した。 私達はこの「免疫の保護効果」が文献で説明するかもしれないことDHEAがまた免疫組織に対するGCの効果に反対したDHEAの拡散肯定的な効果報告したことを仮定し。 免疫組織に対するGCの効果は動物生体内で与えられたときおよびこれらのステロイドへの露出を用いるthymicリンパ球の死に生体内で胸腺の複雑複雑含める。 私達はDHEAがこのGCによって仲介されたthymocyteの破壊を生体内でそして生体外で妨げることを仮定した。 3日間DHEAの前処理はdexamethasoneと見られたthymic複雑複雑ののおよそ50%を妨げた。 生体外の実験の結果は前処理をされた動物のDHEAの保護効果を確認した。 (制御マウスからのリンパ球と比較される前処理をされたマウスからのリンパ球の細胞死の50%以下。) 私達はこれらの調査、thymicリンパ球の換散からDHEAが少なくとも1つのGCの反免疫がある効果から保護することを結論を出す。



生体内でネズミ科のlymphokineの生産の規則。 II。 Dehydroepiandrosteroneは助手のT細胞によってinterleukin 2の統合の自然な増強物行う。

Eur J Immunol (1990年、20 (4)ドイツ、西) p793-802 4月

Dehydroepiandrosterone (DHEA)は血しょうに輸出、および展示物前に人間および他のほとんどの暖かいblooded動物が豊富に作り出す副腎のステロイド ホルモン独特に硫酸化する(DHEAS)進歩的な年齢の生産の年齢関連の低下である。 主要な生理学機能はこのステロイドの活動にDHEAが性のステロイドの統合の媒介として役立つと知られているが、帰されなかった。 免疫組織に対するglucocorticoids (GCS)の効果の調査は私達をinterleukin 2 (ILを作り出すDHEAが活動化させたリンパ球の機能に対する効果を2)もたらしたかどうか質問するために導いた。 私達は(a) DHEA-またはDHEAS扱われたマウスからのリンパ球が刺激に応じて一貫して常態よりIL 2の大いにすばらしいレベルを作り出したことを、(b) DHEAへの直接リンパ球の露出-定めた低い線量(10 (- 10)で10により(- 7) M) IL 2の続く活発化を分泌する高められた容量を引き起こした(c)活動化させたクローンとして作られたT細胞ラインによるIL 2の生産はDHEAの処置によって増加(d) T細胞またはT細胞のクローンによるIL 2の統合のGCS誘発の不況はDHEAの効果への露出によって生体外でそして生体内で克服できる。 これらの調査結果は他のタイプのステロイド ホルモンと同じような受容器仲介されたメカニズムを通したDHEAが、推定上正常な、病理学の条件のIL 2の生産の自然で、重要な調整装置を表すかもしれないことを提案する。



原産のステロイドのdehydroepiandrosterone (DHEA)の激しく致命的なウイルス感染に対する保護。

J Med Virol (1988年、26 (3)米国) p301-14 11月

天然副腎のステロイド、dehydroepiandrosterone (DHEA)の重要な保護効果はマウスの2つの致命的なウイルス感染モデルの調査で、示された: 全身のcoxsackievirus B4および単純ヘルペスのタイプ2の脳炎。 ステロイドは与える長期または単一のsubcutaneous注入によって活発だった。 密接に関連ステロイド、etiocholanoloneは、これらのモデルで保護ではなかった。 病理組織学的な分析、白血球は数え、DHEAが他ではウイルス感染ことをによって弱められるマウスの免疫の能力を維持するか、または増強することによって作用することをcoxsackievirus B4モデルの細胞を形作る脾臓の抗体の数は提案する。 DHEAは遺伝的にimmunodeficient HRS/J hr/hrのマウスで有効でし、抗ウィルス性の活動を生体外で示さなかった。 免疫組織に対するDHEAの効果のための分子的機序が知られない間、他調査はウイルス感染によって刺激されるglucocorticoidsの圧力関連immunosuppressive効果を妨害するかもしれないことを提案する。 DHEAが最低の副作用と臨床的に使用された天然ステロイドであるので、エイズを含む激しく、慢性のウイルス感染の治療上の調節のDHEAの実用性は集中的な調査に値する。



マウスの滋養分の減少そして免疫学の変化はdehydroepiandrosteroneに与えた。

Exp. Gerontol (イギリス) 1984年、19 (5) p297-304

0.4% DHEAを含んでいる食事療法は生後18週までの3週からの長命の緊張のオスの鼠に与えられた。 これらのマウスは他と与え、制御食事療法の広告のlibitumにマウスと組与えたDHEA与えられたグループの取入口を近づける量の制御食事療法に比較された。 マウスは与えたDHEAの食事療法に組与えられたマウスが彼らの食糧すべてを食べた一方それらに示された食糧すべてを食べられなくて。 すべてのマウスは2つの年齢に敏感な免疫変数(T細胞のmitogens [PHAかConA]のための生後18週におよびallogeneic腫瘍のNK細胞の換散によって引き起こされる)脾臓のリンパ球拡散調査された。 DHEAの供給はに導いた: 1) 脾臓のリンパ球(制御より高いおよそ100%)がから生後(制御より低いおよそ55%)、3)低い脾臓の重量(制御より低いおよそ30%)脾臓ごとのnucleated細胞の低い数字のない18週、4) PHA誘発拡散の増加得るから体重3週の減少に生後(広告のlibitum制御より低いおよそ40%) 18週の下半身の重量滋養分の減少(マウスよりより少なくおよそ30%は制御食事療法の広告のlibitumに与えた)、2)よるおよび、5) splenic NK細胞の活動の影響無し。 マウスのための体重の利益の阻止はDHEAを食べているマウスが食べられた食糧の1グラムあたりより少ない体重をより得たのでDHEAにようである滋養分の減少および新陳代謝の効果が両方原因だった制御食事療法を食べているどちらのグループでもマウス与えた。



性腺刺激ホルモンのステロイドの誘導は未熟なラットで波立つ。 I.男性ホルモンの起爆剤の効果。

内分泌学(1978年、103 (5)米国) p1822-8 11月

性的に未熟なメスのラットは日23または幾日23のさまざまな男性ホルモンのある特定の毎日の注入のestradiolの安息香酸塩と発動を促された--25。 LHおよびFSHの決定のための血しょうは日26、プロゲステロンの注入の後の5 hに集められた。 大きい性腺刺激ホルモンのサージはestradiolの安息香酸塩と発動を促すか、の後でまたは、リングが付いているデルタの4アンドロステンジオンおよびテストステロン見つけられたが、ないdehydroepiandrosterone (DHEA)の処置男性ホルモン(5アルファdihydrotestosterone、5アルファandrostane 3のアルファ、17ベータ グリコール、ベータepimer 3およびandrosterone)またはベータ ヒドロキシnonaromatizable 11およびデルタの4アンドロステンジオンの11-ketoderivatives減らした。 耐えているラットはプロゲステロンに応じてSilasticをDHEA含んでいてまた作り出されたLHのサージを植え付ける。 antiestrogenのestradiolの安息香酸塩かDHEAと非常に発動を促され、伴う子宮の肥大減るラットの抗血清によって廃止される性腺刺激ホルモンのサージの単一の注入。 DHEAおよびデルタの4アンドロステンジオンはovariectomizedラットしかし支えられたプロゲステロン誘発の性腺刺激ホルモンのサージでやっとuterotrophicだった。 結果はuterotrophic効果が卵巣によって主として仲介される一方ある特定の(副腎か。)男性ホルモンがextragonadal芳香族化によってステロイドに敏感なサージ システムの成熟を引き起こせることを示す。 中央および周辺場所の男性ホルモンの調整された高められた転換は思春期の誘発のための生理学的な重要性をもつかもしれない。