生命延長血液検査の極度の販売

アテローム性動脈硬化、ホルモン、糖尿病、打撃、蟹座および多くのためのヨーロッパ療法

ヨーロッパ療法: アテローム性動脈硬化、ホルモン、糖尿病、打撃、癌患者の栄養物

関連の記事
健康の心配
冠動脈疾患およびアテローム性動脈硬化
糖尿病
打撃およびCerebrovascular病気

生命延長雑誌
アテローム性動脈硬化を自然に逆転させる
高い血糖: 健康な新陳代謝を支えるための統合的な作戦
打撃の防止のための新しい範例
議会はDHEAを禁止するように努める
生命延長ニュース
アメリカの中心連合は打撃の防止の指針を出す
長期アスピリンのユーザーに大腸癌のより危険度が低いのがある
マグネシウムはオスの喫煙者の打撃からの保護と関連付けた
オリーブ油は癌の低率南欧を説明するかもしれない

ヨーロッパの薬物のための必要性 | Aminoguanidine | Biostim | Centrophenoxine | Deprenyl | Ergoloidのmesylates (Hydergine) | Isoprinosine | KH3 | Nimodipine | Picamilon | Piracetam | Pyritinol | Ribavirin

生命延長基礎の多くのメンバーは「スマートな薬剤」を含む antiagingプログラムの一部としてアテローム性動脈硬化、打撃および糖尿病のような老化そして年齢関連の病気の手始めを、遅らせるのを助けるかもしれない認識機能、ホルモンをおよびantiaging薬剤を高めるのに ヨーロッパの薬物を 使用する

生命extensionistsによって使用される長年に渡ってヨーロッパの薬剤およびホルモンのほとんどはある人々が米国の食糧及び薬剤の管理(FDA)によって承認されないが、世界中で安全に使用された。

続くものがこれらの薬剤の普及したののいくつかの記述である。

ヨーロッパの薬物のための必要性

重要な利点は米国で利用できるプロダクトからアテローム性動脈硬化のような退化的な病気を、打撃および糖尿病および遅い老化防ぐために得ることができる。 しかしまだFDAによって承認されない療法の使用によってしか制御することができない老化のあるメカニズムがある。 老化の1つの危ないメカニズムはモノアミン酸化酵素(毛)の慢性の高度である。 高い毛は損傷の脳細胞、特にドーパミンを真剣に水平にし細胞を作り出す。

年齢45にわたる毎十年では、私達は私達のドーパミンの約13%を失いニューロンを作り出す。 これらのニューロンの80%が死んでいれば、 パーキンソン病は 診断され、現在パーキンソン病を逆転させる長期療法がない。

禁止によって毛は今水平になり、私達は老化が引き起こす脳細胞への損傷の多くを防いでもいく、パーキンソンのような病気および老人性痴呆症の他の形態を防ぐのをそれにより助ける。

とりわけモノアミン酸化酵素B (B)の脳細胞の高度をへの毛の特に危ない形態毛禁じるために広く文書化された1つの薬剤がある。 この毛禁止の薬剤はdeprenylと呼ばれる。 70年代以来のヨーロッパでさまざまな形の年齢関連の神経疾患を扱うことを使用した。 FDAはパーキンソン病の処置のための1989年にdeprenylを、それを防がないために承認した。

Deprenylは5つのmgのタブレットおよびカプセルで販売される。 早期の脳細胞の死を防ぐのを助けるべき週健康な人々の必要性だけ1から2タブレット。

老化の別のメカニズムはコルチソルの余分な生産を含む。 コルチソルのハイ レベルは免疫機能を抑制したり、アテローム性動脈硬化および損傷および殺害の脳細胞を促進する。 コルチソルは「死ホルモンの1つとしてantiaging医者によって記述されていた」の私達の体がこと原因の早期の老化作り出す。 蟹座は および エイズ患者に頻繁に死をもたらす厳しい免疫の抑制を引き起こすコルチソルの生産の特別にハイ レベルによりある。

老化するによりボディ中の細胞のエネルギー生産の進歩的な低下でその正常な細胞新陳代謝の中断に結果を引き起こす。

機能への細胞のために、それらはなる:

  1. エネルギーを作り出すために細胞膜を通して血清のブドウ糖を吸収しなさい。
  2. 若々しい細胞機能を行うために蛋白質を総合しなさい。
  3. 細胞がAlzheimerおよび他の年齢関連の神経疾患につながったlipofuscin、ベータ アミロイドおよび他の不用な副産物と詰まるようにならないように残骸を取り除きなさい。
正常な老化によって引き起こされる減らされた細胞新陳代謝と関連付けられるいろいろ疾患を扱うのにヨーロッパで使用される薬剤がある。

これらの薬剤の2つは、vinpocetineやHydergineに示されていた:

  • 頭脳に血液の供給を改良しなさい。
  • 頭脳に提供される酸素の量を増加しなさい。
  • 頭脳による増加の酸素の使用。
  • 脳細胞の新陳代謝を高めなさい。
  • 減らされたおよび/または不十分な酸素供給の期間の間に損傷から頭脳を保護しなさい。 頭脳の年齢の顔料(lipofuscin)の沈殿物を遅らせなさい。
  • 脳細胞の遊離基の損傷を防ぎなさい。
  • 増加の知性、記憶、学習、およびリコール。
  • 脳細胞によってブドウ糖の使用を高めなさい。 頭脳の増加ATPのレベル。
  • 粘着性があるようになることからの停止血。
  • セロトニンの頭脳のレベルを上げなさい。

Vinpocetineおよびhydergineはあなたが他のどの療法とも容易に得ることができない他の細胞および頭脳のantiaging効果の広い範囲を提供する。

Aminoguanidine

AminoguanidineはAlzheimerの患者の頭脳のコラーゲンおよびエラスチン繊維の有害な架橋結合を防ぐ。 そのような架橋結合はまた年配者の頭脳および筋肉退化の主要な原因の1つである。 科学者は十字連結の第一次原因がボディ蛋白質が付いている血糖(ブドウ糖)の化学反応である蛋白質のglycosylationであることが分った。

Aminoguanidineはglycosylationによる架橋結合を妨げ、外見上防ぐ。 動物の調査は頭脳でaminoguanidineが糖尿病およびアテローム性動脈硬化と関連付けられる血管の老化を防ぐことができるおよび分子交差連結ことを示した。 しかaminoguanidineの限られた臨床経験がずっとあるので、私達は医者の管理の下に取られることを提案する。

健康な人々は通常糖尿病患者が600 mgの日刊新聞を取るかもしれない間、300に日mgを取る。

Biostim

各biostimのタブレットは細菌から得られる有効成分の1 mgを含んでいる。 プロダクトは伝染に対する防衛の3つのレベルをすべて後押しする有効な免疫組織の興奮剤、すなわちである。

  1. 食作用
  2. humoral反作用
  3. 細胞免除

免疫組織の刺激によるBiostimは、両方の正常な人々および落ち込んだ免疫組織との人々で細菌、菌類およびウイルスが引き起こす病気から保護するために、示されていた。 biostimとの年次処置が医学の試験で証明されたらの有効性。 それが免除を後押しし、肺の慢性の伝染を避けるのに使用することができる。 biostimの規則的な使用は伝染の危険を下げ、伝染の短期間を経験するために意味する。

Centrophenoxine

Centrophenoxineはエネルギー生産のために必要のブドウ糖の高められた通風管によって頭脳エネルギーを高めるのに広く使用されるantiaging薬剤である。 Centrophenoxineは老齢期、打撃、化学薬品および薬剤によって引き起こされる肉体的なけがおよび余分なアルコール消費による悩障害の処置で非常に有効であるために確認されている。 Centrophenoxineに有毒な環境の化学薬品から保護する機能がある。

Centrophenoxineは実験動物の寿命を拡張し、頭脳および筋肉細胞の増加する量で見つけられるlipofuscinと呼ばれる細胞彩色された廃棄物のレベルの減少で非常に効果的であるために示されていた。 Centrophenoxineはまた学習および記憶を高め、細胞膜の余分な遊離基の活動による細胞損傷を減らす。

提案された線量: Centrophenoxineは1つから4つのタブレットまで毎日及ぶ線量で使用することができる。

より多くの情報のために Centrophenoxineの 概要を見なさい

Deprenyl

Deprenylは世界の最も有効なantiaging 療法 の1つであるかもしれない。 Deprenylはそれにより頭脳および中枢神経系のドーパミンのレベルを上げるドーパミンを、破壊する酵素の禁止によって働く。 ドーパミンの上昇値は相談し、リビドーを増加できる抗鬱剤の効果。 Deprenylは動物実験の最高の寿命を拡張した。 パーキンソン病の進行を遅らせ、アルツハイマー病に苦しむ患者の生活環境基準を改善することを臨床的に使用する。

年齢45の後のあらゆる十年では、脳細胞を作り出す私達のドーパミンの約13%は死ぬ。 Deprenylは神経伝達物質のドーパミンの若々しいレベルを維持している間これらのドーパミン産出の細胞の死を禁じるかもしれない。

提案された線量: 健康な人々のために、2つのタブレットを取りなさい週。 パーキンソンおよびアルツハイマー病の徴候とのだれでも医者の保護の下で10に1日あたりのdeprenylのmgを取るべきである。 deprenylの使用はプロザックとおよびアヘン剤ベースの薬剤の麻酔薬または他の薬剤禁忌とされる。

より多くの情報のために Deprenylの 概要を見なさい

Ergoloid Mesylates (Hydergine)

Hydergineは記憶および精神機能を改善し、老化関連の損傷から頭脳を保護する複数の方法ではたらくので普及した「スマートな丸薬」である。 ヨーロッパ人は生産性の高める薬剤として定期的にHydergineを使用する。 緊急事態では、ヨーロッパの医者は頸動脈に頭脳を保護するためにhydergineを直接注入する。 Hydergineの行為のメカニズムは脳細胞にlipofuscinの沈殿、遊離基の損傷からの頭脳へのATPの統合そして保護の改善による脳細胞の高められた新陳代謝の率の減少を含める。

提案された線量: ヨーロッパ人は望ましい結果を得るHydergineの4から10 mgを使用する日。

より多くの情報のためにHydergineの 概要を見なさい

Isoprinosine

1985年以来、基礎はエイズ、癌および年齢準の免疫の減損のためのアジェバント処置としてIsoprinosine®、別名Imunovir®を推薦した。 1972年以来のIsoprinosineそして癌で出版される60以上の記事がずっとある。 関連した徴候のIsoprinosine、特徴および実用性はここで論議される。 Isoprinosineは一部の国の化学療法のimmunorestorationのためにimmunomodulator現在(2001年12月現在で)承認されるであり。 化学療法の患者は化学療法誘発のimmunodepressionの結果として異なったウイルス感染に特に敏感である。 Isoprinosineのアジェバント療法は個人のベースライン レベルへの細胞仲介された免疫反応を元通りにすることができる。 癌患者の栄養物 情報についての詳細を 読みなさい。

従ってそれは元通りにするために化学療法の間に潜伏単純ヘルペスまたはヘルペスのvaricelliformのzoster (鉄片)の伝染の、または他の二次ウイルス感染の処置または管理のための再活動化に対して免疫反応をそして予防法として所定である場合もある。

これらの例では、使用される適量は毎日時間を目覚めさせることの間に均等に分けられる3gの最高まで細い体重の標準50 mg/kg/日、(6x 500 mgのタブレット)である。 処置のスケジュールは使用される化学療法の代理店のタイプによって決まる。 Isoprinosineは注入の後で癌性細胞に対する望ましい免疫の抑制が実施されたらだけだけ管理され。 免疫組織が正常化することは好ましいときその時注入の間でIsoprinosineの処置は正常な免疫反応の回復を高めるために始められる。 処置日の数は個々の患者の注入とまた免疫のプロフィール間の時間によって決まる。

Isoprinosineはまた化学療法、外科または放射の後でimmunorestorationのために管理することができる。 外科か 放射の後でImmunorestorationに行きなさい

それはIsoprinosineがneoplasiaの処置のために本質的に公認ではないことノートにとって重要である。 癌に対するIsoprinosineの効果自体がまたは病気の進行に対する効果にデータない。

Isoprinosineはいかに働くか。

Isoprinosineは薬剤によるホストの免疫反応の明白な生体内の強化に起因する免疫調節および抗ウィルス性の特性が付いている総合的なプリンの派生物である。

Isoprinosineの行為は次の通り要約することができる:

  • T細胞毒素の細胞およびT助手の細胞にTリンパ球の微分を刺激し、lymphokineの生産を高めることによって細胞仲介された免除を正常化する
  • IL-1 (interleukin1)の増加の生産およびIL-2 (interleukin2)およびIFN-か。 (ガンマのインターフェロン)
  • 増加NKの細胞(NK細胞)機能
  • B-のリンパ球の微分を刺激することと抗体の生産を高めることによってプラズマ細胞にhumoral免疫反応を高める
  • IgGおよび補足物の表面のマーカーの数を高める
  • 好中球、monocyteおよび大食細胞のchemotaxisおよび食作用増強する
  • ウイルスのRNAの統合の抑制によってウイルスの成長を禁じる落ち込んだlympocytic RNAの統合および翻訳の能力を増強している間

Isoprinosineの処置の他の利点

調査はIsoprinosineの機能をT細胞、T助手の細胞およびNK (自然なキラー)の細胞の総数そして活動を高めることによってHIV感染させた人のエイズの進行を遅らせる文書化した。 1990年6月21日出版された 最も大きい調査はに ニューイングランドの医療ジャーナルでHIVが500上のCD4細胞計数を用いる人々を経験したIsoprinosine療法からの重要な利点を感染させたことが分った。

Tリンパ球の欠陥はT細胞の開発を促進するとIsoprinosineおよびlevamisoleその(別の免疫があ後押しの 薬剤)の模倣者が thymicホルモンの行為見つけた1989年に医学のOncological腫瘍のPharmacotherapyの調査に従って癌およびエイズ患者で共通である。 Isoprinosine、低線量のInterleukin 1および2、およびMelatoninのような他の免疫があ調整のホルモンの組合せは有効な癌療法として多分提案される。

規定情報

規定の医者は療法の細部について最終的に決定する(投薬、持続期間、等)。 出版された参照から得られる投薬情報に従って; 癌を持つ患者は2000年のmgに2か月(2-3g/day間Isoprinosineの日刊新聞の3000 mgを持って行くことができる; 500 mgのイノシンのpranobexの4-6のタブ)。 それからそれらは2か月間Isoprinosineを取ることを止めるかもしれ次にもう2か月の同じ線量でそれを取ることを再開する。

命令のImunovir®/Isoprinosine

Isoprinosine®/Imunovir®は米国の認可された薬剤ではない。 プロダクトはimmunodepressed患者および処置の細胞仲介された免除の復帰または他のウイルスに引き起こされた徴候の管理に43ヶ国で世界的に登録されている。

それは「規定」の薬物だけであり、従って米国で認可された医者からの規定を必要とする。 命令のプロシージャは個人的な輸入のための規定する出来事の指導の FDAのオフィスに続く

より多くの情報のためにIsoprinosineの 概要を見なさい

KH3

KH3は長年に渡ってantiaging薬剤として世界中の70ヶ国以上で使用された。 あらゆるKH3カプセルはプロカインの活動を高めるhematoporphyrinと呼ばれる混合物と共に世界的に有名な「青年」薬剤のプロカインを含んでいる。

多くの調査はKH3が老化のある面を減速することを、人々が生命の圧力に対処する助け示し、生命を価値があるようである作る。 臨床調査はKH3が頭脳の警報、集中、記憶、物理的な調整および血循環を改善できることを示した。 年配者を扱うのにKH3が最初に主に使用されたけれどもすべての年齢の人々によって今世界中で使用される。

提案された線量: 少し液体が付いている朝食で1つから2つのカプセルを毎日取りなさい。 この養生法は5か月間続くべきであるそのあとで2 KH3の有効性を判断するのにから4週の壊れ目が使用することができる。

より多くの情報のために KH3 概要を見なさい

Nimodipine

頭部外傷の犠牲者のために特に推薦されて、nimodipine (銘柄Nimotop)は中枢神経系へカルシウム チャネルのブロッカー細目である。 それはそれにより容器を緩め、血および酸素の供給を高める血管の細胞にカルシウムの動きを、防ぐ。 それは劇的に大脳の血の流れを改善する。 Nimodipineは頭脳のまわりで血管を破烈させるためにによって起こされる問題を防ぎ、扱うのに使用されるFDA公認の薬剤ですが、打撃および他の年齢関連の神経疾患の犠牲者を扱っているほとんどの神経学者によって無視された。

Picamilon

Picamilonは大脳の容器への血の流れの改善のHydergineかvinpocetinより有効ようである。 Picamilonは容易に減少された酸素の流れの効果からニューロンを保護するために血頭脳の障壁を交差させる。 それはまた効果を認識高めることを作り出す。

これらの効果の組合せは神経学的な老化の複数の原因を安全に取扱う全く新しい方法を提供する。 Picamilonは独特にGABA (ガンマ アミノ酪酸)と結ばれるロシアの医薬品として承認されるが、実際にナイアシンのアナログ(n-nicotinoyl)からビタミンそっくりに混合に成っていることである。 ナイアシンはGABAに区切られるとき、大脳および周辺循環を高めるために容易に血頭脳の障壁を突き通す分子を作成する。 可能になる何が働くpicamilonはそうよくナイアシンとGABAの分子間の共働作用である。

提案された線量: 1つのタブレット、一日に三回への2。 認識なら高める結果は30日、二重線量に行われない。

より多くの情報のために Picamilonの 概要を見なさい

Piracetam

Piracetamは記憶および学習にかかわる頭脳の受容器の感受性を高めるアミノ酸GABAの派生物である。 Piracetamは心を高める機能のためにnootropic薬剤と呼ばれる。 両方の動物および人間の調査はpiracetamが記憶を改善し、注意および認知を高め、空間的な学習を改善し、モーター メカニズムを高めることができることを示した。 Piracetamは知性、情報処理の能力、集中、記憶および創造性を高めるのに使用されている最も普及した「スマートな薬剤」の1つである。 頭脳内の情報の固定によって頭脳の球を調和させ、合わせることを示した。

提案された線量: Piracetamは1600から2400 mgまで及ぶ線量で朝一番で日によって取られる使用されるべきである。

より多くの情報のために Piracetamの 概要を見なさい

Pyritinol

最近の証拠はPyritinolと呼ばれるヨーロッパの薬物がアルツハイマー病のための有効な処置であるかもしれないことを提案する。 比較されたときHydergineおよび偽薬、PyritinolはHydergineのグループでより顕著だった認識機能の連続的な改善を作り出した。 Pyritinolはいろいろ神経学的な無秩序の処置のためにヨーロッパで使用される。 Pyritinolの分子はビタミンB6 (ピリドキシン)に構造的に類似しているが、ボディの内で別の形で作用する。 Pyritinolは米国で利用できない。

Ribavirin

RibavarinにRNAおよびDNAの両方ウイルスに対して抗ウィルス性の活動がある。 それは合成物質、引き起こす非インターフェロン抗ウィルス性の代理店である。 Robavinは5'としてイノシンの一リン酸塩(IMP)またはグアノシンの一リン酸塩(GMP)のアナログとして機能によって抗ウィルス性の効果を-一リン酸塩出すかもしれない。 それはIMPのデヒドロゲナーゼの有効な抑制剤である。 従ってRobavinは外見上それがウイルス蛋白質の統合に必要なウイルスのリボ核酸の統合に導くウイルスの写しの早いステップを禁じる。

構成
各カプセルか各々の10のmlはribavirinの100 mgを含んでいる。

徴候
Aの肝炎、帯状ヘルペスをタイプしなさい。 単純ヘルペス、ウイルスの呼吸の伝染、ウイルスの小児科の病気。

適量および管理
大人のために、ribavirinの100から200 mgは通常6から8時間毎に口頭で管理される。
子供のために、ribavirinの10mg/kg/dayは通常3つから4つの分けられた線量で口頭で管理される。
肝炎: 10から14日間管理しなさい。
ヘルペス: 7から10日間管理しなさい。
呼吸の伝染および小児科の病気: 5から7日間管理しなさい。

注意
A. Contraindications

  1. 広範な肝臓の線維症の患者
  2. 腎臓の減損の患者
  3. 有害な貧血症の徴候の患者

B.不利な反作用

  1. Overdosageによりか延長された処置は貧血症の徴候を引き起こすかもしれない。 管理はそのような徴候が成長すれば中断されるべきである。
  2. S-GOTおよびS-GPTの高度は起こるかもしれない。 管理はそのような徴候が成長すれば中断されるべきである。
  3. 頭痛、眠気、けいれん、等は時折起こるかもしれない。

C. 妊娠の間の使用:

  1. 妊娠の間のこのプロダクトの安全は確立されなかった。 このプロダクトの管理は妊娠しているの疑われる妊娠した患者か女性に推薦されない。

貯蔵
堅い容器の店、および乾燥した、涼しい場所。

満期
3年

供給されるいかに
Robavinは要約する: 60, 100, 300, 500
Robavinのシロップ: 30, 60, 90, 450

より多くの情報のために Ribavirinの 概要を見なさい

放棄

このページの情報は医者の助言を取り替えるように意図されていない。 のこのセクションで、またはどこでも生命延長基礎のウェブサイトで論議される栄養素取るように努めるだれでも医者か他のヘルスケアの専門家の保護の下でしかそうするべきではない。