生命延長スキン ケアの販売

生命延長更新

生命延長は記事を特色にした

2010年4月6日

減らされたビタミンKの取入口はより大きい癌の死亡率と関連付けた

DHAのハイ レベルは中間によって老化させる人および女性の改善された認識機能に関連する

記事は2010年3月24日臨床栄養物のレポートの アメリカ ジャーナルのドイツの 癌研究の中心からの研究者の見つけることおよび癌がもとで死ぬ減らされたビタミンK2の取入口と高められた危険間の連合の環境衛生のためのドイツの研究所にオンラインで出版した。

現在の研究は35から1994年と1998年間の登録に64老化した蟹座および栄養物ハイデルベルク(叙事詩ハイデルベルク)の前向き研究にヨーロッパの将来の調査の24,340人の関係者からのデータを分析した。 調査の始めに癌がなかった関係者は2008年によって続かれた。 登録に完了した食餌療法のアンケートはphylloquinone (ビタミンK1)およびmenaquinones (ビタミンK2)の取入口のために分析された。

フォローアップの期間にわたって、458不運を含む癌の1,755の場合が、あった。 ビタミンK2の取入口関係者の上の25%間にだったそれらに取入口が最も低い第4の中にあったそれらと比較された癌の発生の14% nonsignificant減少がある間、最も高い取入口を持つグループは病気で死ぬことの28%より危険度が低い経験した。 データの更なる分析はビタミンK2と関連付けられた人で癌の発生の減少が行われたことを定めた。 癌が原因によって検査されたときに、肺癌の危険の62%減少およびビタミンK2の取入口上の25%間にだったそれらの前立腺癌の35%より危険度が低い観察された。 分析からの前立腺そして肺癌の排除がまだビタミンK2の取入口とmetastatic癌の危険性間の反対連合を見つけたが、研究者はそれが統計的な重大さであると考慮しなかった。 連合はビタミンK1の間でおよび癌の発生または死亡率見つけられなかった。

著者は調査の人が本当らしかったビタミンK2によって影響を及ぼされるために癌の場所(前立腺、肺)を持っていたという事実によって人および女性に対するビタミンK2の効果の相違を説明する。 癌の発生と比較される癌の死亡率のビタミンK2のより大きい反対連合に関して著者はapoptosisおよび細胞周期の阻止に影響を与える発癌の役割を後で担うために要因が本当らしいという想定のもとで「この観察が一貫していることに気づく。 さらに、実験調査は転移の開発に堅く」つながるangiogenesisに於いてのmenaquinonesの抑制的な役割を提案する。

「この調査menaquinonesの食餌療法取入口間の反対連合を示し、全面的な癌の発生および死亡率は両方」、は著者完了する。 彼らはビタミンKの状態のbiomarkerの測定を使用して付加的な調査を提案する。

友好的なプリンター PDFとして救いなさい このページに電子メールを送りなさい 眺めのアーカイブ 今日予約購読しなさい
健康の心配 生命延長ハイライト

蟹座のアジェバント療法

第一次肝臓癌の処置で非常に有望なようであるビタミンKの新しい形態はピッツバーグの蟹座の協会(UPCI)の大学の科学者によって、化学療法に対して抵抗力があるタイプ悪名高く発見された。 生物化学のジャーナルで出版された研究は扱い、多分apoptosisの誘発によって、癌防ぐために革新的なアプローチを記述した(NIとal.1998)。

UPCIのチームはことがビタミンKのアナログ、混合物5 (CPD5)、原因細胞の中の蛋白質からの小さい分子(隣酸塩グループ)の付加か取り外しを制御する酵素の正常な活動の不均衡分った。 具体的には、CPD5は肝臓癌の細胞の中の指定蛋白質から普通隣酸塩グループを取除く酵素(蛋白質チロシンのホスファターゼ)の活動を妨げる。 しかしCPD5は同じ蛋白質に隣酸塩グループを加える蛋白質のチロシン キナーゼと呼ばれる酵素の別のグループと干渉しない。 結果は細胞の閉鎖およびそれに続く死を含む細胞内のいろいろな活動を、誘発するチロシンphosphorylated蛋白質の超過分である。

実験的にあるとCPD5が人間で同様に有効ならレバー移植の空席待ち名簿からある個人を取除くことは可能かもしれない。 但し、ビタミンKの混合物は肝臓癌の殺害に限られない; ティッシュ文化で混合物はメラノーマおよび乳癌に対してまた有効だった。 新しいビタミンKが現時点で臨床テストにないが、顧客および医者は(800) 237-4PCI (4724)または(412)処置に関する周期的な更新のための624-1115でUPCIの蟹座情報および紹介サービスに連絡するかもしれない。 尋問者はまたhttp://www.upci.upmc.eduで大学のウェブサイトを訪問 できる

ビタミンKはcytokines (Reddi等1995年)の豊富な源として確認されるlipopolysaccharide刺激された繊維芽細胞によって禁じられたIL-6生産を混合する。 IL-6の過剰表現がtelomeraseの炎症性プロセス、骨の再吸収、活発化、および癌拡散に複雑にかかわるので見つけるこれに重要な抗癌性の含意がある。

生命延長 Magazine® 4月、2010日はオンラインで今出る

生命延長雑誌2010年4月

特色にされたプロダクト

高度の口腔衛生のミントの菱形

カートに加えなさい

高度の口腔衛生は口で最初に成長する有害な細菌を妨げるのを助けることができる有利な細菌を提供する新しい口頭probioticである。 この洗練された口頭probiotic療法は競うとボディで見つけられる健康な、自然発生する有機体を有害な細菌可能にする。

高度の口腔衛生はBLIS K12™およびバチルス- coagulans、ボディに害を提起するかもしれない口頭微生物が引き起こす私達の健康への慢性の脅威の多数に打ち勝つことを向ける2口頭probioticsの独特なブレンド--を含んでいる。 BLIS K12™ (連鎖球菌salivarius)およびバチルス- coagulans (GanedenBC30®)の有機体は口に起きる危ない細菌によって引き起こされる発火および細胞の破壊の規則の潜在的な、提供の助けを健康促進することを最大にする人間のティッシュで自然に存続する。

必要な植物の脂質のReparative血清

カートに加えなさい

ギャリーGoldfaden、M.D.有名な皮膚科医は、大人の成熟によって見つけられる共通の皮問題のための新しい解決を開発した。

必要な植物の脂質のReparative血清は有効な酸化防止茶エキスと強化される植物得られた脂質の芳香なしの、防腐剤なしの複合体である。 この極度のreparative保湿剤は敏感な皮、アレルギー傾向がある個人および非常に乾燥肌のために優秀である。 それはまた外科的処置からの、そして皮およびレーザーのプロシージャにかかわる皮の回復過程の最小になる傷の形成のために推薦される。 それは頻繁な使用のために安全である。

ニュースのアーカイブ

生命延長更新

熱い何が

生命延長 Magazine®

質問があるか、または生命延長のこの問題または過去問題に関する コメントが更新したら、それらをddye@lifeextension.comに 送るか、 または954 202 7716を呼びなさい。

www.lef.org
生命延長更新に申し込みなさい

版権の許可のために、生命 延長版権の方針を参照しなさい

カスタマー サービスのために照会は電子メールを送るか、customerservice@lifeextension.comに または 呼ぶ1 800 678 8989を喜ぶ。