生命延長スキン ケアの販売

生命延長更新

生命延長更新の独占記事

2009年7月7日

ビタミンCは乳癌の齧歯動物モデルの腫瘍から保護する

ビタミンCは乳癌の齧歯動物モデルの腫瘍から保護する

7月では、ジャーナル発癌の2009 問題ラットのエストロゲン依存した胸の腫瘍に敏感な緊張のエストロゲン誘発胸の腫瘍に対して、コロンビア大学の研究者はビタミンCのための保護特性の発見を報告する。

記事への彼らの導入では、著者はエストロゲンがエストロゲンの受容器の依存した、独立したメカニズムを通して癌を刺激できることに気づく。 エストロゲン誘発の乳癌のエストロゲンの受容器独立した細道はチトクロームP450の酵素によって酸化新陳代謝を経るときDNAに対する悪影響をもたらすことができるカテコールのエストロゲンを発生させるためにボディのエストロゲンの活発化を含む。 現在の調査はエストロゲンの新陳代謝をエストロゲンの新陳代謝の抑制剤のアルファnapthoflavone (ANF)が付いているカテコールのエストロゲンに減らすかどうか定めるように設計されていたおよび酸化防止ビタミンCとの酸化圧力を下げることはエストロゲン誘発の腫瘍の開発を減らす。

研究者は制御物質、17ベータestradiolエストロゲン(E2)、ビタミンC (飲料水に加えられる)、ビタミンCとアルファnapthoflavone、17ベータestradiol、またはアルファnapthoflavoneと17ベータestradiolを受け取るために動物を分けた。 これらのグループのそれぞれは7、15、120か240日間処置を受け取るために分けられた。

毎処置の期間の終わりに、動物は酸化圧力のマーカー8 isoProstaneのF 2アルファの腫瘍の発生のためにおよび乳房およびレバー ティッシュのレベルおよび酸化防止剤のスーパーオキシドのディスムターゼ、カタラーゼおよびグルタチオンの過酸化酵素検査された。

乳房の腫瘍がestradiolを受け取らなかったグループで見つけられない間、受け取ったラットの82% 240日後に単独でestradiol乳房の腫瘍を開発した。 240日間estradiolそしてビタミンCを受け取った動物では、乳房の腫瘍の発生は29%に減った。 腫瘍はビタミンCを受け取り、estradiolのグループだけで見つけられた侵略的な腫瘍に対して大抵内部に閉じ込められた腫瘍で後で現われた。

アルファnapthoflavoneとの処置は完全にestradiolを受け取ったラットの腫瘍を防いだ。 アルファnapthoflavoneおよびビタミンCはまたestradiol扱われた動物の酸化圧力を下げると見つけられた。 芝地およびグルタチオンの過酸化酵素が単独でestradiol --にさらされた動物で増加する間、受け取ったラットが経験した高められた酸化圧力はこれらの酸化防止酵素の強化で単独でestradiol起因したことを提案する、ANFおよびビタミンCとのestradiolを受け取った動物に制御と変わらずに比較されて残った。

「現在の調査エストロゲン誘発の発癌の動物モデルの酸化防止ビタミンCかエストロゲンの新陳代謝の抑制剤ANFによって胸の発癌の阻止を示す第1である発表される」は著者。 「これらの結果はE2新陳代謝およびオキシダントの圧力がエストロゲン誘発胸の発癌に批判的にかかわることを提案する。

友好的なプリンター PDFとして救いなさい このページに電子メールを送りなさい 眺めのアーカイブ 今日予約購読しなさい
健康の心配 生命延長ハイライト

乳癌

乳癌は胸のティッシュの細胞が制御なしで分かれ、育つと起こる。 細胞周期は細胞の成長そして死を調整する自然なメカニズムである。 従って正常な細胞の調整装置が故障しているおよび細胞は適切な率で死なないとき、細胞死(apoptosis)の細胞の成長の失敗が行く抑えられなくある。 その結果、癌は細胞が制御なしで分かれる腫瘍と呼ばれる余分ティッシュの固まりにと同時に始め、成長し集まる。 腫瘍は非癌性(温和)または癌性である場合もある(悪性)。 腫瘍は育つと同時に、周囲の正常で健康なティッシュからの新しい血管の成長を引き出し、このティッシュからそれ自身に与えるために血液の供給および栄養素を転換する。 このプロセスは「angiogenesis」を-新しい血管(angio)の開発(起源)と名づけられる。 調節されていない腫瘍のangiogenesisはボディ中の癌の成長を促進する。

癌細胞に元の腫瘍の場所を去り、遠い位置に移動し、recolonize機能がある。 このプロセスは転移と呼ばれ、レバー、肺および骨のような器官に起こる。 血流およびリンパ系両方(ボディ中のネットワークの接続のリンパ節)は移動癌のための理想的な車として役立つ。 、これらの移動の癌細胞が腫瘍を越えて常に存続しないが、存続すれば、癌細胞は再度異常に分かれ始め、各々の新しい位置で腫瘍を作成する。 未処理か処置抵抗力がある癌を持つ人は病気でレバーまたは肺のような生命の維持に必要不可欠な重要な器官が侵入され、追い抜かれ、そして破壊されれば結局死ぬかもしれない。

胸の癌性腫瘍は通常ゆっくり育つ。 腫瘍が十分に大きい固まりとして感じられるにはまでに限り10年のために育つかもしれないことが考えられる。 これは腫瘍の細胞(micrometastasis)の検出不可能な広がりが診断の既にまでに起こるかもしれないという確信をもたらすことを持っている。 従って、健康なバランスの取れた食事のような予防策はおよび生活様式、栄養の補足および練習癌の開発に対して第一次重要性をもつ。 早期診断は乳癌がもとで死ぬ危険を減らす最もよい方法である。 これは月例自己胸の検査、年次臨床胸の検査およびスクリーニングの乳房撮影によって達成することができる。 乳癌が検出されれば、栄養の補足、食餌療法の修正、解毒、および次の1つ以上を組み込むmultimodalityのアプローチは考慮されるかもしれない: 外科、化学療法、放射、ホルモン療法、またはワクチン接種療法。

生命延長雑誌7月、2009日はオンラインで今出る

生命延長雑誌2009年7月

特色にされたプロダクト

パントテン酸のカプセル

カートに加えなさい

パントテン酸はヘモグロビン、ステロイド ホルモン、神経伝達物質および脂質の統合の役割を担う。 それは複数の新陳代謝の細道で助け、細胞に出入して脂肪の移動に必要の補酵素の最も重要な部品である。 パントテン酸は穏やかに酸性ただですが、頻繁に酸味を中和し、貯蔵の安定性を高めてカルシウムを伴って利用できる。

Neuroprotectionの複合体とのCognitex

カートに加えなさい

頭脳は遊離基のハイ レベルを作り出す非常に活動的な器官である。 これらの遊離基はニューロンの脂肪質の膜および機能の早期の損失を引き起こす他の脳細胞により衝撃できる。 Cognitexは頭脳のような脂質の(脂肪質の)豊富な環境で最もよくはたらくいくつかのphytonutrientベースの酸化防止剤を含んでいる。

酸化防止栄養素が必要な遊離基の保護を提供する間、多数は遊離基のバランスをとるために電子を倹約したら容量を限った。 Cognitexはcarnosic酸の滝と呼ばれるプロセスの遊離基に対してマルチステップ保護を提供する、carnosic酸で豊富である新しいローズマリーのエキスを含んでいる。 遊離基の相互作用の各ステップでそれからそれ自体強力な酸化防止剤である新しい混合物は形作られる。

ニュースのアーカイブ

生命延長更新

熱い何が

生命延長 雑誌

質問があるか、または生命延長のこの問題または過去問題に関する コメントが更新したら、それらをddye@lifeextension.comに 送るか、 または954 202 7716を呼びなさい。

長い生命のため、

Daynaの染料
編集者、生命延長更新
ddye@lifeextension.com
954 766 8433延長7716
www.lef.org
生命延長更新に申し込みなさい

版権の許可のために、生命 延長版権の方針を参照しなさい