生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長更新

2005年8月16日 友好的なプリンター
この問題

生命延長更新の独占記事

発火は大脳の小型容器の病気とつながった

議定書

大脳の血管疾患

特色にされたプロダクト

エゴマ オイル

 

極度のイチョウのエキス

生命延長雑誌の8月2005日問題

高い繊維の取入口はDurkピアソンおよびサンディ ショウでC反応蛋白質のレベルを、切る

生命延長更新の独占記事

発火は大脳の小型容器の病気とつながった

ジャーナル循環(http://circ.ahajournals.org/)の8月9日2005問題 出版された調査は発火と関連付けられた更に別の条件を明らかにした。 ロッテルダムのErasmusの医療センターからのチームは、ネザーランドC反応蛋白質(CRPの発火のマーカー)の高度が大脳小さい容器の病気、白質の損害によって特徴付けられる打撃および痴呆の高い危険と関連付けられるlacunar infarctsおよび条件の高められた発生と関連付けられることが分った。

チームは69から90 1995年から1996年から老化した1033人の関係者を登録したロッテルダム スキャン調査からの調査結果を評価した。 主題は登録に頭脳の血のテストそしてMRIスキャンを経、大半はおよそ3年後に再検査された。

C反応蛋白質のハイ レベルを持つ個人が大脳の白質の損害のより大きい流行そして進行を示したことが、特にperiventricular損害分られた。 CRPのレベルが関係者の最も高い25%にあった主題はにCRPが最も低い第4にあったそれらよりマーク付きのperiventricular白質の損害の進行の危険3倍の経験した。

調査結果の彼らの論評で著者はCRPが条件と関連し、同じ心血管の危険率を共有する大き容器のアテローム性動脈硬化を反映できるがCRPのレベルがアテローム性動脈硬化のと同じように小型容器の病気のためのマーカーであるかもしれないことを提案する。 さらに高いCRPによって示された発火は頭脳のischemic組織の損傷への応答であることができる。 なお、この発火はアルツハイマー病の開発にかかわることができる。 著者はアスピリンのような炎症抑制の代理店がこれらの損害の進行を遅らせ、関連の条件を防ぐのを助けることができることを提案した。

議定書

大脳の血管疾患

2つのタイプによりの血栓症打撃を引き起こすことができる: 大きい容器の血栓症および小さい容器の病気。 Thrombotic打撃は最も頻繁に大きい動脈に起こり、病気の影響そして荒廃を拡大する。 ほとんどの大きい容器の血栓症は急速な凝血の形成に先行している長期アテローム性動脈硬化を組み合わせて引き起こされる。 多くのthrombotic打撃の患者に冠動脈疾患があり、心臓発作はこのタイプの頭脳の攻撃に苦しんだ患者の頻繁な死因である。

第2タイプのthrombotic打撃は血の流れが非常に小さい幹線容器に妨げられるとき起こる小さい容器の病気である。 少しは小さい容器の病気の特定の原因について知られているが、高血圧と頻繁に密接に関連があり、atherosclerotic病気の表示器である。

慢性の発火は増加されたフィブリノゲンのレベルを含むいろいろ全身の病気と、関連付けられる。 C反応蛋白質(CRP)は赤血球沈降速度(ESR)の前に上がる全身の発火のための早いマーカー、慣習的な薬で使用される発火のマーカーである。 C反応蛋白質はLDLのコレステロールと結合するようで粘着性および管の付着を高める。 C反応蛋白質は心循環器疾患のための感度が高い危険率であると考慮される。

複数の調査はCRPのレベルおよび未来の打撃の危険または心筋梗塞間の関係を検査した。 1つの記事はFraminghamの調査の原物のグループの最初ischemic打撃またはTIAの発生に血しょうCRPレベルを関連付けた。 CRPのレベルは1980-1982年の医院の検査の間にstroke/TIAの591人そして871人の女性の前に凍結する血しょうサンプルで平均年齢が69.7年だったときに、自由に測定された。 12-14年間のフォローアップの間に、196回のischemic打撃およびTIAsは起こった。 年齢の独立者、最も高いCRPの四分位数の人はischemic stroke/TIAの危険かける2があり、女性は危険が最も低い四分位数(Rost等2001年)のそれらと比較したほぼ3時間があった。

倍数の有利な効果をもたらす複数のハーブは炎症抑制である。 これらは魚、亜麻、エゴマおよびるりぢさオイルにアスピリン(白いヤナギの木の吠え声から得られる)、ウコン(クルクミンを含んでいる黄色いスパイス)、および見つけられる必要な脂肪酸を含める。

http://www.lef.org/protocols/prtcl-031.shtml

特色にされたプロダクト

エゴマ オイル

人々が老化すると同時に、慢性の全身の発火はボディ中の退化的な効果を加えることができる。 この有害な滝の第一次原因は炎症性cytokinesとして知られている細胞シグナリング化学薬品の生産である。 これらの危ないcytokinesと共に、プロスタグランジンと電話されるまた慢性の炎症性プロセスにホルモンそっくりのメッセンジャーの不均衡は貢献する。

ボディは脂肪酸が存続することを必要とし、それらの2を除いてすべてを作れる: リノール酸、オメガ3家族のオメガ6家族そしてリノレン酸で。 従ってこれら二つの脂肪酸は食事療法によって供給されなければなり、必要な脂肪酸(EFAs)として考慮される。

胃腸副作用は魚から十分なオメガ3に脂肪酸を得ることからの何人かの人々排除した。 魚油に一般にあるEPAおよびDHAは両方エゴマのfrutescensのような少数の植物だけで、豊富なアルファ リノレン酸からボディによって作ることができる。 エゴマ オイルはまたbeefsteak植物と電話される植物の種から来る。

極度のイチョウのエキス

いろいろな条件を扱うのに中国人がイチョウのbilobaの木からのエキスを使用したほぼ2800年間頭脳、心血管の、血および血管の、循環および代謝過程の健康な正規関数を維持しなさい。 自由根本的な活動を妨害するフラボノイドおよびイチョウはproanthocyanidinsのような多数の酸化防止剤を含んでいる。 フラボノイドはまた頭脳に健康な血の流れを促進できる認識健康の維持を助ける毛管、増強するために知られている。

http://www.lef.org/newshop/items/item00504.html

生命延長雑誌の8月2005日問題

高い繊維の取入口はDurkピアソンおよびサンディ ショウでC反応蛋白質のレベルを、切る

高い食餌療法繊維の取入口は心血管の危険率C反応蛋白質(CRP)の低レベルと国民の健康および栄養物の検査の調査(NHANES)からのデータに従って、関連付けられる。

http://www.lef.org/magazine/mag2005/aug2005_itn_02.htm

質問か。 コメントか。 それらをddye@lifeextension.comに 送るか、 または954 202 7716を呼びなさい。

長い生命のため、

Daynaの染料
編集者、生命延長更新
ddye@lifeextension.com
954 766 8433延長7716

http://mycart.lef.org/subscribe.aspで生命延長更新に 申し込みなさい

助けはより長く、より健康な生存についてのよいニュースを広げた。 友人にこの電子メールを進めなさい!

時事通信のアーカイブの生命延長更新の眺めの 前の問題