生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長更新

2005年2月28日 友好的なプリンター
この問題

生命延長更新の独占記事:

透析患者の半分は人命救助のビタミンを受け取らない

議定書:

腎臓病

特色にされたプロダクト:

Lカルニチンのカプセル

タウリンのカプセル

生命延長

4月30日による今Overstockの販売

生命延長更新の独占記事

透析患者の半分は人命救助のビタミンを受け取らない
記事は腎臓学(www.jasn.org)のアメリカの社会 のジャーナルの4月問題 の前に透析をかなり改善する存続を経ている慢性の腎不全の患者ことをに注射可能なビタミンDを管理するそれオンラインで見つけた出版した。 透析患者の年次死亡率は現在米国の20%、心循環器疾患が原因で主にである。

壊れる腎臓を持つ個人が効果的に食事療法によって提供されるビタミンDを利用できないので注入は透析を受け取るそれらの半分についてビタミンで欠けているhyperparathyroidismの意味との注入のためにだけ、推薦されたが。 現在の研究は透析患者のビタミンDの注入の存続の影響を定めるように努めた。

マサチューセッツ総合病院、Ravi Thadhani、Freseniusの医療北アメリカからのMDおよび研究者の臨床研究のディレクターは1996年から1999年に始まるFreseniusの中心で透析を受け取った51,037人の患者からの情報を分析した。 活動化させた注射可能なビタミンDはこの調査の患者の37,173によって残りの13,864の主題はビタミンを受け取らなかったが、受け取られた。

2年間の透析後で、受け取った人の76%まだビタミンDの注入ビタミンを受け取らなかった患者の59%と比較された生存だった。 ビタミンDとの処置に二次カルシウムまたはリンの高度は不利にそれを受け取った人の存続に影響を与えなかった。 ビタミンDを受け取らなかった人の心血管の死亡率はほぼ二重それを受け取った人のそれだった。

示されるThadhani先生「私達はずっと長年に渡るビタミンDの注入を管理しているが、ずっと存続の潜在的な利点は決して調査されていない。 見つけるこれはだれがについてより広く考えさせる扱われるべきであるか驚きで、私達をべきである。 これらの結果が確認される必要がある間、私達は少なくとも現在の規準を満たす人々の処理でより積極的である必要がある。 その後私達は相談するメカニズムはこの存続の利点であるもの調査する必要がある。 私達は積極的に心循環器疾患に対する効果の焦点とのそれを」追求している。

議定書

腎臓病
長年にわたり、(CDC)疾病対策センターは米国の病気によって上の10の死因の1つとして腎臓病をリストした。 腎臓病はまた高血圧および糖尿病のまたCDCの上10の死因のリストに毎年含まれている2つの他の病気の重要な役割を担う。 末期の腎臓の(腎臓の)病気(ESRD)は米国の4-8%のレートで毎年育っている。 高度ESRDとの誰かは治療上か規則的な透析を、または両方を要求し、結局腎臓の移植が彼/彼女の生命を救うように要求するかもしれない。

predialysisの段階にあるか、透析を経るか、または後移植である患者のために、透析の間に失われたLカルニチンとの栄養の補足は共通の腎臓問題の副作用を、心筋症および血血小板の集合のような減らしまた全面的な生活環境基準の患者の認識の改善を助けるかもしれない。 Lカルニチンは慢性疾患を両方の健康な個人およびそれらの細胞エネルギーに与えることで有効性を示したアミノ酸である。

一般的な筋肉弱さはhemodialysisを経ている患者間の共通の不平である。 Lカルニチンの血清量を測定した1つの調査はhemodialysisがLカルニチンのレベルを下げた分り、患者(Wanic-Kossowska等1998年)のための新しい問題をことが提起した。 この調査は神経の伝導および速度のテストによって筋肉萎縮を測定し、「筋肉のneurogenic萎縮」の徴候を見つけた。 この有名なタイプの筋肉弱さはLカルニチン(500 mgの日刊新聞)の低い適量は12週間調査された30人の患者の3分の2で改善を示したことを報告した日本の医者によって更に調査された。 患者はより少ない筋肉弱さ、一般的な疲労およびけいれんおよび痛み報告した。 この調査はLカルニチンの低い線量が筋肉弱さを改善でき、透析患者(Sakurauchi等1998年)のための延長されたアジェバント療法として考慮されるべきであることを結論した。

タウリンは頭脳、中心、胆嚢および腎臓で豊富で、これらの器官の健康そして病気の重要な役割を担う。 タウリンは腎臓のglomerularおよび管状の細胞の実験的に引き起こされた脂質の過酸化反応から保護するために示され、glomerular減損(Trachtman等1996年)のような管状の無秩序を軽減するかもしれないアミノ酸である。 それはまた低血圧に血のカリウムへのナトリウムの比率のバランスをとることによって考えられる。

http://www.lef.org/protocols/prtcl-065.shtml

特色にされたプロダクト

Lカルニチンのカプセル

老化の主要な原因は細胞残骸の減らされた細胞新陳代謝の活動、蓄積、および細胞の終局の死で起因する細胞のエネルギー生産の部品の悪化である。

アミノ酸のLカルニチンは細胞膜を通してそして細胞エネルギーATPを作り出すためにこれらの脂肪が酸化する細胞内のmitochondriaに脂肪の輸送の援助によって細胞エネルギー新陳代謝の維持を助ける。

http://www.lef.org/newshop/items/item00156.html

タウリンのカプセル

タウリンはシステインからボディによって作り出され、調整の影響があることを考える中枢神経系の興奮しやすいティッシュ中のボディで、特に豊富に見つけられる条件付きで必須アミノ酸である。 但し、タウリンは多くの食事療法が不十分で、条件付きで必要特定の状況下で考慮されるかもしれない。

http://www.lef.org/newshop/items/item00199.html

4月30日による今Overstockの販売

生命延長基礎のメンバーは私達の限られ時間Overstockの販売の間に最上質の補足および栄養素の割引を、利用できる。 これらの価格は今命令するために供給が持続すると、従って呼ぶか1 800 544 4440をまたはhttp://www.lef.org/overstockでオンラインで命令する間、だけよい

質問があるか、または生命延長のこの問題または過去問題に関するコメントが更新したら、それらをddye@lifeextension.comに 送るか、 または954 766 8433延長7716を呼びなさい。

長い生命のため、

Daynaの染料
編集者、生命延長更新
ddye@lifeextension.com
LifeExtension.com
1100西の商業通り
Fort Lauderdale FL 33309
954 766 8433延長7716

http://mycart.lef.org/subscribe.aspで生命延長更新に 申し込みなさい

助けはより長く、より健康な生存についてのよいニュースを広げた。 友人にこの電子メールを進めなさい!

時事通信のアーカイブの生命延長更新の眺めの 前の問題