生命延長スキン ケアの販売

生命延長更新

2004年5月27日
この問題

生命延長更新の独占記事:

アスピリンの使用はホルモンの肯定的な乳癌の危険の減少と関連付けた

議定書:

乳癌

特色にされたプロダクト:

インドール3 carbinol

Healthprin

生命延長更新の独占記事

アスピリンの使用はホルモンの肯定的な乳癌の危険の減少と関連付けた
米国医師会医学総合誌の5月26日 2004問題で出版される調査は ホルモンの肯定的な乳癌のアスピリンの使用とより低い発生間のリンクを見つけた。 この調査はより早い研究によって示されるホルモンの受容器の状態と乳癌に対するアスピリンの保護効果が変わるかどうか検査するべき第1である。

Chapel Hillのノースカロライナのコロンビア大学そして大学の研究者はロング アイランドの乳癌の調査のプロジェクトから得られたデータを検査した。 乳癌を持つ千人の400人の42人の関係者は病気がなかった1420人の女性と比較された。

チームはアスピリンの使用と関連付けられた乳癌の減らされた危険がホルモン受容器の陽性の腫瘍を持つ女性に制限されたことが分った。 アスピリンはプロスタグランジンE2の腫瘍準のangiogenesis、またaromataseの表現を引き起こす発火にかかわる物質の生産に責任がある酵素COX-2を妨げる。 aromataseを妨げることはアスピリンの助けがホルモン受容器の肯定的な乳癌を防ぐであるかもしれない手段エストロゲンのレベルを下げることができる。

ロング アイランドの乳癌の調査のプロジェクトの捜査主任およびChapel Hillのノースカロライナの大学の疫学の教授、Marilie D. Gammon先生は、コメントした、「この仕事で、アスピリンが何人かの女性の約20%乳癌の危険を減らすこと私達は他レポートを確認する。 危険の減少は毎日のアスピリンのユーザー間で最も顕著である -- 27%。 ER [エストロゲン受容器] -肯定的な乳癌は優勢なタイプのpostmenopausal女性間の乳癌であり、postmenopausal女性は米国のすべての最近診断された乳癌の箱より約75%構成する。 それに対して、えー肯定的な乳癌は米国にあるより大いに低い乳癌率がところに、日本のpostmenopausal女性間で流行しない、例えば。 いかったらアスピリンそっくりのchemopreventive取るのような努力によってえー肯定的な乳癌の危険を減らしても私達は可能性としてはアメリカの女性間の発生乳癌を」減らしてもよい。

議定書

乳癌
あらゆる生殖癌の重要な面は腫瘍の成長がホルモン的に追いやられるかどうかである。 多くの場合乳癌の腫瘍は成長のためにホルモンを要求する。 これは受容器肯定的な腫瘍として知られている。 腫瘍の成長にかかわるホルモンがエストロゲンまたはプロゲステロンまたは両方であるのでこのタイプの癌は独特な問題を提起する。 エストロゲンおよびプロゲステロンはボディが寿命中の変化量で作り出す自然発生するホルモンである。 状態を更に複雑にしてが、これらのホルモンは他の多くの生理学機能のために必要、この議定書で後で論議される骨の完全性のようなである。

ホルモンの受容器肯定的な腫瘍はエストロゲン、プロゲステロン、または両方のための受容器の場所が付いている癌細胞から成っている。 これらの受容器の場所へのホルモンの付加は細胞増殖を促進し。 からの腫瘍の受容器の場所にホルモンを付すこと妨げる処置は癌の成長を遅らせるか、または停止するかもしれない。 このタイプの処置で最も頻繁に使用される薬剤はtamoxifenである。

1991年に、ホルモンの研究のための協会の研究者はボディを薬剤を使用しないでより弱い形態(エストリオル)にエストロゲン(estradiol)のより強い形態を変えるために引き起こせたことを発表した。 エストリオルはエストロゲンのより好ましい形態であると考慮される。 それはestradiolよりより少なく活発である、従ってエストロゲンの受容器を占めるとき、「強いestradiolを育てる」信号を妨げる。 エストリオルへのestradiolの転換が薬剤なしで堪能であることができると証明するために1週だけかかった。 自然な物質を使用して、研究者は12人の健康な人々(Michnovicz等1991年)に付き50%人エストリオルにestradiolの転換を高められた。

次に、それらは成長の乳癌に傾向があるメスのマウスの自然な物質をテストした。 癌の発生および腫瘍の数はかなり下った。 cruciferous野菜(ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ、カブ、緑葉カンラン、キャベツ、からしの種子、等)から隔離された物質はインドール3 carbinol (I3C)、phytochemicalだった。 I3Cは2か月間17人の人そして女性にそれから与えられた。 再度、強いエストロゲンのレベルは、増加した弱いエストロゲンのレベル低下し。 しかしもっと重大に、胸によって関連付けられたエストロゲンの代謝物質のレベルおよびendometrial癌(16のアルファhydroxyestrone)は落ちた(Bradlow等1991年)。

1997年に、ロックフェラー大学のStrangの癌研究の実験室の研究者はI3Cが「を弱い」エストロゲンに「強い」エストロゲン変えるとき、人間の癌細胞の成長は54-61%によって禁じられることを発見した(Telang等1997年)。 I3Cが自動的に消滅するために癌細胞を誘発したことを乳癌患者、この調査にとってより重要示した(apoptosis)。 細胞毒素の化学療法の主な目的はapoptosisを引き起こすことである。 無毒なI3Cは確実にapoptosisを促進できることを未来の調査が示せばこのphytonutrient標準的な付加物になるかもしれない)。

http://www.lef.org/protocols/prtcl-022.shtml

特色にされたプロダクト

インドール3 carbinol

I3Cはに示されていた:

  • 助けはエストロゲンの新陳代謝を調整する。
  • ある特定の異常な細胞を成長から(54-61%)禁じ、自動的に消滅するために細胞を誘発する(apoptosis)。
  • サポート段階Iおよび段階IIの解毒。
  • 一般にダイオキシンとして知られている毒素の系列から保護しなさい。
  • p21サプレッサー遺伝子を元通りにしなさい。
  • 酸化防止保護を提供しなさい。

http://www.lef.org/newshop/items/item00456.html

Healthprin

多数の調査は毎日の低い線量のアスピリンの多数の医療補助を文書化する。 アスピリンは多くの慢性の炎症性条件につながった血管の正常な血小板の集合およびプロスタグランジンE2およびC反応蛋白質の生産の維持を助ける。

http://www.lef.org/newshop/items/item00341.html

質問か。 コメントか。 それらをddye@lifeextension.comに 送るか、 または954 766 8433延長7716を呼びなさい。

長い生命のため、

Daynaの染料
編集者、生命延長更新
ddye@lifeextension.com
LifeExtension.com
1100西の商業通り
Fort Lauderdale FL 33309
954 766 8433延長7716

http://mycart.lef.org/subscribe.aspで生命延長更新に 申し込みなさい

助けはより長く、より健康な生存についてのよいニュースを広げた。 友人にこの電子メールを進めなさい!

時事通信のアーカイブの生命延長更新の眺めの 前の問題