アミノ酸

1. PhysiolのRev. 4月1998日; 78(2): 547-81。 http://physrev.physiology.org/cgi/content/full/78/2/547
2. アンN Y Acad Sci。 6月2004日; 1019:406-11。
3. 年齢。 1983 6:86-94.
4. Exp. Gerontol。 1984; 19: 31-36.
5. Proc国民のAcad Sci米国。 1994年; 91:10771-10778.
6. Proc国民のAcad Sci米国。 1997年; 94:3064-3069.
7. アンNY Acad。 Sci。 1998; 854:118-127.
8. 頭脳Res。 1990年の8月27日; 526(1): 108-12。
9. 新陳代謝。 12月1997日; 46(12): 1454-7。
10. 機械式の老化するDev。 10月1995日13日; 84(2): 103-12。
11. アンN Y Acad Sci。 4月2002日; 959:491-507。
12. PhysiolのRev. 10月1983日; 63(4): 1420-80。
13. アクタDiabetol。 10月2003日; 40のSuppl 1: S106-13.
14. Biophysのアクタ。 6月2000日26日; 1486(1): 1-17。
15. Neurochem Res。 1月1995日; 20(1): 1-9。
16. J Neurosci Res。 10月2001日15日; 66(2): 266-71。
17. J Neurosci Res。 11月1991日; 30(3): 555-9。
18. Eur J Pharmacol。 7月1992日21日; 218(1): 117-21。
19. アーチ。 Gerontol。 Geriatr。 1999. 29: 107-113.
20. AM. J. Physiol。 1997; 272 (1つのPt 2): H462-H468.
21. 高血圧。 7月1999日; 34(1): 44-50。
22. J Thorac Cardiovasc Surg。 8月1995日; 110(2): 302-14。
23. 循環。 9月1994日; 90(3): 1357-62。
24. 外科。 9月1994日; 116(3): 557-68。
25. 箱。 4月1993日; 103(4): 1241-5。
26. 打撃。 3月1993日; 24(3): 392-9。
27. Biochem Biophys Res Commun。 6月1988日30日; 153(3): 1251-6。
28. Biomed Pharmacother。 11月2002日; 56(9): 439-45。
29. アテローム性動脈硬化。 11月1998日; 141(1): 31-43。
30. Tidsskr Laegeforen。 8月1992日20日; 112(19): 2531-5。
31. 性質。 6月1988日16日; 333(6174): 664-6。
32. J Nutr。 11月2000日; 130(11): 2626-9。
33. Clin Cardiol。 3月2000日; 23(3): 205-10。
54. アクタBiochimポール。 2004;51(2):405-13.
55. Eur Jのハム雑音Genet。 1月2003日; 11(1): 23-9。
56. 角膜。 3月2002日; 21(2): 164-8。
57. 免疫学。 12月2001日; 104(4): 431-8。
58. Eur Respir J. 7月1997日; 10(7): p1535-41.
59. J Immunol。 6月1994日15日; 152(12): 5796-805。
60. Biochem Pharmacol。 3月1992日3日; 43(5): 961-4。
61. Clin Pharmacokinet 2月1991日; 20(2):123-34
62. 胸郭。 1月1991日; 46(1): 39-42。
63. Klin Wochenschr。 11月1991日15日; 69(18): 857-62。
64. J Pharmacol Exp. Ther。 2月1986日; 236(2): 526-34。
65. Wien Klin Wochenschr 7月2000日28日; 112(14): 610-6
66. Proc国民のAcad Sci米国。 6月1991日1日; 88(11): 4656-60。 誤りの: Proc国民のAcad Sci米国8月1991日1日; 88(15): 6898。
67. J Physiol Pharmacolはできる。 9月1993日; 71(9): 725-31。
68. AM J Clin Nutr。 7月1993日; 58(1): 103-5。
69. Nutrの蟹座。 2001;40(2):205-10.
70. J Nutr 2月2002日; 132(2): 307-9。
71. アンBiol Clin 1996年; 54:5,181-7.
72. 栄養物。 1996日11月12月; 12 (11-12のSuppl): S78-81.
73. スポーツMed。 9月1998日; 26(3): 177-91。
74. Ann. Surg。 4月1989日; 209(4): 455–61.
75. J. Parenter。 Enteral。 Nutr。 1990年の7月8月; 14 (4、Suppl。): 125S-129S.
76. Nutr。 Clin。 Metab。 1994; 8(4): 231–40.
77. Wien。 Klin。 Wochenschr。 1996;108(21):669–76.
78. Nutr J. 10月2003日13日; 2(1): 13。
79. J Parenter Enteral Nutr。 2003日7月8月; 27(4): 241-5。
80. ZhongguoイXue Ke Xue元Xue Bao。 10月2000日; 22(5): 425-7。 (中国語で)中国語。
81. Clin Nutr。 8月2003日; 22(4): 407-13。
82. AM J Physiol GastrointestのレバーPhysiol。 8月2003日; 285(2): G266-73.
83. Cytokine。 4月2002日21日; 18(2): 92-7。
84. アーチSurg。 12月1989日; 124(12): 1396-9。
85. Int J Biochemの細胞Biol。 5月2002日; 34(5): 439-58。
86. 外科。 5月1997日; 121(5): 542-9。
87. Zhonghua最低の郡野シャオえーKeイXue Hui Za Zhi。 1998日3月4月; 39(2): 78-81。
88. Nutr AnnuのRev。 1995;15:133-59.
89. 腸。 1月1994日; 35 (1つのSuppl): S13-7.
90. Jの外傷。 5月1993日; 34(5): 653-60; 議論660-1。
91. NMR Biomed。 4月1991日; 4(2): 59-63。
92. J AM Coll Surg。 8月1997日; 185(2): 156-62。
93. Critの心配Med。 7月1997日; 25(7): 1207-14。
94. Nephron。 2月2001日; 87(2): 148-54。
95. DOC Ophthalmol。 1995;90(4):395-404.
96. 栄養物。 1992;8:400–4.
97. 栄養物。 1992;8:400–5.
98. J AM Coll Nutr。 1997;16:7–21.
99. Jの精神医学Neurosci。 5月2001日; 26(3): 247-51。
100. アクタPaediatr Suppl。 12月1994日; 407:86-8。
101. Med SciのスポーツExerc。 12月2001日; 33(12): 2104-10。
102. 頭脳Res Bull。 1月1999日15日; 48(2): 203-9。
103. アクタPaediatr Suppl。 12月1994日; 407:86-8。
104. Pharmacol Biochem Behav。 7月1976日; 5(1): 47-53。
105. Clin Neuropharmacol。 2000日7月8月; 23(4): 212-5。
106. AviatスペースはMedを囲む。 5月1992日; 63(5): 364-9。
107. JのOrthomolecular精神医学1974年; 3(2): 80-81。
108. Nutr Hosp。 2002日11月12月; 17(6): 262-70。
109. ADV Exp. Med Biol。 1998;442:463-76.
110. Altern MedのRev. 4月1998日; 3(2): 128-36。
111. J Parenter Enteral Nutr。 1998日1月2月; 22(1): 42-8。
112. AM J Disの子供。 12月1991日; 145(12): 1401-4。
113. アーチLatinoam Nutr。 6月1991日; 41(2): 139-51。
114. Prev Med。 1月1989日; 18(1): 79-100。
115. J Nutr。 4月2001日; 131(4): 1171-6。 フルテキストの記事http://www.nutrition.org/cgi/content/full/131/4/1171を解放しなさい
116. 外科。 8月1981日; 90(2): 237-43。
117. 栄養物。 1996日7月8月; 12 (7-8): 485-90。
118. J Physiol。 6月1996日15日; 493 (Pt 3): 909-22。
119. Eur J Appl Physiol Occup Physiol。 1994;69(1):26-31.
120. アクタPhysiol Scand。 11月1992日; 146(3): 293-8。
121. JのスポーツMed Physの適性。 9月2000日; 40(3): 240-6。
122. スポーツMed。 6月1999日; 27(6): 347-58。
123. Neuropsychobiology。 2002;45(3):120-3.
124. Biull Eksp Biol Med。 2月1978日; 85(2): 174-7。
125. Biolの精神医学。 2月2004日1日; 55(3): 250-4。
126. 神経科学。 2002;111(2):231-9.
127. Clin Pharmacol Ther。 1月2002日; 71(1): 30-8。
128. 薬剤Metab Dispos。 7月2001日; 29(7): 1042-50。
129. Eur J Neurosci。 3月1999日; 11(3): 1058-66。
130. 神経科学。 6月1997日; 78(4): 1195-202。
131. Neurosci。 3月1989日; 9(3): 743-51。
132. 頭脳Res。 10月1987日13日; 423 (1-2): 353-8。
133. J Neurosci。 9月1991日; 11(9): 2804-11。
134. C R Acad Sci III. 1990年; 311(5): 205-12。
135. Nutr Neurosci。 10月2003日; 6(5): 269-75。
136. Endocrinologie。 1979日7月9月; 17(3): 201-4。
137. 神経伝達物質としてグリシン。 Psychopharmacaology: 進歩の生成。 ニューヨーク: ワタリガラスの出版物1978年、333-346。
138. ポールJ Pharmacol Pharm。 1983;35(4):271-7.
139. JのステロイドBiochem。 10月1988日; 31 (4A): 443-6。
140. 胃腸病学。 3月1977日; 72(3): 499-501。
141. AM J Clin Pathol。 11月1976日; 66(5): 831-9。
142. AM J Clin Nutr。 12月2002日; 76(6): 1302-7。
143. JはMetab Disを受継ぐ。 12月1999日; 22(8): 915-24。
144. Pediatr Res。 9月1991日; 30(3): 216-21。
145. Toxicol Pathol。 1998日5月6月; 26(3): 395-402。
146. 神経学。 2月1979日; 29(2): 262-7。
147. J Endocrinolは投資する。 2003年; 26 (10のSuppl): 16-26。
148. 電気泳動。 1月2000日; 21(2): 311-7。
149. Neurosci Lett。 2月2001日16日; 299 (1-2): 93-6
150. J. Neurosci。 3月1989日; 9(3): 743-51。
151. J. Clin Pyschopharmacol。 12月1999日; 19(6): 506-12。
152. 神経学。 9月1991日; 41(9) 1341-3。
153. Antimicrobの代理店Chemother。 10月2004日: 48(10) 3782-8。
154. 健康のニュースを仮定しなさい。 1998落下; (17無し): 19。
155. アクタBiochimポール。 2002;49(4):907-16.
156. J Clinは投資する。 2月1968日; 47(2): 417-25。
157. 世界J Gastroenterol。 10月2001日; 7(5): 698-701。
158. J Agricの食糧Chem。 2月2001日; 49(2): 800-3。
159. 神経学。 7月1998日; 51(1): 266-8。
160. Med Klin (ミュンヘン)。 10月1997日15日; 92(10): 574-81。
161. Toxicol Appl Pharmacol。 1990年の3月15日; 103(1): 1-15。
162. J Neurochem。 1980年の7月; 35(1): 78-87。
163. Experientia。 8月1973日15日; 29(8): 1035-6。
164. J Biol Chem。 9月1953日; 204(1): 403-16。
165. 生物化学(Mosc)。 7月2000日; 65(7): 862-5
166. 自由なRadic Biol Med。 5月2000日15日; 28(10): 1564-70。
167. J Biochem Mol Toxicol。 2000;14(4):215-20.
168. Tsitologiia。 2000;42(1):66-71.
169. Neurosci Lett。 2月1998日13日; 242(2): 105-8。
170. Int J Biochemの細胞Biol。 8月1998日; 30(8): 863-8。
171. FEBS Lett。 8月1995日28日; 371(1): 81-5。
172. Exp.の細胞Res。 6月1994日; 212(2): 167-75。
173. アーチGerontol Geriatr。 1999. 29(2): 107-113.
174. AM J Physiol。 1月1997日; 272 (1つのPt 2): H462-8.  
175. Exp. Gerontol。 9月2001日; 36(9): 1527-37。
176. アーチGerontol Geriatr。 6月2001日; 32(3): 233-243。  
177. Ophthalmolの気力Sciを投資しなさい。 7月1999日; 40(8): 1855-9。  
178. 頭脳Resの頭脳ResのRev. 2月1997日; 23 (1-2): 134-43。