生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年9月

検討

メチル マジック メチル化
同輩の生命

メチル マジックの検討:
メチル化による最高の健康
クレイグCooney著、ビルLawrenとのPhD

キヅタGreenwellによって

メチル化は健康の主要で、基本的な決定要因および病気、か生死である。 ガスからの車のように、メチル力のない生命は金切り音停止に主張する」、Cooneyがクレイグ来る。 全く驚くばかり私達ののさまざまな混合物間のメチル基(CH3)のメチル化の移動の表面上は簡単なプロセスが福利の私達の健康、長寿および私達の感覚のために重大いかにボディであるか熟考するためにである。 Cooneyの本は私達が老化する、そしていかに私達がメチル化を高め、こうしてよりよい健康を楽しみ、多分私達の寿命を伸ばしてもいいと同時に私達が次第に「メチル力」をいかに使い果たすかメチル化がいかに働くか説明する待ち焦がれた普及した源である。

S-adenosylmethionineは(同じ)、硫黄軸受けアミノ酸のメチオニンの 代謝物質、メチル基の主な提供者である。 本は同じを「メチル化プロセスの博愛主義者、メチル化のお父さんWarbucks」と呼ぶ。 ボディのあらゆる細胞は同じを使用する。 しかし感じれば絶望しない同じをできることができない。 効果的に同じのレベルを上げる沢山の安価なメチルの補足がある。 のは実際Cooneyの本の焦点のそれらの補足である。

補足の重要性

Cooneyは強く私達が補足なしで十分なメチル化を維持できないことを信じる。 彼は「DNAのメチル化およびこうして遅い老化の低下を防ぎ、年齢関連の病気」を防ぐか、または少なくとも延期するために単独で食事療法十分なメチル基を供給しないことを示す。

私達はなぜ私達が老化すると同時にメチル基を失うか。 誰も限定的な答えを知らない、作り付けの新陳代謝の欠陥としなければならないかもしれない。 私達はより現在のエンジンを大いに長く持続させるが、また農産物にもっとたくさん要する車のエンジンを作り出すことができる。 同様に、性質はおそらくより長く促進する存続しかし巧妙で早い再生に代りに使用できる資源の費用でできたより有効なメチル化に提供するには余りに。

進化のメカニズムは本質的に長寿よりもむしろ生殖成功に選びがちである。 従って私達は最適のメチル化よりもむしろ十分展開させた。 私達のメチル化はのために私達が若い、しかしない100年を越える大いに寿命働くとき十分によく生殖成功のために。 ogy biolの「残酷な」主義の1つは再生が終了するとき「、動物終了する」ある。 しかし人間私達にで生命の後半本当の「金年と」来ることができる達成の他の価値および夢がある。 それらは私達が健康、に活発にとどまればなら、より大きい創造性、生産性および楽しみに理想的に適されてようである年である。

作り付けの遺伝のメチル化の不足のほかに、問題の部分は私達が食べるために展開させた食事療法が全く長いpostreproductive存続のための十分なメチル基を供給しないという事実にある。 幸いにも私達はまた私達がこれらの遺伝および食餌療法の限定をとばすように設計されている解決を都合することを可能にするすばらしい頭脳を展開させた。 Cooneyの本はいかにすることができるか私達に示すプライマーである。

心血管の健康

Cooneyに従って、「高い ホモシステイン 科学者によって心臓病のための最も大きい単一の生化学的な危険率」はであるために今広く確認される。 Cooneyはホモシステインが心循環器疾患の90%多くに責任があるかもしれないことを推定する。 コレステロールは心臓病の危険に240の上のレベルに達するまで関連しない。 しかしCooneyの眺めではいわゆる「正常な」ホモシステインのレベルにより心臓病を引き起こす。 心血管の無秩序に対して保護を得るためには、私達は4 - 6 micromolar範囲でおそらくホモシステインをできるだけ低く保つ必要がある。

本で論議される最も興味深い調査結果の1つは動物実験のそれ、「メチル不十分でメチオニン余分な食事療法高脂肪の食事療法より本当らしかった血管疾患を作り出すために」ある。 低いホモシステインは、一方では、きれいな動脈に関連する。 例えばダウン症 人々に非常に低いホモシステインおよびまた大いにより少なく 心循環器疾患がある

同様に、ホモシステインは高血圧および打撃 のための 危険率 である。 それはまた骨粗しょう症の役割を担い、糖尿病および腎不全にかかわるかもしれない。 それはすべての主要で退化的な無秩序にかかわることに多分ようである。 しかし私達は運にある。 Cooneyの州として、「幸運な真実ホモシステインのレベルが」は制御し易いことである。

「中心健康な」食事療法の国に、スペインのような、フランスおよび日本のホモシステインのレベルが20sの人々の10の近くに、米国平均まだ既にある、およびより古い人口で大いにより高いホモシステインが10.の上で実際平均するフィンランドまたは米国のような国でより大いにより低く(micromolar 7 - 8)がちであることは興味深い。

興味深いことに、妊婦は最も低いホモシステインのレベルを非妊娠したpremenopausal女性に先行させてもらう。 omocysteineは月経閉止期の後で行く。 これはいわゆる女性のホルモンとメチル化間の強い関係を意味する。 エストロゲンおよびプロゲステロンが両方ホモシステインを下げるようである。 最近raloxifeneがホモシステインを同様に下げることが、発見された。 estradiolおよびプロゲステロンが両方はっきりと落ちるときメチル化がpremenstrual週の間により少なく有効になるというまた徴候がある。 それ故にメチルの補足はPMSの徴候の改善の約束を 保持する。

とりわけ、ホルモン補充療法がホモシステインを下げ、こうして改善するという証拠は女性のメチル化の状態をであるpostmenopausal女性をホルモンを使用するように励ますための別の大きな理由。 しかしCooneyは女性が補足のホルモンとともにメチルの補足を取るべきであること警告する。 一つには、安全な エストロゲンの 新陳代謝は有効なメチル化によって決まり、単独で食事療法は十分なメチル基を供給しない。 経口避妊薬を取っている女性は同様にメチルの補足、特にビタミンB6を 必要とする

蟹座

魅惑的な章では、Cooneyはちょうど複合体がメチル化のプロセス実際にある場合もあるかいかに示す。 私達が癌で見る何をhypomethylationおよびhypermethylation両方である。

メチル化は遺伝子発現を調整する。 それは特定の細胞によって必要とされないそれらの遺伝子を「沈黙させる」。 DNAのmethyltransferaseと呼ばれる酵素は同じからメチル基を取り外し、DNAのさまざまな一部分にそれらを移す。 この酵素はまた1匹の細胞の生成からの次にメチル化パターンを維持する。

蟹座は主に老化の病気である、従ってそれは不思議も癌の高められた発生の年配の相互的関係で見られる減らされたメチル化およびより高いホモシステイン でなくて。 動物実験は低いメチル化がDNAの繊維のより多くの破損と関連付けられることを、示したp53として知られていた癌抑制の遺伝子に耐える区域を含んで。 また癌が進歩すると同時に、メチル化は癌促進の「がん遺伝子」の多くで転換する各段階で減る。 同時に、癌細胞のあるDNA順序(腫瘍サプレッサーの遺伝子)はhypermethylated、こうして沈黙されるようになる。 その結果、それは低く話すことはより正しいメチル化よりもむしろ癌の異常なメチル化について。

メチルの補足は癌を防ぐことができるか。 これまでのところ私達は同じの補足が肝臓癌からラットの保護を助けることがわかる。 人間では、葉酸は結腸癌および子宮頸癌・ (folateは補足から有効であるためによりもむしろ食事療法する来なければならない)に対して保護の高度を提供するようである。 ブルース エームズによる目を見張るような調査はfolate不十分だった人々が8週間葉酸の5mgと補われたときに、20倍により少ないDNAの損傷を示したことを示した。 正常があった人は高いfolateの補足に応じて3倍により少ないDNAの損傷を示されている調査のはじめにfolate水平になる。

この調査で使用されるfolateの大量服用はRDAについての1つの驚異を作る。 人々が葉酸の少数のミリグラムを取ればことは容易カプセルごとの800 mcgへの現在の制限なしで どの位癌、心臓病およびアルツハイマー病が防がれてもよいか。

葉酸は癌の処置で使用することができるか。 不運にも問題は複雑になる。 ありメチル化を改善しおよびホモシステインおよびDNAの損傷を下げるより葉酸の新陳代謝へ多くが。 しかしより多くの知識は予言に従うやがて第1キラーになる心臓病に先んじる癌上の勝利に近い方の私達を連れて来るべきである。 「メチル基を作り、DNAのための「ブロック」を製造する1つがことボディ使用folate周期を制御できればそして細胞の成長の制御が続けば」、Cooneyは主張する。

Cooneyは当然十分に用心深い私達が既に癌を経験する人にメチルの補足を推薦する十分な知識を持っていないことを警告するには。 私達はこの区域を研究するもっとたくさん必要がある。 1つの有望な補足はコリンである。 メチル化の機能のほかに、それはまた細胞膜の化学シグナリングを調整する。 動物実験では化学療法の有効性を高めるために、副作用を減らしている間 葉酸は 既に示されてしまった。 最終的に、Cooneyは代理店のメチル化と結合される食事療法および選択的な化学療法の厳しい修正から成っている癌治療を予知する。

メチル化および頭脳

頭脳は両方の同じおよびコリンのための要求で ほとんど 飽くことのない ようである。 それは神経線維のまわりにミエリン鞘の神経伝達物質または維持の生産であるかどうか、同じは重大な役割を担う。

同じの最も最もよく知られた治療上の役割は有効な抗鬱剤としてある。 例えば同じはimipramineより有効であるために確認されている。 魅惑的な見つけることは最も大きい改善をまた示したimipramineのそれらの患者が同じレベルで上昇を示したことだった。

葉酸は (より頻繁に「folateと」言われるまた有効な抗鬱剤であるために)確認されている。 興味深いことに、プロザックへの応答の欠乏は低いfolateのレベルと手に手をとってであるようである。 TMGは 同様に抗鬱剤として有望なようである。 全体でそれは不況と不十分なメチル化間の関係に人々が葉酸、B12およびプロザックの代りにTMG何かを安く使用し始めたら) (1つが容易に製薬会社の狼狽を想像できるけれどもより多くの研究のための潮時、 と抗鬱剤として メチルのさまざまな補足 有効性である。

同じはまた余分なセロトニンおよびドーパミンの整理にかかわるので、2つの主な気分の調整装置、本当らしい精神分裂症および躁鬱病の無秩序に かかわることは 。 私達が精神分裂症のための可能なアジェバント処置としてまだ同じのデータを持たない間、私達は精神分裂症患者がホモシステインを上げたこと、そしてmethylfolate (葉酸の活動的な形態)と扱われるとき徴候がかなり改良することがわかる。 頭脳のある特定のメチル化の酵素を活動化させるとestradiolが知られているまた精神分裂症の徴候を軽減するためにあるので精神分裂症に男性の流行がことはまた興味深く。

躁鬱病の無秩序は同じの使用が躁病の大得意の方にバランスを移すかもしれないので、複雑なケースを示す。 それ故に同じは単極憂うつな不況だけとない双極性障害のために推薦される。

アルツハイマー病はまたfolateおよびB12の高いホモシステインおよび低水準、また頭脳の同じの低水準と関連付けられる。 改善されたメチル化はおそらく私達が破壊的な脳疾患から私達自身を保護してもいい1つの重大な方法である。 両方の同じおよびコリンのための頭脳の飽くことのない食欲の点から見てこれら二つの栄養素(通常のコリンことをのための多分代わりのCDPコリン)との結合された処置がアルツハイマー病の進行を防ぎか、遅らせか、または少なくとも減速できればかどうか見るために、魅惑的 である

Cooneyはまた多発性硬化 (MS )にfolateかB12不足のそれらに類似している徴候があることを指摘する。 メチル化が神経線維を絶縁するミエリン鞘の形成のために必要であるので、彼はメチルの補足および炎症抑制の脂肪酸の組合せがこの病気の処置のために使用されることを提案する。 (再度、私達はステロイド ホルモンがまた非常に重要であることがわかっている。 プロゲステロンの役割の最近の調査結果は特に有望である。)

関節炎はどうですか。

骨関節炎のための高められたメチル化の利点の発見は幸せな事故が原因だった。 同じは不況に対する実用性のイタリアの調査でテストされていた。 落ち込んだ患者の何人かまた関節炎を経験することを起こった。 これらの患者は彼らの気分の、また彼らの共同ペンキの改善をだけでなく、経験した。 同じはイブプロフェンの悲惨な副作用なしでイブプロフェンのようなNSAIDs (非ステロイドの炎症抑制薬剤)有効、であると見つけられた。 それはだけでなく、イブプロフェンおよびindomethacinのような非選択NSAIDsにより潰瘍および漏れやすい腸シンドロームを引き起こすことができることである。 それらは実際に新しい軟骨の形成を禁じる。 最終的にそれらは関節炎より悪く、および鎮痛剤に敏感な苦痛をより少なくさせる。 骨関節炎の現在の主流の処置は悪魔の契約である: ついに治療は病気より悪い。

関節炎の病理学の面の1つは軟骨としてそれ故に悪化衝撃吸収材として機能するproteoglycans-theのブロックの分子サイズの収縮の軟骨およびである。 私達は今同じがproteoglycansことをのサイズの増加によって軟骨の質を改善することがわかる。

グルコサミンの硫酸塩がまた関節炎で有用あったので、Cooneyは提案し関節炎の処置が同じまたは同じ増加を含むべきであることを代理店をグルコサミンの硫酸塩を伴ってメチル化する。

しかしCooneyは骨関節炎の葉酸そしてビタミンB6の有効性を見つけた 調査を引用しない。 これはメチルの提供者が全く共通のタイプの関節炎に対して有用であること彼の仮説を確認する。 動物実験はまたproteoglycans (多分より多くの蛋白質の統合をもたらすポリアミンの細道のより大きい活発化のおかげで)の高い濃度の同じ補われた動物で軟骨のすばらしい厚さそして密度を、示した。

他の調査は同じが腫瘍壊死要因(TNF)のような炎症性cytokinesの効果を妨害することを、禁じ軟骨を破壊する、おそらく増加する傷つけられた接合箇所のグルタチオンのレベルを示した酵素を。 生体外で(ボディの外の細胞群体の意味)、同じはまた軟骨の細胞(chondrocytes)の数を高める。 最後に、同じはよりよい血循環および他の反関節炎の効果で起因するホモシステインを減らす。

NSAIDsへの鋭い対照では、そのうちに共同健康の増加のための同じの利点。 またNSAIDsと対照をなして、同じは造りのより健康な軟骨を助ける間、レバー、腎臓および消化器を保護する。

慢性関節リウマチ(RA)ははるかに顕著な自己免疫の部品との関節炎のより厳しい形態、である。 RA被害者のT細胞により低いDNAのメチル化があることが全く分られた。 慢性関節リウマチの患者はまたビタミンB6のより高いホモシステインおよび低レベルがありがちである。 含意はRAの代理店のメチル化の効力の調査がまだされるべきであるが、明確である。 しかし私達に何人かの専門家がみなすfibromyalgiaの処置で同じの利点を示す1つの非常に有望なイタリアの調査があり、自己免疫の部品を持ちと関節炎と関連している。

何百万の高齢者達は骨関節炎および他の関節炎関連の条件に苦しむ。 これらの病気の推定年次費用は$50十億である。 さまざまな調査に従って、それは葉酸のような代理店のメチル化の巨大線量を取る、また効果的にへのグルコサミンおよびコンドロイチンの硫酸塩の巨大線量は、骨関節炎を戦う。 それはまたビタミンE、魚油およびブドウの種のエキスのような証明された炎症抑制剤を取るのを非常に助ける。 これらの衰弱させる条件のための無毒な処置を見つける急務のためにもっとたくさん公表は同じおよび同じ上昇の効力に与えられるべきで共同健康の改善の代理店をメチル化する。 ゆっくり、私達はそこに着いている。

自然なホルモンの取り替えはまた若々しい軟骨の生産を維持するために途方もなく重要である。 Cooneyがエストロゲンの新陳代謝でメチル化の役割をより詳しく論議しないことはここに再度余りに悪い。 それはエストロゲンの代謝物質のその、methoxyestradiolを、乳癌の防止のすばらしいボーナスの提供のほかの軟骨を、保護するようであるひっくり返す。 すべての関節炎関連の無秩序に主にpostmenopausalで骨関節炎が巨大な女性の支配が、ある。 女性は特により安全に取られるとき十分な酸化防止剤(エストロゲンを確かめるため酸化防止形態に再生される)およびメチル化された変化の十分な生産を保障するために代理店をメチル化することのエストロゲンの接合箇所保護役割について知る必要がある。

老化プロセス

これは全本の最も魅惑的な章である。 損なわれたメチル化が老化の主メカニズムの1つであること理論のための強力な証拠がある。 ちょうど長命動物に強い酸化防止防衛があるので余りにメチル化の大いによくより短命動物を維持するには、そうできる。 大きい質問は当然メチル化を高め、ホモシステインを下げることが寿命を伸ばすことができるかどうかである。

Cooneyは老化のホモシステインで容赦ない上昇を示すカーブを示す。 周辺血管は最初に詰り始め結局私達は血管、神経系、骨密度および従って老化を定義するforth-theの変更へのホモシステイン関連の損傷で非常に終ることを運命づけられてようである。 「それはホモシステインが120年の頻繁に仮定された限界に私達の寿命を限る1つの事」、Cooney示すであることであることができる。

激流の開発はホモシステインの上昇のレベル、およびこうして不十分なメチル化と関連している。 レンズ蛋白質が傷つくとき、特別な酵素はそれらをメチル化し、修理するのに同じを使用する。 毛のgrayingは不十分なメチル化に関与するようである! 魅惑的見るためにかどうか正しいメチルの補足である(肥満の回避とともに; 肥満は激流および灰色の毛としてより高いホモシステインと手に手をとって)防ぐ老化のそのような「避けられない」開発を合っている。 年配者のホモシステインのレベルを下げることは可能であるかどうかそして疑問に思えば答えははい響きわたることである。 Cooneyは健康な35歳で低のホモシステインのレベル通常見られたそれらよりで終った葉酸、B12およびB6と補われた年配の主題を示した調査を引用する。

しかし最も重要に不況の防止はあるかもしれない。 不況はどうしても生活環境基準を下げない。 それはまた心臓病のための主要な危険率および癌および骨粗しょう症である。 年配者の不況は風土性であり、1つは悪化の神経化学のほかのさまざまな社会的な、文化的な要因を確かに指すことができる。 それを同じ葉酸およびTMGの単に取るか、またはmegadosesは終わりすべての憂鬱な病気のであることを誰も提案していない間、メチルの補足は全く大変な違いを生じることができる。 、不況を防ぎ、軽減することに加えて、これらの補足がまた少なくともアルツハイマー病を遅らせることができれば老齢期は今と非常に異なっている見る。 多分私達は「金年」について話し、それを意味できる。

私達の大きい幸運はホモシステインのレベルを下げ、メチル化を高めることは容易であることである。 精神および物理的な悪化を常に加速してよりもむしろ成熟として老化の理想は範囲の内でようである。 ここでは、句「メチル マジック」は確かに適用する。

実際には老化の減速は母のメチル化の状態子宮とので既に始まるかもしれない。 肥沃な女性は母性的なメチルの補足が子孫の健康そして長寿にいかにに影響を与えるか非常に興味があるかもしれない。 Cooneyは妊婦に指導を提供するために全力を尽くす。 問題は主な重要性を明らかにもつ。 私達をそれがより多くの研究の重点を受け取ることを望むことを許可しなさい。

本の強さ、弱さ

この本の失望の1つはCooneyがメチル化に於いてのホルモンの役割に少し注意を払うことである。 彼は正しく性による違いに注意する: ホルモンの取り替えのpremenopausal女性はそして女性にホモシステイン妊娠した女性の低レベルが人レベルより最も低いのがあるのをあるが人に同じのハイ レベルがある。 けれども彼はそれらの魅惑的な調査結果を論議することを続かない。 ある調査はホルモンにメチル化のかなりの影響があることを示す。 例えば従ってテストステロンは酵素の同じシンターゼの活動を高めるようで同じのレベルを上げる。 次に、それは同じがテストステロンの生産を高めることにようである。 そしてすべての女性は有効なメチル化が安全なエストロゲンの新陳代謝のために重大であること、そして高いホモシステインがこのプロセスを禁じることを知る必要がある。

しかし本で最も大きい欠点は同じの広範な議論の欠乏である。 この最高のmethylator、重要性がATPのそれと比較された生化学的なスーパースター、私達のエネルギー分子はおおざっぱな声明の3ページで、すぐに、のような、「同じであるアセチルコリン、最も重要な神経伝達物質の1の統合の主要なプレーヤー要約されるか」、または、「またエストロゲンの新陳代謝の役割を」果す。 アルツハイマー病および乳癌を防ぐために同じが助けるこうしてかもしれない事実は女性の読者に途方もない興味である。 私はこれらの問題についてより詳しく学ぶことができればそのような情報をもっとたくさん認めることを多くの女性が調理法に捧げられたページよりメチルの同じまたは他の比較的安価の補足を取るようにより動機を与えられて考える。 教育がある女性は多分同じについての詳細を学ぶことを好む。

それから本をできるだけ普及した保つ出版業者の圧力がある。 それ故に、句「メチル マジック「のタイトルそして一定した使用中の「マジック」はメチルの補足」よりもむしろ」単に補う。 ダミーのための固体事実上の執筆と「生物化学」間の不安定なバランスを維持する話好きな様式の方に私達にメチル基を視覚化させる(しかし3つの耳を要求するか。)仮定される、および努力あるミッキー マウスの帽子のようなまた余分な隠喩が。 しかしこれらは本が詳細なトピックを論議するときそれを考慮するマイナーな不平それなる魅惑的にである。

私達がさまざまな補足のための最適の線量を知っていないことを示すことのCooneyの正直者は認められる。 (編集後記: 生命延長基礎は血清のホモシステインの個々のテストが補足プログラムを最大限に活用する唯一の方法であることを発見した。) 私達は同じの抗鬱剤の線量の取得のそれらと同等であるかもしれない抗鬱剤の効果かのために取るべきどの位folate、B12およびTMGを知っている。 彼はパーキンソン病または癲癇のような条件のメチルの補足の取得についての注意を示すように また 気を付ける。

カバーは示す: 「メチル化心臓病および打撃を、後押しする知力を、治す不況を、扱う関節炎を防ぎ、他の多くの病気は、癌を、減速する老化」を防ぐ。 クレイグCooneyはこれらの要求を文書化することの良い仕事をする。 彼はメチル化の漸進的な損失を含むために老化プロセスの私達の知識を拡大した。 よりよい、彼はまた私達にメチル化を高める方法を言う。 全体で、メチル マジックの質情報の 富は 顕著である。 それは健康および長寿に興味を起こさせられるだれでものための優秀な本である。

 

雑誌のフォーラムに戻る





  • ページ
  • 1
  • 2