生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年9月


イメージ


特色にされる:

  • ビタミンおよび傷の治療
  • Bilberryのエキス
  • メチルsulfonylmethane
  • コンドロイチンの硫酸塩

Postsurgical療法および傷の治療
傷の回復過程に於いてのパントテンおよびアスコルビン酸の役割: 繊維芽細胞の生体外の調査
Int J Vitam Nutr Res 1988年; 58(4): 407-13

人間の胎児の皮かforeskinから得られた繊維芽細胞の成長に傷の回復過程に於いてのパントテン酸(PA)およびアスコルビン酸(AA)の可能な役割を、これらのビタミンの効果は分析するためには調査された。 細胞増殖、蛋白質の統合および蛋白質解放は評価された。 細胞の成長の率はPAかAAが培養基に加えられたときに同一に残った。 PAは沈殿させた材料にAAはこの行為を変更しなかったが14Cプロリンの基底の結合を高めた。 但し、文化がPAおよびAAと孵化した時、高められる培養基への細胞内蛋白質の解放。 これらの結果は傷の治療ことをこれら二つのビタミンの結合された使用がの興味postsurgical療法とであるかもしれないことを提案する。


酸化防止剤およびischemic皮の傷
酸素の遊離基はischemicラットの皮で直る傷を損なう
アンPlast Surg 11月1997日; 39(5): 516-23

酸素の遊離基は作り出され、ischemic傷害の重要な役割を担う。 従って私達はischemic皮によって傷つけられた治療の遊離基の役割を調査したかった。 このため、テストischemic傷がHの水平線であるH型の折り返しはラットのdorsumで作成された。 遊離基のありそうな危険を禁じるためには、allopurinolおよびスーパーオキシドのディスムターゼ(芝地)は動物に与えられた。 調査された傷治療変数のほとんどはischemicグループで損なわれた。 allopurinol扱われたグループでは、破損強さは日7までに52%と日14までに109%までに(p < 0.0002およびp < 0.001)高められ、芝地扱われたグループに増加はischemic制御グループと比較すると治療の幾日7そして14までに69%両方行った(p < 0.003およびp < 0.002)。 ヒドロキシプロリンの内容は日7までに75%および傷の芝地との113% allopurinolとの高められた(p < 0.03およびp < 0.001それぞれ)。 芝地の処置により治療の日7までに傷の浮腫の重要な減少を引き起こした(p < 0.05)。 病理組織学的な評価はコラーゲンの芝地およびallopurinol扱われたグループで、量および構成がischemic制御と比較するとより顕著だったことを明らかにした。 これらの結果はその酸素に遊離基の演劇を直るischemic傷の失敗に於いての重要な役割示し酸化防止剤は部分的にischemic皮の傷の治療を改善する。


アスコルビン酸、パントテン酸および傷
人間の皮に対するパントテン酸およびアスコルビン酸の補足の効果は回復過程を傷つける。 二重盲目の、将来のおよびランダム化された試験
Eur Surg Res 1995年; 27(3): 158-66

この調査は1.0 gのアスコルビン酸(AA)および0.2 gのパントテン酸(PA)の21日の補足によって人間の皮によって傷つけられた治療の改善をテストすることを目指した。 、連続的な切除のプロシージャによって経ている49人の患者は入れ墨のための外科を二重盲目の、将来のおよびランダム化された調査を書き入れた。 定められる皮および傷両方で行われるテスト: 繊維芽細胞のヒドロキシプロリンの集中、数、微量の元素の内容および機械特性。 18人の補われた患者では、皮(増加する日8) Fe (p < 0.05)でことが示されていたおよびMnは減った(p < 0.05); 傷(日21)では、CU (p = 0.07)およびMnは(p < 0.01)、および増加したMg (p < 0.05)減った; グループAの傷の機械特性はFe、CUおよびZnの内容にかなり相関関係がグループB.で示されていなかった一方、関連した。 血では、AAは補足の外科の後で制御で減った一方、増加した。 傷の機械特性に関連するようにの主な改善がが回復過程はこの調査で文書化することができるAAおよびPAの補足の利点が微量の元素の変化が原因であることができることを私達の結果は提案する。


ビタミンは回復過程を高める
ビタミンB5およびCの補足によるcolonicのanastomosesの治療の改善。 ウサギの実験調査
アンChir 1990年; 44(7): 512-20

colonicのanastomosesの回復過程に対するビタミンB5およびCの効果を調査するためには、20匹のウサギの3グループは偽薬(A)グループ、またはビタミンB5 (100つのmg/kgを毎日与えられた: グループB)かビタミンC (100つのmg/kg: グループC)。 8日の補足後で、midlineの切り傷によるそして全身麻酔の下の、2つのcolonicの区分は取除かれ、継続は元通りになった。 第3後操作中日で、ウサギは殺され、anastomosesは取除かれた。 両方の機械特性は破烈のanastomosesの破烈の圧力試験、数、微量の元素の内容の微量分析による繊維芽細胞の計算、ヒドロキシプロリンの集中および決定の使用によって正常なコロンおよびanastomoses定められた: Mg、P、S、カリフォルニア、Fe、CU、ZnおよびMn。 ビタミンB5 (p = 0.03)およびビタミンCは(pより少しより0.01)両方破烈のanastomosesの数を減らした。 なお必須の破烈圧力価値は制御のよりビタミンCとより高かった(p = 0.01)。 ビタミンは両方ともanastomotic場所でこれらのレベルがcolonicのanastomosisの正常な回復過程の間に第3後操作中日に減った一方、正常なZnのレベルを元通りにした。 さらに、ビタミンB5およびCは密接にコラーゲンの統合にかかわるすべてであるFe、CUおよびMnのレベルを増加した。 ビタミンB5およびCはウサギのcolonicによって傷つけられる回復過程を高め、前に示されるように共同作用で生体内で、また生体外で一緒に機能する。


Pantothenateおよび傷つけられた心配
直る傷の調査: 文化の人間の皮膚繊維芽細胞の移動、拡散および蛋白質の統合に対するカルシウムD pantothenateの効果
Int J Vitam Nutr Res 3月1999日; 69(2): 113-9

3人の提供者からの人間の皮膚繊維芽細胞の移動、拡散および蛋白質の統合に対するカルシウムD pantothenateの効果は調査された。 けが人区域への細胞の移動はカリフォルニアのD pantothenateによって刺激された線量依存だった。 傷の端を渡って移住した細胞の数は32 +/- 7 cells/mmカリフォルニアのD pantothenateなしでから100つのmg/mlカリフォルニアのD pantothenateの76 +/- 2 cells/mmに増加した。 さらに、細胞1個あたりの中間移動の間隔は0.23 +/- 0.05 mmから0.33 +/- 0.02 mmに増加した。 平均移動の速度は10.5 mm/hourおよびカリフォルニアのD pantothenateとの15 mm/hourであるために外に計算された。 細胞増殖はまた刺激された線量依存だった。 最終的な細胞密度は100つのmg/mlカリフォルニアのD pantothenateを含んでいる文化のより高く1.2 1.6折目だった。 蛋白質の統合は2つの未確認蛋白質がpantothenateによって補われた文化により強く表現されたので、調整された。 結論として、カリフォルニアのD pantothenateは細胞、間隔およびそれ故に速度の移住の数を高めることによって傷の回復過程を加速する。 さらに、細胞分裂は高められ、蛋白質の統合は変わる。 これらの結果は傷の治療を高めるようにより高い量のpantothenateが局部的に要求されることを提案する。


ブルーベリー、bilberryのエキスおよびfibrocystic mastopathy
myrtillusのアントシアニンが付いている胸のfibrocystic病気の処置
Minerva Ginecol 12月1993日; 45(12): 617-21

この調査の目標はfibrocystic mastopathyの治療上の処置を更に研究することだった。 調査の仮説は処置少なくともanthocyanosidesとの3か月のの前後にFCDの患者の臨床および器械制御(echography)を含んでいた。 使用された議定書は将来および比較タイプ フォローアップが3か月を持続させた一方、だった。 調査はGynecologyおよび産科学の部分のサービスの範囲内で組織された胸のPhysiopathologyおよびEchographyの外来クリニックで行われた。 この特別の事例のechographyおよび臨床検査両方で同じ医院で行われた。 合計257人の患者はそれに続く制御に出席しなかったので35が除かれたプログラムに加わった。 女性はfibroso嚢胞性のmastopathyの臨床、echographicまたはmammographic徴候の悪性の病気そして存在の不在に基づいて選ばれた。 さらに、すべての女性は療法の不可欠なものを作ったmastodyniaを示した。 socio人口統計学: 人口の特徴は女性がUSSL 36しかしまた他のイタリアの地域の区域でだけでなく、あったのでpolymorphousだった。 見つけられた乳腺の厚さとともにあらゆる損害の直径は測定された。 厚さは処置の前後にQSEのレベル両方の常に測定された。 結果は有望だった。 33.78%と同等の75人の患者にマーク付きの改善があった徴候は61人の女性(27.47%)で処置が72の場合(32.43%)で効果をもたらさなかった一方、減り、14で(6.30%)消えた。 特に40以下老化されたら結論として、echopalpation (臨床検査+ echography)はこれらの患者の調査で大変価値があった。 さらに、繊維状のmastopathyに必然的なmastodyniaの患者の3か月間療法は徴候および乳房の張力の減少で効果があった。 同時に、処置に平行した効果の事実上の不在の不在を強調することは重要である。 (編集後記: ヨーロッパのbilberryはスノキ属のmyrtillusである。)


肝臓および腎臓タイプのglutaminase
glutaminaseの活動およびグルタミンの新陳代謝の規則
Nutr 1995年AnnuのRev.; 15:133-59

グルタミンは骨格筋、肺および脂肪組織で主に総合される。 血しょうグルタミンは器官間の窒素、カーボンおよびエネルギーのキャリアとして重要な役割を担い、肝臓の尿素の統合のためにレバーおよび腎臓両方で、そして多くの細胞のための主要な呼吸の燃料として、ぶどう糖新生の腎臓のammoniagenesisの、使用される。 グルタミンの異化はミトコンドリアのglutaminaseの2つのisoformsのどちらか始められる。 レバー タイプのglutaminaseは効果的に尿素の統合のアンモナル生産をつなぐpostnatalレバーのperiportal hepatocytesにだけ表現される。 腎臓タイプのglutaminaseは腎臓、頭脳、腸、胎児のレバー、リンパ球および生じるアンモナルがそれ以上の新陳代謝なしで解放される変形させた細胞で豊富である。 2つのisoenzymesに機能および短期規則に貢献する異なった構造および運動特性がある。 アミノ酸順にアイデンティティの高度があるが、2 glutaminasesは異なったしかし関連の遺伝子のプロダクトである。 2つのisoenzymesは長期規則に応じてまたある。 肝臓のglutaminaseは飢餓、糖尿病、および高蛋白食事療法に与えることの間に腎臓タイプのglutaminaseが新陳代謝のアシドーシスに応じて腎臓でだけ増加する一方、増加する。 肝臓のglutaminaseの適応はトランスクリプションの率の変更によって腎臓タイプのglutaminaseがposttranscriptionalのレベルで調整される一方、仲介される。


グルタミンの補足
postoperative患者からの好中球によるグルタミン高められた細菌の殺害
栄養物10月1997日; 13(10): 863-9

好中球は侵入の細菌をphagocytosing、破壊することによってホストの防衛の重要な役割を担う。 最近の調査はグルタミン(Gln)が焼跡の患者からの好中球の生体外の殺菌の活動を増加したことを明らかにした。 但し、それはGlnがpostoperative患者の好中球の機能を高めるかどうか明白でない。 この調査はpostoperative患者からの好中球の生体外の大腸菌属の大腸菌殺害の活動に対するGlnの効果を調査するように設計されていた。 9人の任意に指定患者はこの調査に含まれていた。 最初のpostoperative日の朝に、血は引き分けであり、好中球は隔離された。 8人の健康なボランティアは制御として役立った。 エシェリヒア属大腸菌は分かち合われた正常な血清とopsonized。 好中球(5 x 10(6))は、opsonizedエシェリヒア属大腸菌(5 x 10(5))とともにかせのGlnの0、100、500、か1000 nmol/mLと補われたバランスをとられた塩水濃度の37の摂氏温度の2 hのために、孵化した。 好中球の殺菌機能は実行可能な細菌の数のカウントによって定められた。 腫瘍壊死要因(TNF) -アルファ、interleukin (IL) -、細胞培養の上澄みのIL-8ベータ1つおよびgranulocyteのエラスターゼのレベルは測定された。 血しょうC反応蛋白質(CRP)、コルチソルおよびアミノ酸はまた分析された。 Glnの血しょう集中は制御のよりpostoperative患者でかなり低かった。 忍耐強い好中球が付いている文化の後で、Glnの生体外の集中として26%減った実行可能なエシェリヒア属大腸菌の数は500から1000 nmol/mLに高められた(P < 0.01)。 私達は500 nmol/mLのGlnの生体外の集中で実行可能なエシェリヒア属大腸菌の数で分けられた1000 nmol/mLのGlnの生体外の集中で実行可能なエシェリヒア属大腸菌の数と実行可能な細菌の数のGln 1000/Gln 500の比率を定義した。 肯定的な相関関係は患者の実行可能な細菌の数の血しょうGlnのレベルとGln 1000/Gln 500の比率の間でこうして示された(r = 0.69、P = 0.04)。 Glnの集中が500から1000 nmol/mLに高められた時好中球E.の大腸菌殺害の活動の強化行った血しょうGlnが落ちたりので見つける示されるこれことを、生体外のテストの好中球によって。 Glnの補足により細胞培養のsupernatantsでTNFアルファの相当な、IL-8ベータ、変更、IL-1またはgranulocyteのエラスターゼのレベルを引き起こさなかった。 否定的な相関関係は細胞培養の上澄みIL-8のレベルの血しょうGlnの忍耐強いレベルとGln 1000/Gln 500の比率の間で確認された(r = -0.73、P = 0.025)。 結論として、Glnの補足はpostoperative患者からの好中球の生体外の殺菌機能を高めた。


PGE2統合のグルタチオンのsuppresion
グルタミンはPGE2統合および乳癌の成長を抑制する
J Surg Res 6月1996日; 63(1): 293-7

腫瘍軸受けホストで見つけられる減らされた自然なキラー(NK)活動は生体外のmonocytesによって作り出されるプロスタグランジンE2 (PGE2)のハイ レベルと関連付けられた。 私達は前にグルタミン(GLN)のレベルへのNKの細胞の活動の依存を生体外でそして生体内で示した。 更に、グルタチオン(GSH)はPGE2統合と反対である。 私達はGLNが、高められたGSHの生産によって、NKの細胞毒素の活動の減らされたPGE2統合そしてupregulationを導くことを仮定した。 これをテストするためには、私達はラットの乳癌モデルのGSHおよびPGE2集中、NKの活動および腫瘍の成長に対する口頭GLNの効果を検査した。 MTF-7腫瘍の注入18のフィッシャー344のラットの日に開始は食事に組与えられ、1つのg/kg/日GLNとgavaged (n = Freamine (FA)の9)またはisonitrogenous量(n = 9)。 腫瘍の注入のラットの後の7週は犠牲になった。 腫瘍は腫瘍のmorphometricsのために測定され、重量を量られ、そして処理された。 脾臓は取除かれた、隔離され、リンパ球はNKの活動のために試金された。 血のGLN、GSHおよびPGE2集中は測定された。 7週間の調査の期間の腫瘍に成長はGLN補われたグループのおよそ40%減った。 GLN与えられたラットの成長のこの減少は対FA与えられたラット2.5折目より大きいNKの活動と関連付けられた。 GSHの集中の25%の上昇およびPGE2統合の比例した減少に関連するこれ。 GLNに与えられたラットの減らされた腫瘍の容積はmorphometricsの変更と関連付けられなかった。 口頭GLNの補足は減らされた腫瘍の成長に終ってNKの活動を高める。 腫瘍軸受けホストの口頭GLNの補足と見られる高められたNKの活動はPGE2統合のGSHによって仲介される抑制と関連付けられる。


グルタミン酸塩および低酸素症誘発の酸化圧力
オスの白子のラットの与える口頭グルタミン酸塩の生化学的な、免疫学の変更
Int J Biometeorol 4月1999日; 42(4): 201-4

高度の圧力は脂質の過酸化反応および器官およびティッシュの細胞膜の損傷で起因する、および準山の病気もたらす遊離基の形成を。 このペーパーは低酸素の圧力の下で白子のSpragueオスのDawleyのラットへの供給のグルタミン酸塩の生化学的な変数そして抗体の応答の変更を論議する。 32 +/- 2つの摂氏温度で動物の減圧部屋の5つの連続した日間、血のグルタチオンの(減る)レベルの付随の減少を用いる血しょうmalondialdehydeのレベルの増加で毎日6 hのための7576のmの模倣された低酸素症へのラットの露出は、起因した。 グルタミン酸塩の補足は口頭で低酸素症の下のオスの白子のラットの最適の線量(体重27のmg/kgの)でグルタチオンのレベルを高め、malondialdehydeの集中をかなり減らした。 低酸素症の下で改良された総血しょう蛋白質およびブドウ糖のレベルに与えるグルタミン酸塩。 血清のグルタミン酸塩のoxaloacetateのトランスアミナーセ(SGOT)の活動はおよび血清のグルタミン酸塩のピルボン酸塩のトランスアミナーセ(SGPT)および尿素のレベル低酸素症の下でグルタミン酸塩の補足で高く残った。 グルタミン酸塩の補足はヒツジの赤血球(抗体の力価)に対してhumoral応答を高めた。 これらの結果は低酸素症誘発の酸化圧力の改善のグルタミン酸塩の可能な実用性を示す。


Chemoprevention
dimethylbenzanthracene誘発のラットの乳房癌のchemopreventionの北極の溶媒
アーチSurg 12月1986日; 121(12): 1455-9

代理店を区別して癌の処置でアジェバントとして実験的にそして臨床的に使用された、しかしchemopreventionに於いての役割は限られている。 私達はラットの乳房の乳癌のchemopreventionで5%のジメチルスルホキシド(DMSO)、1%および4%のmethylsulfonylmethane (MSM)、0.3% N-methylformamide (NMF)、およびretinolのアセテート(RA)使用した。 Sprague-Dawleyの百匹の50匹の42日古いラットは6グループ(制御、RA、DMSO、1% MSM、NMF、および4% MSM)にランダム化され、標準的なラットの食事の広告のlibitumと共にchemopreventive代理店を受け取った。 後で8日、7,12-dimethylbenzanthraceneの15 mgは口頭胃の挿管法によって与えられた。 動物は腫瘍の発生およびサイズ(biplanar分析)のために毎週検査された。 動物は240から300日間追われた。 腫瘍の発生は統計的に影響されなかった。 両方の腫瘍の出現(潜伏期間)への時間および癌はNMF、DMSO、および4% MSMによって延長された。 作り出されたDMSOおよびRAによってすべての癌のダブル タイムは延長された。 グループは有毒な反作用か重要な減量を表わさなかった。 北極の溶媒および区別の代理店、とりわけNMF、DMSO、および4% MSMは、dimethylbenzanthracene誘発の乳房癌のchemopreventionで有効だった。


北極の溶媒および結腸癌
1,2 dimethylhydrazine誘発の結腸癌のchemopreventionの北極の溶媒の使用
蟹座9月1988日1日; 62(5): 944-8

1,2-dimethylhydrazine (DMH)誘発の結腸癌に対する北極の溶媒の効果を検査するためには、Sprague-Dawleyの100匹のオスのラットは制御および3つの処置のグループに任意に割振られた。 扱われた動物は発癌物質の注入が実験の持続期間のためにおよび始まった1週前にN-methylformamide (NMF)、飲料水に加えられたジメチルスルホキシド(DMSO)、またはmethylsulfonylmethane (MSM)を受け取った。 第一次腫瘍は2ヶ月間隔および開始で行われたエーテルの麻酔の下の連続開腹術によって発癌物質の注入が完了した後検出された。 腫瘍の手始めへの平均時間はNMFおよびMSMを受け取っているラットでかなり遅れた(P = 0.0141および0.0398それぞれ、マントルピースHaenszelテスト)。 さらに、少数の不完全に区別された腫瘍は処置のグループで注意された。 減量か毒性は観察されなかった。 これらの調査結果は北極の溶媒がDMH誘発の結腸癌の腫瘍の手始めにかなり潜伏期間を減らす示し、更にchemopreventive代理店のような混合物を調査する必要性をことを示す。


骨関節炎に対するコンドロイチンの硫酸塩の効果
膝の骨関節炎の患者のコンドロイチンの硫酸塩そしてdiclofenacナトリウムの炎症抑制の効力の比較
J Rheumatol 8月1996日; 23(8): 1385-91

目的: コンドロイチンの硫酸塩(CS)の臨床効力を膝の骨関節炎(OA)の患者の中型/長期臨床調査のnonsteroidal炎症抑制薬剤(NSAID)のdiclofenacナトリウム(DS)と比べて査定するため。 方法: これはランダム化されての多中心、倍のブラインド、倍の模造の調査。 膝OAを持つ146人の患者は2グループに募集された。 最初の月の間に、NSAIDのグループの患者は3つx 50のmg DSのタブレット/日および3つのx 400 mgの偽薬の(CSのために)磨き粉によって扱われた; 月2から月から3の患者は単独で偽薬の磨き粉を与えられた。 CSのグループでは、患者は3つx 50のmgの偽薬の(diclofenacのために)タブレット/日および3つのx 400 mgのCSの磨き粉/日によって最初の月の間に扱われた; 月2から月3、これらの患者はCSの磨き粉だけ受け取ったから。 グループは両方とも月4からの月6.の臨床効力への3つのx 400 mgの偽薬の磨き粉によって負荷のLequesneの索引、自発の苦痛(Huskissonの視覚アナログ スケールを使用して)、苦痛(4ポイント順序のスケールを使用して)、およびアセトアミノフェンの消費の査定によって評価された扱われた。 結果: 患者はNSAIDによって示されている敏速のと扱い、しかし処置の終わりの後で再現させた臨床徴候の明白な減少、; CSのグループでは、治療上の応答は時間に後で現われたが、処置の終わりの後の3かまで月間持続した。 結論: CSはOAの次第に増加する遅い臨床活動があるようである; これらの利点は処置の終わりの後で長期の間持続する。


放射能およびコンドロイチンの硫酸塩の配分
実験動物の外因性のコンドロイチンの硫酸塩の新陳代謝の運命
Arzneimittelforschung 1990年の3月; 40(3): 319-23

口頭および筋肉内のルートによるtritiatedコンドロイチンの硫酸塩(CS)の管理が2匹の日和見的な雑食性動物、即ちラットおよび犬で、放射能の配分調査された後。 口頭で管理された放射能の70%以上吸収された。 管理のルートとは関係なく、放射能は尿を通して主に排泄された。 血しょうレベルは第14そして第28 hで最高と大きいプラトーに先行している経口投与の後でラットと犬の急速な増加を、それぞれ示した。 放射能の屈性は共同軟骨のようなglycosaminoglycanが豊富なティッシュの方に、観察された。 放射性物質の分子量の分析はCS、多、oligoおよび単糖類の、またtritiated水のそれらに相当する分子量が付いている混合物、血しょう、尿、synovial液体および軟骨にあったことを示した。 CSの新陳代謝と交換反作用から得られた放射性低分子量材料のレベルは管理の後で時間と増加した。 高分子量の一部分は口頭で管理されたCSの少なくとも10%を表した。






雑誌のフォーラムに戻る