生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年9月


架空の経歴
 



 

ヨーロッパ
反老化は薬剤を入れる

 

ヨーロッパ人は長年に渡って老化と関連付けられるいくつかの病気を防ぎ、扱うのに補足を使用した。 米国の食品医薬品局はこの国の使用のためのこれらの薬を承認しない間、消費者が個人消費のための沖合いの薬剤を購入することを可能にする。 個人的使用方針の下で、複数の薬学およびディストリビューターはアメリカ人にヨーロッパの補足を出荷する。

最も広く利用されたヨーロッパ人の何人か補う:

  • Aminoguanidine。 この補足はglycosylationによって引き起こされる十字リンクを防ぐことによって働く。 動物実験はaminoguanidineがボディ中の細胞の糖尿病性、atherosclerotic血管の老化そして分子交差連結を防ぐことができることを結論した。 Alzheimerの 患者 では、aminoguanidineは頭脳のコラーゲンおよびエラスチン繊維の有害な交差連結を防ぐ。 これは年配者の頭脳および筋肉退化の第一次原因である。

  • Biostimは 細菌、菌類およびウイルスが引き起こす病気から保護する。 多数の医学の試験は一度年次処置がいくつかの病気を防ぐことで有効であることを示す。

  • Centrophenoxineは 広く利用された反老化の薬剤頭脳エネルギーをエネルギー生産のために必要のブドウ糖の通風管を高めることによって後押しするためにである。 Centrophenoxineは老齢期によって、打撃、化学薬品および薬剤 および余分な アルコール消費引き起こされる悩障害の処理で 有効ようである。 それはまた有毒な環境の化学薬品から保護するかもしれない。 さらに、調査はcentrophenoxineが実験動物の寿命を伸ばしたことが分った。 そしてそれは学習および記憶容量を高め、細胞膜で余分で自由根本的な活動によって与えられる細胞損害を減らす。

  • KH3. 長年に渡って70ヶ国以上の医者はプロカインおよびhematoporphyrinと呼ばれる混合物を含んでいるずっとこの反老化の薬剤を推薦している。 臨床調査はKH3が頭脳の警報、集中、記憶、物理的な調整および血循環を改善できることを示す。

  • Picamilonは 大脳の容器への血の流れを改善するために非常に効果的である。 Picamilonは容易に酸素の流れの効果からニューロンを保護するために血頭脳の障壁を交差させる。 ロシアでは、picamilonは薬剤として販売される。 実際には、GABA (ガンマのaminobutryic酸)と結ばれるナイアシンのアナログから ビタミンそっくりに 混合に成っていること(n-nicotinoyl)。 picamilonがそうよく働くことを可能にするこれらの分子間ののは共働作用である。

  • Pyritinol (Pyritinol.infoのより多くの 情報)は早段階のアルツハイマー病、打撃、眩暈、頭部外傷および年齢準の精神減損を含む神経学的な減損の複数の形態 処置のためにヨーロッパで、使用される。 Pyritinolは脳細胞のエネルギー準位の増加によって神経の新陳代謝機能を高める。

    注意: Pyritinolにより激しい膵臓炎を引き起こすことができる。


 


 


  • ページ
  • 1
  • 2