生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年10月

イメージ

イメージ

CLAは前立腺癌の成長および転移を禁じる

活用されたリノール酸(CLA)は生理学的な集中(すなわち低く線量)でglioblastoma、肺大腸、メラノーマ胸、prostatic carcinomaandの白血病を含む人間の腫瘍の細胞ラインの拡散を禁じるために示されていた。

抗癌性のResearch (1998日5月6月 で出版される 調査; 18 (3A): 1429-34)、マウスは積極的な人間の前立腺癌の細胞ライン(DU-145)と注入された。 2週以内に、明らかな腫瘍固まりは注入の場所で育ち、肺へのmetastatic損害は8週に現われた。 第14週の終わりに、安楽死は腫瘍の重荷として完全に圧倒した動物を用いられた。 記述されていた腫瘍の成長のパターンが一貫し、再生可能だったのでリノール酸、西部の食事療法の多量で、およびCLA見つけられ、消費されたの共通のpolyunsaturated脂肪の効果をほとんどの食事療法が不十分 である脂肪酸調査するために、このモデルは選ばれた。

2週間1% CLAと打ちつけられた1%のリノール酸と、または食事療法に打ちつけられたマウスの新しいグループは標準的な実験室の食事の食事療法(制御グループ)、食事療法与えられた。 マウスはテスト モデル グループにそう致命的に有効証明した同じ積極的な人間の前立腺癌の細胞ラインとそれから注入された。

8週後で、マウスは制御およびCLAと比較されたより速い腫瘍の成長がグループを補ったことをリノール酸に示した与えた。 検死で、CLA与えられたグループは制御およびリノール酸与えられたマウス両方と比較されたかなりより小さい腫瘍の重荷を表示した。 特に、CLA与えられたマウスの33%で、第一次腫瘍は5週間進歩し、それから「落ち」、necrotic傷だけ置き去りにする。 CLA与えられたマウスの他の腫瘍のほとんどは6週後に壊死を示し始めた。 第一次腫瘍のこの壊死は「治療のタイプである」人間の癌患者が頻繁に望む。

かなり表示されたCLA与えられたマウスは肺転移の率を減らした。 調査結果は肺転移が制御グループの80%およびリノール酸与えられたグループの100%に起こったことを示した。 対照によって、CLAを受け取っている動物の10%だけは食事療法を経験した肺転移を補った。

最後に、ICAM-1 (腫瘍の重荷のよい表示器)の血清のレベルの測定はCLA与えられたマウスと比較された制御およびリノール酸与えられたグループでかなりハイ レベルを示した。

これらの結果の議論では、科学者はより多くのCLAを加えて付加的な利益相談しないこと食事療法(乾燥重量)へCLAの1%だけを劇的な抗癌性の結果を生むために加えることがおよび示されていたことを指摘した。 この癌の防止および処置で非常に効果的であるためにCLAの1%を示す確認された前の調査。

使用するように努めている人々に意味するこの何を癌防止または療法のためのCLAは出版された調査で見られる効果を得るために70% CLAの日3つの1000 mgのカプセルに取るためにだけ必要がある場合もあることである。 一般人を仮定して食糧の2.2ポンドを(1,000,000 mg)日およびそれ以上平均食事療法が乾燥重量の食糧の200,000 mgをCLAの理想的なパーセントを測定するために残す80%水であると仮定する食べ。 ほとんどの人々のために、彼らの食事療法(乾燥重量)の1%に一致するのに必要とされたCLAの量は70% CLAの1日あたりの3つの1000 mgのカプセルである。

FDAは可能な補足としてCLAかずっと癌を防ぐ目的のための食品添加物を調査している。 実際に、この調査を行なった研究者はそれを、「そこにであるCLA富ませた食料品がprostatic癌のchemo防止で」使用されるかもしれないという可能性結論を出した。

会員は1996年5月以来の低価格CLAのカプセルへのアクセスがあったので官僚的なFDAを待つ必要がなかった。 癌の防止または処置のためのCLAの理想的な線量が1日あたりのCLAの3つの1000 mgのカプセルである出版された調査に基づいて、ようである。 日食糧の2.2ポンド以上食べれば、CLAの1つ以上の付加的なカプセルは必要である。 CLAは予防癌とアジェバント癌治療としてこうして安全なサプリメントを使用するより実用的で、より現実的な方法の1つを表すかもしれない。

変更された柑橘類のペクチンはPSAのダブル タイムを遅らせる
試験臨床試験の結果は食事療法の国際会議およびタンペレ、フィンランドの蟹座(5月28日- 1999年6月2日)の防止で示された。 変更された柑橘類のペクチンは PSAの低水準を持つ前立腺癌の患者のPSAのダブル タイムを遅らせるために示されていた。 医者は患者の大きい数を含む十分に前立腺癌の処置に於いての変更された柑橘類のペクチンの役割を定義するためにより多くの研究が必要であることを示した。 注意される医者は「すべての調査の関係者長期フォローアップのためにまだ生き、evaluableこの調査の完了の後のほぼ3年」である。 このパイロット・スタディはスティーブンのStrum MD、印のScholz MD、Jon McDermed Pharm D、ミハエルMcCulloch BAおよびアイザックEliaz MDによって行なわれた。

柑橘類から得られる植物繊維は癌細胞および癌細胞metastaticターゲット場所の相互作用と干渉する「柑橘類ペクチン」を含んでいる。 広がるべき前立腺癌のために研究は細胞の群生が単一セルか少数の個々の細胞よりもむしろ一緒に要求されるかもしれないことを示す。

Pienta等による調査では、人間の前立腺癌のための動物モデルとして役立っているラットの2グループはより急速に育ち、ボディ中転移するより大きい傾向がある前立腺のadenocarcinonaの細胞の特に劇毒性の形態と注入された。 ラットの半分は他は0.1%の集中の水の変更された柑橘類のペクチンを与えられたが、「制御」で、明白に飲料水を与えられた。 この調査からの結果は対照動物の16からの15が変更された柑橘類のペクチンを受け取っているグループの14から7だけと比較された肺転移を開発したことを示した。 変更された柑橘類のペクチンのグループの肺のmetastaticコロニーの数は制御グループでよりかなり低かった。

同じ著者は後で変更された柑橘類のペクチンがまた線量の扶養家族の方法のラットのendothelial細胞(血管の中のライニングを形作る細胞のタイプ)に縛りにラットの前立腺癌の細胞の能力を減らしたことを示した。 すなわち、変更された柑橘類のペクチンの大量服用と、endothelial細胞に結合する癌細胞の釣合良くより大きい減少は観察された。 (Pienta KJ等の Jの国民の蟹座Inst。 87:348-353,1995).

もたらされた生命延長基礎はアジェバント前立腺癌療法Pecta SOLようにブランドの1995-nowの柑橘類のペクチンを変更した。 最新の人間の調査で使用された線量は15グラムだった日。 この新しい調査に基づいて、前立腺癌の患者は彼らの毎日の養生法に変更された柑橘類のペクチンを組み込むことを考慮するかもしれない。

早い前立腺癌を持つ父は危険を渡す
前の調査は前立腺癌が受継がれた病気であることを提案する。 ジャーナルCancer (1999年で出版される調査; 86:477-483はかなり高いリスクに)、特に親密な家族のメンバーが年齢70の前に診断されたら、病気の歴史の家族からの人あった。

スウェーデンのUmea大学からの研究者のチームは父が1959年と1963年間のスウェーデンの前立腺癌と診断された5,595人の身体歴を得た。 研究者はことが分った父がより若かったら彼の前立腺癌が診断されたらとき、より大きい年齢70によってそれを開発している息子のチャンス。 父が年齢70の前に診断された息子の間で、年齢70の前立腺癌の危険は大将のメンバー間の約3%とより大きい比較されたほぼ9%人口より多くのより2.5時だった。 父が彼らの70sの間に診断されたときに、彼らの息子の危険は一般群衆のそれより二度より少しだった。 年齢80の後で診断された父の息子の間で危険は1.5倍ただより大きかった。

息子間の前立腺癌の危険はスウェーデンの人口の、年齢70によって診断の息子への危険一般群衆の43%-14回だった3回に少なくとも2人の親密な家族のメンバーは病気があったときに、そしてこれらの親類の1つが年齢70の前に診断されたら上がった。

早い前立腺癌が容易に扱うことができるので研究者はこの危険度が高いグループの人が「年次前立腺の50および70の年齢間の特定の抗原(PSA)のスクリーニングそして前立腺の検査を」。経ることを推薦する