生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年11月

短いニュース項目を生命extensionistsに遅壊す、
生存により長くより健康な生命興味を起こさせられるだれでもと同様。

ニュース

ニュース

マジックの
大豆の豆



最近、大豆は研究者のための世界的に注目の的になった。 イソフラボンの集中された源は、大豆ベースのプロダクト癌および骨粗しょう症の処置そして防止の重要な 役割を 担う ようである。 点と豆を扱うためにそして最近の調査は医学界を更に推論する与えた。

Nutrition (1999年のジャーナル で出版される 調査; 1291075-1078)、科学者はイソフラボンが、大量服用で、メラノーマの細胞の転移を減らし、腫瘍サイズを減らしたことが分った。 調査はマウスのネズミ科のメラノーマの細胞の肺の転移に対するイソフラボンとの食餌療法の補足の効果を見た。 メラノーマの細胞と注入された後イソフラボンのgenisteinそしてdaidzeinと、さまざまな線量の補われたマウスは基底食事療法か基底の食事療法に2週前の与えられ。 検死で、肺腫瘍の数そしてサイズは断固としただった。

大豆のイソフラボンの大量服用を受け取っている グループ では肺へmetastatic腫瘍の中央数に74%の減少があった。 調査はイソフラボンの大量服用がかなり腫瘍のサイズおよび容積を減らしたことを、示したmetastatic損害の数の減少に加えて。 これらの調査結果はイソフラボンとの食餌療法の補足が病気に対する禁止の効果をもたらすかもしれないので癌と影響されるそれらのための希望を提供する。 そして医学界がそのような調査で従事させている事実は有望である。 これらのタイプの調査に基づいて、癌患者は1日あたりの補足の大豆のイソフラボンの5,600ミリグラムにとている。


パーキンソン症候群のOctacosanolそしてNaloxone

パーキンソン病は 運動障害でありsubstantiaのnigraとして知られている頭脳あたりのドーパミン産出の細胞の損失に起因する。 substantiaのnigraを含む神経の細道はドーパミンと呼ばれる化学薬品を利用する; これらの細道はボディの動きの制御にかかわる。 従ってsubstantiaのnigraのドーパミン産出ニューロンの損失は動きの減損を作り出す。 パーキンソン病の患者は休息手の震え、動きの足取り、無表情な表面および剛さを混ぜるかがんだ姿勢のような徴候を経験する。

Octacosanolの麦芽オイルで見つけられるパーキンソンの患者に利点であるために有効成分は報告された。 それは麦芽の調査の間にモルモットの水泳の性能を高めることを見つけたときに科学的な興味を引き付けた。 Octacosanolはまたひよこに管理されたときoctacosanolが男性ホルモンの生産を後押ししたこと報告された。 別の調査はoctacosanolが薬剤を与えられたときより急速な再生の時を経験したラットの酸素の利用を改善したことを提案した。 強さを高める薬剤の機能の複数の要求があり、従って持久力および運動選手によってこのために使用された。

独特のパーキンソン症候群と患者を含むoctacosanolの6週間の二重盲目、偽薬制御の、ランダム化されたクロスオーバーの試験の開発に導かれる後者に証明する要求。 独特のパーキンソン症候群を緩和する穏やかの10人の患者は麦芽オイルの基盤のoctacosanolの5 mgまたは同じような偽薬の3つの毎日の線量を与えられた。 結果は患者が毎日の生活、気分、持久力およびパーキンソン症候群の徴候の活動の彼ら自身を評価するように頼まれたパーキンソン症候群の自己評価の評価の形態の分析に基づいていた。

重要な改善は10人の患者の3によって報告された。 改善は毎日の生活の活動とないパーキンソン症候群の持久力そして徴候に関して見つけられた。 調査は可能性としては毎日の生活の活動を、また神経質な張力の穏やかな改善する、機能が定位置目まい、小さい増加、およびcarbidopa levodopa関連の運動障害(carbidopa-levidopaの処置とこの場合関連している)動きのの増強を含む副作用のまれな発生が欠陥だけでなく、示すが原因で独特のパーキンソン症候群の患者のサブセットのoctacosanolの潜在的な有効性を。

、そこにcarbidopa-levodopaについて心配を示すこの2薬剤の組合せの副作用話している。 運動障害を慢性の、満開のパーキンソン病の患者の幻覚を作り出すことをもたらすための傾向に加えて、また知っている。 substantiaのnigraとして知られている頭脳あたりのドーパミン産出ニューロンの損失からのパーキンソンの結果以来明らかな治療はどうかしてこの頭脳の地域のドーパミンのレベルを増加することである。 但し、ドーパミン自体が即時の新陳代謝の前駆物質血頭脳の障壁を交差できないので、血頭脳の障壁を交差させる与えられ、ドーパミンに変えられるlevodopaは、一度頭脳に達する。 そのように、levodopaのほとんどは頭脳に続いて利用できる薬剤の非常に小さいパーセントだけ去る小腸で炭酸基を除去される。 従って頭脳に移動できるlevodopaの量を増加するために、カルボキシル基分解酵素の抑制剤、carbidopaはlevodopaを伴って、与えられる。

パーキンソン病のための処置の支柱として役割にもかかわらずいくつかの副作用、それらの1つである幻覚を引き起こすと、levodopaにより知られている。

naloxone、オピオイドの反対者が、精神分裂症の患者ことをの幻覚の逆転で有効であることが報告された。 naloxoneがパーキンソンの患者ことをの運動障害の改善で有効であることがまた報告された。 naloxoneがそのような区域の相当な量の注意を払われたので制御のlevodopa誘発の幻覚の薬剤の有効性をテストするために、調査は行われた。

病気の2および4年の歴史のパーキンソンの2人の患者は、levodopa-carbidopaおよび筋弛緩剤のorphenadrineと扱われて、この二重盲目の調査にかかわった。 関係者はnaloxoneの塩の含んでいる2 mgの100つのmlまたは塩のだけの100つのmlの解決を与えられた。 一週間後実験は互い違いの解決を使用して繰り返された。 偽薬が明白な効果をもたらさない間、naloxoneが幻覚の数そして厳格を高めたことが分られた。

従ってnaloxoneはlevodopa誘発の副作用のある特定の区域の利点があるかもしれないが幻覚の制御はそれらの1つではないことをようではない。

- Kapil Gupta




参照

  • Dukelow WR: 麦芽のオイルおよび再生。 検討。 アクタEndocrinol 56 (Suppl 121): 5-15, 1967.
  • Gunne LM、Lindstrom L、Terenius L: Naloxoneは精神分裂症の幻覚の逆転を引き起こした。 J神経Transm 40:9-14 1977年。
  • Neufield GJ: 麦芽のオイルおよびoctacosanolのEstrogenic androgenic効果。 M.S. 説、カンザスの州立大学、マンハッタン、カンザス1963年。
  • Sandyk R、Gillman MA: Naloxoneはパーキンソン病のlevodopa誘発の幻覚に寄与しない。 アンNeurol 16(6): 723 1984年。
  • SniderのSR: パーキンソン症候群のOctacosanol。 アンNeurol 16(6): 723 1984年。


雑誌のフォーラムに戻る