生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年11月


イメージ
 



イメージ 

明らかにされる老化!

グレゴリーM. Fahy、Ph.D著。


生命延長基礎はDrsにインタビューする。 リチャードWeindruchおよびTomas Prolla、裸秘密をの置いたり老化および老化することのための新しい処置の掃除の急速な開発に道を開くのにDNAの破片を使用する最初の研究者。

単一の出版物のabruptnessによって、老化の研究の根本的に新しい時代および老化の修正は始まった。 科学(「熱の制限による老化そして遅滞の 遺伝子発現 プロフィール」の)の8月27日問題のレポートの解放によって、トムProllaおよびリックWeindruchは大々的に老化の研究の分野を永久に変えてしまった。 とても大きいそれらが示した方法の力は、それは方法と結果によって老化の事実上すべての生物医学的な研究影響される。 老化することに新しい方法を適用している数万人のgerontologistsおよび臨床医の見通しは老化を減速するか、または逆転できるものがの最も深いレベルで老化の基本的な原因の私達の知識と私達の知識の驚くばかりに急速な爆発を意味する。 生命延長基礎は1999年8月8日に彼らの実験室でこれら二つの開拓のgerontologistsにインタビューした。 続くものがそのインタビューの編集されたコピーである。 注: このインタビューで使用される言葉のいくつかをよく知っていない読者は伴う語集に相談するべきである。

生命延長基礎: Prolla先生およびWeindruch先生、いかに進歩をちょうど作るために記述するか。

Tomas Prolla: 私達は老化プロセスの間にたくさんの遺伝子の表現のレベルを検査するのにDNAのマイクロアレイの新技術を使用した。 私達は5つおよび30月古いマウスの比較によってこれをした。 私達は高い比率を酸素の消費をもらうの、老化の原因として老化のmitochondriaおよび遊離基の現在のビューをテストして理想的なようでことにしたのでこの最初調査のために腓腹筋をと同時に選択の私達のティッシュ使用する。 私達は最後の3年のより最後の3か月の多くを学んだ。

LEF: DNAのマイクロアレイは何であるか。

TP: DNAのマイクロアレイの複数の異なった変化がある。 基本的にはそれらは規則的な配列かレイアウトでそれらに付すたくさんの遺伝子がある小さいスライド ガラスである。 遺伝子は完全な遺伝子またはオリゴヌクレオチドとして知られている小さい遺伝子の片としてある場合もある。 私達が使用した特定の配列はすべてで各遺伝子が20のオリゴヌクレオチドによって表される、および6347の遺伝子表されるであるAffymetrixシステム。

LEF: DNAのマイクロアレイはいかに老化についての新しく、有益な情報を与えることができるか。

TP: 動物のティッシュからRNAをか人間得ることによって、たくさんの遺伝子の表現のレベルのために同時に試金できる。 最初に私達は蛍光調査が付いているRNAを分類する。 それから私達は動物からのマイクロアレイにRNAを交配させる。 配列は配列に棒をその各々の別のRNAから来る蛍光性のquantitationに与えるレーザーによってそれからスキャンされる。 付く各RNAのタイプは配列の2つの次元の位置によって識別される。 この情報は異なった遺伝子の表現のレベルを持っているデータ ファイルに変えられる。 1つは相違が老化と現れるものを異なった年齢のためのこれをし、比較すると見ることができる。 またそれが病気プロセスを監視するのに使用することができる。

私達は望むか何があることを、ここの最終目的は私達が実際に得てもいかったり、寿命の6ヵ月の窓仮定する、実際に何かはその間老化を減速するかどうか言う老化のそのような範囲に増加する遺伝子の電池である。 私達は老化の50折目を変えるマーカーを見つけてもいければ従って30か月を待たなければならないことから得たいと思う、私達はNIHからの12ヶ月のマウスを発注し、12から18から調査し、混合物がその期間の間に働くかどうかテストしてもいい。 これは予備のスクリーニングのためである。 それがよく見れば、私達は戻り、充実した生活のスパンの調査をしてもいい。 しかしポイントは、私達すぐに老化することに影響を与える混合物のために選別したいと思うある。 私達はマウスの一生のスパンを待ちたいと思わない。

LEF: DNAの破片の力は前に科学のペーパーで 約年説明された。 調査官は血清--に血清の奪い取られた後皮膚細胞(繊維芽細胞)をさらした。 平均は皮傷ついていた、従ってあなたの傷修理システムを調整しなければならないこと皮の繊維芽細胞なら血清--にさらされれば彼らは、また回る傷修理と関連していた遺伝子の別の全セットを見期待していたがしばらくの後で、ohええ実現し、ものを見つけた。 従って彼らは最初に捜していた何をすべてを見ることができるのでそれから繊維芽細胞の生物学を、だけでなく、大いによりよく一目で理解した。

TP: DNAの破片との主要な利点は、よく特徴付けられたすべての遺伝子私達がすべての知られていた遺伝子を基本的に見ていることである。 私達は仮定なしで遺伝子が老化と上下すること実験をというこの遺伝子または始める。 私達はちょうどそれらを突然テストし、結果がであるもの見る。 私達は予想された概念によって偏られない結果を得る。 私は、唯一の開始の仮説老化のある変更があることである意味する。 変更がである何、私達は私達が実験をした後だけ見つける。

LEF: そう慣習的な生物学は象がであるもののよう理解することを試みている3人の盲人の古い神話のようである。 それらの1つはグラブ トランク象がヘビのようであり、別のものが足をつかみ、断ることを言い、象は木のようであり、最後の人はやりのようきばをつかみ、oh、象である言う。 しかしあなたの技術は1つの仮説に制限しない。 全象をすべて同時に見る。

TP: はい。 また、これらの変更は私達が特定の仮説をテストすることを可能にする。 私達は含まれる遺伝子のいくつかが実際に遺伝子の行為をまねる成長混合物transgenic動物の作成によってまたはが老化プロセスを制御する遺伝子であるかどうか定めてもいい。 それから、老化の遺伝子発現の変化の検査によって私達はかどうかtransgene急速に確認してもいかったりまたは実際遅らせる老化を混合する。 技術の他の非常に重要な部分は私達が器官特定の方法の老化を見てもいいことである。 寿命は数年にわたる動物の全人口の存続で、例えば、一見を調査する。 但し、各実験室のマウスの緊張は通常特定の病気パターンを、寿命の制限を終える癌または腎不全のような開発する。 従って、寿命の調査の実用性は限られている。 私達は異なった年齢でマウスから非病気にかかった器官を集め、より速くかより遅い老化することならこれは残存率の独立者である分子レベルで検査し。

LEF: あなたが今調査している器官は動物の異なった人口から集められ、より遅い分析のために凍らせていて、それは正しいか。

リチャードWeindruch: はい、そしてこれら少数の動物からのティッシュはある。 技術についての魅惑的な事の1つは小さい動物に動物の変化が私達いかに観察するかである。 私達は私達の科学のペーパーでこれを 統計的に 記述する。 私達が使用する動物の数は老化する調査、グループごとの3匹の動物のために小さい。 しかし古い制御に古いです、例えば、か古い限られたと若者を比較するとき、各々のそのようなグループ比較のための9つの比較を一対に発生させ、それはデータがいかに分析されるかである。 グループごとの4匹の動物を持つことは私達が得ているデータの質に基づく統計的に不必要であるデータの巨大な爆発をもたらす。

LEF: これはある特定のグループの個人間の老化の変化が悪名高いのでかなり驚くべきである。

RW: 権利。 私は多分これが遺伝子発現のこの分析が多くのそれに続く変化の上流にあるという事実の反射であることを論争する。 これらの多数のために遺伝のレベルでするより細道のそして異なった動物間の出口を得るとき遺伝の種類の変化を、騒音をもっとたくさん見るかもしれない定着させなさい。

TP: 権利。 病気の結果か他の二次端ポイントは人口の個人の間でたくさん変わるかもしれないがポイントは遺伝子発現のレベルにそれであることを変更が私達いかに見るか、マウスは非常に類似していた。

LEF: マウスA間の遺伝子発現で10%の相違があり、30か月に集まるマウスBが巨大な表現型(生理学的な)相違を実際得るが、遺伝的にその間に非常にマイナーな相違があることを提案する。

RW: それは事実であるかもしれない。 また、私はそうかもしれない程に多分重要私達のデータが、大きい部分で、biogerontologyの照会の複数の現在の区域の重要性を認可するが考えたり、また考慮されなかった複数の他をと開発する。

TP: 技術は理解の病気の点では実際に進歩である。 しかしまた、そして何よりも大事なことは、それは老化プロセスを測定する方法である。 あなたが老化と実際に干渉できる唯一の方法はそれを測定する方法があり私達がこの見つけることとのそれを、私達最終的に考えればである。

イメージ














LEF: 他は老化、老化自体を特徴付ける方法で年齢と変わる要素のいわゆる「biomarkers」の測定によって老化することを測定するように試みた。 以前、老化することのための深刻な候補者のbiomarkersとして何年齢関連の変更が置かれたか。

RW: 依存する私は考える。 その質問への答えはそれに答えている人によって強く影響を及ぼされる。

TP: それはまた生理学的なか行動のbiomarkerに対して分子biomarkerを意味するかどうか、に左右される。

LEF: あなたの方法が老化の偽りなくよいbiomarkersの発見でいかに助けることができるか私達に老化のよいbiomarkersを識別する問題のいくつかを言えば。

TP: 多くの実験室は老化のbiomarkersを開発するように要求した。 問題はこれらのbiomarkersのそれぞれが通常別の試金を含むことである。 そのうちのいくつかはである生化学的、いくつか含む行動テストを、いくつか含む機能テストを…

RW: それらは一つずつ通常ある。

TP: はい、それらは一つずつあり、老化プロセスの1つの面を見る。 これらのいくつかはよいbiomarkersである。 しかし多くのそのようなbiomarkersを同時に見られる理想的に1つはべきで私達は基本的にこれを最近までする技術を持たなかった。 よいbiomarkerのためのもう一つの条件はbiomarkerを認可する方法がなければならないことである。 すなわち、何かは老化と変わるかもしれなかったり老化することが必ずしも原因ではないかもしれないまたはその変更は原因ではないかもしれない。 これのためにテストする1つの方法は熱の制限がほ乳類の老化を減速する唯一の方法であるのであなたが正常な老化の間に見る変更が熱の制限によって影響されることを確かめることである。 私達がこれらのbiomarkersを発見した後熱に関して限られたマウスで大部分biomarkersとしてそれらを認可する熱の制限によって防がれることがいかに影響された、分ったか見るために、私達は見。 要点は私達が今何百もの同じ技術のbiomarkersを同時に選別してもいいことである。

RW: また、私は遺伝子のレベルにあることbiomarkersのこのセットが有利であることを考える。 分子それはそうだけでなく、あるが私が先に示したように、蛋白質のレベルまたは細道の活動の二次変更の多数に先行する、従ってどの変更が原因であるかもしれない私達および私達の同僚がこれらのさまざまな変更を通って分類し、で得ることを試みるようにこの情報に基づいて実験を行なえるのでだけでなく、これ老化の遺伝子発現の変更の近い第一次全体的な概観を許可するが、また老化のよりよい理解に近い方の私達を動かす私達は考える。

LEF: 変更が重要である、かなり何パーセントのゲノムの変更かどうかいかに決定しか。 どんな程度の変更を重要考慮されるか。

TP: その質問への1つの応答はそれ私達がについてのまたは高のショーを二重の変更検査する遺伝子の約1%である。

LEF: それ上下に二重、であるそれは右であるか。

RW: 権利。 約0.9%%各方法、か私達が見た物のおよそ2%。 6500のまたはそう遺伝子私達は見た、約58から60の遺伝子は活動、もう58でより高く二重だったまたは60は老化の結果として活動でより低く二重だった。

TP: 権利、しかし私達はマウスの遺伝子のおそらく10分の1だけを選別した、従って実数は上下する600の遺伝子の近くにおそらくある。

LEF: そのより多く遺伝子のどんな一部分が増加するか、またはその比率より多く減るか。 すなわち、二重の代りの10倍か5重によってか。

RW: 非常に小さい数である私達が知っているより大きいかもしれない。

TP: 私達は最も大きい折目の変更の一部がおそらく1つの州で不在であって、他で示す、そのほとんどがあるかもしれない遺伝子を表すので実際にその質問を今は演説できないし。 それらは非常によいbiomarkersであることができる。

RW: それらのデータを受け入れないように遺伝子が若い動物に表現されないし、古い動物に表現されればことの技術的な問題、機械私達に言うかもしれないある。 私達は私達がこれらの多数を逃さないように(語集-エド--を見なさい。)私達がし始めているPCRベースのアプローチを使用してそれらをフォローする必要がある場合もある。

TP: 機械が古い動物の若い動物および「現在」、および他の方法で「不在と」呼ぶ遺伝子のコピーがあるが、活動が実際に完全に不在であることはほぼ不可能、それちょうど感受性の限界があることであるである。 機械が十分に正確にそれを検出できなければ、それを「不在と」呼ぶ。 機械の検出の能力は、例えば、私達が今している量的なPCRのような何かない。 私達は、例えば、機械が若者古いの「何か」の「何も」言わないし、が、5重の変更のような何かを報告するそれらのマーカーに戻る。 そのいわゆる5重の変更は何も意味しない。 それは非常に低レベルに実際に若者に何か、であるかもしれないしあるがそれから古いのの50折目のようなもっと何かがあること。 従って私達はある独立したテストをしている。 50折目の変更はよりよい。 何百ものbiomarkersとして使用することができる表現で上下する各ティッシュのための遺伝子がある。 私の意見で特によい、行っている物は意味するそのものは私達は彼らの寿命の部分の間におそらく動物を、6か月または年のような検査してもいいことであるので老化と直線に増加し、大きい増加を示す、混合物が老化に影響を与えている充実した生活のスパンの調査をするために30か月を待っていることに対してかどうか定める物である。

RW: 複雑になるかどれが病気の存在によって。 従って候補者の混合物をテストする多分最適の試金は5か月を取り、マウスの生後20かそして25か月の間にに行われるかもしれない。 私はちょうど、それ正確にそういう風にである必要はない大声で考えている。

TP: 目的は実験アプローチが、薬剤の処理または遺伝の処理を含んで、老化に影響を与えれば評価するために必要の時間を減らすことである。 私達は少数の月に私達が薬剤は働くかどうか知ってもいいようにかなり月毎に変わるbiomarkersを見つける必要がある。

RW: そして私達はまたそれがティッシュ特定の基礎で動作し、それが屈曲点であるかどうかわかる。 システムが私達が見るそして共有されるかそれらのどれがティッシュ間で定められるティッシュのそれぞれで調整されか、または調整され、私達はすぐに知れる。

TP: 私達が考える今は私達の目的は、優先順位べき3つか4つのpostmitoticティッシュを検査し、老化に関するティッシュ間で共有される遺伝子発現の変更を捜すことである。 私達は従ってそれらの変更が原因であるかもしれないこと、そして老化の基本的なメカニズムを明らかにすることを仮定する。

LEF: する中心が、そこの遺伝子発現の原因の変更であるかもしれないか何かについての予言をことができるか。

RW: この質問への応答は実際に多数のティッシュの分析を要求する、従って答えは少数の月入って来べきである。

 



 






  • ページ
  • 1
  • 2