生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年5月



レポート


ビタミンCが心臓発作をいかに防ぐか

イメージ 1990年代初頭に、複数の大きい人口調査はビタミンCを消費した人で心循環器疾患の減少を 示した。 防いだ議会FDAは高潜在的能力のビタミンCを禁止するおよび他によってこれらの調査結果およびこの好ましい公表によって助けられる押しのいくつかで手形報告される媒体は補うことを。

最も重要なレポートは1992年にUCLAから800に日ビタミンCのmgを取った人はFDAの60 mgの日推薦された日当を消費した人より長さ6年住んでいたことが発表されたところで、出た。 10年の一定期間にわたる11,348人の関係者を評価した調査はその高いビタミンCの取入口延長平均寿命のスパンを示し、42%心循環器疾患からの死亡率を減らした。 この調査はジャーナルEpidemiology (1992年 出版された; 3:3、PP 194-202)。

UCLAのレポートの結果は部分的に11,178人の関係者を含む臨床栄養物(1996年8月)のアメリカ ジャーナルで 出版された9年の調査の 後で4年確認された。 この調査はビタミンCおよびEの補足を取った人々が全面的な死亡率の42%の減少を経験したことを示した。

これらのレポートに応じてビタミンCが心循環器疾患から保護する特定のメカニズムを定めるために、科学者は 着手する。 Drs. Linus Pauling、マチアスRathおよび他はアテローム性動脈硬化がビタミンCの不足 によって 引き起こされる幹線悪化の効果に対して自然な保護メカニズムであるという説得力のある証拠を提供した。 ビタミンCの不十分な状態に普通起こる激しい崩壊から幹線壁を保護するためにボディがatheroscleroticプラクを形作ることをPaulingおよび他は示した。 アテローム性動脈硬化の伝染病のためのPaulingの理論的根拠は人々が十分なビタミンCを消費していなかったことだった。

しかしそこに信じられた懐疑的な科学者はビタミンCが心循環器疾患の非常に深遠な減少をなぜ作り出したか他の理由だった。 1998年に、複数井戸は制御された調査ビタミンCは幹線システムが若々しい伸縮性と拡大し、契約を結ぶことを可能にすることを示した。 心臓病のほとんどの形態が心筋に与える圧縮した動脈によって引き起こされるので、どんなビタミンCがするために示されていたか幹線膨張機能厳密を維持することは重大である。

妨げられた冠状動脈により精力的な活動、冷たい温度および感情の状態に応じてアンギーナを(胸痛そして息切れ)引き起こすことができる。 心臓学医は頻繁にnitroglycerineおよび冠状動脈を膨張させ、アンギーナの苦痛を取り除くために長時間作用性の硝酸塩の薬剤を規定する。 硝酸塩の薬剤はだけでなく、冠状血の流れを改善するが、また周辺管の抵抗の減少によって中心の酸素の要求を下げる。

残念ながら、硝酸塩の薬剤はまたマイナスの効果を作り出す。 硝酸塩の薬剤への主要な制限要因は許容である、すなわち脈管系は薬剤の膨張の効果に答えることを止め、アンギーナはもはや制御されない。 硝酸塩の薬剤によりまたエネルギーを作り出す心筋の細胞の機能の進歩的な弱めを引き起こすかもしれない。 ビタミンCが冠動脈疾患の患者に管理されるとき、硝酸塩の薬剤の血管を拡張する効果はかなり延長されるかもしれ、細胞のエネルギー生産容量維持される。

Cardiology (1998年のアメリカの 大学のジャーナルで出版される 二重盲目の調査; Vol. 31、硝酸塩の効果比較されるISS 6、PP1323 1329は)ビタミンCを受け取らない偽薬のグループにビタミンCを受け取っている人々で薬剤を入れる。 医者は冠動脈疾患の両方の健康な人々そして患者に硝酸塩の薬剤を管理し、次に循環guanasineの一リン酸塩(cGMP)のvasodilationの応答そして細胞レベルを、硝酸塩の薬剤によって減るエネルギー基質測定した。 日ゼロでベースラインを確立するために、すべての関係者は測定された。 3日のビタミンCの管理(毎日2グラム/3回)後で、どちらのグループでも変更がなかった。 6日のビタミンC療法後でvasodilationの応答の印象的な42%の改善は観察され、細胞cGMPのレベルの60%の改善は偽薬と比較されたビタミンCを受け取っている冠動脈疾患の患者で測定された。 同じような改善は偽薬のグループと比較されたビタミンCを取る健常者で行われた。 医者は「これらの結果示すことによってビタミンCとの組合せ療法が硝酸塩の許容の開発を」を防ぐために役に立ちそうであることを調査を示す完了した。

臨床Investigation (1998年の ジャーナルで出版される 別の調査; 7月1)日は人間の患者に対する硝酸塩の薬療法の効果を見た。 許容開発は隔離された患者の動脈圧、脈拍圧力、心拍数および活動の変更によって監察された。 すべての患者は硝酸塩の許容の有害な効果を経験した。 但し、ビタミンCが硝酸塩の薬剤と共同管理されたときに、硝酸塩の許容の効果は事実上除去された。 最も重要な改善は幹線伝導性テストの310%の改善だった。 硝酸塩の薬剤は血小板の危ないupregulated活動を引き起こしたが、これはビタミンCの補足と余りに逆転した。 この調査を行なった医者は人間でビタミンCが硝酸塩の長期かもしれないことを、非断続的な管理の間に利点である薬剤を入れる示した。

硝酸塩の薬剤の特に有害な効果はそれらによりcGMPの細胞内の(細胞の中で)生産の減少を引き起こすことである。 このエネルギー基質は細胞エネルギー準位を維持するように要求される。 ビタミンCはcGMPの硝酸塩誘発の枯渇から保護するために示されていた。 FEBSの手紙(ネザーランド)の5月22日1998問題 で出版された 調査では硝酸塩の薬剤との前処理の5時間--にさらされた腎臓の細胞は細胞内のcGMPの相当な枯渇を示した。 ビタミンCが硝酸塩の薬剤との前処理の間にあったときに、cGMPのレベルはより高く3.1折目だった。

慢性の心不全は幹線システムのendothelialライニングの容量を膨張させることを減らされると関連付けられる。 科学者は高解像の超音波およびドップラーによって放射状動脈の直径および血の流れを測定するために心不全の患者をテストした。 ビタミンCは心不全を用いる患者の幹線膨張の応答そして血の流れの速度を元通りにした。 科学者は行為のメカニズムが、重要な前駆物質ビタミンCが一酸化窒素の供給を高めたことだったことをcGMPに定めた。 この調査はジャーナル循環の2月1998日問題で 出版された

また1998年に、冠動脈疾患に対するビタミンCの効果の別の面は発見された。 Cardiology (1998年の アメリカの大学のジャーナルで出版される 調査; 41:5,980-6)低い血しょうアスコルビン酸のレベルが独自に心臓病患者の不安定な冠状シンドロームの存在を予測することを示されている。 医者に従って、調査の結果は起因するかもしれないことを冠動脈疾患の処理のビタミンCの有利な効果がことを固定病気の全面的な範囲の減少よりもむしろ幹線壁の損害の活動の影響に、一部には、示した。

出版された研究の調査結果はビタミンCが冠動脈疾患の患者の死亡率を減らすかもしれないことを提案し、寿命を増加し、そして多分硝酸塩の薬剤を取るそれらの硝酸塩の許容の効果を除去する。 冠動脈疾患のための療法として医学の確立で確認されなくて間、そこに今集められた富ビタミンCが中心関連の病気の処置で有利な効果をもたらす証拠のある。

-ウィリアムFaloon著…


、冠動脈疾患とのそれらはこれらの最近の調査結果に基づいて、ニトログリセリンを取るか、または長時間作用性の硝酸塩の薬剤特に人(またはニトログリセリン パッチ)、他の酸化防止剤と共にビタミンCの少なくとも6グラムと日、補うことを考慮するべきである。 この推薦は厳しく同業者審査された出版された文献に基づいて生命延長基礎の意見である。 FDAかアメリカの医学連合は冠動脈疾患のための療法としてビタミンCの役割を確認しなかった。


イメージ