生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年5月

ビルFaloon 私達がそれを見るように

ペストの
FDAの規則

数人は科学的な進歩が人命救助療法に回る前にどの位かかるか意識する。 官僚的なプロセスは承認を販売する発見からの合計処理時が1964年以来多くにより倍増していた、6.5年から14.8年から1.であるほど厄介な。

FDAの規則 1つはこの遅れが安全な薬を少なくともアメリカ人に与えていると考えるかもしれない。 事実は別の方法で告げる。 今月の問題は無能力と吟味される薬物承認システムを露出し、薬剤に125,000人のアメリカ人上のの死でFDA毎年起因する堕落はである安全言う。 現在のシステムは彼らの薬剤をこの国で法律化されて得るために上のドルを支払うことをできることができる巨大製薬会社に保護された市場を提供する。 人工的に保護されるあらゆる市場でように、革新は窒息し、消費者は最終製品の大きく膨脹させた価格を支払う。

米国政府は公式に市場の自由な競争に裏書きする、けれども薬に関しては、フリー マーケットはない。 FDAと多国籍製薬会社間の回転ドアは局外者を除く作成し、事実上アメリカ人に大きい会社のための十億を作るために保証される薬剤へのアクセスがあるただことを保障するシステムを。 最近の傾向は薬剤を、Viagraのようなより少ない利益を戻すかもしれない人命救助の薬剤を犠牲にして「人生の高めることを」、開発する会社のためである。 FDAは沖合いの薬剤がアメリカの同等より有効安全、安く、でも外国の競争を保つために異常なステップを踏む。 最終結果はアメリカ人が医薬品の世界の最高価格を支払うことである。 同時に、私達は処方薬からの死が米国2.の第5または第6一流の死因であるので、薬物誘発の不利な反作用の高い比率に苦しむ。 悪いプロダクトのための膨脹させた価格はアメリカ人がより健康およびより長く住むべきなら不正、変わらなければならないシステムを反映する。

薬剤の製造業者はシステムを通して新しい薬剤を得る遅れそして高い費用のためのFDAを批判する。 1つの統計量の製薬会社はをであるからそれ1977年から1996年指す、新しい薬剤の混合物の15折目の出費を高めた、けれども新しい薬剤のFDAの承認は比較的きっかり3.に残った。 製薬業によって引用される付加的な問題はFDAの人員の転換、FDAと製薬会社4.間の薬剤の評論家の専門知識そして通信問題の限定を含んでいる。 しかし、この問題の読者が学ぶことを約あるので大きい薬品会社は決して官僚的FDAの無実の犠牲者ではない。

これすべては大きい製薬会社が市場を支配することを可能にするそれに小会社にとっての遠い余りにも高い作る官僚的なぬかるみを競うには指す。 生命延長基礎は経済的な成功が適正価格の有効なプロダクトを開発している会社で断定される規制を解かれた市場に裏書きする。 フリー マーケットでは老化の退化的な病気を防ぎ、扱うために、危険に作るかまたは非効果的なプロダクトがビジネスの追い払われる会社、およびアメリカ人は高度の薬にすぐに近づくことを許される。

問題は事実上誰もFDAで意思決定過程を理解しないことである。 それは変わることを約ある。 生命延長雑誌のこの問題はFDAが意識的に健康な女性に販売されるべき危ない薬剤をいかに承認したか明らかにする。


  1. 前進医学の革新: 21世紀に於いての政府の健康、安全および役割。
    進歩および自由の基礎、 1996.
  2. 米国医師会医学総合誌
    (JAMA)、1998年4月15日。
  3. Science (1998年: 5月)。
  4. サンディエゴの調査(1997年)のカリフォルニア大学。


ウィリアムFaloon
副大統領
生命延長基礎

雑誌のフォーラムに戻る