生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年6月


レポート


緑茶

精神のためによい
しかしよりよい、
中心のためによい。

キヅタGreenwellによって


部II:
心臓保護
緑茶の特性

血糖が年齢と増加しがちであるので蛋白質(血清のブドウ糖のレベルを下げるglycation)との架橋結合による加速の老化は 緑茶の機能反老化の利点の一部として非常に重要である。 ある人々は血糖を下げるその茶の能力を論争しこうしてインシュリンのレベルおよびglycationは、最も重要な反老化の特性である。

老化させたラットと緑茶および紅茶の75日の供給の効果を緑茶が血糖のほんの少しだけよいより紅茶(22.8%対23.9%)を比較する調査は下げたが分ったり、トリグリセリド(25%対33.3%の減少で著しく優秀ことがだった; 高いトリグリセリドは強く心循環器疾患の危険度が高いの関連付けられる)。 HDLへのトリグリセリドの低い比率は心血管の健康の優秀なマーカーである。

しかし紅茶はスーパーオキシドのディスムターゼ(芝地のよりよい誘因物だった; 芝地の活動は緑茶のグループの90.8%と比べて紅茶のグループの117%より高く対制御、より高く)、および有害なmalondialdehyde、脂質の過酸化反応の副産物のよりよいブロッカーだった(紅茶は34.6%それを減らした; 緑茶 25.4%)。 紅茶が他の調査によって確認されるより強力な酸化防止生体内の必要性であるという著者の結論。

かなり血ブドウ糖を下げる機能は糖尿病性のラットを使用して調査でまた確認された。 緑化すれば反糖尿病性の活動を所有し、両方有効糖尿病の防止そして処置のであるために紅茶は 示されていた。 老化させたラットがこれらのポリフェノールにそう劇的に答えたという事実はブドウ糖の不寛容の年齢関連の上昇およびアテローム性動脈硬化および他の退化的な無秩序の生じる退化的な滝を逆転させることは 可能 であることを意味する。

茶ポリフェノールはどんな方法で血清のブドウ糖を下げられるか。 主要なメカニズムは酵素のアミラーゼを消化する澱粉の活動の阻止のようである。 茶は唾液を両方禁じ、澱粉がもっとゆっくり破壊される、および上昇はこうして最小になるように血清のブドウ糖の腸のアミラーゼ。 さらに、1つの最近の調査に従って、茶はブドウ糖の腸の吸収を減らすかもしれない。

タマネギと茶、ジフェニルアミンと呼ばれる特に緑茶で見つけられる比較的少なく知られていた混合物は強い砂糖低下行為があるようである。 再度、ここのレッスンは私達がやっと重要なフェノール混合物および相互作用を識別し始めていることである; epigallocatechinの没食子酸塩のような単一の原料に頼らないことは、しかしむしろ最もよい結果のために茶で現在のbioactive混合物の全体の複雑なセットを摂取することが最善である。

茶の血清のブドウ糖低下効果のおかげで、私達はこうしてカロリーの制限、減らされたglycationの重要な反老化の利点を得、インシュリンの分泌を下げる。 炭水化物が豊富な食事が付いている茶を飲めば、ブドウ糖の解放を減速し、吸収(また鉄、別の反老化の利点の吸収を減らす)を減らす。 従って、インシュリンの有害な打ちつけることを防ぐ。 インシュリンが私達の太っているホルモンそして、コルチソルと、私達のほとんどの親老化のホルモンであるので、またカロリーの制限およびインシュリン制御と合っている利点の相当な範囲を得る。

ある非常に刺激的な結果はラットが彼らの食事療法の2.5%の緑の茶葉に与えられたときに見つけられた。 実験グループは総コレステロール、低密度のコレステロールおよびトリグリセリドの低下を示した。 緑によって茶与えられたラットの体重は緑茶を消費していないラットのそれより低い10から18%だった。 さらに、酸化防止酵素のスーパーオキシドのディスムターゼ(芝地)およびカタラーゼとanticarcinogenic段階IIの酵素のグルタチオンのSトランスフェラーゼ(GST)の活動は、レバーのグルタチオンのレベルがあったように、緑茶のグループでかなりより高かった。 レバーまたは腎臓の毒性がなかった。 従って、示された調査は緑茶の心血管および抗癌性の効果を結合した。

緑茶(、また紅茶)のコレステロール低下(hypocholesterolemic)効果は動物および人間の疫学の研究両方によって確認された。 ラットにHDL/totalのコレステロールの比率によって表現されるようにatherogenic索引を下げることに加えて、緑茶およびジャスミンの緑茶はまたそのレバー重量の増加を脂肪質の沈殿からの結果減らした。 人間、日特に10個以上のコップによる緑茶の高い消費は、より高いHDLsおよびより低いLDLおよびVLDLのコレステロールと、またよりよいレバー健康を示すさまざまなbiomarkersと関連付けられると見つけられた。 レバーの脂質の過酸化物の低レベルは調査の後で調査で見つけられる緑茶の補足の1つの十分確認された利点である。 膵臓は緑茶によって保護されるもう一つの器官である。

緑茶はまた腸の脂肪呼吸を下げるかもしれない。 1つの動物実験はラットがポリフェノールなしの食事療法の制御グループと比較された糞便でかなりのカテキンを含んでいる食事療法に持っていた脂肪のより高い排泄物を与えたことが分った。 これが緑茶のエキスを取る人間のために握れば、よい重量損失および心血管のニュースである。

酸化防止剤との補足は酸化からコレステロールを保護することによって、酸化防止剤がアテローム性動脈硬化から保護を助けるので一部には重要である。 VDLおよびLDLのコレステロールの酸化を、ビタミンE防ぐことのさまざまな酸化防止剤の有効性を比較する、動物実験ではgenistein (大豆プロダクトで主に見つけられるphytoestrogen)および緑茶は特に有効でgenisteinが有効な酸化防止剤、(高genistein食事療法の49%の酸化遅延時間)、またかなりの活動(33%の遅延時間)を出す緑茶であると見つけられた。 人間の結合されたgenisteinおよび緑茶の補足の結果を、特に見ることは興味深い。 一方では、それはこれが正確に日本の食事療法の例であること論争できる。 日本は重い煙ることにもかかわらず世界の長い平均余命、および人のための最も低い心血管の死亡率を、楽しむ。

茶の血管を拡張する効果はまた文書化された。 1つの興味深い調査はカフェインとコーヒー、茶、熱湯、および周辺vasodilationを表した皮温度に対する明白な熱湯の効果を比較した。 茶は最も大きい血管を拡張する応答を作り出した。 著者はこれがカテキンの行為が原因であることを推測する。 周辺循環の増加は酸化のティッシュのために貴重で、またリラックスした気分と関連付けられる。 それ故に何人かの代わりとなる専門家はrelaxantとして夕方の飲む緑茶に助言した。

より詳しい最近の調査はラット動脈のvasorelaxantsとしてさまざまなカテキンの有効性を比較した。 緑茶で現在の4主要なカテキンはすべて最も有効でepigallocatechinの没食子酸塩が線量依存した血管を拡張する効果を、もたらすために示されていた。 人間のエストロゲンのように、カテキンはカルシウム チャネルのブロッカーとして機能するかもしれない。 Vasodilationはエストロゲンのcardioprotective効果の1つである。 従って、緑茶のエキスはエストロゲン不十分なpostmenopausal女性に特に重要なことをもつかもしれない。

galloylのグループ(epigallocatechinの没食子酸塩、epigallocatechinおよびエピカテキンの没食子酸塩)を含んでいる緑茶のカテキンは血管を生体外で並べる平滑筋細胞の拡散を禁じるためにあった(エストロゲンおよびプロゲステロンはまたこのantiproliferative行為を示す; premenopausal女性で見られるアテローム性動脈硬化に対するそれ故に自然な保護)。 平滑筋拡散はアテローム性動脈硬化および心臓病にかかわる重大なプロセスの1つである。 カテキンのantiproliferative行為の1つのメカニズムは外見上(また腫瘍の成長にかかわる)の阻止蛋白質のチロシンのキナーゼ活動である。

著者は「茶カテキン アテローム性動脈硬化および後血管形成のrestenosisの病理学変更を」が防いで薬剤の開発のための型板として有用かもしれないことを結論を出す。 (Restenosisは外科の後に血管の制限、通常よるプラクの急速な再生にである。) から始まるのにアテローム性動脈硬化の防止のために緑茶を使用することは論理的なようである。

緑茶はフィブリノゲンを下げ、余分な凝固および血小板の集合を禁じる。

ハムスターを使用して最近のアメリカの生体内の調査は緑茶および紅茶が両方血しょう脂質のプロフィールを改善し、酸化からコレステロールを保護した間、ことが、緑茶のまた下げられたフィブリノゲンのもっとかなりより紅茶分った。 緑茶のポリフェノールの1つは、エピカテキン、かなりトロンボキサン、血小板の集合に必要な混合物の1の生産を禁じられる見つけられた。

緑茶は頭脳を酸化圧力から保護し、モノアミン酸化酵素(毛)の活動を下げるために示されていた。 Neurodegenerativeの病気は遊離基の損傷と高いモノアミン酸化酵素の活動によって引き起こされる神経伝達物質の余分な故障につながった。 緑茶一般に、またフェノールの部品のカテキンおよびepigallocatechinの没食子酸塩は毛を禁じ、頭脳のグリア細胞の過酸化物のレベルを下げることで有効であるために、確認されている。

緑茶が年齢関連の頭脳の退化をことを防ぐことに有用であるかもしれないというそれ以上の証拠は神経細胞文化に対するカテキンの効果の調査から来る。 カテキン、酸化防止特性のおかげでブドウ糖酸化酵素によって引き起こされた死から細胞を保護できた。 カテキンはニューロンを囲むグリア細胞によって一酸化窒素の生産を抑制またできる。 一酸化窒素は記憶形成にかかわる神経伝達物質として重要な役割を担うが余分なレベルは神経の死およびneurodegenerative無秩序をもたらす。 フラボノイドは一般に頭脳の一酸化窒素のレベルの調整で特に有効である。 緑茶は百万ごとの300以下部の集中で一酸化窒素の生産を減らすことができる一握りの物質間にある。

脂質の過酸化反応を下げ、神経系の鉄をキレート環を作る機能は途方もない重要性をまたもつ。 パーキンソン病はドーパミン解放のnigrostriatal dopaminergicシステムおよびそれ故に常に増加するドーパミンの不足の進歩的な破壊を含む。 十分な緑茶の消費がパーキンソン病から保護するかもしれないことは 可能である

緑化すれば紅茶はまた初めの頭脳に達する自由な鉄の量を下げる非ヘムの鉄の腸の吸収の有効な抑制剤である。

日本に西欧諸国よりアルツハイマー病 大いに低率がある。 ハワイの日本の生活は日本の原産の日本語がより2.5時間がアルツハイマー病の発生ある。 アメリカ日本語によって緑茶の大いにより低い消費と対比されるように緑茶を、1日中すすることの日本の習慣が、神経の保護に貢献するかどの程度まで見ることは興味深い。

また鉄が癲癇の役割を果すという証拠がある。 緑茶のポリフェノールは禁じか、または鉄誘発の癲癇の発作を減少し、dopaminergicニューロンの活発性過度を禁じるためにあった。 緑茶、特にdecaffeinated種類が穏やかな鎮静剤として、機能することは実際本当らしい。

Theanineの緑茶で見つけられるまたさまざまで重要な頭脳の地域のセロトニンやドーパミン、特に視床下部、海馬(記憶中心)、およびstriatumのレベルの上昇によってアミノ酸は有利な効果をもたらすためにあった。

40の年齢にわたるほぼ6000人の禁煙女性の日本の調査は打撃の発生半分だけ持っていた日緑茶の5個飲んだまたはより多くのコップを比較した人が ことを 5個以下のコップを飲んだ女性と示した。 より小さいオランダ人は見つけた多くの紅茶を飲んだ人のさらにもっと劇的な効果を調査する: 日5杯のお茶の近くで飲んだそれらの人は打撃の31%だけ危険を2.5お茶についてのよりより少しを飲んだ人と比較してもらった。

しかしこれらの結果はイギリスで、複製されなかった; 茶にクリームかミルクを置くことの英国の習慣がすべての酸化防止利点を破壊することが既存の生体内の血しょう酸化防止測定に基づいて、提案された。

自発的に高血圧のラットでできている日本の動物実験はepigallocatechinの没食子酸塩が打撃の発生を減らし、寿命を延長することを確認した。

腎臓は保護効果をもたらすために緑茶が示したもう一つの区域である。 老化することによる減らされた腎臓機能および腎不全は頻繁な死因である。 公衆は腎臓機能の年齢関連の低下を防ぐために何でもすることができること一般に気づいていない。 酸化防止保護の広範囲を利用することは重大なようで、フラボノイドは、緑茶のカテキンを含んで、非常に有効な酸化防止剤である。 Epigallocatechinの没食子酸塩は腎臓の酸化防止酵素を引き起こすために、また腎不全の動物モデルの改善された腎臓機能を提案する血のuremic毒素を減らすために示されていた。

腎臓問題は頻繁にさまざまな蛋白質(それ故に腎不全と糖尿病間の強いリンク)の高い血糖そして必然的なglycosylationと関連付けられる。 緑茶に血清のブドウ糖を下げる機能があるのでこれは腎不全から保護を助けるもう一つの方法である。 同様に、緑茶の本当らしい演劇の酸化防止特性腎臓の保護に於いての重要な役割。 レバーおよび膵臓のような器官の遊離基そして脂質の過酸化物の集中を下げるために緑茶が示されていたのでこれは腎臓で本当であるために同様に本当らしい。

維持の腎臓の健康は反老化の薬の重大なしかし頻繁に無視された一部分である。 緑茶は私達がこの重大な解毒システムを保護するために持っている、特に強力な1のようである資源の1つであり。

緑茶は豊富簡単なphenolicsを提供する; 紅茶はより複雑なポリフェノールを提供する。 グループはより高い酸化防止潜在的な生体内がある論争がある。

イタリアの調査は健康な人間の題材が黒または緑茶の同量を摂取したときに緑茶が6禁止の脂質の過酸化反応で生体外で倍より有効な、酸化防止容量によってが(トラップ、か合計の根本的装飾の酸化防止変数として表現される)両方のグループで類似していた血しょう間、ことが分った。

血しょう酸化防止容量の増加はかなり急速であり、30-50分に最高になる。 これはbioactive酸化防止混合物が胃腸システムの上部ですぐに吸収されることを示す。

興味深いことにミルクの付加は黒または緑茶の酸化防止活動を生体外で減少しなかったが、それはイタリアの調査に従って完全にそれを、生体内で廃止した。 しかし何人かの著者はスキムミルクがポリフェノールの吸収とかなり干渉しないと考える。

1つの調査は保護のcanolaオイルに来たときに酸化防止力のBHT (有名で総合的なフェノールの酸化防止剤)と対等であると緑茶のポリフェノールが見つけた; 緑茶はオイルが熱くしたときにBHTに優っていた。

カテキンはまたビタミンCおよびベータ カロチンに優るためにアルキルperoxyl基の掃除の10回あった。 1つの調査はあるシステムのビタミンC、ビタミンE、ローズマリーのエキスおよびクルクミンより有効な酸化防止剤であると緑茶のポリフェノールが見つけた。

糖尿病患者は高い酸化圧力による早期の老化および悪い免疫機能をこと高い血清のブドウ糖からの結果示す。 タイプII糖尿病患者が日タマネギが付いているトマト ソースと6杯のお茶を含んでいた食事療法に置かれたときに、彼らのリンパ球のDNAへの酸化損傷は著しく減ると見つけられた。 私達は既にカロチノイドがDNAを保護できることがわかる; 緑茶で見つけられる混合物がまたDNAを保護できるかもしれないことは他の酸化防止剤との互いに作用し合う行為で可能特にである。

緑茶のカテキンの酸化防止特性の1つは酸化させたリノール酸-通常マーガリン、ベニバナ油およびコーン オイルのような源からの西洋文明の超過分で、消費されるオメガ6の脂肪酸の被害から保護する機能である; 余分なリノール酸は発火、腫瘍の成長およびほとんどの退化的な無秩序の促進に(多分さまざまな親炎症性酵素を活動化させる過酸化物にされた形態で、)かかわる。 数人はpolyunsaturated料理油が熱くするとき、結果は発癌性の過酸化物であることわかっている。 最近の調査はこの脂肪酸が細胞膜に組み込まれる前にカテキンがアルファ トコフェロール(ビタミンE)と酸化させたリノール酸によって酸化損傷から保護するために相乗作用を与えることを発見した。

カテキンはまた細胞膜に 組み込まれる polyunsaturated脂肪酸の全面的でより大きい酸化防止保護に終ってビタミンE (アルファ トコフェロール)およびベータ カロチンに対する控え目な効果を、もたらす。 トコフェロールに対する控え目な効果はカテキンが水様の酸素基の有効な清掃動物です、そしてこれらの基がアルファ トコフェロールを酸化させる脂質にこうして記入項目をであるという事実が原因防ぐかもしれない。 カテキンが酸化させた形態ことをへ水素の分子を寄付することによってアルファ トコフェロールの酸化防止力を再生できることはまた可能である。 従って緑茶のポリフェノールが、一般にフラボノイドのような、他の酸化防止剤のレベルを後押しするようである。

特別な興味の有効な遊離基のスーパーオキシドが一酸化窒素のような混合物を窒素含んでいることに出会うときカテキンの機能は危ないperoxynitriteの遊離基、形作られる強い反応体のオキシダントを禁じるある。 PeroxynitriteはグルタチオンおよびビタミンEのような蛋白質、また重大な酸化防止剤を破壊する。 緑茶のカテキンはおよび硝化に対するLDLのコレステロールのapolipoprotein Bのアミノ酸がperoxynitrite基によって傷つくチロシンのような重大なアミノ酸の保護のTrolox、総合的な酸化防止剤より有効であるために示されていた。

別の興味深い最近発見したものはエピカテキンと呼ばれる1つの特定の緑茶のポリフェノールにかかわる。 この特定のポリフェノールはまた酸化防止である特に長続きがする保護を提供するアントシアニンそっくりの混合物に新陳代謝するようである。

対紅茶の複雑な重合体のポリフェノール緑茶の簡単なカテキンの酸化防止特性の質問に戻って、新しい調査は水様の条件ポリマーでより多くの活動を持っている、だった間、脂質で簡単な混合物がある程度まではだけより有効ことが分った。 ブドウ糖との交差連結を意味するGlycosylationはテストされたすべての混合物の酸化防止特性を減らした。

緑茶のポリフェノールはまた有効な炎症抑制の代理店である。 慢性の発火は心循環器疾患、癌およびアルツハイマー病を含む老化と、関連付けられる深刻で退化的な 無秩序につながった。 炎症性プロセスの重要な部分は発癌性の窒素の混合物の生産をそれからもたらす一酸化窒素の超過生産である。 従ってEpigallocatechinの没食子酸塩は酵素の一酸化窒素のシンターゼを禁じるためにあり発火関連の生産をいいえ減らす。

腫瘍壊死要因アルファはまた発火の中枢の役割を果す。 それはことが緑茶のポリフェノールのdownregulate腫瘍壊死要因アルファの解放を引き起こす遺伝子分られた。 従って、それは緑茶が一酸化窒素および腫瘍壊死要因アルファことをの生産の制御によって炎症性応答を減らすこと完了することができる。

最近の調査は緑茶のカテキンがHIVのウイルスの写しを禁じる かもしれない 他のいろいろなウイルスことを提案し。 緑茶、epigallocatechinの没食子酸塩およびエピカテキンの没食子酸塩で見つけられた2カテキンが特異的に酵素を禁じられたことを名古屋、発見された日本のウイルスの腫瘍学の実験室でできていた調査は写しのためにHIVのウイルスによって使用した: 逆のtranscriptaseおよびさまざまなDNAおよびRNAポリメラーゼ。 北京の医学の人間工学の協会の最近の中国人の調査は緑茶のカテキンが一般に複数のタイプのウイルスの逆のtranscriptaseかポリメラーゼを禁じることができることが分り、HIV-1を含んで単純ヘルペス ウイルスを禁じるために単純ヘルペス1.のポリフェノールのさまざまな重合体の酸化プロダクトはまたあった。 それは一般にフラボノイドがウイルスの写しを禁じ、潜伏の状態でそれらを保つ機能のためにより完全に研究されるべきであることにようである。

緑茶のずっとポリフェノールの抗菌性の特性と関連している特に刺激的な発見はこれらの混合物が口頭細菌の成長そして付着を禁じることが分ることである。 緑茶のエキスは強く細菌、Porphyromonas、および連鎖球菌salivariusおよびミュータンス連鎖球菌のような細菌を腐食もたらすことの歯周もたらを禁じるためにあった。 中国の調査はミュータンス連鎖球菌が十分な接触によって緑茶のポリフェノールと完全に禁じることができることを示した。 緑茶を使用して口内洗浄剤がより少ないプラクおよび歯周病で起因したように。 紅茶はまた有効あった。

歯科腐食を防ぐことの茶の行為の1つの可能なメカニズムは唾液で現在の酵素のアミラーゼを禁じる機能である。 従って、より少ない澱粉はブドウ糖およびマルトースのような簡単な砂糖の細菌供給に口で変換される。 より少ない栄養物を腐食もたらす有機体に使用できるようにする細菌のアミラーゼは同様に禁じられる。

緑茶のカテキンはまた有害な腸の細菌の破壊を助ける。 管与えられた患者が300を日茶カテキンのmg受け取ったときに、消化器の腐敗させるプロダクトは減り、有機酸は増加し、pH.を下げる。 より大きい酸味は有利な乳酸の細菌は繁栄できるが環境を有害な細菌に不親切にさせるので、非常に有利である。 実際に、緑茶の殺菌の活動は乳酸の細菌に影響を与えない。 腐敗させるプロダクトの減らされたレベルおよび改良された腸の植物相は消化力を、大腸癌のよりよい免疫機能よくするために、およびより危険度が低い導く。

要約すると、緑茶に病気の防止および反老化の為に多数の利点がある。 一部Iには、私達は緑茶の広範な抗癌性の利点を論議した。 ここに私達は緑茶がいかに循環系、頭脳、腎臓を保護し、基本的に私達の生理学のあらゆる面に影響を与えるか見直した。 血糖を下げ、鉄をキレート環を作る機能は特に重要なようである。 一酸化窒素の生産を制御する緑茶の能力はまた特別な言及に値する。 この古代飲料は顧客用に健康を保護し、老化することを遅れるようである。

彼女が百歳にあるのに私に友人の1つが茶道の教師であることを起こる日本の隣人がある。 彼女はどれだけ速く彼女が階段の上で歩いてもいく、いかにによってシャープが彼女の心あるか彼女のより若い友人を驚かせる。 (何人西部のメスの百歳が彼らの専門職でまだ活発、まだ階段に上ることできるか。)であり今、日本の茶道の教師は緑茶の非常に有効な醸造物を飲む。 基本的には、それらはそれを1日中すする。 私の隣人はが彼女の百歳以上の友人を与えた彼女にこの忠告を時間を計ることを報告する: 「長い時間住みたいと思うか。 多くの茶を」飲みなさい。




参照

  • ラットからの脂蛋白質の酸化に対する異なった酸化防止剤のアンダーソンJWの等選択的な効果。 Proc Soc Exp. Biol Med 1998年; 218:376-81。
  • Bravo Lのラット腸地域のポリフェノール(カテキンおよびタンニン酸)のAbia Rの等低下。 colonicの発酵および糞便の出力に対する効果。 Br J Nutr 1994年; 71:933-46。
  • epigallocatechinの没食子酸塩による誘引可能な一酸化窒素のsynthese遺伝子発現そして酵素活性、緑茶からの天然産物のChan MMの等阻止。 Biochem Pharmacol 1997年; 54:1281-86.
  • 陳ZY、Chan PT。 canolaオイルの緑茶のカテキンの酸化防止活動。 Chem Physの脂質1996年; 82:163-72.
  • 肝臓のmicrosomalホスホリパーゼに対する緑茶のカテキンのChoi JHの等効果。 J Nutr Sci Vitaminol 1998年; 44:673-83.
  • 緑茶のタンニンのチョンHYの等Peroxynitrite掃気活動。 J Agricの食糧Chem 1998年; 46:4484-86.
  • Deng ZY、等タオ老化させたラットの血ブドウ糖、トリグリセリドおよび酸化防止剤に対する緑茶および紅茶の効果。 J Agricultの食糧Chem 1998年; 46:3875-78。
  • Gomesラットの紅茶(ツバキのsinensis)の等反hyperglycemic効果。 J Ethnopharmacol 1995年; 45: 223-26.
  • 郡野Qはsynaptosomesの脂質の過酸化反応に対して緑茶のポリフェノールの4つの部品の保護メカニズムで等調査する。 Biochim Biophysのアクタ1996年; 1304:210-22.
  • 消化管の茶カテキンのHara Y. Influence。 J Cel Biochem 1997年; Suppl 27: 52-58.
  • ラットのガラクトサミン誘発の肝臓の傷害に対する緑茶のエキスのHayashi Mの等効果。 日本Yakurigaku Zasshi 1992年; 100:391-99.
  • 黄Y、チャンAQの等ラットのmesenteric動脈の浄化された緑茶のカテキンの派生物のVasorelaxantの効果。 生命科学1998年; 63:275-283。
  • IMAI Kの心血管および肝臓病に対する緑茶を飲む効果のNakachi K.の横断面調査。 BMJ 1995年; 310:693-96。
  • Kabuto Hの等Monoamineの代謝物質、鉄はタンニンの握りおよび抗てんかん薬の効果を引き起こした。 Neurochem Res 1992年; 6:585-90.
  • 金子T、Matsuo Mのカテキンによる培養された人間の臍静脈のendothelial細胞のリノール酸のヒドロペルオキシド誘発の毒性のババN. Inhibition。 Chem Biolは1998年相互に作用している; 114:109-19.
  • タマネギからのKarawya氏等ジフェニルアミン、antihyperglycemic代理人および茶。 Jの自然な突き棒1984年; 47:775-80.
  • 打撃のKeliのそう等食餌療法のフラボノイド、酸化防止ビタミンおよび発生: Zutphenの調査。 アーチのインターンMed 1995年; 156:637-42.
  • Kreydiyyeh SIの等茶エキスはラットのブドウ糖そしてナトリウムの腸の吸収を禁じる。 Comp Biochem Physiol C Pharmacol Toxicol Endocrinol 1994年; 108:359-65。
  • 私を傾かせなさい等食餌療法のフラボノールがDNAへの酸化損傷から糖尿病性の人間のリンパ球を保護する。 糖尿病1999年; 48:176-81.
  • 林AM等。 ラットの頭脳の鉄誘発の酸化圧力に対する緑茶の酸化防止特性。 Chin J Physiol 1998年; 41:189-94.
  • 林YL、チェンCY、等ラットのスーパーオキシドのディスムターゼ、カタラーゼおよびグルタチオンのSトランスフェラーゼを含む酸化防止剤および段階IIの酵素の誘導による緑の茶葉のHypolipidemic効果。 J Agricultの食糧Chem 1998年; 46:1893-99。
  • 林YL、林JK。 Epigallocatechinの没食子酸塩はトランスクリプション要因核要因kappaBのlipopolysaccharide誘発の活動をdownregulatingによって一酸化窒素のシンターゼの誘導を妨げる。 Pharmacol Molの1997年; 52:465-72.
  • Lu LH、リーSS、黄HC。 管の平滑筋細胞の拡散のEpigallocatechinの抑制: c 6月およびJNKの相関関係。 英国人J Pharmacol 1998年; 124:1227-37。
  • 活動的な酸素関連の神経細胞の傷害に対する茶カテキンの松岡町Yの等改良の効果。 J Pharmacol Exp. Ther 1995年; 274:602-8.
  • Mazzio EAの等食糧要素はC6アストロサイトの細胞のモノアミン酸化酵素の活動および過酸化物のレベルを減少させる。 Planta Med 1998年; 64:603-6。
  • HIVの逆のtranscriptaseのNakane H、Ono K. Differentialの阻止およびあるカテキンの派生物によるさまざまなDNAおよびRNAポリメラーゼ。 核酸Symp Ser 1989年; (21): 115-16.
  • Nakao M、Takio SのカテキンのOno K. Alkylのperoxylの根本的な掃気活動。 Phytochemistry 1998年; 49:2379-82。
  • 等カテキンのポリフェノールによるperoxynitrite仲介されたチロシンの硝化の阻止としてPannala。 Biochem Biophys Res Commun 1997年; 232:164-68.
  • Parshad R、Sanford RRは培養されたヒト細胞で、等放射線誘発の染色分体の植物のポリフェノールの保護作用壊れる。 抗癌性Res 1998年; 18:3263-66。
  • 内生酸化防止剤とのPietta P、Simonetti P. Dietaryのフラボノイドそして相互作用。 Biochem Molec Biolインターナショナル1998年; 44:1069-74。
  • カテキンおよびproanthocyanidinsの錘ギガワットの等酸化防止特性: 重合、galloylationおよびglycosylationの効果。 自由なRadic Res 1999年; 29:351-58.
  • Quinlan Pの車線J、生理学的な応答および気分に対する熱い茶、コーヒーおよび水摂取のAspinall L. Effects: カフェイン、水および飲料のタイプの役割。 精神薬理学1997年; 134:164-73.
  • Rasheed Aの虫歯に対するツバキのsinensisのエキスのHaider M. Antibacterialの活動。 アーチPharm Res 1998年; 21:348-52。
  • Sanaka S、Aizawa M、等成長に対する緑茶のポリフェノールの抑制的な効果および口頭細菌の付着、Porphyromonasのgingivalis。 Biosci Biotechnol Biochem 1996年; 60:745-49.
  • 打撃の防止への緑茶の飲む習慣の佐藤Yの等可能な貢献。 Tohoku J Exp. Med 1989年; 157:337-43.
  • 人の緑および紅茶のSerafini Mの等生体内の酸化防止効果。 Eur J Clin Nutr 1996年; 50:28-32。
  • Soliman KF、Mazzio EA。 さまざまな食餌療法の混合物によるC6アストロサイトの細胞培養の一酸化窒素の生産の生体外の減少。 Proc Soc Exp. Biol Med 1998年; 218:390-97.
  • Takabayashi F、ラットのcerulein誘発の激しい膵臓炎に対する緑茶のカテキンのHarada N. Effects。 膵臓1997年; 14:276-79.
  • タオP。 HIVウイルスの活動に対するカテキンの派生物の抑制的な効果はtranscriptaseおよびDNAポリメラーゼを逆転させる。 チョンKuo 1992年; 14:334-38.
  • 打撃傾向がある自発的に高血圧のラットの寿命に対するepigallocatechinの没食子酸塩のUchida Sの等効果。 Clin Exp. Pharmacol Physiol 1995年; Suppl 1: S302-3.
  • Vinson JA、Dabbagh YA。 茶フェノール: 脂蛋白質が付いている茶、茶部品、茶一部分および結合の酸化防止有効性。 Nutr Res 1998年; 18:1067-75.
  • Vinson JA、Dabbagh YA。 ハムスターの脂質、脂質の酸化およびフィブリノゲンに対する緑および紅茶の補足の効果: 茶飲むことの疫学的な利点のためのメカニズム。 FEBSは1998年を割り当てた; 433:44-46.
  • Wang HのN nitrosationに対するウーY.の中国の茶の抑制的な効果生体外でそして生体内で。 IARC Sci Publ 1991年; 105:546-49.
  • ヤンFJの等緑茶のポリフェノールはネズミ科モデルの内毒素誘発の腫瘍壊死要因アルファ生産そして致死率を妨げる。 J Nutr 1998年; 128:2334-40.
  • ヤンTT、Koo MW。 中国の茶のHypocholesterolemic効果。 Pharmacol Res 1997年; 35:505-12.
  • 意識したラットの頭脳のmonoaminesそしてstriatalドーパミン解放に対するtheanine、r-glutamylethylamideの横越町Hの等効果。 Neurochem Res 1998年; 23:667-73.
  • Yokozawa T等生体内でおよび茶の根本的な掃気活動の生体外の調査。 J Agricの食糧Chem 1998年; 46:2143-50.
  • 虫歯を防ぐための中国の緑茶のポリフェノールの可能性のS. Study。 チョン華Kou Chiang 1993年; 28:197-9.
  • チャンJ、黒いおよび緑茶による唾液アミラーゼのKashket S. Inhibitionおよび澱粉のintraoral加水分解に対する効果。 虫歯Res 1998年: 32:233-38.
  • 緑茶のエキスおよび活動的な酸素種に対する自然な酸化防止剤の肇BLの等掃気効果。 細胞Biophys 1989年; 14:175-85.