生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年6月

架空の経歴

乳癌 安全および有効
蟹座防止

胸の防止および癌の他の形態のための自然な療法を使用して

Last月私達は健康な女性のためのtamoxifenの化学療法の 承認についての言った。 証拠の欠乏にもかかわらず、tamoxifenは「病気」を開発するための危険度が高いの女性の乳癌 発生を減らすためのFDAによって承認された。 この言葉数の多い記述は媒体によって「防止」に翻訳された。 乳癌を短期的に開発するためにtamoxifenはある特定の女性の相対的な危険を減らすことを1つの調査が示す間、2つの長期調査は。 Tamoxifenは女性のendometrial癌の危険を倍増するか、三倍にするか、または四倍にし、決してずっと乳癌の1つの場合を防ぐことを証明していない。

蟹座は皆のための現実である: 人に病気、3の女性1を引き締めることの50/50のチャンスがある。 今年500,000人に癌で死ぬ。 病気は心臓病によってだけ65で越えられる人々の一流の死因45-64年である; それはすべての年齢のための第2一流の死因である。 ある特定のタイプの癌の発生は急騰した。 蟹座を 打つために食べなさいに従って 前立腺癌は 1950年と1992年の間の266%を増加した。 場合の数は1980年以来の25%以上増加した。

すべての癌の70-90%が環境の化学薬品によって引き起こされると推定されていた。 細心の注意と、1つは環境に侵入した化学薬品の猛攻撃を避けることができない。 化学薬品は効果が長年に渡って出て来ないかもしれないこと険悪である。 ちょうど日光浴をすることからの皮の損傷が後で二十年を現れるので、そう化学暴露の効果はできる。

アメリカ人は環境エストロゲンにまねる塩素ベースの化学薬品化学薬品を含むのトンの十億の導入と一致する癌の伝染病を経験している。 塩素ベースの化学薬品はラップおよび赤ん坊のおもちゃ、DDTおよび「エージェント・オレンジ」の原料である。 ほとんどの人々はDDTが禁止されたので、消えたことを信じる。 それは持っていない。 それの百万トンは南アメリカ、メキシコおよび殺虫剤がまだ法的である他の国からのビーフそして農産物のアメリカのディナー用大皿で毎年役立つ。

塩素ベースの化学薬品は胸の劇的な上昇で関係し、米国のアフリカ系アメリカ人の前立腺癌は1992年と1995年間の驚かす3%の増加を用いる前立腺癌によって特に激しく攻撃されている。 前立腺癌はより早い年齢を打っている。 1992年に、だれが引き締まったか60前立腺癌未成年人の割合は21.3%才だった。 今度はそれは29.8%である。

ある人々はエストロゲンの積み過ぎへの答えがエストロゲンのブロッカーであることを信じる。 薬剤のtamoxifenは1つのそのような薬剤である。 アメリカの癌協会および他は癌の予防するものとしてそれを呼んだ、けれどもずっと健康な女性の癌を防ぐ薬剤の機能は決して証明されていない。 逆に、子宮癌を高める機能は証明される。 Tamoxifenの暗黒面はまれに述べられない。 それは、他のエストロゲンの調整装置のようにティッシュによって、エストロゲンを、妨げ、促進できる。 これはendometrial細胞の成長を促進するtamoxifenの能力をおそらく説明する。

Zenecaの医薬品、tamoxifenの製造業者は、世界の最も大きい化学製造業者の1つの部分である。 tamoxifenと共に、Zenecaは殺虫剤、ペンキ、染料、接着剤、殺菌剤、植物成長の調整装置および「集合」の版を含む除草剤を、作る。 化学薬品が人間癌で担う役割が論争の的になるが、ずっと人間の彼らの長期安全は決して証明されていない。 化学薬品の組合せの安全は(ずっとを含む薬剤)決して証明されていない。 十分なデータは安全な環境が元通りになるまで、危険な状態にあると慎重な人が仮定することができるようにある。 最も理性的なアプローチは癌を将来防ぐことの方のステップを今踏むことである。

国立癌研究所(NCI)は試験管および動物で癌の予防としてそれらの後ろの研究の十年を過す3つの自然な物質の調査の予備の段階にある。 3つすべての クルクミン緑茶 および genisteinは、ずっと西側以外の食事療法の部分何世紀にもわたってである。

製薬会社が作成する混合物と比較されるそれらが簡単なようであるが3つは、薬剤より時として尚更複雑にされるように活動をちょうど示して。

クルクミン

クルクミンはウコンの黄色い一部分、インドの料理で頻繁に使用されるスパイスで、カレー粉で調理する。 ウコンはショウガと関連している植物の根から来る。 その酸化防止能力はそれとビタミンEが レバーの自然な酸化防止酵素を高めるより大きい。 それに強力な炎症抑制の行為がある。

複数の抗癌性の活動はクルクミンのために発見された。 試験管でそれは人間の癌細胞の細胞死(apoptosis)を引き起こす。 ポーランドの研究者は細胞のタイプによってクルクミンがapoptosisを禁じるか、または促進できることを観察した。 それらはまたクルクミンのapoptosisが化学療法の化学薬品によって引き起こされるそれと異なっていることを報告する。

標準的な化学療法により癌細胞に細胞周期の停止によって死を引き起こす。 すべての細胞は、癌細胞を含んで分割によって、増殖する。 分割の細胞のプロセスはさまざまなステップ(G1、G2、等)に周期分類される。 これらは細胞の内側と外側の両方にからの信号によって管弦楽に編曲される。 化学療法はそれらの信号と、細胞周期の分割をある時点で停止するために干渉する。 細胞はそれから死ぬ。 理由の化学療法は癌特定ではないのでとても有毒あるである。 それは平均がそれ口を並べ、破壊する物のような正常な細胞の部分を停止するすぐに分割の細胞を目標とする。

クルクミンに細胞のタイプによって細胞周期の複数のポイントで細胞分裂を(G1かG2)、停止する機能がある。 プラス、それに細胞のタイプによって細胞死を、禁じる意外な機能がある。 これは常態を倹約している間物クルクミンに選択式に癌細胞を殺す潜在性があることを意味する。 クルクミンの「スマートな」化学療法はあるか。 試験管の証拠は賛成する。

クルクミンのもう一つの特徴は金属がesentであるかどうか酸化防止としてかprooxidant機能できることであり、線量によって。 細胞によってグルタチオンを、減らすか、ある特定の発癌物質があるかどうかまたは高めるそして、十分に奇妙に、それはでき。 これらの特徴は癌療法のために結局開発されるかもしれない。 二重人格への秘密は複数の分子細道を調整する機能にあるかもしれない。 すなわち、クルクミンは異なった細胞に異なった信号を送ることができる。

クルクミンはそのような毒素--にさらされる齧歯動物のMORの数を非常に減らすために示したので環境の化学薬品に対して行くためにうってつけのようである。 それは皮、胃および結腸癌に対して特に強力である。 1つの調査では、tetrahydrocurcuminとして知られていたクルクミンの形態は50%異常なクリプトの焦点、前癌性の状態を、減らした。 クルクミンは48時間以内に96%によって2つのタイプの人間の結腸癌の細胞の成長を停止するために示されていた。 口頭癌の齧歯動物の調査では、クルクミンは星の性能を与え、かなり腫瘍のDNAの両方損傷そして数を減らす。

クルクミンおよび緑茶

Sloan-Ketteringの研究者は緑茶とそれを結合することによってクルクミンの癌の予防の効果を高められた。 それらは3つのタイプの正常な細胞と口頭癌の組合せを、試みた。 研究者はより多くの癌細胞が殺されること組合せが可能性を高める複数のポイントで細胞周期を妨げることが分った。 癌患者が異なったタイプの化学療法との療法を経るという理由は分割からできるだけ多くの細胞を停止することである。 あらゆる細胞が細胞周期の同じポイントにあることを行っていない従って分割の異なった段階の細胞の分割で得るのに多数の薬剤が使用されている。

クルクミンへ緑茶を加えることはまただけでなく、相助効果、それを減ることを可能にしたそれぞれの線量が作り出した。 これは論理上(ずっとこれら二つの重要な毒性が示されていないが)毒性を減らすことができる。 実際、クルクミン自体はadriamycin (doxorubicin)の毒性、乳癌に使用する共通の化学療法から中心を保護する。 (同じがまたadriamycinによって引き起こされる心臓毒性から保護できる証拠がある。)

調整p53

クルクミンにp53を調整する潜在性が(「p」はである)、腫瘍のサプレッサー遺伝子蛋白質のためある。 p53の突然変異がすべての敵意の半分にかかわると推定されている。 P53は成長それが細胞周期の調整を助ける癌制御細胞死に影響を与え、細胞によってが成長因子に答える方法に影響を与えるので重要である。 癌患者の機能p53遺伝子を元通りにすることは遺伝子療法の主要な焦点である。

非メラノーマのタイプの皮膚癌は変異するp53が規則的に出て来る区域である。 1998年に、研究者は皮膚癌の細胞の細胞死を引き起こすクルクミンの能力がp53によって仲介されることを報告した。 他の調査はp53によって癌の成長を停止するクルクミンの能力を支えるがメカニズムはまだ知られていない。

クルクミンの刺激的な面はダイオキシンを妨害する機能があるかもしれないことである。 エストロゲンをまねる機能があるのでダイオキシンおよび他の塩素プロダクトは前立腺および乳癌の増加で関係した。 ダイオキシンにより自体主要な酸化圧力を引き起こす。 EPAの正当な日額が体重の1キログラムあたりグラムの.006のtrillionthsであることが、最も有毒な化学薬品によって知られているそう有毒物質として、実際特徴付けられた。

ダイオキシンがとても危ない理由の1つはダイオキシンは自然であることをボディが考えるのである。 それは人間DNAに容易に化学薬品が(AhR)その「アリール族炭化水素受容器」のとして知られていて運ぶそれを蛋白質と相互に作用するようにする。 そこでは、AhRは別の蛋白質を結合する。 ともに、自然な蛋白質および付けられたimposterは遺伝子を活動化でき、傷つく。

NIHの研究者はクルクミンがまたAhRと相互に作用することができることを発見した。 そしてこれはクルクミンは可能性としてはダイオキシンを妨げることができることを意味するのでよいニュースである。 残念ながらしかしクルクミンはダイオキシンAhRに掛け金を降ろすことで同様によくない、従って化学薬品を完全に妨げることができない。 胸の発癌物質の効果の一部を、ダイオキシンとして同じ一種の細胞の変更を誘発するDMBA妨害することをしかし示した。 研究者はヒト細胞で、クルクミンがDMBAによって与えられるDNAの損害を減らすと証明した。

カリフラワーおよび芽キャベツのようなcruciferous野菜で見つけられる唯一はAhRと相互に作用するために知られている他の有利な物質phytochemicalである。

緑茶

緑茶および抗癌性の質のより刺激的な研究は昨年出版された。 日本からの新しいレポートは緑茶が方法酸化防止保護を越える行くことを示す。 調査が確認されれば、21世紀な科学の中間に古代飲料を方形に推進する。

常態から離れて癌細胞を物置く要因の1つは、DNAの端のtelomeresを維持する酵素telomeraseがあることである。 ほとんどの正常な細胞にtelomeresを維持するtelomeraseがない。 正常な細胞が分かれる度に、telomeresは失われる。 すべてのtelomeresが行くとき、細胞は死ぬ。

telomeresを維持する癌細胞の能力は不滅へ秘密であるかもしれない。 その結果、禁止のtelomeraseおよび癌細胞のtelomeresを短くさせる癌療法の焦点になった。 論理上telomeraseが禁じられることができればtelomeresはポイントに癌細胞が死ぬこと短くする。

最初の自然なtelomeraseの抑制剤はずっと発見緑の茶である。 日本の研究者は緑茶が2つのタイプの試験管の癌細胞のtelomeraseを禁じることを示せた。 白血病および固体腫瘍両方の緑茶のエキス(EGCG)の原因の細胞は死ぬためにタイプする。 メカニズムがまだ知られていないが、生体細胞に運ばれている研究者はEGCGを見られた。 月以内に、癌細胞のいくつかは死に始めた。 もっと2か月の中では、ほとんどは死んでいた。 実験は数回同じ結果を用いる繰り返された。

telomeraseのそれがによって癌細胞を間、禁止殺すことは大きい老化のtelomere理論の親友はどんな効果を緑茶が正常な細胞にもたらすか尋ねるかもしれないそれらの。 答えは彼らが心配する必要がないことである。 telomerase (結局血球になる生殖細胞およびhematopoietic細胞所有している少数の正常な細胞に)をから始まるより長いtelomeresおよびtelomeraseが非常に弱いある。 緑茶がこれらの細胞に対する悪影響をもたらしたら、日本人が(だれ緑茶かの飲み物の多く)平均余命を減らすべきであること期待される。 その代り、それらに人の死亡率半分の持っている茶道を練習する日本の女性との最も大きいのが、ある。 クルクミンと同じように、緑茶の効果は細胞のタイプによって決まるかもしれない。 それは緑茶が正常な細胞のtelomeresに対する有利な効果をもたらすことなるかもしれない。 telomerase/茶調査を行なった研究者はその問題に今焦点を合わせている。

緑茶およびtelomeraseについて見つけることは試験管のために刺激的な間、人間のための証明から遠い。 けれどもこの実験は自然な物質の隠された洗練のもう一つの例である。 科学者がこの調査を引き受けた理由の1つは緑茶が酸化防止行為のほかの癌に対して働かせるかもしれない方法を見つけることだった。 意外な結果はtelomeraseが高度の場合の95%で検出されたので乳癌の研究者に特に刺激的である。

日本の研究者のもう一人のグループは緑茶が複数のタイプの癌を防ぐと証明した。 フォローアップでは、彼らは乳癌に焦点を合わせることにした。 防止を見てよりもむしろ、それらはどんな効果を緑茶が既に乳癌と診断される女性にもたらすかもしれないか見た。 意外にも彼らはそれ飲むことが緑茶療法への女性の応答に影響を与えたかどうか彼女は癌の再発があったことを見つけ。 7長年の研究後で、彼らは段階IおよびIIを持つ女性は病気になった前に5個のコップを飲んだまたは日緑茶の多く毎日4個以下のコップを飲んだ女性のための24.3%と比較された16.7%の再発率があった乳癌ことを結論を出した。 統計的に、これは重要な相違である。 さらに、premenopausal女性の転移させたリンパ節の数は日およびより多くのコップによって減ったそれ以上ごとの緑茶の5個から7個のコップ半分でほとんど切られた。 (重要な効果を見るためにPostmenopausal女性は緑茶の8個以上のコップを飲まなければならなかった日。) 茶酒飲みはまたエストロゲンおよびプロゲステロン受容器の肯定的なより治療可能なタイプの癌だったより多くの癌を経験した。 調査はまた緑茶が新しい癌が起こることを防ぐのを助けることができることを提案する。 新しい癌を日引き締めた6人の患者の5つは緑茶の4個以下のコップを飲んだ。 この調査の患者の数は多くであるには余りにも小さい(472)より間、他の出版されたデータとともに取られる徴候緑茶の潜在性を示す。

クルクミンのように、緑茶は化学発癌物質に対して約束を示した。 この場合化学薬品が硝酸塩か亜硝酸塩を呼んだときに形作られるニトロサミン、有機性物質と接触する。 研究者は頻繁に動物で癌を作成するのにニトロサミンを使用する。 人間の脳癌が亜硝酸塩を含んでいる維持された肉に接続されたベーコンが硝酸塩および亜硝酸塩はホット ドッグのようなプロダクトで食糧防腐剤特定として、ボローニャ使用され。 タバコの煙および車の排気はまたニトロサミンを発生させる。 酸化防止ビタミンCおよびEはニトロサミンを妨害するが、緑茶はより強い。

研究は緑茶が化学療法を高めるかもしれないことを示す。 ドイツからの調査では、研究者はdoxorubicinに対して抵抗力があった取り、緑茶からのEGCGそしてEGCと扱った人間の結腸癌のllsを。 これらの茶エキスは薬剤によって殺害に細胞に感光性を与えた。 一方では、EGCGは化学療法の毒性から保護してできるようである。 トルコの研究者はEGCGがラットのdoxorubicin誘発の中心の損傷から保護することを発見した。 化学療法は多量の遊離基を発生させ、EGCGが遊離基の掃気メカニズムを通って働くことは本当らしい。

むしろよりすする飲み込む人のために、緑茶は癌戦いの特性を証明した特定のポリフェノールのエキスを含んでいる非常に集中されたカプセルで利用できる。 他の種類の茶が緑茶の確実に代わりにすることができないことわかっていてであって下さい。 緑茶と他間の主な違いは緑茶が熱くしないことである(暖房により酸化を引き起こす)。 紅茶および他がEGCGを含んでいるが、量は起こる何が緑茶により少しよりである。 例えば、Senchaのコップ、緑茶の共通の変化は、Oolongの茶のための非常に低水準と比較されるEGCGの多量を含んでいる。 沸騰水は緑の茶に飲料を準備する従来の方法をするときEGCG、従って使用より少なくより沸騰水を低下させる。

Phytoestrogens-genistein

植物ベースの食事療法のgenisteinの量は肉ベースの1の高く30倍である。 Genisteinは大豆の豆に豊富にあり、癌の戦闘機として釘付けになった。 それはangiogenesis (新しい血管の成長)を生体外で禁じ、細胞を癌の成長の停止の拡散両方の重要な特徴禁じる。 従来の食事療法を食べるアジア人の胸そして前立腺癌の大いにより低い発生は食べるphytoestrogensが部分的に原因であると考えられる。 しかしアジア食事療法の肉からの脂肪の量が約三番目西部の食事療法のよりより少しであることが(指摘されるべきである。 一部は癌、他の調査に脂肪が癌の発生に対する僅かな影響をもたらすことをリンク高い食餌療法脂肪を示す調査する。)

研究者および公衆の傾向は同様に食餌療法の部品の潜在性を軽視することである。 大豆簡単な、共通何かが同様に薬剤ある意味では同様に科学的に複雑にされて機能できることを信じることは困難である。 けれどもgenisteinは繰り返し癌細胞に対して非常に高度のメカニズムがあると証明された。 複数の重要で新しい調査は大豆からのphytoエストロゲンが複数のタイプの乳癌を禁じることおそらく去る。 genisteinが腫瘍のサプレッサー遺伝子を調整することが、癌細胞の成長を調整するためにp53と連繋して働くp21発見された。

p53の調整に加えて、genisteinはまた癌細胞の死を引き起こし、癌細胞に「なる」信号を送るcyclin-aの物質を調整する。 なお、南カリフォルニアの大学の研究者はgenisteinがまた圧力蛋白質を活動化させる要因を中和することを報告する。 免疫組織によって破壊から彼ら自身を保護する腫瘍の使用圧力蛋白質。

研究はまた乳癌をもたらすgenisteinが化学薬品(DMBA)の機能を妨げることを示す。 アメリカのalthの基礎の科学者はgenisteinを持つラットの前処理がDNAを傷つけ、癌を引き起こすことから化学薬品を停止したことを報告する。 アラバマの大学の研究者はgenisteinが前立腺癌が足がかりに得るのに使用する要因の活発化を禁じることを報告する。

phytoエストロゲンが人間の癌を防ぐこと最もよい証拠はこれまでのところ毎日それを食べる何百万のアジア人である。 癌の発生はアメリカ人でより大いに低い。 これは科学ではないが、限定的なデータはまだ欠けていて。

大規模な調査が行なわれなかったが、3つの制御された調査はpremenopausal女性の乳癌に対する大豆の明確な予防の効果を示す。 前および後menopausal女性の第4調査はオーストラリアで行なわれた。 調査は非常に精巧だった: 女性はphytoestrogensのために化学療法が始まった前に乳癌と診断された直後にテストされた。 5つの別々のphytoestrogensは測定された。 (不運にも、測定からの試金によって防がれるgenisteinとの問題。) 調査はphytoestrogensのハイ レベルを持つ女性が乳癌の四倍の減らされた危険まで持っていたことを示した。

自然な蟹座防止

最適の防止のために最もよい計画はいろいろな癌の戦闘機を取ることである。 但し多くが必ずしもよりよくないことが、警告されなければならない。 特にクルクミンに関して、これは本当である。 ハイ レベルで、クルクミンのような酸化防止剤は親オキシダントになる、すなわち遊離基をよりもむしろ禁じるそれらを促進する。 防止の為に、日重い食事が付いているクルクミンの500-900 mgは提案される。 1日あたりの約50 mgであるために病気を防ぐ大豆のイソフラボンの最少量は推定された。 大豆は水溶性で、ボディで短い半減期があるので、血の一定したレベルを維持するために大豆の補足が1日に2回取られることが推薦される。 理想的な線量は夕方の午前中50 mgおよび50 mgである。 日本の調査は緑茶が10個のコップで5つよりよく働いたことを示した。 カフェインの一定した動揺を終日楽しむ人はコーヒーかコーラから緑茶に転換することを考慮するべきである。 多くの人々は高いカフェインのレベルを容認しないし、代りに緑茶の補足を選ばない。 緑茶の飲料の活動的な病気戦いのポリフェノールの量は変わるので、緑茶はいかにによって醸造され、緑茶のタイプは使用されるか、毎日を使用するために緑茶のエキスのカプセルの最適数を確認することは時々困難である。 防止の為に、緑茶のポリフェノールの最低の線量は最適の線量は1日あたりの1000のmgの範囲にあるかもしれないが1日あたりの200 mgであるかもしれない。

要点は自然な癌防止が働くことである。 科学の十年は安全な、本物癌の予防策として緑茶、クルクミン、phytoestrogensおよび他の植物のエキスの後ろに今立つ。 国立癌研究所はすべての3で進行中の調査がある。 私が調査する段階は進行中genisteinおよび前立腺癌を見るためにである。 別のNCIの調査は結腸癌の防止をクルクミンを見ている。 更に別前立腺癌のための規則的なNCIの食事療法と低脂肪、高い繊維、大豆、フルーツ、野菜、緑茶およびビタミンEの食事療法を比較している。 緑茶の調査はに大豆、魚油および低脂肪を使用して乳癌の調査は組織されているが見ない第一段階容認することができるかどの位しかある。 それはこれらの調査の結果が知られている、人々のほしい防止は既にこれらの自然な癌の予防策で出版されるデータから今寄与できる年前にである。 癌がそれを防ぐことについて考え始めるために打つまで待ってはいけない。

参照

Ciolino HP、等1998年。 アリール族の炭化水素の受容器に対するクルクミンおよびMCF-7人間胸の癌腫の細胞のチトクロームp450 1A1の効果。 Biochem Pharmacol 56:197-206

Dalu A、等1998年。 Genisteinの大豆の部品は、ラットのdorsolateral前立腺のEGFおよびErbB2/Neuの受容器の表現を禁じる。 前立腺の37:36 - 43

Hanif R、等1997年。 クルクミン、自然な植物のフェノールの食品添加物は、細胞増殖を禁じ、プロスタグランジン独立した細道によってコロンの腺癌の細胞ラインの細胞周期の変更を引き起こす[コメントを見なさい]。 Jの実験室のClin Med 130:576-84

IMAI K、等1997年。 Japanesepopulationの緑茶を飲む蟹座予防の効果。 Prev Med 26:769-75

Ingram D、等1997年。 phyto oestrogensの場合制御の調査および乳癌[コメントを見なさい]。 尖頭アーチ350:990-94

金JM、等1998年。 1,2-dimethylhydrazine開始の後のマウスのコロンの発癌に対するカロチノイドおよびcurcuminsのChemopreventiveの効果。 発癌の19:81 - 5

Krishnaswamy K、等1998年。 DNAの実験tumorigenesisそして減少の遅滞はウコンおよびクルクミンによって内転する。 Nutrの蟹座30:163-6

Nakachi K、等1998年。 日本の患者間の乳癌の敵意の緑茶を飲むことの影響。 Jpn Jの蟹座Res 89:254-61

Russo S、等1994年。 ラットのdoxorubicin誘発のcardiotoxicityに対するS-adenosylmethionine (同じ)の効果。 J Medの25:65 - 89

Sadakata S、等1992年。 Chanoyu (日本の「茶式」。)のメスの従業者間の死亡率 Tohoku J Exp. Med 6:475-7

Shao ZM、等1998年。 Genisteinは受容器肯定的なエストロゲンおよびP21WAF1/CIPの誘導、G2/Mの阻止およびapoptosisによって特徴付けられる否定的な人間胸の癌腫の細胞ラインで拡散を同様に禁じる。 Jの細胞Biochemの69:44 - 54

Stammler G、等1997年。 緑茶のカテキンは薬物対抗性の細胞ラインで(EGCGおよびEGC) doxorubicinの活動に対する調整の効果をもたらす。 抗癌性の薬剤8:265-68

田中K、等1998年。 茶エキスおよびカテキンによる二次アミンのN nitrosationの阻止生体外で。 Mut Res 412:91-8

Upadhyaya P、等1998年。 食餌療法の大豆蛋白の隔離集団、genisteinおよびCDラットの乳腺の7. 12-diemthylben [a] antrhaceneのAの結合に対する1.4-phenylenebis (メチレン) selenocyanateの効果。 Oncol Rep 5:1541-5

Venkatesan N. 1998年。 ラットの激しいadriamycinの心筋の毒性のクルクミンの減少。 Br J Pharm 124:425-27

Zhou Y、等1998年。 genisteinによる哺乳類の圧力の応答、大豆からの抗癌性のphytoestrogenの抑制のためのメカニズム。 Jの国民の蟹座Inst 90:381-8

塩素ベースの化学薬品のより多くの情報のために、見なさい:

「塩素の危機: 全体的のの時間は」「www.greenpeaceusa.orgのダウのブランドのダイオキシン」停止し、

円錐形、Marla。 「野生の性の混乱」、
ロサンゼルス タイムズ、1994年10月2-3日のページA1
緑ガイドは、888 ECO-INFOを料金無料で呼ぶ。