生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年1月


イメージ


新しい処置へのキーか。

ゲノミクス

生きているより長くおよびより健康いろいろな要因から来るかもしれない。 1つの有望な分野はあらゆる人間の遺伝子を識別するのに新技術を使用するで次に老化の、それから病気を治すかもしれない精密な薬剤を「目標とする」開発するゲノミクス。

パメラによって飼いならす


I tは与えられてより長く住みたいと思う人だれでもより健康、余りに住みたいと思う。 よい栄養物、栄養の補足、規則的な練習、圧力管理、および生命に含まれてとどまることによっておそらく両方をすることのあなたのチャンスを高めることができる。 しかしある特定の年齢、医薬品からの少し助けを必要とするかもしれない余りに来る。

それらの種類の薬剤は今ないが、別の十年に、ゲノミクスの開発のおかげで、あらゆる人間の遺伝子を識別するのに強力な技術を使用する一まとめに「ゲノムとして」知られている生物学の刺激的で新しい枝かもしれない。 それは全く新しく、精密な薬剤、人間の酵素、受容器の発見へあるターゲットことちょうどキーであるかもしれ、イオンは病原体が引き起こすそれらを除いて病気の役割を、担うために知られていて運ぶ。

誰も遺伝情報のサージをゲノミクスの実験室からずっと薬剤エグゼクティブよりもっと密接に出ることを見ていない。 それらはゲノミクスのバイオテクノロジーのずっといわゆる会社との百万ドルの取り引きを速くそして猛烈に切っている。 これらの会社はゲノミクスが提供新しい薬剤を見つける効率的な方法目標とすることを信じる。 それは既に既存の薬剤の追随的な薬剤改良された版によって支配される世界の小さい業績ではない。 大きい会社および研究者が農産物の反老化の薬剤にいかにの結合しているか(多くについては、生命 延長雑誌 、10月および1998年を11月見なさい。)

ゲノミクスのアプローチが成功したら、十年ほど前に私達は今「不治」である年齢準の病気については新しい処置を見てもよい。 今は、その可能性は製薬産業のための十分の希望である。 製薬会社は実験室ベンチからの薬学の棚に薬剤を持って来る数億のドルおよび数年を過ごす。 多くの会社は約10%の成長率の彼らの視力を毎年置く、多数に準備中の十分な薬剤がその成長率を薬剤の発見の従来の方法によって維持するためにない。 そういうわけで人間工学のセクターより約5%を構成しているゲノミクスの会社はどこでも出現している。

ゲノミクスの会社はあらゆる考えられる角度からの概念で行っている。 一部は高められた病気の危険と、遺伝子ベースの診断を見つけることの他のための成長テストに関連付けられる、遺伝の突然変異焦点を合わせた。 寿命の生物科学で、シアトルのワシントンを基盤としたゲノミクスの会社は、夢より大きい: よりよくちょうど徴候多分原因を扱うことができる新しい薬剤を開発するための鉛の発生の目標を用いる遺伝子と病気間のリンクを、理解するため。

「Glenna Burmerおよび私が1995年に寿命を創設したときに」、先生を社長兼最高経営責任者言うヨセフ ブラウン、だったことを、「ゲノミクスが新しい薬剤を見つける効率的な方法私達は確信した。 ヒト ゲノムは約100,000の遺伝子から成っている。 販売のための上の200の薬剤は今日それらの遺伝子の約50を目標とする。 そう」発見されなかった多くの潜在的なターゲットがある。 ゲノミクスの最も刺激的な含意は新しい見つける可能性今不治の病気のための精密な処置である。 薬剤の発見の従来の技術と比較されて、ゲノミクスはもっと効率的にそして予測可能性の高度と説明するブラウンをこのより速い、することができる。 「これらは新しい種類の薬剤目指した新しいターゲットをである。 それはあなたの車を蹴り、それに診断コンピュータを」置くことの違いである。

ゲノミクスはすべてこれをすることができること既に耐えられた。 エイズの処置で使用されたいわゆるプロテアーゼ抑制剤の薬剤はゲノミクスを使用して開発された。 「プロテアーゼのための新しい遺伝子見つけられた」、はブラウンを説明する、「ちょうど7年に薬剤の全新しいクラスは非常に有効」開発され、であり。 寿命で、研究者は既に乳癌の組織サンプルに過剰表現される遺伝子を見つけてしまった(正常な制御と比べて)。 乳癌の成長に要求されることを提案している会社はその遺伝子のパテントをファイルし、機能試金をした。

寿命の最終目的は病気に帰することができる上の1,000の遺伝子を見つけることである。 会社は「これらの薬品会社に販売によって可能な薬剤ターゲットのために収入の一部を遺伝子導く」発生させる。

寿命が前に3年、焦点創設されたWの雌鶏は老化することと関連していた病気に拡大されて他の主要な病気を含むためので)最初にあった(ある。 人口統計は十分の理由だった。 1994年に、米国の34百万人はヨーロッパおよび日本の大きい数との65の年齢に、同様にあった。 そして、病気と年齢間に強く統計的な連合がある。 関節炎のようなよくある病気の 発生聴力損失激流 および 心循環器疾患はすべて年齢40の後に指数関数的に上がる。

最近の研究の調査結果ますますショーの老化はちょうど任意、身に着けているプロセスではない。 むしろ、それは下にある分子メカニズムに影響を与える特定の遺伝の変更によって制御されるようである。 「そう私のバイアス」、先生、病気」を引き起こす根本的な遺伝のメカニズムにより扱い始めるまであなたが人命のスパンに非常に影響を与えない寿命の主な科学的な役人および副総裁を、「ある言うBurmer。

ある特定の特定の病気のために、根本的な遺伝のメカニズムが徴候をもたらす共通の細道に結局一点に集中することをBurmerおよびブラウンは信じる。 仮説的に、この共通の細道は薬剤と目標とすると右の遺伝子が見つけたら妨げられてもよい効果的に機械のレンチを投げる。

「モデル私達および他は次病気の進行と関連している遺伝子を識別するべきであるである」Burmerを言う。 「これはかもしれたが必ずしも病気の第一次原因を伴なわないかもしれない。 しかし、それは共通の細道にどこかにある。 主義はあなたが薬剤をに対して」開発できるターゲットがあることを、どこかに細道でことである。

予想通り、共通の細道を見つけることは容易ではない。 それを見てもいかに、病気は非常に複雑である。 一つには、遺伝子は非常に別様に機能できる。 ある遺伝子は病気のための危険率である; 従って、それらが活動化させるとき、病気を開発するための高いリスクにある。 、ほとんどの場合遺伝子が隔離することができないけれども、病気の。 「単一の遺伝子を隔離できる時でさえ病気の少数の場合にかかわるだけかもしれない」ブラウンを加える。

そのような物は乳癌の場合にはそうである。 いわゆるBRCA-1遺伝子、年齢、X線(乳房撮影)、およびエストロゲンのレベルを含む乳癌のためのいくつかの危険率が、ある。 1つのまたは多くの危険率は癌に共通の細道最終的によって仲介される病気プロセスを誘発する正常な胸のティッシュで導く機能するかもしれない。 遺伝子が比較的少数の女性の病気の主要な原因であるので、見つけ酵素阻害剤のような「下流ターゲットを」、BRCA-1遺伝子(「上流ターゲット」演説するために)に薬剤を開発するより可能性としては有効。

イメージ

ティッシュが問題である時

多くの調査官はこれらの共通の、マルチステップ病気の細道の遺伝子を追跡している。 しかし、盲人および象のよう、皆はまだ幾分正しいである全映像を持たないかもしれない。 「私達は会社が遺伝子の発見に映像の異なった部分を見始める」焦点を合わせる私達のものを好むことを予想するBurmerを言う。 「老化の皮で、例えば、私達は(つけられる)調整されたりまたは調整された方法で(消される)調整される遺伝子の全集りを見る。 従って私達はもっとたくさんの難問を記入し、各ステップに名前を」置くことを望んでいる。

分析は遺伝子発現および薬剤を向けることはではない主遺伝子を識別することで変わり長寿の薬剤を見つけると同じ。 「老化することに治療について考えるとき」、Burmerを言う、「何専門語で真剣にである管理された再生の形態述べている。 それは割れる堅いナットである。 ティッシュは再生を経た後、作り出される幹細胞の例えば、二重数ように変わるそのティッシュの細胞の遺伝コードの質問である。 これがそれ起こすことができるそれは」老化することへ、事実上、実質の治療である。

そして、問題がある。 で「ティッシュで倍増する継続的だった茎細胞のためのスイッチ」(実際に1つがあったら)活動化は異なった器官の癌率を高めてもよい。 そしていかに可能な老化の治療が実際に働けば確立するように臨床試験を設計するか。 「病気に対する薬剤の効果を測定するように治療上の試験を設計できる」薬剤が平均余命を高めればブラウンを、「いかに測定する言うが、か。 それは非常に困難」である。

 


  • ページ
  • 1
  • 2