生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年1月

イメージ


血のコレステロールの討論: 歴史
証拠の優位にもかかわらず、遅らせられた進歩をフィート引張る代理店


連邦公報: 12/10/59

血のコレステロール値の制御または減少と中央政府食糧、薬剤および化粧品の行為の下で中心および動脈の病気の防止そして処置のための一般大衆に提供される記事の状態

(a)血のコレステロールに対するさまざまな脂肪質食糧の効果および中心および動脈の血のコレステロール値と病気間の関係についての多くの公共利益そして推測がある。 一般大衆はこれらの病気と言葉「コレステロール」を関連付けることを来た。 脂肪質物質のいくつかの共通の食糧脂肪およびオイルおよび他のある形態は提供され血のコレステロール値のそして中心または動脈の病気の防止または処置のための制御または減少の価値であるとして一般大衆に。

(b)中心および動脈の病気に於いてのコレステロールの役割は確立されなかった。 血のコレステロール値とこれらの病気間の原因関係は証明されなかった。 この国の人々の食餌療法の脂肪質取入口の本質上広範な変更を行なうことの得策は示されなかった。

(c)従ってそれは中心または動脈の病気を防ぐか、軽減するか、または治す一般大衆に提供される脂肪の分類で要求、直接または意味されて、およびオイルまたは他の脂肪質物質偽または紛らわしいでしたり、および中央政府食糧、薬剤および化粧品の行為の意味の内のmisbrandingを構成する食品医薬品局の意見。


連邦公報: 5/18/65

食餌療法管理の脂肪酸の調整の取入口のためのオイル、脂肪および脂肪質食糧: ラベルの声明を要求する提案

そこに血のコレステロール値の制御または減少と防止のための一般大衆に提供された記事の状態に関する食品医薬品局によって1959年12月10日の連邦公報、方針の声明および中央政府食糧、薬剤および化粧品の行為の下の中心そして動脈の病気の処置で出版された。 保険約款は直接または脂肪の分類で意味されてオイルはまたはそのような食糧が、軽減するために、または治るために防ぎ、一般大衆に提供される他の脂肪質物質表現し、中心または動脈の病気偽である誤解して連邦法の下のmisbranding考慮され、かどうか、要求意見を。

方針の声明の出版物の時に、食品医薬品局は保険約款が正当な研究とおよび血のコレステロールを下げ、心臓病をことを防ぐことに於いての食事療法に於いての不飽和脂肪の可能な役割の臨床評価まったく干渉しないことを指摘した。

1964年5月では、食品医薬品局はそれに「polyunsaturatedのような分類の言葉を示した」、「コレステロール不飽和報告した」、消費者調査の結果を」、「および同じような声明で低い多くの人々をこれらの食糧が血のコレステロールを減らし、こうして中心および動脈の病気をことを扱うか、または防ぐことで有効であることを信じるために誤解させた。 他の紛らわしい句は金コーン オイル100%から」作ったので「尋ねるあなたの医者に」、「人々の健康のためによりよい」、「である飽和脂肪について心配する」「あなたのためによりよい含み。

調査の観点から、1964で起因する食品医薬品局は1959年12月10日の公式声明の方針を再確認した。 長官は再度保険約款がし、がまったく食事療法の不飽和脂肪の正当な研究そして臨床評価と干渉しない指摘したり、ことを血のコレステロールを減らすように試みの医学の監督なしで使用のための位置の公衆に食糧の昇進を防ぐように意図する。

消費者調査のレポート、食品医薬品局の解放が分類の声明が彼のために彼の医者規定した….一種の食事療法の選択を患者の指示を助ける彼らの患者に推薦の食糧のそれらを助ける薬のこの分野ではたらいている臨床医から推薦を受け取ったので

また、食品医薬品局はpolyunsaturatedの精密なパーセントのラベルの声明を提供する分類の条件が食用油および脂肪の確立され、脂肪酸の内容monounsaturated、そして飽和させたアメリカの糖尿病連合から推薦を受け取った。

従って、そのような要求に応じて、そして外に方針またはこれらの提案の、および中央政府食糧裏書き、薬剤および化粧品の行為で提供される権限に従う前の声明を変更する支持者を提供するためにどうにか…次の規則は彼らの推薦を遂行する規則を支える機会提案される。

オイル、脂肪および食餌療法管理で脂肪酸の取入口の調整の手段として使用される脂肪質食糧に関する§の125ラベルの声明。

(a)食糧があることを意味するか、または特別な食餌療法の使用のために人によって使用という理由で脂肪酸の取入口の調整の手段として表されれば、ラベルは飽和させた脂肪酸のグラムの数、monounsaturated酸のグラムの数、および通常のサービングと食糧の100グラムに含まれていたpolyunsaturated脂肪酸のグラムの数の正確な声明に耐える。

(b)このセクションの小段落(a)の準備との承諾は中央政府食糧、薬剤および化粧品の行為のセクション403の条件の承諾からの食糧の解釈されない(a)除去として。


Hypercalcemiaおよびclodronate

癌準のhypercalcemiaの3つの静脈内のbisphosphonatesの比較

、Gallacher SJ SH、Ralston Patel U、Dryburgh FJ、Fraser WDのCowanのRA、Boyle IT
薬、グラスゴーの王族の付属診療所の大学の学部。
Lancet (11月1989日18日) 2(8673): 1180-2

3つの静脈内のbisphosphonatesは癌準のhypercalcemiaの処置で比較された。 四十八人の患者は3つの処置のグループ(16の主題とのそれぞれ)の1つに任意に- 30 mgのpamidronateか600 mgのclodronate、単一の静脈内の注入として両方割振られた; または3つの連続した日間1日あたりの7.5 mg/kgの3つの注入としてetidronate。 患者はbisphosphonateの処置の前の正常な塩と水分を補給された。 3つのbisphosphonatesはすべて骨の再吸収の禁止によって血清カルシウムを下げた; pamidronateはこの点で最も有効だった。 他のグループと比べて、pamidronateのグループのより多くの患者はnormocalcemicなり、血清カルシウムに対する効果はすぐに明白より長く持続させてであり。


Clodronateおよび乳癌

アジェバントclodronateの処置の乳癌の新しい転移の減少

Diel IJ、肋骨SD E-F、Solomayer Gollan C、Goerner R、Wallwiener D、Kaufmann M、Bastert G
産婦人科のハイデルベルク、ドイツの大学の部門。
NイギリスJ Med (8月1998日6)日339(6): 357-63

背景: Bisphosphonatesはそれらがosteoclastsの活動を禁じるのである特定の病気によって引き起こされる高められた骨の再吸収に対して有効である。 乳癌およびmetastatic骨の病気がある患者では、bisphosphonateのclodronate (clodronic酸)は骨格複雑化の頻度を減らす。 動物および予備の臨床観察の実験は早いclodronate療法が乳癌の新しく骨の多い転移の発生を減らすことを示す。

私達は乳癌を持つ患者の新しい転移の発生そして範囲に対するclodronateの効果を調査した。

方法: 1990年と1995年間で、(存在遠い転移の開発のための危険率がある)の第一次乳癌および腫瘍の細胞を持つ302人の患者は2年(157人の患者)または標準的なフォローアップ(145人の患者)のために1日あたりの1,600 mgの線量でclodronateを口頭で受け取るために骨髄任意に割り当てられた。 観察の中央の長さは36か月だった。 両方のグループのすべての患者は標準的な外科処置および通常のホルモン性療法または化学療法受け取った。

結果: 遠い転移はclodronateのグループと制御グループ(P<0.001)の42人の患者の21人の患者で検出された。 osseousおよび内臓の転移の発生は制御グループ(osseousおよび内臓の転移のためのP=0.003)のよりclodronateのグループでかなり低かった。 clodronateのグループの6人の患者は制御グループ(P=0.001)の22ように、死んだ。 clodronateのグループの患者1人あたりの骨の多い転移の中間数は大体半分制御グループ(6.3対3.1)のそれだった。

結論: Clodronateは遠い転移のための危険度が高いにある乳癌を持つ女性の新しく骨の多く、内臓の転移の発生そして数を減らすことができる。


Clodronateの効力

Clodronate。

Kanis JA、McCloskey EV
新陳代謝の骨の病気のための世界保健機構の協力の中心、人間の新陳代謝の部門および臨床生物化学、シェフィールドの衛生学校、イギリスの大学。
Cancer (10月1997日15日) 80 (8つのSuppl): 1691-5

Clodronateはetidronateとaminobisphosphonates間の中間潜在的能力の第二世代のbisphosphonateである。 それは骨の再吸収の、etidronateとは違う有効な抑制剤損なわない骨の鉱化をであるが。 pamidronateとは違って、それは静脈内でそして口頭で与えることができる。 hypercalcemiaの患者の管理のclodronateの使用中に広い経験がある。 最も広く利用された治療上の養生法は静脈内で5日か単一の注入の1,500 mgのために繰り返される300 mgである。 効力はmyelomatosisと患者でほぼ完全でしたり、hypercalcemiaの骨格転移のない固体腫瘍、および骨格転移の前で固体腫瘍を持つ患者の中間物でより少なく完了する。 変化は事実上3無秩序間のカルシウムの腎臓の管状のreabsorptionの相違が原因のようである。

hypercalcemiaがない時骨痛に対するclodronateの効果を検査する偽薬制御の調査は骨痛の厳格の重要な減少を示した。 骨の再吸収の抑制が処置の持続期間のために主張するという知識とつながれるこれらの調査結果はclodronateの口頭線量の長期使用を、osteolytic骨の病気の複雑化の発生を減らすもたらした。 口頭clodronateとの骨の再吸収の長期制御は二重盲目の組織学的の調査によって示された。 clodronateの価値のある最終的な決定者はosteolysisと関連付けられる骨格疾病率を減らすかどうかである。

二重盲目の将来の管理された調査は骨痛、ひびおよびhypercalcemiaの発生が胸の癌腫の患者でかなり減らすことができることを提案する。 さらに、myelomatosisを持つ患者の長期clodronateの使用はかなりosteolytic骨の損害の進行、ひびの危険、およびhypercalcemiaの発生を減らす。 これらの調査は骨の病気が危険度が高いの個人で防がれるかもしれないという可能性を上げた。

再発胸の癌腫しかし骨格転移の証拠の女性の二重盲目の前向き研究はmetastatic病気を開発している女性の割合の減少でclodronateの小さい効果を示さなかった。 但し、骨格疾病率の減少と関連付けられた骨格転移の数に大きく、重要な減少があった。

これらの観察はclodronateが骨格病気の表現の自然史を変更するかもしれない提案しそれによりかなり影響を受けた患者の生活環境基準をことを改善する。


osteoclastsに対するClodronateの効果

metastatic骨の病気のdichloromethyleneのdiphosphonateの使用

Jung A、Chantraine A、Donath A、van Ouwenaller C、Turnill D、Mermillod B、Kitler私
NイギリスJ Med (1983日6月23日) 308(25)日: 1499-501

Dichloromethyleneのdiphosphonate (clodronate)、新しい混合物にosteoclastsに対して、強力な活動があり、癌と関連付けられるhypercalcemiaを扱うのに首尾よく使用されていた。 私達は悪性のosteolytic損害を持つ患者のカルシウム バランスに対する効果を調査した。 高度のmetastatic骨の病気または骨髄種の10人のnormocalcemic患者はベースライン20日のバランスおよびカルシウム運動調査で評価された。 彼らはclodronateまたは偽薬の養生法にそしてまだ処置を受け取っている間ランダム化されたり、2週と口頭で1か月間、および行なわれた別の20日のバランスおよび運動調査で最終的に再評価されて静脈内で扱った。 結果はカルシウム両方バランスおよびカルシウム吸収がclodronateのグループのベース ラインから増加したこと、そしてこれらの変更が偽薬のグループ(カルシウム バランス[clodronate対偽薬]の中間の変更[+/- S.D.]のそれらとかなり違ったこと、203.8 +/- - 1日、Pあたりのカルシウムの65.2 +/- 98.8 mg [5.1 +/- 3.5対- 1.6 +/- 2.5 mmol]対140.1を示すより少しより0.01; カルシウム吸収、1日、Pあたりの-38.2 +/- 96.0 mg対158.8の変更+/-158 [-1.0 +/- 2.4 mmol対4.0 +/-4.0]より少しより 0.05)。 clodronateのグループの骨の再吸収および骨の増大の変更に最底限の減少がなかった。 私達の結果はclodronateがmetastatic骨の病気のことを管理の有用なアジェバントであるかもしれないことを提案する。


苦痛の位置

苦痛の位置によって示される異なった骨格場所に対するclodronateのmetastatic骨の病気そして矛盾した効果の骨のアルカリ ホスファターゼのisoformsの相違

Magnusson P、ラーションL、Englund G、ラーションB、Strang P、Selin-Sjogren L
生物医学および外科のLinkoping大学病院、スウェーデンの部門。 Per.Magnusson@klk.liu.se
Clin Chem (8月1998日) 44 (8つのPt 1): 1621-8

私達は42の偽薬の管理とclodronateを骨格転移および主張の苦痛の主にまたは二次にホルモン処理し難い前立腺癌の患者を比較した。 血清の総アルカリ ホスファターゼ(アルプス)、骨のアルプスのisoforms、osteocalcinは、タイプIのコラーゲンのcarboxyターミナルtelopeptideを架橋結合し、前立腺特定の抗原は処置の1か月の前後に分析された。 6つのアルプスのisoformsは高性能液体クロマトグラフィーによって量を示された: 1骨/腸は、2 (B1、B2)、および3つのレバー アルプスのisoforms骨を抜く。

健康な男性と比較された最も明白な相違は骨のアルプスのisoform B2のために観察された。 患者はおよび健康な男性は総アルプスの活動の75%そして35%に相当してB2活動が、それぞれあった(P<0.0001)。 私達は異なった骨のアルプスのisoformsがosteogenesisの細胞外のマトリックスの成熟段階の間にosteoblastの微分の異なった段階を反映することを提案する。 osteocalcinを除くすべての骨のマーカーはclodronateの管理の1か月後に増加した。 上部の体の部位のだけこれらの増加は苦痛と関連付けられた。 私達は骨組によるclodronateの通風管が私達の処置の期間の間に均一ではなかったことを提案する。


補酵素Q10およびneuroprotection

補酵素Q10の管理は頭脳のミトコンドリアの集中を高め、neuroprotective効果を出す

Matthews RT、ヤンL、Browne S、Baik M、Beal MF
神経化学の実験室、神経学サービス、マサチューセッツ総合病院およびハーバード衛生学校、ボストン、MA 02114、米国。
Proc国民のAcad Sci米国7月1998日21日; 95(15): 8892-7

補酵素Q10は脂質およびミトコンドリアの膜の電子輸送鎖、また有効な遊離基の清掃動物の必要な補足因子である。 補酵素Q10との供給は12の大脳皮質の集中を- 24月古いラット高め。 12ヶ月のラットでは、補酵素Q10の管理は補酵素Q10の大脳皮質のミトコンドリアの集中の顕著な増加で起因した。 補酵素Q10の経口投与は著しく3-nitropropionic酸の全身の管理が作り出したstriatal損害を減少させ、かなり家族性の筋萎縮性側索硬化症のtransgenicマウス モデルの寿命を増加した。 これらの結果は補酵素Q10の経口投与が頭脳および頭脳のミトコンドリアの集中を両方高めることを示す。 それらは補酵素Q10がneurodegenerative病気の処置に有用であるかもしれないneuroprotective効果を出すことができるというそれ以上の証拠を提供する。


Chemoprotection

ペンキおよびラッカー企業の労働者の脂質に対する補酵素Qのchemoprotective効果

Dlugosz A、Sawicka E
薬、ポーランドの毒物学のWroclaw大学の部門。
Int J Occup Medは健康1998年を囲む; 11(2): 153-63

ペンキおよびラッカー企業の労働者の脂質変数の補酵素Qの影響は示される。 検査はchemoprotective代理店として補酵素Q10を受け取ったペンキおよびラッカー生産で雇われた24人の労働者のグループで遂行された。 基本的な脂質変数の血清の集中: 総コレステロール(TC)、高密度脂蛋白質(HDL)、低密度の脂蛋白質(LDL)、トリグリセリド(TG); 脂質の過酸化反応プロダクト: 4-hydroxynonenal (4-HNE)および2つの酸化防止酵素とともにmalonyldialdehyde (MDA): スーパーオキシドのディスムターゼ(芝地)およびグルタチオンの過酸化酵素(GPx)は検査された。 次に上記の変数は有機溶剤にそして補酵素Qの処置の4週後に露出された労働者で測定された。 職業露出がある変数の変えられたレベルに責任があるかどうか説明するため。 苦痛およびラッカー工業で雇われなかった参照のグループは、使用された。

結果は予備の血血清の集中がのMDA +有機溶剤--にさらされた労働者の4-HNE制御グループと比較してかなり高かったことを示した。 統計的に重要な減少はの補酵素Qは職業露出の脂質の過酸化反応に対する保護代理店として考慮できるという結論をもたらした補酵素Qの処置の後でMDA + 4HNE集中観察された。 他の変数の変更は統計的に些細だった。


CoQ10の幹線調子

senescentラットの長期補酵素Q10の補足の後の幹線調子の制御

Lonnrot K、Porsti I、Alho H、ウーX、Hervonen A、Tolvanen JP
神経生物学の実験室、タンペレの衛生学校、フィンランドの大学
Br J Pharmacol 8月1998日; 124(7): 1500-6

幹線機能の年齢準の悪化は長続きがする酸化圧力に起因するかもしれない。 自由な根本的誘発の損傷から管の内皮を保護するために補酵素Q (Q10)が提案されたので私達はWistarのsenescentラットの幹線機能に対する長期食餌療法Q10補足の効果を調査した。 生後16か月で、18匹のラットは2グループに分けられた。 制御グループは標準的な食事療法で他のグループがQ10 (10のmg kg1日1)と補われる間、保たれた。 さらに、また標準的な食事療法を摂取している9匹のラット(年齢2か月)は若い制御グループとして使用された。 8つが週を調査した後mesenteric幹線リングの応答は生体外で検査された。 isoprenalineおよびニトロプルシド(SNP)への内皮独立した幹線弛緩は老化させたラットで減少した。 増加された食餌療法Q10はisoprenalineにはっきり弛緩を高めたが、SNPへの応答に影響を与えなかった。 さらに、アセチルコリン(ACh) Q10補足の後で、また老化させた容器で損なわれた、へのnoradrenalineprecontractedリングのvasodilationは改善された。 diclofenacとのCyclooxygenaseの阻止はQ10補われたラットで観察された改善された内皮依存したvasodilationがprostacyclin (PGI2)によって主として仲介されたことを提案している若いラットのだけAChに古い制御間の相違を廃止したQ10がラットを補ったが弛緩を、高め。 結論として、長期Q10補足は内皮依存したvasodilationを改善し、Wistarのsenescentラットのベータ アドレナリン受容体仲介された幹線弛緩を高めた。 endothelial機能の改善の下にあるメカニズムはPGI2にPGI2の増加されたendothelial生産、平滑筋の高められた感受性、または両方を含んでいるかもしれない。


出血性の打撃

補酵素Q10と前処理をされる人間の出血性の打撃: 動物モデルに見られるように例外的な回復

Orthomolecular薬(カナダ)のジャーナル、1998年13/2 (105-109)

Fstokeからの最小になる神経学的な傷害は今でも効力が敏速な後侮辱の管理に依存している新しく総合的な代理人の大規模の制御された臨床試験のはっきりしない目的である。 26年間の動物のモデル打撃では、テストされた他が正常な内生分子だったより保護の著しく高度をできた1つの物質、補酵素Q10 (Q10)調査する。 Q10の世界的な使用を高めることのために、私達は多分報告serendipidously一般にいろいろ無秩序のために用いられるpharmacologic線量でQ10と前処理の4週に続く予想外の脳溢血からほとんど完全に回復している人間の最初の観察でできる。 明らかに、臨床調査は必要私達の観察された結果の重大さを確認するためにである。 これらは既にエイズおよび多分それ自身を老化させることを含む多数の無秩序の心筋症、等および明白な利点の9つの大規模の国際的な試験で、証明されたQ10の安全そして効力によって促進される。 但し、確認はとりわけ予想された保護から起こる検出の難しさのために打撃のために設計されている試験でされるべきである。 確認されたら、この結果は代理店から必要とされる保護機能の減少によって総合的な打撃の代理店の認識を促進することができる。


エフェドリン、カフェイン

エフェドリン/カフェインの混合物の効果そして安全はエネルギー制限食の肥満の主題のエフェドリン、カフェインおよび偽薬と比較した。 二重盲目の試験

Astrup A、Breum L、Toubro S、ハインP、Quaade F
人間栄養物、高貴な獣医および農業大学、Frederiksberg、コペンハーゲン、デンマークの研究部。
Int J Obes Relat Metab Disord (4月1992日) 16(4): 269-77

sympathomimetic代理店のエフェドリンに齧歯動物で有効なthermogenicおよび反肥満の特性がある。 効果はカフェインによって著しく単独で与えられるカフェインは効果をもたらさないが、高められる。 この調査はエフェドリンとカフェイン間の同じような重量減少の共働作用が肥満の患者にあるかどうか調べるために引き受けられた。 ランダム化されるでは、偽薬制御、倍の盲人は食事療法(4.2 MJ/day)によって、180人の肥満の患者扱われたおよび一日に三回エフェドリン/カフェインの組合せ(20 mg/200 mg)、エフェドリン(20 mg)、カフェイン(200 mg)または24週間偽薬調査する。 回収は4グループで均等に配られ、141人の患者は試験を完了した。 中間の減量は週8からの週24に偽薬とのより組合せとかなり大きかった(エフェドリン/カフェイン、16.6 +/- 6.8 kg対偽薬、13.2 +/- 6.6 kg (平均+/- s.d。)、P = 0.0015)。 エフェドリンおよびカフェインのグループ両方の減量は偽薬のグループのそれに類似していた。 副作用(震え、不眠症および目まい)は一時的、偽薬のレベルに達した処置の8週後にだった。 シストリックおよびdiastolic血圧はすべての4グループで同様に下った。 私達は、動物実験の類似のそれ完了する、エフェドリン/カフェインの組合せはカフェインおよびエフェドリンは別に人間の肥満の処置のために非効果的であるが、有効である。


エフェドリン/カフェイン対dexenfluramine

肥満の処置のエフェドリン/カフェインの組合せおよびdexfenfluramineの比較。 一般診療の二重盲目の多中心の試験

Breum L、Pedersen JK、Ahlstrom F、Frimodt-Moller J
人間栄養物、高貴な獣医および農業大学、Hadsund、デンマークの研究部。
Int J Obes Relat Metab Disord (2月1994日) 18(2): 99-103

前では調査、dexfenfluramine (DF)を分ければ偽薬と比較して肥満の患者の減量を促進するためにエフェドリン/カフェイン(欧州共同体)は示されていた。 20-80%超過重量とこれら二つのanorectic薬剤の効力そして安全を、103人の患者は一般診療の15週の二重盲目の調査に比較するためには含まれていた。 患者は15 mgにDF (n = 53)、または20 mg/200 mgのエフェドリン/一日に三回カフェイン(n = 50)、5 MJ/dayの食事療法に補足毎日二度ランダム化された。 DFからの四十三人の患者は分かれ、欧州共同体のグループからの38は調査を完了した。 処置の15週後で、DFのグループは(n = 43) 6.9 +/- 4.3 kgおよび欧州共同体のグループを(n = 38)失った8.3 +/- 5.2 kg (平均+/- s.d。、P = 0.12)を失った。 患者の小群ではとのBMIは>または= 30 kg/m2 (n = 59)、中間の減量DFのグループ7.0 +/- 4.2 kg (n = 29)そして欧州共同体のグループ9.0 +/- 5.3 kg (n = 30)、P < 0.05だった。 シストリックおよびdiastolic血圧は両方の処置の間に同様に減った。 DFの23人の患者は(43%を)分け、欧州共同体のグループ(54%)の27は副作用の不平を言った。 胃腸徴候がDFのグループでより頻繁だった一方、中枢神経系の副作用、特に撹拌は欧州共同体のグループで、もっと(P < 0.05)発音された(P < 0.05)。 副作用は両方のグループの処置の最初の月の間に著しく低下した。


エフェドリン、糖尿病

エフェドリン: 糖尿病性のneuropathic浮腫のための新しい処置。

Edmonds私のArcher AG、Watkins PJ
Lancet (1983は12を傷つける) 1(8324): 548-51

糖尿病性のニューロパシーに二次周辺浮腫は十分理解されていなく、扱いにくい。 エフェドリンは著しく4人のインシュリン依存した糖尿病患者のneuropathic浮腫を減らした。 中間の減量(pより少しより0。 7日の処置の後の05は) 7.の43 +/- 4.の51の(SD) kgだった。 浮腫は戻った(中間の増量6. 33 +/- 1.の73のkg; pより少しより0。 01) エフェドリンが撤回されたが、解決された時(重量損失4.85 +/- 1.の57のkg; pより少しより0。 01) エフェドリンの処置が繰り返された時。 エフェドリン療法(p=0の502 +/- 78 mmolにエフェドリンの前に177 +/- 5. 20からmmol増加する1つの患者中間の24時間ナトリウムの排泄物。 028)。 エフェドリンはまたニューロパシーによって作り出された余分な周辺血の流れを減らした; ドップラー血の速度のプロフィールによって示されるように幹線diastolic流れそしてarteriovenous回避は両方減り、pulsatilityの索引は2. 50 +/- 0から高められた。 61から4. 75 +/- 1. 76 (pより少しより0。 001)。 エフェドリンは(12-15か月)続けるこの4人の患者のneuropathic浮腫のための有効な処置であり。



雑誌のフォーラムに戻る