生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年1月


イメージ


 

補酵素Q10
それはあなたの思考にある

新しい調査は補酵素Q10に帰することができる有効な神経保護利点を示している。 CoQ10補足を用いていて調査が頭脳のミトコンドリア エネルギー支出は増加し、頭脳のドーパミン産出セクションは保護される。 生存期間はルー・ゲーリック病の場合で拡張される。

Bのecauseの中心の細胞に高エネルギーの要求、臨床調査が心臓ミトコンドリア機能に対する補酵素Q10 効果を調査した頭文字がある。 科学者は今細胞がまたエネルギー新陳代謝の頭脳の高レベルを要求する別の器官に対するCoQ10の効果を見ている。

細胞エネルギーの約95%はmitochondriaと呼ばれる細胞の構造から作り出される。 mitochondriaは細胞の「エネルギー発電所として記述され」、老化の病気は「ミトコンドリアの無秩序」とますます言われている。

補酵素Q10は口頭で取られるとき、エネルギーに脂肪および砂糖の酸化を促進し、調整するボディ中の細胞のmitochondriaに組み込まれる。 CoQ10によるミトコンドリア エネルギーが高められる区域の1つは付随の神経保護利点を提供する頭脳である。

ちょうど(1998年国家科学院の進行 で出版される調査からのハイライトは ここにある; 95)

  • 補酵素Q10が管理された中間年齢および老年ラットだったときに、CoQ10のレベルは10%から頭脳の大脳皮質の地域の40%増加した。 この増加は若い動物で見られたそれらにCoQ10のレベルを元通りにして十分だった。
  • CoQ10補足の2かの数か月だけ後で、頭脳のミトコンドリア エネルギー支出は29%、CoQ10を得ていないグループと比較されて増加した。 これらの結果を達成するCoQ10の人間の同等の線量は100から200 mgである日。
  • 神経毒が管理された時、ドーパミンが作り出される頭脳のstriatal地域への損傷から保護するために助けられるCoQ10。
  • CoQ10が筋萎縮性側索硬化症(ALS、かルー・ゲーリック病を)開発するために遺伝的に繁殖したラットに管理された時生存期間の顕著な増加は観察された。

完了される科学者は「CoQ10神経退化的な病気の処置に有用」であるかもしれない神経保護効果を出すことができる。

この新しい調査はCoQ10の適当な量の短期補足が頭脳の深遠な反老化の効果を作り出したことを示した。 前の調査はCoQ10が遊離基の生成の減少およびグルタミン酸塩就任させたexcitotoxicityから保護を含む複数のメカニズムによって頭脳を、保護するかもしれないことを示した。 調査は口頭で補われたCoQ10がとりわけ脳細胞の新陳代謝のエネルギー準位を高めたこと文書化した。 頭脳のこの効果が前に仮定される間、この新しい調査は動かぬ証拠を提供する。

CoQ10が保護した脳細胞の傷害のタイプに基づいて、科学者はそれがハンティントンの病気およびALSの防止か処置に有用かもしれないことを提案した。 ビタミンEがマウスのALSの 手始めを遅らせる間、生存期間を増加しないことが注意された。 CoQ10は神経退化的な病気のためのビタミンEより有効な処置の作戦として生存期間がCoQ10と扱われたマウスで増加したので提案された。

CoQ10に応じてCoQ10がパーキンソン病の防止そして処置で有効である かもしれないこと観察された 反老化および神経保護利点は、神経学(1997年8月)の史料で出版されたレポート新しいメカニズムの 提示を識別した

この調査はパーキンソンの患者の脳細胞に健康なミトコンドリア機能の中断を引き起こす特定の減損があることを示した。 従ってミトコンドリアの無秩序により頭脳のsubstantiaのnigraの地域で細胞は故障し、死ぬことが知られていてドーパミンの不足を作成する。

興味深い見つけることはパーキンソンの患者のCoQ10レベルが35%の低くより年齢一致させた制御だったことだった。 CoQ10のこの欠損によりパーキンソン病によって影響される脳細胞のミトコンドリア機能に重大である酵素の複合体の活動の重要な減少を引き起こした。

この調査の分枝は重要である。 パーキンソン病はパーキンソン病がCoQ10不足と関連しているかもしれないこと人命のスパンが増加する、新しい調査は前の調査を確認すると同時に流行するようになって。 完了される科学者「パーキンソン病の原因は未知である、[しかし]ミトコンドリアの機能障害および酸素の遊離基が病因にかかわるかもしれないことを証拠は提案する。 パーキンソン病の進行を」遅らせる潜在性があることをミトコンドリアの電子輸送鎖の要素としてCoQ10の二重機能および有効な酸化防止剤は提案する。

CoQ10レベルは年齢と減る。 実際、老化させた人間に若い大人にあるCoQ10の50%だけがある。 枯渇はmitochondriaでCoQ10の高められた酸化と共にボディでCoQ10の減らされた統合によって、引き起こされる。 当然の結論はCoQ10欠損がミトコンドリアのエネルギー生産のために必要とされる酵素の不活性化で起因すれば、CoQ10の補足はミトコンドリア機能を維持するかもしれないことであるかもしれない。

雑誌のフォーラムに戻る







  • ページ
  • 1
  • 2