生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年1月

イメージ

戦うこと 蟹座誘発の骨の転移および苦痛に対して

ウィリアムFaloon著

ヨーロッパ療法は多発性骨髄腫、骨粗しょう症および乳癌を含む病気の多くの、処理で驚くべき成功を示している。

Iつtは通常胸の小さい固まりとして検出される。 バイオプシーはそれからそれが癌であるかどうか定める。 次の12か月では、180,000人の女性は、全く、乳癌を経験し、 46,000が 病気がもとで死ぬことを調べる。 胸が生命を支えて必要ではないので乳癌の細胞は肺、レバー、頭脳、骨および他の器官に転移するとき致命的な効果を加える。

このmetastaticプロセスが進歩すると同時に、患者は耐え難いほどの骨痛に直面するかもしれない同時に内臓が失敗している。 肺炎および肝不全は腫瘍の細胞が骨に浸透し、カルシウムを血に転置するので骨折は不能の最も頻繁な原因であるが、乳癌の細胞の転移からの共通の、直接死因である。 骨が腫瘍の細胞によって破壊されると同時に、癌細胞拡散を促進する成長因子は骨のマトリックスから解放される。 ひびに加えて、骨の転移の複雑化は血に脊髄の圧縮およびhypercalcemia、またはたくさんのカルシウムを含める。 骨の転移は乳癌がもとで結局死ぬそれらの女性の約75%で成長する。

但し、少なくとも15年のため、骨の転移の発生を減らすと、骨痛を取り除くと、ひびおよび逆のhypercalcemiaを防ぐと知られているずっと療法は利用できるである。 調査では1998年8月6日の、 薬剤のclodronateを示した骨両方の50%の減少を受け取り、内臓の(肺、レバー)転移が偽薬と、比較した女性ニューイングランドの医療ジャーナルに出版した。 最も思いがけない統計量は36月の期間に、偽薬のグループのそれらが本当らしい366%死ぬことclodronate療法を受け取るそれらと比較されてだったことを示した。 これらの事実にもかかわらず、clodronateはFDAによって承認されない。

「新しい」制癌剤

胸および前立腺癌の細胞は骨のティッシュの厳しい低下を引き起こす骨に頻繁に転移する。 多発性骨髄腫は骨を低下させる第一次癌である。 bisphosphonates、主に骨の低下からosteoclasts、新しく健康な骨を形作るために骨産出のosteoの送風が鉱物カルシウム、マグネシウムおよびリンをひとつにまとめることができるように骨のティッシュを吸収し、取除く骨細胞 の余分な活動の禁止によって保護する薬剤この行為に対してのクラスは配列される。 osteoclastsが過剰に活動するようになるとき、骨密度の病理学の減少で起因できるたくさんの骨を破壊する。

Clodronate、最も薬剤のbisphosphonateのクラスの調査されるの者は15年間以上悪性の病気の処理で臨床的に使用された。 それはhypercalcemiaの処置の最も使用され、最も有効で、最も安全な薬剤である。 それは骨の破壊を禁じ、骨折を防ぎ、骨痛を取り除き、そして新しい骨の損害の開発を防ぐ。 Clodronateは死亡率を減らすかもしれない。 乳癌を持つ人間の大規模な調査は病理学の骨格でき事の頻度を減らすためにclodronateの延長された管理の利点を示し放射線療法のための必要性を同様に減らす。

調査ニューイングランドの 医療ジャーナルはclodronateを受け取っている乳癌患者が骨にmetastatic損害の数半分のについて偽薬のグループと比較された経験したことを示す多くの前の調査を確認した。

フィンランドで行なわれた別の調査は胸癌の患者がclodronateか偽薬と扱われたときに改善された存続を示した。 骨の転移の骨痛、延長および新しく骨の多いmetastatic損害の形成はclodronateによって減り、厳しいhypercalcemiaの開発は最初の12ヶ月の期間の間に防がれた。 患者はclodronateの処置からそして前に偽薬のグループのよりclodronateと扱われた患者に少数のひびそしてより少ないhypercalcemiaがあった間に、撤回され、少なくとも12か月間続かれた。 残存率は偽薬のグループと比較されたclodronateのグループでより高く副作用はどちらのグループでも観察されなかった。

clodronateは乳癌患者の存続を改善したことをclodronateがたくさんの人間の調査の高度のmetastatic骨肉腫のための療法として調査される間、2つの調査だけが示す。 但しclodronateが病気の州で先に管理されたら、かなり存続を延長できる、調査ニューイングランドの医療ジャーナルで ように示された ようであろう。

Hypercalcemia

注意された、腫瘍誘発のhypercalcemiaとして血への骨のosteoclast誘発の故障の増加が本質的に原因である。 骨の破壊のこのプロセスの間に、腫瘍の細胞の成長を促進する成長因子のような物質は解放される。 bisphosphonatesがosteoclast活動の有効な抑制剤であるので、安全に乳癌および他の病気の患者に頻繁に起こるhypercalcemicでき事を扱う有効な方法を表す。

二重盲目の多中心の調査では、静脈内のclodronateと水和の効果は骨の転移を持つ乳癌患者のhypercalcemiaの処置の偽薬と水和と比較された。 clodronateを支持する重要な相違は正常な血カルシウムに戻るためにかけられた時間に観察された。 偽薬の19人の患者の4だけと比較されるカルシウムのclodronateによって達成される正常な血レベルの21人の患者の17の合計。 clodronateと関連付けられた唯一の不利なでき事は1人の患者の徴候のhypocalcemia (血のほんのわずかのカルシウム)だった。

1991年に、イタリアの科学者は骨の病気の療法のclodronateの使用に関する臨床調査の126の出版物を、clodronate療法が臨床的に重要な副作用をもたらさない見直し、耐えられ、安全であることが分る。 但し、10日のclodronateが血からたくさんのカルシウムを取除いていないことを確かめるべき始めのclodronate療法以内の血液検査を持っていることはまだ勧められる。

骨痛

clodronateのようなbisphosphonateの薬剤の激しい苦痛除去の効果は幾日か週以内に行われる。 実際、metastatic骨の病気および苦痛の患者のclodronateを使用して管理された試験で、多くにより二度その患者は偽薬より苦痛のためのclodronateを選んだ。

骨の転移または関連のhypercalcemiaの腫瘍の患者の別の調査では、71.4%は生活環境基準の改善を示した。 そしてclodronateと扱われる乳癌からの骨格転移を持つpostmenopausal女性の更に別の試験、4分の3およびtamoxifenで、標準的なホルモン性療法、ベテランの痛みの軽減。 血清の骨のマーカーは骨格metastatic損害の示された安定を水平にする。

血のカルシウムに関する限りでは、別の試験は偽薬と比較された骨の転移を持つ乳癌患者間の47%減少を作り出した。 脊椎のひびは3分の1減った。 脊椎の醜状はまた骨痛があったように、減った。 骨の転移を開発する前にclodronateを受け取る患者では、結果はさらにもっと劇的であり、骨格転移およびひびの一貫した50%の減少を示す。

当然の結論はすべての乳癌患者がmetastastic防止の為にclodronateの800ミリグラムと1日に2回補うことを考慮するべきであることであるかもしれない。

保護の骨

化学療法を受け取る第一次乳癌を持つ女性は骨ミネラル密度の損失をもたらす卵巣の失敗か早い月経閉止期を経験するかもしれない。 但し、clodronateは偽薬と比較された乳癌を持つ女性の1つの調査の骨密度の損失を減らした。 別のものはclodronateおよびtamoxifenと扱われていた骨格転移なしで後menopausal乳癌患者と、確認するこの結果を調査する。 反エストロゲンの薬剤だけがあった患者に重要な変更がなかった。 (骨が再生することを可能にするように医者は頻繁に沢山のカルシウム、マグネシウムおよびリンを取るのにclodronateを使用している癌患者に助言する。)

骨格転移を経験しなかった乳癌の犠牲者のイギリスそしてカナダの2つの腫瘍学の中心の更に別の調査は骨格転移の発生が偽薬とのよりclodronateの処置とかなり低かったことを示した。

腫瘍の細胞が骨を低下させる分子メカニズムは骨を抜くために腫瘍の細胞粘着、またosteoclast誘発の骨の低下を刺激する腫瘍の細胞からの有毒な化学薬品の解放を含む。 Bisphosphonatesは骨のマトリックスに癌細胞の両方付着および(注目されるとして) osteoclast活動を禁じる。 腫瘍の細胞粘着を防ぐことによって、biphosphonatesは骨を抜くために優先的に転移するように知られている癌を持つ患者の予防する処置のための有用な代理店である。

骨のマトリックスが低下するときインシュリンそっくりの成長因子および形質転換成長因子のような成長因子が解放されるという証拠がある。 これらの成長因子はclodronateの早い使用がかなり存続を改善した理由であるかもしれないボディ中の腫瘍の細胞増殖を刺激できる。

多数の臨床調査はclodronateが安全な、効果がある薬剤であることを示す。

前立腺癌

高度の前立腺の癌腫のhavepainful骨格転移を持つ患者の大半。 ある調査はclodronateは患者が骨痛の自由に維持されることを可能にすることができることを示す終局の死まで。 他の調査はclodronateが前立腺癌の骨痛の適度に有効な長期的に緩和だけであることを示す。

但し、それは他の処置をより多くの効果であるためにもたらすことで器械であるかもしれない。 例えば、estramustineの隣酸塩は一般に骨の転移を扱うために高度の前立腺癌を持つ患者 ヨーロッパの二番目のラインの処置が、clodronate付加物として頻繁に使用される使用され付随の骨痛をと同時に取り除く。 従って、clodronateおよびestramustineの隣酸塩の相互作用および生物学的利用能は前立腺の癌腫および骨の転移を持つ12人の患者で調査された。 estramustineの隣酸塩の血清の集中は約80%によって薬剤がclodronateとともに与えられたときに上がった。 estroneの尿の排泄物、estramustineの隣酸塩の主要な代謝物質はまた、clodronate、すべてのclodronateが口頭生物学的利用能を提案すること高める、およびこうして、ことを有利なestramustineの隣酸塩処置の有効性の入場の後でかなりより高かった。

それにもかかわらず、調査の大半はclodronateが乳癌の転移をことを防ぎ、扱うことでより有効であることをよりそれある示す前立腺癌の転移の処理に骨を抜くために。

多発性骨髄腫

骨髄種は骨破壊の第一次腫瘍である。 それは多くの場所で同時に成長し、骨のパッチの破壊の大きい区域を引き起こすかもしれない。 多発性骨髄腫はまた骨のティッシュを破壊する骨髄癌である。 文献の検討は多発性骨髄腫の処置でclodronateの顕著な場所を示す。

1つの調査では、最近診断された15および多発性骨髄腫の未処理の患者は6か月間化学療法そしてclodronateを受け取った。 処置の応答は患者の歴史的グループで管理された化学療法と比較された。 結果は進歩的な骨の損害を持つ患者の割合が二度clodronateを得ていないグループで同様に高かったことを示した。 Clodronateはほぼ4分の3減らした激痛の発生を助けた。 言うまでもなく徹底的な改良に導かれる生活環境基準を報告される患者の変更。

別の調査の目的は多発性骨髄腫の患者の骨密度の開発に対するclodronateの効果を評価することだった。 のために扱われた合計22人の患者はclodronateとの以上12か月評価された。 患者は3ヶ月間隔の静脈内の注入(600 mgの5つの注入)のclodronateを与えられた。 調査の手始めで、3人の患者は血カルシウム価値で低下があったが、カルシウム補足の規則的な管理が始まったらすぐ、血カルシウム レベルは常態に戻った。 Clodronateは骨の固まりの量を安定させるために示され、苦痛を減らし、そしてまた患者の生命の質を改善する。

口頭で取られたようにclodronateのために別のものは多発性骨髄腫を扱う調査ことを処置の後で示した、制御グループ(6%)と比較するとclodronateのグループ(13%)により高い骨の応答があった。 Hypercalcemiaはより頻繁に制御グループで観察された。 進歩的な場所の数は偽薬と比較されたclodronateのグループにより低く26%だった。 骨の再吸収の索引はclodronateのグループで、ない制御グループでかなり減った。 苦痛および鎮痛剤の消費の減少はclodronateの処置の下で観察された。

他の多発性骨髄腫の調査は骨格病気31%の進行が頻繁にclodronateを受け取った、存続はより長かった患者のより少なく起こったことを示し。 フィンランドおよび英国の調査はclodronateが骨の損害の進行を遅らせ、示されている英国の調査が脊椎のひびの進行の苦痛そしてわずかな減少を減したことを示した。

別のイギリスの調査では、osteoclast活動の増加が骨髄種の細胞によって分泌するosteoclast活動化の要因によっていかに引き起こされるか説明される科学者。 これらの骨の多い損害は標準的な化学療法によく答えない。 clodronatewがosteoclast活動の有効な抑制剤で、骨の鉱化を損なわないことが注意された。 長期(18か月)偽薬制御の調査では、これらの科学者はthaのtclodronateを示した、1,600 mgの毎日の線量で病理学のひびのincedenceおよびosteoclastsの活動を両方減らすことができる口頭で与えられる。 他の調査からのそれらと共にこれらの結果は、clodronateが多発性骨髄腫の悪性の損害の進行を禁じるかもしれないことを提案する。

食品医薬品局がアクセスのclodronateからのアメリカ人を保っている間、代理店はpamidronateと呼ばれ、商号Arediaの下で販売された1996の高いbiphosphonateの薬剤を承認した。 Arediaの処置は- 24時間の静脈内の注入に…以上$2,000要し、月医学の設定で4によって管理されなければならない。

Arediaの高い費用によりhmoおよび他の保険会社はそれの支払うことを断った。 保険会社はまたFDAが「敵意と」関連付けられる厳しいhypercalcemiaへの穏健派の処置のためのそれを承認したので初期の乳癌のArediaの処置をカバーすることを避けることができる。 しかしmetastatic乳癌を持つ女性は頻繁に病気がかなり進歩したまで深刻なhypercalcemiaを明示しない。 FDAは病気の州で早く使用される潜在的な人命救助療法よりもむしろこうして高度の病気の一時しのぎ療法のそれをもっと作る方法でArediaの使用を、制限した。

FDAはまた多発性骨髄腫およびPagetの病気を扱うためのArediaを承認したが、ここに再度、保険会社は忍耐強いのArediaかclodronate程に有効ではない古ラインのFDA公認のbiphosphonatesと扱われることを主張できる。

出版された文献の検討はclodronateかArediaがよりよい薬剤であるかどうかについて矛盾した結果を提供する。 Arediaの国家の支持者それはhypercalcemiaからの赦免の長期を提供する。 1つの調査は一般的な大量服用でArediaまたはclodronateの単一の注入を比較した。 Arediaのグループの患者の100%の合計は80%の受け入れのclodronateと比較されたArediaの後で正常な血清カルシウムを達成した。 正常な血清カルシウムを達成する中央の時期はArediaのための4日およびclodronateとの3日だった。 正常化された血清カルシウムの中央の持続期間はArediaの後の28日およびclodronateの後の14日だった。 clodronateに答え損った2人の患者はArediaと首尾よく扱われた。 2人の患者Arediaの後の経験された熱はどちらかの処置としかし重要な毒性によって観察されなかった。 完了される医者は「両方の代理店敵意のhypercalcemiaの管理で有能である。 調査される線量でArediaの効果はclodronateのそれらより完全なandlonger不変」である。

clodronateは毎日口頭で取ることができること上記の調査がである述べなかった何をArediaの管理は静脈内の注入に制限されるが。 効果を維持するためにclodronateは口で毎日取られるべきであることが既に知られていたので、clodronateの単一の線量が多くを明らかにしない限りArediaの単一の線量の効果を正常化するカルシウムが二度持続したという事実。 Arediaへの主要で不愉快な副作用は時々筋肉痛およびリンパ球減少症Lのようなインフルエンザそっくりの徴候と一緒に伴われる一時的な熱、である。 Clodronateは、一方では、血(hypocalcemia)でほんのわずかのカルシウムをもたらすことの非常にまれなケース以外不愉快な副作用の自由、ようである。

Arediaが存続を高めるか、または乳癌の転移の開発を防ぐこと更に、証拠はショーへない。 2つの調査ショーのclodronateは存続を改善できる。 しかし癌患者への大きな関心事はかなりさまざまな癌細胞ラインに対する相違の効果をもたらす腫瘍壊死要因およびinterleukin6 (il6)の血レベルを上げるためにArediaが一貫して示されていたことであるかもしれない。 Clodronateはこれらのcytokinesを増加しない。

もう一つの心配はここにある: 癌患者に対するArediaおよびclodronateの効果を比較する1つの調査はArediaのグループでリンパ球および白血球の計算の重要な減少を示した。 同じグループでは、7人の患者(24%)は体温の一時的な増加を示した。 clodronateと扱われた患者のこれらの変更は見つけられなかった。 変更がclodronateの注入の後で見られなかった一方、血しょうil6および血清の腫瘍壊死要因(tnf)レベルはArediaの処置の後でかなり増加した。

これはなぜ面倒なあるか。 乳癌患者に既にtnfおよびil6の上昇値がある。 これら二つのcytokinesの高度は高度の病気の状態および切迫した死を反映する。 il6の高い血清のレベルはまた多発性骨髄腫の悪い予想の予言者、および高度の病気とみなされる。 Clodronateは有毒なil6を後押ししない。

さらに、高い血清のtnfのレベルを持つ患者に検出不可能な血清のtnfのレベルとのそれらよりかなり高い死亡率がある。 これらの調査結果はtnfが前立腺癌を持つ患者のシンドロームを無駄にすることに貢献する要因の1つであるかもしれないことを提案する。 tnfはまた自己免疫の炎症性病気を引き起こすことにかかわる。 調査はArediaおよびclodronateの可能な炎症抑制の行為を評価し、Arediaの低い集中がil6を引き起こしたことが分った

不必要な抑制

食品医薬品局のclodronateの抑制により1998年8月6日の調査ニューイングランドの医療ジャーナルに基づいて約30,000人のアメリカの女性の早期か不必要な 死を、毎年引き起こす かもしれない。 clodronateが前に利用できる15年作られたかもしれないので約517,000人のアメリカの乳癌の犠牲者は苦しむ骨の転移に苦しませるFDAが癌患者に積極的にこの薬剤を否定したので合計450,000人の女性はおそらく時期早尚に死んだ。

人々が何人アメリカ人が安全な薬物を承認するFDAの失敗のために十分に速く苦しみ、死ぬか理解することは困難である。 Clodronateは無毒であり、効力は何百もの科学的な調査で証明された、けれどもFDAは他の国にアメリカの癌患者にこの療法を出荷する会社を締めるために代理店を送った。

Clodronateはアメリカ人を苦しみ、死ぬことを許可するFDAの自発性の硬直した例製薬産業の巨大な利益を保護するためにである。 これについての最も悪い部分は約苦しむ気遣うしないし、不必要に死ぬことをそれらを見ている間FDAが無能である知り、買収し、けれども何もしないでい、そして何もそう多くのアメリカ人がことである。 私達は他の国から政治イデオロギーを促進するために政府により彼らの市民は死ぬいかにか示すために医学の類似を引いてもいいか。 極度な例はアフガニスタンで今は行われている。 根本主義者のタリバンの政府は女性が薬を練習することは許されないこと、そしてオスの医者がメスの患者のボディに触れるか、または会うことは許されないことを法令として布告した。 従って、女性のためのヘルスケアは効果的に除去された。 女性および子供は未処理に残っている病気がもとで不必要に死んでいる。 アフガニスタン人はいかにこの問題に対処しているか。 場合によっては、男性の親類は医者に行き、メスの患者が苦痛を感じる場所ボディを自分自身で指す。 医者は彼女のために相関的な男性のためにそれから薬物を手に入れる規定する。

アフガニスタンの医学の状態が粗野に鳴れば、ある。 しかしアメリカの乳癌患者にほぼ20年間ヨーロッパおよび他の国で安全に使用された証明された療法を否定するときFDAの位置はそうある。 clodronateが無毒で、それほど高くないし、そして存続を改善するために示されていたという事実はフリー マーケットの選択のそれに薬剤をする。

に対して使用中。 . . Hyperparathyroidism

従ってヨーロッパの医者はclodronateが第一次および二次hyperparathyroidismことをの正常なカルシウム レベルの回復で有効であることが、多くの人々の外科のための必要性を避けることが分った。 1つの調査では、clodronateは2から32週(1.0-3.2グラム毎日)間第一次hyperparathyroidismの9人の患者に口で与えられた。 すべての患者では、副甲状腺の病気の血のマーカーは血清カルシウム集中である最も重要なマーカーとの常態に元通りになった。 すべての患者は、当然、処置の前に彼らの血でたくさんのカルシウムがあった。 処置の後で、血清カルシウム レベルはすべての患者の正常範囲の上部端に下った。 処置が停止したときにHypercalcemia (たくさんの血カルシウム)およびhypercalciuria (尿のたくさんのカルシウム)は繰り返した。 これらの結果はclodronateが骨の病気の抑制が外科の前に好ましいか、または外科が禁忌とされる患者の第一次hyperparathyroidismの医学管理の使用、特にであるかもしれないことを提案する。

二次hyperparathyroidismの場合には、調査はカルシウムの2,500 mgおよび日ビタミンD3の1,000の国際単位と共にclodronateが(1日に2回取られる800 mg)、適切な新陳代謝バランスを元通りにし、たくさんのPTHの分泌からこうして副甲状腺を停止できることを示す。 二次parathyroidismを扱うとき、2から8週間だけ必要とされるカルシウムおよびビタミンD3の補足は続くべきである。

得る方法Clodronateを使用するため

アメリカ人にある承認されていない薬物を、clodronateのような、出荷する在外企業の自由な登録簿のために、に書きなさい: 自由選択のための国際的な社会、9 Dubnocの通り、64368テル・アビブ、イスラエル共和国。 癌を扱うための標準的な線量は1日に2回取られるclodronateの800 mgである。 ある調査では、二度この線量は安全に使用された。 慣習的な療法がclodronateと(細胞毒素の化学療法のような)ほとんどの場合使用されるのでclodronateのようなbiphosphonateの薬剤がアジェバント癌療法として考慮されることが注意されるべきである。 すなわち、clodronateは直接癌細胞を殺さないが、転移を防ぐ。

乳癌患者はclodronate療法の年の養生法3に5 aを考慮したいと思う場合もある。 血清カルシウム レベルおよび腎臓機能を測定する血液検査は10日2か月へのclodronateの療法および各自をその後始めた後されるべきである。 小さい少数の人々についての心配はclodronateがたくさんのカルシウムをにから骨血引っ張ることである。 規則的な血のテストは血清カルシウム欠損を検出する。 1つの調査はclodronateの取得に対して厳しい腎臓不十分に苦しむそれらに警告する。 腎臓は普通余分なclodronateを取除き、透析は血から効率的にclodronateを取除かないかもしれない。 別の調査はhypercalcemiaが時clodronateを腎臓病で使用されるように励ます。 規則的な血液検査は腎臓病をもたらさないようであるけれどもclodronateの線量腎臓問題を早く検出できる。

胎児に不利にカルシウム新陳代謝をもたらすことができるので妊娠していたらclodronateを使用してはいけない。