生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年2月

イメージ

BPH
硬貨の反対側

BPHはテストステロンのちょうど問題ではないそれについてすることができるか何を…新しい研究がエストロゲンの役割を明らかにし。

意外で新しい発見はそう多くの人が今前立腺の病気をなぜ引き締めるか説明する。 ほとんどの医者はテストステロンが被告人であるが、科学者がこの理論の深刻な欠陥を露出したことを考える。 今度は前立腺の拡大を防ぎ、扱う最先端の方法を学ぶ第1である場合もある。

慣習的な意見、温和なprostatic増殖 (BPH) へのccordingはテストステロンによって呼ばれるdihydrotestosterone (DHT)の活動的な形態が細胞の成長を刺激すると成長する。 テストステロンは5アルファ還元酵素として知られている酵素によってDHTに、また前立腺の内で組識的に変えられる。 DHTは前立腺の成長を調整する前立腺の細胞の場所に不良部分のテストステロンよりずっと活発である。 DHTはこれらの場所に結合するとき、細胞増殖を刺激する成長因子を活動化させる。 BPHのための一般的な薬物は、のようなノコギリ パルメットを、薬剤のfinasterideは、前立腺のDHT刺激された成長を減らすために5アルファ還元酵素を禁じる。

前立腺の成長はホルモン性制御の下にあってもそれがほとんど不思議な間、BPHの上記の眺めは私達が老化の効果をいつ考慮するか説明して困難である。 BPHは結局老化の病気であり、テストステロンの生産は年齢と低下する。 さらに、蛋白質によって結合する増加されたテストステロンによる自由で、生理学的に活動的なテストステロンの低下のレベルはもっとはっきりと性ホルモンを結合のグロブリン(SHBG)と呼んだ。 70を老化させることを自由なテストステロンのレベルが年齢40からの1年ごとの約1%断ると推定されている。

従ってテストステロンの生産が年齢と低下したら、前立腺の拡大に貢献する別のメカニズムがあってもよいか。 意外な答えはエストロゲンのレベルとテストステロン間の老化の人の成長する不均衡であるかもしれない。

レベルのエストロゲンが老化の男性で比較的安定するようである間、自由なテストステロンのレベルは険しく低下する。 従って年齢と、不均衡はエストロゲンと男性ホルモン(女性および男性のホルモン)の間で成長する。 テストステロンを放すために若者と比較されて、自由なestradiol (エストロゲンの最も有効な形態)の比率は老人のより高く40%までである。

前立腺自体では、上昇のエストロゲンと低下の男性ホルモン間の対照はもっとはっきりと引かれる。 前立腺のstromaでは、DHTのレベルは安定している残るが、BPHが成長すると考えられる支持のティッシュ エストロゲンのレベルは年齢とかなり増加する。 stromaのエストロゲンのレベルはBPHの患者のハイ レベルに上がる。 前立腺の上皮では、DHTのレベルは年齢とエストロゲンのレベルは安定している残るが、低下する。 のためのずっとこれを調査しているドイツの研究者は人間の前立腺で以上15年「エストロゲンの男性ホルモンの比率の年齢の途方もない増加」を記述する。 臨床内分泌学および新陳代謝 のジャーナルの記事は 完了する:

「DHT、estradiolおよびestroneのprostatic蓄積が密接にBPHのstromaのエストロゲン/男性ホルモンの比率の劇的増加を増加する年齢と特に」はもたらす老化に関連する一部にはあることを私達の結果示す。

ジャーナル前立腺で出版される調査はBPHのための危険率として高い血清のエストロゲン/男性ホルモンの比率の概念に耐える。 大規模な健康の間に集められる凍らせていた血液サンプルを分析して調査しなさい、BPHの危険がより高いestradiolのレベルと増加したことが、そして危険が比較的低い男性ホルモンのレベルを持つ人に集中されたことを研究者は分った。

日本の調査は前立腺のサイズがestradiolのレベルと自由なテストステロンへのestradiolの比率に関連することが分る同じような結論に来た。 彼らは」に完了の「エストロゲンがBPHの誘導そして開発のための主ホルモン」であることを大きい前立腺を搭載する患者よりエストロゲン支配的な環境があること「、中間年齢の後ででありがちだった内分泌の環境年齢とエストロゲン支配的、特にそしてことを提案する。

ホルモンとのBPHを引き起こす実験試みは多くの質問に答えたり、人間で明らかに遂行することができない。 年齢のBPHを開発するために知られている唯一の動物は犬およびライオンである。 犬との実験で内分泌の規則および前立腺の構造は犬および人でかなり異なっていることが注意されるべきであるどんなにBPHがエストロゲンなしで引き起こすことができないより確立された。

人およびpostmenopausal女性では、ほとんどのエストロゲンは男性ホルモンから作り出される; とりわけ、ほとんどのestradiolはテストステロンから作り出される。 エストロゲンへの男性ホルモンのこの転換は酵素のaromataseの後で芳香族化と、呼ばれる。 血流を通って循環するエストロゲンの受け入れに加えて前立腺のstromaは芳香族化によって自身のエストロゲンを作り出す。

エストロゲン-特にエストロゲンの男性ホルモンの不均衡老化と関連付けた-が演劇BPHに於いての、最近の年までの役割前立腺に対するエストロゲンの直接的な効果示すことができなかったことが長く疑われてしまった。 この困惑の主部分はニューヨークのコロンビア大学、St Luke/ルーズベルトの病院、および薬品会社メルクの研究者のグループ今供給されてしまった。 起工の一連のジャーナル内分泌学およびステロイドで過去一年で出版される記事で絶頂に達する 研究報告 ではそれらはエストロゲンが男性ホルモンをまねることができるという前立腺の第2ホルモン性の細道の存在を示す。

それは化学メッセンジャーとしてホルモンについて考えることによってこの進歩の理解を助けるかもしれない。 細胞、それの特別な結合場所へのホルモンの大使館員がその細胞に信号を送る時。 BPHの場合には、男性ホルモンは増殖するために細胞に信号を送り前立腺の成長をもたらす。 これらの研究者は男性ホルモンによって前立腺の細胞に送られるメッセージがまたエストロゲンによって、代わりとなる信号を送る細道に沿って、送ることができることを示した。 さらにもっと意外にも、エストロゲンは通常の細胞結合場所ににエストロゲンのために付すことによってこの信号を送るがない、代りに細胞膜に既に区切られる性ホルモンの結合のグロブリン(SHBG)。 著者がそれを置いたように、前立腺で、estradiolが敏感な細道の普通考慮された男性ホルモンを活動化させる「」ことができることを示した。

1996年にジャーナル前立腺で出版された 総論では現代前立腺の研究の開拓者はこの研究に一部には基づいて前立腺の生理学および病因の新しいモデルを提案した。 、Wells Farnsworthはノースウェスタン大学の衛生学校の泌尿器科学の教授前立腺のDHTへのテストステロンの転換を60年代初頭に発見した。 前立腺の彼の記事では、Farnsworth教授はSHBGによって仲介されるエストロゲン男性ホルモンと前立腺成長および機能のペースの」がことを配置「に加わることを提案する。

Farnsworthは、上で説明されるように、年齢のSHBGの増加が「前立腺の細胞の付加的な男性ホルモンの受容器[男性ホルモンのための結合場所]」のように機能できることに注意し。 彼はエストロゲンが細胞膜のSHBGに結合するときことを、IGF-Iと呼ばれる成長因子提案する(前立腺で上皮細胞の拡散を引き起こすインシュリンそっくりの成長因子によりI)総合される。 これは男性ホルモンが成長因子のための結合場所を活動化させるときそれ以上の拡散のための段階を置く。 Farnsworthの言語では、「エストロゲン、IGF-Iによって、だけでなく、stromal拡散および分泌を、また調節する男性ホルモンへの上皮の応答を」は指示するが。 それに続く研究は理解されるIGF-Iよりより少なく健康であるIGF-IIがまた複雑かもしれないことを提案する。 BPHに於いての可能な役割に加えて、最近の研究は高いIGF-Iのレベルが前立腺癌の危険の主予言者であるかもしれないことを示す。 IGF-IはまたSHBGの年齢関連の増加に貢献するかもしれない。

Farnsworthは完了するホルモンに蛋白質SHBGを例える: [SHBG]がん遺伝子によって癌細胞に常態の変形のBPHそして可能な介入を換起する新しい機能はSHBGおよびエストロゲンの分泌を理解し、管理するための高められた努力を求める。

代わりとなる信号を送る細道を発見した研究者は同意する: 「… SHBGが男性ホルモン敏感な遺伝子の誘導をもたらす細道の拮抗[阻止] BPHまたは前立腺癌の処置または防止のための貴重な治療上のターゲット」であるかもしれない。

したがって、これらの研究者は前立腺の細胞膜、イラクサの植物、Urticaのdioicaの根のエキスにSHBGの結合を禁じるために代理店の思考を調査した。 Planta Medicaの1995年に出版されたペーパーではそれらはイラクサの根が細胞膜に全くSHBGの結合を禁じることを示した。

それに続く一連の記事では、ドイツの研究者はように知られているイラクサの根の要素を(-) -識別したSHBGへの非常に高い結合類縁を「驚くべきように」記述する3,4-divanillyltetrahydrofuran。 これらの研究者はホルモン依存した癌に対する植物のlignansの有利な効果が(亜麻仁オイルで見つけられるのような) SHBGへの結合類縁につながるかもしれないことを提案する。 最も有効な知られていたlignansはこの点でイラクサの根の要素である。

調査は水様およびmethanolicエキスはあるがイラクサの根のethanolicエキスがSHBGの結合のことを禁止にないことを示す。

SHBGの結合の禁止に加えて、イラクサの根の少なくとも6つの要素はエストロゲンに男性ホルモンの転換を減らすaromataseを禁じる。 pygeumとイラクサの根を結合することはより強い、互いに作用し合う阻止で起因する。 イラクサの根によるaromataseの阻止の調査はmethanolicエキスを使用した。

最近の実験調査はBPHのティッシュに対するイラクサの根の効果の劇的なデモンストレーションを提供する。 この実験は仮説にBPHが前立腺の萌芽期の潜在成長力の再度目ざめることと対等であること基づいていた。 胎児の尿生殖の湾曲は大人のマウスの前立腺の丸い突出部に植え付けられた。 28日後で、マウスの植え付けられた丸い突出部はドイツの薬剤の市場のエキスと同じようなmethanolicエキスが制御グループで51.3%にマウスの丸い突出部よりより少ない成長を示したイラクサの根に与えた。

イラクサの根はイラクサの根からもっぱら成っている15の薬剤の薬剤のドイツのBPHのための第一線療法として広く利用されている。 イラクサの根は過去の20年にわたるヨーロッパ臨床試験で広く調査された。 よい調査の設計はかなり大きい偽薬の効果がBPHの調査で正常であるので、BPH療法の評価で必要である。

イラクサの根のうまく設計された二重盲目の、偽薬制御の試験は1996年にドイツの泌尿器科ジャーナルUrologe 出版された。 この3ヶ月の調査は15 ml/sec以下の最高の尿の流れと41人のBPHの患者を含んだ。 そしてIPSS (国際的な前立腺の徴候のスコア)のスケールの18.2の平均スコア。 0-7、非常に徴候、および20-35わずかに徴候として徴候8-19のIPSSのスコアは同様に適度に考慮される。

試験の終りまでに、最高の尿の流れは偽薬のグループの36.6%と(12.3から16.8 ml/secから。)比較されたイラクサの根と扱われたグループの66.1%の平均(10.9から18.1 ml/secから。)増加した。 平均IPSSのスコアは偽薬のグループのイラクサの根のグループのその位(18.2から8.7から)二度落とした(17.7から12.9から)。 比較すると、標準的なBPHの薬剤のfinasteride (Proscar)の試験はより適度な改善に相関的な偽薬を示す。 再度、この調査はmethanolicイラクサのエキスを使用した。

イラクサの根の8つの前の試験はおよそ15,000人のBPHの患者の合計に対する有利な効果を示した。 イラクサのこれらの試験によって使用される毎日の線量は600-1200 mgからそして3週から180日持続するから及ぶことを得る。

ヨーロッパのイラクサで根はまたを伴ってノコギリ パルメットを使用される。 この組合せはDHTの活動の制限によって第一次信号を送る細道のノコギリ パルメットの行為を間、イラクサの根が前立腺の細胞の代わりとなる信号を送る細道によって機能するので論理的な1である。 事実上、イラクサの根はノコギリ パルメットの住所を男性ホルモンの側面間、BPHのエストロゲンの側面に演説する。 さらに、ハーブに両方とも炎症抑制の行為がある。

1995年以来、標準の3つの臨床調査はノコギリ パルメット/イラクサの組合せがドイツの医学ジャーナルで出版されるのを。 調査はmgが120 mgのイラクサの根のエキスとノコギリ パルメットのエキスを160の1日あたりの2つのカプセルを使用した。

ランダム化された二重盲目の調査はBPH苦しんでいる543人の患者の標準的なBPHの薬剤のfinasterideへのノコギリ パルメット/イラクサが組合せIをにII.に上演することを比較した。 草療法および薬療法はすべての手段の同様に有効証明した: 査定尿の流動度、排尿の時間、IPSSのスコアおよび患者の生活環境基準。 療法は両方とも有効性で数カ月にわたって増加した。 例えば、草療法のグループの平均IPSSのスコアは24週後に11.3から8.2をからおよび48週後に6.5を低下させた; finasterideのグループでそれは24週後に11.8から8.0をからおよび48週後に6.2を低下させた。 患者は草療法を何人かの患者で無力を含む減少されたリビドーそして性機能障害を引き起こすfinasterideよりよく容認した。

別の偽薬制御の調査はクロスオーバー設計を使用した。 BPHの40人の患者は20 ml/secの下のIかIIおよび尿の流れ上演する。 24週間ノコギリ パルメット/イラクサまたは偽薬を受け取った。 草の組合せを受け取っている患者は偽薬と比較された最高の尿の流動度(3.3 ml/sec。)で重要な改善を示し平均流動度、総排尿の容積、排尿の時間および流れの増加の時間に同じような改善があった。 偽薬と比較されたアメリカの泌尿器科連合の徴候のスコアの重要な改善はまただった。 試験のクロスオーバー段階では、24週間偽薬にあった患者はもう24週の草の組合せに転換した。 これらの患者は同じようなプラスの結果を示した。

419の泌尿器科学の練習を含む大きい観測の調査は穏やかとBPHを緩和するために2,030人の患者に続いた。 受け取られたすべての患者は12週間ノコギリ パルメット/イラクサを。 この調査は次の平均改善を見つけた: 最高の尿の流れは25.8%を増加した、平均尿の流れは29.0%を増加した、残りの尿は44.7%を減らした、nocturiaは50.4%を低下させた、排尿困難は62.5%を低下させ、患者の低下した後排尿のしたたることは53.6%。86%徴候の改善を報告した。 患者の1%以下副作用を報告し、これらは穏やかだった。

これまで、の臨床試験が ノコギリ パルメット/イラクサのpygeumの組合せを ずっとない。 前述のように、イラクサの根およびpygeumは禁止のaromataseで相乗作用を与える。 さらに、この3つのハーブはBPHの防止そして処置で有利ようである方法で成長因子に影響を与える。 泌尿器科学のジャーナルの 1997年の記事に従って、pygeumは成長因子EGF (表皮の成長因子)、bFGF (基本的な繊維芽細胞の成長因子)、およびIGF-I (I)ラットの前立腺によってからのstromal細胞のインシュリンそっくりの成長因子引き起こされる細胞増殖を禁じる。 ヨーロッパの泌尿器科学の1998調査はノコギリ パルメットが人間の 前立腺の 細胞培養のbFGF刺激された細胞増殖を禁じることをことが分った。 予備の研究はイラクサの根の要素が人間の前立腺の細胞にEGFの結合を禁じることを提案する。

多くの薬効があるハーブのための箱があるように、イラクサの根の臨床効力は医学がまだ行為のメカニズムを理解するのに必要とされた基本的な前進をしていない時示された。 これはノコギリ パルメットを一方イラクサの根が共通の使用にテストステロンに基づいて行為の比較的明解なメカニズムがアメリカで比較的未知あるであるという1つの理由であるかもしれない。 あったように言い分はのためのノコギリ パルメット、それをおそらく取る効果的にイラクサの根の行為のメカニズムを演説するために総合的な薬剤を開発するように薬品会社のための年を。 両方の非常に井戸によって容認される草のエキスはBPHの被害者に今利用できる。

生命延長基礎は前立腺の細胞増殖のよりよい理解を開発するために重要な資源をそれを制御する方法を費やし。 メンバーへの即時の利点はこれらの新しい調査結果を反映するために生命延長バイヤー クラブが提供する前立腺プロダクトすべてが再公式化されたことである。