生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年12月

イメージ


アルツハイマー病:
ワクチンの夢
Kapil Gupta著

ワクチンの夢

それは老化する中間の心を渡って点滅する最初の単語であり、実現するときその時の年配者再度彼らのキーを置き違えるか、または遠戚の任命か名前を忘れていたあることが。 4,000,000人のアメリカ人のために、その恐れはなった
現実。 そして今持っている病気
そう長く薬すべてを言われる逃れた
ワクチンによって当られるため
マウスでは、少なくとも。



Alzheimerは何であるか。

アルツハイマー病(広告)は 記憶の認識毎日機能と干渉すること十分な機能そして進歩的な損失の低下によって特徴付けられるneurodegenerative病気である。 それはアロイス・アルツハイマーが彼女が家のまわりでもはや彼女の方法を見つけることができない限りで中年で人格の変更を経験した彼のメスの患者の1人のレポートを、メモリ損失、混乱および失見当によって続かれて与えた会議で最初に導入された。 これは1906年にあった。 そして今、ほとんど後で世紀、病気は、多くの方法で、ミステリーに残る。

しかし知られているかなりの量がある。 それは年配者の主に病気、85の年齢によって30%から50%のレベルに5年毎に倍増する流行である。 次第に進歩するのは病気である。 患者は頻繁に話している間、およびますます受動になっておよび離れてさまざまな項目を繰り返し置き違えたり、業績で低下を示したり、前によく知られた位置、苦闘に適切な単語を思い付くために方向を忘れている。 最終的に、これらの患者は自律的に作用のための容量を失い、従って完全な依存に強制である。 彼らは植物状態に悪化し、寝たきりになり、そして伝染か肺のembolusがもとで頻繁に死ぬ。

病気の完全な病因が未知の、しかし間、病理学のある要素は明確である。 あらゆる病気の病因学的な調査は細胞病理学からであるそれらの区域かの萎縮を拡散させるために最終的に導く大脳皮質および海馬の地域のニューロンの損失あるか何がAlzheimerの頭脳の検査に、始まり。

病気の原因となる役割を担うと信じられる広告のneuropathologyの2つの定義特性がある: neurofibrillaryもつれおよびneuriticプラク。 Neurofibrillaryのもつれはニューロンの中で集まるフィラメントの束である。 これらはtauと呼ばれる蛋白質のhyperphosphorylated形態で構成される組み合わせられた螺旋形のフィラメントである。 これらのtau蛋白質はプラクの開発前にニューロンの内で集まり始め、どうかしてこれらのニューロンの死を引き起こすとにより信じられる。 Neuriticプラクは(また老年性のプラクと言われる)軸索の総計および樹枝状結晶(一まとめにneuritesと言われる)、アミロイドの中心、ある特定の病理学の状態の間にティッシュで沈殿する繊維蛋白質を囲む小膠細胞およびアストロサイトである。 両方の存在は広告の限定的な病理学の診断に要求される。

しかしneurofibrillary間もつれが広告以外病気にあることに注意することは重要である(すなわち、進歩的なsupranuclear麻痺 パーキンソン 「sの病気は)、neuriticプラク広告と正常な老化にほとんど独特である。 これらのneuriticプラクは持っている、従って、で性質の治療法および従ってそれ以上の単語の主目標保証される。

先に示されるように、小膠細胞およびアストロサイトはneuriticプラクの一部分になる。 これらは復帰の為に脳損傷の場所に移動し、修理する細胞である。 それら、neuritesと共に、ベータ タイプのアミロイドの中心のまわりの総計(ABとして一般に表示されて)。 これらのプラクの中心で見つけられるベータ アミロイドの最も優勢な形態は42アミノ酸の形態(ベータ アミロイド42)である。


ベータ アミロイドは何であるか。

ベータ アミロイドはすべての細胞のタイプによって作り出される蛋白質であり、新陳代謝の前駆物質、アミロイドの前駆物質蛋白質(APP)の開裂から得られる。 頭脳の、かどうか散漫にまたはneuriticプラクのアミロイドの中心内のその集合は、広告の基本的な特徴であり、頭脳の量は患者の認識減損に関連する。 証拠はベータ アミロイドがニューロンに有毒であることを提案する。 それはある、 ベータ アミロイド蛋白質従って蛋白質がニューロンに影響を与え始める有毒な反作用が頭脳内の有効な免疫反応を駆り立てること、可能。 このプロセスは脳組織が神経の死およびもたらす慢性の毒性および発火従ってに機能低下を苦しむ間、幾年もの間続くようである。

pathophysiologic細部にもかかわらず、1ポイントは明確ようである: ベータ アミロイドは広告の開発の役割を担う。 広告の開発と関連付けられる遺伝の突然変異は明瞭になった: 染色体の染色体14の21、presenilin-1遺伝子、および染色体1.のpresenilin-2遺伝子のAPPの遺伝子。 これらの突然変異により広告を引き起こし、誰もベータ アミロイドの生産過剰の効果をもたらすことに注意することは興味深い。 従ってそれは来られてように治療上の注意の多くは典型的な例であるこの重要な蛋白質ワクチンに焦点を合わせるという驚きべきではない。


従って私達に実際にワクチンがあるか。

知ってはいけない。 PDAPPのtransgenicマウスは調査のために使用された。 すなわち、これらは人間でするように、overexpressに広告に独特neuropathologic変更の生産に貢献する突然変異体APPの人間の形態設計されたマウスだった。 マウスが生後、そしてあらゆる頭脳のプラクの形成前の6週だったときに、2つの解決の1つを与えられた: ベータ アミロイド42を含んでいる緩衝か別のプラク準蛋白質を含んでいる緩衝は血清のアミロイドPの部品(SAP)を呼んだ。 2つの付加的なグループは単独で緩衝を与えられるか、またはおよび彼らは実験の制御として役立った。 解決は11か月にわたる11免疫として管理された。 従って免疫反応を駆り立てることができる物質だったこと)ベータ アミロイドおよびSAPは調査の2つのimmunogensだった(。

13か月のマウスの頭脳の検査に、ベータ アミロイドと免疫になった9匹のマウスの7つはベータ アミロイド沈殿物とdystrophic neuritesがなかった。 制御の頭脳および樹液扱われたマウスは多数のベータ アミロイド沈殿物およびneuriticプラクを隠した。 さらに、ベータ アミロイド扱われたマウスの頭脳はマウスの他のグループのそれらは広告の典型的なastrocytosisのパターンを表わしたが、astrocytosisのレベルの劇的な減少を表示した。 ベータ アミロイドを支持するそれ以上の証拠はMAC-1の調査、活動化させたupregulated細胞表面の受容器を、プラク準のmicroglial細胞で含む。 MAC 1特定の抗体を使用して、研究者は受容器の不足を他のマウスのそれらと比べてベータ アミロイド扱われたマウスの頭脳で分類することを見つけた。 発火以来広告のneuropathologyの開発の役割を担い、小膠細胞がこの炎症性プロセスのまさに中心にあるので、見つけるこれは重要性をもつことをようである。

調査のこの段階に従がってそこにまだより大きい質問現われた: 既存のneuropathologyを逆転させる可能性についての何か。

PDAPPのマウスは生後11か月、頭脳が通常既にベータ アミロイドのプラクを隠す年齢のベータ アミロイド42そしてアジェバント(免疫反応を後押しするのに使用される物質)と常時免疫になった。 PDAPPのマウスの別のグループはアジェバントと緩衝を与えられ、制御として役立った。

両方のグループからのマウスの頭脳は処置の4かそして7かの数か月後に検査された。 ベータ アミロイドの量は(ベータ アミロイドの重荷と名づけられる)制御のそれらと比べてベータ アミロイド扱われたマウスの頭脳でかなりより低かった。 プラクの数はまた制御と比べてベータ アミロイド扱われたマウスでかなり減った。 Neuriticプラクの重荷は制御と比較してベータ アミロイド扱われたマウスの頭脳の84%減った。 Astrocytosisはまたベータ アミロイド扱われたマウスの頭脳でかなり減った。 処置の3か月に従がって、アミロイド プラクの病理学は広告の頭脳で漸進的に影響される頭脳のそれらの構造の大きい減少から事実上の不在に変わった。 従ってこれらの結果はベータ アミロイド42の免疫がどうかして広告の頭脳ことをの典型的なベータ アミロイドーシスの進歩をそう停止させることの有効証明したことを提案する。

研究者はベータ アミロイド42との免疫がベータ アミロイド42に対して抗体の生産を誘発することを確立した。 彼らはまたこの免疫がベータ アミロイドの生産に対する効果をもたらさないことが分った。 従って彼らは免疫に応じて作り出される反ベータ アミロイドの抗体がベータ アミロイドの沈殿前にまたはプラクの形成の後でmicroglial細胞の援助によってベータ アミロイドの整理を促進することを推測する。 従って、研究者はベータ アミロイド42との免疫が防止広告のまた処置の有効だけでなく、証明するかもしれないこと査定する。

複数の質問が未解答に残るが、調査は人間に未来の実験と共に有用証明するかもしれない。

これまで、ベータ アミロイドの議論は広告のpathophysiologyに貢献に於いての潜在的なimmunogenic役割に焦点を合わせた。 複数の可能な役割の蛋白質は広告の開発でそこにである相当な量の注意を払われた別のもの遊ぶかもしれない: 遊離基の生成。


遊離基は何であるか。

遊離基は電子の不均等な数を用いる分子である。 この特徴は分子を非常に、多くの場合反応、さまざまなティッシュの環境に危ないし。

1人のそのような創造物は酸素が単一の電子によって減るときスーパーオキシド、形作られる酸素の非常に反応形態である。 このスーパーオキシド基によりニューロンおよび他の細胞に傷害を引き起こすことができティッシュのさまざまで退化的な変更を作り出す。

多くの注意は遊離基の生成および老化現象(老化の自由根本的な理論として知られている仮説)、および広告が老化と、広告の遊離基と認刻極印蛋白質間の関係関連付けられるであるので、病気ベータ アミロイドに、であるずっと最近の調査の焦点払われた。

ベータ アミロイドが血管に対するconstrictive効果をもたらすことが分られた。 そのような効果の開発に於いての遊離基の役割を、もしあれば、明瞭にするためには、研究者はスーパーオキシドのディスムターゼ(芝地)として知られていたスーパーオキシドを掃除する実験へ酵素を加える効果を調査した。 彼らはベータ アミロイドのconstrictive効果がスーパーオキシドの遊離基を通して仲介されることを芝地との前処理がベータ アミロイドことをと見られた血管収縮の除去で有効だったことが分りそれ提案する見つける。 別の実験では同じ科学者はベータ アミロイドが付いているティッシュに前処理をし、次にアセチルコリン、血管拡張神経を加えた。 彼らはベータ アミロイドがアセチルコリンによって引き起こされたvasodilationを減らしたことが分った。 フォローアップがそれらティッシュのベータ アミロイドを洗浄し、これは単独でアセチルコリンを受け取った制御と同じレベルに血管の弛緩を元通りにしなかったことが分ったので。 この見つけることは、従って、ベータ アミロイドが内皮を変える効果をもたらすことを、血管を並べる細胞提案する。

科学者は容器をベータ アミロイドへの露出の結果として傷ついたそれら見つけられて超微細構造的に調査し。 但し、芝地との前処理はそのような損傷、また芝地がない時見られた血管収縮を防いだ。

これらの調査結果に加えて、レポートは内皮が付いているベータ アミロイドの接触が潜在的な組織の損傷をもたらすローカル血の流れおよび高められた酸化圧力の減少に終って自由な根本的仲介されたendothelial損傷で、起因できる可能性を強調する。


従って遊離基を除去する私達はいかにか。

単語では、酸化防止剤。 形作った後遊離基の形成を妨げるか、または遊離基を掃除しなさい内生および外因性の酸化防止剤がある。 アルファ トコフェロール(ビタミンE)は 後のメカニズムによって働く。

広告のsymptamotologyの改善のビタミンEの効力に演説する複数の調査がずっとある。 1つのそのような調査の目的は病気の進行の第一次結果の発生を遅らせるビタミンおよびモノアミン酸化酵素阻害薬のビタミン、selegilineの機能をテストすることだった: 毎日の生活の活動を行う機能の死、制度化、損失または厳しい痴呆。 それは適当な厳格のありそうな広告と341人の患者を含む二重盲目、偽薬制御の、ランダム化された調査だった。 それらは4つの薬物の4グループそしてある特定の1に分けられた: selegiline、ビタミンE、selegilineおよびビタミンE、または偽薬。

研究者は、特に両方のビタミンE、selegiline、または組合せを用いる処置が毎日の生活の活動の制度化、性能、および心配ことをのための必要性に関する偽薬と比べて病気の進行の第一次結果の延期で有効だったことが分った。 制度化のための必要性の遅れはビタミンEのグループで主に見られた。 彼らはまた組合せの処置を受け取ったと1または他のだけ受け取ったグループ見つけなかったグループの重要な治療上の違いを。

従って、antioxidationはAlzheimerの患者の有用な治療上のアプローチとして役立つかもしれない。


細菌およびAlzheimer

最近のレポートはAlzheimerの討論に興味深いねじれを加えた。 細菌はAlzheimerの患者の死後の脳組織にあった。 クラミジアのpneumoniae、肺炎のような呼吸の伝染を引き起こす細菌は広告関連のneuropathologyを示した頭脳のそれらの地域から、隔離された。

19人の広告の患者および19の制御(非広告の患者)の患者の脳組織は調査で使用された。 クラミジアのpneumoniae DNAのために特定の試金が細菌の存在のためにテストするのに使用された。 研究者は18人の非広告の患者の1つだけはこれを示したが、19人の広告の患者のそれを、それらの17隠した細菌のために肯定的だった頭脳の地域を見つけた。 もっと重大に、研究者は広告の頭脳の大半の中では細菌DNAが同じ頭脳の変化しない地域のよりneuropathologyの地域でずっと共通だったことが分った。 但し、細菌の存在の確証は有機体の培養によって最もよく示される。 C.のpneumoniaeの伝染のための有効なホストのために示されていた特定の細胞ラインを使用して研究者は細菌の培養で成功していた。 それらはまた電子顕微鏡検査によってこれらの宿主細胞内の有機体の存在を示した。 再度、彼らは細菌を非広告の患者から同じようなティッシュで不在見つけた。


従って何がこの平均か。

それで、それの表面で1つはC.のpneumoniaeが広告の開発の病因学的な役割を担うと仮定するかもしれない。 それらは右であるかもしれない。 またはそれらはそうかもしれない。

事実は原因の役割が広告とこの有機体の間に確立されなかったので、この観察、今のところ、残る観察にである。 但し、それはある可能性を上げる。 例えば、これらの患者のC.のpneumoniaeによる伝染が慢性の1、私達がそれを知っているように広告のneuropathologyにそのうちにかなり貢献するかもしれない慢性の炎症性応答を引き出してもよい。

従って研究者によってはC.のpneumoniaeによる中枢神経系の伝染が散発的の開発のための重要な危険率を表すかもしれないことが遅手始めの広告争う。

今明確なべきであるように広告は多数の病理学の明示および定義された臨床symptamotologyの多面的な病気である。 但し、異なったタイプの認識低下をどの病理学がもたらすか。 これらの病理学はどんなメカニズムによって生じるか。 pathophysiologyの開始を誘発する駆り立てる要因は何であるか。

広告の区域に大量の科学的な進歩がずっとあるが、そのような基礎質問は、感覚で、1906年にあったと同様に顕著な今日に残る。 これらの調査が、しかし示すと同時に、薬は発見のまさに先端にあり、広告の患者のための未来は現在進行中である研究の茄多よく機能される。

ベータ アミロイド ワクチンに関しては、従ってマウスがマウスであり、より多くの質問が答えられる必要があることが言われなければならない。 しかし調査は興味深い1である。 科学者が研究が人間で働くと証明すれば医学とPasteurのそれら、Salkの隣で、おそらく、大胆なテキストの彼らの名前を、および当然見つける科学者のためのAlzheimer、巨大な進歩を表す。


参照

  • Alzheimerの頭脳のクラミジアのpneumoniaeのBalin BJの等同一証明そして局在化。 Med Microbiol Immunol。 1998; 187: 23-42.
  • ブリオンJP。 Neurofibrillaryのもつれおよびアルツハイマー病。 Eur Neurol。 1998; 40: 130-140.
  • カミングJL等アルツハイマー病: 病因学、pathophysiology、認識予備および処置の機会。 神経学1996年: 51 (Suppl 1): S2-S17.
  • カミングBJ、Cotman CW。 アルツハイマー病のBアミロイドの負荷および痴呆の厳格への関係のイメージ分析。 尖頭アーチ1995年; 346: 1524-1528.
  • Iadecola C等SOD1はアミロイドの前駆物質蛋白質をoverexpressingマウスの大脳のendothelial機能障害を救助する。 性質の神経科学1999年; 2: 157-161.
  • Khatchaturian ZS。 アルツハイマー病の診断。 アーチNeurol。 1985; 42: 1097-1105.
  • Sabbagh MN、Galasko D、Thal LJ。 アルツハイマー病のためのBアミロイドおよび処置の機会。 アルツハイマー病の検討3 1997年; 1-19.
  • 佐野M等。 selegiline、アルファ トコフェロール、またはアルツハイマー病のための処置として両方の管理された試験。 NイギリスJ Med。 1997; 336: 1216-1222.
  • アミロイドBとのSchenk Dの等免疫はPDAPPのマウスのAlzheimer病気そっくりの病理学を減少させる。 性質1999年; 400: 173-177.
  • トマスTは等vasoactivityおよび管のendothelial損傷をBアミロイド仲介した。 性質1996年; 380: 168-171.
  • Villareal DT、Morris JC。 アルツハイマー病の診断。 アルツハイマー病の検討3 1998年; 142-152.