生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年12月

イメージ


蟹座:
それがあればべきである何をする

イメージ 新しい制癌剤は米国に人間臨床試験を今年中に書き入れる。 科学文献はこの薬剤が実験動物の腫瘍の成長の一貫した、重要な減少を引き起こすことを示す。 多くの場合第一次およびmetastatic癌の損害は休止状態に入り、もはや広がる。

世界の最も著名な学術雑誌で出版される証拠はこれが発見される最も有望な癌治療であるかもしれないことを示す。 療法は無毒で、に対してテストされたあらゆるタイプの癌に対して効力を示した。 1つの調査は90%によってmetastatic腫瘍の成長率を抑制したことを示した。 別の調査は「休止状態の顕微鏡の損害」になるために復帰する第一次腫瘍を示した。

2年以下あった癌犠牲者のために住むことは、これらの臨床試験に得て生命または死の問題であることができる。 早期の希望を上げる前に、私達はこの抗癌性療法が2薬剤、endostatinおよびangiostatinから成っていることを示したいと思う。 しかしFDAはこれら二つの薬剤(endostatin)がの1つを最初の臨床試験で使用されるようにしている。 すなわち、FDAは末期症状の人間が動物実験で一緒にそう非常によくはたらいた2つの薬剤を使用することを可能にしていない。 しかしこの薬剤の組合せ(endostatin)のちょうど2分の1が医学の確立によってほとんど希望を与えられた人間癌犠牲者の生命を救うことができること今でも信じるある理由が。

生命延長基礎はendostatin、有効なangiogenesis禁止の薬剤が人間で、はじめてテストされる最初の臨床試験を書き入れることを考慮するために癌の非治療可能な形態に苦しむそれらを励ましている。

第一次およびmetastatic腫瘍は進行中のangiogenesis (新しい血管の形成)が成長を支えるように要求する。 これはoncologicalプロセスの今日の理解に基づく明白な事実である。 鮫の軟骨のような弱いangiogenesis禁止の代理店は十分な効力を示さなかった。 Angiostatinおよびendostatinは腫瘍に新しい血管の形成を止める自然に作り出された蛋白質である。

Angiostatinやendostatinは動物実験の劇的な赦免を作り出した。 人間の癌患者はFDA認可された人間臨床試験のendostatinにやがて近づくことを許される。 endostatinについての中のレポートのために最初の人間の臨床調査の部分であるためにいかに適用できるか読めば。

科学者は人間の新しい制癌剤をテストする

Endostatinの自然な蛋白質は無慈悲なキラーを一掃することに、鍵を握るかもしれない。 年の端の前にマウスの約奇跡的な治療を持って来た新しく、自然な制癌剤の人間テストを始めるために、科学者は候補になる。

薬剤のendostatinは人体で見つけられる蛋白質から得られる。 動物の試験では、蛋白質の薬剤は血液の供給に腫瘍を離れて窒息によって癌の複数の形態を一掃した。

多くの癌患者が慣習的な薬剤への抵抗を開発するが、endostatinとそうするためにが本当らしくない。 多くはである何、新しく自然な処置は広がりから他の体の部位に癌を停止するようである。

「それは進歩である」、先生を言うロバートKerbelの医学の生物物理学の教授トロント大学。 「ここに、悪性腫瘍の無敵および避けられない特性だった」ようである薬剤耐性を回避する方法ははじめて、あるように。

これまでのところ、endostatinはマウスでだけはたらいた。 今度はFrederickの国立癌研究所、Mdは。、薬剤が人間の腫瘍を飢えさせることができるかどうか調べたいと思う。 出版物時に、臨床試験はヒューストンの、M.D.アンダーソンの蟹座の協会、マディソンの広範囲の蟹座の中心ウィスコンシン大学、およびボストンのDana Farberの蟹座の協会テキサス州立大学で始まるために準備をされていた。 endostatinが人間の癌患者を助けたら、Kerbelは、薬剤「癌治療の新しい時代を」予告してもよい言う。 従って、先生を、NCI言いリチャードKlausnerディレクター、「私達は入れ[endostatin]」得るより優先順位の高いで臨床試験に何も。

蟹座およびangiogenesis

蟹座は長く医学を迷わせてしまった。 衰弱は頻繁に警急率でボディ中、頻繁に致命的な病気広がる。 最近まで、科学者は十分になぜ理解しなかった。

ボストンの小児病院の外科の教授、論争の的になる理論に挑んでいるハーバード衛生学校の関係団体、Judah Folkman先生は最後の30年を過ごした。 ニクソン大統領が癌Folkmanの「宣言した時間1971のまわりにで病気がangiogenesisと呼ばれるプロセスによって成長することを戦争」は学説をたてた。

ボディのほとんどあらゆるティッシュは私達のティッシュをひもで締める毛薄い毛管から血を得る。 毛管を通して、栄養素、酸素およびさまざまなシグナリング分子は細胞に拡散する。

腫瘍は循環なしで始まる。 初期では、それらは最も近い毛管から拡散できる栄養素の細流に限られる。 それから、どうかして、腫瘍は癌性成長を供給するために新しい血管のたくさんを作るように健康なティッシュを刺激し始める。 それ自身を養い、育つこの機能なしで腫瘍は拡大できない。

同時に、第一次腫瘍はまた他の腫瘍は他の体の部位で育つことを防ぐ化学信号を送る。 腫瘍が取除かれるとき、他の所で成長から他の腫瘍を停止することを何もない。 そういうわけで何人かの人々は腫瘍の取り外しを経た後癌と乗られるようになる。

科学が後で彼を正しく証明したまで心臓病およびホモシステインをつなぐ理論を冷やかされた先生のようにKilmer McCully、Folkmanは彼が腫瘍は送り出したことを彼が信じたかすかな化学成長信号を隔離するように試みたと同時に彼の同等者の軽蔑に苦しんだ。

今度は進められた生物医学的な技術はそれらの信号を正確に示し、angiogenesisが癌性腫瘍の下にあることをほとんどの科学者は受け入れる。 近年複数の薬剤は、インターフェロンを含んで、ステロイドおよびある特定のホルモン性の代理店、停止するためにまたは遅いangiogenesis開発された。 実際、少なくとも11の反angiogenic薬剤は臨床試験に今あり、3つは最後の段階にそれを作るには十分に有効証明した。

薬剤のいくつかは、endostatinのようなより小さい分子に蛋白質、他から、基づいている得られる。 皮肉にも、試験の1つの有望な薬剤は今一度鎮静剤として販売され、それを取った女性の子供で悪名高い生まれつきの障害を引き起こしたサリドマイドである。

もう一つの薬剤、2-methoxyestradiol (2私)は、angiogenesisおよびまた反腫瘍の代理店の抑制剤であると信じられる自然なエストロゲンの代謝物質である。 2私が乳癌の細胞の成長を禁じ、新しい血管の発生から腫瘍を停止したpreclinical調査で発見される小児病院のロバートD'Amatoおよび同僚先生。

さらに、NCIはCol3と呼ばれる薬剤を調査して、何人かのバイオ企業と他の抗癌性の混合物を検査するために交渉している。 しかしすべての反angiogenic薬剤の、endostatinおよびangiostatinは救う生命のための最も大きい潜在性を保持するようである。

進歩の発見

Angiostatinおよびendostatinの薬剤は先生によってミハエルO'ReillyのFolkmanを密接に使用した小児病院の研究員発見された。 O'Reillyはangiostatinを最初に発見した。 癌防ぐ化学薬品は大きい腫瘍によって苦しんだマウスの尿で回った。 Angiostatin、後で定められる血凝固のメカニズムの一部として人体によってO'Reillyは使用される。 Endostatinはからボディ中の他の腫瘍を成長停止するために腫瘍によって作り出されるようである。

薬剤が栄養素が豊富な血の飢えた腫瘍によってマウスの癌の複数の形態を根絶できることがO'ReillyおよびFolkmanは分った。 実際、薬剤が強力ほど人間の複数のポンドの重量を量るマウスのしわが寄った腫瘍だった。 しかしある抗癌性の薬剤とは違って、endostatinおよびangiostatinは正常な細胞に害を与えない。 さらに、新しい薬剤は転移、腫瘍の細胞がボディの他の場所に広がるプロセスを抑制する。

Folkmanは彼が1998年の5月の発見を発表したときに蛋白質の組合せを「非常に」有望呼んだ。 しかし、彼は、「私達予想と注意深くなければならない付け加えた。 何かが失敗する危険が常にある。 しかしそれから1つが癌を」扱う私達の機能を改善することを望むかもしれなければそれらが働く実験室およびそれ大きいので[患者の薬剤の]仕事は同様に。

薬剤がいかに働くか

癌が既存の薬と扱うべき困難な病気であるのでFolkmanおよび他の科学者は新しい薬剤について刺激される。

「腫瘍細胞」、はKerbel説明するすばらしい遺伝子との事をすることができる。 「それらは遺伝情報を混ぜてもいい。 それらはある特定の遺伝子を増幅してもいい。 それらはある遺伝子を消してもいく他を」変異させる。 「移動目標を取扱っているので」、彼は、「癌殺害の薬剤と」当りにくくていい付け加える。

さらに、慣習的な癌療法により頻繁に厳しい副作用を引き起こす。 それは薬剤が細胞が急速に分かれる腸および骨髄の細胞分裂を、特に遅らせるのである。 しかしAngiostatinおよびendostatin血管および細胞がより少しを頻繁に大いに分ける中心のだけ遅い細胞の成長。 従って、新しい薬剤により頻繁に化学療法によって作り出される悪心のような副作用を、引き起こさないようではない。 しかしそれらにより出血を引き起こすことができ、直る傷との難しさは2人の潜在的問題の医者厳密に監視する。

ある制癌剤とのもう一つの問題は患者がそれらへの抵抗を開発した後それらが時々働くことを止めることである。 米国の癌からの500,000以上の年次死の、多数は化学療法への抵抗の開発に続く。

最初は働く薬剤は癌細胞が薄く水っぽくそして汚れて分かれるので有効性をそのうちに失い、たくさんの突然変異体の細胞を形作る。 これらの突然変異体の細胞のうちのどれかが抗癌性の薬剤に抵抗すれば、癌細胞の薬物対抗性ラインを分け、形作る。

それはFolkmanおよびO'Reillyが積極的な肺癌を持つマウスに慣習的な抗癌性の薬剤を与えた後何が起こったかである。 薬剤は13日間腫瘍を制御した。 しかしマウスはすぐに薬剤への抵抗を開発し、腫瘍は育つことを再開した。

腫瘍がangiostatinおよびendostatinへの抵抗を開発するかどうか調べるためには、研究者はオンオフ周期のマウスに新しい薬剤を与えた。 すなわち、それらはマウスが新しい薬のために開発するかもしれない薬剤耐性を刺激するように試みた。

科学者が何倍もマウスに薬剤を与えても、非常に、抵抗がなかった。 マウスが血容器の抑制剤を受け取った度に、腫瘍は薬剤に最初に露出されたあったと急速に縮まった。

Folkmanがそれを置いたように: 「これは1つが繰り返し動物の腫瘍を扱い、腫瘍を薬剤に対して抵抗を」開発してもらえた時最初にある。

新しい薬剤への抵抗の欠乏のためのどんな記述か。 Angiogenesisは新しい血管を造るために血管の遺伝的に安定したendothelial細胞が分かれると起こる。 抑制剤の薬剤が影響を与えるのはそれらの細胞である。

「腫瘍の細胞抵抗を変異させ、開発できるがendothelial細胞がそうすることは困難」は説明する、ジェームスMixsonをまたマウスのangiogenesisを調査する医科大学院メリーランド大学の研究助手教授である。

Endostatinおよびangiostatinは「それに与える血管の実際の腫瘍の細胞で指示されないが、むしろ」、先生を社長兼最高経営責任者、ロックビルのバイオテクノロジーの小さい会社、endostatinを作り出すMd。言うジョンW. Holaday、EntreMedの議長。 従って、Holadayは、薬剤保つ腫瘍憶病な能力を言う。

さらにもっと重要、Folkmanは言ったり、療法が中断される後でさえも新しい薬剤が働き続けるようである事実はである。 停止したマウスの後で薬剤を、例えば取って、腫瘍は165日まで間休止状態に残った。 それは16年の人間の等量である。

「すべてのendostatin扱われたマウス普通健康な、得られた重量に」、はFolkmanのリコール残った。

それはいかに薬療法が停止した後その腫瘍残る休止状態にであるか。 多分、研究者は腫瘍のまわりで、薬剤の許可angiogenesisの抑制剤の残りの「カプセル」推測する。 または、それらは腫瘍の一種のプログラムされた細胞死を始めるかもしれない。

マウスのテスト

マウスとの試験では、endostatinおよびangiostatinはコロン、前立腺、胸および頭脳の癌に対して非常によく働いた。

20匹のマウスは研究者が取除いた大きい癌性成長があった。 10匹のマウスは塩水を与えられ、10はangiostatinを与えられた。 angiostatinと扱われた10匹のマウスの何れかの癌の再発がなかった。 しかし水扱われたマウスすべては新しい癌を開発した。

Endostatinは周期のマウスに与えられた。 やっと目に見えたまで蛋白質の少量により腫瘍は縮まった。 処置はそして腫瘍がマウスのサイズの1%以上になったまで停止し、再度始まらなかった。 奇跡的に、endostatinは休止状態になるためにだけでなく、腫瘍を、それらをもたらされて縮めたが従って処置が終わった後でさえも不活性に残った。

写しとの問題

しかしNCIからの科学者はFolkmanの結果を再生してなかった。 Folkmanは壊れやすい蛋白質を運ぶか、または不適当にマウスの注入することの可能な悩みを含む技術的な問題に失敗を、帰因させた。

「頻繁に1つの実験室から別のものへ新しい技術を移すことで克服されなければならない多くの問題が」Folkman説明し、実験を繰り返し、結果を出版するために通常他の科学者のための少なくとも2年かかる付け加えるあり。

最終的にNCIからの1つを含む他の科学的なチームは、独自にテストのendostatinおよびangiostatinに、成功した。 そしてNCIのKlausnerは発見の予告の時間を失わなかった。 「腫瘍の血管を妨げるこれら二つの新しい薬剤マウス、大きい腫瘍とのそれらの癌の成長を防ぐことで非常に有効である」はと彼は発表した。

「私達はを楽しみにしてNCIを密接に使用する」、EntreMedのHoladayを言う。 「共同の努力これらの潜在的な制癌剤の候補者の開発を」は促進するために有効な平均を提供する。

人間の試験

しかし複数のステップは人間の試験が始まることができる前に踏まれなければならなかった。 最初に、科学者はpreclinicalおよび最初の人間臨床試験のためのendostatinの十分な供給を得る方法を把握しなければならなかった。 これまでのところずっと人間テストのために必要とされるたくさんを作り出すことは困難である。 問題を克服するためには、NCIはEntreMedを密接に使用している。 研究者は細菌成長「工場」哺乳類細胞またはイーストその農産物蛋白質である。

科学者はまた試験のために作り出された薬剤が人々で副作用を引き起こすかもしれないあらゆる不純物がなかったことを保障しなければならない。 ここ数カ月で、研究者は純度を保障する薬物生産プロセスを開発した。

そして、preclinical開発プロセスの一部として、研究者は新しい薬剤の必要な毒性学およびpharmacologic調査を行わなければならない。 科学者はボディ化学および器官ずっとシステムの薬剤の行為を点検するためにテストを開発している。 必須の安全テストは続く。

マウスを扱うのにendostatinがおよびangiostatinが組合せで使用されていたが人間の試験はendostatinだけ含む。 推定上、angiostatinは人間で後でテストされる。

endostatinの試験の序盤の間に、科学者は不利な副作用のためにテストし、また薬剤が腫瘍の成長を停止させているという印を、言うジェームスPluda、NCIの年長の薬剤の調査官先生を捜す。 薬剤が安全であるために確認されている有効性のためにテストされる。

序盤はボストンのDana Farberの蟹座の協会、Brighamおよび女性の病院およびマサチューセッツ総合病院で25人の患者から始まる。 候補者は腫瘍をコロン、胸および他の器官のリンパ腫か癌によって引き起こしてもらう。

それから同じような段階1テストはボストン試験の後で始まる。 これらはヒューストンの、M.D.アンダーソンの蟹座の協会およびマディソンの広範囲の蟹座の中心ウィスコンシン大学テキサス州立大学でされる。 場所は両方とも肺癌、リンパ腫、乳癌、結腸癌および前立腺癌によって引き起こされた固体腫瘍を持つ15人から25人の患者の試験を行なう。

いくつかの心配

NCIの調査官はマウスではたらいたように新しい薬剤が人間で同様にはたらくことを望む。 しかし考慮するべき複数の変数がある:

  • これまでのところ、ずっと科学者はマウスで移植された腫瘍を扱っている。 移植された腫瘍の生物学は自然発生する腫瘍のそれと異なっている。 多くの場合移植された腫瘍は起こることの自然な人間癌と正確ではない予言者ではない。

  • 実験動物は、マウスのような、薬剤を人間が同じ方法新陳代謝させない。 これは蛋白質との処置の成功に影響を与えることができる。
  • 人間がマウスより大いに大きいので、薬剤の大いにたくさんを要求する。 科学者はどんな効果を多量のendostatinが人間にもたらすかもしれないか知らない。
  • 他の反angiogenesisの薬剤は実験室で約束を示し、次に人間テストで不完全に行った。 Interleukin2は、例えば、マウスの腫瘍の処理で非常に巧妙だった。 しかし人々のそれに続く調査はそれにより重要な副作用を引き起こしたことを、示した血管からの液体の血圧そして漏出の厳しい低下のような。

未来が保持する何を

endostatinの人間の試験は研究者が今知っているいかに殺すより大いに多くが癌について学ぶことを可能にし。 実際、科学者は癌の開発のあらゆる段階についての詳細を学べるかもしれない。 そしてその知識はそれらがより革新的な処置を案出するのを助けることができる。

新しい薬剤が人間ではたらけば、結局患者によって消費のために利用できるようになる。 遅段階の臨床試験の薬物は2から5年以内の癌治療として一般使用のための米国の食品医薬品局によって承認されるかもしれない。 ある反angiogenesisの薬剤はその段階に既にある。 これらはmarimastat、マトリックスのmetalloproteinaseの抑制剤およびサリドマイド、神経膠腫(脳腫瘍)およびKaposiの肉腫で生物活動の証拠を示した多数のメカニズムが付いている薬剤を含んでいる。

すべてがうまくいけば、endostatinは次世紀に利用できるように早くなるかもしれない。 しかし何人かの患者はそれをすぐに得られるかもしれない。 FDAは時々十分に承認されなかった有望な薬剤のための「情け深い使用」を承認する。 情け深い使用メカニズムは他の満足な選択がなければ患者がそのような薬剤を受け取ることを可能にする。

しかし高価薬剤がいかにかもしれたあまたはかどうか不慮の長期副作用をもたらすかこの時点で、誰も知らない。

それは余りにすぐに効果のendostatinは癌治療であるにはかもしれたものが予測することである。 しかし最も最近の遺伝子の研究は私達が癌が混乱する行く単一セルによって引き起こされるオンオフの病気ではないことを理解するのを助けた。 それは通常多数の細胞が漸進的に不安定になる条件として明示する。

endostatinが病気プロセスの特定の段階である腫瘍に対して有効であることを科学者が発見することは本当らしい。 そのように、薬剤は慢性疾患として癌の処理で貴重ことができ、より長くである、より健康な住んでいることを患者が生命可能にする。

「私達はかどうかこれが私達によってがすべてである待またはかどうかその単一の治療はある治療であると」、Klausnerを言う知らない。

それにもかかわらず、Kerbelトロント大学は言う、「私達は今悪性腫瘍の避けられなく、無敵の特性だった」常にようであるもの敗北のチャンスがある作戦があるかもしれない。


参照

  • 東Z.、Kumar R.、ヤンX、Fidler I.J。 大食細胞得られたmetalloelastaseはルイスの肺癌腫のangiostatinの生成に責任がある。 細胞1997年; 88:801-10.
  • Gately S.、Twardowski P.の積み重ねM.S.は、等人間のaprostateの癌腫の細胞angiogenesisの抑制剤に人間のplasminogen変える酵素の活動、angiostatinを表現する。 癌研究1996年; 56:4887-90.
  • Gately S.、Twardowski P.K.の積み重ねM.S.、等。 angiogenesisの抑制剤のangiostatinへのplasminogenの癌仲介された転換のメカニズム。 Proc国民のAcad Sci米国1997年; 94: 10868-72.
  • Lannutti B.J.、Gately St. T.、Quevedo M.E.、Soff G.A.のPaller A.S. Humanのangiostatinはネズミ科のhemangioendotheliomaの腫瘍の成長を生体内で禁じる。 癌研究1997年; 57: 5277-80.
  • 性質390: 404-407. 1997年11月。