生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年12月

医学の更新
世界中でその缶の助けからの調査より長く住んでいる

完全な医学の更新のアーカイブにアクセスするために ここにかちりと鳴らしなさい

完全な科学的な概要にオンラインでアクセスするために ここに かちりと鳴らしなさい。



1999年12月
目録
 
  1. 大豆蛋白、脂質および骨密度
    postmenopausal女性
  2. 大豆蛋白の効果のコレステロール低下
  3. アテローム性動脈硬化に対する大豆のイソフラボンの効果
  4. 大豆は前癌性のcolonicの損害を防ぐ
  5. Genistein: 乳癌の防止のための潜在性
  6. 前立腺癌の進行の予言

  1. postmenopausal女性の大豆蛋白、脂質および骨密度

    完全な源: 臨床Nutrition 1998年、Vol. 68、ISS 6、Supplのアメリカ ジャーナル。 S、PP 1375S-1379S

    血の脂肪質のプロフィール 、単核の 細胞LDLの受容器の伝令RNAおよび骨のミネラル密度(BMD)および内容に対する大豆蛋白(40 g/day)の効果は66の6か月の 期間 の間のコレストロールが高いのpostmenopausal女性で調査された。 それらは低脂肪にの低コレステロールの食事療法続いた。 グループIの食事療法: 40のカゼイン(ミルク蛋白質)および脱脂乾燥したミルクから得られるg蛋白質/日; グループIIの食事療法: 1.39のmg isoflavones/g蛋白質を含んでいる隔離された大豆蛋白からの40のg蛋白質/日およびグループIIIの食事療法: 2.25 mg isoflavones/g蛋白質を含んでいる隔離された大豆蛋白からの40のg蛋白質/日。 結果は両方のグループのためのLDLのコレステロールが両方のグループで増加したグループI. HDLのコレステロールとIIおよびIII比較したIIおよびIII.減ったことを示した。 顕著な増加はグループのためのだけ腰神経脊柱の骨の両方ミネラル内容そして密度で制御グループ(I)グループと比較されたIII行われた。 従って、6か月間両方のイソフラボンの集中の大豆蛋白の取入口はpostmenopausal女性の心循環器疾患と関連付けられる危険率を減らすかもしれない。 背骨の骨の損失から保護されるより高いイソフラボン含んでいるプロダクトだけ。

    編集後記: この調査は活動的なイソフラボンの90 mgを得るために集中された大豆蛋白の粉の40グラムが摂取されるように要求した。 MegaSoyのエキスのちょうど2つの小さいカプセルは大豆のイソフラボンのgenistein、diadzeinおよびglyciteinの110 mgを提供する。 ほとんどの人々は粉の消費のテーブルスプーンの代りに大豆蛋白の小さいカプセルを取ることを好む。



  2. 大豆蛋白の効果のコレステロール低下

    完全な源: 臨床Nutrition 1998年、Vol. 68、ISS 6、Supplのアメリカ ジャーナル。 S、PP 1380S-1384S

    心血管の心臓病は 米国の主要な健康上の問題である。 高い血のコレステロールはかなり心血管の心臓病の危険性を高めるために示されていた。 大豆蛋白はコレストロールが高いとのそれらでより低いコレステロールに、特に 示されていた。 カゼイン(ミルクの主な蛋白質)と比較される食餌療法の大豆蛋白が血LDLのコレステロールを減らし、健康な女性および人のHDLのコレステロールの集中を高めることが示されていた。 大豆蛋白は コレストロールが高いとのそれらでより低いコレステロールに、特に示されていた。 13人は正常なコレステロールとの20-50を老化させ、コレストロールが高い人との13は5週間大豆蛋白の食事療法か動物蛋白質の食事療法に与えられた。 各食事療法の消費の1か月後で、HDLのコレステロールの集中は大豆蛋白の食事療法によって高められた。 5人の個人では、大豆蛋白は26% HDLのコレステロールが11%増加した一方、中間LDLのコレステロールの集中を減らした。 3人の他の個人では、大豆蛋白は17%中間HDLのコレステロールを増加したが、LDLを下げなかった。 大豆蛋白の効果を下げるコレステロールは食餌療法の処置の年齢、体重、前処理の血の脂肪質の集中および順序の独立者であると見つけられた。 研究者は血の余分な脂質からのすべてがatherogenic LDLの減少およびantiatherogenic HDLの増加を含んだ食餌療法の大豆蛋白のそれへの3つのタイプの応答を識別した。 結果は大豆蛋白が正常およびコレストロールが高いの人の効果を下げるコレステロールを高めることを示した。



  3. アテローム性動脈硬化に対する大豆のイソフラボンの効果

    完全な源: 臨床Nutrition 1998年、Vol. 68、ISS 6、Supplのアメリカ ジャーナル。 S、PP 1390S-1393S

    冠状心臓病率が大豆の消費が共通である西欧諸国のより日本でより低いことが長く確認されてしまった。 調査は動物蛋白質と比較される 大豆蛋白を含んでいる食事療法を与えられる動物のアテローム性動脈硬化の減少を示した。 この調査は心循環器疾患および危険率に対する大豆蛋白の効果を対得られたイソフラボンが付いている大豆蛋白評価した。 猿はタンパク源としてどちらかの1)カゼイン(ミルク蛋白質)を、2)イソフラボンが得られた、または3)イソフラボンそのままな大豆蛋白に与えられた大豆蛋白の隔離集団含んでいた食事療法。 グループ3はLDLのコレステロールおよびHDLのコレステロールで重要な改善があった。 HDLのコレステロールはカゼインのグループと比較されたグループ2でかなり改良された。 カゼインのグループにほとんどのアテローム性動脈硬化があった、グループ3は最少があり、グループ2は中間でしたが、カゼインのグループとかなり異ならなかった。 大豆のイソフラボンがアテローム性動脈硬化を防ぐかもしれない潜在的なメカニズムは平滑筋細胞に対する血の脂質の集中、酸化防止効果、antiproliferativeおよびantimigratory効果、血栓の形成(血管で形作られる固体固まり)に対する効果、および正常な管の反応の維持に対する有利な効果を含んでいる。



  4. 大豆は前癌性のcolonicの損害を防ぐ

    完全な源: 臨床Nutrition 1998年、Vol. 68、ISS 6、Supplのアメリカ ジャーナル。 S、PP 1394S-1399S

    大豆プロダクトを含んでいる食事療法が結腸癌の初期を禁じるかどうか定めるために試みられるこの調査。 付加的な目的はサッカロースの代りの供給の澱粉が、付加的なカルシウム(0.1%と 比較される 0.5%)に与えて、または低繊維によって粉にされた方式に与えて早い結腸癌に影響を及ぼすかどうか定めることだった。 結腸癌は人工的に始められ、12週の食餌療法の処置の期間は始まった。 結果は前癌性のコロンの損害が大豆濃縮物(phytochemicalsの低い集中)を使用して133、111 (サッカロースの代わりになる澱粉)、98だったことを示した[全脂肪質の大豆の薄片(全大豆)]、87 (脱脂された大豆小麦粉)、77 (0.015%のgenistein)、および70 (0.5%カリフォルニア)。 大豆小麦粉および全脂肪質の大豆の薄片の食事療法は0.049%のgenisteinの派生物(主にグリコシド)を含んでいたが、0.015%のgenisteinを含んでいる食事療法より前癌性のコロンの損害の形成の禁止でより少なく有効だった。 従って、大豆からの補足のgenisteinの使用は結腸癌の初期を他の大豆の準備よりもっと効果的に減らすかもしれない。



  5. Genistein: 乳癌の防止のための潜在性

    完全な源: 臨床Nutrition 1998年、Vol. 68、ISS 6、Supplのアメリカ ジャーナル。 S、PP 1400S-1405S

    大豆プロダクトの従来の食事療法の最高を消費する人およびアジア女性は胸および前立腺癌 低い 発生が、それぞれある。 しかし、米国に移住し、西部の食事療法を採用するアジア人はこの保護を失う。 研究者は乳癌から保護し、生殖および進化の毒性を引き起こすgenisteinの潜在性、大豆の部品を、調査した。 調査はprepubertal期間の間のラットのgenisteinの注入が化学的に引き起こされた乳房の腫瘍の成長の50%の減少で起因したことを示した。 Genisteinの露出は少数の末端の端の芽で起因し、より多くのlobulesは乳腺の李をタイプする。 genisteinとの細胞増殖は対照動物のそれよりより少しだった。 生殖および進化の毒性調査は次のいずれかに重要な変化を見つけなかった: 男性および女性の子孫の豊饒、数、体重、anogenital間隔、腟の開始、睾丸の降下、発情周期、または小嚢の開発。 結論は、未熟なラットに与えられるgenisteinのpharmacologic線量が乳腺の微分(胚細胞の進歩的な多様化)を高めることだった乳房癌に敏感ようにないかなりより少なくproliferative腺に終って。 推測は従来の大豆含んでいる食事療法を、一部には消費している早い露出からgenistein含んでいる大豆へのアジア女性の乳癌の保護が得られることだった。 従って、早いプログラミングのでき事は癌の保護利点のために必要である。



  6. 前立腺癌の進行の予言

    完全な源: 外科Pathology 1998年、Vol. 22、ISS 12、PP 1491-1500のアメリカ ジャーナル

    臨床結果は地方リンパ節転移を持つ前立腺癌の患者で可変的である。 この調査は根本的なprostatectomy (前立腺の取り外し)および骨盤のlymphadenectomyの時に1987年1月と1992年12月間のメイヨー・クリニックで地方リンパ節転移を(リンパ節の取り外し)経験した269人の患者を見た。 200人の五十三人の(94%の)患者は90日の根本的なprostatectomy以内の男性ホルモン(男性のホルモン)の剥奪療法を受け取った。 患者は47から79年まで年齢で及んだ。 中央のフォローアップは6.1年だった。 病気の全身の「進行」は「バイオプシーかレントゲン写真の検査によって文書化された遠い転移の存在」と定義された。 5年の進行なしの存続は90%だった。 生じる分析は癌ノード容積、肯定的なノードの数、転移の集合的な長さ、および最も大きい癌ノードの直径間の相関関係を示した。 (相関関係図は0.37、0.63、0.96、および0.95、それぞれだった)。 データは癌ノードの容積がリンパ ノード肯定的な前立腺癌の患者の遠い転移へ節の進行の最も重要な決定要因だったことを示す。 著者はこれが肯定的なノードの数のただのカウントを推薦する現在の方法より忍耐強い結果の強力な予言者であるので最も大きい転移の直径が転移を持つ患者で評価されることを推薦する。