生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年12月


イメージ
 


イラクサの葉のエキス

意外にも、共通のイラクサ(Urticaのdioica)の葉は物質を含むためにそれあった イラクサ(Urticaのdioica) 影響のcytokineは人体、特にTNF-aで水平になる。 イラクサの葉のエキスにドイツで慢性関節リウマチおよびアレルギー鼻炎のような炎症性条件のための医学の治療として長い伝統がある。

Obertreis、Gillerによる調査は等(1996年)イラクサの葉が複数のcytokinesの表現、また親炎症性leukotrienesおよびプロスタグランジンの形成を禁じることを、行為のモード残った明白でなく示したが。 (NF kb)ことをこの表面上は些細なハーブがベータTNF-a (等Riehemann K、1999年)を含む多数の酵素そしてproinflammatoryプロダクトの表現を制御する核要因Κとして知られている遺伝のトランスクリプション要因の禁止によってTNF-aのレベルを減らすことが今発見されてしまった。

健康なボランティア(親炎症性cytokinesの分泌を刺激するのにObertreis B、等Ruttkowski T、1996年)の調査でlipopolysaccarideが使用された。 イラクサの葉のエキスが同時に与えられたときに、TNF-aの集中は線量依存した方法でかなり減った。 ドイツの治療の治療として既に知られていて、この植物のエキスは青年促進し、活性化する栄養素としてこの国でまた知られていることを値する。


微量栄養

微量栄養の不足は(ビタミン、鉱物および他は正常な新陳代謝のための少量の必要混合する)米国の人口(等ウイルソン、1997年)で非常に共通である。 この不足は放射および化学薬品と同じような深刻でDNA有害な効果をもたらすために示されていた。 微量栄養の欠乏は私達に癌およびの低い消費果物と野菜(エームズBN 1998年)間の連合のために今ある強力な証拠のための考えられる解釈として考慮される。


亜鉛セレニウム 亜鉛 および セレニウムは 不足が免除および遊離基の防衛を妥協する微量栄養の2つの例である。 跡ミネラル亜鉛は免除およびthymic機能の中心的役割を担う。 亜鉛は免疫細胞の正常な開発そして機能に必要である。 さらに、免除に重大なthymicホルモンのthymulin、また多くの酵素は亜鉛に依存している。 幸いにも、胸腺の構造の年齢関連の変更および機能は穏やかな口頭亜鉛補足によって部分的に訂正することができる。 亜鉛不足は、一方では、humoral免除(Prasadように、1998年)のより少なく好ましいTh2モードにTh1として知られている細胞免除の有効な抗ウィルス性/抗癌性モードからの約早期の転移を(サイド・バー、「免疫組織」を見なさい)持って来ることができる。

別のものはまた免疫の健康、セレニウムとのミネラル準をである強力な酸化防止剤たどる。 癌を開発する危険を減らすことができる国立癌研究所の食糧のリストはセレニウムで豊富なかなりの数の食糧を含んでいる。 多くの調査は癌、また心筋梗塞(心臓発作) (クラークLC、のより高い発生に低いセレニウムのレベルを等1996年つないだ; 等Kaardinal AFFJ、 1997年)。 混合物をセレニウム含んでいて強力なオキシダントのperoxinitrite (Roussyn I等、1996年)によって与えられる損害からDNAを保護するために示されていた。

いくつかの調査は亜鉛およびセレニウムの組合せが年配者の免除を高めることを示した。 尖頭アーチ(Chandra RK 1992年)で出版された開拓調査は亜鉛およびセレニウムを含んでいるmultivitamin/multimineral補足の適度な線量を取っている先輩が伝染の一般的な減少を示した分り、数日の間抗生物質をことが毎年かなり要求した。 最近の調査はより鋭い救助にこれら二つの鉱物の効果を持って来る。 このうまく設計された調査は(ランダム化される、偽薬制御、二重盲目)亜鉛およびセレニウムを取っている先輩は2年の期間にわたる少数の伝染がかなりあったことが、単独でビタミンの補足が大きな影響(等Girodon F、1997年)をもたらさなかったことを分った。 亜鉛およびセレニウムの補足は偽薬と比較されたほぼ3分の2伝染の数を切った。 フォローアップは亜鉛およびセレニウム ショーと補われた先輩がインフルエンザ ワクチン(等Girodon F、1999年)への抗体の応答を改善したことを示す。

これらの興味深い研究結果は私達はより古くなっているがlipoic酸、アセチルのlカルニチン、carnosine、イラクサの葉のエキス、亜鉛およびセレニウムのような栄養素との補足が、より有名な酸化防止剤のビタミンCおよびEに加えて老化プロセスを減速し、湾ことをに病気を保つことの大きな価値、であるかもしれないことを示す。



 


参照

  • Aggarwal S、Gollapudi S、Gupta、S: 老化させた人間からのリンパ球の高められたTNF誘発のapoptosis: caspasesのTNF-aの受容器の表現そして活発化の変更。 J Immunol 162: 2154-2161, 1999
  • Aggarwal S、Gupta S: 老化の人間のT細胞のサブセットの高められたapoptosis: FASの変えられた表現(CD95)、FAS配位子、Bcl-2およびBax。 J Immunol 160: 1627-37, 1998
  • アーメドSA、Talal N: 性ホルモンおよび免疫組織--部2.の動物データ。 Baillieres Clin Rheumatol 4: 13-31, 1990
  • エームズのBN.: 微量栄養は癌を防ぎ、老化することを遅れる。 Toxicol Lett 102-103: 5-18, 1998
  • Beckman KBのエームズのBN.: 老化の遊離基理論は成熟する。 PhysiolのRev. 78: 547-581, 1998
  • Biewenga GP、Haenen GRの靭皮繊維A: 酸化防止lipoic酸の薬理学。 GEN Pharmac 29: 315-331, 1997
  • Boldyrev A、Ave H: neuropeptideのcarnosineの新陳代謝の変形は生物活動を変更する。 細胞Molec Neurobiol 19: 163-175, 1999
  • Bowles JT: 老化の進化: 生物学の古い問題への新しいアプローチ。 Medの仮説51: 179-221, 1998
  • Brunner T、Mogil RJ、LaFace D、等: 細胞自治FAS (CD95) /Fas配位子の相互作用はT細胞のハイブリドーマの活発化誘発のapoptosisを仲介する。 性質373: 441-4, 1995
  • Busse E、Zimmer G等: 細胞内のグルタチオンのlipoic酸の影響生体外でそして生体内で。 Arzneim-Forsch/薬剤Res 42: (i) nr 6、829-831 1992年
  • Calvani M、Carta A、等: neurodegenerationおよびアルツハイマー病のアセチルlカルニチンの行為。 アンNY Acad Sci 663: 483-486, 1992
  • Carta A、Calvani M、Bravi D等: アセチルlカルニチンおよびアルツハイマー病: コリン作動性球を越える病理学の考察。 アンNY Acad Sci 695: 324-326, 1993
  • Chandra RK: 免疫反応に対するビタミンおよび微量の元素の補足および年配の主題の伝染の効果。 尖頭アーチ340: 1124-1127, 1992
  • Clementi EのブラウンのGC等: 一酸化窒素による細胞の呼吸の耐久性がある阻止: ミトコンドリアの複合体IのS-nitrosylationの重大な役割およびグルタチオンの保護作用。 Proc国民のAcad Sci米国95: 7631-7636, 1998
  • Fidelus RK、Tsan MF: グルタチオンおよびリンパ球のactiviation: 老化および自己免疫疾患の機能。 免疫学61: 503-508, 1987
  • 揚げられていたW、Tichler T、Dennenberg I、等: hematopoietic幹細胞とマウスのhematopoiesisに対するエストロゲンの効果。 Jの実験室のClin Med 83(5): 807-15、1974年
  • Gadaleta MN等: 老化させたラットのミトコンドリアDNAトランスクリプションそして翻訳: アセチルLカルニチンの効果。 アンNY Acad Sci 717: 150-160, 1994
  • Gelin J、Moldawer LL、Lonnroth C、等: 内生腫瘍壊死要因aおよび癌の悪液質の実験腫瘍の成長そして開発のためのinterleukin 1の役割。 蟹座Res 51: 415-421, 1991
  • Girodon Fの金持ちだが頭の悪い人M、Galan P、等: 制度化された年配の主題の伝染に対する微量栄養の補足の効果: 管理された試験。 アンNutr Metab 41: 98-107, 1997
  • Girodon F、Galan P、Monget A、等: 免除の微量の元素の影響およびビタミンの補足および制度化された年配の患者の伝染: ランダム化された管理された試験。 アーチのインターンMed 159: 748-754, 1999
  • Goya RG、Bolognani F.: ホメオスタティス、thymicホルモンおよび老化。 老人病学45: 174-178, 1999
  • Hadden JW、Malec PH、Coto J、等: 老化のThymic複雑複雑: 訂正のための見通し。 アンNY Acad Sci 673: 231-239, 1992
  • ハーゲンTM、等: 古いラットからのhepatocytesのミトコンドリアの腐食: embraneの潜在性は、heterogenicity低下し、オキシダントは増加する。 Proc国民のAcad Sci米国94: 3064-3069, 1997
  • ハーゲンTM、Ingersoll RT、Wehr CM、等: 古いラットに与えられるアセチルLカルニチンは部分的にミトコンドリア機能および歩行の活動を元通りにする。 Proc国民のAcad Sci米国95: 9562-9566, 1998
  • ハーゲンTM、Wehr CMのエームズのBN.: 老化のミトコンドリアの腐食: アセチルlカルニチンおよびN tertブチル フェニル基nitroneの補足による逆転。 アンNY Acad Sci 854: 214-223, 1998
  • Hahne M、Rimoldi D、Schroter M、等: FAS (Apo1/CD95)配位子のメラノーマの細胞の表現: 腫瘍の免疫の脱出のための含意。 科学274: 1363-6, 1996
  • ハンD、Hosokawa T、Aoike A等: マウスの腫瘍壊死要因(TNF)生産の年齢関連の強化。 機械式の老化するDev 84: 39-54, 1995
  • Herbein G: Cytokines、ウイルスおよび大食細胞: 相互ネットワーク; 腫瘍壊死要因(TNF)受容器のsuperfamilyのメンバーを含む免疫のdysregulationはエイズの病因で重大であることができる。 Pathol Biol 45: 115, 1997
  • HerzenbergのLA等: グルタチオンの不足はHIV病気の損なわれた存続と関連付けられる。 Proc国民のAcad Sci米国96: 1967-72, 1997
  • Hilkens CMU、Snijders A、Vermeulen H、等: 付属品はIL-12を細胞得、プロスタグランジンE2は活動化させた人間CD4+のT細胞のIFN-yのレベルを定める。 J Immunol 156: 1722-1727, 1996
  • Hipkiss AR、Michaelis J、Syrris P: ジペプチドL-carnosineの潜在的な反蛋白質十字連結代理店の非酵素のglycosylation。 FEBS Lett 371: 81-85, 1995
  • Hipkiss AR、Michaelis J、Syrris P、等: 人命のスパンの延長のための作戦。 Perspectのハム雑音Biol 1: 59-70, 1995
  • Hipkiss AR、プレストンJE等: carnosine、自然発生するジペプチドのPluripotentの保護効果。 アンN Y Acad Sci 854: 37-53, 1998
  • 広川町K: 免除および老化。 老人の薬、第3版1998年の原則そして練習
  • 広川町K、Utsuyama M、Kasai M、等: thymic機能の年齢変更のメカニズムのT細胞の微分を促進するために理解。 Immunol Lett 40: 269-277, 1994
  • 広川町K、Utsuyama M、Zeng YX、等: 日本の最近の進歩に圧力を置く老化の免疫学の変化。 アーチGerontol Geriatr 19: 171-183, 1994
  • Holliday R、McFarland GA: ジペプチドのcarnosineによる変形させ、neoplastic細胞の成長の阻止。 英国人Jの蟹座73: 966-971, 1996
  • Hoshimoto S等: FAS人間の膵臓の癌腫の配位子の表現。 Proc。 AMのろばの癌研究、Vol. 40: 171, 1999
  • ヤコブS、Russ P、Hermann R、等: rac lipoic酸の経口投与はタイプ2の糖尿病の患者のインシュリンの感受性を偽薬制御の試験試験調整する。 自由なRadic Biol Med 27: 309-314, 1999
  • ジュリアスM、Langカリフォルニア、Gleiberman L、等: 年配者のコミュニティ ベースのサンプルのグルタチオンそして疾病率。 J Clin Epidemiol 47: 1021-1026, 1994
  • Khanna S、Atalay M等: lipoic酸の補足: 残りのそして練習の後のティッシュのグルタチオン ホメオスタティス。 J Appl Physiol 86: 1191-1196, 1999
  • Lowin B、Hahne M、Mattmann C: Cytolytic T細胞の細胞毒性はperforinおよびFAS溶解細道によって仲介される。 性質370: 650-2, 1994
  • 光沢MI、ヘイェズHT、Korach K、等: エストロゲンのimmunosuppressionは胸腺のestrogenic応答によって調整される。 J Immunol 133: 110-6, 1984
  • Lykkesfeldt J、ハーゲンTM、等: ラットのhepatocytesの逆転のアスコルビン酸の集中、との(R)リサイクルおよび生合成の年齢準の低下- lipoic酸の補足。 FASEB 12: 1183-1189, 1998
  • McCord JM: 細胞レベルの肯定的な鉄の状態の効果。 NutritのRev. 54: nr3、85-88 1996年
  • MacGee W: 入院させた老人の人口の死因; 3000人の死体解剖の患者の死体解剖の調査。 VirchowのアーチA 423: 343-9, 1993
  • MackallのCL、Fleisher TA、等: 年齢、thymopoiesisおよび集中的な化学療法の後のCD4+ Tのリンパ球の再生。 NイギリスJ Med 332: 143-149, 1995
  • MackallのCL、Gressに関して: Thymic老化およびT細胞の再生。 ImmunolのRev. 160: 91-102, 1997
  • Maitra I、Serbinova E、等: Lipoic酸はbuthionineの新生のラットのsulfoximine誘発の激流の形成を防ぐ。 自由なRadic Biol Med 1994年
  • ミラーRA: 老化することおよび免疫機能。 Cytol 124 IntのRev.: 187-215, 1991
  • ミラーRA: 老化の免疫組織: プライマーおよび説明書。 科学の273:70 1996年
  • ムーアR、Owens D等: 腫瘍の壊死の要因不十分なマウスは皮の発癌に対して抵抗力がある。 アメリカのろばの進行。 癌研究のため、Vol. 40: 98, 1999
  • Moretti S、Alesse E、DiMarzio L、等: 人間免疫不全のウイルス1の伝染準のapoptosisに対するlカルニチンの効果: パイロット・スタディ。 血91: 3817-3824, 1998
  • G、Gerlach M、シャンJを、等食べなさい: neurodegenerationの高度のglycationの最終製品: 多くにより早く酸化圧力のマーカーか。 アンNeurol Assoc 44 (Suppl): S85-S88 1998年
  • Obertreis B、Ruttkowski T、等: lipopolysaccarideの元ヴィヴォの生体外の阻止はextractumのurticaeのdioicaeのfoliorumによって人間の全血の腫瘍の壊死の要因そしてinterleuke 1b分泌を刺激した。 Arzneim-Forsch/DrugRes 46: Nr4、389-393 1996年
  • Obertreis B、Giller K、等: Antiphlogistische effekteフォンextractumのurticaeのdioicaeのfoliorum imのvergleichのzuのkaffeoylapfelsaure。 Arzneim-Forsch/薬剤Res 46: 、52-56 1996年
  • Ohtsu S: 年配者の形態そして死因: 老人病学の東京大都会の協会の第3シンポジウム: 年配者の病理学。 東京Metrop Inst Gerontol 1979年
  • 包装業者L: 糖尿病の反酸化処置の役割。 Diabetologia 36: 1212-1213, 1993
  • 包装業者L、Witt EH、Tritschler HJ: biololgical酸化防止剤としてアルファlipoic酸。 自由なRadic Biol Med 19: 227-250, 1995
  • ピーターソンJDのHerzenbergのLA、等: 抗原示す細胞のグルタチオンのレベルはTh1を対Th2応答パターン調整する。 Proc国民のAcad Sci米国95: 3071-3076, 1998
  • Pettegrew JW、Klunk私達、Panchalingam K、等: アルツハイマー病のアセチルlカルニチンの臨床および神経化学効果。 16を老化させるNeurobiol: 1-4, 1995
  • Phelps DT、Ferro T、等: TNF-aはプロテイン キナーゼC. Am J Physiol 269によって肺endothelialグルタチオンのperoxynitrite仲介された枯渇を引き起こす: L551-559 1995年
  • Prasad次のように: 亜鉛および免除。 Biochem Molの細胞188: 63-69
  • クウィンP、Boldyrev AA、等: Carnosine: その特性、機能および潜在的な治療上の適用。 Molecの面Med 13: 379-444, 1992
  • Richie Jr. JP: 老化および癌に於いてのグルタチオンの役割。 Exp. Gerontol 27: 615-626、1992年のRichter C: ミトコンドリアDNAへの酸化損傷および老化することへの関係。 Int J Biochemの細胞Biol 27: 647-653, 1995
  • Riehemann K、Behnke B、等: イラクサ(urticaのdioica)からの植物のエキスは、antirheumatic治療、proinflammatoryトランスクリプション要因NF kbを禁じる。 FEBSの手紙442: 89-94, 1999
  • Roussyn I、Briviba K、等: 混合物をセレニウム含んでいてperoxynitriteによって引き起こされる一本鎖の壊れ目からDNAを保護しなさい。 アーチBiochem Biophys 330: 216-218, 1996
  • Sansoni P、Cossarizza A、等: 健康な高齢者達および百歳のリンパ球のサブセットそしてNK細胞の活動。 血82: 2767-73, 1993
  • Screpanti I、Morrone S、Meco D、等: intrathymic微分の間のthymocyteのsubpopulationsのステロイドの感受性: T細胞の抗原の受容器かIL-2受容器を表現するサブセットに対するベータestradiol 17およびdexamethasoneの効果。 J Immunol 142: 3378-83, 1989
  • Seiki K、Sakabe K: thymocyteの拡散および成熟に関連する性ホルモンそして胸腺。 アーチHistol Cytol 60: 29-38, 1997
  • 繊維S、Hofmann WJの抱擁H、等: 腫瘍の細胞-免疫の回避のメカニズム--を配位子表現するCD95 (APO1/Fas)によって引き起こされるリンパ球のapoptosisか。 性質Med 2: 1361-1366, 1995
  • Strodter D、Lehmann E、と電気: 新陳代謝のthioctic酸の影響および糖尿病性の中心の機能。 糖尿病Res。 Clin。 Pract。 29: 19-26, 1995
  • Stvolinsky SL、Kukley ML、等: Carnosine: ischemic頭脳の内生neuroprotector。 細胞Molec Neurobiol 19: 45-56, 1999
  • Suganuma M、Okabe S、Sueoka E、等: 癌防止の新しいプロセスは腫瘍壊死要因アルファの表現の阻止によって仲介した。 蟹座Res 56: 3711-3715, 1996
  • Thoman ML、Weigle WO: immunosenescenceの細胞および細胞レベル下の基盤。 ADV Immunol 46: 221-261, 1989
  • Tirosh Oの上院議員CK、ローイS、等: lipoic酸および正荷電のアミド アナログのNeuroprotectiveの効果。 自由なRadic Biol Med 26: 1418-1426, 1999
  • Utsuyama M、広川町K: gonadectomyによるマウスそしてラットの免疫機能の胸腺そして復帰の肥大。 機械式の老化するDev 47: 175-185, 1989
  • Venters HDの独特の味Q、劉Q、等: neurodegenerationの新しいメカニズム: proinflammatory cytokineは存続のペプチッドによって受容器シグナリングを禁じる。 Proc国民のAcad Sci米国96: 9879-9884, 1999
  • Westendorp MO、フランクR、Ochsenbauer C、等: HIV-1 Tatおよびgp120によるCD95仲介されたapoptosisへのT細胞の増感。 性質375: 497-500, 1995
  • ウイルソンJW、Enns CW、Goldman JD等: データは台に置く: 米国農務省の個人による滋養分の1994年そして1995年継続調査からの結合された結果はそして1994年そして1995そして健康の知識の調査食事療法する。 USDA/ARSの食糧は研究グループ、Beltsvilleの人間栄養物の研究所、Riverdale、MD 1997年を調査する
  • Wolff SP、江ZY、追跡JV: 糖尿病および老化の蛋白質のglycationそして酸化圧力。 自由なRadic Biol Med 10: 339-352, 1991
  • Yeh SS、Schuster MW: 老人の悪液質: cytokinesの役割。 AM J Clin Nutr 70: 183-197, 1999



     






  • ページ
  • 1
  • 2