生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年8月

短いニュース項目、また生存により長くより健康な生命興味を起こさせられるだれでも生命extensionistsに遅壊す。

ニュース

ニュース アメリカ人は野菜テストを失敗する

酸化防止特性が、カロチノイド ルテインおよびゼアキサンチン のような ある栄養素は、最終的に健康な細胞を損なう遊離基の悪影響からボディを保護するために示されていた。 残念ながら、最近の調査はほとんどのアメリカ人がこれらの必要な栄養素の十分を得ないことを明らかにした。

1999実験生物学の会合で解放される調査に従って米国のほとんどの人々はルテインおよびゼアキサンチン-ある特定の癌の危険を下げるかもしれない酸化防止剤で豊富な食糧を食べていない。 深緑色で、葉菜および赤見つけられる、これらおよび他のカロチノイドはまたオレンジおよび黄色色の果物と野菜、保護の視力および心臓病の危険を減らすことの役割を 担うかもしれない。 ルテインは年齢関連の黄斑の退化-年齢65にわたる大人の盲目の一流の原因--を防ぐことをなぜ考えるかである目に特に重く集中される。

調査は米国の20の年齢にわたる9323人の人そして女性- 4751人および4572人の女性の食餌療法の習慣をたどった。 結果は、平均すると、ルテインの取入口およびゼアキサンチンが923から1236マイクログラムまで及んだことを示した。 これら二つのカロチノイドのための公式の適量の推薦の間、前の調査はアメリカ人が栄養素の十分な量を得るために必要な果物と野菜の必要なサービングを消費しないことを示した。 ゼアキサンチンと補う果物と野菜の5つのサービングの日刊新聞を食べることに加えてルテインおよび他のカロチノイドは病気の防止に必要とされるこれらの必要な酸化防止剤の適切な量を提供するかもしれない。


ミネラルできた少し

カルシウムは 維持の骨の健康および多分骨粗しょう症の危険を減らすために必要ように長く 確認されてしまった。 (1999年1月14日)ニューイングランドの医療ジャーナルで、カルシウム補足出版される調査に従ってまた大腸のアデノーマの再発の危険を減らすかもしれない。

調査は2グループに任意に分かれていた832人の患者、72%の男性で行なわれた、: 補われるカルシウム(元素カルシウムの1200のmg)および偽薬のグループ。 4年の調査の期間にわたって、カルシウム補足を受け取るそれらにあらゆるアデノーマの再発の危険の19%の減少、および大腸癌の前駆物質として知られていたアデノーマの数の24%の減少があった。

結腸癌の 防止 の葉酸の演劇がまた研究されたこと役割。 実際、結腸癌を防ぐことに関しては、何もよくより葉酸を働かせないかもしれない。 内科(1998年の史料で出版される調査; 129:517-524)葉酸との補足が75%大いに結腸癌の危険を減らすことを示されている。 90,000人の女性を含むこの調査は補足から得られた葉酸が食事療法で消費された葉酸より結腸癌に対して強い保護効果をもたらしたことを示した。 葉酸がどの位に消費されたか癌に対する保護のある程度が関連することがまた分られた。 葉酸との短期補足が最底限の保護だけ提供した一方、結腸癌の75%の減少を経験した15年間日葉酸の400以上mcgに取ったのは女性だった。

大腸癌は人および女性の共通癌である。 アメリカの癌協会に従って、大腸癌は米国の28,600人の女性そして27,900人の生命を昨年要求した。


雑誌のフォーラムに戻る