生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年8月

イメージ 私達がそれを見るように

科学的なルネサンス

健康な人命のスパンの延長の概念はずっと多くの媒体の関心を引いている。 早い1999年6月では、PBSは「確実な科学として生命延長を描写した時間」を盗むことと呼ばれたドキュメンタリーを乾燥した。 この3時間PBSの放送は顕著な科学者と老化のメカニズムを論議し、進歩の反老化療法の重要な 証拠を含まれていた。 それはPBSの視聴者に「資格を与えられたビデオ テープを受け取るために視聴者がギャリーの0と」永久に住む方法を貢献の記録破りの3.5百万ドルを誓約したこの前の12月の会員増加運動の間に立証されるように生命延長についての情報のための実質の渇きがあることにようである。

エスクワイアの雑誌1999年5月 エスクワイアの 雑誌の5月 1999日 問題は 反老化の薬を論議し、長寿の研究にかかわった生命延長基礎科学者そして他にインタビューし。 エスクワイアはニューヨーク・タイムズを言った基礎科学的なコンサルタントを 「私達生命永久に…か私達が」死ぬ最後の生成である第一世代であることができる引用した。

永久に生存についてのそのような楽天主義は早期だったようであるかもしれないけれども1999年6月7日それらがマウスことをに神経の幹細胞を注入することによるAlzheimerのような病気によって殺された脳細胞を元通りにできた ことをのハーバード衛生学校に発表した。 科学者は悩んでいる頭脳が必要とする病気か傷害に失われた機能を元通りにするどんなタイプの細胞神経の幹細胞が彼ら自身をに変えることを示した。

先生に従ってエバンSnyder、調査の主執筆者、「神経の幹細胞頭脳のすべての異なった地域を収容し、頭脳の生地にそれ自身を」は適切に挿入できる。 健康の国民の協会のジェラルドFischbach先生は示すことによってハーバード研究の妥当性を確認した: 「いろいろ異なったタイプの神経細胞およびグリア細胞に成長できる幹細胞激しく、慢性の神経疾患の療法で大変価値がある」は。 科学者が言う間、この療法は人間の適用から5年離れている、含意は、熱く生命延長科学者が追求する療法頭脳および他の器官が幹細胞の注入によって再生することができることである。

新しいものと古い細胞を取り替えることは十分によくない生物的不滅に、何人かの科学者のために導くことができたが。 2040年までに、できない「したり大いに多くを、理解したり大いに多くを、より多くの場所およびダイスすべてのそれらの事行く」お洒落なコンピューター主導のロボットにそのすべて問題ダウンロードできることをカーネギー・メロン大学のハンズMoravecは予測する。

科学は根本的に人命のスパンを伸ばそうとしているが、このコラムを読むそれらのための避けられない問題はある、「これらの療法なる私の生命を救う時間に利用できるようにか」。

生命延長基礎はPBSで論議される進歩療法のいくつかが会員に今年中に利用できるかもしれないことを報告するために喜ぶ。 私達はまた幹細胞および遺伝学研究に取り組んでいるように科学者の多数が実験室の成功を感じる生命extensionistsであるように言ってもいい自身延長寿命と報酬を与えられるかもしれないことを意味する。

これらの反老化の進歩から近い将来に寄与したいと思えば老化の不治の病を防ぐために積極的なステップを踏むことによって健康な今日をとどまるように努力するべきである。 この問題では、私達はリコピンと呼ばれるカロチノイドの毎日の取入口を高めるための強制的な言い分を 提供する。 会員は1985年にこのトマトのエキスの方法背部から寄与するべき第1だったが新しい抽出方法は今ずっと低価格でこの病気防ぐエキスの大いに大量服用を取ることを可能にする。

生命延長基礎は老化の病気を防ぎ、扱う調査療法の各国指導者である。 新しい研究の調査結果は細胞がいかにの老化するか私達が根本的な原因の一部を取扱う療法を探検することを可能にしている。 生命 延長会員として、明日の進歩から寄与するべき病気および今日遅い老化することを防ぐために方法を開拓しているエリート集団に属する。


ウィリアムFaloon
副大統領
生命延長基礎



雑誌のフォーラムに戻る