生命延長血液検査の極度の販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1999年4月

私達がそれを見るように

会議は強調する
Telomeraseの療法および多くは去年の秋握られた高度の長寿の薬(InCALM)の国際的な大学でレノ、ネバダで論議された

Daynaの染料によって

ラスベガスの会議InCALMのこの会議は学ぶために意志の専門家の健康空腹なグループを長寿の薬の豊富情報をライトに持って来られてひとつにまとめ。 先生の無限エネルギー ギャリー ゴードンのおかげではレノ ネバダ10月から29日から1998年11月1日のHiltonで革新的な医者および他の医療サービス提供者と十分に備えている聴衆に伝えるために、何人かの顕著な個人、集まった。

私は彼らの患者をよく得たいと思う創意に富む医者によってそしてのために勝つ政府の態度がそうかもしれない話に出席するために特権を与えられた。 そして全く、これらの開拓者の多数は希望の会議の政府の悩みの種、暗いノート別の方法で十分に言うべき物語がおよび同情のあった。 週末が新聞発表の記事だった明るいノートの1つは金曜日、 ジャーナル性質の薬 の11月問題で報告する10月30日のレノ官報ジャーナルで 出版した。 ジャーナルは大人の頭脳が新しい細胞を育てることができることを示す分発表分ることをことが脳細胞は再生のできなく、一度失われたという長持ちの確信が、永久に行った逆運んだ。 会議の週末は避けられなかったことをInCALMの会議のスピーカーおよびメンバーが同様にするために着手したものの主流のずっと薬が私達に常に告げていることをに直面して飛ぶこの発表のためのグッド タイミングだった。

薬の練習の歴史の要約は順序で1つがInCALMのような組織の必要を見るように、今日ある。 彼の本では、「蟹座のない世界今世紀の間に」、はエドワードのグリフィンallopathic薬の進化の優秀な分析を提供する。 20世紀の初めに米国は免状が製粉するより少し多くいろいろ衛生学校、であることに家だった。 ジョンD.ロックフェラーSr。 そしてアンドリュー・カーネギーは提供者の代表のは彼らの板の場所を与えられるかもしれないこと規定受け入れるために感謝した学校が名誉を与えられた提供の巨大な補助金はその時にだったもの戦うことの多数を教育する提供した。 これらの役員はそれから薬療法で重く傾くことを来たカリキュラムを定めることに口を出す権利があった。 ロックフェラーは、当然、製薬産業の巨大な金利があった。 そしてそう、薬の練習は分配の薬剤の練習であることを来た。

薬剤を利用しないどの薬でも偽医療として分類され、法律によって迫害される。 補助金を受け取らない衛生学校は競うことができなかったし、閉まらせる。 今日のallopathic医者は彼らの学校のカリキュラムが医薬品の使用のまわりに集中すれば責任にされるべきではない。 殆んどは増加がこれらの区域の関心を示しているが、栄養物および代わり療法の少し教育を受け取る。 但しますますわかっている公衆によって求められ続ける今日練習されるように、「薬」への代わり。

中国薬、ayurveda、キレート化および酸化療法はそれらを専門にする従業者によって唯一の処置の様相としてちょうど利用されている。 それらは患者および病気にmultimodalityのアプローチを使用する見る各人の生化学的な特性を考慮に入れる医者の練習に統合されている。 取得癌、例えば。 1人のスピーカーはほとんどの腫瘍学者が個人的に病気が「癌のようなないという彼らの確信を」、表現するが、「あなたの癌」、が「私の癌」、「彼の癌」および「彼女の癌」あることを指摘した。 病気は処置に同様に多くのアプローチを要している各人に別様に表現される。

Orthomolecular薬: 顧客用アプローチ

精神分裂症は確かに保証するといういわゆる現代薬によってこれらの患者があるクッキーのカッターのアプローチよりずっと多くを診断の例である。 多分ずっとそのような驚くべき明示の病気への嫌悪は精神医学の薬が非難の患者の日からヘビ ピットにやっと現れたという事実に責任がある。 Orthomolecular薬はLinus Paulingの意味「右の分子によって、言葉鋳造した扱う」、生化学的な特性を定め、正しい栄養素をそれに応じて推薦する忍耐強い基礎によって患者のこれそして他の病気をシーク。 週末を過ごす会議スピーカーの1つは、リチャードKunin先生、orthomolecular薬の長い間の従業者である。 Kunin先生は最終的に主流の薬の内外で両方とも値する注意を得たホモシステインの化学を論議した。 生命延長雑誌の1997年11月 および3月 1998日 問題の 読者は他の健康上の問題間の心臓病に於いてのホモシステインの役割の基本原則をよく知られている。 Kunin先生はhomocysteic酸、余分酸素原子を含んでいる血管のsubendotheliumから銅のキレート環を作り、引っ張り、そしてティッシュを傷つけることによってホモシステインの派生物が損傷をする彼の理論を示した。 メチルの提供者としてpangamic酸の有効性は、利点が旧ソビエト連邦で調査された十年にわたる人気を前に経験した物質論議された。 メチルの提供者はボディによって使用される他の無害な分子にホモシステインを変えて必要である。 彼はまたアテローム性動脈硬化に対するレシチンの有効性がメチオニンにホモシステインを変える高いコリンの内容が原因であるかもしれないことを仮定した。

これ以上老化させてはいけない

プログラムの多くの刺激の話の1つはミハエルFosselのFossel's M.D.の先生の急速な様式によって運んだtelomereの研究の彼の分野の興奮のいくつかを与えられた。 彼の予言: 次の10年中に私達に2つから500の年の寿命がある。 Fossel先生は、消耗によって引き起こされた老化のそれのような考えることの古い習慣に対して老化の新しい理論を並べた。 「老化消耗ではないが、自由にされた消耗」は彼は説明した。 それはない受動プロセス遺伝子発現のプログラムされた変えられたパターンでありではない。 老人病学は主に老化の効果にそれ自身かかわっている以前持っているが私達は原因を扱う必要がある。

多くの最近の媒体の注意を得ること、しかし老化に対する効果をもたらさないこととしてリストされているFosselある処置の先生はmelatonin 成長ホルモン、DHEA ビタミンE nonsteroidal炎症抑制剤、retinoids、練習およびエストロゲンの 取り替え である。 明らかに前述療法すべてに老化の効果の処理で価値があるが、原因を変えることを何もしない。 老化プロセス自体に影響を与えることができるが、ではないある練習は有用臨床的にである食餌療法の制限、選択的な育成および遺伝の変化。 食餌療法の制限はほとんどあらゆる調査で調査される種の老化プロセスを遅らせるために示し何人かの人々ローイWalford、M.D.の方法の彼らのカロリーを制限することを試みるために率先してやった。 しかし少数欠乏生命の残りのためのカロリーの取入口を制限し続ける訓練。 大いにより長く住まれている、死に結局屈されてが動物が調査したことがまた注意されなければならない。 選択的な育成および遺伝の変化は子孫の寿命を延ばすことができたがより長い今住みたいと思うそれらに多くの慰めを提供しない。

最初に年齢のニュースで出版され、 生命延長 雑誌の2月 1998日問題 で再版されるインタビューでは Fossel先生は telomeresおよびtelomerase療法の長い説明を提供する。 telomereは染色体の端に細胞または仮説1に従って受け入れる全有機体の老化の手始めのタイミングと準年齢と短くする一組の繰り返された基礎組である。 Telomeraseは若々しいレベルにtelomeresをrelengthenできる酵素である。 Fossel先生は大胆にtelomerase療法が仕事およびすべての年齢関連の病気を防ぐことができることを示した。 細胞は正常な、noncancerous細胞で可能の信じられる分割の最高額の50のHayflickの限界を越えて上昇する200の分割を持てる。 細胞の最高の寿命を拡張する代理店は有機体の最高の寿命を拡張するか。 細胞が私達の物理的な自己の基本的な単位であるので、その答えは非常によく肯定であるかもしれない。 Telomereの研究はまたtelomeraseの抑制剤を加えることによって不滅の癌細胞の寿命を短くする方法を発見するかもしれない。 Washington D.C.の1999年の5月の間Telomeresの次の会議に出席したい場合もある予定した興味を起こさせられる人、メアリー・アンLiebert著後援されて。

遊離基および酸化防止剤

台湾の台北の医科大学から、Jen-Fong Chiouは超弱い化学ルミネセンスの検光子を通して遊離基の反作用を測定することを論議した。 開発前に、遊離基は頻繁に困難である電子スピン共鳴によって測定された。 化学ルミネセンスの検光子はさまざまな遊離基のスペクトルを検出し、さまざまな物質の酸化防止能力、またさまざまな病気の州によって作り出される遊離基を測定するのに使用することができる。 興味深いことに、遊離基は早い癌のより大きい豊富で検出されるが、他のスピーカーによってさまざまな推測をもたらした末端の段階で低下する。

ラッセルJ. Reiter、Ph.Dは。、「あなたの体自然な特効薬のMelatoninの著者」、のmelatoninの重要な酸化防止能力を記述した。 普及した睡眠の治療が、遊離基を癒やす機能それを使用するずっと大きな理由であるのでmelatoninが一般大衆のほとんど知られている間。 頭脳は事実、私達によってが頭脳によって使用される呼吸する酸素の20%酸素の多量を利用する。 頭脳はまた多量の鉄を含んでいる非常に反応する形態の水酸ラジカルに自然発生する過酸化水素とありなさい。 さらに、鉄により 存在 でビタミンCは親オキシダントになる。 細胞膜のPolyunsaturated脂肪酸は遊離基によって容易にmutableである。 細胞膜が傷つくときたくさんのカルシウムは入ることができ細胞死をもたらす。 頭脳に起こるこの損傷はアルツハイマー病、 筋萎縮性側索硬化症 、myastheniaのgravisパーキンソン病ダウン症、アルミニウムによって 引き起こされるニューロパシーおよび 筋ジストロフィー貢献するかもしれない。 分かりきった質問は私達はいかにか」。頭脳に起こる遊離基を癒やしてもいい従ってある、「

ビタミンEは 血の頭脳の障壁、melatoninの十字をすべてmorphophysiological障壁非常によく交差させない。 そうするMelatoninの能力は大きい効力の一部分であることができる。 ニューロンがAlzheimerの患者の頭脳で形作られたmelatoninの細胞の付加を殺すアミロイドのベータ ペプチッド物質の前で生体外で育ったときに管理水準のそれに細胞死のレベルをほとんど減らした。 melatoninが保護利点(melatonin提供することを意味する寿命にわたる大幅により大きいDNAの損傷を示されているPinealectomizedのマウスは松果体によって作り出される)を。 melatoninの低下は年齢関連の退化的な病気の増加を平行にする。 但し、これはボディがいくつかの機能の低下および老化のホルモンを経験するのでmelatoninの不足によりこれらの病気を引き起こすと証明しない。

会議の間に表現された繰り返し現れる主題の1つは慎重に「酸化療法」の処置の様相として発生した遊離基の価値、-過酸化水素およびオゾン療法だった。 老化の遊離基理論と育った人逹のために、これは受け入れるべき困難な概念である。 ある遊離基は人命に必要であることそれは有名であるが、さまざまな病気の州および老化することをもたらす私達のティッシュを傷つけるために私達が十二分に作り出すことまた知られている。 多数は意見私達が正常な新陳代謝の過程において十分な遊離基を作り出すこと、そして慎重に多くを発生させることは必要または有利ではないことである。 けれども会議の間に酸化療法をか経ている間どの個人がで引用された多くのケース スタディが改善を示したかあった。 私は目懐疑的開いたののこの様相の成功を、とはいえ観察するようにの試み続ける。

会議ジョナサン ライトの最後の日の副甲状腺のHypercytocalcicの要因(PHF)はM.D.資格を与えられた話「より適切に副甲状腺のhypercytocalcic要因かPHFと名前を変更された副甲状腺の高血圧の要因の発見および開発」を示した。 PHFは高血圧の患者の血で識別された。 それは副甲状腺によってなされ、細胞外カルシウムを 細胞を書き入れるように励ます。 質問は高血圧の個人が食餌療法カルシウムの増加になぜ好意的に答え、カルシウムがブロッカーを運ぶか尋ねられた。 ライト先生は理由を説明した: 食餌療法カルシウムにより詳しく説明する副甲状腺の無力をPHF引き起こす。 カルシウム チャネルのブロッカーは、一方では、細胞にカルシウム イオンを許可しない。

アフリカ系アメリカ人の女性に調査されるまたこのグループで見つけられる高血圧のより高い発生の説明を助けるかもしれないあらゆるグループより高いPHFsがある。 高血圧が診断されるような、従ってである数年の前にhypercytocalcic要因が血で実際に副甲状腺は高血圧の手始めのよい予言者。 高い高血圧でだけでなく、関係する結腸癌の患者のコロン癌60%の糖尿病でカルシウムが細胞にあふれ、インシュリンにより少なく敏感するとき70%ショー高いPHF乳癌の上げられたPHFを、および持つと見つけられた。 カルシウムが結腸癌に対して保護であることがリコールされるかもしれない。

この記事で覆うことに4日間のでき事、余りにも多くのためになっていたもっとたくさんの革新的なスピーカーがあった。 私は皆をInCALMを支え、次の会議に出席するように励ます。

注: 生命延長雑誌 の4月 1998日問題のM.D.sおよびD.O.sに長寿の薬の訓練を、だけでなく、提供するためにInCALMが1997年の11月の先生によってゴードン創設された脊柱指圧師、naturopaths、医者の助手および看護婦の従業者のような他の医療専門家ことをリコールする。 訓練を完了する人はInCALMの証明の楽師、IBALM (高度の長寿の薬の国際委員会)によって信任状を持っている。

雑誌のフォーラムに戻る