生命延長ばねのクリアランス セール

生命延長雑誌

LEFの雑誌1998年9月


イメージ


イメージ 生命延長対。 FDA

勝利


代理店の承認なぜ
Ribavirin 不十分である

市民は嘆願する
消費者健康の言論の自由の行為の嘆願書


米国の食品医薬品局はちょうど肝炎の処置のためのribavirinを承認した。 Ribavirinは約5,000生命を救う年ことができる薬剤である。 但し、60,000人の肝炎の犠牲者は既にFDAが限定使用のためのそれだけを承認したので承認されるべきこの薬剤およびもっとたくさんのアメリカ人を待っていることが死ぬ間、死んでしまった。 これは人命救助の薬剤を承認するには余りにも遅いFDAについての典型的な物語ではない。 この薬剤を囲む状況は複数の犯罪調査、重罪の起訴、税ドル、ヨーロッパの死んだアメリカ人の国家の血液の供給そしてロットの汚染に移動するFDAの代理店浪費される株式市場の処理を含んでいる。

ウィリアムFaloon著

彼ができ事1980年代初頭に始めたT、科学者がribavirin独特な発見をした南カリフォルニアの研究所で、そしてメキシコで販売されて、ネコ科の白血病を治すことができる。 ribavirinがネコ科の白血病のウイルスを根絶できたのでインフルエンザを引き締め、ほとんどの場合、インフルエンザの徴候が24から48時間以内に消えたときに科学者自身はribavirinを取り始めた。

これは通常の研究所ではなかった。 それはによって部分的に発見はなされたときにそれを意味した生命延長基礎、それについてすぐに学ばれた会員資金を供給された。 1986年に、基礎はribavirinを買うために深刻なウイルスの病気のメンバーがメキシコに旅する推薦したりまたは沖合いの通信販売会社からのそれをことを発注する。 FDAはこの(私達が作った同じような推薦好まなかったし、)、1991年に、基礎の役人は米国に承認されていない薬剤を輸入することを共謀の28の刑事カウントで起訴された。

ほぼ同じ位の時間、FDAはまたニュー ヨーク株式市場の会社、ribavirinを所有した大人のribavirinの使用の促進の「罪」のためのICNの医薬品に対して犯罪調査を進水させた。 FDAは犯罪者としてその当時幼児に影響を与えるウイルス感染しか扱わないためにribavirinを承認してしまったのでこの行為を見た。 従って、ICNは「承認されていない」(大人のために、ある)薬剤の促進と満たされた。

FDAはICNの役人が犯罪的違反行為とべきである満たされるかどうか見るために中央政府大陪審を陪審名簿に載せるように司法省を頼んだ。 その後まもなく、安全取引委員会はまたICNがribavirinの抗ウィルス性の効果のことを促進によって保証欺瞞を託したかどうか定めるために調査を進水させた。

重罪の起訴を避け、財政の災害を避けるために、ICNはribavirinを促進することを止める承諾の一致を始めた。 FDAは大人の手からribavirinの保存によって一時的な勝利を記録した。

しかしFDAは専有物のある深刻な問題に直面していた。 数万人のアメリカ人は輸血からのウイルスの病気を引き締めて、事件記者はFDAが国家の血液の供給を保護しなかった事実を露出した。 当然、媒体は認めなかった侵略の記録破りの数をビタミンの会社に対して行ない、ribavirinのような薬剤の個人的使用郵送物を握り、そして大人ことをにribavirinを販売するための刑務所の人々を投げることを試みることによって使用中FDAが郵便でそれ自身を保ったことを。

だけでなく、FDAは血液銀行を点検していなかったがまた劇的に食品安全性の点検の数を減らしていた。 その間、数万人のアメリカ人はribavirinが他の国で治していたウイルスの病気がもとで死に続けた。

この全期間の間に、調査はribavirinがウイルスの病気の広い範囲に対して有効であることを示す主要な医学ジャーナルで書かれていた。 保健省は広スペクトルの抗ウィルス性の薬剤として世界中でribavirinを承認していた。 作った何がそう深刻阻止するFDAはよりよく自分自身で得られたインフルエンザと影響された米国の高齢者で承認された有効な抗ウィルス性の薬剤がなかったし、または死ななかったことだった。

インフルエンザの殺害悪い年の60,000人の(大抵年配の)アメリカ人多数、およびribavirinは複製から多くのインフルエンザ ウイルスを停止する。 感染したインフルエンザ、肝炎および他のウイルスの病気と市民を扱うのに第三世界諸国がribavirinを使用している間アメリカの市民はこれらの同じ病気がもとで死んでいた。

皮肉は多くの肝炎の患者がFDAが点検するために仮定された汚染された血からの彼らの病気を引き締めたことである。 きちんと調整の血液銀行よりもむしろ、FDAの官吏は肝炎の患者の生命を救ったかもしれない薬剤(ribavirin)へのアクセスを否定するために代理店の資源を浪費することを代りに選ぶ。

ribavirinによって救われたかもしれない肝炎の患者の多数はまだ死んでいない、彼らのレバー苦しんだ厳しい損傷にが。 FDAがribavirinの承認を阻止する間、これらの患者は肝硬変か肝臓癌を開発する重要な危険に直面した。

生命延長基礎は決してribavirinの抗ウィルス性の利点についてのメンバーを知らせることを止めなかった。 基礎の役人に対する刑事起訴は司法省の依頼により1995年に退去したが、FDAは彼らの自身の個人的な使用のためのribavirinを輸入したアメリカ人を悩ませ続けた。

Iつn 1997年のFDAの代理店はヨーロッパの保健省をribavirinがヨーロッパの市民への販売のために公認だったのに個人的な使用のためのアメリカ人にribavirinを…出荷していた会社を空襲するように確信させることをどうにかして。 基礎は肝炎の患者にインターフェロンと結合されたとき病気に対して非常に効果的な処置であるために示されていた薬剤へのアクセスを否定するためにFDAが過酷なステップを踏んだこと大きいコミュニケーション運動をする答えた公衆を知らせるために進水によって。

最も重要な調査はインターフェロンと結合されるribavirinが10単独でことをインターフェロンより肝炎の処理で倍有効であることを示す。 従ってFDAの応答はアメリカ人へヨーロッパの船積みのribavirinの会社に対してより多くの侵略を扇動することであり頻繁に不能および死で起因する永久的な肝臓障害に多くの肝炎の患者を非難する。

(HIV感染を扱うのにribavirinを使用してはいけない。 ある調査が有効であるためにそれを示す間、HIVに特定のよりよく抗ウィルス性の薬剤の組合せがある。)

この1つの薬剤の承認のための戦いのための基礎への経済的な費用は巨大だった。 全ページの広告は新聞で取られた、たくさんの新聞発表は媒体に送られ、FDAの行為を抗議するように基礎サポータをせき立てる数十万の一流の手紙は郵送された。 アメリカ人に、政治的理由のために、ribavirinの否定のFDAを訴えている私は国民TVそしてラジオ番組で現われた。

T彼は基礎行った限りではのためのFDAを攻撃する30分TVのインフォマーシャルを作り出し、繰り返し乾燥することを他の国で既に承認された他の人命救助の薬剤およびribavirinを承認しないことを。

の後のFDAをと少なくとも430,000人のアメリカ人の不必要な、早死に、ribavirin 12の長い年間の戦うこと最終的にこの過去の6月承認された。 そこにまだ重要な問題に、どんなに残る: FDAは単独でインターフェロンから寄与するべき最初失敗慢性の肝炎の患者にだけribavirinの使用を(Rebetolという名で米国で販売される)制限した。

およそ4,000,000人のアメリカ人は疾病対策センターに従って肝炎のウイルスに慢性的に、感染する。 CDCによっては慢性的に感染させた肝炎の患者の20%から50%肝硬変を開発し、それらの20%から30%レバー移植を要求する肝臓癌または肝不全を開発することを続くと推定されていた。 肝炎の伝染は8,000人から10,000人のアメリカ人の死に毎年貢献する。 この通行料は2010年までに三倍になり、エイズによる年次死の数を超過すると期待される。

それにもかかわらず、FDAはインターフェロンのよく10単独で倍働かせると証明されるribavirinとインターフェロンの組合せ療法を試みてもいい前に肝炎の患者が最初に組換えのインターフェロン アルファとの厳しい6ヵ月療法の期間を失敗しなければならないことを統治を委任した。 ribavirinのメーカーはより多くの肝炎の患者はribavirinへのアクセスがある割り当てるようにFDAに嘆願している。

生命延長基礎はあっけない勝利とFDAのribavirinの最近の承認をみなす。 12年間FDAの官吏を戦った後、ほとんどのアメリカ人はまだこの人命救助の薬剤へのアクセスを否定されている。 何人かの人々実際に賛成のribavirinのためのFDAをそう速く称賛している。

Iつn 1997年12月は、大きい政治的圧力にribavirinを「置くためにFDAを迅速化する強制し」、何人かの肝炎の患者が今薬剤を法的に使用できると後で7か月、FDAは言った。 どうかして薬剤のFDAの承認を待っていることを死んだ430,000人のアメリカ人は忘れられていた。

1998年4月15日の(JAMA) 米国医師会医学総合誌の問題に 出版された調査はFDA公認の薬剤からの有毒な副作用が米国の第4から第6一流の死因であることを示した。 この衝撃的な事実は安全な薬を公衆に与えるFDAの失敗を露出する。 賛成のribavirinのFDA誘発の遅れは「薬剤遅れにより」アメリカ人は死ぬこと反駁できない証拠である。 これはなぜ反駁できないあるか。 ribavirinは有効であるとFDA自体は今言うが、歴史が示すのでFDAは何百万のそれの促進にかかわったそれらを監禁することを試みる税ドルの出費のポイントに公衆に計画的にこの人命救助の薬を、否定した。

FDAの行為(および休止他のどの原因もより米国の早死にに)貢献する。 代理店は定期的にアメリカ人を殺す致命的で、危ない薬剤を承認する、間生命にかかわる病気に苦しんでいる患者のための安全で、有効な人命救助の薬剤を承認しないことを。

もう一つの例はここにある: 研究はことを2つの薬剤angiostatinの組合せ示して、がほとんどの癌を治すendostatinかもしれないFDAの規則はのまたは長のあらゆる末期癌の患者もう18か月からのこれらの薬剤を保つ。 これらの薬剤はFDAの制限がなかったら1995年に末期癌の患者で試みられたかもしれない。 従ってFDAがのそれらそれらを試みるようにする前に生命がこれらの薬剤によって救われるかもしれないひとつひとつの末期癌の患者が死ぬことは本当らしい。

私達は正直な検閲官にFDAによって彼らの国会議員に抗議にすべてのメンバーおよび他の生命延長雑誌の読者および契約者最も最近の試み非紛らわしい科学情報招待する。 嘆願書の手紙はあなたの使用のためのこの問題で現われる。

ビタミンの消費者は議会が(DSHEAを)教育法およびサプリメントの健康薬剤としてサプリメントを調整するFDAの力を取り除いた手形渡した1994年に主要な勝利に勝った。 但し、先月の問題で説明されているように、

FDAの規則:
対立状態 -- 再度 -- あなたのを使って
健康の自由

T彼はFDA今ある特定のタイプの医療情報についての学習からアメリカ人を禁止するDSHEAを実施するように設計されている新しい規則を提案してしまった。

FDAの提案された規則はビタミンが特定の病気にいかにへの影響を与えるかビタミンがボディの「構造か機能」にいかに影響を与えるが、ことについて言うどの参照でも違法スピーチとして分類されるか消費者がことができると言う。 FDAの提案された規則が法律になれば、ほとんどの消費者は防ぐ必要がある栄養素について調べられないし、病気を軽減しなかったり扱わない。

「化学療法と関連付けられる悪心を減らすのようなFDAが違法スピーチ含んでいる利点の記述を宣言したことをの例は癌」、および「御馳走熱いフラッシュ」からであるために」「保護する。 すなわち、特定の病気のための特定の処置。 しかしそれは頻繁に丁度消費者が自然な、代わりとなる療法になぜ回るかである。

例えば、FDAは争うので何でも提案することは違法であるしかし化学療法、と関連付けられた悪心をまた減らす薬剤化学療法誘発の化学療法誘発の肝臓障害を減らすために化学療法誘発の免疫組織の損傷を減らすように心筋の損傷、melatoninおよびN acetylcysteineを減らすように補酵素Q10およびビタミンEを推薦することも違法である。

FDAはFDA公認の化学療法の薬剤の致命的な効果から彼らの中心、レバー、内臓および免疫組織を保護する癌患者が方法についての情報を否定されることを提案している。 これらの新しい提案された規則は癌患者のために苦しむことの統治を委任する。 それらはだけでなく、不道徳、であるやかましく違憲である。

生命延長基礎はすべてのアメリカ人を私達の大事にされた言論の自由に関する権利上の独裁力を得るFDAの最新の試みを抗議するために頼んでいる。 成功は私達のメンバーおよび他の生命延長雑誌の読者の自発性でFDAの行為を抗議するもっぱら休む。

次のページで書かれている嘆願書を完了しなさい。 出版の自由は政府の不法行為に対して最終的な保護であることを信じる他の人のためのフォトコピーを作りなさい。

アメリカ人はFDAの提案された新しい規則に答えることをまでだけ8月27日持っている。 これらの嘆願書はあらゆる生命延長基礎サポータによって完了するべきである。 あなたの議会の代表者および2人の上院議員の名前そして電話番号を見つけるためには1-202-224-3121を呼びなさい。

市民は嘆願する
消費者健康の言論の自由の行為の嘆願書

「あるRibavirinの有毒物質はか」。
「Ribavirin」を使用する方法を