生命延長スキン ケアの販売

生命延長雑誌

LE Magazine 1998年10月

生命延長
医療センター

財政の更新

LEFの医療センター In生命延長の5月1998日問題、私達は根本的に政治よりもむしろ科学に基づいて病気を扱う病院の確立によって治療の効力を改善することを提案した。

私達はこと主流の薬がに遅れずについていくことができる、そしてことに薬の練習の科学的な調査結果をより速く適用する必要性があるより情報がより速いペースで拡大している注意した。 私達はこの固執が患者に寄与するのに革新的な処置が使用されているペースをいかに遅らせるかほとんどの医者が新しい考えの受諾について持っている抵抗を、論議し。 私達はまた革新的な医学療法の供給の妨害で薬品会社の役割、および食品医薬品局のような統制機関を、論議した。

私達が提案した解決は最も最近の科学的な進歩を直接、政府、民間産業および過度に保守的な医者の干渉なしで患者に使用できるようにする生命延長医療センターの作成である。 生命延長基礎の長年の方針に応じて、生命延長医療センターは確立された同業者審査された医学ジャーナルで出版された固体研究にだけ基づいて処置を提供する。

(確立し、)防御のための最初の首都は$5,000,000であるために非常に革新的な医療センターを推定された。 私達は受諾可能な経営計画の提示に非常に生命延長医療センターに投資するか、または貢献することを考慮したら生命延長会員に尋ねた。 この要求への最初の応答の故障はここにある:


メンバーの
誓約される量 合計
9 $100 $900
10 $500 $5,000
24 $1,000 $24,000
13 $2,000-$5000
(平均$3,500)
45, 500
16 $5,000-$10,000
(平均$7,500)
$120,000
5 $10,000 $50,000
1 $25,000 $25,000
2 $50,000 $100,000
1 $2,000,000 $2,000,000

   
帖当の合計 $2,370,400

上記の帖当に加えて、1人のメンバーは個人的に$500,000を誓約し、民間投資家からのもう$4.5百万を上げるために保証した。 他の何人かのメンバーは確信していた彼ら受諾可能な経営計画との$5,000,000を上げることができる。

私達はこの応答と印象づけられ、このプロジェクトを進めるために、荒い、予備の第一年の予算をまとめた:

  • 操作のビジネス終わりを管理する実地管理者のための年間収入はおよそ$100,000であるかもしれない。 管理スタッフはもう$35,000に最初の年を要する。
  • フルタイム基礎の分子腫瘍学のための基礎の現在の外のコンサルタントを雇うことは少なくとも$200,000に標準的な刺激と最初の年を、要する。
  • コンサルタントとして何人かの特別に才能豊かな医者を保つため、総額はおよそ$100,000最初の年である。 患者は必要ならばこれの100%支払うことができる。
  • 1人のスタッフの医学の腫瘍学者を雇うため、年約$225,000。
  • 設備が整っている病院の1つの床の部分をリースするため: 多分$200,000から年私達の患者が病院の実験室および他の診断装置/プロシージャを使用したら) $400,000 (これはより低く交渉できる。 これらの病院の費用は基本ユーティリティーを含んでいる。
  • 上を達成する弁護士報酬は約$100,000である。 この支出は私達が医療保障の欺瞞および他の保険欺瞞問題を避けることを確かめるように要求される。 患者のほとんどは革新的な療法の支払をしなければならないが保険は当然この映像に入って来る。
  • 医療センターを、保険を含んで最初の年の間確立されて得ることの付加的な諸経費は、看護スタッフおよび多くの雑多な費用およそ$750,000である。

上は約$1.9百万に最初の年の操業費に資金を供給するために集計する。

生命延長基礎は積極的に生命延長雑誌のこの 医療センターを 促進し、基礎役人はこの独特な医学設備を促進するためのPR活動の努力を進水させる。 それは380人の患者を取り最初の年の費用をカバーするために$5,000の売上総利益をそれぞれ作り出す。

$5,000,000が多くより生命延長医療センターを確立する写し出された費用をカバーするために間、私達は準備の法的危険がそのような設備予備のより大きいクッションの統治を委任すること助言された。 全面的な政府攻撃が設備を一時的に国出て行くことができるという不安がある。 私達は私達は臨床結果で重要な改善を示せること、そして私達が科学的な薬を練習することを可能にするように国民媒体の認識は結局権限を強制することを私達が信じるので「一時的に」強調する。

患者が多くの療法をなぜ自己管理できないか

最後の18年にわたって、基礎は老化の退化的な病気を防ぎ、扱うために何百もの療法の覆いを取った。 私達はサプリメントの形で利用できるこれらの療法の多数を直接作ってしまった。 それ以外の場合、私達はFDAによってまだ承認されていない人命救助療法の国内および沖合いの源を私達のメンバーに勧めた。 私達は私達の努力がこれらの高度療法に近づくことを許されなかったら時期早尚に死のう生きた今日である多くのアメリカ人に導いたことを信じる。

但し、今はあるが あったり 、慣習的な薬によって使用されていない不治の病のための複雑な治療上の議定書が。 これらの議定書は多くの異なった薬剤、FDA公認いくつかいくつかの使用をない含む。 これらの薬剤の多数は有毒で、知識がある医者および病理学者の直接入力なしで安全に使用することができない。 各患者が各薬剤に別様に反応するので、これらの薬剤のいくつかに狭い適量の境界があり、強い個々の監視を要求する。

FDAが承認されていない使用のための公認の制癌剤を促進する製薬会社に対して刑事制裁を脅したので、多数は腫瘍学者によって科学的に慣習的な療法を無視された文書化した。 癌がそれらを殺すずっと前に多くの患者が慣習的な療法と今日直面する有毒な薬剤の副作用からの死に扱ったのは不運な統計量である。

これは生命延長医療センターの最先端の介在が大胆不敵そして効果的に用いることができるように、確立をより重要にする。

例えば、生命延長基礎は最初の 化学療法の薬剤が 管理される1 前に細胞毒素の化学療法の薬剤を使用する癌患者がFDA公認の免疫があ保護薬剤に置かれることを推薦する。 使用される癌および化学療法の養生法のタイプによって、これらのいくつかはFDA公認の免疫があ保護の薬剤下記のものを含んでいる:

  1. コロニー刺激的な成長因子はgranulocyteコロニーの 刺激的な要因(G-CSF)およびgranulocyte大食細胞のコロニー刺激要因(GM-CSF)のような薬剤を入れる。 これらのFDA公認の薬剤はTリンパ球、大食細胞および化学療法の間に骨髄に対する毒作用を防ぐことで貴重である他の免疫細胞の生産を刺激する。 薬剤は化学療法がそれをより有効にさせる大量服用で与えられることを可能にする。 刺激された大食細胞は強力な「腫瘍キラーである」、のようにおよびGM-CSFまたはG-CSFはinterleukin2を使用して臨床調査によって示された。 さらに、コロニーの成長因子は化学療法の後で血球の再生を加速できる。 従ってGM-CSFおよびG-CSFの最初の臨床経験は化学療法の薬剤による厳しいneutropenia (免疫の減損)が防がれるか、または少なくとも減速するかもしれないこと厳しい伝染の数の減少を示した。
  2. インターフェロン アルファおよびinterleukin2のようなCytokines。 インターフェロンは直接癌細胞拡散を禁じ、毛深い細胞白血病、Kaposiの肉腫および悪性黒色腫の療法で既に使用されてしまった。 Interleukin2は自然なキラー(NK)細胞の細胞毒素の活動の増加を可能にする。
  3. Retinoic酸の(ビタミンA)アナログの薬剤。 これらはある化学療法の養生法の効力を高め、二次癌の危険を減らす。
  4. 癌細胞は時期早尚に免疫組織を締めることを防ぐT細胞のサプレッサー禁止の代理店。

これらの薬剤の適切な管理は化学療法の開始前の1週化学療法が劇的に免疫組織の損傷を減らす加えることができ、化学療法の癌の細胞殺害の効力を高める。 、私達ここで話している訓練された医者によって管理を要求する薬剤について覚えなさい。 患者はmelatonin、 補酵素Q10 、トコフェロールの琥珀酸塩をおよび免疫機能を保護し、化学療法の効力を改善するために示されていた他の多くの栄養素を自己管理できる。

これらの栄養素が臨床試験の多数の癌患者の生命を救う間、FDA公認の薬剤の管理はmelatoninのような栄養素に行為の同じようなメカニズムがあるのに、癌患者にとってまだ重要である。 化学療法の管理前に使用されないべきそれらのためのこれらのFDA公認の薬剤の予防する利点についての余りにも多くの出版された調査がある。

生命延長医療センターのための必要性の硬直した例のために、この問題の基礎の分子腫瘍学の議定書を参照しなさい。 これらの薬物管理の議定書が非常に複雑であること、そして協力的な腫瘍学者がそれらに続けるかもしれないことを見る。 癌患者は長期赦免を達成する最もよい機会を癌患者に与える洗練された薬剤の管理の議定書および複雑な病理学のテストを監督するベテランおよび独創力のある医者が職員を置く生命延長医療センターを必要とする。 米国に今日そのような設備がない。

私達は私達が提案している処置議定書が著名な医学ジャーナルで出版される調査の結果に専ら基づいていることそれを明確に再度させたいと思う。 アメリカの医者はこれらの処置の進歩について読んでいるが、さまざまな理由で、医者は臨床練習にこれらの新しい療法を統合し損っている。

事実は致命的な病気に苦しんでいる人々がほとんど決して最もよい療法を得ないことである。 薬が練習される、最もよい方法は根本的な例を置くことである方法を変える急務があり。 最新式の技術に処置をもっぱら基づかせている医療センターは競争的に医学の確立に初期システムの失敗を確認させる新しい標準を置く。 不治の患者が重要な赦免を達成し始めたら必ずしも州の認可板によって容赦されるか、または医学の確立が受け入れるFDAによって「公認」ではない人命を救うために主流の薬はある薬こと療法を使用してこの新しいルネサンスをの、取扱わなければならない。

これらの高度の議定書を使用して喜んでである代わりとなる医者はほとんどそれらが「承認されていない薬剤」を管理することを可能にする病院の特権がない。 多くの代わりとなる医者はまた基礎が発見した革新的な療法と結合されたとき有毒な薬剤がより少なく有毒に作ることができるのに安全に有毒なFDA公認の薬剤を管理するために専門知識に欠けている。